Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • It is well understood by good parents that life should only ever get so exciting for a baby:

    子煩悩な親は、赤ん坊のために毎日を楽しいものにしてあげたいと考えるもの。

  • After friends have come around and brought presents and made animated faces, after there has been some cake and some cuddles, after there have been a lot of bright lights and perhaps some songs too.

    友人がプレゼントを持って遊びに来てあやしてくれたり、ケーキを食べたり、抱っこしてもらったり、まばゆい光に、歌なんかも歌ったりして。

  • Enough is enough.

    もう十分。

  • The baby will start to look stern and then burst into tears.

    赤ちゃんは険しい顔つきになり、泣き出してしまうでしょう。

  • And the wise parent knows that nothing is particularly wrong, though the baby may by now be wailing.

    賢明な親なら、特に問題があるわけではないと知っています。赤ちゃんは泣き叫んでいるかもしれませんが。

  • It is just time for a nap.

    ただもう眠いだけなんです。

  • The brain needs to process, digest and divide up the welter of experiences that have been ingested.

    脳は、立て続けに起こった出来事の情報を取り込んで処理し、整理・分類しておかなければなりません。

  • And so the curtains are drawn.

    ですから、カーテンを閉めて、

  • Baby is laid down next to the soft toys, and soon it's asleep, and calm descends.

    赤ちゃんをぬいぐるみなどのそばに寝かせれば、すぐに眠りに落ちて、落ち着きを取り戻します。

  • Everyone knows that life is going to be a lot more manageable again in an hour.

    1時間もすれば、また言うことを聞いてくれる状態に戻ることは誰でも知っています。

  • Sadly, we exercise no such caution with ourselves.

    ただ残念なことに、私たちは自分自身のことをそういった観点で意識することはありません。

  • We schedule a week in which we will see friends every night, in which we'll do 12 meetings (three of them requiring a lot of preparation)...

    1週間の予定は、毎晩友人と会うことになっていたり、12件も会議(そのうち3件は入念な準備が必要)を入れていたり…

  • ... where we'll make a quick overnight dash to another country on the Wednesday, where we'll watch three films, read 14 newspapers, change six pairs of sheets, have five heavy meals after 8pm and drink 30 cups of coffees.

    …水曜日は1泊の強行海外出張、映画を3本観て、新聞を14種類読んで、2人分のシーツを6回取り替えて、午後8時を過ぎたらボリューム満点の食事、30杯のコーヒーを飲んだり。

  • And then we lament that our lives are not as calm as they might be and that we are close to mental collapse.

    そして、本来なら穏やかであるはずの生活を送れていない、精神が崩壊してしまいそうだと嘆くのです。

  • We refuse to take seriously how much of our babyhood is left inside our adult selves and, therefore, how much care we have to take to keep things simple and very very calm.

    大人になると、記憶のどこかにある赤ん坊時代のことを真剣に受け止めようとしません。結果的に、日々の生活をシンプルかつ、ごく穏やかに保つことを意識すべきだということにも向き合わないのです。

  • What registers as anxiety is typically no freakish phenomenon.

    不安として現れるのは、おかしな現象ではありません。

  • It is our mind's logical enraged plea not to be continuously and exhaustingly overstimulated.

    強い刺激が長く、疲労困憊になるほど続かないようにという、然るべき心の怒りの声なのです。

  • These are some of the things we may need to do to simplify our lives:

    生活をシンプルにするために必要なことはいくつかあります:

  • Fewer People; fewer commitments.

    人数は少なく;人との関わりを減らすこと

  • It is theoretically a privilege to have a lot of people to see and things to do.

    理論的には、たくさんの人に会うこと、たくさんやることがあることは素晴らしいです。

  • It is also, psychologically speaking, exhausting and ultimately therefore rather dangerous.

    ただ心理学的には、くたくたに疲れてしまうため、むしろ結果的に危険なのです。

  • The manner of expression is a little dated and brutal.

    ちょっと言い方が古くて残酷かもしれません。

  • And one might want to quibble over the exact timings, but this point from Friedrich Nietzsche remains acute:

    それに正確な時代について議論したい人もいるかもしれませんが、フリードリヒ・ニーチェは鋭い言葉を残しています。

  • "Today as always, men fall into two groups: slaves and free men."

    「いつの時代も、人間は2つに分けられる:奴隷と自由民だ。」

  • "Whoever does not have two-thirds of his day for himself, is a slave, whatever else he may be: a statesman, a businessman, an official, or a scholar.”

    「自分のために1日の3分の2も所有できない人間は、政治家であれ、商売人であれ、役人であれ、学者であれ、いかなる人物も奴隷である。」

  • We need to recognise that what is physically possible for us to achieve in a day is not, for that matter, psychologically wise or plausible.

    さらに言うと、1日で物理的にどれくらいのことができるかという考えは、心理的には賢明ではないし、妥当でもないと認識する必要があります。

  • It may well be feasible to nip over to a foreign capital or two in a day and run a company alongside managing a household.

    家事をこなしながら、日帰りで海外の首都を1つ2つ周り、会社の経営を行うことは可能かもしれません。

  • But nor should we be surprised if such routines ultimately contribute to a breakdown.

    ですが、そんな日常を続けて、最終的に心身共に壊れてしまっても驚いてはいけません。

  • Sleep.

    睡眠

  • Plenty of it of course; at least seven hours.

    もちろん、たくさんの睡眠が必要です;少なくとも7時間は。

  • Or if we can't manage it, we need, at a minimum, fully to recognise how much we are deprived, so that we won't aggravate our sorrows by searching for abstruse explanations for them.

    それが難しければ、最低でも自分が睡眠不足であると認識できるくらいは必要です。そうすれば、湧き上がる辛い感情の原因を探してドツボにはまり、精神状態が悪化することもありません。

  • We don't necessarily have to get divorced, retrain in a completely different profession or move country.

    必ずしも離婚したり、他の職業に就くために勉強し直したり、外国へ移り住む必要はありません。

  • We may just need to get some more rest.

    もっと休息が必要なのだけです。

  • Media.

    メディア

  • What we're taking in when we check our phones is perhaps the single greatest contributor to our mental ill-health.

    スマホをチェックする際に入ってくる情報も、精神疾患に関わる一つの大きな要素です。

  • For most of history, it was inconceivable that there could ever be such a thing as 'too much news'.

    歴史的に見ても、これほど「情報過多」な時代はあり得ません。

  • Information from political circles or foreign countries was rare, prized and expensive.

    かつては政界や海外からの情報は珍しく、尊いもので、そして高くついたものでした。

  • But since the middle of the twentieth century, news has been commodified.

    ですが、20世紀中ごろから、ニュースは商品化されてきました。

  • And, in the process, it has become a major, though still too little known, risk to our mental survival.

    そして徐々ににメジャーな存在になっていったのです。ただし、私たちの精神状態に危険を及ぼすということはほとんど知られていませんでした。

  • Every minute of every day presents us with untold options for filling our minds with the mania, exploits, disasters, furies, reversals, triumphs, insanity and cataclysms of complete strangers around our benighted planet.

    今は、毎日分刻みで無数の情報が提供されています。私たちの頭は、狂気、偉業、災害、怒り、破綻、征服、異常行為、悲劇など、世界中の善悪のみさかいのない見知らぬ人たちの情報で満たされるのです。

  • Always, news organisations speak of our 'need to know' and 'need to know right now'.

    報道機関は常に、「知ることの必要性」、「瞬時に知ることの必要性」を口にします。

  • But what they've left out is our equally great, and often even greater 'need not to know'.

    でも、それらと同じくらい重要で、なんならもっと重要な、私たちの「知らないことの必要性」が省かれています。

  • Because we cannot change anything.

    なぜなら、私たちに変えられることはないからです。

  • Because the stories are too violent, dispiriting and sad.

    世の中の情報はあまりにも暴力的で、気が滅入るし、悲しい気持ちにさせられるからです。

  • Because our minds are fragile.

    私たちの心はもろく、

  • Because we have responsibilities closer to home.

    大切なものは、近くにあるからです。

  • Because we need to lead our own lives rather than be torn apart by stories of the lives of others who are ultimately as remote from and irrelevant to us as the inhabitants of the Egyptian court of King Sneferu in late 2,613 BC.

    私たちがすべきことは、自分たちの生活をしっかり送ること。紀元前2613年後期に即位したエジプトの王スネフェルくらい、遠くに離れた無関係の人の話を聞いて苦しむことではありません。

  • Thinking.

    考える

  • Insomnia and anxiety are the mind's revenge for all the thoughts we refuse to have consciously during the day.

    不眠症や不安は、その日に意識的に考えないようしてきたことに対する心の反動の表れです。

  • In order to be able to find rest, we need to carve off chunks of time where we have nothing to do other than lie in bed with a pad and paper in order to think.

    安らぎを得るには、しっかりと時間をとって、他にすることがない状態でベッドなどに寝そべり、ノートやメモ紙を手に、考えるということをしてみましょう。

  • We need to consider three topics in particular:

    特に考察が必要なのは次の3つ:

  • Firstly, what's making me anxious?

    1つ目。何が自分を不安にさせているのか?

  • Secondly, what's caused me pain and how?

    2つ目。苦しみの原因は何か、そしてどんなふうにそれは起こっているのか?

  • And thirdly, what's exciting me?

    3つ目。自分を興奮状態にしているものは何か?

  • We need to sift through the chaotic contents of our minds.

    混乱状態の心の中にあるものをふるいにかけるのです。

  • Every hour of living requires at least ten minutes of sifting.

    日々の生活で、1時間に10分は、そういった時間を持ちましょう。

  • Expectations.

    予測

  • Of course, it might be pleasant to be extraordinary, famous and world-beating, but maybe it will be an even greater achievement to stay sane and kind.

    特別な存在であったり、有名人、世界一になれたら、当然嬉しいものです。ですが、良識ある、優しい人間であり続けることの方が素晴らしいと言えるでしょう。

  • We might opt not to conquer the world in favour of living a longer, and more serene life.

    長生きして穏やかな生活を送るために、世界一になることを選ばない可能性もあるのです。

  • We are not backing away from a challenge, we're simply shifting our sense of what the real challenge might be, and more importantly where the real rewards may lie.

    挑戦することから逃げているのではありません。真の挑戦とは何かという認識を変えているだけです。さらに重要なのは、どこにその見返りを求めるかという認識を変えること。

  • A quiet life isn't necessarily one of resignation or flight.

    穏やかな生活を送ることは、必ずしも諦めや、逃げを表すものではありません。

  • It may constitute a supremely wise recognition that the truly satisfying things are available away from the spotlight and the big cities, on modest salaries and as far as possible from the manic, sleepless competition to 'win' the professional status race.

    心底満足させてくれるものは、スポットライトや都会にはありません。適度な収入があることと、そして職場での競争に勝ち抜くための興奮状態や、睡眠不足から縁遠い生活にあるのです。

  • As we're discovering, excitement can be fun for a time; but it also kills.

    もうお気づきかとは思いますが、刺激的なのが楽しい場合もあります。ですが、そのせいで身を滅ぼすこともあるのです。

  • Simplicity is true wisdom.

    シンプルであることは、ごく賢明なことなのです。

  • We may need a lot more naps.

    もっと昼寝が必要かもしれません。

  • Do you need a detox from your devices?

    デジタルデトックスを必要としていませんか?

  • Our phone detox is designed to help give you a well-deserved break from your phone.

    私たちの Phone Detox(フォン・デトックス)は、スマホから少し距離を置くための手助けをします。

It is well understood by good parents that life should only ever get so exciting for a baby:

子煩悩な親は、赤ん坊のために毎日を楽しいものにしてあげたいと考えるもの。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 生活 必要 穏やか 情報 状態 睡眠

もっと楽に生きよう!生活をシンプルにする方法 (How To Simplify Your Life)

  • 38265 1349
    Estelle に公開 2019 年 11 月 02 日
動画の中の単語