Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • It was the spring of 2011,

    2011年の春のことでした。

  • and as they like to say in commencement speeches,

    と開始のスピーチで言うのが好きなように

  • I was getting ready to enter the real world.

    現実世界に入る準備をしていました。

  • I had recently graduated from college

    私は大学を卒業したばかりの頃

  • and moved to Paris to start my first job.

    とパリに移住し、初めての仕事を始めることになりました。

  • My dream was to become a war correspondent,

    私の夢は戦争特派員になることでした。

  • but the real world that I found

    が、私が見つけた現実の世界

  • took me into a really different kind of conflict zone.

    私は本当に違う種類の紛争地帯に連れて行かれました。

  • At 22 years old,

    22歳の時。

  • I was diagnosed with leukemia.

    白血病と診断されました。

  • The doctors told me and my parents, point-blank,

    医者にも親にも言われました。

  • that I had about a 35 percent chance of long-term survival.

    長期生存の確率は35%だった

  • I couldn't wrap my head around what that prognosis meant.

    その予後が何を意味するのか、私には理解できませんでした。

  • But I understood that the reality and the life I'd imagined for myself

    しかし、自分が想像していた現実と人生が

  • had shattered.

    砕け散っていた。

  • Overnight, I lost my job, my apartment, my independence,

    一晩で仕事もアパートも独立も失った

  • and I became patient number 5624.

    と患者番号5624番になりました。

  • Over the next four years of chemo, a clinical trial

    臨床試験である化学療法の4年越し

  • and a bone marrow transplant,

    と骨髄移植を行いました。

  • the hospital became my home,

    病院が私の家になりました。

  • my bed, the place I lived 24/7.

    私のベッド、24時間365日住んでいた場所。

  • Since it was unlikely that I'd ever get better,

    良くなる可能性が低いので

  • I had to accept my new reality.

    自分の新しい現実を受け入れなければならなかった。

  • And I adapted.

    そして私は適応しました。

  • I became fluent in medicalese,

    医療用語が堪能になりました。

  • made friends with a group of other young cancer patients,

    他の若いがん患者のグループと友達になりました。

  • built a vast collection of neon wigs

    ネオンウィッグの膨大なコレクションを構築

  • and learned to use my rolling IV pole as a skateboard.

    と、ローリングIVのポールをスケートボードとして使うことを覚えました。

  • I even achieved my dream of becoming a war correspondent,

    戦時中の特派員になるという夢まで叶えてしまった。

  • although not in the way I'd expected.

    思っていたほどではなかったが。

  • It started with a blog,

    ブログから始まりました。

  • reporting from the front lines of my hospital bed,

    私の病院のベッドの最前線からの報告。

  • and it morphed into a column I wrote for the New York Times,

    ニューヨーク・タイムズに書いたコラムに 変身したんだ

  • called "Life, Interrupted."

    "中断された人生 "と呼ばれる

  • But -- (Applause)

    しかし... (拍手)

  • Thank you.

    ありがとうございます。

  • (Applause)

    (拍手)

  • But above all else,

    しかし、何よりも

  • my focus was on surviving.

    生き残ることに集中していました。

  • And -- spoiler alert --

    そして...ネタバレ注意...

  • (Laughter)

    (笑)

  • I did survive, yeah.

    私は生き残った

  • (Applause)

    (拍手)

  • Thanks to an army of supportive humans,

    応援してくれる人間の軍団に感謝します。

  • I'm not just still here, I am cured of my cancer.

    私はまだここにいるだけではなく、癌が治ったのです。

  • (Applause)

    (拍手)

  • Thank you.

    ありがとうございます。

  • (Applause)

    (拍手)

  • So, when you go through a traumatic experience like this,

    だから、このようにトラウマになるような体験をすると

  • people treat you differently.

    人によって扱いが違う

  • They start telling you how much of an inspiration you are.

    自分がどれだけの影響力を持っているかを伝え始めます。

  • They say you're a warrior.

    あなたは戦士だと言われています。

  • They call you a hero,

    英雄と呼ばれている

  • someone who's lived the mythical hero's journey,

    神話の主人公の旅を生きてきた人。

  • who's endured impossible trials

    不可能な試練に耐えてきた者

  • and, against the odds, lived to tell the tale,

    そして、不利な状況にもかかわらず、その物語を語るために生きてきた。

  • returning better and braver for what you're been through.

    あなたが経験していることのために、より良く、より勇敢に戻ってきます。

  • And this definitely lines up with my experience.

    そして、これは間違いなく私の経験と一致しています。

  • Cancer totally transformed my life.

    がんは私の人生を完全に変えました。

  • I left the hospital knowing exactly who I was

    病院を出た時には自分が何者なのかはっきりとわかっていた

  • and what I wanted to do in the world.

    と、自分が世界でやりたいと思っていたこと。

  • And now, every day as the sun rises,

    そして今、太陽が昇る毎日。

  • I drink a big glass of celery juice,

    セロリのジュースを大きなグラスで飲んでいます。

  • and I follow this up with 90 minutes of yoga.

    と、90分のヨガでフォローしています。

  • Then, I write down 50 things I'm grateful for onto a scroll of paper

    そして、紙の巻物に感謝の気持ちを50個書き出します。

  • that I fold into an origami crane and send sailing out my window.

    折り紙の鶴に折って、窓から船を出します。

  • (Laughter)

    (笑)

  • Are you seriously believing any of this?

    本気で信じているのか?

  • (Laughter)

    (笑)

  • I don't do any of these things.

    こんなことは一切していません。

  • (Laughter)

    (笑)

  • I hate yoga, and I have no idea how to fold an origami crane.

    ヨガも嫌いだし、折り鶴の折り方も知らない。

  • The truth is that for me,

    本当のところは、私にとっては

  • the hardest part of my cancer experience began once the cancer was gone.

    私のがん体験で一番つらかったことは、がんがなくなってから始まりました。

  • That heroic journey of the survivor we see in movies

    映画で見るサバイバーのあの英雄的な旅

  • and watch play out on Instagram --

    とInstagramでプレイアウトを見てみましょう--。

  • it's a myth.

    それは神話です。

  • It isn't just untrue, it's dangerous,

    真実ではないだけでなく、危険なのです。

  • because it erases the very real challenges of recovery.

    なぜなら、それは回復の非常に現実的な課題を消去するからです。

  • Now, don't get me wrong -- I am incredibly grateful to be alive,

    さて、誤解しないでほしいのですが、私は生きていることにとても感謝しています。

  • and I am painfully aware that this struggle is a privilege

    と、この葛藤が特権であることを痛感しています。

  • that many don't get to experience.

    多くの人が経験することができないことです。

  • But it's important that I tell you

    しかし、それは私があなたに伝えることが重要です。

  • what this projection of heroism and expectation of constant gratitude

    この英雄主義の投影と恒常的な感謝の期待とは何か

  • does to people who are trying to recover.

    回復しようとしている人たちに

  • Because being cured is not where the work of healing ends.

    なぜなら、治るということは、治すという仕事が終わるところではないからです。

  • It's where it begins.

    そこから始まるのです。

  • I'll never forget the day I was discharged from the hospital,

    退院した日のことは忘れられません。

  • finally done with treatment.

    やっと治療が終わりました。

  • Those four years of chemo had taken a toll on my relationship

    4年間の化学療法が私の人間関係に影響を与えた

  • with my longtime boyfriend,

    長年の彼氏と

  • and he'd recently moved out.

    彼は最近引っ越してきたんだ

  • And when I walked into my apartment, it was quiet.

    そして、アパートに入ると静かだった。

  • Eerily so.

    不気味にもそうですね。

  • The person I wanted to call in this moment,

    この瞬間に呼びたいと思った相手。

  • the person who I knew would understand everything,

    全てを理解してくれると思っていた人が

  • was my friend Melissa.

    友達のメリッサだった

  • She was a fellow cancer patient,

    彼女は仲間の癌患者だった。

  • but she had died three weeks earlier.

    しかし、彼女は3週間前に死んでいました。

  • As I stood there in the doorway of my apartment,

    アパートの玄関に立っていると

  • I wanted to cry.

    泣きたかった。

  • But I was too tired to cry.

    でも、疲れすぎて泣いてしまいました。

  • The adrenaline was gone.

    アドレナリンが出なくなっていた。

  • I had felt as if the inner scaffolding

    内側の足場のような気がしていたのですが

  • that had held me together since my diagnosis

    診断されてからの私を支えてくれたもの

  • had suddenly crumbled.

    は急に崩れてしまった。

  • I had spent the past 1,500 days working tirelessly to achieve one goal:

    一つの目標を達成するために、この1,500日を不断の努力で過ごしていました。

  • to survive.

    生き残るために

  • And now that I'd done so,

    そして今、私はそうしてきました。

  • I realized I had absolutely no idea how to live.

    どうやって生きていけばいいのか全くわからないことに気がつきました。

  • On paper, of course, I was better:

    紙の上では、もちろん私の方が良かった。

  • I didn't have leukemia,

    白血病ではありませんでした。

  • my blood counts were back to normal,

    血糖値は正常に戻っていました。

  • and the disability checks soon stopped coming.

    障害者手帳はすぐに来なくなった

  • To the outside world,

    外の世界へ。

  • I clearly didn't belong in the kingdom of the sick anymore.

    私は明らかにもう病人の王国には属していない。

  • But in reality, I never felt further from being well.

    しかし、実際には、元気になることから遠ざかったことはありませんでした。

  • All that chemo had taken a permanent physical toll on my body.

    化学療法は私の身体に永久的な打撃を与えた。

  • I wondered, "What kind of job can I hold

    どんな仕事ができるのかな、と。

  • when I need to nap for four hours in the middle of the day?

    昼間に4時間も昼寝したい時は?

  • When my misfiring immune system

    私の免疫システムの誤作動が起きたとき

  • still sends me to the ER on a regular basis?"

    "まだ定期的にERに送られてくるのか?"

  • And then there were the invisible, psychological imprints

    そして、目に見えない心理的な痕跡がありました。

  • my illness had left behind:

    私の病気が残したもの

  • the fears of relapse,

    再発の恐怖

  • the unprocessed grief,

    処理されていない悲しみ

  • the demons of PTSD that descended upon me for days, sometimes weeks.

    何日も、時には何週間も私に降りかかってきたPTSDの悪魔。

  • See, we talk about reentry

    再突入の話をしてるんだ

  • in the context of war and incarceration.

    戦争と監禁の文脈の中で

  • But we don't talk about it as much

    しかし、私たちはそれについてあまり話しません。

  • in the context of other kinds of traumatic experiences, like an illness.

    病気のような他の種類のトラウマとなる経験の文脈の中で

  • Because no one had warned me of the challenges of reentry,

    誰も再突入の困難を警告してくれなかったからだ。

  • I thought something must be wrong with me.

    何かあったに違いないと思った。

  • I felt ashamed,

    恥ずかしいと思った。

  • and with great guilt, I kept reminding myself

    と、大きな罪悪感を持って、私は自分自身に言い聞かせていました。

  • of how lucky I was to be alive at all,

    生きていられたことがどれほど幸運だったかを。

  • when so many people like my friend Melissa were not.

    友人のメリッサのように多くの人がそうではなかった時に

  • But on most days, I woke up feeling so sad and lost,

    しかし、ほとんどの日は、とても悲しい気持ちで目が覚めてしまいます。

  • I could barely breathe.

    息をするのがやっとでした。

  • Sometimes, I even fantasized about getting sick again.

    時々、また病気になってしまうのではないかと妄想することもありました。

  • And let me tell you,

    そして、教えてあげよう。

  • there are so many better things to fantasize about

    惚れ惚れしても仕方がない

  • when you're in your twenties and recently single.

    20代で最近独身の時に

  • (Laughter)

    (笑)

  • But I missed the hospital's ecosystem.

    しかし、病院の生態系が恋しかった。

  • Like me, everyone in there was broken.

    私と同じように、そこにいた人はみんな壊れていました。

  • But out here, among the living, I felt like an impostor,

    しかし、ここでは、生者の間で、私は詐欺師のように感じた。

  • overwhelmed and unable to function.

    圧倒されて機能しない

  • I also missed the sense of clarity I'd felt at my sickest.

    また、病気の時に感じていた明晰さも失ってしまった。

  • Staring your mortality straight in the eye has a way of simplifying things,

    あなたの命をまっすぐに見つめることは、物事を単純化する方法です。

  • of rerouting your focus to what really matters.

    あなたの焦点を本当に重要なものに 振り向けることの

  • And when I was sick, I vowed that if I survived,

    病気の時には、もし生き残ったらと誓った。

  • it had to be for something.

    何かのためにあるはずだ

  • It had to be to live a good life, an adventurous life,

    それは、良い人生、冒険的な人生を送るためでなければなりませんでした。

  • a meaningful one.

    意味のあるもの。

  • But the question, once I was cured,

    しかし、問題は、一度治ってしまったこと。

  • became: How?

    になった:どのように?

  • I was 27 years old with no job, no partner, no structure.

    私は27歳で無職、パートナーもいない、構造もない状態でした。

  • And this time, I didn't have treatment protocols or discharge instructions

    そして今回は、治療方針や退院の指示がありませんでした。

  • to help guide my way forward.

    私の進むべき道を導くために

  • But what I did have was an in-box full of internet messages

    しかし、私が持っていたのは、インターネットのメッセージでいっぱいの受信箱でした。

  • from strangers.

    知らない人から

  • Over the years,

    何年もかけて

  • people from all over the world had read my column,

    世界中の人が私のコラムを読んでくれました。

  • and they'd responded with letters, comments and emails.

    と、手紙やコメント、メールで返事をしていました。

  • It was a mix, as is often the case, for writers.

    よくあるように、作家にとってはミックスでした。

  • I got a lot of unsolicited advice

    迷惑なアドバイスをたくさんいただきました

  • about how to cure my cancer with things like essential oils.

    精油のようなもので私の癌を治す方法について。

  • I got some questions about my bra size.

    ブラジャーのサイズについて質問がありました。

  • But mostly --

    しかし、ほとんどは...

  • (Laughter)

    (笑)

  • mostly, I heard from people who, in their own different way,

    ほとんどが、自分とは違う形で、人から聞いた話です。

  • understood what it was that I was going through.

    自分が経験してきたことを理解していました。

  • I heard from a teenage girl in Florida

    フロリダの10代の女の子から聞いた

  • who, like me, was coming out of chemo

    私と同じように化学療法から抜け出した者

  • and wrote me a message composed largely of emojis.

    と、主に絵文字で構成されたメッセージを書いてくれました。

  • I heard from a retired art history professor in Ohio named Howard,

    オハイオ州のハワードという引退した美術史の教授から聞いた。

  • who'd spent most of his life

    浪人生

  • struggling with a mysterious, debilitating health condition

    謎の闘病生活

  • that he'd had from the time he was a young man.

    彼は若い頃から持っていた。

  • I heard from an inmate on death row in Texas

    テキサスの死刑囚の話を聞いた

  • by the name of Little GQ --

    リトルGQという名前で --

  • short for "Gangster Quinn."

    "ギャングスター・クイン "の略

  • He'd never been sick a day in his life.

    彼は人生で一度も病気になったことがない。

  • He does 1,000 push-ups to start off each morning.

    彼は毎朝1000回の腕立て伏せをしています。

  • But he related to what I described in one column

    しかし、彼は私があるコラムで述べたことに関連しています。

  • as my "incanceration,"

    私の "強制執行 "として

  • and to the experience of being confined to a tiny fluorescent room.

    と、小さな蛍光灯の部屋に閉じ込められた経験に。

  • "I know that our situations are different," he wrote to me,

    "私たちの状況が違うのはわかっています "と書いてくれました。

  • "But the threat of death lurks in both of our shadows."

    "しかし、死の脅威は我々の影に潜んでいる"

  • In those lonely first weeks and months of my recovery,

    回復の最初の数週間と数ヶ月の寂しい日々の中で

  • these strangers and their words became lifelines,

    見知らぬ人たちとその言葉がライフラインになったのです。

  • dispatches from people of so many different backgrounds,

    様々な背景を持つ人たちからの派遣です。

  • with so many different experiences,

    いろんな経験をして

  • all showing me the same thing:

    みんな同じものを見せてくれている

  • you can be held hostage

    人質にもなる

  • by the worst thing that's ever happened to you

    史上最悪の事態を迎えて

  • and allow it to hijack your remaining days,

    残りの日々を乗っ取ることを許してください。

  • or you can find a way forward.

    もしくは、前に進むべき道を見つけることができます。

  • I knew I needed to make some kind of change.

    何かしらの変化が必要だと思っていました。

  • I wanted to be in motion again

    また動きたくなった

  • to figure out how to unstuck myself and to get back out into the world.

    どうやって自分を解きほぐして、世界に戻るかを考えます。

  • And so I decided to go on a real journey --

    だから本当の旅に出ることにしたんだ

  • not the bullshit cancer one

    くだらない癌ではなく

  • or the mythical hero's journey that everyone thought I should be on,

    あるいは、神話の英雄の旅のように、誰もが私が行くべきだと思っていた。

  • but a real, pack-your-bags kind of journey.

    でも、本当の、荷物を詰め込んでの旅のようなものだ。

  • I put everything I owned into storage,

    所有していたものを全て保管庫に入れました。

  • rented out my apartment, borrowed a car

    アパートを借りて車を借りる

  • and talked a very a dear but somewhat smelly friend

    と、非常に親愛なる、しかし、やや臭い友人を話した。

  • into joining me.

    私に加わることになった

  • (Laughter)

    (笑)

  • Together, my dog Oscar and I embarked on a 15,000-mile road trip

    犬のオスカーと一緒に15,000マイルの旅に出ました。

  • around the United States.

    アメリカを中心に

  • Along the way, we visited some of those strangers who'd written to me.

    途中、私に手紙を書いてくれた見知らぬ人たちを何人か訪ねた。

  • I needed their advice,

    私は彼らのアドバイスが必要でした。

  • also to say to them, thank you.

    ありがとうございました」と声をかけることも。

  • I went to Ohio and stayed with Howard, the retired professor.

    オハイオに行って、引退したハワード教授のところに泊まりました。

  • When you've suffered a loss or a trauma,

    喪失感やトラウマに襲われたとき。

  • the impulse can be to guard your heart.

    衝動的に心をガードしてしまうことがあります。

  • But Howard urged me to open myself up to uncertainty,

    でもハワードは私に 不確実性に心を開くように促しました

  • to the possibilities of new love, new loss.

    新しい愛と喪失の可能性に

  • Howard will never be cured of illness.

    ハワードは病気が治ることはありません。

  • And as a young man, he had no way of predicting how long he'd live.

    若い頃は、自分の寿命を予測することはできませんでした。

  • But that didn't stop him from getting married.

    しかし、それは彼が結婚することを止めることはできませんでした。

  • Howard has grandkids now,

    ハワードには孫がいる

  • and takes weekly ballroom dancing lessons with his wife.

    と、奥さんと一緒に毎週社交ダンスのレッスンを受けている。

  • When I visited them,

    彼らを訪ねた時

  • they'd recently celebrated their 50th anniversary.

    先日、50周年を迎えたそうです。

  • In his letter to me, he'd written,

    私への手紙にはこう書いてあった。

  • "Meaning is not found in the material realm;

    "意味 "は物質界にはない。

  • it's not in dinner, jazz, cocktails or conversation.

    それはディナー、ジャズ、カクテル、会話の中ではありません。

  • Meaning is what's left when everything else is stripped away."

    "意味とは、他のものが剥ぎ取られた時に残るものだ"

  • I went to Texas, and I visited Little GQ on death row.

    テキサスに行って、死刑囚のリトルGQを訪ねた。

  • He asked me what I did to pass all that time

    暇つぶしに何をしたのかと聞かれて

  • I'd spent in a hospital room.

    病室で過ごした。

  • When I told him that I got really, really good at Scrabble,

    スクランブルがめちゃくちゃ上手になったと言ったら

  • he said, "Me, too!" and explained how,

    私も!」と言って、その方法を説明してくれました。

  • even though he spends most of his days in solitary confinement,

    一日の大半を独房で過ごしているにもかかわらず。

  • he and his neighboring prisoners make board games out of paper

    囚人と紙でボードゲームを作る

  • and call out their plays through their meal slots --

    と、食事のスロットを介して彼らのプレイを呼び出す --。

  • a testament to the incredible tenacity of the human spirit

    頑固者の証

  • and our ability to adapt with creativity.

    と創造性を持って適応する能力を持っています。

  • And my last stop was in Florida,

    そして最後に訪れたのはフロリダだった。

  • to see that teenage girl who'd sent me all those emojis.

    私に絵文字を送ってくれた10代の女の子に会いにね

  • Her name is Unique, which is perfect,

    彼女の名前はユニークで完璧です。

  • because she's the most luminous, curious person I've ever met.

    彼女は今までに会った中で一番輝いていて、好奇心旺盛な人だから。

  • I asked her what she wants to do next and she said,

    次は何をしたいのかと聞いてみると