Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • The History of English In Ten Minutes

    10分でわかる英語の歴史

  • Chapter One Anglo-Saxon

    第一章 アングロサクソン

  • Or "Whatever happened to the Jutes?"

    "ジュート人に何があった?"とか

  • The English language begins with the phrase "Up Yours Caesar!"

    英語は "Up Yours Caesar!"から始まる。

  • as the Romans leave Britain

    ローマ人のイギリス出兵に合わせて

  • and a lot of Germanic tribes start flooding in,

    ゲルマン系の部族が大量に押し寄せてきて

  • tribes such as the Angles and the Saxons

    アング族やサクソン族などの部族

  • who together gave us the term Anglo-Saxon,

    アングロサクソンという言葉を与えてくれた人たちです。

  • and the Jutes -- who didn't.

    ジュート人はそうではなかった

  • The Romans left some very straight roads behind,

    ローマ人は非常に真っ直ぐな道を残していった。

  • but not much of their Latin language.

    しかし、彼らのラテン語の多くはありません。

  • The Anglo-Saxon vocab was much more useful

    アングロサクソン語のボキャブラの方がずっと便利でした。

  • as it was mainly words for simple everyday things

    徒然なるままに

  • like 'house', 'woman', 'loaf' and 'werewolf'.

    家」、「女」、「ローフ」、「狼男」など。

  • Four of our days of the week

    曜日のうちの4つの日

  • were named in honour of Anglo-Saxon gods

    はアングロサクソンの神々にちなんで名付けられました。

  • but they didn't bother with Saturday, Sunday and Monday

    と言っても、土日月曜には手を出さず

  • as they had all gone off for a long weekend.

    長い週末にみんなで出かけていたので

  • While they were away,

    彼らがいない間に

  • Christian missionaries stole in

    キリスト教宣教師が盗んだ

  • bringing with them leaflets

    チラシ持参

  • about jumble sales and more Latin.

    ごちゃごちゃとしたセールスともっとラテン語について。

  • Christianity was a hit with the locals

    キリスト教は地元の人に人気があった

  • and made them much happier

    と、彼らをはるかに幸せにしてくれました。

  • to take on funky new words from latin

    ラテン語のファンキーな新語を取り入れるために

  • like 'martyr', 'bishop' and 'font'.

    殉教者」、「ビショップ」、「フォント」のように。

  • Along came the Vikings,

    バイキングが来た

  • with their action-man words

    アクションマンの言葉で

  • like 'drag', 'ransack', 'thrust' and 'die',

    ドラッグ」、「ランサック」、「スラスト」、「ダイ」のように。

  • They may have raped and pillaged

    強姦して略奪したのかもしれない

  • but there were also into 'give' and 'take'

    与えることと奪うことがある

  • two of around 2000 words that they gave English,

    彼らが英語を与えた約2000の単語のうちの2つ。

  • as well as the phrase 'watch out for that man with the enormous axe.'

    "巨大な斧を持った男に気をつけろ" というフレーズと同様に

  • Chapter Two The Norman Conquest

    第二章 ノルマン人の征服

  • Or "Excuse my English"

    または「Excuse my English」

  • True to his name, William the Conqueror invades England,

    その名の通り、征服者ウィリアムはイングランドに侵攻します。

  • bringing new concepts from across the channel

    チャネルを横断して新しいコンセプトをもたらす

  • like the French language,

    フランス語のように

  • the Domesday book

    ドムズデイブック

  • and the duty free Galois's multipack.

    と免税のガロアのマルチパック。

  • French was de rigeur for all official business,

    フランス語は、すべての公務のために必要なものでした。

  • with words like 'judge', 'jury', 'evidence' and 'justice'

    裁判官、陪審員、証拠、正義などの言葉を使って

  • coming in and giving John Grisham's career a kick-start.

    ジョン・グリシャムのキャリアを 飛躍させたのです

  • Latin was still used ad nauseam in Church,

    教会ではラテン語がまだ使われていました。

  • but the common man spoke English

    庶民は英語を話す

  • able to communicate only by speaking

    口だけ

  • more slowly and loudly until the others understood him.

    他の人が彼を理解するまで、もっとゆっくりと大きな声で。

  • Words like 'cow', 'sheep' and 'swine'

    牛」「羊」「豚」などの言葉

  • come from the English-speaking farmers,

    英語圏の農家から

  • while the a la carte versions

    アラカルト版は

  • - 'beef', 'mutton' and 'pork' -

    - ビーフ、マトン、ポーク

  • come from the French-speaking toffs

    仏語圏から来ている

  • -- beginning a long running trend for restaurants having completely indecipherable menus.

    -- 完全に解読不可能なメニューを持つレストランの長い間続いてきた傾向の始まりです。

  • All in all the English absorbed about ten thousand new words form the Normans

    全体では、英語はノルマン人から約1万語の新語を吸収しました。

  • though they still couldn't grasp the notion of cheek kissing.

    頬にキスをするという概念が まだ理解できていませんでしたが。

  • The bonhomie all ended

    ボンホーミーはすべて終わった

  • when the English nation took their new warlike lingo of 'armies', 'navies' and 'soldiers' and began the Hundred Years War against France.

    イギリスが「軍隊」「海軍」「兵士」という新しい戦争的な言葉を手に入れ、フランスとの百年戦争を始めた時のことです。

  • It actually lasted 116 years

    実際には116年も続いた

  • but by that point no one could count any higher in French

    その頃にはフランス語では誰もが数えきれないほど

  • and English took over as the language of power

    と英語が権力者の言葉として定着した

  • Chapter 3 Shakespeare

    第3章 シェイクスピア

  • As the dictionary tells us about 2000 new words and phrases were invented by William Shakespeare

    辞書が教えてくれるように約2000の新しい単語やフレーズは、ウィリアム・シェイクスピアによって発明されました。

  • He gave us handy words like 'eyeball', 'puppydog' and 'anchovy'

    目玉、パピードッグ、アンチョビなどの便利な言葉を教えてくれました。

  • and more showoffy words like 'dauntless', 'besmirch' and 'lacklustre'

    勇気のない」、「恥ずかしい」、「元気がない」などの派手な言葉も

  • He came up with the word 'alligator' soon after he ran off of things to rime with crocodile

    彼はワニとライムをするために物から逃げ出した後、すぐに「ワニ」という言葉を思いつきました。

  • And a nation of tea drinkers finally took him to their hearts when he invented the 'hobnob'

    彼が「ホブノブ」を発明した時、紅茶を飲む人たちの心を掴んだのです。

  • Shakespeare knew the power of catch phrases as well as biscuits

    シェイクスピアはビスケットと同様にキャッチフレーズの力を知っていた

  • Without him we'd never heard our flesh and blood out of house and home

    彼がいなければ... 家と家の外で血肉の声を聞くことはなかっただろう

  • we'd have to say good riddance to the green eyed monster

    緑の目をした化け物とはお別れだ

  • And breaking the ice would be as dead as a doornail.

    氷を壊すのはドアの爪のように死んでしまう

  • If you tried to get your money's worth you'd be given short shrift

    儲けようと思えば甘く見られる

  • and anyone who laid it on with a trowel could be hoist with his own petard

    鏝で被った者は自分のペタで吊るし上げられる

  • of course, it's possible other people used these words first

    もちろん、他の人が先にこの言葉を使った可能性もあります。

  • but the dictionary writers liked looking them up in Shakespeare,

    しかし、辞書作家はシェイクスピアで調べるのが好きだった。

  • because there was more crossdressing and people poking each other's eyes out.

    女装が増えて目をつむり合う人が増えたからだよ

  • Shakespeare's poetry showed the world that English was a rich, vibrant language

    シェイクスピアの詩は、英語が豊かで活気に満ちた言語であることを世界に示しました。

  • with limitless expressive and emotional power

    限りない表現力と感動力で

  • and he still had time to open all those tea rooms in Stratford.

    ストラットフォードのティールームを 開ける時間があった

  • Chapter four The King James Bible

    第四章 ジェームズ王の聖書

  • Or "Let there be light reading"

    または、"軽快な読み物があるように"

  • In 1611 "the powers that be" "turned the world upside down" with a "labour of love"

    1611年には権力者が世界をひっくり返した愛の労働で

  • a new translation of the bible.

    聖書の新訳。

  • A team of scribes with the "wisdom of Solomon" "went the extra mile"

    "ソロモンの知恵 "を持つ走り屋のチームは、"余分な一歩を踏み出した"

  • to make King James's translation

    欽定訳を

  • "all things to all men",

    "すべての人にすべてのものを"

  • whether from their 'heart's desire'

    心からかどうか

  • 'to fight the good fight'

    善戦のために

  • or just for the 'filthy lucre'.

    それとも「汚い金」のためだけか。

  • This sexy new Bible went "from strength to strength"

    このセクシーな新しい聖書は、"強さから強さへ "になりました。

  • getting to 'the root of the matter'

    真相究明

  • in a language even "the salt of the earth" could understand.

    "地球の塩 "でもわかる言葉で

  • "The writing wasn't on the wall",

    "壁には書かれていなかった"

  • it was in handy little books

    手軽な本に入っていた

  • and with "fire and brimstone" preachers

    火と石のような説教者たちと

  • reading from it in every church,

    すべての教会でそれを読んでいます。

  • its words and phrases 'took root' 'to the ends of the earth'

    語句が根付いた

  • well at least the ends of Britain.

    少なくともイギリスの端っこでは

  • The King James Bible is the book that taught us that

    ということを教えてくれたのが、欽定訳聖書です。

  • "a leopard can't change its spots",

    "ヒョウは斑点を変えられない"

  • that "a bird in the hand is worth two in the bush",

    手にした鳥は藪の中で二羽分の価値がある」ということを

  • that 'a wolf in sheep's clothing'

    羊の皮を被った狼は

  • is harder to spot than you would imagine

    案外見破りにくい

  • and how annoying it is to have 'a fly in your ointment'.

    そして、「あなたの軟膏の中のハエ」を持っていることがどれほど迷惑なことか。

  • In fact, just as "Jonathan begat Meribbaal;

    実際には、「ジョナサンがメリバルを乞食した」ように。

  • and Meribbaal begat Micah",

    そしてメリバアルはミカを産んだ」。

  • the King James Bible begat a whole glossary of metaphor and morality

    譬えと道徳の用語集ができた

  • that still shapes the way English is spoken today.

    は、今日でも英語の話し方を形成しています。

  • Amen.

    アーメン

  • Chapter V The English of Science

    第五章 科学の英語

  • or how to speak with gravity

    重力のある話し方

  • Before the 17th century, scientists weren't really recognized

    17世紀以前は、科学者はあまり認知されていませんでした。

  • possibly because labcoats had yet to catch on.

    おそらくラボコートがまだ 浸透していなかったからでしょう

  • But suddenly Britain was full of physicists: there was R. Hooke

    しかし、突然、イギリスは物理学者でいっぱいになりました。

  • R. Boyle and even some people not called Robert, like Isaac Newton.

    R.ボイルや、アイザック・ニュートンのようにロバートとは呼ばれない人もいます。

  • The royal society was formed out of the invisible college

    見えない大学から王室社会が形成された

  • after they put it down somewhere and couldn't find it again.

    どこかに置いた後で、また見つからなくなってしまった。

  • At first they worked in Latin. After sitting through

    最初はラテン語で仕事をしていました。座りっぱなしの後

  • Newton's story about the 'pomum' falling to the 'Terra'

    ニュートンの「ポマム」が「テラ」に落ちる話

  • from the 'arbor' for the umpteenth time, the bright sparks realized

    十三回目の「アーバー」から、明るい火花が実現しました。

  • they all spoke English and they could transform our understanding

    彼らは全員英語を話し、彼らは私たちの理解を変えることができました。

  • of the Universe much quicker by talking in their own language.

    自分たちの言葉で話すことで、宇宙のことをもっと早く知ることができます。

  • But Science was discovering things faster than they could name them:

    しかし、科学は彼らが名前を挙げるよりも早く物事を発見していました。

  • words like 'acid', 'gravity', 'electricity' and 'pendulum' had to

    酸」「重力」「電気」「振り子」などの言葉を使わなければなりませんでした。

  • be invented just to stop their meetings turning into an endless game of charades.

    会議が終わりのないゲームになってしまうのを 止めるために発明されたんだ

  • Like teenage boys, the scientists suddenly became aware of the human body

    10代の少年のように、科学者たちは突然、人体を意識するようになりました。

  • conying new words like 'cardiac', 'tonsil', 'ovary and 'sternum'

    しんぞうへんけいご

  • and the invention of 'penis' and 'vagina' made sex education classes

    と「ペニス」と「膣」の発明により、性教育の授業が行われるようになりました。

  • a bit easier to follow, though 'Clitoris' was still a source of confusion

    クリトリスはまだ混乱の元だったが

  • Chapeter VI English and Empire

    シャペテル六 イギリスと帝国

  • Or "The sun never sets on the English Language"

    あるいは「英語に太陽は沈まない」とか。

  • With English making its name as the language of science, the Bible and Shakespeare,

    英語が科学、聖書、シェイクスピアの言語として名を馳せたことで

  • Britain decided to take it on tour.

    イギリスはツアーに参加することにした。

  • Asking only for land, wealth,

    土地や富だけを求めて

  • natural resources, total obedience to the crown

    天下泰平

  • and a few local words in return.

    と、そのお返しに地元の言葉をいくつか。

  • They went to the Caribbean looking for gold and a chance to really unwind

    彼らは金を求めてカリブ海に行き、本当にリラックスできるチャンスを探していました。

  • discovering the "barbeque", the "canoe"

    バーベキュー、カヌーの発見

  • and a pretty good recipe for rum punch.

    そして、ラムパンチのかなり良いレシピ。

  • They also brought back the word 'cannibal'

    また、「人食い」という言葉を復活させた。

  • to make their trip sound more exciting.

    彼らの旅をよりエキサイティングなものにするために

  • In India there was something for everyone.

    インドでは誰にでも何かがありました。

  • 'Yoga' -- to help you stay in shape, while pretending to be spiritual.

    'ヨガ' -- スピリチュアルなふりをしながら、体調を整える。

  • If that didn't work

    それがうまくいかなかったら

  • there was the "cummerbund" to hide a paunch

    おなかを隠すためにカマーバンドがあった

  • and, if you couldn't even make it up the stairs without turning "crimson"

    そして、もし階段を上ることすらできなかったならば、"真紅 "になることなく

  • they had the "bungalow".

    彼らは「バンガロー」を持っていました。

  • Meanwhile in Africa they picked up words like 'voodoo' and 'zombie'

    一方、アフリカではブードゥーやゾンビのような言葉を拾った。

  • kicking off the teen horror film

    ティーンホラー映画のキックオフ

  • From Australia,

    オーストラリアから。

  • English took the words 'nugget', 'boomerang' and 'walkabout'

    英語では「ナゲット」「ブーメラン」「ウォークアバウト」という言葉が使われていましたが、英語では「ナゲット」「ブーメラン」「ウォークアバウト」という言葉が使われていました。

  • and in fact the whole concept of chain pubs.

    と実際にはチェーンパブの全体の概念。

  • All in all between toppling Napoleon and the first World War,

    ナポレオン倒しと第一次世界大戦の間のすべてを。

  • the British Empire gobbled up around 10 millions square miles,

    大英帝国は約1000万平方マイルを食い荒らした。

  • 400 million people and nearly a hundred thousand gin and tonics,

    4億人の人々と10万人近くのジントニック。

  • leaving new varieties of English to develop all over the globe.

    英語の新しい品種を残して、世界中で発展しています。

  • Chapter VII The age of the dictionary

    第七章 辞書の時代

  • or the definition of a hopeless task.

    とか、絶望的な仕事の定義とか。

  • With English expanding in all directions, along came a new

    英語が四方八方に広がっていく中で、新しい

  • breed of men called lexicographies

    辞書家

  • who wanted to put an end to this anarchy, a word they defined

    この無政府状態に終止符を打とうとした人たちが定義した言葉だ

  • as what happens when people spell words slightly differently from each other.

    のように、人々がお互いにわずかに異なる単語を綴るときに何が起こるかとして。

  • One of the greatest was dr. Johnson whose dictionary

    偉大な人の一人は ジョンソン博士でしたジョンソン博士の辞書

  • of the English Language took him nine years to write.

    は、彼が書くのに9年かかった。

  • He was 18" tall and contained 42773 entries meaning that even

    彼の身長は18インチで、42773個のエントリが含まれています。

  • if you couldn't read, it was still pretty useful if you wanted to reach an high shelf.

    読めなくても、高い棚に手を伸ばしたいときにはかなり便利でした。

  • For the first time when people were calling you a

    と呼ばれていた時に初めて

  • 'pickleherring', a 'jobbernowl' or a 'fopdoodle', you could

    'ピクルヘリング'や'ジョブバーナウル'や'フォプドゥードル'ならば

  • understand exactly what they meant and you'd have the

    彼らが何を意味しているのかを正確に理解すれば、あなたは

  • consolation of knowing they all used the standard spelling

    綴りが違うのが幸いした

  • Try as he might to stop them, words kept being invented

    彼はそれを止めようとしても 言葉は生まれ続けた

  • and in 1857 a new book was started

    1857年には新書が出版されました。

  • that would become the Oxford English Dictionary.

    それがオックスフォード英語辞典になるのです。

  • It took another 70 years to be finished

    終わるまでにさらに70年かかった

  • after the first editor resigned to be an Archbishop,

    初代編集者が大司教を辞任してから

  • the second died of TB

    二人目は結核で死亡

  • and the third was so boring that half his volunteers quit

    三人目はつまらなくて ボランティアの半分が辞めてしまった

  • and one of the ended up in an Asylum.

    そして、そのうちの一人が亡命してしまった。

  • It eventually appeared in 1928 and has continued to be revised ever since

    最終的には1928年に登場し、その後も改訂され続けています。

  • proving the whole idea that you can stop people making up words is complete snuffbumble

    虚言癖を止めることができるということを証明している。

  • Chapter VIII American English

    第八章 アメリカ英語

  • Or "Not English but Somewhere in the ballpark"

    もしくは "英語じゃないけど、どこかにある"

  • From the moment Brits landed in America they needed names for all the plants and animals

    イギリス人がアメリカに上陸した瞬間から、すべての動植物の名前が必要になりました。

  • so they borrowed words like 'raccoon', 'squash' and 'moose' from the Native Americans,

    そのため、彼らはネイティブアメリカンから「アライグマ」「スカッシュ」「ヘラジカ」などの言葉を借りていました。

  • as well as most of their territory.

    領土の大部分と同様に。

  • Waves of immigrants fed America's hunger for words.

    移民の波がアメリカの言葉への飢えを煽った。

  • The Dutch came sharing 'coleslaw' and 'cookies'

    オランダ人はコールスローとクッキーを分け合って来た

  • probably as a result of their relaxed attitude to drugs.

    薬物に対する姿勢が緩んだ結果でしょう。

  • Later, the Germans arrived selling 'pretzels' from 'delicatessens'

    その後、ドイツ人が到着し、「デリカテッセン」の「プレッツェル」を販売しました。

  • and the Italians arrived with their 'pizza', their 'pasta' and their 'mafia', just like mamma used to make.

    イタリア人は「ピザ」と「パスタ」と「マフィア」を持ってやってきました。

  • America spread a new language of capitalism

    アメリカは資本主義という新しい言葉を広めた

  • getting everyone worried about the 'breakeven' and 'the bottom line',

    みんなに「損益分岐点」と「底値」を心配させている。

  • and whether they were 'blue chip' or 'white collar'.

    と、「ブルーチップ」なのか「ホワイトカラー」なのか。

  • The commuter needed a whole new system of 'freeways', 'subways' and 'parking lots'

    通勤には「高速道路」「地下鉄」「駐車場」という全く新しいシステムが必要でした。

  • and quickly, before words like 'merger' and 'downsizing' could be invented.

    合併」や「ダウンサイジング」などの言葉が生まれる前に、迅速に、そして迅速に。

  • American English drifted back across the pond

    アメリカ英語は池を渡って戻ってきた

  • as Brits 'got the hang of' their 'cool movies', and their 'groovy' 'jazz'.

    英国人が「クールな映画」と「グルーヴィーな」ジャズのコツを掴んだように。

  • There were even some old forgotten English words that lived on in America.

    アメリカには忘れられた古い英単語が生き残っていたこともありました。

  • So they carried on using 'fall', 'faucets', 'diapers' and 'candy',

    そうして彼らは「秋」「蛇口」「おむつ」「飴」を使い続けた。

  • while the Brits moved on to 'autumn', 'taps', 'nappies' and NHS dental care.

    イギリス人は「秋」、「タップ」、「おむつ」、NHSの歯科治療に移った。

  • Chapter IX Internet English

    第九章 インターネット英語

  • Or "Language reverts to type"

    または「言語はタイプに戻る」

  • In 1972 the first email was sent.

    1972年、最初のメールが送信されました。

  • Soon the Internet arrived, a free global space to share information, ideas

    間もなくインターネットが登場し、情報やアイデアを共有するための無料のグローバルな空間となりました。

  • and amusing pictures of cats.

    と愉快な猫の写真を掲載しています。

  • Before then English changed through people speaking it

    それ以前の英語は、人々がそれを話すことで変化していきました。

  • but the net brought typing back into fashion

    ネットが活字を流行らせた

  • and hundreds of cases of repetitive strain injuries.

    と数百件の反復性緊張障害の事例を紹介しています。

  • Nobody had ever had to 'download' anything before, let alone use a 'toolbar'

    ツールバーはおろか、今まで誰も何かを「ダウンロード」する必要はありませんでした。

  • And the only time someone set up a 'firewall',

    そして、誰かが「ファイアウォール」を設置した時だけ。

  • it ended with a massive insurance claim and a huge pile of charred wallpaper.

    大規模な保険金請求と 焦げた壁紙の山で終わった

  • Conversations were getting shorter than the average attention span

    平均的な注意力よりも会話が短くなっていた

  • why bother writing a sentence when an abbreviation would do

    省略すればいいのに文を書くのが面倒くさい

  • and leave you more time to 'blog', 'poke' and 'reboot' when your 'hard drive' crashed?

    そして、あなたの「ハードドライブ」がクラッシュしたときに「ブログ」や「ポケ」や「再起動」をする時間をより多く残すことができますか?

  • 'In my humble opinion' became IMHO, 'by the way' became BTW

    'In my humble opinion' は IMHO になり、'by the way' は BTW になりました。

  • and 'if we're honest that life-threatening accident was pretty hilarious!' simply became 'fail'.

    とか、「正直に言うと命に関わる事故は結構面白かった!」が「失敗」になってしまった。

  • Some changes even passed into spoken English.

    いくつかの変化は、口語英語にまで伝わりました。

  • For your information people frequently asked questions like

    あなたの情報のために人々は頻繁に次のような質問をしました

  • "how can 'LOL' mean 'laugh out loud' and 'lots of love'?

    "LOL "は "大声で笑う "と "たくさんの愛 "を意味するのか?

  • But if you're going to complain about that then UG2BK.

    でもそれで文句言うならUG2BK。

  • Chapter X Global English

    第X章 グローバルな英語

  • Or "Whose language is it anyway?"

    あるいは「誰の言葉だ?」とか。

  • In the 1500 years since the Roman's left Britain,

    ローマ人がイギリスを出てからの1500年の間に

  • English has shown an unique ability to absorb, evolve, invade

    英語は、吸収し、進化し、侵略するユニークな能力を示しています。

  • and, if we're honest, steal.

    そして、正直に言えば、盗みをする。

  • After foreign settlers got it started, it grew into a fully-fledged language all of its own,

    外国人入植者がそれを開始した後、それは完全に独自の言語に成長しました。

  • before leaving home and travelling the world, first via the high seas,

    家を出て世界を旅する前に、まず公海を経由して。

  • then via the high speed broadband connection, pilfering words from over 350 languages

    その後、高速ブロードバンド接続を介して、350以上の言語から単語を盗む

  • and establishing itself as a global institution.

    とグローバルな機関としての地位を確立しています。

  • All this despite a written alphabet that bears no correlation to how it sounds

    アルファベットが書かれているにもかかわらず、それがどのように聞こえるかの相関関係はありません。

  • and a system of spelling that even Dan Brown couldn't decipher.

    ダン・ブラウンでさえ解読できなかった スペルのシステムと

  • Right now around 1.5 billion people speak English.

    今現在、約15億人が英語を話しています。

  • Of these about a quarter are native speakers, a quarter speak it as their second language,

    そのうち約4分の1がネイティブスピーカーで、4分の1が第二言語として使用しています。

  • and half are able to ask for directions to a swimming pool.

    と半数はプールへの道順を聞くことができます。

  • There's Hinglish which is Hindi-English,

    ヒンディー語-英語のHinglishがあります。

  • Chinglish which is Chinese-English

    中英であるChinglish

  • and Singlish which is Singaporean English

    とシンガポール英語のシングリッシュ

  • and not that bit when they speak in musicals.

    と、ミュージカルで話すときのビットではありません。

  • So in conclusion,

    結論から言うと