Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • I was 11 years old, and I was rubbing makeup all over my legs to cover up my freckles 'cause I hated them, and I thought they were so ugly.

    11歳の時、私はそばかすが嫌でとても醜いと思っていたので隠すために足全体に化粧品を塗りたくっていました。

  • I was 15, and I lived with my dad and my stepmom, and I lied about my mom.

    15歳のときには父と継母と暮らしており、母について嘘をついていました。

  • I lied about her because she was a waitress, and she lived in a tiny apartment, and because she was a recovering drug addict.

    母はウエイトレスで小さなアパートに住んでおり、薬物中毒から回復する途中だったので騙していました。

  • I lied about her because I was too ashamed to tell the truth.

    恥ずかしすぎて真実が言えなかったので騙していました。

  • I was 17, and I was down on my knees on a bathroom floor, and I was forcing myself to throw up everything that I'd eaten that morning.

    17歳のときには浴室で膝をついてひざまずき、その朝食べた全てのものを吐き出そうとしていました。

  • I was desperate to be thin; I was trying so hard to be perfect.

    痩せることに必死でした。完璧になろうとかなり努力していました。

  • I was 21, and I didn't even realize what I was doing

    21歳のときには何をしてるかわかりませんでした。

  • but I was droning on and on to my friend Julie.

    しかし私は友人の Julie に知っている人についてやどれほど彼らが優れているか、なんて良い生活をしているのか、どれほど彼らのようになりたかったか、どれほど嫉妬していたかについて何度も何度もだらだらと喋っていました。

  • Telling her about all the people we knew and how great they were, and how amazing their lives were, and how much I wanted to be like them, how jealous I was.

    私の大切な友達である Julie は私を止め、言いました。「 Niko 、自分のことをちゃんと見て」と。

  • And my dear friend Julie, she stopped me, and she said, "Niko, you need to meet yourself."

    それを言った時、何かが変わったような気がしました。

  • And when she said that to me, it was like something changed.

    彼女は私に向けて鏡を掲げたようで、私に見せていたものは私がこれまで見てきたものとはかなり異なっていました。

  • It was like she held a mirror up for me, and what she was showing me was so different from what I'd ever seen before.

    彼女は言いました。「Niko。あなたは自分自身に嫉妬するべきだわ。」

  • She said, "Niko, you should be jealous of yourself."

    あなたは勇気があって、がんばり屋さんで、はつらつとしている。

  • You're gutsy, you're hard-working, you're resilient.

    もし自分を満たすことができれば、きっともっと彼女を好きになる。

  • If you could meet yourself, you might really like her.

    しかし彼女描いてくれたあの自分はパッと消えました。

  • But as quickly as she painted that image of me, it was gone!

    私は完璧に混乱しました…なぜなら、私は自分が困惑して、可愛くもなく、ぎこちないと思ったからです。

  • And I was totally confused because I... I see myself as embarrassing, unlovable, awkward.

    しかし彼女が作り出したイメージがわたしは大好きで、取り戻したかったのです。

  • But I loved that image that she created, and I wanted it back.

    そこで私はそれを見つける旅に乗り出し、留めるようにしたのです。

  • So I set out on this journey to find it and to try to make it stick.

    そしてついに仕事を見つけ、若い女性と働くことになったのです。

  • So eventually, I landed myself a job, working with young women.

    私の仕事は女性たちに自尊心を高めるのを手助けするプログラムを作ることで、もちろん私自身に自尊心がないのでおかしな話かもしれません。

  • My job was to create a program for them, to help them increase their self-esteem, which, of course, was kind of laughable because I had no self-esteem myself.

    しかし考え始めたのです…私達は自尊心を作り出せるのでしょうか?

  • But I started to wonder... I started to wonder, could we create our own self-esteem?

    自分自身で築けるのでしょうか?

  • Could we build it ourselves?

    ちょっとした研究を行い、自尊心は単純に自分たちの考え方に基づいていることがわかりました。

  • And I did a little research, and it turns out that self-esteem, it's just based on our own thoughts of ourselves.

    そして私達は自分で考えをコントロールできることがわかったので、私は「ええ、私達は本当に自尊心を築くことができて、やってみたい。」と思ったのです。

  • And I knew that we could control our own thoughts, so I thought, "Yeah, maybe we could actually start to build our own self-esteem, and I was willing to try."

    こうした女性たちと一緒に臨んだ最初のセッションは、何をすればよいかわかりませんでした。

  • So the first session I had with these girls, I had no idea what to do.

    つまりは、やったことがなかったのに全部作り上げる必要があったのです。

  • I mean, I've never done this before, so I was totally making it up.

    そこで私は彼らに自分について誇っていることを1つずつ言ってもらうようにしたのです。

  • So I decided I was going to have them each say one thing that they were proud of about themselves.

    私達はこの自身についてもっと肯定的な考えを作り出そうとするアイデアを試そうとしたのです。

  • Right? We were going to test out this idea of starting to build more positive thoughts about ourselves.

    しかしそれほどうまくはいきませんでした。

  • It didn't go so well.

    女性たちは1つとして誇っていることを話すことが出来なかったのです。

  • These girls, they couldn't say one single thing about themselves that they were proud of.

    完全に同じタイプで、同じように感じたので理解しました。

  • And I understood because I totally related, I mean, I felt the same way.

    ですから、彼らのために、皆のためにある運動を作りました。

  • So, I decided to create an exercise for them, for all of us to do.

    そのアイデアとは、私達が自分たちについて肯定的な考えを持つ度に、音量をあげることを、文字通り考えの音量を上げるように想像しました。

  • So the idea was that every time we had a positive thought about ourselves, we would imagine turning up the volume, like literally turning up the volume on that thinking.

    そして否定的な考えを持つ度に、デリートを押し、単に脳内で押すだけですが、魔法のように消すようにしました。

  • And every time we had a negative thought about ourselves, we were going to press "delete," just press "delete" in our brain, let it magically disappear.

    そうしたらうまく行ったのです!

  • And it worked! It worked!

    自身がより良く見えるように閉じこもった自分の殻から外に出るようなアイデアが。

  • This idea of kind of stepping outside of ourselves so that we could see ourselves better.

    少しずつ、私達はそれぞれの好きなところを思いつくようになっていきました。

  • Little by little, we each came up with little things about ourselves that we liked.

    しかし私にとっては、私が好きなところとして思いついたそれぞれの小さなことは、10の嫌いな部分があるようで、10の批判的なことのように思えたのです。

  • But for me, for every little thing that I came up with that I liked, it was like there were ten things that I didn't like, ten things that I felt critical about.

    そこで彼女たちに確認してみたら、同じことを感じていたのです。

  • So I checked it out with the girls. They said, yeah, they felt the same way.

    私達は授業の終わりに、生徒の一人に真ん中に立ってもらい、他の人達に周りに立ってもらうように決めました。

  • So, we decided that at the end of each class that we had together, we would have one of us stand in the middle, and the rest of us would stand around the others.

    そして真ん中に立った女性には彼女の称賛しているところ、本当に良いと思ったところを伝えました。

  • And we would each tell the girl that was standing in the middle one thing that we admired about her, one thing that we really liked.

    真ん中に立つのはとても大変なことです。

  • And it was so hard to stand in the middle.

    入りたくないという感じ。

  • It was like we didn't want to let it in.

    これらの称賛を受けたくなかったのです。

  • We wanted to just keep those compliments out.

    そこでルールを決めました。

  • And so we made up a rule.

    そのルールとは誰かが褒めると、私達は「ありがとう」と言うルールです。

  • And the rule was that when someone gave us a compliment, we would simply say, "Thank you."

    一緒に過ごした各セッションの終わりには、わたしたちは私達が称賛する良いところを書き留めていました。

  • At the end of every session that we spent together, we all wrote down one thing about ourselves that we admired.

    自分にとって大事なことについて考えを巡らせるように、私達はリストを作るようにしました。

  • We forced ourselves to sort of build this list, to get our thinking going about the things that were important about ourselves.

    2つのことを読んで聞かせたい。

  • And I want to read to you just a couple of things.

    まさにそれは一日目に私たちが書き留めたものです。

  • So these were the things we wrote on the very first day, I kept the list.

    初日、私はこの人達との仕事に誇りをもっていると書きました。

  • On the first day I wrote: "I'm proud of my work with these girls."

    そしてある女性は、親友をいじめている女性のために立ち上がったことに誇りを持っていると書いていました。

  • And the girls wrote: "I'm proud that I stood up for the girl who was bullying my best friend."

    私は賢いと思っています。

  • "I think I'm smart."

    みんなと違うことが好き。

  • "I like that I'm different."

    私は走るのが本当に早い。

  • "I'm a really fast sprinter."

    私は優れた芸術家だ。

  • And "I'm a good artist."

    その年の終わり、女性たちは変わり始めました。

  • At the end of that year, these girls started to change.

    女性たちはすこし成長したかのように歩いていました。

  • It was like they were walking a little taller.

    自分に優しくなり、お互いに優しくなり、そして私も変わり始めました。

  • They were kinder to themselves, they were kinder to each other, and I, I started to change, too.

    彼らは私が自分の物語をまた書き直せると見せてくれたようでした。

  • It was like they showed me that I could rewrite my story.

    私は気づいたのです。その物語に悩んでいるのは私達だけではないのだと。

  • And I realized, I realized that we weren't the only ones struggling with that story.

    男性だって悪戦苦闘しています。

  • Boys were struggling too.

    10代も大人でさえも自分のいいと思うところについて1つや2つ思いつくのには苦戦するのです。

  • Teenagers, even adults were having a tough time coming up with one or two things to say about themselves that they felt good about.

    そしてこの私達が抱いている否定的な自分のイメージは私達を不安にさせるような方法で私達の文化に現れます。

  • And this negative self-image that we were holding on to, it was showing up in our culture in alarming ways.

    10代の自殺は若者の死因の中で3番目に高い死因だとわかりました。

  • It turns out that teen suicide, it's the third leading cause of death amongst young people.

    4人に1人の女性がもっと好かれるため、もっと人気になるためにセックスをすると言っています。

  • One out of four girls says they have sex for the first time to be more liked, to be more popular.

    男女とも同様に、ギャングに所属する一番の理由はより安全だと感じるためではなく、もっと自分の価値を確かめたいのです。

  • And boys and girls alike, they're joining gangs, and the number one reason is not to feel safer, it's to feel more important.

    しかし良いしらせがあります。それは私達がそれに逆らっているということです。

  • But here is the good news. The good news is that we can counteract this.

    この女性たちとした仕事と15年間私が続けてきた仕事。

  • The work that I did with those girls and the work I've done for the last 15 years.

    私達は自分について今良いと思える方法を思いつき、今日、皆さんにシェアしたいと思うのですがどうでしょうか?

  • We've come up with ways for us to feel good about ourselves right now, today, and I want to share some of those things with you, OK?

    まず1つ目は私達の気分を良くしてくれる人と一緒に過ごすことです。

  • So, the first thing that we can do to feel good about ourselves is we can spend time with people who make us feel good.

    これは私と Julie が初めて会ったときのものです。

  • This is me and Julie when I very first met her.

    あなたの Julie を見つけて彼、彼女と過ごしてください。

  • Find your "Julie" and spend time with her or him.

    2つ目は、ポジティブシンキングのボリュームを上げるということです。

  • The second thing is that we can turn up the volume on our positive thinking.

    私達は自分たちが良いと思えるような考えを築くことができ、単にデリートボタンを押すことで否定的な考えを消すことができます。

  • We can build up those thoughts about ourselves that are good, and we can delete the negative thoughts, just press "delete."

    3つ目は、周りの人に、今日からでも良いなと思ったところを伝えてあげてください。

  • The third thing, start to tell the people around you, maybe the people around you today, start to tell them what you see about them that you like.

    ポジティブシンキングへのジャンプスタートを手伝ってあげてください。

  • Help them jumpstart their own positive thinking.

    最後の1つは、褒められたら意思を貫いてください。

  • And the last thing is, when you receive a compliment, when we receive compliments, let's stand our ground.

    目を見つめて、ありがとうを言いましょう。

  • Let's look them in the eye, and let's just say, "Thank you."

    新たな文化を作り出しましょう。私達にとって良い感情を生み出すことのできる文化を。

  • Let's create a new culture, a culture where we all get to grow up feeling good about ourselves.

    私達のこれまでを書き換えられるような、私達のこれからを作れるような文化です。

  • A culture where we can rewrite our histories, we can create new stories about ourselves.

    私はそうします。

  • I will start.

    私は11歳。みんなが私がマラソンを走るのを手伝ってくれるから自分の脚が好き。

  • I'm 11, and I like these legs because someday they're going to help me run marathons.

    私は15歳。母が穏やかで私達のためにより良い生活を作ってくれていることを誇っています。

  • I'm 15, and I'm proud of my mom for getting herself sober and for making a better life for us.

    私は17歳。誰も完璧な人なんていないということを知っています。

  • I'm 17, and I know that nobody is perfect.

    私は21歳、周りの友達のように私はうまくいっています。

  • I'm 21, and I think I'm just as successful as my friends.

    私は37歳。そして、これが私の物語です。

  • I'm 37, and now, this is my story.

    私はあなたを招待します。

  • I invite you today. I invite you to do two things with me.

    今、あなたを私と一緒に2つのことをするために招待します。まずは誰かにとっての Julie になって彼、彼女を満足させるように招きましょう。

  • First, be "Julie" for someone, invite him or her to meet themselves.

    それが彼らの生活を変えうるのです。

  • Because it might change their lives.

    2つ目。紙を取り出してあなたが褒めている10のことを書き出して欲しい。

  • And second, I want you to get out a piece of paper, and I want you to write down ten things about yourself that you admire.

    あなたが他の誰かだったら嫉妬するであろう10のことです。

  • The ten things about yourself that if you were someone else, you might even be jealous of.

    今日のあなたの物語の始まりとして私はそれを欲しているのです。

  • And I want that to be the beginning of your story today.

    私が手助けしますから、いいですか?

  • I'll help get you started, OK?

    たった2時間前に出会いました。文字通り2時間前です。

  • So, I just met you a couple hours ago, literally, just a couple hours ago.

    私はもう皆さんが勇気があって、頑張りやさんで、ユニークで、はつらつとしていて、才能があって、優しくて、穏やかだと言えます。

  • And I can already say that you are gutsy, you are hardworking, you are unique, you are resilient, you are talented, you are gentle, you are calm.

    みなさんは素晴らしい!

  • You are all amazing!

    ありがとうございました。

  • Thank you.

I was 11 years old, and I was rubbing makeup all over my legs to cover up my freckles 'cause I hated them, and I thought they were so ugly.

11歳の時、私はそばかすが嫌でとても醜いと思っていたので隠すために足全体に化粧品を塗りたくっていました。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 女性 書き 考え 嫉妬 良い 作り

【TED x Youth】自分自身を満たす!「セルフ・エスティーム」を構築するためのユーザーズガイド

  • 42981 2026
    jasmine に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語