Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hi, I'm Bruce Daisley.

    ブルース・デイスリーです。

  • I work at Twitter but in my spare time, I've been studying work culture and how we can be happier at work.

    私はツイッターで働いていますが、暇なときは仕事の文化や、どうすれば仕事でより幸せになれるかを研究しています。

  • Work has become this sort of colossal game of Jenga where we're trying to add things on top or still keep everything standing up and stable.

    仕事は、私たちが上に物事を追加しようとしているジェンガの巨大なゲームのようなものになっているか、またはまだすべてのものが立って安定した状態を維持しています。

  • I've put together some thoughts on ways that we can make our lives a lot less stressful.

    私たちの生活をストレスの少ないものにする方法について、いくつかの考えをまとめてみました。

  • Half of all people who check their emails outside of work hours show signs of high levels of stress.

    勤務時間外にメールをチェックしている人の半数が、高いストレスの兆候を示しています。

  • The very easiest thing you can do to reduce your stress levels from work is take the number off your email app; that single act is the simplest thing we can do to reduce our stress levels.

    仕事のストレスレベルを下げるためにできる最も簡単なことは、メールアプリから番号を外すことです。

  • The second best change that anyone can make is to take a lunch break.

    誰にでもできる2番目の変化は、お昼休みを利用することです。

  • The habit of eating 'al desco' has become so common now it's contributing to an increase in our stress levels and I understand when you're sitting at your desk you're thinking you've got a hundred emails left walking away and taking a break can feel really counter-intuitive but scientists have found the best way to ensure that you feel energized is to take that pause.

    アル・デスコ」を食べる習慣は、今ではとても一般的になり、ストレスレベルの上昇に貢献しています。デスクに座っているときに、100通のメールが残っていると思っていることを理解しています。

  • You might want to try a monk mode morning.

    坊主モードの朝にしてみるのもいいかもしれませんね。

  • More and more of us are finding it get hard to get things done because of all the interruptions.

    ますます多くの私たちは、すべての中断のために物事を完了することが困難になることを発見しています。

  • A guy called Cal Newport who's a professor at Georgetown University in Washington, he wrote a book called Deep Work and one of the ideas he gave was that we should think about having a monk mode morning.

    カル・ニューポートという人がいます ワシントンのジョージタウン大学の教授です 彼はディープ・ワークという本を書いています 彼が与えたアイデアの一つは 僧侶モードの朝を持つことを考えるべきだということでした

  • Well monk mode is where we go somewhere that is silent, there's no interruptions, we maybe get a block of ninety minutes work done, maybe twice a week, then we go to the office as normal, added advantages we've missed the commute, and got our emails and our meetings done.

    僧侶モードとは、どこか静かな場所に行き、中断されることなく、たぶん週に2回、90分間の仕事をして、その後は通常通りにオフィスに行き、通勤時間を逃したことに加えて、メールや会議を済ませることができます。

  • Some interesting research from the Massachusetts Institute of Technology shows that one of the best ways to increase workplace creativity is to increase the amount of chat and actually that can be chat about last night's TV, that can be chat about what's happening in sports games because normally those conversations then lead to work discussions.

    マサチューセッツ工科大学からの興味深い研究によると、職場の創造性を高める最良の方法の一つは、チャットの量を増やすことであり、それは昨夜のテレビについてのチャットであったり、スポーツの試合で何が起こっているかについてのチャットであったりすることができます。

  • It's a strange thing that by encouraging people to have more chats we're actually going to be achieving more at work.

    雑談を増やすように促すことで、実際に仕事の成果が上がるというのは不思議なものです。

  • But the research seems to suggest that the most creative offices are the ones that chat the most.

    しかし、調査によると、最もクリエイティブなオフィスは、最もチャットが多いオフィスであることが示唆されているようです。

  • Ben Waber, one of the researchers, said that one of the best ways to increase creativity in your office is to move the location of the coffee machine.

    研究者の一人であるベン・ウェーバー氏は、オフィスの創造性を高めるための最良の方法の一つは、コーヒーマシンの場所を移動させることだと述べています。

  • By having the coffee machine, the kettle, the water cooler, in a different place you'll actually lead to more people having discussions, conversations.

    コーヒーメーカー、やかん、水冷器を別の場所に置くことで、より多くの人が議論や会話をするようになります。

  • Scientists have found that one of the biggest barriers to being creative in our jobs is stress, and all of us with our phones feel more stressed than ever before.

    科学者たちは、私たちの仕事で創造的であることの最大の障壁の一つはストレスであり、スマホを持っている私たち全員がこれまで以上にストレスを感じていることを発見しました。

  • You need to give yourself permission to have a digital Sabbath, to take time away from your work at the weekend, for a bit of refreshment, a bit of renewal.

    デジタル安息日を持つ許可を自分自身に与える必要があります。週末に仕事から離れて時間を取るために、ちょっとしたリフレッシュや更新のために。

  • Discourage your boss from emailing at the weekend because it leads to people feeling anxious when they come back to work on Monday.

    週末にメールをすることは、月曜日に仕事に戻ってきたときに人々が不安を感じてしまうことにつながるので、上司を落胆させましょう。

  • Anxious people can't be creative.

    不安な人はクリエイティブになれない。

  • I think in the current world we often celebrate overwork and people working long hours.

    今の世の中、過労や長時間労働の人を祝うことが多いと思います。

  • The magazine profiles we read, the TV profiles we see are about people who work these enormous long working weeks.

    私たちが読む雑誌のプロフィール、私たちが見るテレビのプロフィールは、これらの膨大な長時間労働をしている人たちについてのものです。

  • And in fact all of the evidence is starting to point to the fact that maybe that's not the best idea.

    実際、すべての証拠は、それが最善のアイデアではないという事実を指し示し始めています。

  • Maybe 40 hours of work a week is the right amount.

    週40時間労働が適正なのかもしれません。

  • Use our breaks and our evenings as times to re-energize ourselves so when we come back to our desks we're full of life.

    私たちのデスクに戻ってきたとき、私たちは生命に満ちているので、私たちの休憩時間と私たちの夜を自分自身を再活性化するための時間として使用してください。

  • Doing 40 hours of work is probably enough.

    40時間も働けば十分でしょう。

Hi, I'm Bruce Daisley.

ブルース・デイスリーです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 ストレス 仕事 チャット メール オフィス 時間

ワークライフバランスを改善するための6つのヒント|BBCアイデア

  • 22349 839
    Ginger Liu に公開 2019 年 02 月 14 日
動画の中の単語