Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • The Marvel Cinematic Universe is overrated.

    マーベル・シネマティック・ユニバースは過大評価されています。

  • That's right, this is happening.

    そうです、これは起こっていることなのです。

  • OK, so why is this not just a steaming pile of clickbait?

    では、なぜこれが単なるくだらないクリックベイトではないのでしょうか?

  • Hear me out.

    最後まで聞いてください。

  • So far, there have been twenty of these movies.

    今までのところ、これらの映画は 20 本出ています。

  • And uber-producer Kevin Feige says there'll be at least 20 more in the MCUMarvel Cinematic Universewithin the next 10 years.

    そして、スーパープロデューサーのケヴィン・ファイギ氏は、今後 10 年以内に MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に少なくとも20本は追加されるだろうと言っています。

  • Seriously, half of these people could disappear and it would still be 148 too many characters.

    冗談抜きで、この人達の半分は消える可能性がありますが、それでも 148 人のキャラクターは多すぎるでしょう。

  • When we asked Vox's audience for things they think are overrated, Marvel and DC's movies came up again and again.

    Vox の視聴者に、過大評価されていると思うことを質問したところ、マーベルと DC の映画の名前が何度も上がりました。

  • We love these movies - in the United States alone, they've grossed more than 6.5 billion dollars.

    私達はこれらの映画が大好きです。アメリカだけで 65 億ドル以上の収益を上げています。

  • And yet there's something missing.

    それでも何かが不足しています。

  • When you look at the history of fictional universesand at the MCU in particularit's possible to understand how it could be fixed.

    架空の宇宙の歴史が、特に MCU では、どのように定着したかが理解できます。

  • Go back to 1939 and you'll find the likely birth of the Marvel Universe.

    1939 年にまでさかのぼると、マーベル・ユニバースの誕生の可能性が高いことがわかります。

  • It's in Marvel Mystery Comics #7.

    これはマーベル・ミステリー・コミックス第 7 巻に掲載されています。

  • These characters aren't that well-known today.

    これらのキャラクターは今日ではあまり知られていません。

  • But here, Betty tells Namor that The Human Torch existsestablishing continuity and crossover potential.

    しかしここでは、ベティーはネイモアにヒューマン・トーチが存在することを伝えます。連続性とクロスオーバーの可能性が成り立ちます。

  • This was the start of a new eraone in which corporations produced fiction.

    これは、企業がフィクションを生み出した新しい時代の始まりでした。

  • The idea was simpleyou could use the fame of one property to enhance the audience for another.

    アイデアはシンプルでした。ある作品の人気を利用して、別の作品の観客を増やすことができるのです。

  • And Marvel wasn't alone in recognizing the financial opportunity of crossovers in the 1930s and 40s.

    1930 年代と 40 年代のクロスオーバーによる経済的機会が認識されたのは、マーベルだけではありませんでした。

  • The Green Hornet!

    「グリーン・ホーネット!

  • Look at that picture on the wall.

    壁の絵を見てみろ。

  • The man on that horse is one of your ancestors.”

    その馬に乗っている者はおまえの祖先のひとりなのだ。」

  • In the 1940s, The Green Hornet revealed that the series' central character, Britt Reid, was the grandnephew of The Lone Ranger, another popular radio star at the time.

    1940 年代、グリーン・ホーネットは、シリーズの中心人物であるブリット・リードが、当時人気のあった別のラジオスター、ローン・レンジャーの甥の息子だったことを明らかにしました。

  • “I hope you do something about those crooksjust as your pioneer ancestor did.”

    「お前の先祖がしてくれたように、お前がこの悪党どもをどうにかしてくれることを願っているぞ。」

  • Movie studios were thinking about this toowhen Abbott and Costello met Frankenstein, it joined the Dracula, Frankenstein, and Wolfman movie franchises with a goofy comedy.

    映画スタジオもこのことを考えていました―「凸凹フランケンシュタインの巻」のときに、ドラキュラ、フランケンシュタイン、狼男が映画フランチャイズに間抜けなコメディー役として参加しました。

  • It was basically Universal Studios' Avengers Infinity War, but with more running into walls.

    それは基本的にユニバーサルスタジオのアベンジャーズ/インフィニティ・ウォーでしたが、さらに壁に突き当たりました。

  • By the 60s, even DC comics was catching up, like when Superman entered his fortress of solitude and finally met Batman.

    60年代までには、スーパーマンが孤独の要塞に入り、ついにバットマンに出会ったときのように、DCコミックさえも追いついてきました。

  • “I love you!”

    「あなたを愛してる!」

  • They enjoyed some cake.

    彼らはケーキを楽しみました。

  • You love me.”

    「あなたは私を愛してる。」

  • By the time Spiderman got his comic in 1963, he was spending time with the Fantastic Four and promoting guest appearances from the Hulk.

    1963 年にスパイダーマンがコミックに登場するまでに、ファンタスティック・フォーと一緒に時間を過ごし、ハルクでのゲスト出演を進めていました。

  • And this was also when the Marvel Universe's problems started.

    そして、これはマーベル・ユニバースの問題が始まったときでもありました。

  • This snowglobe contains a half-century of television.

    このスノードームには、半世紀分のテレビが含まれています。

  • It's the basis for the Tommy Westphall Universe theory, which some argue might be the biggest fictional universe of all.

    これは、トミー・ウェストフォールの宇宙理論の基礎であり、今までで最大の架空の宇宙ではないかと論じる人もいます。

  • The snowglobe appeared on the '80s television show St. Elsewhere.

    このスノードームは、80 年代のテレビ番組「セント・エルスウェア」に登場しました。

  • That scene possibly showed that the whole series had taken place inside a snowglobe world imagined by a minor character named Tommy Westphall.

    そのシーンはおそらく、シリーズ全体がトミー・ウェストフォールという脇役によって想像されたスノードームの世界の中で起こったということを示していたのでしょう。

  • The theory is that if a show had a crossover with St. Elsewhere, that show must have taken place in Tommy's snowglobe too.

    理論によると、もし番組がセント・エルスウェアとクロスオーバーしていたなら、そのショーはトミーのスノードームでも起こったに違いないということです。

  • And every crossover that show had, no matter how tangential, would be in the snowglobe, and so on and so on, until you get almost 450 television shows in the same universe, in the same snowglobe.

    そして、その番組が持つクロスオーバーすべてが、どれほど逸脱していても、スノードームの中で起こっており、それは同じスノードーム、同じ宇宙でほぼ 450 のテレビ番組が見られるまで続きます。

  • It spans from 1952 to... today.

    それは 1952 年から...今日まで続きます。

  • It's a dumb theory.

    それはばかげた理論です。

  • But, it's meant to be.

    しかし、まるで運命のようです。

  • That said, the Tommy Westphall universe actually illustrates some of the problems with the Marvel Cinematic Universe.

    とはいえ、トミー・ウェストフォールの宇宙は実際にマーベル・シネマティック・ユニバースのいくつかの問題を示しています。

  • Crossovers require a bunch of artistic compromises.

    クロスオーバーには、芸術的な妥協を多く必要とします。

  • No one wants "Cheers" and "I Love Lucy" to be a connected universe.

    「チアーズ」と「アイ・ラブ・ルーシー」がつながった「宇宙」になることを望む人はだれもいません。

  • It's because a bunch of business decisions connected them.

    それは、多くのビジネス上の決定によって結びつけられたからです。

  • Sometimes, the network forced crossovers on producers, other times, the producers came up with it.

    放送局がプロデューサーにクロスオーバーを強制する時もあり、プロデューサーが思いついた時もあります。

  • Garry Marshall said that the reason that Mork from Ork knew Fonzie from "Happy Days" and Laverne from "Laverne and Shirley" was because his son said that Fonzie should dream about an alien.

    ゲイリー・マーシャルは、「オーク」のモークが「ハッピーデイズ」のフォンジーと「ラバーン&シャーリー」のラバーンを知ったのは、彼の息子がフォンジーがエイリアンについて夢を見るはずだと言ったからだと言いました。

  • These crossovers are always about juicing ratings, not telling a good story.

    これらのクロスオーバーは、良い物語を伝えるのではなく、常に評価を高めるためのものなのです。

  • The Tommy Westphall universe is a thought experiment.

    トミー・ウェストフォールの宇宙は思考実験なのです。

  • "Frasier" and "The X-Files" don't mix, even though they do in Tommy Westphall's globe.

    「フレイジャー」と 「X - ファイル」は、トミー・ウェストフォールの地球儀では混在していません。

  • But even at Marvel, where continuity was planned, it became a hassle to maintain.

    しかし、連続性が計画されていたマーベルでさえ、維持するのは面倒になりました。

  • Marvel editor and writer Len Wein said, “The problem at Marvel was that we suddenly became a business with a bunch of books that Stan, [Lee] don't think, ever in his heart expected to last more than a couple of years.”

    マーベルの編集者であり作家でもあるレン・ウェインは、次のように述べています。「マーベルでの問題は、スタン(リー)が心の中では2年以上も続くとは予想していなかった膨大な量の本が急にビジネスになったことです。」

  • In 1965, Lee replaced most of the Avengers just because the continuity for the original group had become too confusing to deal with.

    1965 年、リーは初期のグループの連続性があまりに複雑になって扱いきれないというだけで、ほとんどのアベンジャーズを入れ替えてしまいました。

  • This continuity clutter happened in the movies, too.

    この連続性の混乱は映画でも起こりました。

  • "Iron Man" kicked off the MCU in 2008.

    アイアン・マンは 2008 年に MCU を始めました。

  • The universe exposition dump didn't happen until after the credits.

    マーベル・ユニバースについての大量の議論は、人気が出てきて初めて起こりました。

  • Mr. Stark, you've become part of a bigger universe.”

    「スタークさん、あなたはさらに大きな宇宙の一部になりました。」

  • "Ant Man" required a weak excuse right in the middle of the movie.

    アントマンは映画の最中に下手な口実を要求しました。

  • “I think our first move should be calling the Avengers."

    「私達が起こす最初の行動は、アベンジャーズを呼ぶことだと思います。」

  • “I spent half my life trying to keep this technology out of the hands of the Stark.

    「私は人生の半分を費やして、このテクノロジーをスタークの手の届かないようにしてきた。」

  • I'm sure as hell am not gonna hand deliberately to one now.”

    「今はそれを故意に人に渡すつもりは全くない。」

  • These heavy-handed additions are about getting crossover hype, not about telling a good story.

    これらの強引な付け足しは良い物語を伝えるためではなく、クロスオーバーの興奮を巻き起こすことにあります。

  • But there's a bigger problem than continuity in the MCUand there is a way to do it better.

    しかし、MCU には連続性よりも大きな問題があり、それを改善する方法があります。

  • Whoa you're the Avengers!”

    「ああ、あなたはアベンジャーズだ。」

  • The rest of this scene is a standard movie fight.

    このシーンの残りの部分は、標準的な映画の戦いです。

  • Their universe is only as deep as some merchandise and a few Easter Eggs.

    彼らの宇宙は商品やイースターエッグのようにただ深いのです。

  • It's cool when Peter Parker's classroom has a picture of Bruce Banner in the corner.

    ピーター・パーカーの教室の隅にブルース・バナーの写真があるのはクールです。

  • But it's not a transformed universe.

    しかし、それは変えられた宇宙ではありません。

  • It's like Quentin Tarantino including the imaginary brand of Red Apple cigarettes in multiple movies.

    それは、複数の映画に架空のブランドである「レッド・アップル・シガレット」を混ぜ込むクエンティン・タランティーノのようなものです。

  • It's cool.

    かっこいいですね。

  • It's not a coherent, intertwined world.

    それはまとまりのある、絡み合った世界ではありません。

  • The MCU is like our own, except for the crossovers.

    MCU は、クロスオーバーを除いては、私達の世界と一緒です。

  • You can test it with the characters.

    それをキャラクターで試すことができます。

  • Add Aquaman to that poster.

    ポスターにアクアマンをつけ足します。

  • If you didn't know DC owned him, would anyone notice?

    彼の所有権が DC にあることを知らなかったとしたら、誰かが気づくでしょうか?

  • The MCU has no rules beyond corporate ownership.

    MCU には、企業の所有権を越えたルールはありません。

  • It's a superhero hodgepodge.

    それはスーパーヒーローの寄せ集めです。

  • The same goes for DC.

    DC についても同様です。

  • If you added Hawkeye here, nobody would care.

    ここにホークアイをつけ足しても、誰も気にしません。

  • And not just because it's...Hawkeye.

    それは…ホークアイだからというだけではありません。

  • Marvel's own property — X-Men, with a movie universe owned by Fox and likely going to Disneyshows a better way.

    Fox が所有しており、おそらくはディズニーに譲渡されるユニバースと共にある X-Men などのマーベルの所有物は、より良い方法を教えてくれます。

  • This universe is not just crossovers.

    この宇宙は単なるクロスオーバーではありません。

  • Every character, human and mutant, has taken sides in a generations-long battle, with real stakes, unlike Marvel's Civil War.

    マーベルの「シビル・ウォー」とは違って、人間やミュータントなどすべてのキャラクターが、何世代にもわたる戦いの中で実際の利害関係を支持しています。

  • That leads to creative possibilities, like decade-jumping and even tonal experimentation with deep integration to the X-Men mythology, if not the continuity.

    これは、連続性がないとしても、X-Men 神話への深い統合による 10 年の飛躍や色調実験のような創造的な可能性へとつながります。

  • When Marvel experiments, like with Jessica Jones, the big tie-in to the MCU is...merch.

    マーベルがジェシカ・ジョーンズのように実験を行うとき、MCU への大きなタイアップは…商品です。

  • Do you have any cool toys in your room you want to show me?”

    「私に見せたいかっこいいおもちゃは部屋にある?」

  • Do you know Captain America?”

    「キャプテン・アメリカを知っていますか?」

  • X-Men movies are not all good, but they do have a universal logic that is stronger than Tommy Westphall's snowglobe.

    X-Men の映画はすべてが良いわけではありませんが、トミー・ウェストフォールのスノードームよりも説得力がある宇宙的ロジックがあります。

  • Here's another test.

    これが別のテストです。

  • If youlittle old youwere in a movie, which universe would change you?

    あなたが―たとえあなたでも―映画に出ていたとしたら、どの宇宙があなたを変えますか?

  • In X-Men, you'd have to decide where you fell in a decades-long battle.

    X-Men では、数 10 年にもわたる戦闘のどこに巻き込まれるか決める必要があります。

  • Do you side with mutants?

    ミュータントに味方しますか?

  • Or humans?

    それとも人間ですか?

  • In the MCU, you'd be like this kid in Agents of Shieldyour big decision would be to buy some merch.

    MCU では、「エージェント・オブ・シールド」のこの子のようになります。あなたの大きな決断は、商品を購入することになります。

  • “I'm OK.”

    「私は大丈夫。」

  • Marvel has flirted with a richer universe, one in which the lives of all people are transformed by a shared history.

    マーベルが手を出したのは豊かな宇宙であり、そこではすべての人々の生活が変化しています。

  • But right now, would anybody be surprised if Disney forced a Marvel/Star Wars crossover?

    共通する歴史によって。

  • Marvel and Disney can make the right choice.

    しかし、今ディズニーがマーベルやスターウォーズのクロスオーバーを強要したとしても、誰か驚く人はいるのでしょうか?

  • In the late 80s, the Marvel comic Damage Control toyed with the consequences of superhero life on the world at large.

    マーベルとディズニーは正しい選択をできます。

  • That made its cameo in Spiderman: Homecoming a thrilling indicator of where the MCU could go.

    80 年代後半、マーベル・コミックの「ダメージ・コントロール」は、世界全体のスーパーヒーローの人生の結果をいじってみました。

  • It was a world that anybody could imagine themselves in.

    それによって「スパイダーマン:ホームカミング」での特別出演を MCU がどこへ向かうのかのスリリングな目安にしました。

  • But until that experimentation transforms the movies, the MCU is just a business strategy.

    それは誰もが想像できる世界でした。

  • The universe is still in development.

    しかし、その実験が映画を変えるまでは、MCU は単なるビジネス戦略にすぎません。

  • If you want just the facts about Marvel, please check out Sean Howe's Marvel Comics: The Untold Story.

    宇宙はまだ発展途上です。

  • It gives you a peek behind the scenes of Marvel and how they shaped a half-century of our culture.

    マーベルについての事実をただ知りたい場合は、ショーン・ハウの「マーベル・コミック:アントールド・ストーリー」をお読みください。 それによって垣間見ることができるのは、マーベルの舞台裏と、彼らが半世紀で形作った私達の 文化です。

The Marvel Cinematic Universe is overrated.

マーベル・シネマティック・ユニバースは過大評価されています。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 Vox マーベル 宇宙 スノー トミー フォール

マーベル・シネマティック・ユニバースが空虚に感じる理由|Vox (Why the Marvel Cinematic Universe feels empty | Vox)

  • 452 16
    Amy.Lin に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語