Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • The creation of the potato chip is a rather snarky, surprising, and idiosyncratic story.

    ポテトチップスの発明はかなり意地悪で、予想外で、そしてちょっと変わった物語である。

  • When French fries made their way to America, they soon became a restaurant mainstay.

    フライドポテトがアメリカに導入されると、すぐにレストランでの定番メニューとなったのです。

  • Many restaurants served fries as their signature dish.

    多くのレストランが看板メニューとして、フライドポテトを提供しました。

  • Believe it or not, they were once considered very hoity-toity.

    信じられないかもしれませんが、フライドポテトはかつて気取った食べ物だったのです。

  • In 1853, George Crum was a chef at the Moon's Lake House in Saratoga Springs, New York.

    1853年、ジョージ・クラムはニューヨーク州サラトガ・スプリングズにあるレストラン「ムーンズ・レイク・ハウス」のシェフでした。

  • Their signature dish was none other than Moon's Fried Potatoes, or as the aristocrats would say, "Potatoes served in the French Manner."

    看板メニューはもちろんムーンズ フライドポテト、貴族が言うならば:「フランス風ポテト料理」

  • One day, just like any other, a customer some believe to have been Cornelius Vanderbilt himself ordered fries.

    ある日、いつものように、コーネリアス・ヴァンダービルトではないかといわれているある客がフライドポテトを注文しました。

  • Upon being served, Cornelius scoffed and sent them back.

    料理がテーブルに出された時、コーネリアスはあざ笑うと、フライドポテトをさげさせた。

  • He deemed the fries soggy and not crispy enough.

    ポテトが湿っぽく、カリカリとなるまで十分に揚げていないとのことだった。

  • This insanity continued a few more times until Crum lost it.

    この狂気が数回続き、クラムは我慢できなくなりました。

  • I mean, he really lost it.

    本当に、爆発しちゃったんです。

  • He fired back, cutting the potatoes paper-thin and frying them up.

    そして、反逆したのです。ポテトを紙の薄さにきり揚げたのです。

  • You see, back in 1853, eating with your hands was a major faux pas, making Crum's revenge even more diabolical.

    1853年では手で食べ物を食べるというのはタブーであったため、クラムの復讐はさらに極悪非道だったのです。

  • By cutting the potatoes paper-thin, there would be no way that Cornelius could use his fork, forcing him to use his hands.

    ポテトを薄く切ったことにより、コーネリアスはフォークを使って食べれません。手で食べることになりました。

  • Crum's plan backfired, kind of, as the patrons dug in with both hands, and loved them.

    クラムの復讐は逆効果でした、ある意味、コーネリアスは両手で食べました、そして大層気に入ったのでした。

  • Saratoga Chips were born.

    サラトガチップスの誕生でした。

  • They became a Saratoga dining staple.

    チップスはサラトガレストランの目玉商品となったのです。

  • Soon thereafter, they took the world by storm.

    そして間もなく一世風靡したのです。

  • Crum himself even opened his own restaurant with baskets of chips displayed on each and every table.

    クラム自身もレストランを開き、チップスの入ったバスケットは全てのテーブルに置かれました。

The creation of the potato chip is a rather snarky, surprising, and idiosyncratic story.

ポテトチップスの発明はかなり意地悪で、予想外で、そしてちょっと変わった物語である。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 GreatBigStory ポテト チップス レストラン バスケット テーブル

偶然が生んだ発明:ポテトチップス (The Accidental Invention of the Best Snack Food Ever)

  • 136216 3511
    Evangeline に公開 2019 年 06 月 10 日
動画の中の単語