Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • At the wedding of Prince William and Kate Middleton, two things stuck out.

    ウィリアム王子とケイト・ミドルトンの結婚式で注目されたことは二つあります。

  • Literally.

    本当に目立っていました。

  • The fascinators of princesses Beatrice and Eugenie.

    それはビアトリス王女とユージニ王女の装飾品です。

  • Sure, they were gigantic and pretty outlandish, but to be fair, the princesses were just following the dress code.

    その飾りは巨大で、かなり風変わりなものですが、彼女たちは服装規定に従っているだけでした。

  • And on the wedding invitations to Prince Harry and Meghan Markle's wedding, you'll notice the same thing.

    ハリー王子とメーガン・マークルの結婚式招待状にも同じことが書いてあることに気がつくはずです。

  • You got to wear a hat.

    帽子を被ること。

  • Since the sixties, formal hats have sort of faded out of fashion.

    60年代から、フォーマルな帽子は流行らなくなりました。

  • So, how come British royals always seem to be wearing them?

    では、なぜ英国王室はいつも帽子を被っているのでしょう。

  • Hats have always served multiple functions.

    帽子にはたくさんの役目があります。

  • They protect us from the cold and the Sun, they're symbols of religion or trade or military station.

    私たちを寒さや日差しから守ってくれるし、宗教や貿易、軍事の象徴でもある。

  • Or in the case of the top hat, they can show how stylish you are.

    シルクハットの場合、自分がどれだけお洒落なのかを示せるのです。

  • There's a really popular story that the first time a guy wore a top hat in London, it caused such a stir that a woman fainted, dogs yelped, and a kid broke his arm in a mob.

    これはよく知られている物語です。それは、ある男性が初めてロンドンでがシルクハットを被ったことで大騒ぎになりました。女の人は気絶し、犬は吠え立て、子供は混乱の最中、腕を骨折するほどでした。

  • This probably didn't happen.

    これは多分実際に起こったことではないでしょう。

  • But it is true that top hats weren't really a thing in the UK until the early 19th century.

    しかし、十九世紀まで、イギリスでシルクハットは重視されていませんでした。

  • Beau Brummell, a fashion-forward dandy introduced them to his friend and future king, George IV, and top hats officially received royal approval.

    ボウ・ブランメルというお洒落な男性がシルクハットを友達と、将来の国王であるジョージ4世に紹介し、王室からの認可を得ました。

  • Brummell was a big hat guy, and he's also responsible for the decadent fashions you see at places like this.

    ブランメルはすごく帽子が好きで、とある場所での、退廃的なファッションもリードしました。

  • That's the Royal Ascot, the biggest race of the London social season.

    それはロイヤル・アスコットです。ロイヤル・アスコットは、ロンドンの社交季節でおいて最大規模な大会です。

  • In 1807, it introduced the Gold Cup, a shorter race that brought larger crowds.

    1807年、より短いレースの競馬大会であるゴールドカップが始まり、大勢の人が集まりました。

  • It was around this time that Brummell introduced a strict dress code for the race so that even those from lower social classes looked the part.

    その時、ブランメルは競馬大会に参加するのに厳しい服装規定を定めました。それによって、社会階級の低い人も参加することができたのです。

  • Including Eliza Doolittle.

    イライザ・ドゥーリトルも含めています。

  • Come on. Come on Dover.

    ほら、きてドーバー。

  • Come on Dover! Move your bloomin' arse!

    こい、ドーバー。ケツをふったらんかい!

  • I suppose historically people have worn hats to the to the races again, because of that formality.

    昔の人が競馬大会に参加するたびに帽子を被るのはこのような形式があるからです。

  • Nowadays, you know, women like to dress up.

    現在、女の人は着飾ることが好きなので、

  • So if they're going to the races it's a fantastic excuse to to wear a hat.

    もし競馬大会に参加するのなら、それは帽子を被る絶好のチャンスです。

  • That's Rachel Trevor Morgan who's made more than 80 hats for Queen Elizabeth II, including those she's worn to Royal Ascot.

    レイチェル・トレバー・モーガンはエリザベス 2 世女王のため、80個以上の帽子を作りました。女王がロイヤル・アスコットで被った帽子も含めて。

  • Brummell's dress code, now known as "Morning Dress," was the direct inspiration for races like this one.

    ブランメルが定めた服装規定は、「モーニング・ドレス」と呼ばれていて、競馬から受けたインスピレーションでした。

  • And it also became the de facto style of dress for all high society events held in the daytime.

    そして、規則はないが事実上、社会階級の高い人たちが昼間のイベントに参加する際、必ずそうするようになりました。

  • Meanwhile women's hats ebbed and flowed according to fashion trends at court.

    一方で、女性の帽子ファッションは宮廷のファッショントレンドによって変わっていました。

  • Bonnets in the early Victorian period, followed by tall ornamental hats, and then elaborate Edwardian creations with enormous brims.

    早期のビクトリア時代はボンネットで、その次は飾りすぎな帽子。そして、エドワード時代では精巧で、巨大なつばがついてる帽子が流行っていました。

  • At the end of the 19th century, we had women wearing hats all the time. They'd always go out wearing a hat.

    十九世紀末、女の人はいつも帽子を被っていました。どこに行っても帽子を被りました。

  • After World War II the traditional social season began to decline, as aristocrats abandoned their London homes.

    第二次世界大戦の後、社交の季節が段々なくなり、貴族たちがロンドンの家を捨ていたとしても

  • But morning dress still remained, most notably at horse races and weddings.

    モーニング・ドレスはまだ残っていました。競馬大会や結婚式で見られます。

  • I think there was a definite shift in hat wearing in the 1960s and I suppose it's because fashions became a bit more casual.

    1960年代に、帽子のファッションは明らかに変わりました。それはファッションがカジュアルなものへと変化したからです。

  • I think the young were experimenting with more exciting hairdos you know, you had beehive haircuts and people piling their hair up and then really short sharp cuts and somehow it was left to the older generation to carry on that hat wearing, I think.

    若者が変わったヘアスタイルを試し、例えば、ビーハイブヘアとか、髪を高くするとか、すごく短い髪形とか。なぜか、歳をとった世代がそのような帽子を被り続けていました。

  • Hats were still, of course, required at the fanciest events for the fanciest people.

    もちろん帽子は上流階級のイベントの時、社会階級の高い人たちにとって必要なものです。

  • Which is why hats tend to peak in popularity around the same time as royals do.

    これこそ、帽子が流行ってた時期と貴族が栄えた時期とほぼ同じの原因です。

  • When Kate and William got married there was definitely an upsurge in hat wearing.

    ウィリアム王子とケイトが結婚したと共に帽子を被る風潮がさらに高まっています。

  • People looked at everybody attending the service and all the wonderful creations they had and they wanted a part of that.

    結婚式に参加した人々が被った素晴らしい帽子をみて、自分も帽子を被りたくなりました。

  • And when you think in the 1980s and we had Princess Diana, who always looked so beautiful and always wore hats and think of the Queen.

    1980年代というと、ダイアナ妃を思い出します。彼女はいつも帽子を被っていて、いつも美しかったです。そして女王をみても同じです。

  • She's a great hat wearer so I, you know, I think it really does affect people.

    彼女は帽子を被ってる時はいつも美しくて、人々に影響を与えたと思います。

  • And that's maybe the real reason why we associate British Royals with hats.

    それも私たちが帽子と言えば、英国王室を思い出す理由のひとつかもしれません。

  • Whenever we see them, it's likely because there's a big event going on and for Royals, big events mean hats.

    英国王室の人が帽子を被った時は、大きなイベントがあるかもしれません。王室にとって、大きなイベントの際には帽子が必要なのです。

  • People might want to wear a hat to stand out and because they're quite an extrovert, or they might want to wear a hat in order to sort of slightly hide behind.

    人々は目立ちたいがために、帽子を被る。彼らは外交的な性格ですから。もしかしたら自分を隠すために

  • And there are those people who've never worn hats and feel very awkward about the whole thing, but it's really satisfying when people come back saying, "that was fantastic I really enjoyed it and had a great, positive experience."

    帽子を被ったこともない人、帽子を被るのは恥ずかしいと思ってる人が、私に「素晴らしい。本当に楽しかった。これはすごくいい経験でした。」と言ってくれたら本当に嬉しいです。

  • So you can read quite a lot into people and it's getting to know where their comfort zone is.

    人々から多くのことを知ることができます。彼らの快適空間がどこにあるのかを知ることができます。

  • But they're a great sort of extension of people's characters I think.

    帽子は人の性格を広げて示すものだと思います。

At the wedding of Prince William and Kate Middleton, two things stuck out.

ウィリアム王子とケイト・ミドルトンの結婚式で注目されたことは二つあります。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 Vox 帽子 競馬 王室 大会 ファッション

イギリス王室の結婚に派手な帽子は付きもの?(Why it's not a British royal wedding without fancy hats)

  • 23094 1291
    Evangeline に公開 2018 年 06 月 15 日
動画の中の単語