Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • A lot of people call me a "justice architect."

    多くの人が私を "正義の建築家 "と呼んでいます。

  • But I don't design prisons.

    しかし、私は刑務所の設計はしません。

  • I don't design jails.

    私は刑務所の設計はしません。

  • I don't design detention centers, and I don't even design courthouses.

    拘置所の設計はしないし、裁判所の設計もしない。

  • All the same, I get a call every week,

    すべて同じで、毎週電話がかかってくる。

  • saying, "OK, but you design better prisons, right?

    とか言いながら、「いいけど、より良い刑務所を設計しているんでしょ?

  • You know, like those pretty ones they're building in Europe."

    ヨーロッパに建設しているような可愛いものを知っているだろう。"

  • And I always pause.

    そして、私はいつもポーズをとっています。

  • And I invite them,

    そして、私は彼らを招待します。

  • and I invite you today,

    と私は今日あなたを招待します。

  • to imagine a world without prisons.

    刑務所のない世界を想像して

  • What does that justice feel and look like?

    その正義はどんな感じで、どんな風に見えるのでしょうか?

  • What do we need to build to get there?

    そのためには何を作る必要があるのか?

  • I'd like to show you some ideas today of things that we're building.

    今日は、私たちが作っているもののアイデアをお見せしたいと思います。

  • And I'm going to start with an early prototype.

    そして、初期の試作品から始めようと思っています。

  • This I built when I was five.

    これは5歳の時に作ったんだ

  • I call it "the healing hut."

    私は "癒しの小屋 "と呼んでいます

  • And I built it after I got sent home from school

    学校から帰宅してから作ったんだ

  • for punching this kid in the face because he called me the N-word.

    この子の顔を殴ったことでNワードと呼ばれたから

  • OK, he deserved it.

    自業自得だ

  • It happened a lot, though,

    何度もあったけどね。

  • because my family had desegregated a white community in rural Virginia.

    私の家族がバージニア州の田舎の白人コミュニティを分離していたからです。

  • And I was really scared.

    そして、本当に怖かったです。

  • I was afraid.

    恐れていました。

  • I was angry.

    と怒っていました。

  • And so I would run into the forest, and I would build these little huts.

    それで私は森の中に逃げ込んで、小さな小屋を作った。

  • They were made out of twigs and leaves and blankets I had taken from my mom.

    母からもらった小枝や葉っぱ、毛布で作ったものです。

  • And as the light would stream into my refuge,

    光が私の避難所に流れ込むように

  • I would feel at peace.

    心が安らぐと思います。

  • Despite my efforts to comfort myself,

    自分を慰めようとしたにもかかわらず

  • I still left my community as soon as I could,

    私は今でも早々にコミュニティを離れてしまいました。

  • and I went to architecture school

    と建築学校に行きました。

  • and then into a professional career designing shopping centers,

    そして、ショッピングセンターを設計する専門職へ。

  • homes for the wealthy

    富裕層住宅

  • and office buildings,

    とオフィスビル。

  • until I stepped into a prison for the first time.

    初めて刑務所に足を踏み入れるまでは

  • It was the Chester State Correctional Institution in Pennsylvania.

    ペンシルバニア州のチェスター州立矯正施設でした。

  • And my friend, she invited me there

    そして、私の友人は、彼女がそこに私を招待しました。

  • to work with some of her incarcerated students

    監禁されている生徒たちと一緒に仕事をするために

  • and teach them about the positive power of design.

    と、デザインの持つポジティブな力を教えます。

  • The irony is so obvious, right?

    皮肉がバレバレですよね。

  • As I approached this concrete building, these tiny little windows,

    このコンクリートの建物に近づくと、この小さな小さな窓が。

  • barbed wire, high walls, observation towers,

    有刺鉄線、高い壁、展望塔。

  • and on the inside, these cold, hard spaces,

    内側は冷たくて硬い空間になっている

  • little light or air,

    僅かな光や空気。

  • the guards are screaming, the doors are clanking,

    警備員は悲鳴を上げているし、ドアはカチャカチャと音を立てている。

  • there's a wall of cells filled with so many black and brown bodies.

    細胞の壁にはたくさんの黒と茶色の体が詰まっている

  • And I realized that what I was seeing

    そして、私が見ていたものは

  • was the end result of our racist policies that had caused mass incarceration.

    は、大量収容を引き起こした人種差別政策の末路でした。

  • But as an architect, what I was seeing

    しかし、建築家として、私が見ていたのは

  • was how a prison is the worst building type we could have created

    は、刑務所がどのように我々が作成した可能性がある最悪の建物のタイプであるかでした。

  • to address the harm that we're doing to one another.

    私たちがお互いにしている害に対処するために。

  • I thought, "Well, could I design an alternative to this,

    じゃあ、これに代わるデザインができないかな、と思ったんです。

  • other than building a prettier prison?"

    "もっときれいな刑務所を建てる以外に"

  • It didn't feel good to me; it still doesn't feel good.

    それは私にはいい気分ではありませんでした。

  • But back then, I just didn't know what to do.

    でも、当時はどうしたらいいのかわからなかったんです。

  • What do we build instead of this?

    これの代わりに何を作ろうかな?

  • And then I heard about restorative justice.

    そして、修復的な正義の話を聞きました。

  • I felt at peace again,

    改めて安らぎを感じました。

  • because here was an alternative system

    というのも、ここには代替システムがあったからです。

  • that says when a crime is committed, it is a breach of relationship,

    犯罪を犯すと関係を壊すと言うことです。

  • that the needs of those who have been harmed

    危害を加えられた人たちのニーズが

  • must be addressed first;

    は、最初に対処しなければなりません。

  • that those who have committed the offense

    罪を犯した者は

  • have an obligation to make amends.

    償いの義務がある

  • And what they are are really intense dialogues,

    そして、その内容は、本当に激しいセリフです。

  • where all stakeholders come together to find a way to repair the breach.

    ここでは、すべての利害関係者が一堂に会して、違反を修復する方法を見つけることができます。

  • Early data shows that restorative justice builds empathy;

    初期のデータでは 修復的な正義は 共感力を高めることを示している

  • that it reduces violent reoffending by up to 75 percent;

    暴力的な再犯を最大75%減らすことができます。

  • that it eases PTSD in survivors of the most severe violence.

    それは、最も深刻な暴力の生存者のPTSDを緩和することができます。

  • And because of these reasons,

    そして、これらの理由から

  • we see prosecutors and judges and district attorneys

    検察や裁判官や地検を見ていると

  • starting to divert cases out of court and into restorative justice

    審外転出

  • so that some people never touch the system altogether.

    そのため、一部の人はシステムに完全に触れることはありません。

  • And so I thought, "Well, damn -- why aren't we designing for this system?"

    それで考えたんです "なぜこのシステムのために設計しないんだ?"って。

  • (Applause)

    (拍手)

  • Instead of building prisons,

    刑務所を作る代わりに

  • we should be building spaces to amplify restorative justice.

    私たちは修復的な正義を増幅させるためのスペースを構築すべきです。

  • And so I started in schools,

    それで、学校から始めたんです。

  • because suspensions and expulsions

    だって停学と退学は

  • have been fueling the pathway to prison for decades.

    何十年もの間、刑務所への道を煽ってきました。

  • And many school districts -- probably some of your own --

    そして多くの学区は...おそらくあなたの学区の中にも...

  • are turning to restorative justice as an alternative.

    は、代替手段として回復的正義に目を向けています。

  • So, my first project -- I just turned this dirty little storage room

    私の最初のプロジェクトはこの汚い小さな物置を改造したの

  • into a peacemaking room for a program in a high school

    高校のプログラムのために平和創造室に

  • in my hometown of Oakland.

    故郷のオークランドで

  • And after we were done, the director said

    そして、終わった後に監督が言ったのが

  • that the circles she was holding in this space

    彼女がこの空間に抱いていた円が

  • were more powerful in bringing the community together

    の方が、地域社会をまとめる力が強かった。

  • after fighting at school and gun violence in the community,

    学校での喧嘩や地域での銃撃戦の後に

  • and that students and teachers started to come here

    生徒や先生がここに来るようになったのは

  • just because they saw it as a space of refuge.

    避難場所として見られていたからといって

  • So what was happening is that the space was amplifying the effects of the process.

    つまり、何が起こっていたのかというと、空間がその効果を増幅させていたということです。

  • OK, then I did something that architects always do, y'all.

    建築家がいつもやっていることをやってみました。

  • I was like, I'm going to build something massive now, right?

    って感じで、今から巨大なものを作っていくんですよね。

  • I'm going to build the world's first restorative justice center all by myself.

    私は世界初の修復司法センターを自分の手で作るつもりです。

  • And it's going to be a beautiful figure on the skyline,

    そして、スカイライン上の美しい姿になることでしょう。

  • like a beacon in the night.

    夜のビーコンのように

  • Thousands of people will come here instead of going to court.

    裁判所に行く代わりに何千人もの人がここに来る。

  • I will single-handedly end mass incarceration

    私は独力で大量投獄を終わらせます

  • and win lots of design awards.

    とデザイン賞をたくさん受賞しています。

  • (Laughter)

    (笑)

  • And then I checked myself --

    そして、自分自身をチェックして...

  • (Laughter)

    (笑)

  • because here's the deal:

    というのは、ここに取引があるからです。

  • we are incarcerating more of our citizens per capita

    国民一人当たりの投獄者数が増えている

  • than any country in the world.

    世界のどの国よりも

  • And the fastest-growing population there are black women.

    そして、そこで最も急成長しているのは黒人女性です。

  • Ninety-five percent of all these folks are coming home.

    この人達の95%が帰ってくるんですよ。

  • And most of them are survivors of severe sexual, physical and emotional abuse.

    そして、そのほとんどが重度の性的、身体的、精神的虐待を受けた生存者です。

  • They have literally been on both sides of the harm.

    彼らは文字通り、害の両側にいた。

  • So I thought, uh, maybe I should ask them

    それで考えたんだ、あー、彼らに聞いてみようかな、と。

  • what we should build instead of prisons.

    刑務所の代わりに何を作るべきか

  • So I returned with a restorative justice expert,

    それで、私は復元司法の専門家と一緒に戻ってきました。

  • and we started to run the country's first design studios

    そして、私たちは国内初のデザインスタジオの運営を開始しました。

  • with incarcerated men and women

    囚人の男女と

  • around the intersection of restorative justice and design.

    修復的正義とデザインの交差点を中心に

  • And it was transformative for me.

    そしてそれは私にとって変革的なものでした。

  • I saw all these people behind walls in a totally different way.

    壁の向こうにいる人たちを見ていると、全然違った見方をしていました。

  • These were souls deeply committed to their personal transformation

    これらの魂は、個人的な変化に深くコミットしていました。

  • and being accountable.

    と説明責任を負うこと。

  • They were creative, they were visionary.

    彼らは創造的で、先見の明がありました。

  • Danny is one of those souls.

    ダニーはそのような魂の1人です。

  • He's been incarcerated at San Quentin for 27 years

    彼は27年間サンクエンティン刑務所に収監されていた

  • for taking a life at the age of 21.

    21歳で命を絶ったことで

  • From the very beginning,

    最初から

  • he's been focused on being accountable for that act

    彼はその行為の責任を取ることに集中していた

  • and doing his best to make amends from behind bars.

    と、裏から全力で償いをしていました。

  • He brought that work into a design for a community center

    彼はその仕事を公民館の設計に持ち込んだ。

  • for reconciliation and wellness.

    和解と健康のために

  • It was a beautiful design, right?

    素敵なデザインでしたよね。

  • So it's this green campus filled with these circular structures

    この緑豊かなキャンパスは、円形の構造物で埋め尽くされています。

  • for victim and offender dialogue.

    被害者と加害者の対話のために

  • And when he presented the project to me,

    とプレゼンしてくれた時に

  • he started crying.

    彼は泣き出しました。

  • He said, "After being in the brutality of San Quentin for so long,

    彼は「長い間、サンクエンティンの残虐性の中にいたのに。

  • we don't think reconciliation will happen.

    和解は起こらないと思います。

  • This design is for a place that fulfills the promise of restorative justice.

    このデザインは、修復的な正義の約束を果たす場所のためのものです。

  • And it feels closer now."

    "今はもっと近くにいると感じている"

  • I know for a fact

    私は事実を知っています

  • that just the visualization of spaces for restorative justice and healing

    復元的な正義と癒しのための空間を可視化するだけで

  • are transformative.

    は変革的なものです。

  • I've seen it in our workshops over and over again.

    何度も何度もワークショップで見てきました。

  • But I think we know that just visualizing these spaces is not enough.

    しかし、これらの空間を可視化するだけでは十分ではないことはわかっていると思います。

  • We have to build them.

    建てないといけない。

  • And so I started to look for justice innovators.

    それで私は正義のイノベーターを探し始めました。

  • They are not easy to find.

    彼らは簡単には見つからない。

  • But I found one.

    でも、1つ見つけました。

  • I found the Center for Court Innovation.

    裁判所革新センターを見つけました。

  • They were bringing Native American peacemaking practices

    彼らはネイティブアメリカンの平和創造の実践をもたらしていた

  • into a non-Native community

    非ネイティブコミュニティへ

  • for the very first time in the United States.

    アメリカでは初めてのことです。

  • And I approached them, and I said,

    そして、私は彼らに近づいて言った。

  • "OK, well, as you set up your process,

    "OK、さて、あなたがプロセスを設定したように。

  • could I work with the community to design a peacemaking center?"

    地域と協力して平和創造センターをデザインすることはできますか?"

  • And they said yes.

    そして、彼らはイエスと言った。

  • Thank God, because I had no backup to these guys.

    よかった、こいつらの援護がなかったから。

  • And so, in the Near Westside of Syracuse, New York,

    それで、ニューヨークのシラキュースのニアウエストサイドにある

  • we started to run design workshops with the community

    コミュニティとのデザインワークショップを開始しました。

  • to both locate and reenvision an old drug house

    古いドラッグハウスの場所を特定して再構築するために

  • to be a peacemaking center.

    平和づくりの拠点となるように

  • The Near Westside Peacemaking Project is complete.

    ニア・ウエストサイド・ピースメイキング・プロジェクトが完成しました。

  • And they are already running over 80 circles a year,

    そして、すでに年間80サークルを超えているという。

  • with a very interesting outcome,

    非常に興味深い結果となりました。

  • and that it is the space itself

    そして、それが空間そのものであることを

  • that's convincing people to engage in peacemaking

    それは、人々に平和構築に参加するように説得することです。

  • for the very first time in their lives.

    生まれて初めて

  • Isabel and her daughter are some of those community members.

    イザベルと彼女の娘は、そのようなコミュニティのメンバーの一部です。

  • And they had been referred to peacemaking

    そして、彼らは平和創造に言及されていました。

  • to heal their relationship after a history of family abuse,

    家族の虐待の歴史の後に彼らの関係を癒すために。

  • sexual abuse

    性的虐待

  • and other issues that they'd been having in their own family

    など、自分たちの家族の中で抱えていた問題を

  • and the community.

    とコミュニティの中での話です。

  • And, you know, Isabel didn't want to do peacemaking.

    そして、イザベルは和平作りをしたくなかった。

  • She was like, "This is just like going to court.

    彼女「裁判所に行くようなものですね。

  • What is this peacemaking stuff?"

    "何が平和ボケだ?"

  • But when she showed up,

    しかし、彼女が現れた時

  • she was stressed, she was anxious.

    彼女はストレスを感じ、不安を感じていました。

  • But when she got in, she kind of looked around,

    でも乗ってきた時は、何となく周りを見回していた。

  • and she settled in.

    と言って落ち着きました。

  • And she turned to the coordinator and said,

    そして、彼女はコーディネーターの方を向いて言った。

  • "I feel comfortable here -- at ease.

    "私はここに居心地が良いと感じています...安心してください。

  • It's homey."

    アットホームな感じです。"

  • Isabel and her daughter made a decision that day

    イザベルと娘はその日のうちに決断した

  • to engage and complete the peacemaking process.

    に参加し、平和創造のプロセスを完了させることができます。

  • And today, their relationship is transformed;

    そして今日、二人の関係は一変します。

  • they're doing really well and they're healing.

    彼らは本当によくやっていて、治っています。

  • So after this project, I didn't go into a thing

    だから、このプロジェクトの後、私は何かに入ることはありませんでした。

  • where I'm going to make a huge peacemaking center.

    そこに巨大な平和創造センターを作ろうと思っています。

  • I did want to have peacemaking centers in every community.

    私は、どの地域にも平和づくりセンターがあったらいいなと思っていました。

  • But then a new idea emerged.

    しかし、そこに新しいアイデアが浮かび上がってきた。

  • I was doing a workshop in Santa Rita Jail in California,

    カリフォルニアのサンタ・リタ・ジェイルでワークショップをしていました。

  • and one of our incarcerated designers, Doug, said,

    と、監禁されているデザイナーの一人であるダグさんは言いました。

  • "Yeah, you know, repairing the harm, getting back on my feet, healing --

    "ああ、傷を修復して、立ち直って、治して...

  • really important.

    本当に大事なことです。

  • But the reality is, Deanna, when I get home,

    でも現実は家に帰ったら...

  • I don't have anywhere to go.

    どこにも行くところがない。

  • I have no job -- who's going to hire me?

    私には仕事がない--誰が私を雇ってくれるの?

  • I'm just going to end up back here."

    "結局ここに戻ってくるだけだ"

  • And you know what, he's right,

    彼の言う通りだよ

  • because 60 to 75 percent of those returning to their communities

    地域社会に戻った人の60~75%は

  • will be unemployed a year after their release.

    はリリースから1年後に無職になります。

  • We also know, if you can't meet your basic economic needs,

    また、基本的な経済的なニーズを満たすことができない場合は、私たちは知っています。

  • you're going to commit crime --

    犯罪を犯すことになります。

  • any of us would do that.

    我々の誰もがそうするだろう

  • So instead of building prisons,

    だから刑務所を作る代わりに

  • what we could build are spaces for job training and entrepreneurship.

    私たちが作ることができるのは、職業訓練と起業家精神のためのスペースです。

  • These are spaces for what we call "restorative economics."

    これらは我々が "修復経済学 "と呼んでいるもののためのスペースです。

  • Located in East Oakland, California,

    カリフォルニア州イーストオークランドに位置しています。

  • "Restore Oakland" will be the country's first center

    "Restore Oakland "は全米初のセンターとなる

  • for restorative justice and restorative economics.

    復元的正義と復元的経済学のために。

  • (Applause)

    (拍手)

  • So here's what we're going to do.

    そこで、私たちがやろうとしていることは、ここにあります。

  • We're going to gut this building and turn it into three things.

    この建物を解体して、3つのものにするつもりです。

  • First, a restaurant called "Colors,"

    まず、「カラーズ」というお店。

  • that will break the racial divide in the restaurant industry

    外食産業の人種差別をなくす

  • by training low-wage restaurant workers

    賃金の低い外食産業の従業員を育成することで

  • to get living-wage jobs in fine dining.

    高級レストランで生活賃金の仕事に就くために

  • It does not matter if you have a criminal record or not.

    前科があろうがなかろうが関係ない。

  • On the second floor, we have bright, open, airy spaces

    2階には、明るく開放的で風通しの良い空間が広がっています

  • to support a constellation of activist organizations

    活動団体を支援するために

  • to amplify their cry of "Healthcare Not Handcuffs,"

    「医療ではなく手錠」という彼らの叫びを増幅させるために

  • and "Housing as a human right."

    と "人権としての住宅"

  • And third, the county's first dedicated space for restorative justice,

    そして3つ目は、郡で初めての修復的正義のための専用スペースです。

  • filled with nature, color, texture and spaces of refuge

    自然・色・質感・避難空間に満ちた

  • to support the dialogues here.

    を使用して、ここでの対話をサポートします。

  • This project breaks ground in just two months.

    このプロジェクトは、わずか2ヶ月で地に足をつけます。

  • And we have plans to replicate it

    そして、それを複製する計画があります。

  • in Washington D.C., Detroit, New York and New Orleans.

    ワシントンD.C.、デトロイト、ニューヨーク、ニューオーリンズで。

  • (Applause)

    (拍手)

  • So you've seen two things we can build instead of prisons.

    だから、刑務所の代わりに建設できるものを2つ見てきましたね。

  • And look, the price point is better.

    そして見てください、価格帯が良くなっています。

  • For one jail, we can build 30 restorative justice centers.

    1つの刑務所のために30の回復的な司法センターを作ることができます。

  • (Applause)

    (拍手)

  • That is a better use of your tax dollars.

    その方が税金の使い道がある。

  • So I want to build all of these.

    だから、これを全部作りたいんです。

  • But building buildings is a really heavy lift.

    しかし、ビルを建てるというのは本当に重労働です。

  • It takes time.

    時間がかかります。

  • And what was happening in the communities that I was serving

    私が奉仕していた地域社会で何が起きていたのか

  • is we were losing people every week to gun violence and mass incarceration.

    私たちは毎週、銃の暴力と大量投獄で人々を失っていました。

  • We needed to serve more people and faster and keep them out of the system.

    より多くの人にサービスを提供し、より速く、より多くの人をシステムに入れないようにする必要がありました。

  • And a new idea emerged from the community,

    そして、コミュニティの中から新たなアイデアが生まれました。

  • one that was a lot lighter on its feet.

    足元がかなり軽くなっていたものを

  • Instead of building prisons, we could build villages on wheels.

    刑務所を作る代わりに、車輪で村を作ればいい。

  • It's called the