Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • In Margaret Atwood's near-future novel, "The Handmaid's Tale", a Christian fundamentalist regime called the Republic of Gilead has staged a military coup and established a theocratic government in the United States.

    マーガレット・アトウッドの近未来小説『人魚姫物語』では、ギレイド共和国と呼ばれるキリスト教原理主義政権が軍事クーデターを起こし、<a href="#post_comment_1"><strong>神権主義</strong><i class="icon-star"></i><a>政権をアメリカに樹立した。

  • The regime theoretically restricts everyone, but in practice a few men have structured Gilead so they have all the power, especially over women.

    政権は理論的にはすべての人を制限していますが、実際には数人の男性がギレイドを構造化しているので、彼らはすべての権力、特に女性に対する権力を持っています。

  • The Handmaid's Tale is what Atwood calls speculative fiction, meaning it theorizes about possible futures.

    人魚物語は、アトウッドは、それが可能な未来について理論化することを意味し、投機小説を呼んでいるものです。

  • This is a fundamental characteristic shared by both utopian and dystopian texts.

    これは、<a href="#post_comment_2"><strong>ユートピア的</strong><i class="icon-star"></i>とディストピア的な文章に共通する基本的な特徴である。

  • The possible futures in Atwood's novels are usually negative, or dystopian, where the actions of a small group have destroyed society as we know it.

    アトウッドの小説の可能な未来は、通常、否定的な、または小さなグループの行動は、我々が知っているように社会を破壊しているディストピア、です。

  • Utopian and dystopian writing tends to parallel political trends.

    ユートピアやディストピアの文章は、政治的な流れを平行して書く傾向があります。

  • Utopian writing frequently depicts an idealized society that the author puts forth as a blueprint to strive toward.

    ユートピア的な文章では、著者が目指すべき青写真として提示する理想化された社会がよく描かれています。

  • Dystopias, on the other hand, are not necessarily predictions of apocalyptic futures, but rather warnings about the ways in which societies can set themselves on the path to destruction.

    一方、ディストピアは、<a href="#post_comment_3"><strong>黙示録的</strong><i class="icon-star"></i>未来の予測ではなく、むしろ、社会が破壊への道を歩むことができる方法についての警告である。

  • The Handmaid's Tale was published in 1985, when many conservative groups attacked the gains made by the second-wave feminist movement.

    人魚姫物語』は1985年に出版されましたが、その頃、多くの保守派が第二次フェミニズム運動によって得られた利益を攻撃していました。

  • This movement had been advocating greater social and legal equality for women since the early 1960s.

    この運動は、1960年代初頭から女性の社会的・法的平等の拡大を主張していました。

  • The Handmaid's Tale imagines a future in which the conservative counter-movement gains the upper hand and not only demolishes the progress women had made toward equality but makes women completely subservient to men.

    人魚姫物語』は、保守的な反体制運動が優勢になり、女性が平等に向かって歩んできた進歩を破壊するだけでなく、女性を完全に男性のものにしてしまう未来を想像しています<a href="#post_comment_4"><strong>従属</strong><i class="icon-star"></i></a>。

  • Gilead divides women in the regime into distinct social classes based upon their function as status symbols for men.

    ジレイドは、体制下の女性を、男性の地位の象徴としての機能に基づいて、異なる社会階級に分けています。

  • Even their clothing is color-coded.

    彼らの服までもが色分けされています。

  • Women are no longer allowed to read or move about freely in public, and fertile women are subject to state-engineered rape in order to give birth to children for the regime.

    女性は公の場で自由に読書や移動をすることが許されなくなり、肥沃な女性は政権のために子供を産むために国家による強姦の対象となる。

  • Although The Handmaid's Tale is set in the future, one of Atwood's self-imposed rules in writing it was that she wouldn't use any event or practice that hadn't already happened in human history.

    人魚姫物語は未来を舞台にしていますが、それを書く際にアトウッドが課したルールの一つは、彼女が人類の歴史の中で起こっていない出来事や習慣を使わないということでした。

  • The book is set in Cambridge, Massachusetts, a city that during the American colonial period had been ruled by the theocratic Puritans.

    本書の舞台となっているマサチューセッツ州ケンブリッジは、アメリカ植民地時代には神権的なピューリタンが支配していた街。

  • In many ways, the Republic of Gilead resembles the strict rules that were present in Puritan society: rigid moral codes, modest clothing, banishment of dissenters, and regulation of every aspect of people's lives and relationships.

    多くの点で、ギレイド共和国はピューリタン社会に存在した厳格な規則に似ています:厳格な道徳規範、控えめな服装、反対者の追放、人々の生活や人間関係のあらゆる側面の規制。

  • For Atwood, the parallels to Massachusett's Puritans were personal as well as theoretical.

    アトウッドにとって、マサチューセッツ州のピューリタンとの類似性は、理論的なものだけでなく、個人的なものでもありました。

  • She spent several years studying the Puritans at Harvard and she's possibly descended from Mary Webster, a Puritan woman accused of witchcraft who survived her hanging.

    彼女は数年かけてハーバード大学でピューリタンの研究をしていて、彼女はおそらくメアリー・ウェブスターの子孫だと思われます。

  • Atwood is a master storyteller.

    アトウッドはストーリーテラーの名手だ

  • The details of Gilead, which we've only skimmed the surface of, slowly come into focus through the eyes of its characters, mainly the novel's protagonist Offred, a handmaid in the household of a commander.

    まだ表面だけしか見ていない『ギレイド』の詳細は、小説の主人公である司令官の家庭の召使であるオフレッドを中心に、登場人物の目を通してゆっくりと浮かび上がってくる。

  • Before the coup that established Gilead, Offred had a husband, a child, a job, and a normal, middle-class American life.

    ジレイドを成立させたクーデター以前のオフレッドは、夫、子供、仕事を持ち、普通の中流階級のアメリカ人としての生活を送っていた。

  • But when the fundamentalist regime comes into power, Offred is denied her identity, separated from her family, and reduced to being, in Offred's words, "a two-legged womb for increasing Gilead's waning population."

    しかし、原理主義政権が権力を握るようになると、オフレッドは自分のアイデンティティを否定され、家族から切り離され、オフレッドの言葉では、"ギレドの<a href="#post_comment_5"><strong>waning</strong><i class="icon-star"></i>人口を増やすための二本足の子宮 "であることに還元される。"

  • She initially accepts the loss of her fundamental human rights in the name of stabilizing the new government.

    彼女は当初、新政権の安定化という名目で基本的人権の喪失を受け入れる。

  • But state control soon extends into attempts to control the language, behavior, and thoughts of herself and other individuals.

    しかし、国家統制はすぐに自分自身や他の個人の言語、行動、思考を統制しようとする試みにまで拡大します。

  • Early on, Offred says, "I wait. I compose myself. My self is a thing I must compose, as one composes a speech."

    序盤、オフレッドは「私は待つ。私は自分自身を構成する。"私の自己とは、スピーチを構成するように、私が構成しなければならないものである。"

  • She likens language to the formulation of identity.

    彼女は言語をアイデンティティの形成に例えている。

  • Her words also acknowledge the possibility of resistance, and it's resistance, the actions of people who dare to break the political, intellectual, and sexual rules, that drives the plot of the Handmaid's Tale.

    彼女の言葉はまた、抵抗の可能性を認めており、それは抵抗、政治的、知的、性的なルールをあえて破る人々の行動であり、人魚姫物語のプロットを駆動しています。

  • Ultimately, the novel's exploration of the consequences of complacency, and how power can be wielded unfairly, makes Atwood's chilling vision of a dystopian regime ever relevant.

    結局のところ、この小説は、自己満足の結果と権力がどのように不当に行使されるかを探求しており、アトウッドのディストピア体制の冷ややかなビジョンは、これまで以上に関連性のあるものになっています。

In Margaret Atwood's near-future novel, "The Handmaid's Tale", a Christian fundamentalist regime called the Republic of Gilead has staged a military coup and established a theocratic government in the United States.

マーガレット・アトウッドの近未来小説『人魚姫物語』では、ギレイド共和国と呼ばれるキリスト教原理主義政権が軍事クーデターを起こし、<a href="#post_comment_1"><strong>神権主義</strong><i class="icon-star"></i><a>政権をアメリカに樹立した。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 TED-Ed ディストピア 政権 小説 未来 ユートピア

なぜ『人魚姫物語』を読むべきなのか?- ナオミ・R・マーサー

  • 18313 1292
    April Lu に公開 2018 年 03 月 24 日
動画の中の単語