Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • Arguments in relationships are typically so regrettable and often so bitter, it's natural

    通常、言い合いをすると、すごく後悔してつらい思いをします。

  • to hope we mightwith greater maturityovercome them once and for all. But given

    もっと成長すれば、もうきっぱり口論は終わりにできるだろう、と思いたいのも普通のことです。でも

  • what human nature is actually like, it would be unwise to make this our goal: the hope can't be

    人間性とは何かを考えれば、口論しないことを目標にするのは賢明ではありません。

  • to eliminate arguments altogether, it should be to try to find our way to a better kind of argument.

    言い合うこと自体を抹消するのでなく、より良い議論をできるような方法を見つけるべきなのです。

  • Arguments tend to start when we are confrontedusually rather suddenly

    口論は通常、対立した時に、突如始まりやすいものです。

  • by what appears to us to be the radical selfishness, intransigence or sheer nastiness of the partner.

    相手が過度に自己中心的だったり、妥協を拒んだり、単に感じが悪かったりすることが原因となるようです。

  • It is extremely tempting to react with equal force.

    相手と同等に言い返したい、と私たちは強く思うものです。

  • We aren't, after all, a pushover. We have been hurt and we must hurt back. We will make them suffer as they have made us suffer.

    私たちは人の言いなりになんてなりません。傷つけられたら、傷つけ返さねばなりません。相手が自分を苦しめたように、自分も相手を苦しめるのです。

  • There may be variations in just how we opt to inflict the suffering.

    苦しみをどう与えるかには、色々と種類があるでしょう。

  • Perhaps we'll do a lot of shouting. Or slam a door. Or maybe we'll eke this one out  with a sulk.

    大声でたくさん叫んだり、ドアをバタンと閉めたり、すねた顔をしてみせたりするかもしれません。

  • But the underlying principle is the same: we have been hurt and we have to punish.

    でも、根底にある原理は同じです―傷つけられたから、相手に罰を与えないといけない。

  • But at this point, we might ask ourselves what we're really seeking.

    でもこの時点で、自分に問いかけるのです。自分は何を本当に求めているのか?

  • After all, we are not trying to administer abstract justice or punish for the sake of it. This isn't

    結局私たちは、抽象的な正義を行使したいわけではないし、相手に罰を与えたくてそうしているわけではありません。

  • a criminal court or the headmaster's office. What we're truly seeking in a close relationship

    ここは刑事裁判の場でも、校長室でもありません。私たちが親密な人間関係において本当に求めているのは、

  • is something much more touching: we want the other person to love us properly and to be kinder.

    もっと実感できるようなものなのです。相手にきちんと愛してもらいたい、優しくしてもらいたい、という思いです。

  • That's why we're slamming the door, calling them a fuckwit and have been

    だからドアをバタンと閉めたり、相手を「ばか」と呼んだり、

  • pretending they don't exist since breakfast. Surprisingly, almost the last thing we ever

    朝食の時からまるで相手が存在しないかのように振る舞ったりするのです。驚いたことに、私たちは

  • do when we've been very hurt is to say that we've been very hurt. It feels just too

    すごく傷ついた時、「傷ついた」とは口に出して言いません。

  • humiliating to reveal our wound to the person who inflicted it, to show ourselves as vulnerable

    自分を傷つけた相手に対してその痛みを明かしたり、

  • in front of the very individual who it seems has unbearably abused our vulnerability.

    自分の弱みをひどく利用した相手を前にして弱い姿を見せるのは、あまりに屈辱的なのです。

  • This is both hugely understandable and doesn't advance things in the least, because we're

    これは十分に理解できる考え方ですが、これでは物事は全く進展しません。なぜなら

  • not in a relationship to be emotionally safe, we're there to find connection. An act of retribution,

    私たち私たちは、人間関係において精神的な安心を求めているのではなく、つながりを見つけようとしているからです。報復という行為を通せば、

  • while it may give us a momentary impression of impregnability, never increases

    つかの間、動じない堅固な自分を出せるかもしれません。でも

  • our chances of obtaining the love and understanding we've formed a couple in order to derive.

    愛や理解を得ようとして人間関係を築いたはずなのに、それらを得られる可能性は全く増えません。

  • We might consider a different and slightly paradoxical approach: we might, exactly at

    少し違った、逆説的なアプローチをしてみると良いかもしれません。相手に

  • the moment when we've been wounded by our partner, instead of hitting back, make what

    傷つけられたその時、反撃するのでなく、

  • we could term "A dignified avowal of hurt and fear". Rather than get furious, we might attempt

    「傷つき、恐れていることを堂々と、素直に認める」のです。怒りを見せるのでなく、

  • to register and get directly at what is ailing us through a twofold admission.

    次の二段階の行動を通して、私たちを苦しめている元凶を見定め、直接働きかけてみましょう。

  • We might say, firstly, "I'm so hurt that someone I've put my emotional trust in should

    まず「精神的に信頼していたあなたが、私にこんなことを言ったり、したりするなんて

  • say or do that to me." And secondly, (and this takes proper courage), we might add," I'm

    すごく傷ついた。」と言いましょう。そして次に(これには勇気が入りますが)、

  • so frightened that I should be emotionally deeply exposed to someone who would appear

    「私をこんな風に傷つける人に、自分の感情をさらすなんて怖い。」と

  • to hurt me like this." This should give the partner pause for thought.

    加えて言うのです。これで相手は少し立ち止まり、考えることでしょう。

  • One hasn't insulted them or hurt them back in the usual waywhich is what typically blocks their ears and sets

    いつも通りの方法で相手を侮辱したり、言い返して傷つけたりはしません―こういうことをしてしまうと、相手は聞く耳を持たなくなり、

  • off a vicious cycle of attack and counterattack. We are being dignified and honest. We aren't

    攻撃や反撃の悪循環が始まるのです。私たちは威厳があり、正直なのです。

  • lashing out , but nor are we begging. We are neither being very strong, nor very weak.

    言葉で攻撃しているのでも、お願いしているのでもありません。すごく強いわけでも、すごく弱いわけでもありません。

  • We are neither punching nor crawling. We are just standing still, admitting our genuine

    殴っているのでも、這っているのでもありません。微動だにせず立ち、真の

  • sadness, fear and nakedness in a tone of marked self-possession. Too often, arguments become

    悲しみ、恐れ、無防備さを、見事な冷静さをもって認めているのです。多くの場合、口論は

  • interminable and, to outsiders, slightly daft because both people refuse to admit that they're

    長々と続きます。端から見れば、少し正気でないようにも見えます。両者とも頑なに、

  • sad not mean. It isn't what time to leave for the airport or whose turn it is to do

    自分は意地が悪いのでなく悲しいのだと、認めようとしないからです。空港に何時に出発するか、

  • the dishes that's created the argument. It's that both parties are, in different ways,

    皿を洗うのはどっちの番か、ということが口論を生み出したのではありません。両者が各々の感覚で、

  • feeling unloved and misunderstoodbut are refusing to say this in quite so many words.

    愛されていない、誤解されていると感じているのに、それを言葉に出して言おうとしないから口論になるのです。

  • In a wiser society, we'd study arguments at school for at least four years.

    賢明な社会においては、学校で最低4年間は、議論について学びます。

  • They're as complicated as algebra and far more important. And we'd all get a lot better at confessing

    議論は代数と同じくらいに複雑ですが、代数よりもはるかに大事なことです。そして私たちは皆、

  • our wounds in a tone of self-possessed dignity. We'd admit with calm that, though we're

    落ち着いて威厳を持って、自らの傷を明かすことがずっと上手くなります。自分は

  • capable and strong in most areas of our lives, here, right now, in the arena of the relationship,

    生活の大半の事柄を自分でできるし、強くいられるけれど、今この瞬間、この関係において、

  • we are hurt and scaredand yet are brave and mature enough, as well committed enoughto love,

    傷つき、恐怖を感じているということを、冷静に認められるようになります。でも勇敢で成熟していて、相手のことを愛していて、

  • to dare to tell the partner so in the plainest, most undecorated and most heartfelt words.

    最もシンプルで飾り気なく、心からの言葉で、今の思いを伝えられるのです。

  • We might, thereby, save ourselves a lot of time.

    こうすることで、時間の無駄を大幅に省くことができます。

  • We believe in making the world a more emotionally intelligent place and to that end we have now also published some extraordinary books.

    私たちは、より相手を思いやることのできる世界を作りたいと思っています。そのため、何冊か本も出版しています。

  • As well as other merchandise that reinforces some of the themes illustrated in our videos.

    それから、私たちのビデオで紹介しているテーマをより理解できるような、他の商品もあります。

  • Please click on the link below to see more.

    下のリンクをクリックし、チェックしてみてくださいね。

Arguments in relationships are typically so regrettable and often so bitter, it's natural

通常、言い合いをすると、すごく後悔してつらい思いをします。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 相手 傷つけ すごく 傷つい 関係 弱い

How To Argue With Your Partner

  • 6639 828
    Hhart Budha に公開 2018 年 01 月 08 日
動画の中の単語