Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hey everybody. Welcome to Storyline Online

    皆さん、こんにちは。 ストーリーライン・オンラインへようこそ

  • brought to you by the SAG-AFTRA Foundation.

    SAG-AFTRA財団がお届けします。

  • My name is Chris Pine

    クリス・パインです

  • and today we are reading the wonderful book Clark the Shark

    そして今日は「サメのクラーク」という素晴らしい本を読んでいます。

  • written by Bruce Hale and illustrated by guy Francis. Let us begin.

    ブルース・ヘイルが書き、フランシスがイラストを描きました。 始めよう

  • In all the wide blue seas, in all the wide blue world,

    広い青い海の中で、広い青い世界の中で。

  • the top school for fish was the Theodore Roosterfish Elementary.

    魚の学校のトップはセオドア・ルースターフィッシュ・エレメンタリーでした。

  • And of all the fish at Theodore Roosterfish, the biggest and the strongest was Clark the Shark.

    そして、セオドアラスズキの魚の中で、一番大きくて最強だったのは、クラーク・ザ・シャークでした。

  • Clark loved school, and he loved his teacher, Mrs. Inkydink.

    クラークは学校が大好きで、先生のインキディンク夫人を愛していました。

  • He loved to play upsy-downsy and spinna-ma-jig with his friends. Clark loved his life.

    彼は友達とアップシーダウンシーやスピナ・マ・ジグをするのが大好きでした。 クラークは自分の人生を愛していました。

  • SCHOOL IS AWESOME!” shouted Clark the Shark.

    "SCHOOL IS AWESOME!"とクラーク・ザ・シャークは叫んだ。

  • Less shouting, more reading,” said Mrs. Inkydink.

    "叫ぶことを減らし、読書を増やす "と、インキディンク夫人は言いました。

  • "LUNCHTIME IS SWEEEEET!" yelled Clark the Shark.

    "LUNCHTIME IS SWEEEEET!"とサメのクラークは叫んだ。

  • "Munch your own lunch," said his best friend, Joey Mackerel.

    "自分のお弁当をムシャムシャ食べる "と、親友のジョーイサバが言っていました。

  • "RECESS ROCKS!" bellowed Clark the Shark.

    "RECESS ROCKS!"とクラーク・ザ・シャークが咆哮した。

  • "You are playing too rough, Clark!" cried the other kids.

    "クラーク、乱暴な遊びをするな!」と他の子供たちが叫んでいました。

  • Yes, Clark loved his life with all of his sharky heart.

    そう、クラークはシャープな心で自分の人生を愛していたのです。

  • But he loved everything way too much.

    しかし、彼はすべてを愛しすぎていた。

  • He was too loud. He was too wild.

    彼はあまりにもうるさかった。 彼はあまりにも野生的だった。

  • He was just too much shark for the other fish to handle.

    他の魚には手に負えないほどのサメだった。

  • After a while, no one would play with Clark. No one ate lunch with Clark.

    しばらくすると、誰もクラークと遊ばなくなった。誰もクラークと昼食を食べなかった。

  • No one sat with him at circle time. Even his best friend, Joey Mackerel, said,

    サークルタイムでは誰も彼と一緒に座っていなかった。親友のジョーイ・サバでさえ言っていた。

  • Cool your jets, Clark! Youre making me crazy!”

    "冷静になれ クラーク!気が狂いそうだ!"

  • One day, Clark asked Mrs. Inkydink, “What’s wrong with everyone?”

    ある日、クラークはインキディンク夫人に "みんなどうしたの?"と尋ねた。

  • Mrs. Inkydink patted his fin.

    インキディンク夫人は彼のひれを撫でた。

  • Clark, sometimes you play too hard, you munch too hard, andgoshyou even help too hard.”

    "クラーク 時には遊びすぎて ムシャムシャしたり 助けすぎたり"

  • But life is SO exciting!” said Clark.

    "でも、人生はとてもエキサイティング!"とクラークは言った。

  • There’s a time and a place for everything,” said Mrs. Inkydink.

    "何事にも時と場所がある "とインキディンク夫人は言った。

  • And sometimes the rule is stay cool.”

    "時には冷静さを保つのがルールだ"

  • At recess, Clark tried to stay cool, but he pushed the swing with too much zing!

    休み時間に、クラークは冷静になろうとしたが、あまりにもジンジンしすぎてブランコを押してしまった!

  • Sorry,” said Clark. “I forgot.”

    "ごめんね "とクラークは言った"忘れてた"

  • Yikes!” cried Joey Mackerel.

    "Yikes!"とジョーイ・サバは叫んだ。

  • At lunch, Clark tried to stay cool, but everything smelled so good that he munched a bunch of lunches.

    昼食時、クラークは冷静さを保とうとしたが、すべてがいい匂いがして昼食の束をむしゃむしゃ食べてしまった。

  • Sorry,” said Clark. “I forgot.” “Were STARVING!” said his friends.

    "ごめんね "とクラークは言った"忘れてた""私たちは飢えている!"と彼の友人は言った。

  • In class, Clark tried to stay cool, but a good book got him all shook up.

    授業中、クラークは冷静さを保とうとしたが、良い本を読んで動揺していた。

  • Now, Clark!” said Mrs. Inkydink. “This isn’t the time or the place. Tell me, what’s the rule?”

    "クラーク!" インキディンク夫人は言った"今はそんな時でも場所でもありません。"教えてください、ルールは何ですか?"

  • Stay cool,” said Clark. “Hey, that rhymes!” he cried.

    "冷静さを保て "とクラークは言った。"おい、それは韻を踏んでいるぞ!"と彼は叫んだ。

  • Then Clark got a big idea in his sharky head.

    そして、クラークは頭の中で大きなアイデアを思いついた。

  • Maybe if I make a rhyme, I’ll remember every time! he thought.

    韻を踏めば毎回覚えているかもしれない! と思ったそうです。

  • The next day, he put his plan to work.

    翌日、彼は計画を実行に移した。

  • In class, when lessons got exciting, Clark wanted to bounce up out of his seat.

    授業が盛り上がると、クラークは席から跳ね上がりたくなる。

  • Instead, he told himself: “When teacher’s talking, don’t go walking.”

    代わりに自分に言い聞かせた"先生が話している時は 歩いてはいけない" と自分に言い聞かせた

  • And what do you know? It worked!

    何を知ってる?うまくいった!

  • Attaboy, Clark!” said Mrs. Inkydink. Clark smiled. “Lessons are fun!”

    "いいぞ、クラーク!」とインキディンク夫人は言った。クラークは微笑んだ。"レッスンは楽しい!"

  • At lunch, everything smelled sooo yummy.

    お昼には、すべてが美味しそうな匂いに包まれていました。

  • When Clark wanted to eat and eat and never stop, he told himself: “Only munch your own lunch.”

    クラークは食べて食べて止まらなくなりたいと思った時、自分に言い聞かせた。"自分のお弁当だけをむしゃむしゃ食べる"

  • And it worked again! “Way to go, Clark!” said his friends.

    そしてまた成功した!"よくやった クラーク!"と友人たちは言っていました。

  • Clark grinned. “Lunch is fun.”

    クラークはニヤリとした。"ランチは楽しい"

  • At playtime, Clark told himself: “Easy does it, that’s the way.

    遊びの時間に、クラークは自分に言い聞かせた。"イージーはそれをする、それが方法だ "と。

  • Then my friends will let me play.”

    "それなら友達は私を遊ばせてくれる"

  • And playtime was fun. Once more, Clark loved his life.

    そして、遊びの時間は楽しかった。もう一度、クラークは自分の人生を愛した。

  • But then a shadow fell across the playground

    しかし、その時、遊び場に影が落ちてきた......

  • a gi-normous shadow with tentacles galore.

    触手を持った巨大な影だ

  • It’s a new kid, and he looks scary!” cried Joey Mackerel. “Swim for your lives!”

    "新しい子だし、怖そうだ!"とジョーイ・マバは叫んだ。"命がけで泳げ!"

  • The squid squashed the slide, and it snapped off the swings.

    イカが滑り台をつぶして、ブランコをへし折ってしまいました。

  • Oops. My bad,” said the new kid.

    "おっと。悪かったな」と、新しい子は言った。

  • Wait,” said Clark. “He just wants to play. Let’s find a way!”

    "待って "とクラークは言った。"彼は遊びたいだけだ。何か方法を見つけよう!」

  • And he swam at the new kid with all his might.

    そして、彼は新しい子に向かって全力で泳いだ。

  • Clark played harder than he ever had beforeupsy-downsy and spinna-ma-jig.

    クラークはこれまでにないほどハードなプレイをしていました-アップサイ・ダウンサイとスピナ・マ・ジグ。

  • Why, he even made up a new game: tail-whump-a-lumpus!

    なぜか、彼は新しいゲームまで作ってしまいました:しっぽふぁんふぁんふぁんふぁんふぁんふぁんふぁんふぁんふぁんふぁんふぁんふぁんふぁんふぁんふぁんふぁんふぁんふぁんふぁんふぁんふぁんふぁんふぁんふぁんふぁん

  • Wow, that was fun,” said the new kid breathlessly, and he settled down.

    "うわぁ、楽しかったよ "と息巻いて、新子は落ち着きました。

  • If you want to come to school, youve got to stay cool,” said Clark.

    "学校に来たければ、冷静でいなければならない "とクラークは言った。

  • That’s right, Clark,” said Mrs. Inkydink.

    "その通りだよ、クラーク "とインキディンク夫人は言った。

  • And thanks for taking care of our new classmate, Sid the Squid.”

    "新しいクラスメイトのイカのシドの世話をしてくれてありがとう"

  • Hooray for Clark the Shark!” everyone cheered.

    "サメのクラーク万歳!"とみんなで歓声をあげました。

  • That night Clark’s mother asked, “What did you learn at school, dear?”

    その夜 クラークの母親が尋ねた "学校で何を学んだの?"

  • There’s a time and a place for everything,” Clark said.

    "何事にも時と場所がある "とクラークは言った。

  • Sometimes you stay cool.”

    "時として冷静さを保つこともある"

  • But sometimes a shark’s gotta do what a shark’s gotta do.”

    "しかし、時にはサメはサメのすることをしなければならない"

  • The end.

    終わりだ

  • That was Clark the Shark everybody.

    サメのクラークだった

  • I think it speaks to all of us.

    それは私たち全員に語りかけていると思います。

  • It talks about how we all want to do what we want to do , right?

    それは、私たちは皆、自分のやりたいことをしたいと思っていることを話していますよね?

  • We want to be ourselves.

    私たちは自分自身でありたいと思っています。

  • and we want to yell when we want to yell and play and laugh and have a good time.

    と叫んで遊びたい時に叫んで笑いながら楽しく過ごしたいと思っています。

  • But as Mrs. Inkydink said, there's a time and a place for everything.

    しかし、インキディンク夫人が言ったように、何事にも時と場所があります。

  • And there is a time and a place to be considerate of other people's feelings.

    そして、人の気持ちを思いやる時と場所があります。

  • I think the lesson is: Be considerate.

    教訓は「思いやりの心を持つこと」だと思います。

  • Thank you so much for watching Storyline Online.

    この度はストーリーオンラインをご覧いただき、誠にありがとうございました。

  • Make sure to check out all of the other stories.

    他の話も必ずチェックしておきましょう。

  • Keep watching and keep reading.

    見続けて、読み続けてください。

Hey everybody. Welcome to Storyline Online

皆さん、こんにちは。 ストーリーライン・オンラインへようこそ

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 クラーク 夫人 サメ 叫ん 遊び 聞かせ

サメのクラーク クリス・パインが読む

  • 17103 2113
    VickyChen に公開 2017 年 06 月 08 日
動画の中の単語