Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • You know, honesty is something that we often regard as a good thing, right?

    ねぇ、正直でいるってことは普通は「いい事」だって思われてるでしょ?

  • We want our friends to be honest.

    友だちには正直でいて欲しいし。

  • What do you think, is it too much?

    アンナ:どう、これ?ちょっと派手すぎるかな?

  • That outfit should be burned.

    ケリー:なんかそんなファッションは燃やしてしまいなさい、って感じ。

  • Because it's so lit!

    だって、オシャレすぎてファイヤー!って感じだから、なんちゃって!

  • We want our partners to be honest.

    パートナーにも正直でいて欲しいし。

  • Kelly, um, I want to tell you something, ugh, I'm so nervous.

    アンナ:ねえケリー、あの、ちょっと言いたいことがあるんだけど。キャー、緊張する。

  • Um, I've never said this to anyone before, but...

    あの、

  • I love you.

    こんなこと他の人には言ったことないんだけど、でもね

  • Oh my god, Anna, are you serious?

    愛してる。

  • Yes!

    ケリー:ちょっとヤダ。アンナ、本気で言ってんの?

  • Oh my god, thank you!

    アンナ:うん!

  • I don't love you, but, you're great.

    ケリー:うそー、ありがとう!

  • Okay.

    私はあなたの事を愛してはいないけど、

  • But sometimes when people are speaking their truth, it feels cruel.

    いい娘だなとは思うよ。

  • I was at a gals dinner when a friend said to me:

    アンナ: [小声で] あ、そう。

  • Anna, don't get too drunk.

    でも、誰かが本当の事を口に出して言う時、それが残酷に聞こえることもあるでしょ。

  • You're a loud drunk, and I don't want to have to move.

    ある日ガールズナイトで飲んでた時に、私の友だちがこう言ってきたの。

  • And, I mean she's not wrong!

    ケリー:アンナ、飲み過ぎないでよ。酔っぱらうとあんた声大きくなるからさ、

  • When I get drunk I get really loud, I mean to my credit, most people do.

    私はここで落ち着いて飲みたいから、お願いね。

  • But it felt so mean to me in the moment, even though I know she wasn't trying to hurt my feelings, because it was like what was I supposed to say?

    いや、っていうか間違ってはいないんだけど!

  • You know, how was I supposed to react?

    私って、お酒入ると結構うるさくなるし、

  • There was no way for me to continue the night without just sitting still, and shutting up, and feeling like I can't have fun.

    とは言っても、私だけじゃなくて大体みんなそうなるとは思うんだけど、

  • And it made me wonder:

    それでもその時は私はひどい事言われた、って感じちゃったの。

  • Where is the line between being honest and being mean?

    彼女は私を傷つけようとする気なんかなかったってわかってるんだけど、

  • I mean, does it lie in a person's intention?

    それでも私にしてみれば、それに対して何て言ったらいいの?みたいになるでしょ。どういうリアクションを取ればいいの、って感じで。

  • 'cause I had a guy say to me, verbatim:

    そんな事言われたら、その後はじっとしたまま静かにして過ごすしかなくなっちゃうわけで、

  • Yo, do you like to take a shit before I ate you out yesterday, 'cause your pussy smelled like shit.

    それじゃ全然楽しく過ごせないし。そんなことがあって、私が考えさせられたのは

  • And that is by far, the cruelest fuxxing thing anyone has ever said to me in my entire life.

    正直なことと失礼なこととの境界線はどこにあるのか、ってこと。

  • Especially 'cause he knew I had issues with like letting people go near my vagina, it was like, weird, and it's vulnerable, and it's scary.

    つまり、各自の意図するところで決まるのか、ってこと。というのも、ある時男の子が私に文字通りこういったの。

  • So I was like, why would you say that to me?

    男の子:あのさ、昨日俺とする前にウンコした?アソコのにおいがひどかったんだけど。

  • And he genuinely didn't think he was being mean.

    これが今のところ私の人生で他人に投げかけられた一番残酷な一言です。

  • He thought that he was being honest and straightforward, and that I would appreciate that.

    特に私が自分の身体のそんな箇所の話なんてしたくないのを知っていたうえでのことだから、もうなんていうか、気持ち悪くて、傷ついたし、怖かったの。

  • What? I'm just being honest.

    なんでわざわざそんな事を私に言う必要があるわけ?って感じで。

  • Isn't that what people do when they fall in love?

    しかも彼自身は失礼な事なんか言っていないと本気で思ってて、

  • You know, we have all kinds of stupid horrible thoughts every day.

    ただ自分は正直に思った事を口にしただけだし、

  • But that doesn't mean we should articulate every single one of them.

    私はむしろそう言われてありがたく感じると思ってたの。

  • I mean, every time I have a knife in my hand, I think:

    男の子:何だよ?俺はただ正直に言っただけだろ。

  • Wow, I could just go crazy and stab all of them right now.

    恋愛関係の中でこういうのって皆が普通にやることじゃん?

  • And what would they do?

    こんな感じで、私たちって毎日いろんなひどい考えを持つものでしょ。

  • I could just take each of them down.

    でもだからと言って、その全部をはっきりと口に出す必要はないわけ。

  • I mean, I won't 'cause I love them.

    つまり、私が包丁持つたびにこう考えるのかってこと、

  • But I totally could, their lives are in my hands, I could just stab and slash and just blow them all away.

    [心の声] うわー、今私って完全にバカになって、ここにいる全員刺し殺すことも出来ちゃうんだよね。

  • Hmm.

    だって誰も抵抗できないでしょ?1人ずつじっくり倒していけばいいんだもん。

  • But it's not like I'm gonna "be honest" and tell a bunch of people that.

    まあ、皆のこと好きだからそんな事はしないけど。

  • Guys, isn't it crazy that I could just like, kill all of you right now?

    でもやろうと思えばできるわけで、みんなの命は私が握っているわけでしょ、だって私が刺して、切りつけて

  • Like, for real though.

    みーんなやっつけちゃうことも出来るんだから、うーん。

  • Like, none of you have any weapons.

    でもそれで私が「正直に」皆にその事を話すことはしないでしょ。

  • I could just sprint at you Mary, and slit your throat.

    ねえみんな、今私がここにいる全員の事殺せちゃうって、すごくない?

  • And stab you in the heart, Jenny.

    っていうか、本気の話で。だって皆は誰も武器持ってないじゃん。

  • And just like, slash at Kaitlyn, and then rip Melissa's face off, like...

    私がメリーのとこに走っていって喉を切りつけたり、

  • And like, what would you do?

    [クスクス笑う]ジェニーの場合は心臓一突きみたいな。

  • A bunch of you would die.

    それからケイトリンのことを切りつけて、

  • Maybe sometimes we're using honesty as an excuse to be an asshole.

    メリッサの顔をメッタ刺しとか [笑う]

  • And I'm definitely guilty of this for sure, for sure I have done this.

    [笑い続ける]それでも、皆何もできないでしょ?全員まとめて死んじゃうの。

  • But I genuinely want to stop, like I don't ever want to unnecessarily hurt someone's feelings, just because I feel like I have the right to be straight up with them.

    もしかしたら私たちって、嫌な奴になるための口実として正直って言葉を使っているのかもしれないし、

  • And vice versa, if people are being honest with me, I would hope that it comes from like a place of love like someone's telling me that I'm probably dating someone abusive, or that, I'm maybe becoming an alcoholic.

    私自身も間違いなくこれはやったことがあるから他人事じゃないのは確か。

  • I don't want someone to tell me that, in their opinion, I've done something wrong.

    でも心からこういう事は止めたいって思うの。だって、誰かの気持ちを必要も無く傷つけるなんてしたくないし、その時も思った事をそのまま伝えて何が悪いのなんて態度は取りたくないの。

  • Because my vagina did not smell like shit and if it did, God forbid, you don't frickin say that to me.

    これは逆の場合もそうで、もし他の人が私に正直に接してくれる時は、

  • So I encourage you to think about all the times that you've been honest, and ask yourself, were you actually just being mean?

    私としては、その正直さは愛に基づいたところから出てくるものであってほしいし、例えば

  • Are you ever honest when it's hard, when you have to tell someone a truth that maybe they don't wanna hear, and you don't wanna tell them, not just something that you don't like.

    私がもしかしたら暴力的な人と付き合ってるんじゃないかとか、アルコール依存症になりかけてるのを見て心配して言ってくれたり。

  • I'm Anna Akana, stay awesome Gotham.

    他の誰かから、あくまでその人の意見として私がどこかおかしいってことを言われたくはないわけ。

  • Also, thank you so much to Kelly for being in today's video.

    だって、私のあそこは臭くないし、万が一臭かったとしても、フツーはそんなことを面と向かって私には言わないものだから。

  • You can check out her channel here, she uploads every day, and is a kawaii ambassador.

    そういうわけで、皆さんも自分が正直なことを言ったなと思った時はいつも考えてもらいたいの、

  • Thanks Kelly!

    「私ってただ失礼なこと言っただけだったかな?」って。

  • I really wanna say thank you to Squarespace for sponsoring today's episode.

    つまり厳しい状況でも正直でいられるかというところ、自分は言いたくないし相手も聞きたくはないけどそれが真実だから言わないわけにはいかないという理由であって、

  • Squarespace has a lot of beautiful, award winning templates, not to mention they have an all-in-one platform so there's no installs, patches, or upgrades, ever!

    ただ単に自分が気に入らないから、ではなくて。

  • They also have 24-hour customer service.

    アンナ・アカナでした。素敵な一日を。

  • So if you just like, offed your latest victim and you wanna update your website to alert the police, but you're having technical issues, Squarespace is there for you.

    最後に、今日のビデオに出演してくれたケリーにも感謝です。

  • Not to mention, if you need a domain, they offer a very simple, unique set-up experience, it's easy peasy.

    「カワイイ」をテーマにした彼女のチャンネルは毎日更新されています、こちらからどうぞ。

  • You can get square space for any kind of website, whether you're an artist, a photographer, or a serial killer like me!

    ケリーありがとうね!

  • Go to squarespace.com for your free trial today, and don't forget to use the offer code Anna for ten percent off at checkout.

    今日のエピソードはSquarespaceの提供でお送りしました。

  • Squarespace.

    Squarespaceには賞を受賞した素敵なテンプレートがたくさん用意されています。

You know, honesty is something that we often regard as a good thing, right?

ねぇ、正直でいるってことは普通は「いい事」だって思われてるでしょ?

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ケリー アンナ squarespace わけ 男の子 本気

正直でいることって本当にいいことなのか? (Honesty isn't an excuse to be an asshole (w/Kelly Eden))

  • 77413 5411
    韓澐 に公開 2019 年 02 月 12 日
動画の中の単語