Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Hello and welcome to 6 Minute English. I'm Rob

    こんにちは、6 Minute Englishへようこそ。私はロブ...

  • And hello! I'm Neil.

    そしてこんにちは!私はニールです

  • Hi there Neil. Have you ever had a close encounter with a monkey or an ape?

    こんにちは、ニールです。猿や猿と親しくなったことはありますか?

  • Well I’m sitting right next to you, Rob?

    私はあなたの隣に座ってるのよ、ロブ?

  • Very funny. Neil is referring to the fact that all humans are descended from apes, and

    非常に面白い。ニールが言及しているのは、すべての人間が類人猿の子孫であるという事実と

  • apes and monkeys belong to a group of animals called primates. The difference is that monkeys

    類人猿とサルは霊長類と呼ばれる動物のグループに属しています。違いはサルが

  • have tails, and apes don’t.

    猿には尻尾があるが猿にはない

  • Well, I didn’t know that. On a serious note… I had a close shave with some monkeys once

    それは知らなかった真面目な話だが、以前、猿にひげを剃られたことがあるんだ

  • in Bali.

    バリ島で。

  • A close shave is where you only just manage to avoid a dangerous situation. So Neil, what

    危うい状況を回避するためだけに 剃っているんだよだからニール、何だ?

  • happened?

    何かあったのか?

  • I was walking up a mountain on my own and suddenly a bunch of monkeys jumped out of

    一人で山を登っていたら、突然猿の群れが飛び出してきた。

  • nowhere, blocking my path.

    どこにもない、私の道を塞いでいる

  • Oh goodness! OK. So what did you do?

    やれやれ!いいわよそれで何をしたの?

  • After standing there for ages while the monkeys screeched at me, I turned round and walked

    猿が私に向かって叫んでいる間、何年もそこに立っていた後、私は振り返って歩いていきました。

  • back the way I came.

    来た道を戻る

  • OK. If you screech at someone it means to make a loud, high and unpleasant sound. So

    いいわよ誰かに向かって叫んだら、それは大きな声で、高く、不快な音を出すことを意味します。だから

  • the monkeys won that face-off, then!

    その対決は猿が勝ったんだ!

  • Absolutely! Yes, they did! And a face-off, by the way, means an argument or fight.

    絶対に!そうだ、彼らはやった!そして、フェイスオフは、ところで、議論や戦いを意味します。

  • Well, today’s show is about gibbons and the different sounds they make. Gibbons are

    さて、今日のショーはギボンとその鳴き声についてです。ギボンズは

  • small apes that live in Southeast Asia. And while Neil’s monkeys screech unpleasantly,

    東南アジアに住む小猿たち。ニールの猿が不愉快な鳴き声を上げる一方で

  • gibbons sound like they are singing.

    ギボンズが歌っているように聞こえる。

  • Musical apesthat’s nice! So how about today’s quiz question, Rob?

    音楽的な猿 - それはいいね!さて、今日のクイズ問題はどうでしょう、ロブ?

  • OK, good idea. How far can a gibbon’s voice travel through the forest? Is it

    いい考えだジボンの声は森の中をどこまで伝わるのか?それは...

  • a) 500m

    五百メートル

  • b) 1km

    b) 1km

  • or c) 5km?

    それとも(C)5km?

  • Hmm. Well, I have to guess and I’m going to say b) 1km.

    うーん。まあ、私の推測では、B)1kmということになります。

  • Youve never heard one.

    一度も聞いたことがないだろう。

  • Never heard one

    一度も聞いたことがない...

  • OK. Well find out later on in the programme whether youre right or wrong. Now let’s

    わかったわあなたが正しいか間違っているかは プログラムの後で分かるわでは

  • listen to what a gibbon really sounds like.

    ギボンがどんな音をしているのか聞いてみましょう。

  • Interview with Dr Esther Clarke, researcher at Durham University

    ダラム大学研究員エスター・クラーク博士へのインタビュー

  • Interviewer: Let’s just hear this. [gibbons calling] That’s an absolutely wonderful,

    インタビュアーこれを聴かせてください[Gibbons calling] それは絶対に素晴らしいです。

  • evocative sound, isn’t it? Beautiful sound. And what are they doing there then? That is

    喚起的な音ですね。美しい音ですね。そして彼らはそこで何をしているのでしょうか?それは

  • … I said talking to each other.

    ...私はお互いに話し合っていると言った。

  • Dr Clarke: Well this is theirTheyre singing together. So a male and a female,

    クラーク博士これは彼らが一緒に歌っています男性と女性

  • when they hold a territory together, will sing every morning what they call a duet.

    彼らは毎朝二重奏と呼ばれる歌を歌います

  • All the groups

    全てのグループが...

  • Interviewer: What we call a duet.

    インタビュアーいわゆるデュエットですね。

  • Dr Clarke: Yes, absolutely. And theyll all sing together at the same time, and the

    クラーク博士そうですね、絶対に。そして、みんなで同時に歌います。

  • whole forest will be alive with this cacophony of song.

    森羅万象はこの歌の不協和音で生き生きとしたものになるでしょう。

  • So the gibbons make an evocative sound. If something is evocative it brings strong feelings

    だから、ジブンは喚起的な音を出す。何かを連想させるものがあると、強い感情が湧いてきます。

  • or memories to mind.

    や記憶を思い浮かべてみてください。

  • And something that is evocative is usually pleasant, Rob.

    そして、何かを連想させるものは、たいてい気持ちがいいものだ、ロブ。

  • It is. And what’s also interesting is that the apes are singing in pairsone male

    そうなんです。そして興味深いのは 猿はペアで歌っているということです - 一人のオスです

  • and one female. They are singing duets together. So a duet is a song sung by two peopleor

    と一人の女性。二人でデュエットを歌っています。つまりデュエットとは、二人で歌う歌のことです。

  • in this case, sung by two gibbons!

    この場合は、二人のギボンが歌っています!

  • And a lot of gibbons are singing duets at the same timewhich Dr Clarke describes

    そして、多くのギボンが同時にデュエットを歌っています。

  • as a cacophony. Cacophony means a mix of loud noises, which often sound out of tune.

    不協和音として。不協和音とは 大きな音が混ざったものを意味していて よく音がずれて聞こえます

  • And that could easily describe us singing together!

    そして、それは私たちが一緒に歌っていることを簡単に表現することができます!それは、私たちが一緒に歌っている!

  • Let’s not do that.

    それはやめましょう。

  • But what’s the reason for the gibbon duets, Neil?

    しかし、ジボンのデュエットの理由は何なんだ、ニール?

  • Well, the songs advertise the relationship between the male and the female. And they

    歌は男と女の関係を宣伝していますそして、彼らは

  • also help to make clear which territoryor bit of landbelongs to a pair or group

    勘定をつける

  • of gibbons.

    ジボンの

  • Gibbons also use different sounds to alertor warnother gibbons about danger

    ギボンズはまた、他のギボンズに危険を知らせたり、警告したりするために、さまざまな音を使います。

  • from predatorsthese are animals that eat other animals. The gibbons use a quiet

    捕食者から - これらは他の動物を食べる動物です。ジボンは静かな

  • hoo hoocall to communicate that a leopard is nearby, and an even quieterhoo hoo

    ヒョウが近くにいることを知らせるために「フーフー」と呼ばれ、さらに静かに「フーフー」と呼ばれます。

  • call for an eagle.

    鷲を呼ぶ

  • Youre very good at that Rob.

    ロブさんはとても上手ですね。

  • Thank you.

    ありがとうございます。

  • Now let’s hear more from Dr Clarke about this. How does she describe language?

    では、クラーク博士の話をもっと聞いてみましょう。彼女は言語をどのように表現しているのでしょうか?

  • Dr Esther Clarke, researcher at Durham University Yes, so the idea is that if we find things

    エスター・クラーク博士、ダラム大学の研究者 そうですね。

  • like context-specific calling in non-human primates, it suggests that way back in time

    人間以外の霊長類の文脈特異的な呼び出しのように、それははるか昔のことを示唆しています。

  • the ancestor that we shared with them also had context-specific calling so basically

    と共有していた祖先もコンテキスト固有の呼び出しを持っていたので、基本的には

  • it just gives us some clues [as] to the evolutionary roots of complex communication like language.

    言語のような複雑なコミュニケーションの進化のルーツについて、いくつかの手がかりを与えてくれます。

  • Dr Clarke says that if we go far enough back in time humans and other primates such as

    クラーク博士によると、もし人間や他の霊長類が時間をさかのぼると

  • monkeys and apes have the same ancestor.

    猿と類人猿は同じ祖先を持っている。

  • Right. And ancestor means an animalor humanfrom the past that a modern animal

    そうですね。そして、祖先とは、現代の動物が過去からやってきた動物、つまり人間のことを指します。

  • or human has descended from. So if this common ancestor used context-specific calls like

    や人間が子孫を残しています。のようなコンテキスト固有の呼び出しを使っていたとします。

  • modern gibbonsthen it could have passed on this ability to humans a long time ago.

    現代のギボンズは、ずっと前に人間にこの能力を伝えていたのかもしれません。

  • Context-specific calling means different calls for different situations, for example one

    コンテキスト固有の呼び出しとは、状況に応じて異なる呼び出しを行うことを意味します。

  • call forleopardand another foreagle’.

    ヒョウ」を呼び、「ワシ」を呼びます。

  • And evolutionary means a gradual process of change or development.

    そして、進化とは、徐々に変化していく、あるいは発展していく過程を意味しています。

  • OK, let’s have the answer to the quiz question. Earlier I asked: How far can a gibbon’s

    さて、クイズの答えを出しましょう。先ほど、私は次のように尋ねました。

  • voice travel through the forest? Is it: a) 500m b) 1km or c) 5km?

    の声は森の中を旅しているのでしょうか?それは、a) 500m b) 1km or c) 5kmでしょうか?

  • And I said b) 1km.

    そして私はB)1kmと言った。

  • And you were right! A good guess! Perhaps you do know a lot about gibbons. So well done!

    そして、あなたは正しかった!大正解!おそらく、あなたはギボンのことをよく知っているのでしょう。よくやった!

  • Now, can we hear today’s words again maybe in a gibbon's voice Neil?

    さて、今日の言葉をもう一度、ジボンの声で聞いてみましょうか、ニール?

  • I’m not sure about that. I’ll do it in a human voice.

    それはどうかと思いますが人の声でやります。

  • primates

    霊長類

  • a close shave

    擦り切り

  • screech

    鳴き声

  • face-off

    対決

  • gibbons

    ギボンズ

  • evocative

    喚起的

  • duet

    デュエット

  • cacophony

    不協和音

  • territory

    領地

  • alert

    警戒態勢

  • predators

    捕食者

  • ancestor

    先祖

  • evolutionary

    進化論的

  • Thank you. Well, that's the end of today's 6 Minute English. You can join us again soon.

    ありがとうございました。さて、今日の6分間英語はこれで終わりです。また近いうちに参加しましょう。

  • Bye.

    じゃあね

Hello and welcome to 6 Minute English. I'm Rob

こんにちは、6 Minute Englishへようこそ。私はロブ...

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ニール クラーク 歌っ km ロブ 霊長

BBCから6分で英語を学ぶ - なぜギボンはデュエットを歌うのか?

  • 1098 55
    LE! に公開 2017 年 04 月 01 日
動画の中の単語