Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • [WatchMojo Intro Music]

    [WatchMojo Intro Music]

  • J.K. Rowling's epic book series is so magical that it would be impossible to include it all on screen.

    J.K.ローリングの叙事詩的な本シリーズは、その全てをスクリーンに収めるのは不可能と言っても過言ではないほど魔法に満ちています。

  • Welcome to WatchMojo.com,

    WatchMojo.comへようこそ。

  • and today we're counting down our picks for

    そして今日は、私たちが選んだものをカウントダウンしています。

  • the top 10 differences between the Harry Potter novels and movies.

    ハリー・ポッターの小説と映画の違いトップ10

  • Hmm...

    うーん...

  • Difficult, very difficult.

    難しい、とても難しい。

  • For this list we are looking at characters,

    このリストのために、私たちは文字を見ています。

  • stories or pretty much anything that was left out when the Harry Potter books became movies.

    ハリーポッター本が映画化された時に出てこなかった話とか、結構あるんですよね。

  • Since we're talking about major plot points and characters,

    大筋や登場人物の話をしているので

  • you might want to put your extendable ears away.

    伸びる耳を片付けた方がいいかもしれません。

  • And do some light reading and watching.

    軽く本を読んだり見たりして

  • [Book opens]

    [本を開く]

  • This... is light?

    これが...光なのか?

  • Exspoilalarmus,

    エクスポイラーラームス

  • and by that we mean: Spoiler Alert.

    と言う意味でネタバレ》

  • Ron you've spoiled everything!

    ロン...全てを台無しにしやがって!

  • Number 10 - Book: There's a Sphinx in the maze. Movie: No Sphinx.

    10位 「本」です。迷路にはスフィンクスがいる映画。スフィンクスがいない

  • The Harry Potter novels offer some great riddle solving that unfortunately didn't make the final cut.

    ハリー・ポッターの小説では、残念ながら最終選考には残っていませんでしたが、いくつかの素晴らしい謎解きを提供しています。

  • For example, in the Philosopher's stone,

    例えば、賢者の石では

  • Hermione has to solve a potions riddle to help Harry confront professor Quirrell.

    ハーマイオニーはハリーが教授クィレルに立ち向かうのを助けるためにポーションの謎を解決する必要があります。

  • Tell me...

    教えてくれ...

  • What do you see?

    何が見える?

  • J.K. Rowling once again threw a puzzle at her characters in the Goblet of Fire.

    J.K.ローリングは再び、「炎のゴブレット」の登場人物にパズルを投げつけました。

  • But here Harry has no help,

    しかし、ここではハリーには助けがありません。

  • trapped alone in a hedge maze, during the Triwizard tournament.

    垣根の迷路に一人で閉じ込められた、トライウィザードのトーナメント中に。

  • While the movie version only has Harry escaping from some scary shrubbery,

    映画版では、ハリーがいくつかの怖い低木から逃げているだけなのに。

  • the book's maze houses menacing creatures.

    本の迷路には恐ろしい生き物が住んでいます。

  • One such creature is a Sphinx that will only let Harry pass if he correctly answers a riddle.

    そのようなクリーチャーの1つがスフィンクスで、ハリーがなぞなぞに正解したときだけハリーを合格させてくれます。

  • This character inclusion reminded readers of Rowling's background in mythology,

    このキャラクターのインクルージョンは、ローリングの神話の背景を読者に思い出させた。

  • while also suggesting that maybe Hermione rubbed off on Harry.

    ハーマイオニーがハリーに擦り寄ったのではないかと示唆している。

  • Me, books, and cleverness. There are more important things.

    私と本と賢さもっと重要なことがある

  • Friendship...

    友情...

  • and bravery.

    と勇気を持っています。

  • And Harry,

    そして、ハリー。

  • just be careful.

    気をつけて

  • Number 9 - Book: Animagi are explained. Movie: Animagi are not really explained.

    その9 - 本。アニマギを解説しています。映画:アニマギが説明されている。アニマギはあまり説明されていない。

  • Please, sir...

    お願いします...

  • An animagus is a wizard who elects to turn into an animal,

    アニマグスとは、動物に変身することを選択した魔法使いのことです。

  • a werewolf has no choice.

    人狼には選択の余地がない

  • Do you know the difference between a werewolf and an animagus?

    人狼とアニマグスの違いを知っていますか?

  • If you've only seen the third Harry Potter movie,

    ハリーポッターの3作目しか見ていない人は

  • Hermione's explanation is all you get.

    ハーマイオニーの説明が全てです。

  • However, the books go into greater detail about the process of turning into an animal

    しかし、本には動物になるまでの過程が詳しく書かれています。

  • and the laws surrounding it.

    とそれを取り巻く法律。

  • We also learn that James Potter, Sirius Black, and Peter Pettigrew became unregistered animagi

    また、ジェームズ・ポッター、シリウス・ブラック、ピーター・ペティグリューが無登録アニマギになったことを知る。

  • to accompany Remus Lupin whenever he transformed into a werewolf.

    リーマス・ルパンが人狼に変身した時のお供に。

  • And that they created the Marauder's map to help sneak out of Hogwarts.

    そして、ホグワーツから抜け出すために 襲撃者の地図を作ったのだとか。

  • Messrs Moony, Wormtail, Padfoot, and Prongs...

    ムーニー、ワームテール、パッドフット、プロングス...

  • are proud to present...

    誇りに思っているのは...

  • the Marauder's map.

    襲撃者の地図

  • We owe them so much.

    私たちは彼らにとても借りがあります。

  • So, if you didn't read the books it might have been confusing when Pettigrew became a rat,

    だから、本を読んでいないと、ペティグリューがネズミになった時に混乱したかもしれません。

  • Sirius a dog,

    シリウスは犬だ

  • and even McGonagall a cat.

    そして猫のマクゴナガルまで。

  • Though you know she did it legally!

    合法的にやったんだよ!

  • That was bloody brilliant!

    素晴らしかった!

  • Oh thank you for that assessment Mr. Weasley.

    ああ...評価してくれてありがとう...ウィーズリー君。

  • Understanding what an animagus is even gives significance to the Potter family's patronuses.

    アニマグスとは何かを理解することは、ポッター家の守護霊にも意味を与えます。

  • Since James became a stag.

    ジェームズがクワガタになってから

  • No, my patronus is a stag.

    いや、私の守護霊はクワガタだ。

  • Number 8 - Book: Peter Pettigrew is strangled to death by his silver hand. Movie: Peter Pettigrew does not die.

    8番 本ピーター・ペティグリューは銀の手で首を絞められて死ぬ。映画。ピーター・ペティグリューは死なない。

  • Thank you, master. Thank you!

    ご主人様、ありがとうございます。ありがとうございます!

  • Remember when Voldemort gives Peter Pettigrew a shiny new hand,

    ヴォルデモートがピーター・ペティグリューに 新しい手を渡した時のことを思い出してください。

  • after he sacrifices his real one revive his master?

    彼は本物を犠牲にした後、彼のマスターを復活させますか?

  • The books prove that this wasn't just a gift.

    この本は、これが単なる贈り物ではなかったことを証明しています。

  • As Harry and company try to escape from Malfoy manor in the Deathly Hallows,

    ハリーたちは死の秘宝でマルフォイ邸から脱出しようとします。

  • Pettigrew is all that stands in their way.

    ペティグリューは彼らの邪魔者だ

  • Let her go.

    彼女を解放してあげて

  • Shut up! Get back!

    黙れ!下がれ!

  • He briefly stops himself from killing son of his best friend.

    彼は親友の息子を殺すのを簡単に止めてしまう。

  • But this proofs to be his downfall,

    しかし、これは彼の破滅を証明しています。

  • as he's then strangled to death by his own hand, since he defied his master Voldemort.

    ヴォルデモートに逆らったので 自分の手で絞め殺されました

  • In the movie, Pettigrew was easily put out of commision by Dobby,

    映画では、ペティグリューは簡単にドビーによってcommisionから出されました。

  • who only disarms him.

    彼を武装解除するだけの人。

  • But does not kill him.

    しかし、彼を殺すことはありません。

  • Guess some things are too dark for the silver screen, huh?

    銀幕には暗すぎるものもあるのかな?

  • Who gets his wand?

    杖を手に入れたのは誰だ?

  • Number 7 - Book: Harry replaces the elder wand in Dumbledore's tomb. Movie: Harry breaks the elder wand and throws it away.

    7番 - 本です。ハリーがダンブルドアの墓で長老の杖を取り替えます。動画:ハリーが長老の杖を壊して捨ててしまう。

  • He killed the wizard with whom he had once quarrelled.

    彼はかつて口論した魔法使いを殺した。

  • Drunk, with the power that the Elder Wand had given him,

    ニワトコの杖が与えた力に酔っていた。

  • he bragged at his invincibility.

    彼は自分の無敵を自慢していた。

  • Here's a moment that made all Potter fans gasp,

    ポッターファンを唸らせた瞬間がここにあります。

  • in both the book and the film.

    本と映画の両方で

  • Harry is revealed as the Elder Wand's true master

    ハリーはニワトコの杖の真のマスターとして明らかにされている

  • after he disarms its previous master Draco Malfoy.

    彼はその前のマスターのドラコ・マルフォイを解除した後。

  • It's what he does with it in the movie that irks Potterheads to this day.

    映画の中で彼がそれを使っていたからこそ、今でもポッターヘッズを苛立たせている。

  • After the battle of Hogwarts in the final film,

    最終作のホグワーツの戦いの後に

  • Harry does what probably no one with an all-powerful wand would do:

    ハリーは、おそらく万能の杖を持っている人がしないことをします。

  • He snaps it in two and throws it off a bridge.

    彼はそれを二つに折って橋から放り投げる。

  • In the book however,

    しかし、本の中では

  • Harry uses it to fix his own wand, which he always preferred,

    ハリーはいつも好んで使っていた自分の杖を直すのに使っています。

  • then returns it to Dumbledore's grave, so that when Harry finally dies,

    それをダンブルドアの墓に返して ハリーが死んだ時に

  • the wand will have no allegiance to anyone else.

    杖は誰にも忠誠を誓わない

  • Well, that makes more sense.

    まあ、その方が理にかなっている。

  • She thinks you're the chosen one.

    彼女はあなたが選ばれし者だと思ってる

  • But I am the chosen one.

    しかし、私は選ばれし者です。

  • Okay, sorry. Um.

    分かったわ、ごめんなさいえーと...

  • Kidding.

    冗談だよ

  • Number 6 - Book: House-elves are mistreated, but play vital roles. Movie: House-elves are mostly unimportant, unseen.

    第6回 「本」。家の自我は虐待されているが、重要な役割を果たしている。映画:家の自分はほとんど重要ではない、見られていない。

  • Why do you wear that thing Dobby?

    なぜドビーはそんなものをつけているの?

  • This uh...

    これは...

  • it is a mark of the house-elf's enslavement.

    それは家の者が奴隷にされている印です。

  • Harry Potter deals with many issues.

    ハリー・ポッターは多くの問題を扱っています。

  • But one that's glossed over in the movies is the mistreatment of house-elves.

    しかし、映画の中では、家の中の自分自身を虐待しているのです。

  • We do see Dobby as a slave to the Malfoys...

    ドビーがマルフォイ家の奴隷だったのを見ましたが...

  • I will deal with you later.

    後で対処します。

  • ...but he has much more purpose than the movies led on.

    ...しかし、彼は映画が導いたよりもはるかに多くの目的を持っています。

  • For example, he is the one who gives Harry the gillyweed in the Goblet of Fire,

    例えば、「炎のゴブレット」でハリーにギリーウィードを与えるのは彼です。

  • not Neville.

    ネビルじゃない

  • You sure about this Neville?

    本当にネビルなのか?

  • Absolutely.

    その通りだ

  • For an hour?

    1時間も?

  • Most likely.

    可能性が高い

  • Something else the movies don't show is that Dobby and other house-elves

    ドビーや他の家の自室の人たちが

  • are given proper employment in the Hogwarts kitchens.

    はホグワーツのキッチンで適切な雇用が与えられています。

  • Plus, the films don't include the female house-elf Winky,

    それに、映画には女の家の妖精ウィンキーは含まれていない。

  • who cares for Barty Crouch Jr.,

    誰がバーティ・クラウチJrを気にしてるの?

  • gets fired and is then employed at Hogwarts.

    クビになってホグワーツに採用される。

  • Man, house-elves deserve more credit.

    家の人はもっと評価されるべきだな

  • Just ask the creator of SPEW,

    SPEWの制作者に聞けばいいんだよ。

  • the Society for the Promotion of Elfish Welfare:

    エルフ福祉振興会です。

  • Hermione Granger.

    ハーマイオニー・グレンジャー

  • That is the general idea.

    それが一般的な考え方です。

  • It's brilliant.

    素晴らしい

  • Number 5 - Book: Harry & Hermione miss Ron. Movie: Harry & Hermione slow dance to cheer up.

    5番 - 本です。ハリー&ハーマイオニーはロンを恋しく思う動画:ハリー&ハーマイオニーのスローダンスで元気になる

  • [Music plays]

    [Music plays]

  • When Harry, Ron, and Hermione search for the deathly hallows,

    ハリー、ロン、ハーマイオニーが死の秘宝を探すとき。

  • their relationships slowly become strained.

    彼らの関係は徐々に緊張していく。

  • Ron in particular is affected, as he has to wear the horcrux locket,

    特にロンはホークラックスのロケットを身につけなければならないため、影響を受けています。

  • which forces his most negative feelings to surface.

    彼の最もネガティブな感情を表面化させる

  • You think I don't know how this feels.

    この気持ちがわからないと思っているのか

  • No you don't know how it feels.

    いや......気持ちはわからんでもない。

  • Your parents are dead. You have no family.

    君の両親は死んだあなたには家族がいません。

  • Ron soon can't deal with it and leaves his two friends alone.

    ロンはすぐにそれに対処できず、二人の友人を一人にしてしまう。

  • In the Deathly Hallows part 1, Harry and Hermione are wallowing in despair while listening to the radio.

    死の秘宝パート1では、ハリーとハーマイオニーがラジオを聴きながら絶望に打ちひしがれています。

  • When a soothing song pops on, the two then begin to dance with each other,

    心地よい曲が流れると、二人はお互いにダンスを始めます。

  • sharing a brief moment of cheerfullnes they hadn't felt for quite some time.

    暫くの間感じたことのない歓喜の瞬間を共有していました。

  • [Music plays]

    [Music plays]

  • But, as the song finishes, it's back to reality.

    しかし、曲が終わると現実に戻る。

  • This scene doesn't appear at all in the books but is a nice moment between friends.

    このシーンは本の中では全く出てきませんが、友達同士の素敵な瞬間です。

  • Number 4 - Book: Voldemort dies like a human. Movie: Voldemort dies like a supernatural creature.

    4番 - 本。ヴォルデモートは人間のように死ぬ映画。ヴォルデモートは超自然的な生き物のように死ぬ。

  • In both the books and the movies, Harry and Voldemort are having their final duel,

    本と映画の両方で、ハリーとヴォルデモートは彼らの最後の決闘をしています。

  • and their wands connect as they done in the Goblet of Fire.

    と彼らの杖は、彼らが火のゴブレットで行われているように接続します。

  • Voldemort uses the Elder Wand, even though it doesn't have allegiance to him,

    ヴォルデモートは自分に忠誠を誓っていないのに、ニワトコの杖を使っている。

  • but doesn't realize that he's actually fighting its real master.

    しかし、彼は実際にその本当のマスターと戦っていることに気付いていない。

  • The Elder Wand refuses to harm Harry,

    ニワトコの杖はハリーに危害を加えることを拒否します。

  • and rebounds Voldemort's killing curse back towards him.

    そしてヴォルデモートの呪いを跳ね返す。

  • The book does not afford Voldemort the grandiose death he wanted,

    この本ではヴォルデモートが望んだ壮大な死を得ることはできません。

  • instead he dies like a human, in a purposefully anti-climactic way.

    その代わり、彼は人間のように、わざとアンチ・クライマックス的な方法で死ぬ。

  • In the movie however, Voldemort just sort of breaks apart and fades away,

    しかし、映画の中では、ヴォルデモートは、ただバラバラになって消えてしまうのです。

  • which is visually stunning, but doesn't have that same finality,

    これは視覚的には見事なのですが、同じような最後を持っていません。

  • and affords him more power than he deserves.

    そして、彼に相応しい以上の力を与えている。

  • [Music plays]

    [Music plays]

  • Number 3 - Book: Peeves, Ludo Bagman, Charlie Weasley & Teddy Lupin all exist. Movie: Peeves, Ludo Bagman, Charlie Weasley & Teddy Lupin don't appear.

    3位 - 本。ピーブス、ルルド・バッグマン、チャーリー・ウィーズリー&テディ・ルパンはすべて存在する。映画です。ピーヴス、ルルド・バグマン、チャーリー・ウィーズリー&テディ・ルーピンは登場しません。

  • Why, it's Potty Wee Potter!

    ポッティー・ウィー・ポッターだ!

  • I'm Peeves, Potter, and you better watch out for me!

    俺はピーブスだ!ポッター!気をつけてくれよ!

  • When any book series is given the film treatment, some characters don't make the cut,

    どんな本シリーズでも映画化されると、一部のキャラクターがカットされないことがあります。

  • because they interfere with the pace, but we missed a few.

    ペースの邪魔になるからだが、いくつか見逃してしまった。

  • Peeves, the poltergeist, a pesky ghoul who pulls pranks on staff and students at Hogwarts

    Peeves、ポルターガイスト、ホグワーツのスタッフや学生にいたずらをする厄介なグール

  • is a fan favourite.

    はファンに愛されています。

  • The ministry of magic's head of the division for magical games, Ludo Bagman,

    魔法省の魔法ゲーム部門の責任者、ルルド・バグマン。

  • appears in the Goblet of Fire book,

    炎のゴブレットの本に登場します。

  • but not the film.

    が、映画ではありません。

  • On screen, the Weasley family second-eldest Charlie is only mentioned and shown in pictures.

    画面上では、ウィーズリー家の第二の長男チャーリーが言及され、写真で示されているだけです。

  • My parents decided to go to Romania, to visit my brother Charlie.

    両親は兄のチャーリーを訪ねてルーマニアに行くことにしました。

  • He's studying dragons there!

    彼はそこでドラゴンの研究をしている!

  • But, an especially upsetting omission is Teddy Lupin,

    しかし、特に動揺しているのは、テディ・ルパン。

  • son of Remus Lupin and Nymphadora Tonks.

    リーマス・ルーピンとニンファドーラ・トンクスの息子。

  • By the way, wait till you hear the news... Remus and I...

    ところで ニュースを聞くまで待ってくれ...リーマスと私は...

  • It can wait we have time for a cozy catch up later.

    あとで、居心地のいい話をしましょう。

  • This book character represents the tragic cyclical nature of the series,

    この本のキャラクターは、シリーズの悲劇的な循環性を表しています。

  • as he's orphaned in the battle of Hogwarts,

    ホグワーツの戦いで孤児になったので

  • and essentially becomes his generation's Harry.

    そして、本質的には彼の世代のハリーになります。

  • And Remus, your son.

    息子のリーマスも

  • Others will tell him what his mother and father died for.

    他の人は、母親と父親が何のために死んだのかを彼に伝えるだろう。

  • One day, he'll understand.

    いつか彼は理解してくれるだろう。

  • They even cast the character.

    キャラのキャスティングまでしてくれています。

  • You have this new life you know

    あなたはこの新しい人生を持っている

  • doing your own thing and you're suddenly independent.

    自分のことをしていると急に独立してしまう。

  • Number 2 - Book: Various characters visit St. Mungo's hospital for magical maladies. Movie: St. Mungo's never appears.

    ナンバー2 - 本。様々な登場人物が魔法の病気のためにセント・マンゴの病院を訪れる。動画で見ることができます。聖マンゴのは決して現れない。

  • Yup, even a wizarding world needs a hospital.

    魔法界でも病院は必要だな

  • In the books, several wizards are injured enough to be sent to St. Mungo's,

    本の中では、何人かの魔法使いが聖マンゴに送られるほどの怪我をしています。

  • including Arthur Weasley after he is attacked by Nagini.

    ナギニに襲われた後のアーサー・ウィーズリーも含めて。

  • Some patients are there permanently, like Gilderoy Lockhart,

    ギルデロイ・ロックハートのように永久にそこにいる患者もいる。

  • who suffers from a backfired memory charm.

    裏目に出た記憶の魅力に悩む人

  • Bet you forgot about him.

    彼のことを忘れてたのか?

  • Who are you?

    あなたは誰?

  • Ummh...

    うーん...

  • Ron Weasley.

    ロン・ウィーズリー

  • Really?

    そうなんですか?

  • And uhh..

    そして...

  • Who, who am I?

    私は誰だ?

  • Other long-term residents are Neville's parents,

    他の長期滞在者はネビルの両親。

  • who were tortured into insanity with the cruciatus curse by Voldemort's minions.

    ヴォルデモートの手下たちに十字架の呪いをかけられて狂気の沙汰に陥った者たち。

  • Neville's parents.

    ネビルの両親

  • They suffered a fate worse than death if you ask me.

    彼らは死よりも悪い運命を辿ったんだ

  • This scene not only shows the terrible effects of the first wizarding war.

    このシーンは、第一次魔法戦争の恐ろしさだけではありません。

  • It also fleshes out Neville's tragic backstory.

    ネビルの悲劇的なバックストーリーにも肉付けがされている。

  • Highlighting the fact that the Longbottoms' history of defying the dark lord

    ロングボトムズが暗黒卿に反抗してきた事実を強調しています

  • may have made Neville the chosen one instead of Harry.

    ハリーの代わりにネビルを選んだのかもしれません。

  • But it may have just been too hard to watch when the Longbottoms' don't recognize their own son.

    しかし、ロングボトムズが自分の息子を認識していないのは、見ていて辛かっただけかもしれません。

  • I'm quite proud to be their son.

    私は彼らの息子であることを誇りに思っています。

  • Before we unveil our number one pick, here are some honorable mentions.

    ナンバーワン・ピックを発表する前に、いくつかの栄誉ある賞をご紹介します。

  • Ah, there you are, Harry! Hermione and Ron are already at my Deathday party.

    ハリー そこにいたのか!ハーマイオニーとロンはもう僕の「死の日のパーティー」に来てるよ。

  • It's a Firebolt. It's the fastest broom in the world!

    ファイアーボルトだ世界最速の箒だ!

  • For me.. But who sent it?

    私のために...でも 誰が送ってきたの?

  • No one knows.

    誰も知らない

  • This came with it.

    これがついてきました。

  • [A Letter with Molly Weasley's voice] How dare you steal that car!

    よくもあの車を盗んだな!

  • Number 1 - Book: Half-blood Tom Riddle was conceived thanks to a love potion. Movie: Voldemort's parentage is largely glossed over.

    1位 - 本半神のトム・リドルは愛の薬のおかげで妊娠しました。映画ではヴォルデモートの親分は大部分がグロッサリー化されている。

  • Bone of the father, unwillingly given.

    父親の骨、不本意ながら与えられた。

  • When Dumbledore takes Harry through Voldemort's past in the movies,

    映画の中でダンブルドアがハリーをヴォルデモートの過去に連れて行くと

  • we learn a little about how he went from orphan boy to the dark lord.

    彼が孤児の少年から暗黒卿になった経緯が少し分かった

  • I can make things move without touching them.

    触らなくても物を動かせる

  • I can make animals do what I want without training them.

    しつけをしなくても動物に好きなようにさせることができるんです。

  • I can make bad things happen to people who are mean to me.

    意地悪な人には悪いことをさせてしまうこともあります。

  • The books, however, tell the full story.

    しかし、本はその全貌を物語っている。

  • Voldemort is the son of the witch Merope Gaunt and the muggle Tom Riddle.

    ヴォルデモートは、魔女メロープ・ガントとマグルのトム・リドルの息子です。

  • Merope fell in love with Tom Riddle and with the help of a love potion, she married him.

    メロペはトム・リドルと恋に落ち、恋薬の力を借りて彼と結婚した。

  • And became pregnant.

    そして妊娠しました。

  • Rowling has said it's important that Voldemort was conceived as a result of force rather than real love.

    ローリングは、ヴォルデモートが本当の愛ではなく、力の結果として構想されたことが重要だと言っています。

  • As it explains why he cannot feel love.

    それは、彼が愛を感じられない理由を説明しているように。

  • Merope eventually stopped using the potion,

    メロペは結局ポーションを使わなくなった。

  • hoping Riddle actually loved her.

    リドルが本当に彼女を愛していることを願っています。

  • Unfortunately, he abandoned both Merope and their unborn son.

    残念ながら、彼はメロープとその胎児の両方を捨ててしまった。

  • This explains Voldemort's hatred of muggles, as well as half-bloods,

    これでヴォルデモートがマグルや混血を憎んでいるのも説明がつく。

  • as he himself is one.

    彼自身がそうであるように。

  • You're Voldemort.

    君はヴォルデモートだ

  • Surely, you didn't think I was going to keep my filthy muggle father's name?

    まさか私が不潔なマグルの父の名前を 残しているとは思わなかったでしょうね?

  • Do you agree with our list?

    私たちのリストに同意しますか?

  • Were we put under a confundus charm when we made this?

    これを作った時にコンファンダスの魅力を感じたのかな?

  • Harry.

    ハリー

  • I protest!

    抗議する!

  • Harry, did you put your name in the Goblet of Fire?

    ハリー 炎のゴブレットに名前を入れたのか?

  • No sir!

    勘弁してくれ!

  • You asked one of the older students to do it for you?

    先輩に頼んだんですか?

  • No sir.

    いいえ

  • You're absolutely sure?

    本当にそうなのか?