Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Hayao Miyazaki, the name is synonymous with beautiful, fantastic worlds, imaginative design, organically written characters as well as stunning visuals and some of the most impressive animation of all time.

    宮崎駿。彼の名は、彼の見事な映像美とアニメ史上トップクラスの感動作品と同じく、美しく幻想的な世界、創造性の高いデザイン、手作業で描かれた生き生きとしたキャラクター達の代名詞です。

  • His work is universally praised and respected by all manner of film and anime fans around the world.

    彼の作品は世界中で称賛を浴び、あらゆるジャンルの映画ファンやアニメファンから一目置かれています。

  • The sheer creative energy flowing from every frame of a Miyazaki film is immediately noticeable by the youngest child to the oldest adult.

    宮崎映画の 1 コマ 1 コマから滲み出る混じりけのない想像力は、小さな子供からシニアまで、全世代の人々の心を瞬時に引きつけます。

  • It's very easy to be drawn into the magical worlds and epic plotlines that make up Miyazaki's universe.

    いとも簡単に不思議な世界に、宮崎ワールドを作り上げる壮大なストーリーの展開に、引き込まれていくのです。

  • I think most people who are familiar with the source material would agree that there is a certain unique charm shared by each of his works, that while radically different in setting, theme, and character, all maintain a consistent, undeniable almost spiritual feel.

    その題材に馴染みのある人の多くは、彼の作品の一つ一つに特有の魅力があると感じていると思います。設定やテーマ、登場人物が原作と全く違っていても、普遍的で、打ち消すことのできない、スピリチュアルと言ってもいい感覚を留めています。

  • A master storyteller, knowing exactly what strings to pull and when, his films never fail to elicit an emotional response from the audience, and as a result, his work has permeated international culture so much that even if you aren't aware of his name, you've likely been exposed to his movies at some point.

    ストーリーテリングの巨匠は、どんな展開にすべきかよく心得ていて、彼の映画を観る者の感情は必ずと言っていいほど引き出されてしまいます。結果、彼の作品は世界中の文化にも広まりました。宮崎駿の名を知らない人でも、どこかで彼の映画を目にしているはずです。

  • So, today we'll be looking at Miyazaki's films as I tribute this visionary director and talk about my favorites.

    ということで、今回は宮崎駿の映画をご紹介していきます。同時にこの稀代の映画監督を称えながら、僕のお気に入りについてもお話しますね。

  • Keep in mind this list is based purely on my opinion and we are looking at feature-length films written and directed by the man himself, so short films and other Studio Ghibli productions won't be making this list.

    このリストは純粋に僕の考えに基づいているものであること、そして宮崎氏脚本・監督の長編映画のリストで、短編ものやスタジオジブリの作品は含まれないということをご了承ください。

  • So with that in mind, all aboard the cat bus as we ride into my top 10 Miyazaki films.

    それでは、ネコバスに乗ってご紹介します。僕の宮崎映画トップテンです。

  • Honorable mention: Nausicaa of the Valley of the Wind

    特別賞:『風の谷のナウシカ』

  • This pre-Ghibli film follows the story of Nausicaa, a princess of a small village in a post-apocalyptic world full of giant insects and poisonous spores as she struggles to understand the nature of the toxic forest that surrounds them while facing conflict from other humans.

    この映画はジブリの前身の制作会社によって作られた、世界戦争後の小さな村に暮らすナウシカというプリンセスの物語。巨大な昆虫がはびこり、有毒な胞子にさらされた世界で、他の民族との対立に直面しながらも、人間を取り囲む有毒な森、腐海の謎解きに奮闘します。

  • This one teeters on the more serious side of Miyazaki's universe and serves as a great example of his early work and the beginnings of his signature style.

    この作品は、宮崎ワールドのより厳粛な一面を見せています。彼の初期の秀作で、宮崎流の走りと言っても良いでしょう。

  • Number 10: Laputa: Castle in the Sky

    第10位:『天空の城ラピュタ』

  • A boy named Patzu discovers a girl falling from the sky, the girl named Sheeta is being pursued by the government, army and sky pirates because she is in possession of a magic crystal that is key to controlling an ancient floating castle.

    パズーという少年が、空から落ちてくる女の子を見つけます。その子の名はシータ。政府や軍隊、海賊から追われています。彼女が不思議な力を持つ石を持っていたためで、その石が古代の空飛ぶ城を支配する鍵だという物語。

  • The highlight of the entire film is the pirates den mother Dola, whose journey goes from that of a ruthless pirate leader and develops into a lovable and sympathetic character.

    この映画の見どころは、海賊達の母親のドーラが、冷酷な海賊の親玉から、愛すべき、情愛に溢れたキャラクターに変貌してくところです。

  • Number 9: Ponyo

    第9位:『崖の上のポニョ』

  • Uh, whatever this is....goldfish? named ponyo is separated from her family and is adopted by a young boy named Saoske whom she falls in love with.

    えぇと、これは金魚かな?名前はポニョ。家族から離れて、ポニョが恋した宗介という男の子の家に引き取られます。

  • When Ponyo's parents get involved, the small mountain town is devastated by a tsunami and the pair set out to find Saoske's missing mother.

    ポニョの両親も加わり、小さな山間の町は津波に飲まれてしまいます。ポニョと宗介は、連絡が取れなくなった宗介の母親を助けに出かけます。

  • This is one of Miyazaki's most abstract works pushing the bounds of creativity in film through sheer imagination and amazingly detailed animation.

    この映画は宮崎作品の中でも極めて概念的で、純粋な想像力と見事なまでに細部にこだわったアニメーションによって、創造性の限界を押し上げたものの一つでしょう。

  • Number 8: Porco Rosso

    第8位:『紅の豚』

  • Marco is an ace pilot, bounty hunter, and womanizer. He is also an anthropomorphic pig.

    マルコ(ポルコ)は一流パイロット。賞金稼ぎでもあり、プレイボーイでもあります。そして見た目は豚人間。

  • Retired after fighting for the Italians in world war I, Porco makes a living by freelance bounty hunting and escorting.

    第一次大戦でイタリア軍に仕官した後、個人で賞金稼ぎや護衛の仕事をして生計を立てていました。

  • The film follows the rivalry between Porco and an american pilot over bragging rights, honor, and the hand of a beautiful woman, or two, or maybe more, we've established he's a pig right?

    この映画では、パイロットとしての地位、名誉、そして美しい女性(達)を巡ってポルコとアメリカ人パイロットのライバル対決が描かれています。彼が豚の容姿をしているということは言いましたよね?

  • Jokes aside, the film stays true to its setting with Porco feeling very much like a film noir character from the 1920's or 30s.

    冗談はさておき、ポルコの設定は 1920 年~ 30 年代のフィルムノワール(犯罪映画)のキャラクターの雰囲気を忠実に再現しています。

  • There are also some stunning air combat sequences that make this a feast for the eyes as well.

    また、見事な空挺戦の場面もあり、見る者の目を楽しませてくれます。

  • Number 7: Kiki's Delivery Service

    第7位:『魔女の宅急便』

  • As a tradition in her family, a young witch named Kiki leaves her home for a year.

    魔女の見習いのキキが、一族の伝統のしきたりに従って一年の修行の旅に出ます。

  • Finding herself in the city, she makes a living by starting a delivery service.

    大きな街で自分の能力を活かし、宅急便の仕事を初めて生計を立てます。

  • Focusing on characters over plot, this is one of the most heartwarming films I've ever seen.

    物語の登場人物に焦点を当ててみると、この作品は僕が観た宮崎映画の中でもかなり心が温まる映画です。

  • The relationships with people that Kiki encounter feel very organic as are the situations she faces.

    キキが出逢う人たちとの人間模様や状況設定がとても自然だと思います。

  • This film tugs on your heartstrings in all the right places as Kiki goes through the emotional highs and lows that comes with her coming of age.

    この映画は、キキがその年頃に経験する感情の起伏を通して成長する様子が要所要所に描かれていて、心の琴線をふるわせます。

  • Number 6: Lupin 3: The Castle of Cagliostro

    第6位:『ルパン 3 世 カリオストロの城』

  • Before we had spiked from Cowboy Bebop, we had Lupin the third. Charismatic and aloof, he is a master thief.

    僕たちがカウボーイビーバップに夢中になる前からルパン 3 世はあります。カリスマ的で手の届かない存在。大泥棒です。

  • After knocking off a casino only to discover the loot is counterfeit, he and his partner decide to target the source of the forgery, which leads to an epic heist plot full of beautifully animated action sequences and wonderfully written characters.

    カジノから盗み出した大金が偽物だと知ったルパンは、仲間とともに偽札の出処に向かいます。この壮大な怪盗物語は、美しいアニメ―ショーンシーンと見事に描かれたキャラクターで溢れています。

  • Made in 1979, this is the first film on Miyazaki's filmography, and it holds up amazingly well.

    制作は 1979 年。この作品が宮崎氏の映画作品の一番最初の映画で、驚くほど支持されています。

  • Number 5: My Neighbor Totoro

    第5位:『となりのトトロ』

  • A family move into a countryside home and soon learn the surrounding woods are haunted by a big, lovable, dopey looking magical creature named Totoro.

    田舎の家に引っ越してきた一家は、すぐに周りの森に、巨大で愛くるしい、おとぼけな顔をした、不思議な生き物、トトロが棲んでいると知ります。

  • The daughters of the family befriend Totoro and some of the other local magical wildlife who watch over and protect the family.

    その家の娘たちは、トトロや、周辺に棲む他の不思議な生き物たちと友達になります。彼らはその一家を見守り、助けてくれるのです。

  • Clearly, on the more heartwarming side of Miyazaki's works, I would also suggest checking out the short 2010 sequel, Mei and the Kittenbus.

    この作品は明らかに、宮崎作品のハートウォーミング部門に入ります。2010 年の続編ショートムービー『めいとこねこバス』もお勧めですよ。

  • Number 4: The Wind Rises

    第4位:『風立ちぬ』

  • Based loosely on the real-life story of Jiro Horikoshi, an aeronautical engineer in Japan during world war II, we follow his life and times as he strives to achieve his dreams.

    実在の人物、第二次大戦期の航空技術者だった堀越二郎をモデルに、実話に大まかに基づいて描かれた物語です。彼の人生、そして夢に向かって必死に生きる姿が映し出されています。

  • A slight departure from Miyazaki's normal style, minimizing the fantastic elements but retaining his signature focus on characters.

    宮崎氏のスタンダードなスタイルから少し離れていて、ファンタジーの要素は最小限に抑えられています。ただし、キャラクターへの焦点の当て方に彼らしさが残されています。

  • This film feels more mature than any of his other works.

    宮崎映画の中で最も成熟している印象です。

  • Number 3: Howl's Moving Castle

    第3位:『ハウルの動く城』

  • A young girl named Sophie has a chance encounter with a powerful and charming wizard named Howl.

    ソフィーという名の若い女の子が、ハウルという強力な力を持つ魅力的な魔法使いと出逢います。

  • Shortly afterward she is cursed to old age by a jealous witch and becomes entwined in Howl's life as war breaks out between local nations.

    そのすぐあと、ソフィーは嫉妬深い魔女に呪いをかけられ老婆にされてしまいますが、ハウルのそばに身を置くようになります。折しも隣国との戦争が始まります。

  • The highlight of the film for me is the Sophie character: While she has the appearance of an old lady, she still retains the mannerisms and vigor of a youth and adjusts to her curse very well.

    僕が考えるこの映画の見どころは、ソフィーです。容姿は老婆でありながら、若者の特徴と力強さを持ち続け、自分にかけられた呪いに巧く対応していきます。

  • She acts as a great analog for the viewer, slowly unraveling the mystery surrounding Howl and befriending the various characters that surround him.

    見ている側にとっての等身大のキャラクターとして、彼女は素晴らしい働きをしています。ハウルにまつわる謎を少しずつ解き明かし、彼を取り巻く登場人物たちと仲良くなっていきます。

  • Number 2: Spirited Away

    第2位:『千と千尋の神隠し』

  • A family with a young daughter named Chihiro get lost while moving to their new home, instead ending up at what seems to be an abandoned theme park.

    千尋という女の子とその家族は引っ越しの途中で道に迷ってしまい、テーマパークの跡地のような場所にたどり着きます。

  • After some very poor decisions, the family is separated from their daughter who finds herself not alone in the park, but surrounded by many ghostly apparitions.

    誤った選択を繰り返し、家族は娘と離れ離れに。千尋はそこで一人になってしまったことに気付きますが、周囲には物の怪のようなものが...。

  • This is one of the most beautiful animated films ever made, as we follow Sen's journey into the spirit world full of unique and imaginative characters where anything can happen.

    この作品は、これまでの作品の中でも極めて美しいアニメ映画の 1 つです。他にはない独創的なキャラクターで溢れた、何でもありの物の怪の世界での千の成長の旅が描かれています。

  • Number 1: Princess Mononoke

    第1位:『もののけ姫』

  • We follow a prince named Ashitaka, who after defeating a demon that is attacking his village, is cursed and will soon die.

    この映画は、アシタカという王子が、村を襲おうとしたタタリ神に反撃し、呪いをかけられ、タタリ神が絶命するところから始まります。

  • He is then tasked to travel west to seek the source of the evil.

    ぞしてアシタカは呪いの源を探すため西に向かうこととなります。

  • This was my first Miyazaki film and still my favorite even today.

    これは僕が初めて観た宮崎映画で、今でもお気に入りです。

  • Miyazaki's charming characters, beautiful animation, and magical whimsey mixes very well with the gritty and violent action drama genre, delivering a roller-coaster of awe and amazement.

    宮崎映画の魅力的なキャラクター、美しいアニメーション、魔法のような斬新さが、気骨のあるバイオレンスアクション的な要素とも見事に融合し、ジェットコースターのように畏怖と感動を届けてくれます。

  • So those are my favorite films by the visionary author, writer, director, and animator, Hayao Miyazaki, a man who has inspired and influenced countless people around the world, myself included.

    さて、稀代の作家であり、脚本家、監督、アニメーターの宮崎駿氏が手がけた僕のお気に入りの映画を紹介しました。彼は僕を含め、世界中の数えきれない人たちにインスピレーションを与え、影響を与えてきました。

  • At the time of this video, Miyazaki is 74 years old, and has recently retired from film making after the release of The Wind Rises.

    この動画の公開時で宮崎氏は 74 歳。『風立ちぬ』の公開後、制作活動からは引退しています。

  • This has been the sixth time he's retired, so it's not out of the realm of possibility to perhaps see another Miyazaki film in the future, but I wouldn't hold my breath; however, his son, Goro Miyazaki seems set to continue the name's legacy with his first two films, Tales from Earthsea and From Up on Poppy Hill.

    ですが、宮崎氏の引退はこれで 6 度目。ですから、将来的にまた宮崎映画を観られる可能性はないとは言えません。けれども、僕はただ黙って待っているわけではありません。宮崎駿監督の息子、宮崎吾朗氏がレガシーを引き継ぐようです。その作品の名は『ゲド戦記』、そして『コクリコ坂から』。

  • The era of traditional animation has slowly been coming to an end for years. Technology advances and the old ways become obsolete. Hand-drawn animation is being phased out in favor of cheaper and quicker digital techniques.

    従来のアニメの時代は、この数年で徐々に終焉に向かっているようです。テクノロジーが発達し、これまでの制作方法は時代遅れになっています。安価でスピーディーにできるデジタル技術が支持され、手描きのアニメは消えつつあるのです。

  • It's inevitable, but I feel these films serve as an example of how beautiful traditional hand-drawn animation can be, and that it's an art form worth preserving for future generations.

    これは避けられないことではありますが、宮崎氏の映画は、手描きのアニメーションがいかに美しいかを示す事例の一つだと思います。そして、未来の世代に残すべき芸術の形態だと思うのです。

  • Those are my thoughts, what are yours? Leave a comment below.

    僕はそう考えているのですが、あなたはどう思いますか?下のコメント欄にメッセージをお願いしますね。

  • Once again, this was Fade Dragontear. Thanks for watching, peace out.

    最後に、Fade Dragontear がお伝えしました。ご覧くださりありがとうございました。またね!

Hayao Miyazaki, the name is synonymous with beautiful, fantastic worlds, imaginative design, organically written characters as well as stunning visuals and some of the most impressive animation of all time.

宮崎駿。彼の名は、彼の見事な映像美とアニメ史上トップクラスの感動作品と同じく、美しく幻想的な世界、創造性の高いデザイン、手作業で描かれた生き生きとしたキャラクター達の代名詞です。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 映画 作品 キャラクター アニメ 呪い キキ

宮崎駿監督の映画ベスト 10 (Top 10 Miyazaki Films)

  • 30459 3579
    huangangel84 に公開 2019 年 10 月 09 日
動画の中の単語