Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Mrs. Medlock's story sounded like something in a book, and it did not make Mary feel happy.

    メドロック夫人の話は、本の中の何かのように聞こえて、メアリーを幸せな気分にさせてくれませんでした。

  • A house with a hundred rooms and nearly all of them shut up with their doors locked! A

    100室ある家で、ほぼ全ての部屋に鍵をかけて閉じこもっていた!?A

  • man with a crooked back who shut himself up too! Mary pressed her lips together and stared

    背中が曲がった男も黙っていた!メアリーは唇を合わせて見つめた

  • out the train window as it began to rain. "Don't expect to see Mr. Craven because you

    雨が降ってきたので、電車の窓の外に出てみました。

  • probably won't," said Mrs. Medlock. "And you must not expect that there will be people

    それは、私たちは、あなたがそれを行うことができるようにするために必要なものを持っています。

  • to talk to you. You'll have to play by yourself and look after yourself. You'll be told what

    に話しかけてみましょう。一人で遊んで、自分の面倒を見なければならない。と言われてしまいます。

  • rooms you can go into and what rooms you're to keep out of. There are many gardens. But

    入ることができる部屋と入らないことができる部屋があります。庭園はたくさんありますしかし

  • when you're in the house, don't go wandering or poking about. Mr. Craven won't stand for

    家の中にいるときは、うろついたり、突っついたりするなクレイヴン氏は

  • that." "I won't want to go poking about," said Mary

    that." "I won;t want to go poking about," said Mary.

  • in a sour voice. She had felt sorry for Mr. Craven, but now she felt he deserved all the

    酸っぱい声で彼女はクレイブン氏を気の毒に思っていましたが、今は彼がすべてのことを

  • trouble that had come his way. He certainly sounded unpleasant. Mary turned away from

    彼の方に来ていたトラブルがあった。彼は確かに不愉快そうに聞こえた。メアリーは目を背けた。

  • Mrs. Medlock and watched the rain streaming down the window of the train. Soon she was

    メドロック夫人は、列車の窓から流れ落ちる雨を眺めていました。すぐに彼女は

  • asleep. When Mary woke up, it was quite dark. The

    眠っていた。メアリーが目を覚ますと かなり暗くなっていましたその時の

  • train had stopped, and Mrs. Medlock was shaking her. "Open your eyes! We're at Thwaite Station,

    汽車が止まっていたので、メドロック夫人が震えていました。私たちはスウェイト駅にいます。

  • and we have a long drive ahead of us." Mary stood up and waited while Mrs. Medlock

    と私たちは先に長いドライブを持っている。

  • collected their things. They stepped down from the train and found a carriage waiting

    を集めていました。列車から降りると 馬車が待っていました

  • for them. A footman opened the door. After they were seated, he climbed up next to the

    彼らのためにフットマンがドアを開けた彼らが座った後、彼は隣に登り

  • driver, and they set off. Mary was not a shy child, and she was not

    と運転手に言われ、二人は出発しました。メアリーは恥ずかしがり屋の子供ではありませんでした。

  • exactly frightened. But there was no knowing what might happen in this strange house on

    正確には怯えていました。しかし、この奇妙な家で何が起こるかわからなかった

  • the edge of the moor. "What is a moor?" she suddenly asked Mrs.

    湿地帯の端っこである。

  • Medlock. "If you look out the window in about ten minutes,

    メドロック。 "あなたが約10分で窓の外を見ている場合。

  • you'll see one. You won't see much because it's a dark night, but you can see something.

    あなたは1つのものを見ることができます。暗い夜なのであまり見えませんが、何かが見えるはずです。

  • We have to drive eight kilometers across Missel Moor before we get to the manor."

    私たちはmanor.&quot.We have to get to get to get to manor.We have to drive 8 kilometers across Missel Moor.

  • Mary asked no more questions but waited in the darkness, keeping her eyes on the window.

    メアリーはそれ以上の質問をせず、暗闇の中で窓から目を離さずに待っていました。

  • They drove through a tiny village, where Mary saw a church, a few shops, and some whitewashed

    二人は小さな村を通り抜け、メアリーは教会といくつかの店、そしていくつかの白い壁に囲まれた村を見た。

  • cottages. Soon they were on the highway, and she saw hedges and trees.

    コテージがありました。すぐに彼らは高速道路に出て、彼女は生垣や木々を見ました。

  • After a while the horses began to go more slowly. There were no more hedges or trees.

    しばらくすると、馬はよりゆっくりと進み始めた。生垣も木もなくなっていた。

  • Mary could see nothing but a dense darkness beyond the yellow light of the carriage lamps.

    メアリーは、馬車のランプの黄色い光の向こうに、濃密な闇しか見えませんでした。

  • "We're on the moor now, sure enough," said Mrs. Medlock.

    私たちは今、沼地にいるんだよ。

  • The rough road seemed to cut through bushes and low-growing things. The wind began to

    荒れた道は、茂みや低木を切り開いているようだった。風が吹き始めました。

  • make a wild, rushing sound. "It's . . . it's not the sea, is it?" asked

    "It's ........ it's not sea, is it?

  • Mary, looking at Mrs. Medlock. "It sounds just like the sea."

    メドロック夫人を見ているメアリー。

  • "That's the wind blowing through the bushes," Mrs. Medlock said. "The moor is a dreary place,

    それは茂みを吹き抜ける風だ。

  • though there are plenty of people who like it, especially when the heather is in bloom.

    好きな人はたくさんいますが、特にヘザーが咲いているときには

  • Nothing lives on it but wild ponies and sheep." On and on they drove through the darkness.

    何もそこには野生のポニーと羊しか住んでいません。

  • The rain stopped, but the wind whistled and made strange sounds. Mary felt as if the driveand

    雨はやんだが、風が口笛を吹いて奇妙な音を立てていた。メアリーは、まるでドライブと

  • the moorwould never end. "I don't like it," she said to herself. She

    私はそれが好きではない、"彼女は自分自身に言った。彼女は

  • pinched her lips tightly together for a moment. "I don't like it."

    私はそれを好きではありません。

  • The horses climbed a hilly part of the road. Just then Mary caught sight of a light. Mrs.

    馬は丘陵地帯を登っていきました。ちょうどその時、メアリーは光を見つけました。夫人

  • Medlock saw it too and gave a sigh of relief. "I am so glad to see that bit of light twinkling!"

    Medlockはあまりにもそれを見て、安堵のため息をついた。

  • she exclaimed. "We shall soon get a good cup of tea."

    彼女は叫んだ。 "We shall be soon get good cup of tea.&quot.

  • But after the carriage passed through the gates of the estate, there were still three

    しかし、馬車が屋敷の門をくぐった後、まだ3つの

  • more kilometers to drive. At last they arrived at Misselthwaite Manor.

    さらに何キロもの距離を走ることになりました。ついに彼らはミッセルスウェイト荘園に到着しました。

  • When they stepped down from the carriage, they were standing in a courtyard. A servant

    馬車から降りると、二人は中庭に立っていた。召使が

  • opened the front door. As Mary walked into the enormous hall, she felt very small.

    玄関のドアを開けた。メアリーは巨大なホールに入っていくと、とても小さく感じた。

  • A thin, old man stood near the servant. "You are to take her to her room," he said. "Mr.

    痩せた老人が使用人の近くに立っていた。

  • Craven doesn't want to see her. He's going to London in the morning."

    クレイブンは彼女に会いたくない。彼は朝からロンドンに行っている。

  • "Very well, Mr. Pitcher," said Mrs. Medlock. "Come along," she said to Mary. She led Mary

    メドロック夫人はメアリーに向かって言いました。彼女はメアリーを連れて行きました。

  • up a broad staircase and down a long corridor. Then they went up a short flight of steps

    広い階段を上って 長い廊下を下っていきましたそれから短い階段を登って

  • and through two more corridors. Finally they came to a room with a fire in the fireplace

    そしてさらに二つの廊下を通って最後に彼らは暖炉の火のある部屋に来ました

  • and supper on a table. "Well, here you are!" said Mrs. Medlock. "This

    とテーブルの上で夕食を食べました。

  • room and the next are where you'll liveand you must not wander from them. Don't forget

    部屋と次の部屋は、あなたが住む場所であり、そこから離れてはいけません。忘れてはなりません。

  • that!" Mary looked around. "I don't like it," she

    それ!"メアリーは周りを見た。

  • said to herself again.

    とまた自分に言い聞かせていました。

Mrs. Medlock's story sounded like something in a book, and it did not make Mary feel happy.

メドロック夫人の話は、本の中の何かのように聞こえて、メアリーを幸せな気分にさせてくれませんでした。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 メアリー 夫人 馬車 部屋 茂み 廊下

シークレットガーデン3:ムーアを越えて|レベル6|by リトルフォックス

  • 463 30
    capt.izutsu3336 に公開 2016 年 12 月 04 日
動画の中の単語