Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • This is where we broke up.

    この場所で別れたんだ。

  • A week ago I asked if we could talk, and you penciled me in.

    1週間前、ボクから話があるといって、予定を取り付けたんだ。

  • You can tell something is wrong, and I can tell you know something is wrong, but neither of us are going to say anything.

    キミも何かがおかしいと感じていて、ボクも何かがおかしいと感じていたけど、2人とも何も言おうとしなかったよね。

  • I'm late, as usual.

    ボクはいつものように遅れてきて。

  • You give me a hug and a kiss and you can tell I'm nervous from how quickly I let go.

    ハグしてキスするけど、ボクはさっさと済ませたから緊張しているのはバレたかな。

  • I'm immediately annoyed at how far we are sitting from one another, but also kinda grateful for how far we are sitting from one another, 'cause I don't know if I could say this up close.

    席に座った2人の距離が離れすぎてて嫌だったけど、何となく助かったって気もする、だって近づいて座ったら何を話していいかわからないから。

  • I skim the menu and ask you how your day was, trying to avoid eye contact.

    メニューにざっと目を通して今日はどんな日だったか聞くけど、目を見ては話そうとしない。

  • You talk about nothing but work as per usual, and you don't ask me about my day.

    キミはいつも通り仕事の話しかしないし、ボクの1日について聞いてはくれない。

  • As per usual.

    いつも通り。

  • Recognizing that this is getting awkward, I say, do you want a drink.

    何か気まずくなってきたから、何か飲み物頼もうかと聞く。

  • I'm trying to break the tension, but I could also just really use a drink right now.

    緊張をほぐそうとするけど、飲み物が来ればマシになるかと思うけど。

  • When I think about what you look like, I remember you no closer than eight feet away, looking at your phone on your way out the door to go do something that isn't spending time with me.

    キミの様子を思い浮かべるとき、いつも8フィート以上離れてて携帯を見つめながら、ボクと何かを一緒にするために外出するのではなくドアの外に出ていく様子が思い浮かぶ。

  • But right now, when you're right in front of me, you're leaning in in the first time in forever, asking what's wrong without saying words.

    でも今は、ボクの真正面にいて、これまでしたことのないような感じで前のめりになって、言葉を発せずに何が問題なのか、と問いかけてくる。

  • More present than you've ever been, this just got a lot harder.

    今まで以上に存在感が強くて、それがもっと状況を難しくしているんだ。

  • Suddenly I remember the moment we met, when you looked at me the way you're looking at me now.

    急にボクらが出会った時のことを思い出す。その時にキミは今と同じようにボクを見つめた。

  • With the kindest eyes I've ever seen.

    今までで一番優しい目で。

  • That stopped me in my tracks.

    ボクはその場から動けなかったんだ。

  • This is the moment I almost get cold feet.

    その瞬間、ボクは怖気づいてしまいそうになる。

  • But before those eyes can stop me again, I look down on my drink and say, "I think we should break up."

    でもその目がまたボクの気持ちを引き付ける前に、自分の飲み物に目を落として「もう別れた方がいいと思うんだ」と言った。

  • You go silent as your eyes scan every inch of my face, trying to get a grip on what I just said.

    キミは黙ったままボクの顔をくまなく見渡して、ボクが言った言葉の意味を把握しようとしている。

  • Damn it, you're beautiful, even when you're in shock.

    ショックを受けてもなお、キミは美しい。

  • You open your mouth like you're about to say something, and close it again, unsure of what to say.

    キミは何かを言おうと口を開くけど、何を言っていいかわからないから口を閉じる。

  • And now my heart is sinking,

    ボクの心は沈んでいく。

  • 'cause now I'm remembering all of the reasons I fell for you in the first place.

    だって、キミのどんなところが好きになったのか全て思い出したし、

  • All the memories and moments that made me put this off as long as I did.

    この結論に達するのをなるべく遅らせようとしてきた理由でもある、全ての素敵な記憶や思い出の瞬間がよみがえってくるから。

  • And now we're sitting here staring at each other for what feels like an eternity, and finally my anxiety boils up out of me.

    今ではお互いに時間が止まったかのようにひたすら見つめあうだけで、ついにボクの不安感が頂点に達して、

  • "Are you gonna say anything?"

    「何か言うことはないの?」って言うと、

  • And at last you break eye contact, look down and whisper, "I don't know what to say."

    そしてついに見つめた目を落として、「何て言っていいかわからないよ」ってささやく。

  • And I whisper back, "I'm sorry. I shouldn't have blindsided you like this."

    それを受けてボクも、「ゴメン、こんな風に突然言うのは卑怯だよね」とつぶやく。

  • Now this is the loudest moment of silence I have ever sat through.

    これは今まで経験した中で最悪の沈黙の時だったよ。

  • Like you wouldn't give me the time of day.

    完ぺきに無視されちゃったね。

  • I had to schedule our break up a week in advance, and you lean back and say, no, I understand.

    別れ話を切り出すのに1週間前から計画を立ててきたのに、キミはのけぞりながら、「うん分かるよ」と言う。

  • But you didn't reply to my texts, I got one word answers.

    でもボクからのテキストに返事してくれなかったし、ようやく返信もたった一言。

  • I was skipping meals so we could eat together.

    一緒にご飯を食べたかったから食べないで来たのに。

  • Sorry if I got tired of waiting.

    ボクが待ちくたびれちゃったとしたら、謝るけど。

  • And you look back at me and say, "I'm sorry, I know I haven't been... I don't know."

    そしたらキミはこちらを見て、「ゴメン、確かにボクは…何て言うか」と言う。

  • We talk for a while and call it a night.

    しばらく話をして、もう帰ることにする。

  • You give me another hug and kiss me on the cheek

    最後にもハグと頬にキスをして。

  • the way you know I love, and this time, I don't wanna let go.

    これがキミの愛し方で、今回はキミを離したくない。

  • I can't count how many times I've come back to this restaurant, at this table, with this waitress, and replayed that conversation in my head.

    今まで何回このレストランに戻ってきたか数えられないほどだし、同じテーブルに座って同じウェイトレスにアテンドしてもらって。2人の会話も頭の中で再生されているから。

  • Rewriting the things I wish I had said.

    言えばよかったと思うことを思い巡らせながら、

  • Regretting the things I didn't give you a chance to say.

    キミに言わせなかったことを思っては後悔をする。

  • Wishing I told you sooner that something was wrong,

    もっと早く何かがズレてきてるって伝えればよかったし、

  • and wondering if maybe you cared more than I thought.

    ボクが思ってた以上に、キミも真剣に考えていてくれたのかも知れない。

  • This is where we broke up.

    ここでサヨナラをしたんだ。

  • I guess I wish it had gone differently.

    もっと違った形になれたら良かったのに。

This is where we broke up.

この場所で別れたんだ。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 つめ ウェイトレス 別れ ハグ 後悔 数え

ここが僕たちが別れた場所である This Is Where We Broke Up

  • 41779 3077
    李宣億 に公開 2017 年 11 月 03 日
動画の中の単語