Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • More than a century after first emerging

    最初に出現してから一世紀以上

  • into the fog-bound, gas-lit streets of Victorian London,

    ヴィクトリア朝ロンドンの霧に包まれたガス灯の通りへ。

  • Sherlock Holmes is universally recognizable.

    シャーロック・ホームズは誰もが認める存在です。

  • Even his wardrobe and accessories are iconic:

    彼のワードローブやアクセサリーまでもが象徴的です。

  • the Inverness cape,

    インバネスの岬

  • deerstalker hat,

    鹿の子帽子。

  • and calabash pipe,

    とカラバッシュパイプ。

  • and figures such as his best friend and housemate Doctor Watson,

    と親友や同居人のドクター・ワトソンなどの人物を紹介しています。

  • arch-nemesis Moriarty,

    宿敵モリアーティ

  • and housekeeper Mrs. Hudson

    と家政婦のハドソン夫人

  • have become part of the popular consciousness,

    は大衆意識の一部となっています。

  • as have his extraordinary, infallible powers of deduction utilized in the name of the law,

    法の名の下に利用されてきた 驚異的で無謬の推理力があるように

  • his notorious drug use,

    彼の悪名高い麻薬使用

  • and his popular catchphrase, "Elementary, my dear Watson."

    彼の人気のキャッチフレーズは 「エレメンタリー、親愛なるワトソン」だ

  • And yet many of these most recognizable features of Holmes

    それなのに、ホームズの最も認識されている特徴の多くは

  • don't appear in Arthur Conan Doyle's original stories.

    はアーサー・コナン・ドイルの原作には登場しません。

  • Doyle's great detective solves crimes in all sorts of ways,

    ドイルの名探偵はあらゆる方法で犯罪を解決します。

  • not just using deduction.

    控除を使うだけではなく

  • He speculates, and at times even guesses, and regularly makes false assumptions.

    彼は推測し、時には推測もし、定期的に間違った仮定をしています。

  • Furthermore, Mrs. Hudson is barely mentioned, no one says, "Elementary, my dear Watson," and the detective and his sidekick live apart for much of the time.

    さらに、ハドソン夫人はほとんど言及されず、誰も「エレメンタリー、親愛なるワトソン」とは言わず、探偵と彼の<a href="#post_comment_1">sidekick<i class="icon-star"></i>は時間の多くのために離れて住んでいます。

  • Moriarty, the grand villain, only appears in two stories,

    大悪党モリアーティは、2つの物語にしか登場しません。

  • the detective's drug use is infrequent after the first two novels,

    探偵の薬物使用は、最初の二冊の小説の後にはほとんどありません。

  • and Holmes is rarely enthralled to the English legal system;

    とホームズがイギリスの法制度に夢中になることはほとんどありません。

  • He much prefers enacting his own form of natural justice

    彼は自分の自然な正義を実行することを好む。

  • to sticking to the letter of the law.

    法律の文字に固執することに

  • Finally, many of the most iconic elements of the Holmesian legend aren't Doyle's either.

    最後に、ホームズ伝説の最も象徴的な要素の多くは、ドイルのものでもありません。

  • The deerstalker cap and cape were first imagined by Sidney Paget,

    鹿撃ち帽とマントは、シドニー・パジェットが最初にイメージしたものです。

  • the story's initial illustrator.

    物語の初期イラストレーター

  • The curved pipe was chosen by American actor William Gillette so that audiences could more clearly see his face on stage, and the phrase, "Elementary, my dear Watson," was coined by author and humorist P.G. Wodehouse.

  • So who exactly is Sherlock Holmes?

    シャーロック・ホームズとは?

  • Who's the real great detective, and where do we find him?

    本当の名探偵は誰なのか、どこにいるのか?

  • Purists might answer that the original Sherlock

    純粋主義者は オリジナルのシャーロックは

  • inspired by Arthur Conan Doyle's university mentor Dr. Joseph Bell is the real one.

    アーサー・コナン・ドイルの大学のメンターであるジョセフ・ベル博士にインスパイアされたのが本物です。

  • But the fact remains that that version of Sherlock has been largely eclipsed by the sheer volume of interpretation, leaving Doyle's detective largely unrecognizable.

    しかし実際には、そのバージョンのシャーロックは、<a href="#post_comment_3">膨大な<a class="icon-star"></a>の解釈の量によって、大部分が消されてしまい、ドイルの探偵はほとんど認識できないままになってしまいました。

  • So there's another, more complex,

    だから、もう一つ、もっと複雑なものがある。

  • but perhaps more satisfying answer to the question,

    が、おそらくもっと納得のいく答えがあるのではないでしょうか。

  • but to get there,

    しかし、そこにたどり着くためには

  • we must first consider the vast body of interpretations of the great detective.

    私たちはまず、偉大な探偵の解釈の膨大な体を考慮しなければなりません。

  • Since Conan Doyle's first story in 1887,

    コナン・ドイルの最初の物語が1887年に書かれて以来。

  • there have been thousands of adaptations of Holmes,

    ホームズの翻案は何千もある

  • making him perhaps the most adapted fictional character in the world.

    彼はおそらく世界で最も脚色された架空のキャラクターである。

  • That process began with Victorian stage adaptations,

    その過程は、ヴィクトリア朝の舞台化から始まった。

  • and accelerated with the emergence of film.

    とフィルムの登場で加速した。

  • There were more than 100 film adaptations of Holmes in the first two decades of the 20th century alone.

    ホームズの映画化は、20世紀の最初の20年間だけでも100本以上ありました。

  • And since then, there have been many thousands more in print,

    そして、それ以来、何千枚もの活字が出てきました。

  • and on film, television, stage, and radio.

    と、映画、テレビ、舞台、ラジオなどで活躍しています。

  • Holmes has been reinterpreted by people everywhere, in remarkably different, and often contradictory ways.

    ホームズは、<a href="#post_comment_4">驚くほど<i class="icon-star"></i>さまざまな、そしてしばしば矛盾した方法で、いたるところで人々によって再解釈されてきました。

  • These adaptations demonstrate both Holmes's popularity and his malleability.

    これらの翻案は、ホームズの人気と柔軟性の両方を示しています。

  • For instance, he featured in a number of allied anti-Nazi propaganda films during World War II.

    例えば、彼は第二次世界大戦中、多くの同盟国の反ナチのプロパガンダ映画に出演した。

  • And both Winston Churchill and Franklin Delano Roosevelt were avid enthusiasts,

    そして、ウィンストン・チャーチルもフランクリン・デラノ・ルーズベルトも熱心な愛好家でした。

  • the latter even joining the Baker Street Irregulars,

    後者はベーカー街のイレギュラーズにも参加しています。

  • a Holmesian appreciation society,

    ホームズ鑑賞会。

  • and nicknaming one secret service hideout Baker Street.

    ベーカー街にあるシークレットサービスの隠れ家に愛称をつけています。

  • And yet, at the very same time,

    それなのに、同時に

  • Holmes also appeared in various German-language film adaptations,

    ホームズはドイツ語映画の様々な映画化にも出演しています。

  • some of which were said to have been much-loved favorites of Adolf Hitler.

    その中には、アドルフ・ヒトラーのお気に入りだったと言われているものもあります。

  • So let's return to our question.

    そこで質問に戻りましょう。

  • Would the real Sherlock Holmes please stand up?

    本物のシャーロック・ホームズは 立ってくれないか?

  • The truth is that this world of adaptation has made him into a palimpsest.

    実はこの適応の世界のせいで、彼はパリンプセストになってしまったのです。

  • Sherlock is a cultural text,

    シャーロックは文化的なテキストです。

  • repeatedly altered over time as each new interpretation becomes superimposed over those that proceed it.

    新しい解釈が重ね合わされていくうちに、時間の経過とともに変化を繰り返していく。

  • This means that Sherlock continually evolves, embodying ideas and values often far removed from those found in Conan Doyle.

    これは、シャーロックが絶えず進化し、<a href="#post_comment_5">embodying<i class="icon-star"></i>アイデアや価値観がコナン・ドイルに見られるものとはかけ離れたものになっていることを意味しています。

  • And after each particular story ends, Sherlock rises again,

    そして、それぞれの物語が終わった後、シャーロックは再び立ち上がる。

  • a little changed, perhaps,

    少し変わったのかもしれません。

  • with a new face and fresh mannerisms or turns of phrase,

    新しい顔と新鮮なマナーや言い回しで

  • but still essentially Sherlock, our Sherlock.

    だが本質的にはシャーロックだ 我々のシャーロックだ

More than a century after first emerging

最初に出現してから一世紀以上

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed ホームズ シャーロック 探偵 コナン 解釈

TED-ED】誰がシャーロック・ホームズなのか - ニール・マコー

  • 22889 2433
    黃于珍 に公開 2016 年 09 月 07 日
動画の中の単語