Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • If your life were a book

    もしあなたの人生が本だったら

  • and you were the author

    あなたが作者だった

  • how would you want your story to go.

    あなたの話をどうしたいの?

  • That's the question that changed my life forever.

    その疑問が私の人生を永遠に変えたのです。

  • Growing up in a

    の中で育つ

  • hot Las Vegas desert

    灼熱のラスベガス砂漠

  • all I wanted was to be free.

    自由になりたかった

  • I would daydream

    白昼夢を見る

  • about traveling the world

    世界旅行について

  • living in a place where it snowed

    雪国生活

  • and I would picture all of the stories that I would go on to tell.

    と、その先の話を全部思い浮かべてしまいます。

  • At the age of nineteen,

    19歳の時に

  • the day after I graduated high school,

    高校を卒業した翌日に

  • I moved to a place where it snowed

    雪の降る場所に引っ越してきました

  • and I became

    となってしまいました。

  • a massage therapist.

    マッサージ師。

  • With this job all I needed were my hands and my massage table by my side.

    この仕事で必要なのは、私の手と私のそばにあるマッサージ台だけでした。

  • And I could go anywhere.

    そして、どこにでも行けるようになった。

  • For the first time in my life

    生まれて初めて

  • I felt free,

    自由を感じました。

  • independent

    インディペンデント

  • and completely in control of my life.

    と完全に自分の人生をコントロールしています。

  • That is

    それは

  • until my life took a detour.

    人生が遠回りになるまで

  • I went home from work early one day

    ある日、仕事を終えて早々に帰宅すると

  • with what I thought was a flu

    インフルエンザだと思って

  • and less than twenty-four hours later

    そして二十四時間も経たないうちに

  • I was in a hospital

    入院していたのは

  • on life support

    生命維持

  • with less than a 2% chance of living

    確率2%以下

  • It wasn't until days later

    それは数日後になってから

  • as I lay in a coma

    昏睡している間に

  • that the doctors diagnosed me

    医者に診断されたこと

  • with bacterial meningitis.

    細菌性髄膜炎で

  • A vaccine preventable blood infection.

    ワクチンで予防できる血液感染症。

  • Over the course of two-and-a-half months

    2ヶ月半の間に

  • I lost my spleen

    脾臓を失った

  • my kidneys

    腎臓

  • the hearing in my left ear

    左耳

  • and both of my legs below the knee.

    と両足が膝下になってしまいました。

  • When my parents

    私の両親が

  • wheeled me out of the hospital

    車で退院させてもらった

  • I felt like I'd been pieced back together

    噛み合わされたような気がして

  • like a patch-work doll.

    パッチワーク人形のように

  • I thought the worst was over

    最悪の事態は終わったと思っていた

  • until weeks later when I saw my new legs for the first time.

    数週間後に初めて自分の新しい足を見た時までは。

  • The calves were bulky blocks of metal

    かさばる金属のブロックが入った袖口

  • with pipes folded together for the ankles

    折り返しパイプ付き

  • and a yellow rubber foot

    と黄色いゴム足

  • with a raised rubber line

    ゴム線

  • from the toes to the ankle

    足先から足首まで

  • to look like a vein.

    を静脈に見立てて

  • I didn't know what to expect but i wasn't expecting that.

    何を期待しているのか分からなかったが、私は期待していなかった。

  • With my mom by my side

    ママがそばにいてくれるから

  • and tears streaming down our faces

    涙が顔を伝う

  • I strapped on these chunky legs

    私はこのぽっちゃりした足を履きました。

  • and I stood up.

    と言って立ち上がった。

  • They were so painful

    彼らはとても痛かった

  • and so confining

    然るが故に

  • that all I cound think was --

    私が思ったのは...

  • how am I ever going to travel the world on these things.

    こんなものでどうやって世界を旅するんだ?

  • How was I ever going to live

    私はどうやって生きてきたんだろう

  • the life full of adventure

    冒険生活

  • and stories as I always wanted

    と物語をいつものように

  • and how was I going to snowboard again.

    と、どうやってまたスノーボードに行こうと思っていたのか。

  • That day I went home, I crawled into bed

    家に帰ったその日、私はベッドに這いつくばりました。

  • and this is what my life looked like for the next few months.

    これが私の人生の数ヶ月間の様子です。

  • Me pass out,

    気絶した

  • escaping from reality,

    現実逃避。

  • with my legs resting by my side.

    私の足を横に置いて

  • I was absolutely

    私は絶対に

  • physically

    肉体的に

  • and emotionally

    と感情的に

  • broken.

    壊れた

  • But

    しかし

  • I knew that in order to move forward

    前に進むためには

  • I had to let go

    手放しではいられなかった

  • of the old Amy

    旧エイミーの

  • and learn to embrace

    受け入れることを学ぶ

  • the new Amy.

    新しいエイミー

  • And that's when it dawned on me

    その時、私は気付いた

  • that I didn't have to be five foot five anymore.

    私はもう5フィート5である必要はないと思った。

  • I could be as tall as I wanted. (Laughter)

    思う存分背伸びできました。(笑)

  • Or as short as I wanted, depending on who I was dating. (Laughter)

    付き合っている人に合わせて、好きなように短くしたり(笑)

  • And if I snowboard again

    またスノーボードをしたら

  • my feet aren't going to get cold. (Laughter)

    足元が冷たくならない(笑)

  • And best of all I thought

    そして何よりも私が思ったのは

  • I can make my feet the size of all the shoes that are on the sales rack. (Laughter)

    私の足のサイズは、売り場に並んでいる全ての靴のサイズにすることができます。(笑)

  • And I did! So there are benefites here.

    そして、私はしました!ここにはメリットがあるんですね。

  • It was this moment

    この瞬間だった

  • that I asked myself that life defining question.

    私は自分自身に人生を決定づける質問をしました。

  • "If my life were a book

    "私の人生が本だったら

  • and I were the author

    吾輩が作者

  • how would I want this story to go."

    "私はこの物語をどうしたいのか?"

  • And I began to daydream,

    そして白昼夢を見るようになった。

  • I daydreamed like I did as a little girl.

    子供の頃のように白昼夢を見ていました。

  • And I imagined myself

    そして、私は自分自身を想像しました。

  • walking gracefully

    潔歩

  • helping other people through my journey

    私の旅路を人助け

  • and snowboarding again.

    とスノーボードを再開しました。

  • And didn't just see myself

    自分を見ていないだけではなく

  • carving down on mountain of powder

    パウダーの山を切り崩して

  • I could actually feel it.

    実際に感じることができました。

  • I could feel the wind against my face and a beat

    顔に風を感じて拍子抜けした

  • of my racing heart

    私の心臓の鼓動の

  • as if it were happening in that very moment.

    まるでその瞬間に起きているかのように

  • And that is when

    その時に

  • a new chapter in my life began.

    私の人生の新しい章が始まった。

  • Four months later I was back up on a snowboard

    4ヶ月後にはスノーボードに戻っていました。

  • although things didn't go quite as I expected

    思うようにはいかないが

  • my knees and ankles wouldn't bend, and at one point

    膝と足首が曲がらなくて、ある時は

  • I traumatized all the steers on the chairlift when I..

    私がトラウマになったのは...

  • I fell

    落ちた

  • and my legs still attached to my snowboard (Laughter)

    と、まだ足がスノーボードにくっついています(笑

  • were flying down the mountain. (Laughter)

    が飛んできていました。(笑)

  • And

    そして

  • I was on top of the mountain still.

    私はまだ山の上にいました。

  • I was so shocked, I was just as shocked as everybody else

    みんなと同じようにショックを受けていたので

  • and I was so discouraged, but

    と落胆していましたが

  • I knew that if i could find the right pair of feet

    ぴったりの足を見つけることができれば

  • that I would be able to do this again.

    と言っていました。

  • And this is when I learned

    そして、これは私が学んだ時です。

  • that our borders and obstacles can only do two things.

    私たちの国境や障害物は2つのことしかできません。

  • One: stop us in our tracks,

    1つは、私たちのトラックで私たちを停止します。

  • or two: force us to get creative.

    または2:創造的になるように強制してください。

  • I did a year of research, but still couldn't figure out what kind of legs to use

    一年かけて研究したけど、どんな脚を使えばいいのかわからなかった。

  • couldn't find any resources that could help me

    手掛かりが見つからない

  • so I decided to make a pair myself.

    ということで、自分でペアを作ることにしました。

  • My leg maker and I put random parts together

    レッグメーカーと私はランダムなパーツを組み合わせて

  • and we made a pair of feet that I could snowboard in.

    と、スノーボードができるような足を作りました。

  • As you can see

    ご覧のように

  • rusty bolts, rubber, wood and neon pink duct tape.

    錆びたボルト、ゴム、木、ネオンピンクのダクトテープ。

  • And yes I can change may toe nail polish.

    そして、はい、私は爪先のマニキュアを変更することができます。

  • It was these legs and the best twenty first birthday gift I could ever receive --

    この足と最高の20歳の誕生日プレゼントだったんだよ

  • a new kidney from my dad

    おとうさんから新しい腎臓をもらう

  • that allowed me to follow my dreams again.

    そのおかげでまた夢を追うことができました。

  • I started snowboarding

    スノーボードを始めました

  • then I went back to work, then I went back to school. Then in 2005

    それから私は仕事に戻り、学校に戻りました。そして2005年に

  • I co-founded a non-profit organization

    NPO法人を共同設立しました

  • for youth and young adults with physical disabilities so that they could get

    身体障害を持つ若者や若年成人のために、彼らが得ることができるように

  • involved with action sports.

    アクションスポーツに携わる

  • From there had the opportunity to go to South Africa

    そこから南アフリカに行く機会を持っていた

  • Where I helped to put shoes on thousands of children's feet so they can attend school.

    何千人もの子供たちの足に靴を履かせて学校に通えるようにしました。

  • And just at this past February

    そして、ちょうどこの2月に

  • i won two back-to-back world cup gold medals. (Applause)

    私はワールドカップで 2つの金メダルを獲得しました(拍手)

  • Which made me

    私を作ったのは

  • the highest-ranked adaptive female snowboarder in the world.

    世界最高位の適応力を持つ女性スノーボーダー。

  • Eleven years ago

    11年前

  • when I lost my legs I had no idea what to expect.

    足を失った時は何も考えていませんでした。

  • But if you asked me today, if I would ever want to change my situation,

    でも、もし今日、あなたが私に聞いたら、私は今の状況を変えたいと思うかどうか?

  • I would have to say no.

    私はノーと言わざるを得ない。

  • Because my legs haven't disabled me. If anything they have enabled me, they forced me

    私の足は私を無効にしていないどちらかと言えば、彼らが私を有効にしてくれたのだ、 彼らは私を強制したのだ

  • to rely on my imagination

    想像力を頼りに

  • and to believe in the possibilities.

    と可能性を信じること。

  • And that's why I believe that our imaginations can be used as tools for

    だからこそ、私たちの想像力は

  • breaking through borders.

    国境を越えて

  • Because in our minds we can do anything

    心の中では何でもできるから

  • and we can be anything.

    そして、私たちは何にでもなれるのです。

  • It's believing in those dreams,

    その夢を信じることです。

  • and facing our fears head-on

    恐怖と正面から向き合う

  • that allows us to live our lives beyond our limits.

    自分の限界を超えて生きることができる

  • And although today is about innovation without borders, I have to say

    そして、今日は国境のないイノベーションについてですが

  • that in my life

    私の中では

  • innovation has only been possible because of my borders.

    イノベーションは国境があるからこそ可能になったのです。

  • I've learned that

    それを知ったのは

  • borders are where the actual ends,

    境界線は実際に終わるところです。

  • also where imagination

    想像力のあるところにも

  • and the story begins.

    と物語が始まります。

  • So the thought that I would like to challenge you with today,

    ということで、今日挑戦してみたい想い。

  • is that maybe instead of looking at our challenges and our limitations

    私たちの課題や限界を見るのではなく

  • as something negative or bad,

    を否定的なものや悪いものとして

  • we can begin to look at them as blessings

    祝福とみなすことができる

  • magnificent gifts that can be used to ignite our imaginations

    想像力に火をつける壮大な贈り物

  • and help us go further, than we ever knew we could go.

    私たちが知っている以上に遠くに行くのを助けてくれます。

  • It's not about breaking down borders

    国境を壊すのではなく

  • it's about pushing off of them

    それは彼らを押しのけようとしている

  • and seeing

    と見て

  • what amazing places

    何という素晴らしい場所

  • he might bring us. Thank you. (Applause)

    彼は私たちを連れてくるかもしれないありがとうございます。(拍手)

If your life were a book

もしあなたの人生が本だったら

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 スノーボード 国境 白昼 人生 想像 ゴム

TEDx】Amy Purdy -限界を超えて生きる

  • 7689 570
    short1216 に公開 2020 年 08 月 06 日
動画の中の単語