Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • So there's this guy. Yeah, this guy, and this guy decides to make a better deck shoe.

    まあ、この人の話なんですけど。そう、この人。彼がある日もっといいデッキシューズを作りたいと思ったわけです。

  • This better deck shoe, with a rubber sole that looked like waffles and stuck like syrup, and a custom upper made up of whatever fabric you were feeling and surfers dug that.

    こんな感じの物を。ゴムの靴底は何となくワッフルみたいで、シロップみたいにグリップはしっかりとしてて。そしてカスタムメイドの本体部分はいろんな生地が使われました。 そしたら、サーファーの間で大人気になって。

  • So pretty soon these shoes started popping up all along the coastline, including a little surf shop in Santa Monica where some hood-rat kids had started surfing asphalt. Carving banks, hijacking pools and reinventing skateboarding in the process.

    あっという間に海岸沿いのあちこちでよく見かけるようになってきました。その中には、サンタ・モニカの小さなサーフィンショップも含まれていて、 そこで貧困層の若い子たちがアスファルトの上でサーフィンをやり始めたんです。 土手の上を滑ったり、プールにまで侵入したりしながらスケートボードも次第に形を変えていって、

  • So by the time they showed up to Del Mar in matching blue '44s, these shoes were as essential as the boards themselves.

    スケボーの流行がデル・マーにまでやってきた頃には、この青のVans 44っていうのはボードと同じくらいの「マストアイテム」になっていったんです。

  • Then the guys were like "Hey, can you make 'em like this?" So we did, which lead to this shoe, which lead to this shoe, which lead to a stripe down the side, and kids sketching up the uppers.

    そこからは、「こんなデザインで作れる?」なんて要望も出てきて、実際に作ってみたんです。それからこうなって、その後こうなって、横にストライプを入れて ハイカットのデザインも出てきたりして。

  • Then this guy took over and got these shoes traveling off the wall and into the ruckus. Sticking to the floor and bouncing around pits before ending up in Hollywood, and blowing up in a movie the lawyers say we can't mention.n

    そしたらこの人がオーナーになって、まあ、「変な奴ら」のキャッチコピー通りの大騒ぎになったんです。あれやこれやでいろんなアイデアを実践しながら、しまいにはハリウッドにも進出して、映画に登場して

  • Whatever, you know the one.

    人気爆発となるわけだけど、映画の名前はここでは言ってはいけないらしいです。とは言っても皆さんご存じのアレです。そこから世界に注目されるようになりました。

  • From there we took it international, while uniting kids from Sao Paulo to Shanghai under a checkerboard flag, and bringing the underground to the main stage one show at a time.

    サンパウロから上海まで、シンボルであるチェック模様を旗印に掲げて若者の心を一つにして、マイナーな位置から

  • Creating the House of Vans to give a nation of millions a place to come up, just like those that came before them.

    メインステージにまで、徐々に上り詰めていったわけです。そして、House of Vansというコンセプトショップを作り出して、以前の様にいろんなアイデアを形にする場所を提供してきました。

  • So while groupies line up to chase the next fad, we'll keep rocking our vans, just like we have for the last 50 years. Same as it ever was, only sometimes a little different.

    そんなわけで、ファンの皆さんが次の流行を追いかけるなかで、私たちもひたすら前進を続けます。これまで50年間続けてきたように。 今までと変わらぬ形で、時には少し変化を加えながら。これがVansのこれまでのストーリー。

  • This is our story and we're sticking to it because we're the Van Doren Rubber Company but you can call us Vans.

    私たちはこれに「ピッタリとくっついて」これからもやってきます。会社の名前は「Van Doren ゴム製造会社」だけに。でも、皆さんは略してVansと呼んでくださいね。 Vansの靴はサーフィンからインスピレーションを得ています。

So there's this guy. Yeah, this guy, and this guy decides to make a better deck shoe.

まあ、この人の話なんですけど。そう、この人。彼がある日もっといいデッキシューズを作りたいと思ったわけです。

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 サーフィン ゴム ショップ わけ 流行 マー

バンズの物語 (The Story of Vans)

  • 36088 1728
    韓澐 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語