Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

  • In November of 2007, I'd taken vacation days

    2007年11月、私は休暇をとってアジアの学生達の指導に赴きました

  • to volunteer and mentor Asian students

    カンボジアのシェムリアップで写真の無料ワークショップを行ったのです

  • in a free photography workshop in Siem Reap, Cambodia.

    町を散歩していると赤ん坊を抱いた子どもが近づいてきました

  • As I wandered the streets,

    茶色の鋭い目と顔を忘れる事はないでしょう

  • a small child approached me with a baby in his arms.

    彼は1ドルをせがみます

  • He had piercing brown eyes, and a face that will never leave my mind

    「1ドルお願いします。赤ちゃんのために、どうかどうかお願いします」

  • as he pleaded for one dollar,

    支援団体によれば

  • "Please, one dollar madam, please, please, please, for my baby!"

    こんな形で街頭で与えたお金は

  • The relief organizations make clear

    食べ物にはならず元締めの懐に収まるだけなのです

  • that such donations on the street often line the pockets of exploiters

    それでもわたしはその子のことが気になってしまい

  • rather than put food into the mouths of the exploited,

    1ドルを渡すと子どもは笑顔を見せました

  • but my heart went out to the boy.

    その小さな笑顔が忘れられません

  • I gave him the dollar and watched the smile split his face.

    モハメドの顔も忘れられません

  • That little face still haunts me.

    栄養不良の幼児です 3年前に西アフリカのマリで

  • So does the face of Mohammed,

    数粒の米を手にした写真を撮りました

  • a malnourished toddler I photographed with a few grains of rice in hand,

    10歳のデリクの顔も忘れられません

  • in Mali, West Africa, three years earlier.

    カリフォルニアの自宅で生きた骸骨のような

  • And so does the face of 10-year-old Derek,

    姿を撮影しました

  • who I photographed moving skeleton-like, through his home in California,

    まれな小児がんである神経芽腫と戦っていました

  • as he battled neuroblastoma, a rare form of childhood cancer.

    私の脳裏に焼き付く彼らの表情 その裏にある感情こそが

  • The searing power of these faces and the emotions behind them,

    私を記録報道写真家たらしめているのです

  • make me the documentary photojournalist I am.

    こういった気持ちなくして 人の密やかな感情や

  • Without these feelings, I could not record

    これからお見せする物語の記録を残すことはできなかったでしょう

  • the intimate human emotions and the stories I'm going to show you.

    私にとって 写真は仕事ではありません

  • For me, photography isn't a profession.

    それよりも ずっとずっと奥深いものです

  • It goes much, much deeper than that.

    私は生まれながらに 目に見えない隠された物への好奇心を持っていました

  • I have an innate curiosity that drives me beyond the obvious.

    父はニューヨーク州北部の小さな町で警察署長を務めていました

  • My father was a police chief in a small town in upstate New York.

    12-3 歳のころ ある土曜日に

  • One Saturday, when I was about 12 or 13, our home was shot at.

    我が家は銃撃されました

  • Eight bullets were imbedded in our cars, our house, and the trees outside our home.

    8発の銃弾が、車や家や庭の木に撃ち込まれました

  • As the bullets were flying, my father screamed, "Hit the deck!"

    銃弾が放たれると父は"伏せろ"と叫び

  • as he threw open the door and ran outside to shoot back.

    玄関から外に走り出て反撃しました

  • Everyone hit the floor except me.

    私以外の家族は床に伏せました

  • I ran into the next room

    私は隣室に駆け込むと

  • frantically found a pair of binoculars and started peering out the window.

    無我夢中で双眼鏡を探して窓の外を眺め始めたのです

  • I was consumed with the desire to be an eyewitness.

    目撃者になることしか頭にありませんでした

  • I had no fear.

    怖いとは思いませんでした

  • Now as a professional eyewitness to the world,

    今や、世界の目撃者となる職業を選び

  • I try to show a side of life that people may not have seen before.

    これまでだれも見ていない人生の側面を描こうとしています

  • My creed is to do so with objectivity, credibility, compassion, and honesty.

    私の信念は 客観性と信頼性、慈悲と誠実です

  • I'm passionate about photojournalism and the power of the enduring still image

    私は報道写真と永続的な静止像の力によって

  • to inform and bring understanding to issues.

    問題を伝え理解を促すことに情熱を傾けています

  • In this fast-paced world, where the emphasis is on immediacy,

    即時性のみが求められる 動きの早いこの世界にあって

  • a still photograph stops time,

    写真は時間を止めてしまいます

  • it gives the viewer a moment to think, to react, to feel.

    見る人に 考えたり反応したり感じたりする時を与えるのです

  • How better to inform the public

    生活に密着した記録報道写真以上に

  • than with documentary photojournalism on an intimate scale?

    多くの人に伝える良い方法があるでしょうか

  • It's immediate and compelling, but to be done well, it also takes time;

    分かりやすく 説得力もあります

  • time to connect, time to see, and time to become invisible.

    しかし 時間がかかります

  • All these are the essence of compelling photojournalism.

    関係を作り上げる時間 見守る時間 そして空気のようになるための時間

  • Through my pictures, I would like to show you

    説得力のある報道写真には不可欠のものです

  • how documentary photojournalism can give back to society

    私の写真を通じてお見せしたいのは

  • by engaging our compassion,

    記録報道写真がいかに社会に役立つことができるのか ということです

  • empowering those without power or influence

    我々の思いを伝え 力なき人々に力を与え

  • and inspiring us to be better by capturing the images of those who are.

    人々の真の姿を捉え 我々に示唆を与えるのです

  • At its best, documentary photojournalism offers to the world

    最高の記録報道写真は人生の奥深い意味を世界に垣間見せるものです

  • a glimpse of life's deeper meanings.

    ピューリッツア賞を受賞した"母の旅"という物語は

  • Many times after displaying the sometimes painfully personal,

    本当に私的なものであり 心を打つ作品です

  • but inspiring Pulitzer story, "A Mother's Journey",

    どうやってこんな写真が撮れたのかと よく聞かれます

  • I was asked how I could make the photographs.

    「撮れてしまう」が私の答えです

  • My answer was and is, "How could I not?"

    静止画に捉えられた感情の多様さと

  • I'd like to give you a brief introduction to my work

    報道写真が物語る力強さをお見せするために

  • to show you the diversity of emotions in still images,

    私の作品を手短に紹介します

  • and the story telling power of photojournalism.

    目を覚ましていただかなければなりません

  • And this is the part where you all have to wake up

    写真をお見せして行きますが

  • because we're going to go through some pictures,

    題名だけを紹介します

  • and I'm just going to give you the title

    その写真に何を感じるのかを 自身で考えていただきたいのです

  • and I want you to think about how did these photographs engage you.

    「鳥」

  • OK, "The Birds".

    「悪天に見舞われる」

  • "Shattered by Nasty Weather".

    「警察葬」

  • "Police Funeral".

    「シアトル:マルデイグラの暴動」

  • "Mardi Gras Riots in Seattle".

    「殺された両親」

  • "Parents Murdered".

    「オリンピックの聖火に抗議するチベット僧侶」

  • "Tibetan Monks Protest Olympic Torch".

    「低収入の暮らし」

  • "Low Income Housing";

    これは肖像ではなくて 現実の一瞬です

  • this is not a portrait, it's an actual moment.

    肖像写真はひとつもありません

  • None of these pictures are portraits, they are all real life moments.

    すべては現実の生活の中のある瞬間です

  • "Disabled Parents".

    「障害のある両親」

  • "Teenage Alcohol".

    「10代の飲酒」

  • "Silence and Abuse".

    「沈黙と虐待」

  • "Migrant Farmers".

    「農業移民」

  • "Beauty"

    「美」

  • "Think Outside the Box";

    「とらわれない発想」

  • this always tells me you never know what to expect in life.

    人生には何があるか分からないということを常に教えてくれる写真です

  • And then, this is Arnold celebrating Hanukah.

    「ハヌカを祝うアーノルド=シュワルツネッガー」

  • Now I'm going to transition to longer term stories.

    ここからは長い時間をかけた、シリーズ作品になります

  • Days after hurricane Katrina hit New Orleans,

    ハリケーン カタリーナがニューオリンズを襲った数日後

  • thousands of evacuees filled the Astrodome in Houston, Texas

    何千人もの避難民がテキサスのヒューストンにあるアストロドームや

  • and temporary motels in Shreveport, Louisiana,

    ルイジアナのシュレブポートの仮設宿泊所に溢れ

  • all struggling to find loved ones and cope with the tragedy.

    誰もが愛する人を探し 悲しみに耐えていました

  • FEMA did not want the media inside.

    連邦危機管理局はメディアの立ち入りを好みませんでしたが

  • But once I found a way inside, the people embraced me.

    中に潜り込んでみると、私は人々に取り囲まれ

  • They wanted their story told, and though they lost everything,

    自分たちの話を伝えてほしいと言われました

  • their spirit remained because they still had each other.

    全てを失ったにもかかわらず、元気だったのは

  • I spent several months chronicling the lives of Thomas and his son Alexander

    仲間がいたからです

  • after his wife committed suicide from post-partum depression.

    数ヶ月かけて、トーマスと息子のアレクサンダーの生活を記録しました

  • Thomas gave up his restaurant business

    トーマスの妻は産後うつ病 で自殺してしまったのです

  • so he could dedicate every moment to his son, making him gourmet meals

    トーマスはレストランをたたみ 全ての時間を息子と過ごすことにしました

  • and using a hair dryer to dry him like his mother used to.

    おいしい食事を作ったり、髪を乾かしたり、自分が母親にしてもらったことをするのです

  • Often, he took Alexander to the park and meditated by his wife's favorite tree.

    息子を公園に連れて行くと、妻のお気に入りだった樹のそばで瞑想します

  • Although he was devastated by her death

    妻が亡くなって彼は打ちのめされていましたが

  • I found inspiration in the relationship he forged with his son.

    彼が息子と育む関係の中に、私は光を見出しました

  • "I felt I lost the love of my life, my soul mate, and my friend,

    「愛する人、ソウルメイト、友を失ったと感じました」

  • and I look forward to Alexander for inspiration now," he said.

    「今ではアレクサンダーが私の心の支えです」

  • "I’m so grateful I have him."

    「彼が居てくれることに感謝しています」

  • I spent a year documenting American women soldiers at war -

    戦場のアメリカ人女性兵士のドキュメンタリーに1年をかけました。

  • going to war.

    「戦地に赴く」 負傷したり死亡したときの身元確認のため

  • New military recruits are told to show birthmarks, piercings, tattoos, and scars

    新兵はアザやピアス 刺青 傷跡などを見せるように指示されます

  • for identification in case of injury or death.

    イラクから帰還したばかりの兵士が掃除した銃を組み立てています

  • Soldiers who just returned from Iraq struggle to assemble a gun after cleaning.

    19歳の新兵勧誘官は銃弾を手元に置いています

  • A 19-year-old army recruit holds bullets, "I wouldn't hesitate to use my weapon.

    「ためらわないで使うよ 生きて帰りたいだろう 棺桶じゃなく」

  • Do you want to come home alive or in a casket?"

    イラクに派遣される直前の最後のひととき

  • In her final moments before deploying to Iraq,

    家で子供にお別れする兵士

  • a soldier says goodbye to her children at home.

    男性からのセクシャルハラスメントを避けるため、偽の結婚指輪を付けています

  • She wears a fake wedding ring

    ワシントン州フォートルイスの彼女の宿舎は子供を思い出させるものが溢れて

  • to ward off sexual harassment from male soldiers.

    男性の兵舎よりも散らかっています

  • Her bunk at Fort Lewis, Washington is filled with reminders of her children,

    私はかわいらしい靴との対比が気に入っています

  • and is a little messier than the men's barracks.

    イラクから帰還後に

  • I love the contrast of her dainty shoes.

    兵士たちはPTSD (心的外傷後ストレス障害)に苦しみ

  • After returning from Iraq,

    家とトラックを失いました

  • soldier suffers from post-traumatic stress disorder,

    彼女が年間優秀兵士となったときの写真は

  • losing her house, and her truck.

    悲しくて飾ることができません

  • A photo of her when she was named

    1周忌に親戚が集まり イラクで亡くなった一族で一番若かった彼女を偲びます

  • Outstanding Noncommissioned Officer of the Year

    彼女は母親にイラクは怖かったと告白していました

  • is too painful for her to display.

    生涯で一番つらかったと彼女は言っていたのです

  • On the one year anniversary of her death in Iraq,

    メキシコのキャプラパンは小さな町で、ジュアハサの北にある

  • family members grieve the last female in their family line.

    緑豊かな山々の山道を2時間も走ったところにあります

  • The soldier had confided to her mother that she was frightened in Iraq.

    UC バークレイの科学者たちが

  • She definitely said

    丘陵地帯にある「アルベルト=コルテスと妻アルガの農場」で

  • it was the toughest thing she had ever gone through.

    バイオテクノロジーの痕跡を見つけたのは2000年のことでした

  • Capulapan, Mexico is a small town,

    この時には科学報道に対する見方を変えることに挑みました

  • two hours of switchback roads in the verdant mountains north of Oaxaca.

    彼らにとってコーンは単なる主食ではなく 生活そのものでした

  • Here, scientists from UC Berkeley, California

    何世紀も引き継がれてきたコーンの系譜が

  • had discovered the imprint of biotechnology

    遺伝子組み換えのコーンに汚染されたことに農民は怒っていました

  • in the hillside farm of Alberto Cortes and his wife Olga in 2000.

    地方の貧困層のため米国から支援された食料を取り扱う政府の店から広がったのでしょう

  • The challenge was to put a human face on a science story.

    アルガは言います 「こんなものは欲しくない これから どうなってしまうんだ」

  • I found that corn was more than the main staple of food,

    1996年 カリフォルニア大学デービス校は

  • but a way of life.

    西アフリカにあるマリを援助するために

  • Farmers were upset

    農業で期待の新技術だったバイオテクノロジーの導入を開始しました

  • that their century old native strain had been tainted

    マリ原産の野生米の丈夫な種から遺伝子を取得して

  • with genetically modified corn, possibly from their government store

    クローニングと特許で資金を稼いだ同校は

  • where they accepted food aid from the USA to feed the rural poor.

    何か還元したいものだと考えました

  • "We don't want it," Olga said, "We don't know the consequences."

    最初はマリの学生向けの奨学金

  • In 1996, the University of California, Davis, began an effort to help

    後には病耐性のコメを提供して貧しいマリの食料供給を改善しようとしました

  • the West African nation of Mali

    8年経った2004年に私がマリを訪ねると

  • using the promising new tool of agricultural biotechnology.

    ベラは特に マリの人々がクローン米から得た物はありませんでした

  • With money earned from cloning and patenting a gene

    極端な貧困とマラリアが蔓延し子どもの死亡率も高く

  • from a hardy species of wild rice native to Mali,

    医薬品も病院も不足しています

  • UC Davis hoped it would be able to give something back.

    働かなければならない子どもたちは、学校へも通いません

  • First, scholarships for Mali students,

    燃料やレンガを作ったり 家畜の世話をします

  • and later, disease-resistant rice to help feed the impoverished country.

    斧を手にした村長は言います「働かないもの食うべからず」

  • When I made the trip to Mali, eight years later, in 2004,

    一番近い学校まではロバに乗って一時間の道のりです

  • Mali's people, the Bella specifically,

    学校にも何もありません ただ一人の教師は同時に 2 クラスを教えます

  • had not reaped any reward from the cloned rice.

    何十億ドルもの資金がガンの研究に投下されていますが

  • Poverty was extreme, malaria and child mortality were high,

    末期の小児ガン患者と家族が一緒の時間を過ごそうとするときに直面する

  • with medical supplies and clinics scarce.

    心とお金の問題に対しては ほとんど支援がありません

  • Children didn't go to school because they were needed to work

    シングルマザーのシンディ フレンチとデリク マドソンの話をします よく考えてください

  • making coal, bricks, and herding animals.

    二人の物語は家族の悲劇の一つに過ぎませんが

  • "Those who don't work, don't eat," said a village chief with an axe in hand.

    母親の決意と愛が溢れ出すものです

  • The closest school was an hour away by donkey.

    人が死ぬというだけで十分大変なことです 残された者の

  • It had no supplies, and its lone teacher taught two classes simultaneously.

    苦痛をやわらげる社会であるべきということを、デリクとシンディは教えてくれます

  • Billions of dollars are devoted to cancer research,

    これを記録するために 1年をかけました

  • but very little is given to help families

    終末を避けようと シンディは病院の規則を破って廊下を走り 息子を運びます

  • with the emotional and financial challenges they face

    彼女はあらゆる瞬間を無駄にしたくないのです

  • to spend time with their dying children.

    ガンを除去するために手術が必要だと知らされます

  • Single mom Cyndie French and Derek Madsen opened a window into that world.

    デリクの処置の予定が変更されたと知って がっくりとするシンディ

  • Their story was one of a family tragedy

    息子の世話をするだけで手一杯で 仕事は辞めてしまいました

  • but also one of a mother's boundless determination and love.

    転機が訪れました デリクが母親を慰めようとしています

  • Derek and Cyndie taught us that dying is hard enough;

    シンディはこの写真を肌身離さず持っています

  • our society should make living through it easier.

    ホスピスに転院する必要があると聞かされ デリクに運転を許します

  • I spent one year documenting this story.

    この機会を逃すと車の運転など出来ないと知っているからです

  • Cyndie breaks the rules at the hospital and races her son down the hallways

    これは恐ろしい光景でした デリクが泣きながら母を怒鳴りつけるのです

  • to avoid one of his meltdowns.

    ホールに声が響きます「ママ もう駄目なんだ」

  • She is determined to make every moment count.

    デリクは腫瘍を縮小させる放射線治療を拒みます

  • Here she gets news he needs surgery to remove a cancerous tumor.

    母も医者も座り込んでいます デリクを説得できません

  • Cyndie breaks down after learning

    シンディは支払いが気がかりで 洗車の手間仕事を引き受けます

  • one of Derek's medical appointments has been rescheduled.

    デリクを元気づけようとして 稼いだお金を家に持ち帰ります

  • She has given up her business at a loss to care for her son.

    「このお金でプレイステーション2を買おうか」

  • This is a turning point where Derek is actually trying to comfort her.

    「ママ、家賃を払わなきゃいけないよ」

  • She says she can't even imagine not having this photograph.

    医師の診察の後 シンディは 1ドルショップで買ったパーティスプレーでデリクをびっくりさせます

  • After hearing she needs to call hospice, she allows Derek to drive her car

    あとで几帳面に全部回収します

  • because she knows he will never have that opportunity.

    枕元に花を置いた後、絶望に襲われて身を投げ出すシンディ

  • And this was a horrific scene.

    このときには腫瘍は胃の周囲に拡大して座っていることも困難になりました

  • Derek is tearful as he shouts at his mother.

    ホスピスが不足していたので シンディは毎日24時間子どもの世話をしました

  • I can hear his voice echoing in the halls,

    私にとっては シリーズ全体の山場でした

  • "I'm done, mom," he refuses radiation to shrink his growing tumor.

    家族が支払いを巡って争っています

  • His mother and doctor sink to the floor; they can't convince him.

    家賃や葬儀代です デリクがそのただ中にいるのです

  • Cyndie feeling the financial strain hits a car wash

    こんな風に苦しむ家族があってはいけないのです

  • to try and earn money to pay the bills.

    シンディはデリクを最後の散歩に連れ出します

  • She brings the jug of money home to try and cheer Derek up.

    もう何日も彼女は家を離れません

  • "Maybe we can buy a PlayStation 2 with the money," she says.

    彼の最期の時に立ち会えないのが心配なのです

  • "No mom, I think we need to pay the rent."

    泣きながら彼女は 死にゆく11歳の息子を揺さぶり

  • Cyndie surprises Derek with a can of silly string

    ”信じればこそ”を歌います

  • she bought at the Dollar Store after a doctor's appointment.

    かすれた声で アンドレア ボチェッリにあわせて「全ての命に やがて訪れる ...

  • She then, meticulously, picks it all up off the ground.

    光に向かって 一人で歩み出す」

  • Cyndie throws herself on the floor in his room in despair

    葬儀のとき彼女は決意しました 旅の終わりまでデリクと共にあろう

  • after placing a flower near his head.

    二人が過ごした時間と慈愛を人々に伝えて行こう

  • At this point his tumor's distended his stomach

    同じ境遇の他の家族が

  • and made it difficult for him to see.

    自分たちほど苦しまなくても良いようにするためです

  • Hospice was scarce,

    ありがとうございました

  • and Cyndie was spending 24 hours a day trying to care for her son.

  • For me, this was the culmination of the entire series.

  • Here the family is having a fight about how they are going to pay the bills;

  • the rent, the funeral costs, and Derek is caught in the middle.

  • No family should have to struggle in this kind of situation.

  • Cyndie takes Derek for his last walk outside.

  • For days, she never leaves the house

  • in fear she won't be there for him in his last moments.

  • She tearfully rocks her dying son, Derek, 11,

  • at the song "Because We Believe."

  • Cyndie sings along with Andrea Bocelli in a whispery voice.

  • "Once in every life, there comes a time,

  • we walk out all alone, and into the light."

  • At the funeral,

  • she was determined to carry Derek throughout this whole journey

  • and remind people of their time and compassion

  • to give back to other families

  • so they would not have to struggle as much as they did.

  • Thank you.

  • (Applause)

In November of 2007, I'd taken vacation days

2007年11月、私は休暇をとってアジアの学生達の指導に赴きました

字幕と単語

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 シンディ 写真 マリ 報道 イラク 息子

TEDx】Renée Byer at TEDxTokyo 2009 (【TEDx】Renée Byer at TEDxTokyo 2009)

  • 185 8
    蔡柏毅 に公開 2021 年 01 月 14 日
動画の中の単語