Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Mr. and Mrs. Granger of London were proud to say that they had a witch for a daughter.

    ロンドンのグレンジャー夫妻は、娘が魔女であることを誇りに思っていた。

  • Proud, that is, until their daughter, Hermione wiped all trace of her existence from their memory.

    誇り。それは、娘のハーマイオニーが、彼女の存在を彼らの記憶から消し去ってしまうまでのことだった。

  • Hermione was in the midst of a war, and she was trying to protect her parents from the force she'd been fighting against for years: The Patriarchy.

    ハーマイオニーは戦争の真っ只中で、自分が長年戦ってきた力、パトリアーキーから両親を守ろうとしていた。

  • Now, bitches gonna die.

    奴らは死ぬだろう。

  • Six years earlier, Hermione first boarded the Hogwarts Express, excited to make friends and finally be valued for her talents rather than teased for being different.

    6年前、ハーマイオニーは初めてホグワーツ・エクスプレスに乗った。友人を作り、人と違うことでからかわれるのではなく、やっと自分の才能を評価してもらえるとワクワクしていた。

  • Hello, I'm Hermione Granger.

    こんにちは。私はハーマイオニー・グレンジャー。

  • Is that seat taken?

    この席空いてる?

  • I'm Harry, Harry Potter. And sorry, this carriage is for boys only.

    僕は、僕はハリー・ポッター。悪いけど、この車両は男子専用なんだ。

  • It was in that moment that Hermione first learned a valuable skill.

    その時、ハーマイオニーは初めて貴重なスキルを身につけたのである。

  • Throwing shade.

    侮辱というスキルを。

  • I've read all the rules. There's no such thing as a boys-only carriage.

    ルールは全部読んだけど。男子専用車両なんてなかったわよ。

  • Do you know who that is? That's Harry Potter.

    君、その人が誰かわかってる?ハリー・ポッターだよ。

  • The boy who lived.

    生き残った少年だ。

  • It's funny you should say that because I'm Hermione Granger.

    それを言わなきゃいけないなんて、おかしいわね。だって、私はハーマイオニー・グレンジャーよ。

  • The girl who gave literally zero fucks.

    文字通り、何にも気にしない女の子。

  • Her badass antics attracted the boys' attention.

    彼女の強気は、少年たちの注目を集めた。

  • You are fierce and independent.

    君はかなり自立しているね。

  • That scares us.

    怖いよ。

  • Will you be in our gang please?

    僕たちの仲間になってくれないかな?

  • Despite their vaguely offensive ways, Hermione sensed that Ron and Harry weren't so bad.

    ハーマイオニーは、彼らの攻撃的な態度にもかかわらず、ロンとハリーがそれほど悪いわけではないことを感じていた。

  • Over the course of the year, she saved them several times.

    1年の間に、彼女は彼らを何度も助けた。

  • Without Hermione, the boy who lived would have been dead as shit.

    ハーマイオニーがいなければ、生き残った少年はボロボロに死んでいただろう。

  • Harry and Ron began to think of Hermione as a sister and felt protective toward her.

    ハリーとロンは、ハーマイオニーを姉妹のように思い、守らなければと思うようになった。

  • But she didn't need their protection, especially when Draco was involved.

    しかし、彼女は彼らの守護など必要としていなかった。特に、ドラコが関わったときには。

  • Nice hoodie. It'd look even better on the floor of the Slytherin dorms.

    素敵なパーカーだね。スリザリンの寮の床に置いたらもっと映えるだろう。

  • What did you say to me?

    私に向かってなんて言ったの?

  • Go on. Say that again.

    どうぞ。もう一回言ってごらんなさい。

  • It was a compliment, I swear! It was just a compliment.

    誉めたんだよ。誓うよ。ただの褒め言葉だ。

  • Oh, yeah? Well, so is this!

    へえ、そうなの?じゃあ、これもそうよ!

  • Oh!

    痛い!

  • Twitter wasn't around in those days, but if it was, she'd have just invented the BOSSWITCH hashtag.

    当時はまだツイッターがなかったが、もしあったなら彼女は「BOSSWITCH(ボス魔女)」というハッシュタグを作っていただろう。

  • Fourth year brought with the Bulgarian bombshell Viktor Krum.

    4年目には、ブルガリアの爆弾、ヴィクター・クラムが登場した。

  • He had asked Hermione to the dance, and the pair looked resplendent.

    彼はハーマイオニーをダンスに誘い、二人はとても華やかだった。

  • Ron was more than a little jealous and asked Hermione to dance, but she didn't want to.

    ロンは少しどころではなく嫉妬し、ハーマイオニーにダンスを誘ったが、彼女は嫌がった。

  • Why are you dressed like that if you don't want attention, eh?

    注目されたくないのに、なぜそんな格好をしているんだ?

  • Ron, you idiot!

    ロン、あんたってバカよ!

  • How dare you? How fucking dare you?

    よくも、まあそんなこと言えるわね?

  • I didn't dress like this for Viktor, or for you, or for anyone.

    ヴィクターのためにこんな風に着飾ったわけじゃないわ。あんたのためでもないし、誰のためでもない。

  • I dressed up for me, so I could feel good.

    私は私のためにおしゃれをしたの。自分の気分をよくするためにね。

  • And you ruined it.

    でも、あんたはそれを台無しにした。

  • Trying to repair the damage, Harry apologized on Ron's behalf.

    そのダメージを修復しようと、ハリーはロンの代わりに謝罪した。

  • Ron's a nice guy, not like Draco.

    ロンはいい奴だよ。ドラコと違って。

  • He didn't mean to hurt you.

    君を傷つけようと思ったわけじゃないさ。

  • That's the problem, Harry.

    それが問題なのよ、ハリー。

  • He did't think what he was saying was wrong.

    彼は自分が言ってることが間違ってると思っていなかった。

  • And it's not just Ron and Draco I have to worry about.

    私が心配しないといけないのは、ロンやドラコだけじゃないわ。

  • Not all witches feel that way though, surely.

    魔女がみんなそう思っているわけではないよね。

  • Yes, all witches.

    いいえ、みんなよ。

  • All witches have had to put up with comments like that and worse.

    魔女はみんな、ああいうコメントやそれ以上のことを我慢しなければならないんだから。

  • But that's, that's impossible.

    でも、そんなの・・・そんなの不可能だよ。

  • Herminoe was furious.

    ハーマイオニーは激怒していた。

  • If she couldn't get Harry, her most reasonable supportive male friend to understand, then she may as well give up.

    一番の理解者であるハリーに理解してもらえないのなら、あきらめた方がいい。

  • But then, the dark wizard Voldemort returned.

    しかしそのとき、闇の魔法使いヴォルデモートが戻ってきた。

  • Surprise, bitches!

    サプライズだよ、クソ女ども!

  • And summoned his Death Eaters, including Draco's dad to update him on their plan.

    そして、ドラコの父親を含むデスイーターたちを召喚し、計画の進捗状況を報告させた。

  • We're not oppressing all witches quite yet, my lord, but soon.

    まだ私たちは全ての魔女を抑圧しているわけではありません、閣下。しかしすぐにそうなるでしょう。

  • Harry couldn't believe his ears. He managed to escape, but his world had changed forever.

    ハリーは自分の耳を疑った。なんとか逃げ出したものの、彼の世界は永遠に変わってしまったのだ。

  • It's real. You were right. I'm so sorry. Yes, all witches!

    リアルだった。君が正しかったよ。ごめんね。魔女みんなだ!

  • Hermione forgave Ron, realizing he, too, was a victim of The Patriarchy.

    彼もまたパトリアーキーの犠牲者だと気づいたハーマイオニーは、ロンを許した。

  • When you grow up in a culture that allows wizards to speak to witches that way, how are you supposed to know that it's wrong?

    魔法使いが魔女にそんな風に話すことを許す文化の中で育ったなら、それが間違っていると気づかないものよね。

  • But do it again and I'll cut you.

    でも、もしまたやったら、あんたを無視するわ。

  • The fight against The Patriarchy was beginning in earnest.

    パトリアーキーとの戦いが本格的に始まった。

  • After months of wandering around forests, Hermione took charge.

    数ヶ月間森の中を歩き回った後、ハーマイオニーはボスとなった。

  • Let's go fuck up their shit.

    あいつらをめちゃくちゃにしてやるわよ。

  • Sensing this might be her last night on Earth, Hermione kissed Ron.

    ハーマイオニーは、これが地球での最後の夜になるかもしれないと感じ、ロンにキスをした。

  • She didn't have time to explain that this was not a binding contract, guaranteeing a future of marriage and children.

    彼女はこれが、結婚や子供といった将来を約束する拘束力のある契約ではないと、説明する時間もなかった。

  • Sometimes a kiss was just that.

    時々、キスはただそれだけのこともある。

  • Draco was still trying to make this all about him.

    ドラコはまだこれを自分のことにしようとしていた。

  • Witches get a free ride. It's wizards like me who suffer.

    魔女は何もせずに得してる。苦しむのは俺のような魔法使いだ。

  • Where's my special treatment?

    俺はいつ特別扱いされるんだ?

  • I deserve a kiss. It's misandry, I tell you!

    俺もキスにふさわしいはずだ。それは男性嫌悪だろ!

  • Don't misinterpret your feelings of inadequacy for the cultural, social, economic, and political oppression of an entire gender.

    自分の不甲斐なさを、性別全体の文化的、社会的、経済的、政治的な抑圧にすり替えないで。

  • Draco didn't listen, so Hermione shut him down the best way she knew how:

    ドラコは聞く耳を持たなかったので、ハーマイオニーは自分の知っているベストな方法でドラコを黙らせた。

  • She set that bitch on fire.

    彼女はそいつに火をつけた。

  • Outside, the battle of Hogwarts had begun.

    外では、ホグワーツの戦いが始まっていた。

  • Hermione broke the bad news to Harry for the plan to work he'd have to die.

    ハーマイオニーは、計画を成功させるためには、彼が死ぬ必要があるという悪い知らせをハリーに伝えた。

  • Harry Potter is dead.

    ハリー・ポッターは死んだ。

  • Long live The Patriarchy.

    パトリアーキー万歳。

  • But Hermione wasn't done yet.

    しかし、ハーマイオニーはまだ終わっていなかった。

  • Not so fast, cockface.

    そうはいかないわ。

  • The girl who gave literally zero fucks, we meet at last.

    文字通り、何も気にしない女の子か。やっと会えたな。

  • You know I used to hate you, but now I pity you.

    知ってる?私はあんたのことが嫌いだった。でも今は同情してる。

  • You don't hate witches, you hate yourself.

    あんたは魔女が嫌いなんじゃない。自分のことが嫌いなのよ。

  • That's what this is really about.

    それが今回の件の本質だわ。

  • Harry was alive the whole time.

    ハリーはずっと生きていた。

  • So much privilege that boy, even death gave him a pass.

    この少年があまりにも優遇されていて、死でさえも彼を許してしまった。

  • Hermione had figured out the source of Voldemort's power, his snake.

    ハーマイオニーはヴォルデモートの力の源である蛇の存在を突き止めていた。

  • She'd given Neville the most important job, because good leadership is about good delegation.

    彼女はネビルに最も重要な仕事を与えた。良いリーダーシップとは、うまく任せることだからだ。

  • And he arrived right on the schedule, cutting the head off Voldemort's snake.

    そして、彼は予定通りに到着し、ヴォルデモートの蛇の頭を切り落とした。

  • Just the tip, really.

    先っぽだけだったけれど。

  • With his snake dismembered, Voldemort crumbled away to nothing and took his archaic notions of gender roles with him.

    蛇をバラバラにされたヴォルデモートは、無になって崩れ落ち、古風な男女の役割分担の概念も持ち去った。

  • Does this mean The Patriarchy is over?

    パトリアーキーが終わったってこと?

  • Unfortunately, no.

    残念ながら、そうじゃない。

  • Their figure head is gone, yes, but the fight will continue.

    彼らの頭脳は失われたけど、戦いは続く。

  • We need to weed out and destroy sexism in all its forms.

    私たちは、あらゆる形の性差別を排除し、破壊する必要があるわ。

  • Hermione did just that.

    ハーマイオニーはそれを実行した。

  • She dedicated her life to wiping out sexism in both the magic and muggle world.

    彼女は、魔法界とマグル界の両方で性差別をなくすことに人生を捧げたのだ。

  • All was well.

    すべてがうまく行った。

Mr. and Mrs. Granger of London were proud to say that they had a witch for a daughter.

ロンドンのグレンジャー夫妻は、娘が魔女であることを誇りに思っていた。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ハーマイオニー ハリー ロン ドラコ ヴォルデモート 魔法

もしも「ハリー・ポッター」シリーズの主人公がハーマイオニーだったら・・・ If Hermione Were The Main Character In Harry Potter

  • 130704 6540
    陳怡平 に公開 2018 年 12 月 20 日
動画の中の単語