Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Hello, my name is Emma, and in today's video, I am going to teach you a little bit about North American pronunciation.

    こんにちは。Emmaです。今日はアメリカ英語の発音について

  • I'm going to teach you about something called "tapping".

    紹介したいと思います。まず、「tapping」というものを紹介します。

  • Okay.

    では、

  • So, before I explain what tapping is, I want you to listen to how I pronounce this word.

    「tapping」を説明する前に、この単語の発音を聞いてください。

  • I'm going to pronounce it in three ways, and I want you to tell me:What's the difference

    これから三つの発音をしますので、それらの違いを聞き取りましょう。

  • in each way I pronounce this? Okay? So the first way I'm going to pronounce it: "thiry"

    では、始めます。一つ目のはーthiry。

  • "thiry". Okay? Now, the next way: "thirdy", "thirdy". And finally: "thirty", "thirty".

    thiry。いいですか?次は、thirdy、thirdy。最後は、thirty、thirty。

  • So what was the difference in the three pronunciations? Between "thiry", "thirdy", "thirty"?

    「thiry」、 「thirdy」、 「thirty」の違いが分かりますか? 

  • If you said this, you are correct.

    ここだと分かったら、正解です。

  • One of the major differences you'll find in different Englishes is the way we pronounce

    いろんな英語の発音の主な違いは「t」の発音です。

  • "t". In British English, a lot of the times you actually hear the "t". I'm terrible with

    イギリス英語の場合は、「t」を強調します。私のイギリス英語の発音は

  • British accents, but "thirty", "t", okay? So you can hear it like a "t" sound. In Englishes...

    そんなに上手ではありませんが、一応「thirty」、「ty」。「t」の発音が聞こえます。

  • Some British Englishes, and sometimes Australian Englishes, they actually get rid of the "t",

    一部のイギリス英語とオーストラリア英語は、「t」が省略されます。

  • it's like it doesn't even exist. So you might hear: "thiry". Okay? In North American English,

    「t」が存在しないように「thiry」に聞こえます。いいですか?アメリカ英語の場合は、

  • oftentimes, we pronounce t's like d's. So you would hear: "thirdy", okay? So this is

    「t」を「d」で発音しますので、「thirdy」に聞こえます。

  • one of the main difference between many different Englishes, how we pronounce our t's.

    実は、これらの英語の主な違いは「t」の発音です。

  • So what's the rule for this? How do we know when to pronounce our t's like d's? Because

    では、「t」の発音のルールはなんでしょうか?いつ「t」を「d」に発音しますか?

  • this is going to focus on the North American pronunciation. Well, I have here a bunch of

    では、アメリカ英語の紹介を始めます。まず、ここに

  • different words, all have the word... Or all have the letter "t" in them. I want you to

    いろんな「t」が入ってる英単語があります。

  • listen, and I want you to think about: Where is "t" pronounced like a "d"? Okay? So you're

    どの「t」が「d」に発音するのか聞き取ってもらいたいです。いいですか?

  • going to listen carefully, and I want you to think about: Which words do I pronounce

    どの「t」が「d」に聞こえるのかをきちんと聞いてください。

  • "t" like a "d"? Okay?

    よろしいですね。

  • So the first word: "party", "party". Okay? "Party". If you said this is like a "d", you

    では、始めましょう。「party」、「party」、「party」。「d」に聞こえましたら、正解です。

  • are correct. So we have one here. Next word: "tiny", "tiny", "tiny".

    次、「tiny」、「tiny」、「tiny」。

  • No "d" sound.

    「d」の発音は聞こえませんですね。

  • "Water", "water".

    「water」、「water」。

  • There is a "d" sound here. So, again, North American pronunciation. British people

    「d」に聞こえますね。それはアメリカ英語です。

  • would probably say something different, like "wa-er" or like "water", okay? Next one: "forty",

    イギリス英語の場合だと、「wa-er」や「water」のように聞こえます。次、「forty」

  • "forty".

    「forty」

  • Okay. Yeah, we have a "d" sound, here. "Latter", "latter", "latter". Okay,

    ここに「d」の発音に聞こえますね。次、「latter」、「latter」、「 latter」。

  • you probably heard a "d" sound. Next one: "bottle", "bottle", "bottle".

    「d」が聞きましたか?次、「bottle」、「bottle」、「bottle」。

  • Probably heard a "d" sound there. The next word that has a "t" in it: "tornado", "tornado". Does it

    「d」に聞こえますね。次、「tornado」、「tornado」。「d」に聞こえますか?

  • have a "d" sound? I mean where the "t" is. Of course it has this "d" sound, but: "tornado".

    もともと「d」がありますが。ポイントは「t」のところは「d」で発音しますか?

  • No, we don't pronounce it like a "d". "City", "city".

    しませんですね。次、「city」、「city」。

  • Yeah, it has a "d" sound.

    「d」に聞こえます。

  • "Tuna", "tuna",

    「tuna」、「tuna」。

  • no "d" sound; it sounds like a "t".

    「d」ではなく、「t」 ですね。

  • "Bitter", "bitter",

    「bitter」、「bitter」。

  • "d" sound.

    「d」に聞こえますね。

  • "Thanks", "thanks",

    「thanks」、「thanks」。

  • doesn't even have a "t" sound, actually. It has a "th" sound, which is a little different.

    「thanks」は「t」にも聞こえなくて、「th」に聞こえます。ちょっと違いますね。

  • And finally: "tall", "tall".

    最後に、「tall」、「tall」。

  • No "d" sound either.

    それも「d」に聞こえませんね。

  • So, what do you notice about these words? Is the "t"...? When we pronounce t's as d's

    では、アメリカ英語ではどう言う場合に「t」を「d」で発音しますか?

  • in North American English, do we pronounce t's like d's when they're at the beginning

    最初のところですか?

  • of the word or when they're in the middle? You look here. So this one is a yes, it's

    真ん中ですか?これは真ん中にある「t」は「d」で発音します。

  • in the middle, it's in the middle, middle, middle. The beginning, no. Middle; beginning,

    これも、これも、これも。逆に、「t」で始まる場合は「d」で発音しません。真ん中、始め、

  • no; middle; no; no. So we pronounce t's like d's when they're in the middle of a word.

    真ん中、「t」で始まる、「t」で始まる。気づきましたか?「t」は単語の真ん中にあれば、「d」で発音します。

  • Okay?

    いいですか?

  • But we don't do it all the time. When do we do it? When do we say t's like t's, and when

    しかし、それは絶対ルールではありません。

  • do we say t's like d's? That might get a little bit confusing, but I hope you're following.

    では、どういう場合に「t」を「d」で発音しますか?ちょっと混乱になったかもしれないですけど、これから説明したいと思います。

  • Well, it depends on stress. So, what is stress? "Oh, I have a test tomorrow. I'm stressed."

    この違いは「stress」にあります。「明日テストだから、ストレスが溜まってるんだよ。」

  • Not that kind of stress. We're talking about stress in pronunciation. When we stress something

    の「stress」ではなく、アクセントのことです。stressするというのは

  • in pronunciation, we mean we say it louder and longer. So, for example: "party", part

    声を大きくしたり、声を伸したりすることですね。例えば、「party」の場合は、

  • of this I'm going to say loud and long, and part of it short. So listen and tell me where

    この部分は大きい声で伸ばして、この部分は短くします。アクセントはどこに置きますか?

  • the stress is: "party". The stress, if you said it's here, you are correct. "Par" is

    「party」。アクセントは?ここですね。「par」は

  • loud "ty" is shorter. I'll... Let's go to "water" next. "Water", "water". So where is

    大きい声で、「ty」は短いですね。もう一つの例を見ていきましょう。「water」、「water」。

  • the stress? Stress is here, okay? The first part. "Water". We say this part quieter. Here:

    アクセントは?ここですね。「wa」はより軽くて発音しますね。次、

  • "forty", "forty". Where is the stress? What part's louder and longer?

    「forty」、「forty」。アクセントは?大きい声で伸ばした部分は?

  • If you said "for", you're correct.

    「for」と思えば、正しいです。

  • We say that part louder and longer. Louder and long... Louder and longer.

    「for」を大きい声で伸ばします。

  • Here we have the word "latter", "latter", "latter". Again, the first part is louder.

    これ、「latter」、「latter」、「latter」。これも前の部分は大きい声で発音します。

  • "Bottle", "bottle". In this case, the first part... Sorry. First part is louder.

    「bottle」、「bottle」。ここにアクセントを置きますね。

  • "City", "city",

    「city」、「city」。

  • okay? Again, the first part is louder. And so on, you'll see the same thing, here:

    これも、前の部分はアクセントを置きますね。

  • "bitter" it's stressed.

    「bitter」のアクセントはここです。

  • So what you're going to notice is that when we have a "t" in the middle of the word, not

    見た通り、「t」は単語の真ん中にあって、

  • at the beginning, and when it is not stressed... Okay? So, this is stressed, not stressed.

    そしてアクセントではない場合は、「d」で発音します。どうですか?アクセント、アクセントではない、

  • So the "t" isn't stressed, the "t" isn't stressed, the "t" isn't stressed. When the "t" isn't

    アクセントではない、アクセントではない、アクセントではない。アクセントではない場合は、

  • stressed, it becomes a "d". Okay? So, "t" equals "d" when unstressed. Okay.

    「t」は「d」で発音します。つまり、アクセントではない時、「t」が「d」に発音します。

  • So let's do some practice with this. I want you to say these words after me, and really

    これから、もっと練習してもらいたいと思います。私の後に続いて、そして、

  • focus on making a "d" sound in it. Okay? So the first word: "20", "20", "30", 30",

    意識しながら「d」を発音をしましょう。いいですか?では、始めましょう。「20」、「20」、「30」、「30」。

  • "40", "40", "50", "50", "60", "60", "70", "70", "80", "80", "90", "90". Okay, so now I want

    「40」、「40」、「50」、「50」、「60」、「60」、「70」、「70」、「80」、「80」、「90」、「90」。いかがですか?

  • you to actually try maybe an Australian pronunciation. I don't have an Australian accent, but we're

    では、今からオーストラリア英語の発音を見てみましょう。オーストラリア英語の真似をそんなに得意ではないのですが、

  • going to imagine these do not have a "t", okay? We're going to take away the "t" and

    「t」を抜いて、オーストラリア英語を真似して、練習しましょう。

  • "d", and say them like Australian. All right? So let's try. "20", "30", "40", "50", "60"...

    どうですか?「20」、「30」、「40」、「50」、「60」。

  • Oh, that's tough. "70", "80", "90". Okay? Again, my accent for Australian... I apologize

    難しいですね。「70」、「80」、「90」。いいですか?

  • if you live in Australia, and my accent is quite off, but you get the point. And it's

    発音を悪くて、オーストラリアの方々には申し訳ないのですが、私が言ってるポイント分かりますね。

  • the same with some sorts of British English, you just have a missing "t". Okay? Now let's

    一部のイギリス英語は「t」を抜いて発音する場合もあります。いいですか?では、今後

  • try this where we really pronounce the "t". "20", "30", "40", "50"... Even for me it's

    ちゃんと「t」を発音しましょう。「20」、「30」、「40」、「50」。私にっとても、

  • hard to keep the "t". "50", "60", "70", "80", "90". Okay.

    ちゃんと「t」をキープすることはそんなに簡単ではありません。「50」、「60」、「70」、「80」、「90」。

  • So you can test it out. Depending on what kind of accent you want... If you want a North

    ぜひ試してみてください。アメリカ英語の場合には、

  • American accent, you should... We call this tapping, where you turn this into a "d". If

    「t」を軽くして「d」で発音しましょう。

  • you want a British accent, pronounce your t's; very important. And if you want maybe

    イギリス英語の場合は、ちゃんと「t」の発音を強調しましょう。

  • an Australian accent or a different dialect of English,

    オーストラリア英語と一部のイギリス英語の場合は、

  • get rid of the "t", okay? In unstressed syllables.

    アクセントではない音節にある「t」を抜いて発音しましょう。

  • So, thank you for watching this video. I invite you to take our quiz on this at www.engvid.com.

    最後までこの動画を見ていただいて、ありがとうございました。www.engvid.comでクイズの練習ができますので、ぜひやってみてください。

  • There, you can learn some more about tapping, and you can practice seeing where you think

    そこで、「tapping」についてもっと勉強できます。アクセントはどこに置くのか、

  • stresses in syllables, and which t's are tapped, where they sound like a "d".

    どの「t」が「d」に聞こるのかを練習できます。

  • So, until next time, take care, and I will see you soon.

    では、また次回。さよなら。

Hello, my name is Emma, and in today's video, I am going to teach you a little bit about North American pronunciation.

こんにちは。Emmaです。今日はアメリカ英語の発音について

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

A2 初級 日本語 発音 アクセント 英語 聞こえ water 真ん中

ネイティブのような英語発音レッスン (Sound like a Native English Speaker: Tapping)

  • 34187 3274
    Chamber に公開 2016 年 11 月 18 日
動画の中の単語