Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

審査済み この字幕は審査済みです
  • Consider, my dear viewers, a world.

    皆さん、とある世界を想像してみてください。

  • A world without money, without class divisions, where everyone gives according to their abilities and takes according to their needs.

    金も社会格差もなく、皆自分の能力に準じた分だけ貢献し、必要に応じて物資を貰う世界を。

  • Sounds pretty sweet, no?

    いい響きではありませんか?

  • To German poet and philosopher Karl Marx, such a Communist utopia was not only possible, it was inevitable, or what he called "the march of history".

    ドイツの詩人、哲学者のカール・マルクスにとって、そのような共産的理想郷はただ可能なだけでなく、「歴史の行進」として必然的に起こるものです。

  • Though deeply influenced by Hegel, who proposed that history develops through the abstract concept ofWorld Spirit", Marx believed that it is not conflict of ideas that propels history, but rather, conflict arising out of our relation to material goods, that will bring history to its end - specifically, our working conditions.

    へゲルが提唱した抽象的な「精神現象学」に影響されるも、マルクスは考えの対立が歴史を推進させるのではなく、人々の物資への執着こそが破滅に繋がると考えました ー 特に我々の労働環境が。

  • Marx calls this historical processDialectical Materialism.”

    マルクスはこの歴史の進みを「唯物弁証法」と名付けました。

  • Initially, humanity was concerned only with the most basic acts of our species - producing for personal survival.

    当初、人類は最も原始的な行動にしか関心がありませんでした ー 生存のための産出。

  • But as the population multiplied, “economic systemswere established to address the needs of all.

    しかし人口が増えるにつれ、皆の供給に応えるために経済体制が形成されました。

  • And with economics, an individual's relationship to the products they create changes - for one is no longer producing for their immediate needs.

    そして経済によって、各々が作り出した商品との関係性が変化しました。なぜなら人々はもはや己の実需のために生産しなくなったからです。

  • They are producing for others.

    むしろ他人のために生産するようになりました。

  • Fast forward to the Industrial Revolution where mankind created mechanisms to fulfill the needs of many with unprecedented efficiency.

    人類が機械を作り、未曾有の作業効率を得た産業革命まで早送りしてみましょう。

  • These mechanisms, or "capital", are owned by individuals leading to enormous concentrations of wealth.

    これらの機械、または資本、の所有権は数少ない個人のもとに集まり、富の寡占につながりました。

  • And for the tired worker who must operate these machines, there is no getting ahead.

    これらの機械を動かしている疲れ果てた労働者達にはどうすることもできません。

  • For in order for the capitalist to maximize profit, he must pay the workers little more than is necessary to survive.

    なぜなら資本家が最大の利益を上げるために、労働者には生活の必要最低限を少しだけ上回る賃金しか払われません。

  • To Marx, this economic system of capitalism thrives on exploitation and creates widespread unhappiness through what he calls"alienation".

    マルクスは、この資本主義な経済体制は搾取を基に成り立っていて、普遍的不幸の源となっていると考えています。これをマルクスは「疎外化」と呼びました。

  • For starters, I am alienated from the fruits of my labor.

    手始めに、私は自分の労働の成果から疎外されてしまう。

  • If I create a turnip, it will be sold to another, and in exchange I will be paid a wage and become as much of a commodity as the thing I produce.

    もしカブを作れば、それは他人に売られ、その代わりに賃金を支払われます。私は私が作り出したカブ同様の商品に成り下がってしまいます。

  • Thus, I am removed from my work. I do not see myself in my labor.

    結果私は仕事から遠ざけられた気になります。自分の労働している姿を想像することができません。

  • Capitalism also alienates us from each other.

    また、資本主義は互いの仲をも壊します。

  • For the worker to produce efficiently, the capitalist tells them they are in constant competition for their job, thereby turning our fellow man in to an adversary, rather than an ally.

    労働者が効率的に生産するために、資本家は「皆競争のなかに身を置いている」と呟きます。結果同胞を仲間ではなく、敵と仕立ててしまうのです。

  • Furthermore, capitalism alienates us from our very nature.

    さらに、資本主義は我々を、我々本来の本性からも遠ざけてしまいます。

  • Creating is a great source of satisfaction for our species.

    生産は本来人類にとって、満足をもたらすものです。

  • But because we are forced to make things that we have no personal investment in, our lives become a burden.

    しかし個人的執着がないものを作らされる故、日常生活の負担になってしまっています。

  • As time goes on, and industrial powers become increasingly concentrated among a select elite, the gap between the working class and the capitalist will only become wider.

    時間がたつほど、そして産業的権力が数少ないエリートに集まるにつれ、労働者階級と資本家の格差は広まる一方だ。

  • To Marx, this gap will eventually become so pronounced that the workers, in their profound frustration, will rise up and overthrow the oppression of the few and usher in a new society

    この格差はいずれ著しく大きくなり、不満をため込んだ労働者達は少数の迫害者に反乱し、新たな社会を先導するだろうとマルクスは言います。

  • society in which there is no private property, there are no class divisions, where people's labor is held for the common good and (where) all work according to their ability.

    個人の資産も、社会格差も無く、人々の労働が皆のためになり、皆自分の能力に応じた働きをする社会を。

  • And that, my friends, is Communism.

    それこそ、皆さん、それこそが共産主義です。

  • Even today, Marxism is one of the most powerful ideologies in the world.

    今でもマルクス主義は世界で最も影響力のある思想の一つです。

  • And to some, the ushering in of the Marxist utopia still lies in the not-too-distant future.

    一部の人は、マルクス的理想郷の到来は、それほど遠くない将来にあると信じています。

Consider, my dear viewers, a world.

皆さん、とある世界を想像してみてください。

字幕と単語
審査済み この字幕は審査済みです

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 マルクス 資本 労働 格差 主義 カブ

4分でわかる「マルクス主義」をスーパーマリオで解説 (What is Marxism? (Karl Marx + Super Mario Bros.) – 8-Bit Philosophy)

  • 23059 1565
    Jacky Avocado Tao に公開 2019 年 08 月 16 日
動画の中の単語