Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • "Sorry, my phone died."

    "ごめん、携帯が壊れた"

  • "It's nothing. I'm fine."

    "何でもない"大丈夫だ"

  • "These allegations are completely unfounded."

    "これらの疑惑は全く根拠がない"

  • "The company was not aware of any wrongdoing."

    "会社は不正行為を認識していなかった"

  • "I love you."

    "愛してる"

  • We hear anywhere from 10 to 200 lies a day.

    一日に10~200本の嘘を聞きます。

  • And we spent much of our history coming up with the ways to detect them, from medieval torture devices to polygraphs, blood pressure and breathing monitors, voice stress analyzers, eye trackers, infrared brain scanners, and even the 400-pound electroencephalogram.

    そして、我々は歴史の多くを費やしてきました。中世の拷問装置から、ポリグラフ、血圧・呼吸モニター、音声ストレス分析器、眼球追跡装置、赤外線脳スキャナー、さらには400ポンドの脳波計まで、それらを検出する方法を考え出してきました。

  • But although such tools have worked under certain circumstances, most can be fooled with enough preparation, and none are considered reliable enough to even be admissible in court.

    しかし、そのようなツールは、特定の状況下で働いてきましたが、ほとんどは十分な準備で誤魔化すことができ、誰も法廷でさえ許容できるほど信頼できるとは考えられていません。

  • But, what if the problem is not with the techniques, but the underlying assumption that lying spurs physiological changes?

    でも 問題が技術ではなく、嘘をつくことが生理的変化に拍車をかけるという根本的な前提にあるとしたら?

  • What if we took a more direct approach, using communication science to analyze the lies themselves?

    もっと直接的なアプローチで、コミュニケーション科学を使って嘘そのものを分析したらどうだろうか。

  • On a psychological level, we lie partly to paint a better picture of ourselves, connecting our fantasies to the person we wish we were rather than the person we are.

    心理学的なレベルでは、私たちは自分自身のより良いイメージを描くために嘘をつくことがあり、空想を今の自分ではなく、今の自分になりたい自分に結びつけています。

  • But while our brain is busy dreaming, it's letting plenty of signals slip by.

    しかし、私たちの脳は夢を見るのに忙しく、それは多くの信号をすり抜けさせている。

  • Our conscious mind only controls about 5% of our cognitive function, including communication, while the other 95% occurs beyond our awareness, and according to the literature on reality monitoring, stories based on imagined experiences are qualitatively different from those based on real experiences.

    私たちの意識はコミュニケーションを含む認知機能の5%程度しかコントロールしておらず、残りの95%は意識を超えて発生しており、現実モニタリングに関する文献によれば、想像上の体験に基づく物語は、現実の体験に基づく物語とは質的に異なるものです。

  • This suggests that creating a false story about a personal topic takes work and results in a different pattern of language use.

    これは、個人的な話題についての偽りの話を作るのには仕事が必要であり、結果的に言葉の使用の異なるパターンになることを示唆している。

  • A technology known as linguistic text analysis has helped to identify four such common patterns in the subconscious language of deception.

    言語的テキスト分析と呼ばれる技術により、欺瞞の潜在意識言語にあるこのような4つの共通パターンを特定することができました。

  • First, liars reference themselves less, when making deceptive statements.

    第一に、嘘つきは、欺瞞的な発言をするときに、自分自身のことをあまり参照しません。

  • They write or talk more about others, often using the third person to distance and disassociate themselves from their lie.

    彼らは他人のことをもっと書いたり話したりして、しばしば第三者を使って自分の嘘から距離を置き、自分自身を切り離します。

  • Which sounds more false?

    どっちが嘘っぽい?

  • "Absolutely no party took place at this house," or "I didn't host a party here."

    "絶対にこの家ではパーティーは行われなかった "とか "ここではパーティーを開いていない "とか

  • Second, liars tend to be more negative, because on a subconscious level, they feel guilty about lying.

    次に、嘘つきは潜在意識レベルでは、嘘をつくことに罪悪感を感じているため、よりネガティブになりがちです。

  • For example, a liar might say something like, "Sorry, my stupid phone battery died. I hate that thing."

    例えば、嘘つきはこう言うかもしれない "ごめんね、私のバカな携帯の電池が切れたの。"あんなの嫌いなんだ"

  • Third, liars typically explain events in simple terms since our brains struggle to build a complex lie.

    第三に、嘘つきは複雑な嘘を構築するのに脳が苦労しているので、一般的には簡単な言葉で出来事を説明します。

  • Judgement and evaluation are complex things for our brains to compute.

    判断や評価は、私たちの脳が計算するには複雑なものです。

  • As a U.S. President once famously insisted: "I did not have sexual relations with that woman."

    かつてアメリカ大統領が主張したように "私はあの女性と性的関係を持っていない "と

  • And finally, even though liars keep descriptions simple, they tend to use longer and more convoluted sentence structure, inserting unnecessary words and irrelevant but factual sounding details in order to pad the lie.

    そして最後に、嘘つきは説明をシンプルにしているにもかかわらず、その嘘を埋めるために、不必要な言葉を挿入したり、無関係だが事実に聞こえる詳細を挿入したりして、より長く、より複雑な文章構造を使用する傾向があります。

  • Another President confronted with a scandal proclaimed: "I can say, categorically, that this investigation indicates that no one on the White House staff, no one in this administration presently employed was involved in this very bizarre incident."

    "スキャンダルに直面した別の大統領は"「断言しておきますが、この調査は、ホワイトハウスのスタッフの誰も、現在雇用されているこの政権の誰も、この奇妙な事件に関与していないことを示しています」

  • Let's apply linguistic analysis to some famous examples.

    有名な例に言語分析を当てはめてみましょう。

  • Take seven-time Tour de France winner Lance Armstrong.

    ツール・ド・フランス7連覇の ランス・アームストロングを連れて行け

  • When comparing a 2005 interview, in which he had denied taking performance-enhancing drugs to a 2013 interview, in which he admitted it, his use of personal pronouns increased by nearly 3/4.

    パフォーマンス向上薬の服用を否定した2005年のインタビューと、それを認めた2013年のインタビューを比較すると、彼の人称代名詞の使用は3/4近く増加した。

  • Note the contrast between the following two quotes.

    以下の2つの引用文の対比に注意してください。

  • First: "Okay, you know, a guy in a French, in a Parisian laboratory opens up your sample, you know, Jean-Francis so-and-so, and he tests it. And then you get a phone call from a newspaper that says: 'We found you to be positive six times for EPO."

    "フランスのパリの研究所の男が あなたのサンプルを開けて ジャン・フランシス・ソーン・アンド・ソウと言って 検査したそして新聞から電話がかかってきて "EPOが6回陽性であることが判明した" と書いてあった

  • Second: "I lost myself in all of that. I'm sure there would be other people that couldn't handle it, but I certainly couldn't handle it, and I was used to controlling everything in my life. I controlled every outcome in my life."

    二つ目:「私はそのすべての中で自分を見失っていました。他の人にも対処できない人はいると思いますが、私は確かに対処できませんでしたし、自分の人生のすべてをコントロールすることに慣れていました。人生の全ての結果をコントロールしていた"

  • In his denial, Armstrong described a hypothetical situation focused on someone else, removing himself from the situation entirely.

    彼の否定の中で、アームストロングは、他の誰かに焦点を当てた仮定の状況を記述し、状況から完全に自分自身を削除します。

  • In his admission, he owns his statements, delving into his personal emotions and motivations.

    彼の告白の中で、彼は自分の発言を所有しており、個人的な感情や動機を掘り下げています。

  • But the use of personal pronouns is just one indicator of deception.

    しかし、人称代名詞の使用は欺瞞の一つの指標に過ぎません。

  • Let's look at another example from former Senator and U.S. Presidential candidate John Edwards.

    元上院議員で米大統領候補のジョン・エドワーズ氏の別の例を見てみましょう。

  • "I only know that the apparent father has said publicly that he is the father of the baby. I also have not been engaged in any activity of any description that requested, agreed to, or supported payments of any kind to the woman or to the apparent father of the baby."

    "「私が知っているのは 父親と思われる人物が 自分が赤ん坊の父親だと公言していることだけだ」「私はまた、いかなる活動にも従事していない」「女性や赤ちゃんの父親と思われる人物に」「いかなる種類の支払いを要求したり、同意したり、支援したりしたこともない」

  • Not only is that a pretty long-winded way to say, "The baby isn't mine," but Edwards never calls the other parties by name, instead saying "that baby," "the woman," and "the apparent father."

    それはかなり長文の言い方だ 「赤ちゃんは私のものじゃない」と言うだけでなく エドワーズは他の当事者を 名前で呼ばない 代わりに "その赤ちゃん" "女性 "と "明らかな父親 "と言ってる

  • Now let's see what he had to say when later admitting paternity.

    さて、後に父性を認めた時の彼の発言を見てみよう。

  • "I am Quinn's father. I will do everything in my power to provide her with the love and support she deserves."

    "私はクインの父親だ彼女に値する愛とサポートを提供するために 全力を尽くします"

  • The statement is short and direct, calling the child by name and addressing his role in her life.

    声明文は短く直接的で、子供を名前で呼び、その子の人生の中での役割を述べています。

  • So how can you apply these lie-spotting techniques to your life?

    では、これらの嘘発見のテクニックをどのようにして自分の人生に応用することができるのでしょうか?

  • First, remember that many of the lies we encounter on a daily basisare far less serious than these examples, and may even be harmless.

    まず、私たちが日常的に遭遇する嘘の多くは、これらの例よりもはるかに深刻ではないことを覚えておいてください、さらには無害かもしれません。

  • But it's still worthwhile to be aware of telltale clues, like minimal self-references, negative language, simple explanations and convoluted phrasing.

    しかし、最低限の自己言及、否定的な言葉、簡単な説明、複雑な言い回しなどのような、言い回しのヒントを意識することは、まだ価値があります。

  • It just might help you avoid an overvalued stock, an ineffective product, or even a terrible relationship.

    ただ、過大評価されている株や、効果のない商品、ひどい人間関係を避けるのに役立つかもしれません。

"Sorry, my phone died."

"ごめん、携帯が壊れた"

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 TED-Ed 嘘つき 父親 意識 分析 エドワーズ

TED-ED】嘘をつく言葉-ノア・ザンダン

  • 31907 2871
    Jenny Lip に公開 2015 年 05 月 31 日
動画の中の単語