Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • This is how lethal injection actually works.

    これが実際の致死注射の仕組みです。

  • Lethal injection is America's most common method of execution.

    致死性注射は、アメリカで最も一般的な死刑執行方法です。

  • There have been 1000, 472 executions in America since 1976 and 1297 of these have been performed via lethal injection.

    アメリカでは1976年以降、1000、472件の死刑執行が行われており、そのうち1297件が致死注射によるものです。

  • The actual injection involves three different chemicals applied concurrently via intravenous drip.

    実際の注射では、3種類の薬品を同時に点滴で投与します。

  • The first injection is an anesthetic called sodium thiopental, a strong barbiturate used to send a person into a deep unconscious state, so pain cannot be felt.

    最初の注射はチオペンタールナトリウムと呼ばれる麻酔薬で、強いバルビツール剤で、深い意識のない状態にするため、痛みを感じることができません。

  • The second is pancuronium bromide, which acts as a neuromuscular blocker, preventing communication between the nervous system and muscles as the person has no muscular control, a state of paralysis has reached And the final injection is potassium chloride.

    臭化パンクロニウムは、神経筋遮断剤として作用し、神経系と筋肉の伝達を妨げ、筋肉の制御ができなくなり、麻痺状態になる。 そして最後の注射は塩化カリウム。

  • This disrupts the electrical signaling of the heart, stopping it from beating and ending the person's life.

    これにより、心臓の電気信号が乱れ、心臓の動きが止まり、その人の命が終わります。

  • According to a 2000 to study in the journal of Forensic Science, the average time from the first injection to the heart stopping is 8.4 minutes.

    2000年にフォレンジックサイエンス誌に掲載された研究によると、最初の注射から心臓が止まるまでの平均時間は8.4分だそうです。

This is how lethal injection actually works.

これが実際の致死注射の仕組みです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 注射 致死 心臓 死刑 執行 ナトリウム

致死性注射の効果は? (How Does The Lethal Injection Actually Work)

  • 25 2
    林宜悉 に公開 2021 年 12 月 05 日
動画の中の単語