Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • skin flaying human skin suits organs torn from bodies.

    人間の皮を剥ぎ、スーツを着て、体から臓器を切り取る。

  • That was just a day in the life of the Aztecs, It was bloody and gruesome.

    それはアステカの生活の中の一日に過ぎず、血まみれで陰惨なものだった。

  • But we're sure you'll soon agree there are some fantastic tales.

    しかし、すぐに素晴らしい物語があることに気づいていただけると思います。

  • Let's start with the old human skin suit.

    まずは、昔の人のスキンスーツから。

  • The star of the story is Witsel approached who you won't be surprised to hear was a god of war.

    物語の主役は、戦争の神と聞いても驚かないウィツェルです。

  • One of the myth says that Godzilla post, he was fighting against eternal darkness.

    神話の一つに、ゴジラのポストは永遠の闇と戦っていたとあります。

  • So if the Aztecs didn't want the sun to go down forever, they had to get some sacrificing done.

    アステカでは、太陽が永遠に沈まないようにするには、いくつかの犠牲を払わなければならなかったのです。

  • He also led his people to the great city of Tenochtitlan, something that left a long trail of blood.

    また、彼は民衆を率いて偉大な都市テノチティトランを建設しましたが、これには長い血の跡が残っています。

  • This story of migration can be found in ancient manuscripts, but as to what really happened and what is made of scholars might say the stories contained some truth and some fiction.

    このような移住の話は古代の写本にも見られますが、実際に何が起こったのか、何でできているのかについては、学者たちは真実もあれば、フィクションもあると言うかもしれません。

  • The Aztecs set off looking for a new land on which to settle, guided by Hogzilla posted at some point in the journey would steal a post.

    アステカ人は新天地を求めて旅に出たが、旅の途中でホグジラがポストを盗むことがあった。

  • He told his sister molinos Oak, that she was no longer wanted on the voyage.

    彼は妹のモリノ・オークに、もうこの航海には必要ないと言った。

  • He told the people she was an evil sorceress who could make people eat scorpions and snakes.

    彼は人々に、彼女はサソリやヘビを食べさせることができる邪悪な魔術師であると伝えました。

  • Godzilla post.

    ゴジラの投稿。

  • He said this was not okay.

    これではいけないと。

  • He was a workout, not a sorcerer.

    彼は魔術師ではなく労働者だった。

  • So off she went, she wasn't going to stay away from long though, brazil a post.

    そうして、彼女は旅立った。しかし、長く留まるつもりはなく、ブラジルにポストを持っていた。

  • He took his people to a place called chapultepec, which would become a sacred site for the Aztecs when they first got there, Godzilla post, he said to his followers settled down, but get ready to battle isn't far away.

    アステカの聖地となるチャプルテペックという場所に民衆を連れて行ったとき、ゴジラは「落ち着け、だが戦いの準備はまだ先だ」と言って、民衆を連れて行った。

  • Lo and behold molinos.

    驚いたことに、モリノがいた。

  • Okay, came back.

    よし、戻ってきた。

  • But now she had her son in tow.

    しかし、今は息子を連れている。

  • He was copia a mighty sorcerer himself.

    彼自身も強力な魔術師であった。

  • He vowed to get rid of Godzilla post, but that didn't go too well for him.

    彼はゴジラのポストをなくすことを誓ったが、それはあまりうまくいかなかった。

  • He was caught and his heart was torn out Godzilla post.

    捕らえられ、心臓を引き裂かれたゴジラポスト。

  • He told his people to go dump it in a nearby lagoon.

    彼は部下に、近くのラグーンに捨ててこいと言った。

  • They moved on again.

    彼らは再び動き出した。

  • But the problem was that the people already in the great valley didn't want them.

    しかし、問題は、すでに大谷にいる人たちが彼らを必要としていないことだった。

  • Their times were tough indeed.

    確かに厳しい時代でした。

  • They then came across the city of cholula.

    そして、チョルーラの街に出会った。

  • Con Godzilla pastilles.

    コン・ゴジラ・パスティーユ

  • Always planning ahead.

    常に先を見越した計画を立てる。

  • Said a kind of peace agreement should be made.

    一種の平和協定を結ぶべきだと。

  • He told the king of Cool you Akane a Cheeto metal that he'd marry his daughter.

    クール・ユー・アカネの王様にチートメタルを渡して、その娘と結婚すると言った。

  • This was no small thing after all.

    これは、決して小さなことではない。

  • Who'd steal a post.

    ポストを盗む人

  • He was a powerful god.

    彼は強力な神だった。

  • He was also a bit conniving.

    また、彼はちょっとした策士でもありました。

  • Once he and the daughter were at the temple presumably to tie the knot.

    一度だけ、彼と娘がお寺で結ばれたことがある。

  • Godzilla Post instead, flayed her.

    ゴジラ・ポストは代わりに彼女を剥いだ。

  • This wasn't anything to do with being jilted at the altar or immediately upset the king.

    これは、祭壇でジロジロ見られたとか、すぐに王様を怒らせたとか、そういうことではありません。

  • You see, once the skin was flayed Godzilla pastilles, demanded that the skin suit be worn by one of the priests according to scholars.

    ゴジラの皮が剥がれると、学者によると神官の一人に皮のスーツを着せるように要求したそうです。

  • This meant that she actually became one of the Aztec gods.

    つまり、彼女は実際にアステカの神々の一員となったのである。

  • The goddess of fertility.

    豊穣を司る女神です。

  • What was dead was born again?

    死んでいたものが生まれ変わった?

  • Fair enough.

    いいじゃないですか。

  • But poor old king Aceto mellow turned up at the temple a bit later thinking he would watch his daughter marry a God.

    しかし、哀れなアチェートメロウ王は、自分の娘が神と結婚するのを見ようと思って、少し後に神殿に現れました。

  • What he found instead was some old priest wearing the skin of his daughter.

    彼が見つけたのは、自分の娘の皮をかぶった年老いた神父だった。

  • Suffice to say he was rather disturbed.

    ただ、彼はかなり悩んでいた。

  • It said that he only just caught a glimpse of the Maccabees site as he lit some incense.

    お香を焚くときにマカビースのサイトをチラッと見ただけだという。

  • After that, he ran back to his own people and declared war on the Aztecs a battle in suit and for a while it looked as if the Aztecs were going to lose.

    その後、彼は自分の仲間のところに逃げ込み、アステカに宣戦布告しました。

  • Then one night while sleeping, one of the leading Aztec elders had a dream and in it Godzilla pastilles spoke to him, he said in the morning, rise up and seek a cactus.

    そしてある夜、アステカを代表する長老の一人が寝ている時に夢を見て、その中でゴジラのペースト状のものが彼に語りかけ、朝、起きてサボテンを探せと言ったそうです。

  • Standing among the reeds on.

    葦の間に立って

  • It will be perched an eagle pecking at a cactus fruit.

    鷲がサボテンの実をつついているようにとまります。

  • Remember that dead son go peel?

    死んだ息子のゴー・ピールを覚えていますか?

  • The cactus had grown from his heart thrown into the lagoon.

    ラグーンに投げ込まれた彼の心から、サボテンが生えてきたのだ。

  • Godzilla post, he said, this is now your place, this is your city.

    ゴジラポスト、ここはもうあなたの場所、あなたの街ですよと。

  • This is where you'll stay and it's where you'll do battle with any intruders.

    ここがあなたの居場所であり、侵入者との戦いの場でもあるのです。

  • It became Tenochtitlan The next day the elder led his people to the lagoon and just as the God had promised an eagle was pecking at the cactus, the eagle even acknowledged with the kind of head bump that they arrived at their holy place.

    次の日、長老は民衆をラグーンに連れて行きました。神が約束した通り、鷲がサボテンをつついていました。鷲は、彼らが聖地に到着したことを頭をぶつけて認めてくれました。

  • No one was going to mess with them now.

    これで誰も手を出さないだろう。

  • Not for a while anyway, a certain Spaniard named Hernan Cortes put an end to their empire many years later.

    スペイン人のエルナン・コルテスが彼らの帝国に終止符を打ったのは、それから何年も後のことだった。

  • But we're not done with Godzilla posted just yet.

    しかし、まだゴジラの掲載は終わっていません。

  • This was some tough god and he didn't suffer fools gladly.

    この人はタフな神様で、喜んでバカを見るような人ではありませんでした。

  • You could also say he went overboard now and again.

    また、たまにはやりすぎたとも言えるでしょう。

  • How he came to be is one hell of a story.

    彼がどのようにして誕生したかは、とんでもない話だ。

  • His mother, the goddess, the creator and destroyer, wore a skirt of snakes and a necklace containing human skulls, hearts and hands.

    彼の母親は、創造と破壊を司る女神で、蛇のスカートと、人間の頭蓋骨、心臓、手が入ったネックレスを身につけていました。

  • She also gave birth to the moon and the stars for that reason as well as her fashion sense.

    また、月や星を生んだのも、彼女のファッションセンスのためである。

  • She was one hell of a woman as the legend goes.

    伝説にあるように、彼女はとんでもない女性だった。

  • One day, she was just going about her business sweeping the floor of the temple when a ball of feathers floated over to her.

    ある日、彼女が神殿の床を掃く仕事をしていると、羽毛の玉が浮かんできました。

  • How it managed, we don't know.

    どのようにしてできたのかはわかりません。

  • But the feathery ball landed on her and made her pregnant thing was she already had 400 sons and one daughter.

    しかし、その羽毛のボールが彼女に降りかかり、彼女が妊娠したのですが、彼女にはすでに400人の息子と1人の娘がいました。

  • That daughter Khalil's Schalke didn't take too fondly to seeing her mother pregnant again.

    その娘ハリルのシャルケは、母親の再妊娠をあまり快く思っていなかった。

  • Kawasaki, being the leader of the band of brothers, told them that their mother had dishonored them by getting pregnant.

    兄弟のリーダーである川崎は、母親が妊娠して自分たちの名誉を傷つけたと言っていた。

  • Kawasaki and the brothers hatched a plan to kill their mother.

    川崎と兄弟は、母親を殺す計画を立てた。

  • It was then that Hutzell pastilles, just an embryo in his mother's womb.

    その時、母親の子宮の中でまだ胎児だったフッツェルは、パスティーユを手に入れたのだ。

  • Heard about the plan as the brothers and sisters walked toward their unsuspecting mother, Godzilla pastilles suddenly flew out of her like a man on a mission.

    この計画を聞いた兄弟姉妹は、何も知らない母親に向かって歩いていくと、ゴジラのパステロイドが突然、使命感に燃えた男のように母親から飛び出してきた。

  • He was fully formed and more than ready for battle.

    彼は完全に形成され、戦いの準備ができていた。

  • The brothers scattered.

    兄弟は散り散りになってしまった。

  • But Godzilla post got a hold of his sister.

    しかし、ゴジラポストは妹を手に入れた。

  • This is what happened next.

    これが次の展開です。

  • According to the old text he pierced Coolio Shockey and then quickly struck off her head.

    古文書によると、彼はCoolio Shockeyを刺した後、すぐに彼女の頭を打ち落としたそうです。

  • It stopped there at the edge of kota Patel and her body came falling below.

    それはコタパテルの端で止まり、彼女の体は下に落ちてきた。

  • It fell breaking to pieces in various places, her arms, her legs and her body each fell.

    それがあちこちで粉々になって落ちてきて、腕も足も体も落ちてきた。

  • Some sources we found said he killed every last brother.

    弟を一人残らず殺したという情報もあった。

  • Although we can't be sure of some of them survived.

    中には生き残っているかどうかわからないものもありますが。

  • Another legend has it?

    もう一つの伝説は?

  • That hard steel pastilles through Kaleo Shockey's head into the sky.

    その硬い鉄がカレオ・ショッキーの頭を通り抜けて空に向かっている。

  • It stayed there became the moon.

    それがそのまま月になった。

  • The dead brothers were also cast aloft and they became some of the stars.

    亡くなった兄弟も高所に投げ出され、彼らは星の一部となった。

  • This is a violent tale.

    これは暴力的な物語である。

  • But apparently who supposedly did that?

    でも、それをやったのは誰だと思われますか?

  • So his mother could be reminded of her once large family.

    そのため、母親はかつての大家族の姿を思い出すことができた。

  • Every time she looked into the night sky.

    彼女が夜空を見るたびに

  • As you know, the Aztecs did quite a bit of sacrificing for their gods.

    ご存知のように、アステカでは神々のためにかなりの犠牲が払われていました。

  • It's not surprising when the foundational stories are that brutal.

    基礎となるストーリーがあれだけ残酷なものであれば、当然のことです。

  • When human sacrifices were made of the great temple, their unfortunate folks would have their hearts ripped out while they were still alive.

    大寺院の人身御供が行われると、その不幸な人々は生きているうちに心臓を切り取られてしまう。

  • The bloodied figure would then be thrown down the temple steps until it stopped at an image of qu xiao qi This was a kind of re enactment of the old tale.

    そして、血まみれの人物は、寺院の階段を投げ落とされ、クシャオキの像の前で止まるのである。

  • The Aztecs made sacrifices to appease the gods to win battle to try to ensure their crops didn't die.

    アステカでは、戦いに勝つために神を鎮めるために生贄を捧げ、作物が枯れないようにしていました。

  • What else could they blame for all the things that could go wrong?

    うまくいかないことを、他の何のせいにすることができるだろうか。

  • Well when it didn't rain or it flooded.

    雨が降らなかったり、洪水になったりしたときにね。

  • Who could be to blame?

    誰が悪いんだろう?

  • But the rain god, he was to look, no rain meant no food.

    しかし、雨の神様は、雨が降らないと食べ物がないと見ていました。

  • So sacrificing a human or two didn't seem like such a bad thing to the Aztecs.

    だから、アステカの人々にとって、人間を1人か2人犠牲にすることは、それほど悪いことではなかったのです。

  • Even Aztec creation myths for brutal as the story goes, the world had been destroyed five times.

    アステカの創造神話でも、残虐な話として、世界は5回破壊されていたという。

  • It was during the third time called the third Son.

    三つ目の御子と呼ばれる時のことである。

  • That a god named ted scott lee polka stole to luke's wife.

    テッド・スコット・リーという神が、ルークの妻にポルカストールをしたこと。

  • So she castle a beautiful god of love.

    だから彼女は美しい愛の神を城にした。

  • This of course, enraged to look and it became the reason for the end of the third Son.

    これはもちろん、見ている人を激怒させ、三男の終わりの理由となった。

  • Instead of using his powers to give the world rain to look, covered the earth with fire after that.

    力を使って世界に雨を与えて見る代わりに、その後、地球を火で覆いました。

  • The gods had to get busy to make a new world.

    神々は新しい世界を作るために忙しくしていた。

  • You have to wonder now, how did they get things going again?

    今となっては、どうやって再開したのか不思議でなりません。

  • Well, the Aztecs had quite a few takes on the creation of the universe and none of them were very scientific one.

    アステカ人は、宇宙の誕生についていくつかの考え方を持っていましたが、どれもあまり科学的ではありませんでした。

  • Such creation theory involved a god named nana Watson.

    そんな創造論には、ナナ・ワトソンという神が登場する。

  • He was said to be a humble god and also a very ugly god.

    謙虚な神であると同時に、とても醜い神であるとも言われていました。

  • The Aztecs wrote that his face was full of source with that in mind.

    アステカでは、そのことを念頭に置いて彼の顔がソースに満ちていると書いている。

  • If someone had to take one for the team, it was going to be nana Watson in order to create a new sun.

    新しい太陽を作るために、誰かが一人を犠牲にしなければならないとしたら、それはナナ・ワトソンになるだろう。

  • One of the gods had to throw themselves into the flames, thereby powering the sun.

    神々の一人が炎の中に身を投じることで、太陽の力を得ることができました。

  • Nana Watson said, okay, fine, I'll do it.

    ナナ・ワトソンは、わかった、わかった、やるよ、と言った。

  • He sacrificed himself, but there still wasn't enough power.

    自分を犠牲にしても、まだパワーが足りなかったのだ。

  • So the other gods ripped out their hearts and along with their blood, they threw them into the great fire.

    そこで、他の神々は彼らの心臓を切り取り、その血とともに大火の中に投げ込んだのです。

  • This power of the universe.

    この宇宙の力。

  • Now you can see more clearly why the Aztecs had a thing for tearing out hearts, the blood that pumped through a human body.

    アステカ人が、人間の体を流れる血液である心臓を切り取っていた理由がよくわかりましたね。

  • They thought pumped through the universe itself or what they saw as a universe.

    彼らは、宇宙そのもの、あるいは宇宙と思われるものを介して、ポンプを使っていると考えました。

  • There was in general, a lot of blood and guts and it seems that Aztecs weren't squeamish at all.

    全体的に血や内臓が多く、アステカ人は全く臆病ではなかったようです。

  • Take for instance, his story involving the God Zito Tech, he was the god of spring.

    例えば、ジトーテックの神にまつわる話ですが、彼は春の神でした。

  • So he represented growth and the much needed new crops every year.

    つまり、彼は成長と、毎年必要とされる新しい作物を表していたのです。

  • But remember the Aztecs related the human body to matters of the earth, That's why they called the spring the new growth like a new skin of the world.

    しかし、アステカの人々は、人体を地球の問題と関連づけていたことを覚えています。だからこそ、春は世界の新しい皮膚のような新しい成長と呼んだのです。

  • You know, it's coming.

    くるんですよね。

  • We imagine when Zito Tech was depicted by the Aztecs, he was always wearing human skin on his body, he was around during a period called take a ship like this came second in the main rituals of the Aztec year and it stood for the flaying of men.

    ジトーテックがアステカに描かれたとき、彼は常に人間の皮膚を身につけていて、アステカの年の主要な儀式の中で、このような船を取ることが2番目に行われ、それは人の皮を剥ぐことを意味していたと想像しています。

  • Not only would human sacrifices mean people were going to have their hearts torn out, but their skin was also removed.

    人身御供とは、心臓を切り取られるだけでなく、皮膚も剥がされることを意味しています。

  • The skins were then died a golden color and worn by priests.

    その皮を金色に染め、神官が身につけていました。

  • The suits were called Tukwila Cometo, which meant Golden close.

    スーツは「ツクウィラ・コメット」と呼ばれ、ゴールデン・クローズを意味していた。

  • Other victims were merely shot with arrows, Their blood being allowed to drip while the people sang the song in honor of zipper to check the blood represented the falling rain.

    他の犠牲者はただ矢を射られただけで、その血は滴り落ち、人々はジッパーを讃える歌を歌いながら、降り注ぐ雨の中で血を確認したという。

  • And so when they made these sacrifices, they believed they were due a rainfall.

    そして、彼らがこのような犠牲を払ったとき、彼らは雨が降ると信じていたのです。

  • If that's not brutal enough for you remember the rain god Blalock.

    もしそれが十分に残酷なものでないなら、雨の神ブラロックを思い出してください。

  • It was believed that when the young folks were sacrificed to him the more they cried, it meant the more rain would fall.

    若者を生贄に捧げたとき、彼らが泣けば泣くほど雨が降ると信じられていました。

  • So if the Aztecs really wanted a heavy shower during a particularly dry period, it was better to make the sacrificial lambs crime.

    そのため、アステカでは、特に乾燥した時期にどうしても大雨を降らせたい場合は、生贄の羊を犯罪者にしたほうがよかったのです。

  • More speaking of young folks, they were sometimes used to honor the gods, but some of you might have passed on the offer had you been around in those days when the Aztecs wanted to honor the god Scotland polka, they would pick out a mail boy for an entire year.

    若者といえば、神々を敬うために使われることもありましたが、アステカがスコットランドのポルカの神を敬うために、1年間、郵便配達の少年を選んでいた時代にいたら、その申し出を断っていた人もいたかもしれません。

  • He would wear only the finest clothes and jewelry.

    彼は最高級の服と宝石だけを身につけていました。

  • He was treated like a god and had eight servants and attendants all day every day.

    彼は神のように扱われ、毎日毎日、8人の使用人や侍女がいた。

  • If people saw him and we mean anyone, they looked upon him as a great deity.

    彼を見た人は、つまり誰でも、彼を偉大な神として見ていました。

  • Life could not be better for that year.

    その年の生活は、これ以上ないほど充実していた。

  • 20 days prior to the year ending, he would be married to four young women and they would stay with him in his bed.

    年が明ける20日前には、4人の若い女性と結婚して、彼のベッドで一緒に過ごすことになります。

  • This represented a fertility period for the last few days there was singing and dancing and general merrymaking.

    これは豊作の時期を表しており、最後の数日間は歌い、踊り、一般的な陽気さがありました。

  • But then the big day arrived, the boy was led to the top of the temple steps where the flutes that had been playing were broken over his body and you guessed it, his heart was removed.

    しかし、大事な日がやってきて、少年は神殿の階段の上に連れて行かれ、演奏していたフルートが彼の体の上で壊され、ご存じのように彼の心臓が取り出されました。

  • This might sound obscene to you, but one historian wrote, sacrificial victims mounted the bloody steps of the pyramid with dignity and pride.

    卑猥に聞こえるかもしれませんが、ある歴史家は、犠牲者は尊厳と誇りを持って血まみれのピラミッドの階段を登ったと書いています。

  • After being sacrificed, their bodies were eaten by some select diners.

    犠牲になった彼らの体は、選ばれた人たちによって食べられた。

  • That scott lee polka was one of the most important gods.

    そのスコット・リー・ポルカは、最も重要な神の一人だった。

  • He stood for a lot of good things in life, but he also stood for a lot of bad things.

    彼は人生において多くの良いことを支持していましたが、同時に多くの悪いことも支持していました。

  • After all, the Aztecs knew there was good and evil.

    アステカでは、善と悪があることを知っていました。

  • There were hard times and easy times.

    辛い時も楽な時もあった。

  • There was light and dark pain and the absence of pain that scott lee poco represented these two sides of the coin.

    光と闇の痛みがあり、痛みがないことでスコット・リー・ポコはこれらの表裏を表現した。

  • One legend we like that features him is when he came down to earth as a warrior in disguise, he arrived at the town, but the locals didn't much take to him and plotted an attack.

    私たちが好きな伝説のひとつに、彼が戦士に扮して地上に降りてきたときのことがあります。彼は町に到着しましたが、地元の人々は彼をあまり歓迎せず、攻撃を企てました。

  • That scott lee polka saw right through that of course, and being a trickster came up with a really sneaky way to get his own back on the people.

    もちろん、スコット・リー・ポルカはそれを見抜き、トリックスターとして、自分が人々に復讐するための実に卑劣な方法を考え出した。

  • He started singing a song and it was a great tune so great that everyone couldn't resist dancing to it.

    彼が歌い始めた曲は、みんなが思わず踊ってしまうほどの名曲だった。

  • But this wasn't some five minute number.

    しかし、これは5分間の数字ではない。

  • The song just kept going on because that scott polk had the power to sing for eternity if need be, those people just kept on bogey until they get dangerously close to the edge of a cliff.

    あのスコット・ポークは、必要とあらば永遠に歌い続けることができる力を持っていたからこそ、歌は続いていたのだ。あの人たちは、崖っぷちに立たされるまでボギーを歌い続けていたのだ。

  • One by one, they all fell off, still humming the tune.

    一人、また一人と倒れていき、まだ鼻歌を歌っている。

  • Sometimes he'd come back to earth, a skeleton.

    時々、骸骨になって地上に戻ってくる。

  • He'd roam around during the night and when people saw him, they'd see a pile of bones.

    夜中に徘徊して、人々が彼を見たときには、骨の山が見えていた。

  • But with a beating heart still inside, he then tell them this.

    しかし、彼は心を鬼にして、こう言った。

  • If you can tear out my beating heart, I will make sure you live the rest of your life with riches were not sure if anyone actually managed to pull out the heart, but being the trickster he was, we imagine it wasn't an easy feat still.

    実際に心臓を引き抜くことができた人がいるかどうかはわかりませんが、トリックスターである彼にとっては、簡単なことではなかったと思われます。

  • That scott lee poco was also the patron of the damned orphans and slaves.

    そのスコット・リー・ポコは、呪われた孤児や奴隷の守護者でもあった。

  • So maybe he had changed a few lives for the better.

    その結果、彼はいくつかの人生を良い方向に変えたのかもしれない。

  • We now think you probably had your fill of bloody tales.

    血なまぐさい話は、もうお腹いっぱいだと思います。

  • So we'll leave it there now you need to watch most brutal human sacrifice techniques throughout history or have a look at a different kind of horror walled up alive.

    それでは、歴史上最も残酷な人身御供の技術を見たり、生きたまま壁に囲まれた別の種類の恐怖を見たりする必要があるので、この辺で失礼します。

skin flaying human skin suits organs torn from bodies.

人間の皮を剥ぎ、スーツを着て、体から臓器を切り取る。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 アステカ ゴジラ ポスト 神々 心臓 スコット

王女を殺して神官にその皮を着せた(アステカ物語) (He Killed A Princess and Made His Priest Wear Her Skin (Aztec Stories))

  • 1 1
    林宜悉 に公開 2021 年 11 月 29 日
動画の中の単語