Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • they had one of the violist human beings in modern history behind bars twice and he somehow managed to escape it beggars belief that such a high profile killer could do this.

    現代史上最も暴力的な人間を2度も刑務所に入れたのに、どうにかして逃げ出したのですから。

  • But as you'll now see, Theodore robert Bundy had quite a few tricks up his diabolical sleeve.

    しかし、これからご覧になるように、セオドア・ロバート・バンディは極悪非道なトリックをいくつも隠し持っていたのです。

  • We don't think mr Bundy needs too much of an introduction.

    私たちは、バンディ氏をあまり紹介する必要はないと思います。

  • So here's an abridged version of his crimes.

    そこで、彼の犯罪を要約してご紹介します。

  • Bundy was educated, good looking and above all, manipulative.

    バンディは教養があり、容姿端麗で、何よりも人を操るのが上手かった。

  • He was charming when he wanted to be, which is why so many people, mainly young women, fell into his trap.

    そのため、若い女性を中心に多くの人が彼の罠にはまってしまったのです。

  • Bundy's specialty when it came to murder was cunning and deceit.

    バンディが得意としたのは、狡猾で騙しやすい殺人だった。

  • He would often fake having a broken arm, usually when trying to carry books and then speaking ever so politely, he'd asked for help his prey.

    彼は、本を運ぶときに腕を折ったふりをして、獲物を助けてくださいと丁寧に話していました。

  • In these cases, he'd usually surveilled for some time.

    このような場合、彼はしばらくの間、監視されることになる。

  • His victims were usually educated and pretty and frequently they were picked up by Bundy on college campuses.

    彼の犠牲者はたいてい高学歴で美人で、大学のキャンパスでバンディに拾われることが多かった。

  • There he'd do his trick and get someone to help him carry his books, went close to his car, he find his moment when they turned their backs on him and bang, he'd hit him over the head with a heavy object.

    そこで、本を運ぶのを誰かに手伝ってもらい、車の近くまで行って、背中を向けられた瞬間を見計らって、重たいもので頭をバンと叩く。

  • Bundy would then finish his victims off, sometimes visiting the dead bodies.

    そして、バンディは被害者にとどめを刺し、時には遺体を見に行くこともあった。

  • Later, before you hear how he escaped from prison, you need to understand that this man thought he was way more intelligent than the police.

    その後、彼がどうやって脱獄したかを聞く前に、この男は自分が警察よりもずっと頭がいいと思っていたことを理解してほしい。

  • He was an avid reader of detective magazines, which he later stated, helped him employ techniques to avoid arrest the cops.

    探偵雑誌の愛読者でもあった彼は、警察に逮捕されないためのテクニックを身につけていたと後に語っている。

  • Thought Bundy were more servants of the state, He being a narcissist believed he was something far superior after all.

    バンディは国家の手先だと思っていましたが、ナルシストの彼は自分がはるかに優れた存在だと信じていたのです。

  • He worked for politicians when he wasn't killing moreover, unlike some of the cops that Bundy watched walking around his crime scenes, he was university educated.

    さらに、バンディが犯行現場を歩き回るのを見ていた他の警官とは異なり、彼は大学で教育を受けていた。

  • He was so brazen that he even worked for the Seattle crime prevention advisory commission advising women how to not become victims of violence.

    彼は、シアトルの犯罪防止諮問委員会で、女性が暴力の被害者にならないためのアドバイスをしていたこともあるほどの図太い男です。

  • Meanwhile he was going out hunting for the same women he was supposed to be helping.

    その一方で、彼は自分が助けるはずの女性たちのために狩りに出かけていた。

  • He would have coffee with his colleagues and articulately and emotionally expound on the dangers of the streets and then with a grin on his face, he drive to where he stored the head of a woman he decapitated.

    彼は同僚とコーヒーを飲みながら、路上の危険性を饒舌かつ感情的に説き、その後、ニヤリと笑いながら、自分が首を切った女性の頭を保管している場所へと車を走らせた。

  • Even when witnesses came forward and talked about a man they'd seen on campus with his arm in a sling Bundy didn't think he'd be caught, witnesses talked about a guy who was fairly handsome who drove a VW beetle and Bundy kept on killing knowing he'd likely been seen from 1974 to 1978.

    目撃者が名乗り出て、腕を吊った男をキャンパスで見たと話しても、バンディは捕まるとは思わなかった。目撃者は、かなりハンサムでVWビートルに乗っている男のことを話していたが、バンディは1974年から1978年まで目撃されている可能性が高いことを知りながら、殺し続けた。

  • He definitely killed 20 women.

    彼は間違いなく20人の女性を殺した。

  • Although he confessed to 30 murders, the real number of victims could have been much higher.

    彼は30件の殺人を告白したが、実際の被害者数はもっと多かったかもしれない。

  • It didn't help cops that he moved around various states back in those days.

    その頃は、いろいろな州を転々としていたので、警官も大変だったと思います。

  • It wasn't easy connecting murders.

    殺人事件をつなぐのは簡単ではなかった。

  • There was what police called linkage blindness.

    警察が言うところのリンケージブラインドネスがあった。

  • There was also the fact that Bundy was a dab hand at hiding bodies on top of that just to look at him, talked to him and see his educational and work background.

    また、バンディは死体を隠すことに長けていて、彼の顔を見て、話をして、学歴や職歴を見ただけで、その人のことがわかった。

  • Most folks wouldn't think he was a guy who would sleep with corpses and shampoo their hair.

    普通の人は、彼が死体と寝たり、髪をシャンプーしたりするような男だとは思わないだろう。

  • Bundy killed in plain sight, but his demeanor and background kept him off the radar.

    バンディは見えないところで殺しをしていたが、その態度と経歴からレーダーには映らなかった。

  • Around the time Bundy was baptized in 1975 into the church of jesus christ of latter day saints, people were finally getting ahead of the curve.

    1975年にバンディが末日聖徒イエス・キリスト教会でバプテスマを受けた頃、ようやく人々が先を争うようになってきた。

  • Now they had a new computer database to work with and that meant some connections previously obscured by linkage blindness were made.

    今回、彼らは新しいコンピュータデータベースを使って作業を行い、これまで連鎖盲目のために不明瞭だったいくつかの関連性が明らかになりました。

  • Thousands of names were put into that database and one of them that was turned out was ted Bundy, one detective later said Bundy's name was top of the pile, but that's not why he was arrested on august 16th 1975 a patrolman named bob Hayward was driving around a suburb and Utah Salt Lake city in the wee hours when he noticed the Volkswagen beetle driving slowly as if looking for something.

    そのデータベースには何千人もの名前が登録され、その中の1人がテッド・バンディであることが判明しました。ある刑事は後に、バンディの名前が一番上にあったと言いましたが、それが理由で彼が逮捕されたわけではありません。1975年8月16日、ボブ・ヘイワードという名のパトロール隊員が早朝にユタ州ソルトレイク市の郊外を運転していたとき、フォルクスワーゲンのビートルが何かを探しているかのようにゆっくりと走行しているのに気づきました。

  • When Hayward followed the car, the driver of the beetle hit the gas.

    ヘイワードが車を追いかけると、カブトムシのドライバーはアクセルを踏んだ。

  • This happened about nine months after an 18 year old in Utah named Durant had been abducted by Bundy.

    これは、ユタ州のデュラントという18歳の少女がバンディに拉致されてから約9カ月後のことだった。

  • She was the only victim ever, at least on record to get into Bundy's car and get out alive.

    彼女は、少なくとも記録上では、バンディの車に乗り込み、生きて帰った唯一の被害者です。

  • She told the cops about the beetle and she clearly described what her attacker looked like.

    彼女は警察にカブトムシのことを話し、加害者の姿をはっきりと説明していた。

  • So that night when Hayward saw a beetle crawling close to a house where he knew some young women lived, He was suspicious.

    その夜、ヘイワードさんは、若い女性が住んでいると思われる家の近くを這っているカブトムシを見て、疑いを持ちました。

  • That's why he followed Bundy's car.

    だからこそ、彼はバンディの車を追ったのだ。

  • Bundy didn't put up much of a chase.

    バンディはあまり追いかけてこなかった。

  • He was after all driving a beetle.

    彼はビートルを運転していたのだから。

  • Such a car might have been slow.

    そのような車は遅かったかもしれません。

  • But in terms of manipulating women into thinking you're nice guy.

    しかし、女性を操って自分をナイスガイだと思わせるという意味では

  • It was an excellent choice of a vehicle.

    車の選択としては素晴らしいものでした。

  • Hayward became even more suspicious when he noticed the passenger seat of the beetle had been removed.

    ヘイワードは、ビートルの助手席が取り外されていることに気づき、さらに疑念を深めた。

  • Bundy did that so he could shove women in easier.

    バンディは、女性を突っ込みやすくするためにそうした。

  • Then on checking the car, Hayward discovered what you might call the serial killer starter kit.

    そして、車を確認したヘイワードは、シリアルキラーのスターターキットとも呼べるものを発見した。

  • He found a crowbar, some handcuffs, some rope and ice pick, some trash bags, a ski mask and another mask made from pantyhose.

    バール、手錠、ロープ、アイスピック、ゴミ袋、スキーマスク、パンティストッキングで作ったマスクなどを見つけた。

  • Some of those items were not too suspicious.

    その中には、あまり怪しくないものもあった。

  • Bundy told Hayward they were just regular old household stuff.

    バンディはヘイワードに、それらはごく普通の家庭用品だと言った。

  • Maybe so, but the handcuffs and masks couldn't be explained away so easily as for why he'd been out driving so late.

    そうかもしれないが、手錠とマスクは、なぜ彼がこんなに遅くまで運転していたのか、そう簡単には説明できない。

  • Bundy said he'd been out to watch a late night movie called to the towering Inferno, even though it hadn't been playing that night.

    バンディは、その日の夜は上映されていないにもかかわらず、そびえ立つインフェルノに呼ばれて深夜の映画を見に行っていたという。

  • He said he'd driven away because he'd been smoking marijuana back at the station.

    署に戻ってマリファナを吸っていたから車で逃げたと言っていた。

  • It was detective jerry Thompson that really started to join the dots.

    点と点を結びつけたのは、ジェリー・トンプソン刑事だった。

  • He not only remembered very clearly the Darren's case, but he recalled a phone call Utah police had received from a woman named Elizabeth clever.

    彼は、ダレンの事件を鮮明に覚えているだけでなく、ユタ州警察がエリザベス・クレバーという女性から受けた電話を思い出していた。

  • She was Ted Bundy's girlfriend.

    彼女はテッド・バンディのガールフレンドだった。

  • Someone who later wrote when I felt his love, I was on top of the world when I felt nothing from Ted, I felt that I was nothing.

    後に書いた人は、彼の愛を感じたとき、私は世界の頂点に立っていました。テッドから何も感じなかったとき、私は何もないと感じていました。

  • That's why she wanted to believe Bundy when he made excuses to her about having things such as masks and a meat cleaver in the house.

    だからこそ、家の中にマスクや肉切り包丁などがあると言い訳するバンディを信じたかったのだ。

  • Regardless, she told Salt Lake County Sheriff's office that the man they were looking for was Ted Bundy.

    しかし、彼女はソルトレイク郡保安官事務所に、彼らが探している男はテッド・バンディだと言った。

  • She told Bundy nothing about her words to the cops and at the time of his arrest was planning to marry him.

    彼女は警官に言ったことをバンディには何も言わず、彼が逮捕された時には彼との結婚を考えていた。

  • Police had originally failed to join the dots after hearing her say his name, but Bundy was at least put down as a possible suspect in the recesses of her mind.

    警察は当初、彼女が彼の名前を口にしたのを聞いても点と点を結びつけることができなかったが、少なくとも彼女の心の奥底ではバンディは容疑者の可能性があるものとして置かれていた。

  • Clifford knew he was to kill her, but after the cops didn't make an arrest, she just fooled herself into thinking that her lover must be innocent now her warm and loving boyfriend, the man that actually once tried and failed to kill her was sat in front of Detective Thompson.

    クリフォードは、自分が彼女を殺すことになっていたことを知っていましたが、警察が逮捕しなかったため、自分の恋人が無実であるに違いないと自分を騙していました。

  • When cops searched his house, they found some items linking him to being in Colorado close to where a woman had gone missing.

    警察が彼の家を捜索したところ、女性が行方不明になった場所に近いコロラド州に彼がいたことを示すいくつかのアイテムが見つかった。

  • What they failed to find was a bunch of Polaroids he kept of his dead victims.

    見つからなかったのは、死んだ被害者の写真を撮ったポラロイドの束だった。

  • Had they seen those pictures Ted Bundy would not have been released Thompson just didn't have enough on Bundy to keep him locked up so he let him go and then he flew to Seattle there.

    この写真を見ていたら、テッド・バンディは釈放されなかったでしょう。トンプソンは、バンディを監禁しておくほどの証拠を持っていなかったので、彼を釈放し、シアトルに飛んだのです。

  • He talked to the police and they all had a word with Clifford.

    警察にも相談して、みんなでクリフォードと話をしたそうです。

  • She told them about some of the things Bundy kept at the home.

    彼女は、バンディが家に置いていた物のいくつかについて話した。

  • That always confused her.

    それがいつも彼女を混乱させていた。

  • Why she wondered, did he always have plaster of paris at home?

    なぜかというと、彼はいつも家にパリの石膏を持っているからだ。

  • Why the crutches?

    なぜ松葉杖なのか?

  • Police immediately thought that the description of the man with a broken arm or leg.

    警察は、腕や足を骨折している男性の特徴を見てすぐに思いました。

  • Clifford told the detectives about the hidden knives and also about the bag that contained a bunch of women's clothes.

    クリフォードは、隠し持っていたナイフのことや、女性用の服がたくさん入っていたバッグのことを刑事に話した。

  • She also told police that Ted had some funny ways about him.

    また、彼女は警察に、テッドにはおかしなところがあると言っていた。

  • He wouldn't let her cut her hair.

    髪の毛を切らせてもらえなかった。

  • He loved to watch her sleep.

    彼女の寝顔を見るのが好きだった。

  • Sometimes she'd wake up and find him examining her body with a flashlight, Thompson had Bundy rearrested and stand in the line up.

    時々、彼女が目を覚ますと、彼が懐中電灯で彼女の体を調べているのを見つけた。トンプソンはバンディを再逮捕させ、その列に並んだ。

  • Durant was brought in and hey presto, the man that had fooled her into thinking he was a cop and club her over the head was standing in front of her.

    デュラントが運ばれてくると、なんと、彼女を警官だと騙して頭を殴った男が彼女の前に立っていた。

  • Not only that witnesses in colorado pointed Bundy out as the mysterious person who'd been hanging around where the woman had gone missing.

    それだけでなく、カラード州の目撃者は、女性が行方不明になった場所をうろついていた謎の人物としてバンディを挙げています。

  • Now cops had enough evidence to charge Bundy with the garage crime, but not enough to charge him with any murders.

    警察はバンディをガレージ事件で起訴するのに十分な証拠を持っていたが、殺人事件で起訴するには十分ではなかったのだ。

  • Bundy's parents bailed amount but from then on police followed him everywhere he went.

    バンディの両親は保釈金を支払ったが、それ以降は警察が彼の行く先々で尾行した。

  • Bundy spent much of his time staying with Clifford who still suspected her boyfriend of being a maniac despite her love for him.

    バンディは多くの時間をクリフォードの家で過ごした。クリフォードは、彼氏を愛しているにもかかわらず、彼氏を狂人だと疑っていた。

  • Police from various states where Bundy had killed got together, they met in Aspen and what's now referred to as the Aspen summit after some lengthy discussion and quite a few beers, they were convinced that ted Bundy was an interstate serial killer.

    バンディが殺人を犯した様々な州の警察が集まり、アスペンで会合を開きました。今では「アスペン・サミット」と呼ばれていますが、ビールを飲みながら長い議論をした結果、彼らはテッド・バンディが州をまたいだ連続殺人犯であると確信しました。

  • Still Bundy was only sent to prison at first for the kidnapping and assault a few months passed and they added a murder charge to that.

    それでもバンディは、最初は誘拐と暴行で刑務所に送られただけで、数ヶ月後には殺人罪が追加されました。

  • Meanwhile, the imprisoned Bundy spent some time in solitary confinement for trying to escape.

    一方、収監されたバンディは脱走を試みたため、しばらく独房で過ごしていた。

  • He'd been found hiding with a bag of tricks on him, A Social Security card, air flight details and some roadmaps in june 1977.

    彼は1977年6月に、社会保障カード、航空券、道路地図などのバッグを持って隠れていたところを発見された。

  • Bundy was transferred to Aspen to face his murder charge there.

    バンディはアスペンに移送され、そこで殺人罪に問われることになった。

  • He said he wanted to represent himself, which wasn't surprising to some people given Bundy's excellent understanding of the law and his boundless confidence, what not having an attorney also meant was not having to be shackled and handcuffed in court.

    彼は自分で弁護したいと言っていましたが、バンディの法律に対する優れた理解力と限りない自信を考えれば、それは驚くべきことではありませんでした。弁護士をつけないということは、法廷で手錠をかけられないということでもありました。

  • Bundy of course knew this stipulation very well.

    もちろん、バンディはこの条件をよく知っていた。

  • He was already planning his great escape in his prison cell.

    彼はすでに牢屋の中で大脱走の計画を立てていた。

  • He conditioned himself to jump from a height.

    高所から飛び降りるためのコンディショニングを行った。

  • He would sit on top of the bunk in practice jumping and landing in a way he thought would prevent him from any future injuries.

    彼は寝台の上に座って、将来、怪我をしないようにと考えた方法でジャンプと着地の練習をしていました。

  • Bundy also spoke to reporters any chance he got this is what he told one such reporter.

    また、バンディは機会があれば記者に話をしていたが、そのような記者の一人にこう言った。

  • There are a lot of police egos on the line.

    多くの警察官のエゴがかかっています。

  • The issue a long time ago was whether one was innocent or guilty.

    一昔前の問題は、無罪か有罪かということでした。

  • The issue is now can we pin it on him back in court during a recess period.

    問題は、休廷期間中に法廷に戻って彼に罪を着せることができるかどうかだ。

  • Bundy asked if he could go to the courthouse library to look up something for his case.

    バンディは、自分の事件のために裁判所の図書館に行って調べ物をしてもいいかと尋ねた。

  • He was given permission but a guard stood by the door watching him when Bundy saw an opening, he made his way to the window and jumped out.

    彼は許可を得たが、警備員がドアの前に立って彼を監視していた。バンディは隙を見て、窓に向かって飛び出した。

  • This was the second story, so not an easy jump.

    ここは2階建てだったので、簡単にはジャンプできませんでした。

  • He injured his ankle in the fall despite his jail cell bunk bed jumps.

    留置場の2段ベッドでのジャンプにもかかわらず、転倒して足首を負傷した。

  • The Daily Sentinel newspaper wrote the next day that police had been aware that Bundy was an escape risk, although no one expected him to do a library lunch.

    翌日のDaily Sentinel紙は、警察はバンディが逃亡の危険性があることを認識していたが、誰も彼が図書館でランチをするとは思っていなかったと書いている。

  • The authorities told the paper that Bundy was extraordinarily dangerous and by no means should be approached the story finished saying Bundy was last seen wearing a tan turtleneck shirt, beige corduroy trousers and brown loafer type shoes.

    当局は、バンディは非常に危険な人物であり、決して近づくべきではないと同紙に語った。バンディが最後に目撃されたのは、日焼けしたタートルネックのシャツ、ベージュのコーデュロイのズボン、茶色のローファータイプの靴を履いていたと記事は終わった。

  • Now this extremely slippery man had slipped away from the cops and they were embarrassed to say the least.

    そのため、警察官は恥ずかしい思いをした。

  • The newspaper article said that Bundy had likely headed in the direction of smuggler Mountain which was fitting, but also true upon escaping.

    その新聞記事によると、バンディは逃亡の際にスマグラー・マウンテンの方向に向かったのではないかということだったが、それはぴったりだが、同時に真実でもある。

  • Bundy had actually taken off his outer layer of clothes, managed to get past roadblocks and gone in the direction of the mountain.

    バンディは実際に外套を脱いで、なんとか検問をくぐり抜け、山の方向へと進んでいった。

  • He hiked almost all the way to the top whereupon he came across a cabin.

    頂上までほぼ歩ききったところで、山小屋を見つけた。

  • There he stole some clothes, a bit of food and a rifle, but he had trouble getting out of the mountain at one point becoming lost in the forest, feeling tired and hungry and still limping, he found another cabin on Marine Lake There he filled the stomach again and got hold of more clothes.

    しかし、森の中で道に迷い、疲れと空腹で足を引きずりながらも、マリンレイクにある別の小屋を見つけ、そこで再び腹を満たし、さらに服を手に入れたのだ。

  • He hiked aspen golf course and stole a car but he was pulled over soon enough and was back in custody in the car.

    アスペンゴルフコースをハイキングしたり、車を盗んだりしましたが、すぐに車を止められ、車の中で再び身柄を確保していました。

  • Police found maps that have been used in his court trial.

    警察は、彼の裁判で使用された地図を発見しました。

  • Bundy had every right to use that evidence, but he also had used it for his escape plan.

    バンディはその証拠を利用する権利があったが、それを逃亡計画に利用していたのだ。

  • It proved to police that Bundy had long been planning his escape back in jail.

    警察は、バンディが長い間、刑務所での脱獄を計画していたことを証明した。

  • Bundy worked on this case.

    バンディはこの事件に取り組んだ。

  • What he wasn't so aware of at the time was that prosecutors didn't have a strong case for the murder.

    当時、彼があまり意識していなかったのは、検察が殺人事件の有力な証拠を持っていないことだった。

  • So had he have thought that he might have gotten an acquittal and just served a little bit of time for the garage case.

    つまり、無罪判決を得て、ガレージ事件で少しだけ服役するだけで済んだかもしれないと考えていたのです。

  • But Bundy knew full well he'd savagely murdered a lot of people and no doubt he thought he was going away for a long time.

    しかし、バンディは自分が多くの人々を惨殺したことをよく知っていたし、間違いなく長い間、自分は消えてしまうと思っていただろう。

  • That's why he made plans to escape again this time.

    だからこそ、今回も脱出する計画を立てたのだ。

  • He was going to do a lot of damage once his free feet touched the ground while he was imprisoned again, the press had a field day with Bundy, many or even most people still thought he was an innocent man who was being set up by the police.

    彼が再び投獄されている間、自由な足が地面に触れれば、大きなダメージを与えることになるだろう。マスコミはバンディを大々的に取り上げ、多くの人、いやほとんどの人が、彼は警察にはめられた無実の男だと考えていた。

  • He was now a celebrity, a kind of Robin Hood character fighting the bad guys.

    今や彼は有名人であり、悪者と戦うロビン・フッドのようなキャラクターである。

  • People walked around wearing t shirts that said ted Bundy is a one night stand in a restaurant, you could buy a Bundy burger.

    テッド・バンディはレストランで一夜限りの恋をしている、バンディバーガーが買える、と書かれたTシャツを着て人々が歩いていた。

  • Now he was kept in maximum security cells and given very little time for exercise.

    現在、彼は厳重な警備の独房に入れられ、運動する時間もほとんど与えられていない。

  • Bundy even filed a complaint stating that he was being kept in inhumane conditions.

    バンディは、非人道的な環境に置かれていると苦情を申し立てたこともある。

  • He told the court he had lost £20 because of such conditions.

    彼は法廷で、このような状況のために20ポンドを失ったと語った。

  • But this was just Bundy lying again.

    しかし、これはバンディがまた嘘をついただけだ。

  • He lost the weight on purpose.

    わざと体重を落とした。

  • Suffice to say with the authorities still wiping egg off their face from the last escape.

    当局はまだ、前回の逃亡劇の時の卵を拭いていると言っても過言ではない。

  • The courts didn't sympathize with Bundy.

    裁判所はバンディに同情しなかった。

  • He was then transferred to colorado, which was known to hand down a lot of death sentences.

    彼はその後、死刑判決が多いことで知られるコロラド州に移送された。

  • Speaking to a friend on the telephone.

    電話で友人と話す。

  • Bundy said my christmas present from the court, a guaranteed death sentence.

    バンディは、裁判所からのクリスマスプレゼントは死刑を保証するものだと言った。

  • There was nothing else left to do but escape again.

    あとはもう逃げるしかない。

  • Bundy planned this one meticulously.

    バンディはこれを綿密に計画した。

  • If his last escape left him hungry and cold in the mountains, this one was going to be a smooth ride.

    前回の逃避行では、山の中で空腹と寒さに耐えていたが、今回の逃避行では、スムーズに行くことができた。

  • First of all, he would need money and that was smuggled into him over a period of six months by those who still loved him, mostly his wife to be Carole ann Boone how he did it.

    まず、お金が必要になるが、それを6ヵ月間にわたって、まだ彼を愛している人々、主に彼の妻であるキャロル・アン・ブーンから密輸してもらったのだ。

  • We don't know, but he managed to get his hands on the floor plan of the jail.

    よくわからないが、彼は刑務所の見取り図を手に入れた。

  • Once he knew where he'd get out of all he had to do was the cutting part for that.

    脱出する場所が決まれば、あとはそのための切削作業をするだけだ。

  • He used a hacksaw blade to saw through the ceiling of his cell.

    彼は、独房の天井をのこぎりの刃で切り裂きました。

  • The cell was reinforced with bars so this took some time each night when Bundy knew other inmates were in the shower, he did a bit of sawing was eventually made a hole no bigger than one square foot that is tiny, but you already know that Bundy had been losing a lot of weight by the time he escaped he'd lost £35 and that was enough to get him through the whole, every night he went through the hole and beyond to better understand his surroundings.

    独房は鉄格子で補強されていたので、毎晩、他の受刑者がシャワーを浴びているのを知っていたBundyは、少しずつノコギリを使って、最終的に1平方フィート以下の小さな穴を開けました。しかし、Bundyが脱出するまでに35ポンド(約1,500円)の減量をしていたことはすでにご存じでしょう。

  • Another inmate actually informed prison authorities that someone was walking around at night but that fell on deaf ears.

    また、ある受刑者は「夜に誰かが歩いている」と刑務所当局に通報したが、聞き入れられなかった。

  • Bundy waited until around christmas time to escape knowing that the jail was low on staff for the holiday before he set off, he piled a bunch of books under his bed covers to make it look like he was sleeping If the guards past his sell once through the hole, he made his way to the jailer's apartment which was empty that night because the jailer was out celebrating the holidays with his wife.

    バンディはクリスマスの時期まで逃亡を待ち、刑務所が休日で人手が足りないことを知ってから出発しました。ベッドカバーの下にたくさんの本を積み上げて、寝ているように見せかけました。看守が彼の売り物を穴から一度だけ通した後、彼は看守のアパートに行きましたが、その夜は看守が妻と休日を祝うために外出していて誰もいませんでした。

  • Bundy opened up the jailers closet and got into his clothes, he then simply walked out the front door.

    バンディは監獄のクローゼットを開けて服を着て、そのまま玄関から出て行った。

  • Now a free man again, Bundy plan to travel as far away as possible.

    自由の身となったバンディは、できるだけ遠くへ行くことを計画した。

  • He stole a car but after that broke down, I hitched for a while, then he got on a bus that took him to Denver and later boarded a plane that took him to Chicago.

    彼は車を盗みましたが、それが故障した後、しばらくヒッチハイクをしていました。その後、彼はバスに乗ってデンバーに行き、その後、飛行機に乗ってシカゴに行きました。

  • After a period of 17 hours guards at the jail sounded the alarm.

    17時間が経過した時点で、刑務所の警備員が警報を鳴らした。

  • By that time Bundy was halfway across the country.

    その時、バンディは国の半分を越えていた。

  • The fort Collins coloradoan newspaper ran the headline.

    フォートコリンズのカラドアン紙には、こんな見出しが躍っていた。

  • Bundy escapes, crawls through the roof of his cell as people celebrated the New Year, Bundy was traveling by train to michigan.

    新年を祝う人々の中、バンディは列車でミシガンに向かう途中、独房の屋根を伝って脱出。

  • From there, he drove a stolen car to Atlanta and then got on a bus to florida.

    そこから盗んだ車でアトランタまで行き、バスに乗ってフロリダに向かった。

  • There he spent one night in relative luxury at a holiday inn hotel and got himself a room close to the florida.

    彼は、ホリデイ・イン・ホテルで一泊し、フロリダに近い部屋を確保した。

  • State University.

    州立大学。

  • Ted Bundy living next to a college was tantamount to a fox.

    テッド・バンディが大学の隣に住んでいたのは、キツネにも等しい。

  • Moving in next to the chicken coop, but he didn't kill right away.

    鶏舎の隣に引っ越してきたが、すぐには殺さなかった。

  • He applied for at least one job on a construction site but quickly realized that landing employment without I.

    一度は建設現場に応募してみたものの、すぐに「自分がいないと就職できない」ことに気がついた。

  • D.

    D.

  • Was next to impossible.

    それは不可能に近かった。

  • So he stole to survive.

    だから、生き延びるために盗みをした。

  • Then on january 15th 1978 he entered a sorority house and visited three rooms home to sleeping women.

    そして1978年1月15日、彼は女子学生の家に入り、寝ている女性がいる3つの部屋を訪れた。

  • He viciously bludgeoned all three victims, although two of the women survived the attacks.

    彼は3人の被害者を残酷に撲殺しましたが、2人の女性は生き残りました。

  • Bundy walked eight blocks and attacked another student leaving her with lifelong injuries.

    バンディは、8ブロック歩いたところで別の学生を襲い、彼女は重傷を負いました。

  • About three weeks later, a girl at Lake City Junior High School went missing.

    その約3週間後、レイクタウンの中学校の女子生徒が行方不明になった。

  • She was the last of Ted Bundy's victims.

    彼女は、テッド・バンディの最後の犠牲者だった。

  • We won't tell you everything that happened after, but Bundy was soon picked up by cops again on a routine traffic stop and one thing led to another, he was back behind bars.

    その後のことは全てを語ることはできませんが、バンディはすぐに日常的な交通違反の取り締まりで再び警察に捕まり、あることがきっかけで再び刑務所に入ることになったのです。

  • Meanwhile some people following the case, still thought the police were wrong.

    一方、この事件を追っている人たちの中には、やはり警察が間違っていると考える人もいた。

  • How could such a charming educated man be guilty of murder.

    あんなに魅力的な教育を受けた人が、どうして殺人の罪を犯したのか。

  • This guy was an american success story, not a vile maniac.

    この男はアメリカのサクセスストーリーであり、下劣な狂人ではない。

  • The new york Times wrote a story with the headline, All american boy on trial.

    ニューヨーク・タイムズ紙は、「All American Boy on Trial(アメリカ人少年の裁判)」という見出しで記事を書いた。

  • The article said he seemed so relaxed in the courtroom with some onlookers explaining it was natural for a young man with two years experience in law school.

    記事によると、法廷での彼はとてもリラックスしていたようで、見物人の中には、ロースクールで2年の経験しかない若者としては当然のことだと説明する人もいました。

  • Bundy was said to have laughed and joked with people in court telling reporters at one point I want to clear my name.

    バンディは法廷で人々と笑い合ったり、冗談を言ったりしていたそうです。

  • I wanted all out in the open.

    すべてをオープンにしたかった。

  • I wanted aired.

    空気が欲しかった。

  • The story explained that still many people thought this nice kid with a winning smile had been entangled in a monstrous web of circumstances by a jealous fiance.

    その記事によると、この笑顔の素敵な子供が、嫉妬に狂った婚約者によって、とんでもない状況に巻き込まれたと思っている人がまだ多いという。

  • Nonetheless, Bundy eventually confessed to his crimes once he knew there was no way out of the death sentence.

    それでもバンディは、死刑判決を逃れる方法がないことを知って、最終的には犯行を自白した。

  • He died in the electric chair at 7:16 a.m. On january 24th, 1989.

    1989年1月24日午前7時16分、電気椅子で死去した。

  • He was 42.

    彼は42歳だった。

  • It was later noted that he was white as a sheet and obviously frightened as the metal skull cap was fastened to his head and the leather strap placed across his chin and mouth outside the building.

    後になって、彼が真っ白で、明らかに怯えていたことがわかった。建物の外では、金属製のスカルキャップが頭に固定され、革製のストラップが顎と口にかけられていた。

  • People screamed the words burn Bundy burn Just before he died.

    バンディが死ぬ直前、人々は「バンディを燃やせ」と叫んでいた。

  • He was asked if there was anything he wanted to say.

    何か言いたいことはあるかと聞かれた。

  • He thought for a minute and then said, I'd like you to give my love to my family and friends, a psycho to the last Bundy was still playing the nice guy.

    彼は少し考えてから、「私の家族や友人に私の愛を伝えてほしい」と言った。最後までサイコなバンディは、まだいい人を演じていた。

  • Now you need to watch America's most evil serial killer, john wayne gacy or have a look at this.

    さて、あなたはアメリカで最も邪悪な連続殺人犯、ジョン・ウェイン・ゲイシーを見るか、これを見てください。

they had one of the violist human beings in modern history behind bars twice and he somehow managed to escape it beggars belief that such a high profile killer could do this.

現代史上最も暴力的な人間を2度も刑務所に入れたのに、どうにかして逃げ出したのですから。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 警察 テッド ヘイワード 殺人 女性 事件

テッド・バンディはどのようにして2度も脱獄したのか? (How Ted Bundy Escaped Prison (Twice))

  • 1 0
    林宜悉 に公開 2021 年 11 月 26 日
動画の中の単語