Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Mafia boss, there's few positions of power more feared than this one.

    マフィアのボス、これほど恐れられている権力者はいないだろう。

  • But sometimes all it takes to bring you down is ordering too much meat.

    しかし、時には、肉の注文が多すぎて、落ち込むこともあります。

  • Al Capone who could be more infamous than the legendary mob boss.

    アル・カポネ 伝説のマフィアのボスほど悪名高い人物はいないだろう。

  • Al Capone himself.

    アル・カポネその人です。

  • Well this feared mob bosses downfall would start with faking a cough.

    この恐れられているマフィアのボスの破滅は、咳を装うことから始まるだろう。

  • Born in 1899, 2 poor immigrant parents.

    1899年、貧しい移民の両親のもとに生まれる。

  • Capone was a good student as a kid but quickly began to fall behind the other kids As he played hookey forced to repeat the sixth grade.

    カポネは子供の頃は成績が良かったが、すぐに他の子供たちから遅れをとるようになり、6年生を留年することになってしまった。

  • Capone got into a fight with a teacher and then with his principal after which he vowed never to return to school again.

    カポネは教師と喧嘩をし、さらに校長とも喧嘩をして、二度と学校に戻らないと誓った。

  • That principle inadvertently created the most infamous mob boss in american history.

    この原理が、アメリカ史上最も悪名高いマフィアのボスを生み出したのである。

  • Capone hooked up with a local gang and in 1917 here in the nickname of scarface one night he made a rude remark to a woman at a bar where he worked as a bartender and bouncer and her brother punched him and slashed him across the face with a knife.

    カポネは地元のギャングと結びつき、1917年、ここではスカーフェイスというニックネームで呼ばれていた。ある夜、バーテンダーや用心棒として働いていたバーで女性に失礼な発言をしたところ、その女性の兄に殴られ、ナイフで顔を切りつけられた。

  • Soon the name scarface stuck Capone made the move to Chicago where he hooked up with a longtime friend, johnny Torrio again.

    カポネはすぐに「スカーフェイス」という名前が定着し、シカゴに移り住み、長年の友人であるジョニー・トリオと再会した。

  • About this time prohibition had gone into effect in the U.

    その頃、アメリカでは禁酒法が施行されていた。

  • S.

    S.

  • And there was a bundle to be made selling illegal booze.

    そして、違法な酒を売って大金を得ることができた。

  • Capone was quickly amassing a small fortune, but a new Chicago mayor vowed to crack down on crime and corruption component of his associates responded by launching a voter intimidation campaign that ended up with several voters shot and beat up Chicago.

    カポネは瞬く間に巨万の富を築いたが、新しいシカゴ市長が犯罪と汚職の取り締まりを宣言すると、カポネの仲間は有権者への脅迫キャンペーンを展開し、何人もの有権者が銃撃されたり、シカゴで暴行を受けたりする事態になった。

  • Police track down Capone and company and ended up killing Capone's brother in a shootout in 1925 To oreo decided do the smart thing and retire from a life of crime and moved back to Italy.

    警察はカポネ一味を追い詰め、1925年にはカポネの弟を銃撃戦の末に殺してしまった。 オレオは賢い選択として、犯罪生活からの引退を決意し、イタリアに戻った。

  • He left Capone in charge and the rest is basically history.

    彼はカポネに任せて、あとは基本的には歴史だ。

  • At the height of his smuggling, Capone was earning about $60 million in today's money a year and then it all started to fall apart because of one dumb lie.

    密輸の最盛期には、カポネは今のお金で年間約6千万円の収入を得ていたが、たった一つの馬鹿げた嘘のために、すべてが崩れ始めた。

  • In 1929, Capone was subpoenaed to appear as a witness before a federal grand jury in Chicago for a case involving prohibition laws.

    1929年、カポネは禁酒法に関わる事件でシカゴの連邦大陪審に証人として出頭するよう召喚された。

  • Capone who was at his summer home in florida at the time responded by telling the authorities that he couldn't make it due to a bad case of pneumonia.

    当時、フロリダの別荘にいたカポネは、当局に「肺炎のために来られない」と答えた。

  • The Chicago police contacted the FBI asking them to check out Capone story for them.

    シカゴ警察はFBIに連絡を取り、カポネの話を調べてくれるように頼んだ。

  • As FBI agents began secret surveillance on Capone, they discovered that he was in perfect health, making frequent trips to the local racetrack, going on vacations to the Bahamas and going about his life like it was 20 twenty's hot girl summer, the FBI arrested Capone for contempt of court and though he was released on bond, he was now officially under the FBI's crosshairs working with the Treasury department philadelphia and the Chicago police.

    カポネは健康で、競馬場に行ったり、バハマに行ったり、20代の夏のような生活を送っていた。FBIは法廷侮辱罪でカポネを逮捕し、保釈されたものの、フィラデルフィア財務省やシカゴ警察と協力してFBIの監視下に置かれることになった。

  • The FBI helped send Capone to jail though it would be his failure to pay income taxes that landed him the 11 year sentence that finally finished off his reign as top mob boss.

    FBIはカポネを刑務所に送り込んだが、所得税の支払いを怠ったために11年の判決を受け、ついにマフィアのトップボスとしての地位を終えた。

  • Our next crime bosses own family got him permanently put behind bars.

    次の犯罪のボスの家族は、彼を永久に刑務所に入れた。

  • Will um the nose hole leader, one of the most notorious crime bosses in the Netherlands history.

    ウィル......オランダ史上最も悪名高い犯罪組織のボス、ノーズホール・リーダー。

  • Will um the Nose leader was born in 1958 in Amsterdam.

    Will um the Noseのリーダーは、1958年にアムステルダムで生まれました。

  • His criminal career began early joining a gang that worked under the table for property owners looking to permanently get rid of squatters on their property while never arrested for it.

    彼の犯罪歴は早くから、不法占拠者を永久に排除したいと考えている土地の所有者のために、逮捕されることなく水面下で働くギャングに加わっていました。

  • It's also suspected that he partook in several robberies during his formative years as well.

    また、幼少期にいくつかの強盗事件を起こしていた疑いもある。

  • The knows, his father was an employee with Heineken, which may have led to this plan to kidnap the Heineken air Freddy Heineken and hold him for ransom.

    彼の父親はハイネケン社の従業員であり、それがこのハイネケンの空気であるフレディ・ハイネケンを誘拐して身代金を要求する計画につながったのかもしれません。

  • In 1983 whole leader and his gang executed their plan and kidnapped Heineken and his driver demanding 35 million guilders or approximately €16 million or $19.5 million.

    1983年、リーダーとその一味は計画を実行し、ハイネケンとその運転手を誘拐し、3500万ギルダー(約1600万ユーロ、1950万ドル)を要求した。

  • The police wanted the Heineken family not to agree with the ransom, but the distraught family paid it out anyway.

    警察は、ハイネケン家が身代金に同意しないことを望んでいましたが、取り乱した家族はとにかく身代金を支払いました。

  • Inevitably the leader and his accomplices were caught and imprisoned for the kidnapping.

    必然的にリーダーとその共犯者は誘拐の罪で捕まり、投獄された。

  • The police never recovered several million of the ransom money though, and it's believed that whole leader had managed to hide it away upon his release from prison for the kidnapping.

    しかし、身代金のうち数百万円は警察が回収することはなく、誘拐事件で出所したリーダー全員が隠し持っていたと考えられている。

  • The leader used the money to fund a new criminal campaign, he managed to lay low until 2000 and four when confidant Willem Westra secretly testified against him to the police catching when to the betrayal, the leader had an extra killed along with another police informant while on a vacation to Thailand whole leader was suspected in as many as 25 murders but the police could only bring extortion charges against him.

    リーダーはその金を新たな犯罪キャンペーンの資金に充て、2000年4月までは何とか身を潜めていたが、腹心のウィレム・ウェストラが密かに警察に自分の不利な証言をしたことで、裏切りが発覚し、リーダーはタイへの休暇中に警察の情報提供者と一緒に余分な人を殺された。 リーダーは25件もの殺人事件の容疑者となったが、警察は恐喝罪でしか告訴できなかった。

  • A man that testified at his trial would later be found dead of a drug overdose and despite the obvious link to the leader, police still couldn't pin him for any of the dozens of murders he either committed or ordered.

    彼の裁判で証言した男性は、後に薬物の過剰摂取で死亡しており、リーダーとの明らかな関連性があるにもかかわらず、警察は彼が犯した、あるいは命じた数十件の殺人のどれにも罪を着せることができませんでした。

  • Whole leader would end up getting sentenced to nine years in prison for extortion charges before being released early in 2013.

    リーダーは強要罪で9年の刑期を経て、2013年に釈放された。

  • However, he was quickly rearrested for extortion once more and this would be his undoing.

    しかし、すぐにまた恐喝で再逮捕され、これが彼の破滅につながった。

  • Whole leaders criminal empire would come crashing down because he decided to get chatty believing her brother to be a mass murderer.

    彼女の兄が大量殺人者だと信じておしゃべりしたために、リーダーの犯罪帝国が崩壊してしまう。

  • Whole leader's sister Astrid began to visit him in prison while working as a police informant.

    ホール・リーダーの妹アストリッドは、警察の情報提供者として働きながら、獄中のホール・リーダーに面会するようになった。

  • She wore a wire and secretly recorded whole leader completely confessing to many of the suspected murders.

    彼女は盗聴器を身につけて、リーダーが殺人の疑いがあると完全に告白しているところを密かに録音した。

  • Never once suspecting that his own sister was working for the fuss with this new evidence in hand.

    この新しい証拠を手にして、自分の妹がこの騒動のために働いているとは一度も疑わなかった。

  • Police were finally able to bring murder charges against the leader sealing his fate.

    その結果、警察はリーダーを殺人罪で起訴することができ、彼の運命は決まった。

  • However, whole leaders outrage at being betrayed would lead to fresh criminal charges.

    しかし、裏切られたことに対するリーダー全体の怒りが、新たな刑事事件を引き起こすことになる。

  • While he was already in prison after it was discovered he had attempted to hire to hidden in to kill both his sisters today.

    彼は、今日、自分の姉妹を殺すために、隠れて雇おうとしていたことが発覚し、すでに刑務所に入っていた。

  • Astrada leader lives in fear of her brother's retaliation and takes great pains to conceal her identity as she goes about her life, even going so far as to wear disguises, Our next mob boss would have avoided jail if he had simply been a vegetarian.

    アストラーダのリーダーは、兄の報復を恐れ、自分の正体を隠すために変装して生活している。「次のマフィアのボスは、単にベジタリアンであれば刑務所に入らずに済んだ。

  • Vito Genovese.

    ヴィート・ジェノヴェーゼ

  • Vito Genovese was a rising star in the mafia underworld who would be brought down by one huge order of meat.

    マフィアの新星、ヴィート・ジェノヴェーゼは、ある大量の肉の注文によって倒されることになる。

  • Born in 18 97 in Italy videos, family made the move to America in 1913.

    1897年にイタリアのビデオハウスで生まれ、1913年に家族でアメリカに移住しました。

  • Almost immediately upon arriving in little Italy in Manhattan Vito began to get involved with the local mob.

    マンハッタンのリトル・イタリーに到着するやいなや、ヴィトは地元のマフィアと関係を持ち始めた。

  • His pure italian blood lent him an air of legitimacy to the largely xenophobic italian mob that practically guaranteed membership.

    純粋なイタリア人の血を引く彼は、外国人嫌いの多いイタリアンマフィアの中で、正統派の雰囲気を醸し出しており、事実上、会員になることを保証していた。

  • His criminal career began with stealing items from push cart vendors on the street, but soon had moved up to be an errand boy for local mobsters.

    彼の犯罪歴は、路上の押し売りから商品を盗むことから始まったが、すぐに地元マフィアの使い走りにまでなった。

  • Then he got a major promotion and a sign of trust by the local mob Vito was allowed to go collect money from bookies, setting up illegal lotteries.

    その後、彼は大きな昇進を果たし、地元のマフィアからの信頼を得て、ヴィトはノミ屋から金を集め、違法な宝くじを作ることを許された。

  • His criminal career would be briefly interrupted when at 19, he went to jail for a year for illegal possession of a firearm.

    19歳の時、銃器の不法所持で1年間刑務所に入ったことで、彼の犯罪キャリアは一時的に中断されました。

  • In the early 19 twenties, Vito began to work for Giuseppe joe, the boss, Masseria, who had formed a Manhattan gang that would one day evolve into the very family that vito himself would eventually lead working alongside charlie luciano and frank Costello vito set up a lucrative bootlegging operation, supplying and selling illegal liquor to buyers and underground bars across the east Coast rather than end the scourge of bad behavior, prohibitionist feared so much.

    1920年代初頭、ヴィトはジュゼッペ・ジョーの下で働き始めた。ボスのマッセリアは、マンハッタンでギャングを結成していたが、これが後にヴィト自身が率いることになるファミリーに発展していった。ヴィトはチャーリー・ルチアーノやフランク・コステロと一緒に、東海岸各地の買い手や地下のバーに違法な酒を供給し、販売することで利益を得ていた。 禁酒主義者が恐れていた悪行の根絶にはならなかった。

  • The only thing making alcohol illegal did was enriched an entire generation of criminals.

    アルコールを違法化したことで、一世代分の犯罪者が潤っただけだ。

  • Vita would go on to become the boss after Luciano was sentenced to 50 years in prison for various charges.

    ヴィータは、ルチアーノがさまざまな罪で50年の禁固刑に処された後、ボスになる。

  • However, as pressure mounted on vito due to several high profile murders he had either committed or ordered, he decided to flee the country and set up shop in Italy.

    しかし、ヴィトは自分が犯した、あるいは命令したいくつかの有名な殺人事件によって圧力を受け、国外に逃亡してイタリアに店を構えることにしたのである。

  • There he became close personal friends with Mussolini's son and received several honorary awards from Mussolini's government.

    そこでは、ムッソリーニの息子と個人的に親しくなり、ムッソリーニ政府からいくつかの名誉ある賞を受けた。

  • He even set up the murder of an anti Mussolini journalist back in new york.

    ニューヨークで反ムッソリーニ派のジャーナリストの殺害を企てたこともある。

  • As soon as the allies invaded Italy though, veto switch sides began to work with the allied forces.

    しかし、連合軍がイタリアに侵攻した途端、拒否権のある側が連合軍に協力するようになった。

  • He gifted former new york governor Charles Poletti, now attached to the U.

    元ニューヨーク州知事のチャールズ・ポレッティ氏(現在はU.S.に所属)に贈った。

  • S.

    S.

  • Army 1938 Packard sedan and earned his trust enough to be made an interpreter and liaison officer in the U.

    陸軍の1938年式パッカード・セダンを購入し、彼の信頼を得て、アメリカの通訳兼連絡員となった。

  • S.

    S.

  • Army's headquarters in Naples.

    ナポリの陸軍本部。

  • Soon he was one of the allied military government for occupied territories most trusted employees, with nobody having a clue who he really was.

    やがて彼は、誰にも正体を知られないまま、占領地の連合軍政府から最も信頼される社員となった。

  • Vito used the opportunity to set up a massive black market right under the noses of the allies, earning him great wealth.

    これを機に、ヴィトは同盟国の目を盗んで大規模な闇市を立ち上げ、巨額の富を得た。

  • However, U.

    しかし、U.

  • S.

    S.

  • Military police caught on to the operation and arrested veto a year later, Discovering who he really was.

    憲兵隊がこの作戦に気付き、1年後にベトを逮捕し、彼の本当の姿を知ることになる。

  • The US government ordered, he be returned to New York to face charges for a 1930 for murder, but upon returning Vito had the prosecution's witness killed with nobody to testify against him.

    アメリカ政府は、1930年に起きた殺人事件の容疑者として、彼をニューヨークに戻すよう命じたが、帰国後、ヴィトは検察側の証人を殺害し、誰も彼に不利な証言をしないようにした。

  • Vito was released, video would go on to secure himself as one of the us's top mobsters And managed to evade the authorities attempts to pinch him until 1957.

    釈放されたヴィトは、その後、アメリカのトップ・マフィアとしての地位を確立し、1957年まで当局の摘発を逃れていた。

  • In november of that year, Vito called for a massive meeting of mob bosses from both the U.

    その年の11月、ヴィトはアメリカと日本のマフィアのボスを集めて大規模な会議を開いた。

  • S.

    S.

  • And Italy amongst the many topics on the agenda was hashing out gambling in narcotic interests in cuba as well as various criminal projects across the eastern seaboard.

    イタリアでは、キューバでの麻薬取引や、東海岸でのさまざまな犯罪プロジェクトをめぐるギャンブルが議題となった。

  • The meeting took place in an estate in Appalachia in new york.

    会議は、ニューヨークのアパラチアにある不動産で行われました。

  • Their state trooper Edgar Dick Roswell became suspicious after observing pennsylvania crime boss, joseph Barbara's son, reserving a great number of rooms in local hotels as well as ordering a huge quantity of meat from the local butcher.

    州警察のエドガー・ディック・ロズウェルは、ペンシルバニア州の犯罪組織のボス、ジョセフ・バーバラの息子が、地元のホテルに大量の部屋を予約したり、地元の肉屋に大量の肉を注文したりしているのを見て怪しんだ。

  • Following his hunch, he reported these findings and state police investigated the criminal gathering, discovering hordes of luxury automobiles, all belonging to known crime boss is setting up a roadblock, the mobsters realized they were being encircled and many fled on foot.

    彼の直感で報告したところ、州警察が犯罪者の集まりを調査したところ、有名な犯罪組織のボスが所有する高級車の群れが道路を封鎖しているのを発見した。

  • Police nabbed a total of 60 mobsters.

    警察は合計60人のマフィアを逮捕した。

  • While vito was let go.

    ビトーが釈放されている間に

  • He was soon arrested with the help of various informants and sentenced to 15 years in federal prison though he would die of a heart attack on valentine's day 1969.

    情報提供者の協力を得てすぐに逮捕され、連邦刑務所に15年収監されたが、1969年のバレンタインデーに心臓発作で死亡した。

  • Our next mob bosses ego not only led to his downfall, but the downfall of many mobster associates, john Gotti, he was known as the dapper don, a title that would help cement his inevitable downfall at the hands of the FBI Gotti.

    次のマフィアのボスのエゴは、彼を破滅させただけでなく、多くのマフィアの仲間を破滅させました。ジョン・ゴッティは、ダッパー・ドンとして知られていましたが、この称号は、FBIゴッティの手によって、彼の破滅を必然的に決定づけることになりました。

  • Was born in the Bronx in 1940 becoming involved with mob activity by the age of 12.

    1940年にブロンクスで生まれ、12歳の時にはマフィアの活動に参加していた。

  • At age 14, he attempted to steal a cement mixer from a construction site, but accidentally caused it to fall, crushing his toes and leaving him with a permanent limp.

    14歳のとき、建設現場からセメントミキサーを盗もうとしましたが、誤って落下させてしまい、足の指を潰してしまい、永久に足を引きずることになってしまいました。

  • As he moved to early adulthood, God got involved in various mob schemes and scams such as hijacking truck shipments coming out of what would have been john f Kennedy international Airport.

    大人になってからは、ジョン・F・ケネディ国際空港を出発するトラックの貨物をハイジャックするなど、さまざまなマフィアの計画や詐欺に関わった。

  • This gave Gotti the opportunity to rub shoulders and form bonds with many future big names in the mafia business such as joseph Massino.

    これによりゴッティは、ジョセフ・マッシーノをはじめとする将来のマフィア界の大物たちと肩を並べ、絆を結ぶ機会を得た。

  • What followed was a whirlwind rise to power for the young Gotti eventually leading to his takeover of the Gambino crime family.

    その後、若き日のゴッティは旋風のように権力を得て、ガンビーノ一家を買収するに至った。

  • However, while other capos had chosen to remain in the shadows and not draw public attention to themselves, Gotti was different, hopelessly vain.

    しかし、他のカポーが世間の注目を集めないように影に徹することを選んだのに対し、ゴッティは違っていた、絶望的に虚栄心が強かった。

  • God, he loved expensive clothing and toys and relish showing off his wealth and power whenever he could, he set up an elaborate ritual of sorts at the Rabbit night social club in Manhattan where he would arrive to a preplanned crowd of admirers and made men looking to gain favor or some it there directly by God then God, he would wave to the present cameras and lookers on creating one big spectacle for the world to see.

    彼は高価な服やおもちゃが大好きで、いつでも自分の富と権力を誇示することを楽しみにしていました。マンハッタンにあるラビットナイトの社交場では、手の込んだ儀式のようなものを用意していました。そこには、好意や何かを得ようとする人たちがあらかじめ計画された形で集まっていて、神からの直接の指示を受け、カメラや見物人に向かって手を振り、世界に向けて一つの大きなスペクタクルを演出していました。

  • Some mafiosos however did not like the spotlight that God he was putting on them.

    しかし、マフィアの中には、神が自分たちにスポットライトを当ててくれることを好まない者もいた。

  • This mattered little to the mob's most vain cape.

    マフィアの中で最も見栄っ張りなマントにとっては、そんなことはどうでもいい。

  • Oh and if you didn't show up when summoned you ran the risk of getting killed.

    また、召喚された時に現れないと殺される危険性もありました。

  • However, got his biggest fans weren't.

    しかし、彼の最大のファンはそうではありませんでした。

  • The crowds of admirers gathered outside the club on his frequent outings all struggling to catch a glimpse of the dapper don.

    頻繁に外出する際には、クラブの外に集まった大勢のファンが、このダッパーの姿を一目見ようと必死になっていた。

  • It was the Federal Bureau of Investigation who absolutely relished the opportunity.

    この機会を絶対に逃さなかったのは、米連邦捜査局(FBI)だった。

  • God gave them every week to gather intelligence on mob activities.

    神は彼らに毎週、マフィアの活動に関する情報を収集するように命じた。

  • Thanks to God his demand that summoned mafiosos attend the gala style public gatherings.

    神のおかげで、マフィアを召喚した彼の要求は、ガラのような公共の集まりに出席することになった。

  • The FBI was able to photograph and track even extremely elusive figures in the mob family.

    FBIは、マフィア一族の中でも非常につかみどころのない人物を撮影し、追跡することができた。

  • Eventually the treasure trove of intelligence that this led to would lead to Gotti's downfall and the god awful reality tv series growing up Gotti that the world would be forced to suffer through briefly in the early two thousand's.

    その結果、ゴッティは失脚し、2000年代初頭には「ゴッティの成長」という神がかり的なリアリティ番組が世間を賑わせたのである。

  • Now we're gonna make you an offer you can't refuse.

    今、私たちはあなたに断ることのできない提案をします。

Mafia boss, there's few positions of power more feared than this one.

マフィアのボス、これほど恐れられている権力者はいないだろう。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 マフィア ボス リーダー 犯罪 警察 シカゴ

マフィアのボスが犯した馬鹿げたミスで逮捕されたこと (Dumb Mistakes Mafia Boss Made That Got Them Caught)

  • 10 2
    林宜悉 に公開 2021 年 11 月 25 日
動画の中の単語