Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • This video is sponsored by conflict of nations, the free online strategy game where you'll bring the most modern technology to the battlefield, take control of a real country to find out what it's like to lead it in a modern global warfare.

    このビデオは、最新のテクノロジーを戦場に持ち込んで、実在の国を支配し、現代のグローバルな戦争で国を率いることがどのようなものかを知ることができる無料のオンライン戦略ゲーム「コンフリクト・オブ・ネイションズ」のスポンサーです。

  • In real time games that could take weeks to complete as you field armies filled with over 100 beautifully modeled modern weapons systems.

    美しくモデル化された100種類以上の現代兵器を駆使して軍隊を編成し、何週間もかけて完成させるリアルタイムゲームです。

  • There's everything from combat attack helicopters and airborne infantry units to stealth fighters And even nuclear ballistic submarines.

    戦闘攻撃ヘリや空挺歩兵部隊、ステルス戦闘機、さらには核弾道潜水艦など、あらゆるものがあります。

  • And it's not just the models that are realistic.

    また、リアルなのはモデルだけではありません。

  • I absolutely love how they move across the map at a realistic speed.

    リアルなスピードでマップ上を移動していく様子がとても気に入っています。

  • Something that can take hours giving me time to think about my tactics and create deep strategic plans.

    何時間もかけて戦術を考え、深い戦略的計画を立てることができるのです。

  • Infographic show viewers get a special gift of 13,000 gold in one month of premium subscription for free when they use the link But it's only available for 30 days.

    インフォグラフィックショーの視聴者は、リンクを使用すると、プレミアムサブスクリプションの1ヶ月分の13,000ゴールドを無料で入手できる特別なギフトを手に入れることができます。 しかし、これは30日間しか利用できません。

  • So click the link, choose a country and start fighting your way to victory.

    さあ、リンクをクリックして国を選び、勝利への道を切り開いてください。

  • Right now.

    今は

  • War has broken out on a remote corner of the world.

    世界の片隅で戦争が勃発した。

  • U.

    U.

  • S.

    S.

  • Forces rushed to respond but the US Navy's aircraft carriers, the tip of the spear of the american military might will take at least a week to get on station.

    しかし、アメリカの軍事力の象徴である空母は、上陸までに最低でも1週間はかかるという。

  • Allied forces are in desperate need of air support.

    連合軍は航空支援を切実に必要としている。

  • Now modern military aircraft can end a war in days versus an unprepared phone from bases in the U.

    今や近代的な軍用機は、アメリカの基地からの準備されていない電話に対して、数日で戦争を終わらせることができる。

  • S.

    S.

  • And Germany massive Boeing 7 40 sevens lift off one by one.

    そして、ドイツの巨大なボーイング7 40セブンが次々と離陸していく。

  • These are some of the largest planes ever built.

    これまでに作られた飛行機の中で最も大きなものの一つです。

  • Specially modified 7 40 sevens developed for the US air Force with an airlift capacity of a whopping 454 tons.

    アメリカ空軍のために開発された特別仕様の7 40 Sevenで、空輸能力はなんと454トン。

  • These massive planes wheel in the sky, turning their noses toward their final destination.

    大空を旋回しながら、最終目的地に向かって鼻先を向ける巨大な飛行機。

  • The skies over what could turn into World War Three if the United States can't stop the conflict before it spirals out of control.

    このままでは第三次世界大戦になってしまうかもしれません。アメリカが紛争を収拾できなければ、空は第三次世界大戦になってしまいます。

  • As 10 of the lumbering jets approach hostile skies, enemy long range radar easily picks them up and fighters are dispatched to intercept the massive planes are slow, relatively speaking and are easy prey for incoming fighters.

    10機のジェット機が敵の空に近づくと、敵の長距離レーダーに簡単に捕捉され、迎撃のために戦闘機が出動する。巨大な飛行機は相対的に遅く、やってくる戦闘機の格好の餌食となる。

  • The enemy pilots can't believe their luck.

    敵のパイロットは自分の幸運を信じられない。

  • The Mighty U.

    The Mighty U.

  • S.

    S.

  • Air Force's basically serving up fat, juicy targets on a platter for them.

    空軍は基本的に、太くてジューシーなターゲットを大皿で提供しています。

  • Suddenly a cargo bay door opens on the front of the plane.

    突然、飛行機の正面にある貨物室のドアが開く。

  • A small fighter jet, approximately three quarters of the size of an F 16 is pushed out on a conveyor belt.

    F16の4分の3ほどの大きさの小型戦闘機がベルトコンベアで押し出されてくる。

  • The plane plummets straight down as its engines flare to life and the pilot eases the stick back to level out.

    エンジンが始動し、パイロットが操縦桿を戻して水平にすると、飛行機は真っ直ぐに落下していきます。

  • A little over a minute later a second plane is pushed out of the american 7 47.

    その1分ちょっと後には、2機目がアメリカの747から押し出されてくる。

  • In 15 minutes, the 10 7 40 sevens have disgorged their entire complement of 10 fighter aircraft.

    15分後、10 7 40 セブンは、10機の戦闘機の全機を排出した。

  • Each.

    それぞれ。

  • The enemy is suddenly facing a flight of 100 american fighters.

    敵はいきなりアメリカの100機の戦闘機の飛行に直面する。

  • Small nimble and not as heavily armed as traditional fighter jets.

    小型で軽快、従来の戦闘機のような重武装ではありません。

  • These small fighters are nonetheless a lethal force.

    この小さな戦闘機は、それにもかかわらず、致命的な力を持っています。

  • Not only do they have superior numbers on their side but their small sizes and stealth features make them incredibly difficult to accurately target at long range and with enough weapons and fuel on board their mothership the last for days.

    数の上で優位に立っているだけでなく、小型でステルス機能を備えているため、遠距離から正確に狙うことは非常に難しく、十分な武器と燃料を母船に搭載すれば数日間は持ちこたえることができます。

  • They can stay on station for nearly a week, giving traditional U.

    1週間近く駐留することも可能で、従来のU.

  • S.

    S.

  • Forces more than enough time to arrive.

    到着までに十分な時間をかけている。

  • The concept might sound like something straight out of science fiction or an Avengers movie, but the airport carrier concept has actually been something seriously considered by US military planners for five decades now.

    まるでSFやアベンジャーズ映画のようなコンセプトですが、実はこの空港キャリアのコンセプトは、50年前からアメリカの軍事プランナーが真剣に検討してきたものなのです。

  • However, this is nothing new and the legacy of the airport aircraft carrier dates back to practically the dawn of flight itself.

    しかし、これは今に始まったことではなく、空港の航空母艦の遺産は、事実上、飛行の黎明期にまでさかのぼる。

  • Within years of the first successful flight at Kitty hawk militaries around the world are already pressing airplanes in the service.

    キティホークでの初飛行成功からわずか数年で、世界各国の軍隊はすでにこの飛行機を戦力としている。

  • While balloons had been in widespread use for years as excellent surveillance platforms, they were slow, unreliable and easily destroyed.

    気球は以前から優れた監視手段として広く普及していたが、速度が遅く、信頼性が低く、簡単に破壊されてしまう。

  • Zeppelin solved many of these problems but faced a host of their own issues, including the fact that his anti air artillery improved.

    ツェッペリンはこれらの問題の多くを解決したが、彼の対空砲が改良されたことを含め、彼ら自身の問題の多くに直面した。

  • They became a massive liability.

    膨大な負債となってしまった。

  • Airplanes however, were fast and agile and could cover great distances.

    しかし、飛行機は速くて機敏であり、長距離をカバーすることができた。

  • They were the perfect scouting tools, but aircraft were inherently limited in their range and getting them quickly to where they were needed.

    偵察には最適な道具だが、航空機は本来、飛行範囲が狭く、必要な場所に素早く届けることができない。

  • Most was difficult.

    ほとんどが難しかった。

  • They required extensive ground based support, including a functional airfield close to the front and safe supply lines to transport volatile gasoline and other materials needed to keep them in flight.

    前線に近い機能的な飛行場と、飛行を維持するために必要な揮発性のガソリンなどを輸送する安全な補給線など、地上での広範なサポートが必要だった。

  • An airborne aircraft carrier would solve all the problems.

    航空母艦があれば、すべての問題が解決する。

  • It could bring its own supplies with it anywhere it went and it could outpace even the fastest naval aircraft carriers.

    どこへ行くにも自分の物資を持っていくことができ、海軍の高速空母をも凌ぐことができた。

  • Even more importantly, they could go where navy ship couldn't go inland.

    さらに言えば、海軍の船が行けない内陸部にも行くことができた。

  • Various nations toyed around with the idea of launching aircraft from dirge doubles, including the United States and great Britain.

    アメリカやイギリスをはじめ、さまざまな国がディルジ・ダブリューから航空機を発射することを検討した。

  • The US even modified two dirigibles to carry, launch and recover aircraft.

    アメリカは2機のディリジブルを航空機の搭載、発進、回収のために改造したこともある。

  • The launching was relatively simple.

    打ち上げは比較的簡単だった。

  • Each plane would be dropped from the belly of the ship, falling until it gained enough airspeed to generate lift, a wild ride for sure, but a relatively safe one, recovering aircraft, however, was something else entirely.

    機体は船の腹から落とされ、十分な対気速度を得て揚力が発生するまで落下する。

  • First, there was no way to build an actual runway on top of a dirigible though the idea was brainstormed instead the best way to recover aircraft was through a mechanism that would hook the aircraft and reel it up sort of like a trapeze.

    まず、飛行船の上に実際の滑走路を作ることはできない。その代わり、航空機を回収するには、空中ブランコのように航空機を引っ掛けて巻き上げる機構が最適だった。

  • This required a pilot with nerves of steel who would have to slow his plane down to match the speed of the much slower dir jubal.

    そのためには鋼の神経を持ったパイロットが必要であり、はるかに低速のディル・ジュバルの速度に合わせて機体を減速させる必要があった。

  • This risk stalling the plane out, which would cause it to lose lift and crash and to add to the difficulty the parasitic fighters were purposefully built, small and lightweight and in any amount of turbulence they'd be thrown around dramatically.

    さらに、寄生虫戦闘機は意図的に小型軽量に作られているため、乱気流が発生すると機体が大きく揺さぶられてしまう。

  • Despite these challenges.

    このような課題を抱えながらも

  • American airships, akron and making both proved that the flying aircraft carrier using a dirge Herbal was actually feasible.

    アメリカの飛行船、アクロンとメイキングは、ディルジ・ハーバルを使った空飛ぶ空母が実際に実現可能であることを証明した。

  • Both ships conducted several successful launches and recoveries of their parasitic fighters and the concept was gaining traction in the 19 thirties, however, dirigibles were notoriously finicky aircraft and a number of very high profile accidents, including the total loss of the Akron led the U.

    しかし、ディリジブルは非常に扱いにくい機体であり、アクロン号の全損をはじめとする数々の大事故により、1930年代には米国でもディリジブルの概念が広まっていった。

  • S.

    S.

  • Navy to focus its efforts elsewhere.

    海軍は他の場所に力を注ぐようになりました。

  • However, the airborne aircraft carrier concept had worked.

    しかし、航空母艦のコンセプトは成功していた。

  • The idea would once more find fertile ground in the minds of war planners during World War two, especially in the first half of the war, Allied bombers flying deep into Germany were getting routinely mauled by fighters and the luftwaffe, a new, that allied fighters could only provide air cover for about half the journey.

    特に第2次世界大戦の前半では、ドイツの奥深くまで飛んでいった連合軍の爆撃機は、戦闘機やルフトワフに日常的にやられていたため、連合軍の戦闘機は旅の半分程度しかエアカバーを提供できなかった。

  • Therefore, they simply waited well outside of the allied fighters range, ready to pounce on the big bombers as soon as their escorts were forced to turn back it was a slaughter and for a while air crews had the shortest life expectancy of any job in the allied military.

    そのため、彼らは連合軍の戦闘機の射程外で待機し、護衛機が引き返さざるを得なくなるとすぐに大型爆撃機に襲いかかるようになっていた。

  • In the pacific, the dream of airborne carriers will allow the U.

    太平洋地域では、夢のような空輸船がアメリカの

  • S.

    S.

  • Forces to strike hard and deep into Japanese territory, completely outmaneuvering Japan's surface naval forces.

    日本の水上艦艇を完全に制圧して、日本の領土を深く深く攻撃する部隊。

  • However, there were other priorities for already tight military budgets.

    しかし、ただでさえ厳しい軍事予算には、他にも優先すべきことがあった。

  • And despite the promising tests of the concept in the 19 thirties, the idea was shelved.

    そして、1930年代に有望なテストが行われたにもかかわらず、この構想は棚上げされてしまった。

  • The concept would be resurrected in some form or another.

    このコンセプトは、何らかの形で復活するだろう。

  • For the next few decades though, no significant progress was made in the mid to late sixties, though many of those World War two veterans who had dreamt of flying aircraft carriers once more resurrected the idea again.

    その後の数十年間は、60年代半ばから後半にかけて、空母を飛ばすことを夢見ていた第2次世界大戦の退役軍人たちの多くが、再びこのアイデアを復活させたものの、大きな進展はなかった。

  • The idea was pitched out of sheer necessity, America's massive fleet of strategic bombers had the range to hit any soviet target from bases in the U.

    アメリカの戦略爆撃機の大規模な艦隊は、アメリカ国内の基地からソビエトのあらゆる目標を攻撃できる範囲を持っていた。

  • S.

    S.

  • But America's fighters could never keep up with the big bombers.

    しかし、アメリカの戦闘機は大型爆撃機に追いつくことができなかった。

  • If conventional or nuclear war were to break out, the B 50 two's would be basically on their own as they crossed the arctic circle and into hostile airspace.

    もし、通常の戦争や核戦争が勃発した場合、B502は北極圏を越えて敵の領空に入るため、基本的に単独で行動することになります。

  • But what if defending aircraft could be carried into battle alongside them?

    しかし、防衛用の航空機を一緒に戦場に運ぶことができたらどうでしょうか。

  • One idea proposed attaching a fighter or two to each bomber aircraft, in essence allowing each aircraft to carry their own fighter escort with them and launch where necessary.

    ある案では、各爆撃機に1~2機の戦闘機を搭載し、各爆撃機に戦闘機の護衛をつけて、必要に応じて発進させるというものでした。

  • However, the complicated equipment needed for recovery was nearly impossible to fit onto a bomber without serious modifications that would jeopardize its primary mission of dropping bombs.

    しかし、回収に必要な複雑な装備は、爆弾を投下するという本来の任務に支障をきたすような大幅な改造をしなければ、爆撃機に搭載することは不可能に近い。

  • Fighter escorts would basically be forced to fend for themselves once they were detached and believe it or not, the idea was briefly considered for the all important nuclear bomber fleet.

    戦闘機の護衛は、いったん切り離されると基本的には自活しなければならず、信じられないかもしれないが、重要な核爆撃機の艦隊にもこのアイデアが一時的に検討されたことがある。

  • The pilots sacrifice was acceptable to many military planners that needed to ensure nukes landed on soviet targets as needed.

    パイロットの犠牲は、必要に応じてソ連のターゲットに確実に核を着弾させる必要があった多くの軍事計画者にとっては受け入れられるものでした。

  • The more realistic solution though, involved the single aircraft specially modified to carry parasitic fighters internally.

    しかし、より現実的な解決策は、寄生虫戦闘機を内部に搭載するために特別に改造された単機である。

  • The fighters would be smaller than a traditional fighter aircraft as they would need as large a fuel load.

    この戦闘機は、従来の戦闘機よりも大きな燃料を必要とするため、小型化されます。

  • Their small size would also limit their payloads, but with the plane's dedicated solely to air superiority, they'd be able to pack enough of a punch to threaten any fighters.

    小型なので積載量も限られているが、制空権のみに特化した機体であれば、戦闘機を脅かすほどのパンチ力を発揮することができる。

  • Such an aircraft had already been designed and flown back in World War two and the years immediately after the most famous of being the XF 85 Goblin, This tiny fighter would have indeed been a terror in the sky as it's incredibly small size, gave it great maneuverability and speed and made it a frustratingly small target for enemy fighters.

    このような航空機は、第二次世界大戦とその直後にすでに設計され、飛行していた。最も有名なのはXF85ゴブリンである。この小さな戦闘機は、その信じられないほどの小ささから、優れた操縦性とスピードを発揮し、敵の戦闘機にとっては苛立たしいほど小さな標的となったため、空の恐怖となっただろう。

  • The new airborne aircraft carrier would be based around a modified Boeing 7 47.

    この新型航空母艦は、ボーイング7 47を改造したものがベースとなる。

  • This allowed the parasitic fighters to be slightly larger than the goblin and thus carry more fuel and weapons.

    これにより、寄生戦闘機はゴブリンよりも若干大きくなり、より多くの燃料や武器を搭載することができるようになった。

  • The fighters would be stowed internally on an upper flight deck and a conveyor belt system would move them onto an elevator, which would lower them to the lower flight deck where another conveyor would once more push them toward the front of the aircraft.

    戦闘機は上部のフライトデッキに内部に収納され、ベルトコンベアシステムによってエレベーターに乗せられ、下部のフライトデッキに降ろされ、別のコンベアによって再び機体の前方に押し出される。

  • Once they're a ramp door would open in, the fighter would simply be pushed out with a deployment time of about 80 seconds.

    戦闘機が到着すると、ランプドアが開き、戦闘機は押し出されるだけで、展開時間は約80秒です。

  • The 7 40 sevens, entire complement of 10 fighters could be airborne in just about 15 minutes.

    7.40.7は、10機の戦闘機の全機が、わずか15分ほどで空輸できる。

  • Once it was time to recover the aircraft, another ramp door would open in the rear, then a hook would be extended and the incoming fighter would hook itself very similar to how aircraft conduct modern area.

    機体を回収する際には、後部にある別のタラップドアを開け、フックを伸ばして、入ってきた戦闘機を引っ掛けるという、現代の航空機の行動様式によく似た方法で行われた。

  • We're fueling operations.

    オペレーションに燃料を供給しています。

  • Then the parasitic fighter would be reeled in placed on a conveyor belt and moved inside.

    そして、寄生した戦闘機をベルトコンベアに乗せて巻き取り、内部に移動させる。

  • Each.

    それぞれ。

  • 7 47 could carry enough fuel and weapons for multiple sorties.

    7 47は、複数回の出撃に十分な燃料と武器を搭載できた。

  • Each and airborne refueling planes could keep the mother ship in the air for days at a time, if needed.

    それぞれと空中給油機は、必要に応じて母船を何日も空中に置いておくことができる。

  • The only limitation was the physical endurance of the mother ship's engines.

    唯一の限界は、母船のエンジンの物理的な耐久性だった。

  • While not on a mission, the crew of the parasitic fighters could relax in their own cabins with a full galley, able to cook hot meals on demand.

    任務に就いていない時は、寄生戦闘機の乗組員は自分のキャビンでくつろぐことができ、必要に応じて温かい料理を作ることができるフルギャレーが付いています。

  • In the seventies, the technology was there and the launch and retrieval systems had already been proven multiple times in the past.

    70年代には技術があり、打ち上げと回収のシステムは過去に何度も実証されていました。

  • So why didn't airborne aircraft carriers happened first, aircraft designers would have to make a decision on what to prioritize with the parasitic fighters themselves.

    では、なぜ空母が先に起こらなかったのかというと、航空機設計者は、寄生する戦闘機自体に何を優先させるかを判断しなければならないからです。

  • Should they prioritize weapons capability, fuel storage or radar.

    兵器の性能を優先するのか、燃料の貯蔵を優先するのか、それともレーダーを優先するのか。

  • A small aircraft means sacrifices would have to be made.

    機体が小さいということは、それだけの犠牲を払わなければならないということです。

  • As the technology had not yet miniaturized components enough to make micro fighters that can enjoy adequate amounts of focus on all three areas.

    まだ部品の小型化が進んでいないため、3つの分野で十分に力を発揮できるマイクロ戦闘機を作ることができませんでした。

  • The threat had also changed.

    脅威も変わっていた。

  • While in the forties and fifties, most air to air paddles were still carried out with guns.

    40年代、50年代には、まだほとんどの空対空パドルは銃で行われていた。

  • By the seventies, heat seeking and radar guided missiles were the preferred weapon.

    70年代になると、熱探知やレーダー誘導のミサイルが主流になった。

  • Soviet fighters had both good long range missiles and powerful radars and while in the past, its tiny size would have made it a difficult target to hit with guns.

    ソ連の戦闘機は優れた長距離ミサイルと強力なレーダーの両方を持っており、かつてはその小さなサイズのために銃で攻撃するのは難しい標的だった。

  • Now, the micro fighters, small size was a liability that limited its ability to carry adequate long range radar equipment in a face off against soviet fighters.

    さて、マイクロファイターは、小型であるがゆえに、対ソ戦闘機に十分な長距離レーダー装置を搭載することができないという欠点があった。

  • The micro fighters would've been swatted out of the sky like nets.

    マイクロファイターは網の目のように空から叩き出されていただろう。

  • But big planes were becoming increasingly vulnerable themselves and the primary threat was no longer the fighter.

    しかし、大型機はそれ自体が脆弱化しており、第一の脅威はもはや戦闘機ではなかった。

  • But rather the anti air missile.

    むしろ、対空ミサイル。

  • These telephone pole sized missiles could be shot from dozens even hundreds of miles away and a single one could take out a bomber.

    この電柱サイズのミサイルは、何十マイル、何百マイルも離れたところから撃つことができ、一発で爆撃機を破壊することができる。

  • Micro fighters wouldn't just be useless in this scenario but the airborne carrier itself would be a massive liability with the loss of 10 fighter pilots in the entire airborne carriers crew.

    このシナリオでは、マイクロ戦闘機が役に立たないだけでなく、空母の乗組員全体で10人の戦闘機パイロットを失うことになり、空母自体が大きな責任を負うことになります。

  • If one was shot down, the price was simply too high.

    1つでも撃ち落とせば、単純に価格が高かった。

  • However today the concept is once more gained some resurgence but this time the U.

    しかし、今日、このコンセプトは再び復活しましたが、今度は米国です。

  • S.

    S.

  • Isn't looking at launching micro fighters or at least not traditional micro fighters.

    マイクロファイターの発売は考えていませんし、少なくとも伝統的なマイクロファイターは考えていません。

  • Today, the United States is testing a weapons program it calls Gremlins.

    現在、アメリカでは「グレムリン」と呼ばれる兵器プログラムのテストが行われています。

  • The concept is simple.

    コンセプトはシンプル。

  • A C 1 30 Hercules aircraft outfitted with an entire fleet of small, remotely controlled or automated drones.

    C1 30ハーキュリーズ機に、遠隔操作可能な小型ドローンの全機を搭載したもの。

  • Each drone would have a different job.

    それぞれのドローンが異なる仕事をすることになる。

  • Some would be dedicated to air superiority, taking on enemy fighters directly.

    敵の戦闘機を直接攻撃する制空権に特化したものもある。

  • Others would be for scouting or reconnaissance.

    また、偵察用のものもあります。

  • While others yet would be used to spoof or jam enemy radars and communications.

    また、敵のレーダーや通信を妨害するために使用されるものもあります。

  • Some would even be launched in suicide attacks against ground targets.

    中には、地上の目標に向けて自爆攻撃を行うものもある。

  • With each C 1 30 capable of carrying dozens of drones.

    1台のC 1 30には、数十台のドローンを搭載することができます。

  • The concept of the airborne carrier is finally taking a step out of fiction and into reality.

    航空母艦のコンセプトは、ついにフィクションから現実への一歩を踏み出しました。

  • But how close is this to actually being reality?

    しかし、それはどこまで現実に近いのか。

  • Well, a lot closer than you might think as the program has successfully deployed and recover drones while in flight details are still scarce as the U.

    このプログラムでは、飛行中のドローンを展開して回収することに成功しており、その詳細は米国ではまだ明らかになっていません。

  • S.

    S.

  • Is keeping a very tight lid on what might be truly a game changing way of waging future air war.

    将来の空戦に大きな変化をもたらすかもしれないものを、非常に厳格に管理している。

  • But the writing is on the wall in a future conflict it may no longer be the U.

    しかし、将来の紛争では、それがもはやUではないかもしれないと書かれています。

  • S.

    S.

  • Navy who's the tip of the american military spear but specially designed U.

    米軍の槍の先である海軍だが、特別に設計されたU.

  • S.

    S.

  • Air Force mother ships traveling anywhere in the world within hours and discouraging hundreds of combat drones against enemy air, sea and land forces.

    空軍の母艦は数時間以内に世界のどこへでも移動し、数百機の戦闘用ドローンは敵の空、海、陸軍に対してディスカバリーします。

  • Thanks again to our sponsor Conflict of nations.

    スポンサーのConflict of nationsに感謝します。

  • The free online PVP strategy game.

    無料のオンラインPVP戦略ゲームです。

  • Set in a modern global warfare.

    現代の世界大戦が舞台。

  • Get a special gift of 13,000 gold and one month of premium subscription for free.

    スペシャルギフトとして、13,000ゴールドとプレミアムサブスクリプション1ヶ月分を無料でお届けします。

  • By using the link, it's only available for 30 days.

    リンクを利用することで、30日間のみ利用できます。

  • So don't wait download conflict of nations and start fighting your way to victory right now go check out.

    今すぐ「コンフリクト・オブ・ネイションズ」をダウンロードして、勝利のための戦いを始めましょう。

This video is sponsored by conflict of nations, the free online strategy game where you'll bring the most modern technology to the battlefield, take control of a real country to find out what it's like to lead it in a modern global warfare.

このビデオは、最新のテクノロジーを戦場に持ち込んで、実在の国を支配し、現代のグローバルな戦争で国を率いることがどのようなものかを知ることができる無料のオンライン戦略ゲーム「コンフリクト・オブ・ネイションズ」のスポンサーです。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 戦闘 航空 飛行 爆撃 機体 搭載

空母の飛行が失敗した本当の理由 (Real Reason Why Flying Aircraft Carrier Failed)

  • 20 1
    林宜悉 に公開 2021 年 11 月 18 日
動画の中の単語