Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • december 10th 1945.

    1945年12月10日。

  • Police enter an apartment at 39 41 North Pine Grove Avenue in Chicago.

    シカゴの39 41 North Pine Grove Avenueのアパートに入る警察。

  • They discover the body of a woman lying over a bathtub, a bread knife stuck in her neck in the living room.

    バスタブの上に横たわり、首にパン切り包丁が刺さった女性の遺体を居間で発見する。

  • There's a message on the wall, scribbled in lipstick.

    壁には、口紅で走り書きされたメッセージがあります。

  • For heaven's sake, Catch me before I kill more.

    お願いだから、もっと殺す前に捕まえてくれ。

  • I cannot control myself.

    自分をコントロールできない。

  • This wasn't the first time the killer had struck in june of that same year, the cops walked into an apartment at 41 08 north Kenmore Avenue in Chicago.

    その年の6月、シカゴのケンモア通り北4108番地のアパートに警官が入ってきた。

  • There they found the body of a 43 year old josephine ross.

    そこで、43歳のジョセフィン・ロスの遺体を発見した。

  • There had been no forced entry seems the killer had let himself in through the back door in the early hours of the morning, the woman had been killed while sleeping.

    犯人は早朝に裏口から侵入したようで、女性は寝ている間に殺されていました。

  • Her jugular vein had been cut right through.

    頸動脈が切り裂かれていた。

  • The killer had then carried the body to the bathroom where he had proceeded to clean it in the bathtub.

    その後、犯人は遺体を浴室に運び、バスタブで洗浄した。

  • The cops found it still filled with water now a shade of crimson bloodied towels floated on the surface.

    警官が見たところ、水はまだ満たされていて、水面には血のついたタオルが浮かんでいた。

  • The killer had then taken her back to her bed.

    その後、犯人は彼女をベッドに連れ戻していた。

  • He bandaged her injuries as if he felt sorry for A skirt was placed over her head and a stocking hid the wounds to her throat.

    スカートを頭からかぶり、ストッキングで喉の傷を隠している。

  • The killer had spent close to two hours and the apartment after the murder.

    殺害後、犯人は2時間近くもアパートで過ごしていた。

  • He cleaned traces of his fingerprints, which suggests he was forensically aware a term investigators would use Years later.

    彼は自分の指紋の痕跡を消しており、後に捜査官が「年」という言葉を使うことになる「フォレンジック」を意識していたことがうかがえる。

  • His next victim was found with the haunting message scrawled on the wall.

    次の犠牲者は、壁に書き込まれた呪われたメッセージで発見された。

  • She was 31 year old Frances Brown when she was discovered half hanging onto the bathtub cops again found bloodstained towels nearby to hide her wounds.

    彼女は31歳のフランシス・ブラウンで、バスタブに半分ぶら下がっているところを発見され、警察は彼女の傷を隠すために血のついたタオルを近くに置いていた。

  • The killer at this time put Pajamas overhead only when they lifted them up did they see the bread knife firmly planted in her neck?

    この時、犯人はパジャマを羽織っていて、それを持ち上げた時にパン切りナイフが彼女の首にしっかりと刺さっているのを見たのではないでしょうか?

  • The victim had also been shot once in the arm and once in the side of the head.

    また、被害者は腕と側頭部に1発ずつ撃たれていた。

  • The killer had taken his time with the cleanup job, carefully wiping the body down with soap and water.

    犯人は清掃作業に時間をかけ、石鹸と水で丁寧に遺体を拭いていた。

  • He'd also used tape to cover her wounds.

    また、傷口をテープで塞いでいた。

  • Perhaps in his twisted mind, he thought he was fixing her or perhaps different personalities inhabited this crazed man's brain.

    おそらく、彼の歪んだ心の中では、自分が彼女を修理していると思っていたのだろう。あるいは、この狂った男の脳には異なる人格が宿っていたのかもしれない。

  • A savage, heartless killer who after the fact turned into a repentant criminal.

    野蛮で冷酷な殺人者が、後になって悔い改めた犯罪者になった。

  • What astounded police is just how this killer had gotten into her apartment.

    警察が驚いたのは、この犯人がどのようにして彼女のアパートに侵入したかということだ。

  • He performed quite a dangerous stunt by jumping from a fire escape high up down to her narrow window ledge.

    彼は、非常階段から彼女の狭い窓辺に飛び降りるという、かなり危険なスタントをやってのけた。

  • He could quite easily have fallen to his death.

    彼は簡単に落ちて死んでしまうかもしれない。

  • Cops knew now they were looking for someone who is not your everyday criminal and that message, it sent shivers down the investigators spines.

    警察は、普通の犯罪者ではない人物を探していることを知り、そのメッセージは、捜査官の背筋を凍らせた。

  • Did this maniac really want to be stopped?

    この狂人は、本当に止められたいと思っていたのだろうか。

  • Could he not suppress the urge to kill?

    殺意を抑えることができなかったのだろうか。

  • He'd been meticulous in cleaning the apartment, but he left a clue on the door jamb that he touched with his bloodied hand.

    アパートの掃除は念入りにしていたが、血のついた手で触ったドアジャンブに手掛かりを残していた。

  • He left a fingerprint on january 6th 1946.

    1946年1月6日、彼は指紋を残した。

  • A girl named Suzanne Degnan was abducted from an apartment at 59 43 North Kenmore Avenue.

    スザンヌ・デグナンという少女が、北ケンモア通り59 43番地のアパートから誘拐された。

  • The police discovered that the perpetrator had used a ladder to get to her bedroom window.

    警察は、犯人がはしごを使って彼女の寝室の窓に侵入したことを発見しました。

  • In the bedroom was a ransom letter scribbled on an old piece of oil stained paper like the cops had seen before.

    寝室には、警察が見たことのあるような、油で汚れた古い紙に走り書きされた身代金請求書があった。

  • The capital letters were all over the place.

    大文字がずらりと並んでいました。

  • What would also become a matter of importance was the fact that there were spelling mistakes.

    また、重要な問題となるのは、誤字脱字があるということです。

  • The note said, get $20,000 ready and wait for word.

    そのメモには、2万ドルを用意して連絡を待てと書いてあった。

  • Do not notify FBI or police Bills in Fives & 10s.

    FBIや警察には通報しないでください Bills in Fives & 10s

  • Burn this for her safety.

    彼女の安全のためにこれを燃やす。

  • The next day some patrol cops were looking for the missing girl when they came upon something strange looking in a sewer basin, they had to scrunch up their eyes.

    翌日、行方不明になった少女を探していたパトロール警官たちは、下水道の流域で奇妙な形をした何かを見つけ、目をしばたたかせたという。

  • What they thought they saw was a large doll's head.

    彼らが見たと思ったのは、大きな人形の頭だった。

  • The yellow hair of the doll was lying on the dirty sewer water.

    汚れた下水の上に、人形の黄色い髪の毛が転がっていました。

  • It wasn't a dull, it was the severed head of Suzanne.

    それはダルではなく、スザンヌの切断された頭だった。

  • More.

    もっと見る

  • Police searched the nearby area places just a stone's throw away from where she'd been abducted in no time at all.

    警察は、彼女が誘拐された場所からすぐ近くの場所を探し、あっという間に時間が過ぎていった。

  • They found one of her legs and another sewer.

    片方の足ともう一つの下水道が見つかった。

  • Soon after they discovered another leg.

    ほどなく、もう1本の脚が発見された。

  • Her torso was found later in a storm basin.

    後日、彼女の胴体は雨水枡の中で発見された。

  • It took the police a month to find her arms again.

    警察が彼女の腕を再び見つけるのに1カ月かかった。

  • What was strange is that the killer had gone to great lengths to wipe all the blood from the body parts.

    不思議だったのは、犯人がわざわざ体の一部の血をすべて拭き取っていたことだ。

  • Cops assumed that the body had been dismembered close to where the parts were found in the laundry room, close to that room, police found a bit of wire that's been used to make a noose still connected to it were strands of the victim's hair.

    警察は遺体がバラバラにされたと推測していたが、部品が見つかった洗濯室の近くで、警察は縄を作るのに使われた針金を見つけ、それに被害者の髪の毛がつながっていた。

  • The murders had all happened in close proximity or close enough.

    すべての殺人事件は、近距離で、あるいは近い場所で起きていた。

  • The modus operandi was the same in the first two murders and similar in the third.

    手口は、最初の2つの殺人事件では同じで、3つ目の殺人事件でも似たようなものだった。

  • It didn't take a rocket scientist to connect the killings, but still police had to act with caution when joining the dots.

    ロケット・サイエンティストでなくても、点と点を結びつけるためには、警察は慎重に行動しなければならなかった。

  • For instance, if the killer was the same guy, how come he deducted one victim and killed her later, why had he changed then?

    例えば、もし犯人が同じ人だったら、なぜ一人の被害者を差し引いて後から殺したのか、なぜその時に変わってしまったのか。

  • The police saw some other dots forming on the bloody horizon.

    警察は、血塗られた地平線上に他の点がいくつか形成されているのを見た。

  • They discovered that a 19 year old woman had been shot in the arm as an assailant tried to get her through her bedroom window.

    その結果、19歳の女性が、寝室の窓から侵入してきた犯人に腕を撃たれていることがわかりました。

  • The location of the crime was close to where the murders had taken place.

    犯行場所は、殺人事件が起きた場所の近くだった。

  • Just days after that a very nimble and acrobatic man had climbed up onto the roof of an apartment and dropped through a skylight like spider man might have done if he were inclined to criminality, that girl was named Evelyn Petersen and she lived to tell the tale.

    その数日後、非常に軽快でアクロバティックな男がアパートの屋根に登り、天窓からクモ男のように落下してきた。

  • The assailant had hit her over the head and after tying her with a lamp cord he rifled through the things in her apartment but this time he decided not to kill the victim.

    加害者は彼女の頭を殴り、ランプのコードで彼女を縛った後、彼女のアパートの物をあさりましたが、今回は被害者を殺さないことにしました。

  • He just left her there.

    彼は彼女をそのままにしておいた。

  • She was later discovered by her sister who had gone to her apartment for lunch.

    その後、昼食のために彼女のアパートに行った妹に発見された。

  • Just as the sister entered the apartment block, she saw a young man, she remembered his face because he was quite a handsome fella possibly in his late teens.

    姉は団地に入ったところで、若い男を見かけた。10代後半くらいのハンサムな男だったので、顔を覚えていた。

  • She was locked out of hers and her sister's apartment.

    彼女は自分と妹のアパートから閉め出されてしまった。

  • So the guy told her he tried to help her get in her sister at this point was still unconscious, that teenage boy banged and banged on the apartment door.

    その男は、妹がまだ意識を失っているときに、アパートのドアを叩いて助けようとしたと言っていた。

  • After a few minutes, Evelyn answered, her hands were still partly tied and her face was covered in blood.

    数分後、エヴリンが答えた。彼女の手はまだ一部が縛られていて、顔には血が付いていた。

  • The teen held her in his arms and asked her if she was okay.

    ティーンエイジャーは彼女を抱きかかえ、「大丈夫か」と尋ねた。

  • She wasn't of course, so he guided her back into the apartment where he said he'd help her clean up.

    もちろん、彼女はそうではなかったので、彼は彼女をアパートに戻し、掃除を手伝うと言った。

  • The guy then went downstairs and told the superintendent to go and help the girl.

    その後、男は階下に降りて、管理人に「女の子を助けに行ってくれ」と言いました。

  • He said she'd been beaten up pretty bad.

    かなり殴られていたらしい。

  • The kid then just took off not even leaving his name.

    その子は、自分の名前も残さずに去っていった。

  • Police found the girl in a state of shock, she was still trembling, only half conscious on looking at the skylight where the intruder had entered.

    警察が発見した少女は、侵入者が入ってきた天窓を見てもまだ震えており、半分だけ意識がある状態でした。

  • They made another grisly discovery.

    そして、もう一つの悲惨な発見があった。

  • The perpetrator had for some reason taken a dump right before he'd swoop down into the room.

    犯人は、部屋に舞い降りる直前に、なぜか糞をしていた。

  • It was also reported that another young woman was just sitting in her room when she was attacked.

    また、別の若い女性が部屋で座っていたところを襲われたとの報告もありました。

  • This time someone shot at her through the kitchen window.

    今度は、台所の窓から何者かが彼女を撃った。

  • She was injured in the arm, but it was only a graze.

    腕を負傷しましたが、かすり傷程度でした。

  • The perpetrator subsequently fled.

    その後、犯人は逃走しました。

  • All these attacks were similar and all happened close to each other.

    これらの攻撃はどれも似ていて、互いに接近して起こっていた。

  • Surely there had to be a connection.

    きっと何か関係があるのだろう。

  • This became a huge case in the U.

    これはアメリカでも大きな事件になりました。

  • S.

    S.

  • Media.

    メディア

  • The term split personality wasn't part of most cops vocabulary back then, but it seemed that there was a possibility that one man had committed all the crimes, but perhaps that man was somehow mentally divided.

    当時、警察官の間では、人格分裂という言葉はあまり使われていなかったが、一人の男がすべての犯罪を犯したが、その男は精神的に分裂している可能性があると考えられた。

  • He killed any clean as if trying to recuperate his morality after a monstrous outburst.

    怪物のように暴走した後、道徳心を取り戻すかのように、どんなきれいなものでも殺してしまう。

  • It was reminiscent of dr Jekyll and mr Hyde.

    Dr.ジキルとMr.ハイド」を彷彿とさせるような内容でした。

  • There was also a hint of Jack the ripper in the case.

    また、この事件にはJack the ripperのヒントがあった。

  • The coroner told the reporters that the killer had formidable surgical skills.

    検視官は記者団に「犯人は恐るべき外科的技術を持っていた」と語った。

  • He said the murderer was a man who worked in a profession that required the study of anatomy or one with a background in dissection.

    犯人は、解剖学を学ぶ必要のある職業に就いていた人や、解剖の経験がある人だったという。

  • Not even the average doctor could be a skillful.

    並の医者でも腕がいいとは言えない。

  • The newspaper, the Madeira tribune wrote that one of the greatest manhunts was now taking place.

    新聞「マデイラ・トリビューン」は、「最大級の捜索が行われている」と書いていた。

  • The paper said the number one suspect was a 65 year old janitor who worked at the apartment where the body had been dismembered and that couldn't have been more wrong.

    同紙は、第一容疑者は遺体がバラバラにされていたアパートで働いていた65歳の清掃員だとしていたが、これは間違いではなかった。

  • The paper wrote that residents had come out in support of him and he said he was a good natured grandfather who never do such a thing.

    同紙によると、住民が彼を支持してくれたとのことで、彼は「そんなことは絶対にしない気のいいおじいちゃんだ」と言っていた。

  • The manhunt continued then things got crazy.

    捜索は続いたが、事態は一変した。

  • A few months later, a caretaker of another apartment was being especially careful since there's been a bunch of burglaries at his apartment every night.

    数ヶ月後、別のアパートの管理人が、自分のアパートで毎晩のように空き巣が多発しているので、特に注意していた。

  • He prowled around the place, making sure no one got inside, who didn't have a key On the night of June 26, 1947, the caretaker came across a suspicious looking young man when he approached the man, a gun was pulled, but the man soon fled.

    1947年6月26日の夜、管理人は怪しげな若い男に出くわし、その男に声をかけたところ、銃を突きつけられたが、男はすぐに逃げてしまった。

  • He was spotted not too far away by police, but when approached this time, the guy tried to shoot, lucky for the cops, the gun didn't work correctly and they soon had the guy down on the floor.

    彼はそれほど遠くない場所で警察に発見されましたが、今度は近づいてくると、男は銃を撃とうとしました。警官にとって幸運だったのは、銃が正しく作動せず、すぐに男を床に伏せさせたことです。

  • That wasn't easy.

    それは簡単なことではありませんでした。

  • This guy, no older than a teenager, was certainly a nimble fella and he was also strong.

    10代と変わらない年齢のこの男は、確かに軽快な動きをしていたし、力もあった。

  • Just as soon as the cops thought they had him secured to the floor of the athletic teams, somehow slipped out of their grip, got hold of one of the cop's guns.

    警官が彼をアスレチックチームの床に固定したと思った瞬間、なぜか彼らのグリップから抜け出して、警官の銃を手にした。

  • Another cop then jumped on and managed to stop the kids from firing the gun.

    その後、別の警官が飛びついて、子供たちが銃を撃つのを何とか阻止しました。

  • But again, the kid fought like a lion.

    しかし、この子もまた、ライオンのように戦った。

  • One of the cops took drastic measures picking up a heavy clay flowerpot and smashing it over the teen's head.

    警官の一人が、重い植木鉢を持ってきて、ティーンの頭の上に叩きつけた。

  • It should have knocked him out cold.

    これで彼は気絶したはずだ。

  • It didn't even seem to bother him.

    彼はそれを気にする様子もなかった。

  • So the cops smashed another three flower pots on his head.

    そこで、警官は彼の頭にさらに3つの植木鉢を叩きつけた。

  • Only now was the teen subdued.

    この時ばかりは、10代の若者は落ち着いていた。

  • Who was this kid who had the strength of two men and the acrobatic ability to match anyone who worked in the circus.

    男2人分の力と、サーカスで働く誰にも負けないアクロバティックな能力を持ったこの子は何者?

  • His name was William Hirings and he was just 17 years old when he wasn't taking on policemen in the streets.

    彼はウィリアム・ヒリングスという名で、17歳の若さで警察官を相手にしていた。

  • He was a student at the University of Chicago where his impressive intelligence that got him onto special learning programs for talented students.

    シカゴ大学の学生だった彼は、その優れた知能から、才能ある学生のための特別学習プログラムに参加していました。

  • He was popular too, especially with the girls.

    彼も人気者で、特に女の子には人気がありました。

  • Young bill was quite the looker and he had the mouth to match his facial fortunes.

    若いビルはかなりのルックスで、顔の運勢に見合った口元をしていた。

  • But it turned out that bill had a checkered past.

    しかし、そのビルには波乱万丈の過去があった。

  • In his early teens he committed scores of burglaries but he never sold the stuff he stole.

    10代前半は何度も空き巣に入りましたが、盗んだものを売ることはありませんでした。

  • He just kept all the things.

    彼はすべてのものを保管していました。

  • So when cops went to his apartment when he was 13 they found a stash that looked like a veritable Aladdin's cave.

    13歳の時に警察が彼のアパートに行った時、アラジンの洞窟のような隠し場所を見つけた。

  • If he'd sold the items in today's cash, he would have gotten about $60,000.

    もし、今日の現金で売っていたら、約6万円になっていただろう。

  • His crimes weren't about money.

    彼の犯罪はお金ではありませんでした。

  • Bill was sent to a school for wayward boys after that even though he stole again and again just for the fun of it, he became an exceptional student.

    ビルはその後、道楽者のための学校に送られたが、面白半分で何度も盗みを繰り返しながらも、優秀な生徒になっていった。

  • So when his former teachers and schoolmates found out that he'd been arrested at 17 for fighting with cops, they couldn't believe it.

    そのため、17歳のときに警官に喧嘩を売って逮捕されたという事実を知ったとき、かつての教師や学友たちは信じられませんでした。

  • He was a good kid, smart as a whip, he got on with everyone when that first murder was committed, Bill was studying, but he also had a job as a laborer for the Chicago railroad on the day the murder happened, he hadn't turned up for work when the second murder was committed, he was already at Chicago university.

    彼は良い子で、頭も良く、最初の殺人事件の時にはみんなと仲良くしていました。ビルは勉強していましたが、殺人事件が起きた日にはシカゴ鉄道の労働者としての仕事もしていましたし、2つ目の殺人事件の時には仕事に来ておらず、すでにシカゴの大学に通っていました。

  • There girls flirted with him constantly.

    そこでは、女の子たちが常に彼といちゃついていた。

  • He was also a member of many clubs, ominously.

    また、不吉なことに多くのクラブに所属していました。

  • The gun club.

    ガンクラブです。

  • When police took this guy in, they didn't immediately think he was behind any of the murders.

    警察はこの男を連行したとき、すぐにはどの殺人事件の背後にも彼がいるとは思わなかった。

  • What they had in their interrogation room was just a good looking kid who had no doubt done a bit of wrestling in his time.

    取調室にいたのは、レスリングをやっていたと思われる格好いい子供だった。

  • But then they searched his dorm room.

    しかし、その後、彼の寮の部屋を捜索した。

  • Now he had a lot of explaining to do.

    今、彼は多くのことを説明しなければならない。

  • They found jewelry, guns, watches, and other items worth a considerable amount of money.

    宝石、銃、時計など、かなりの金額に相当するものが発見されました。

  • They even found photos of well known Nazi leaders on top of that, they discovered war bonds that were worth over $20,000 in today's cash.

    さらに、ナチスの有名な指導者の写真や、現在の貨幣価値で2万ドル以上の価値がある戦時国債も発見された。

  • Police were given another shock when bill told them he'd take them to a locker he kept at the Howard Street L station There.

    ビルが「Lのハワード・ストリート駅に置いてあるロッカーに持っていく」と言ったことで、警察はさらにショックを受けた。

  • They found more war bonds worth over $100,000 in today's money.

    さらに、今のお金で10万円以上の価値がある戦時国債も見つかった。

  • And this was a kid that on the outside looked poor.

    そして、この子は外見からしてかわいそうな子だった。

  • Then he told him about more of his Stashes and in the end, police found items and bonds worth over $1.1 million dollars in today's money.

    その後、彼はさらに多くの隠し場所を話し、最終的に警察は今日のお金で110万ドル以上の価値がある品物や債券を発見した。

  • He hadn't spent any of it as serial killer.

    彼はシリアルキラーとして過ごしていたわけではありません。

  • Historian Peter Vronsky points out in his book, american serial killers.

    歴史学者のピーター・ヴロンスキー氏は、著書『アメリカの連続殺人犯』の中で次のように指摘しています。

  • The burglaries were purely pathological, notably one of the stolen items found was the book psychopathy, a sexuality, a treatise on sexual deviants, but murder.

    空き巣は純粋に病的なもので、特に見つかった盗品の中には『サイコパシー』という本がありました。性的異常者についての論考ですが、殺人です。

  • Dismemberment.

    バラバラになる。

  • That was a whole different ball game.

    それは全く別のボールゲームでした。

  • Still fingerprints found at the murder scenes matched those of Bill.

    殺害現場で見つかった指紋は、ビルのものと一致した。

  • The crimes had also taken place close to where he lived.

    また、犯行は彼の家の近くで行われていました。

  • Then witnesses came forward and gave positive I.

    そして、目撃者が名乗り出てくれて、肯定的な意見を述べてくれた。

  • D.

    D.

  • S.

    S.

  • Bronski writes in his book but hirings wasn't talking.

    ブロンズキーは本に書いていますが、ハーリングは話していませんでした。

  • He just lay strapped in his bed, staring blankly into space, frustrated Chicago.

    彼はただベッドに縛り付けられて横たわり、宇宙をぼんやりと見つめていた、欲求不満のシカゴ。

  • Police allegedly roughed up the team slamming his bandaged head into a wall in the hope that would help his memory.

    警察は、彼の記憶が蘇ることを期待して、包帯を巻いた頭を壁に叩きつけるような暴行を加えたという。

  • It didn't now things get even stranger if you thought they weren't already strange enough, police tortured him.

    しかし、それだけではなく、警察は彼を拷問した。

  • They gave him truth serum quite unbelievably.

    信じられないことに、自白剤を投与された。

  • They gave him a spinal tap without an anesthetic.

    麻酔をかけずに脊髄穿刺をした。

  • This was middle ages stuff and Bill didn't have a lawyer present during any of the interrogations.

    これは中世の話で、ビルは尋問の際に弁護士をつけていませんでした。

  • The police were desperate to get their man due to the public outcry, but as we now know, this pressure can lead cops to do things that usually only criminals are capable of.

    警察は世間の声を受けて、必死になって犯人を捕まえようとしたが、今ではそのプレッシャーから、通常は犯罪者しかできないようなことをしてしまうことがある。

  • Nonetheless, it was shown that Bill misspelled words the same as some of the words had been misspelled in that ransom letter, he had the loot from many burglaries close to the murders.

    それにもかかわらず、ビルは身代金要求の手紙に書かれていたのと同じように単語のスペルを間違えていたこと、殺人事件の近くで何度も強盗にあって戦利品を手にしていたことなどが明らかになった。

  • Those Nazi photos had been stolen down the street from where the girl had been abducted.

    そのナチスの写真は、少女が拉致された場所から通りを隔てたところで盗まれたものだった。

  • He also fit that witness's description of the killer.

    彼は、その目撃者が語る犯人像にも合致していた。

  • It all seemed to point to his guilt.

    すべては彼の罪悪感を示しているように思えた。

  • At one point he made a deal with the prosecutor to plead guilty if the death penalty wasn't imposed.

    ある時、彼は検察官と「死刑にならなければ罪を認める」という取引をした。

  • Then later Bill changed his mind, he confessed and changed his mind on a number of occasions.

    その後、後になってビルは気が変わったのか、何度も告白して気が変わったという。

  • Meanwhile, his mother said he's still our son and will stand by him.

    一方、母親は「彼はまだ私たちの息子であり、彼のそばにいます。

  • He still got life in prison, but he always said he was innocent and had been subjected to police torture once.

    彼はそれでも終身刑になったが、自分は無実であり、一度警察の拷問を受けたことがあるといつも言っていた。

  • When asked how much pain the murdered girl felt, he replied, I can't tell you if she suffered, I didn't kill her.

    殺害された少女がどれほどの苦痛を感じたかという質問には、「彼女が苦しんだかどうかはわからない、私は彼女を殺していないから」と答えた。

  • Tell Mr Degnan to please look after his other daughter because whoever killed Suzanne is still out there.

    デグナン氏に、もう一人の娘の面倒を見てくださいと伝えてください。スザンヌを殺した犯人はまだ捕まっていません。

  • Was he telling the truth?

    彼の話は本当なのか?

  • Well over the years, he had a huge number of supporters that all called for his release.

    彼には多くの支持者がいて、皆が彼の釈放を求めていた。

  • They said he was a victim of a police conspiracy.

    彼は警察の陰謀の犠牲者だと言われた。

  • They said Bill was nothing more than a burglar fitted up for a crime when police found themselves cornered by immense public pressure.

    彼らは、ビルは世間の大きな圧力によって警察が窮地に陥ったときに、犯罪のために取り付けられた強盗にすぎないと言った。

  • Human rights advocates later said his guilt or innocence is not the only major factor in the case.

    人権擁護団体は後に、彼の有罪・無罪だけがこの事件の大きな要因ではないと述べている。

  • A miscarriage of justice took place when the police tortured the teenager.

    警察がティーンエイジャーを拷問したことで、誤審が起きた。

  • A petition said there had been prosecutorial misconduct prejudice during the trial, junk science used a terrible defense counsel and more he might have killed those people, but in a world that espouses and ethical justice system, he would have never gone to prison.

    嘆願書には、裁判中に検察官の不正な偏見があったこと、ジャンク・サイエンスがひどい弁護人を使ったことなどが書かれており、さらに、彼は人々を殺したかもしれないが、倫理的な司法制度を信奉する世界では、彼は決して刑務所に行くことはなかっただろうとも書かれていた。

  • Even in the two thousands when Bill was an elderly man behind prison walls, people still fought for his release.

    ビルが老人になって塀の中に入っていた2千年前にも、人々は彼の釈放を求めて戦った。

  • Vronsky who has investigated the case as much as anyone says.

    誰よりもこの事件を調査したヴロンスキーが言う。

  • One thing pointing to his guilt is the fact that he knew things only the murderer could have known, such as the use of a certain hunting knife to chop up the girl Bronski writes that Bill was almost definitely a psychopath, which perhaps was the result of a severe head injury when he was a kid.

    彼の有罪を示唆していることの1つは、ある狩猟用ナイフを使って少女を切り刻んだことなど、犯人しか知り得ないことを彼が知っていたという事実である。ブロンスキーは、ビルがサイコパスであることはほぼ間違いないと書いているが、それは彼が子供の頃に頭に大きな傷を負ったことが原因ではないかと考えている。

  • This seemed to change his behavior after he was first imprisoned.

    このことが、最初に投獄された後の彼の行動を変えたようだ。

  • Doctors noted that this kid was inarguably abnormal.

    医者は、この子は紛れもなく異常だと指摘した。

  • They said he had a very unusual tolerance for pain.

    痛みに対する耐性が尋常ではないと言われました。

  • Doctor shoved pins into his feet and under his nails and he felt nothing at all.

    医者が足や爪の下にピンを突っ込んでも、何も感じない。

  • He didn't even flinch.

    彼は身じろぎもしなかった。

  • This might explain his high wire jumps in his uncanny ability to fight through flowerpot bashing.

    これは、植木鉢を叩いて戦うという不思議な能力を持つ彼の高所恐怖症の説明になるかもしれません。

  • He may have also lost the ability to sympathize to feel pain mentally, and that's why he cleaned down the body's, It might be why he didn't always kill his victims and why he wrote that message on the wall, notably he told doctors his favorite movie was dr Jekyll and mr Hyde in some of his confessions.

    また、精神的にも痛みを感じる共感能力を失っていたのかもしれません。だからこそ、遺体をきれいにすることができたのでしょう。いつも被害者を殺さなかったのも、壁にメッセージを書いたのも、医者に好きな映画は「ジキルとハイド氏」だと告白したのも、そのためかもしれません。

  • He admitted to having blackouts and then coming around throwing body parts into the sewer.

    彼は失神して、体の一部を下水道に捨てて来たことを認めた。

  • He said that happened after he dismembered the girl.

    それは少女をバラバラにした後のことだという。

  • That's why he threw a ransom note through the window after he felt bad, he wanted the parents to think their daughter was still alive to give them hope.

    だからこそ、気分が悪くなってから身代金の手紙を窓から投げ入れたのだ。娘がまだ生きていると両親に思わせて、希望を持たせたかったのだ。

  • He also said once he had an accomplice, a man named George murman, but police could find no such man, it's likely he didn't exist.

    また、かつてはジョージ・ムルマンという共犯者がいたと言っていたが、警察はそのような人物を見つけられなかったので、存在しなかったのだろう。

  • George was Bill's father's name.

    ジョージはビルの父親の名前だ。

  • Merman could have stood for murder man.

    マーマンは殺人者の象徴でもある。

  • Maybe George was mr Hyde and Bill was dr Jekyll France key wrote that since the age of nine, Bill was a spinning wheel of para filic transgressive actions in layman's terms, that means he did things society deems is wrong and there was usually a sexual element to his deeds.

    ジョージがMr.HydeでビルがDr.Jekyllだったのかもしれません。フランスの鍵は、ビルが9歳の頃からパラフィリック・トランスグレッシブ・アクションの紡ぎ手だったと書いています。

  • If he didn't commit those murders, he was certainly a man on the edge and very likely a complete psychopath Frankie thinks he probably did commit those murders.

    もし彼がそのような殺人を犯していないのであれば、彼は確かにギリギリのところにいる人間であり、完全なサイコパスである可能性が高いとフランキーは考えている。

  • Still terrible police work in a cruel and corrupt justice system didn't do the job.

    残酷で腐敗した司法制度の中で、それでもひどい警察の仕事は仕事にならなかった。

  • It's paid by the public to do.

    国民からお金をもらってやっているのだから。

  • For that reason, we just can't be sure of his guilt.

    そのため、彼の罪を確信することはできません。

  • There's also pretty strong evidence that another man could have committed the murders.

    また、別の男性が犯行に及んだ可能性を示す有力な証拠もある。

  • He was Richard Russell Thomas.

    リチャード・ラッセル・トーマスでした。

  • He died in prison in 1974.

    彼は1974年に刑務所で亡くなった。

  • And strangely, all records of his interrogation about the Chicago murders died with him On February 26, 2012.

    そして不思議なことに、シカゴ殺人事件に関する彼の取り調べ記録は、2012年2月26日に彼とともに消滅した。

  • William Hirings died in prison from complications of his diabetes.

    ウィリアム・ヒリングスは、糖尿病の合併症により刑務所で亡くなった。

  • He was 83 and one of the longest serving prisoners in US history.

    彼は83歳で、米国史上最も長く服役した囚人の一人でした。

december 10th 1945.

1945年12月10日。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 警察 犯人 アパート ビル 殺人 事件

口紅で書かれた恐るべきメッセージで犯人に捕まりたいと懇願 - The Lipstick Serial Killer (Killer Begs to Be Caught in Terrifying Message Written in Lipstick - The Lipstick Serial Killer)

  • 0 0
    林宜悉 に公開 2021 年 11 月 15 日
動画の中の単語