Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Astronauts are some of the most fascinating people on the planet; or technically, off

    宇宙飛行士は、地球上で最も魅力的な人たちの一人です。

  • it.

    になっています。

  • It's a profession most people admire, but few have the courage or desire to do.

    多くの人が憧れる職業ですが、勇気や意欲のある人はほとんどいません。

  • But turns out, theres a lot of weird, somewhat uncool things about being an astronaut that

    しかし、宇宙飛行士には、奇妙でカッコ悪いことがたくさんあることがわかりました。

  • NASA doesn't want you to know.

    NASAはあなたに知られたくないと思っています。

  • For example

    例えば・・・。

  • Being an astronaut can have an alarming amount in common with being a toddler.

    宇宙飛行士になるということは、幼児になるということと驚くほどの共通点があります。

  • Think we're exaggerating?

    大げさだと思われますか?

  • Well, maybe if you also had to pull on a diaper before going out on your spacewalk, you would

    まあ、宇宙遊泳に出る前にオムツを履かなければならないとしたら、そうかもしれない。

  • believe us.

    は、私たちを信じています。

  • That's right, astronauts have to wear diapers.

    そう、宇宙飛行士はオムツをしなければならないのです。

  • Why?

    なぜ?

  • Well, those spacesuits that look incredibly cool can't really easily be removed for

    凄くかっこいい宇宙服も、簡単には脱げませんからね。

  • a quick squat.

    クイックスクワット

  • This is great for preventing astronauts from dying in the hostile, cold black silence of

    これは、宇宙飛行士が敵対的で冷たいブラックサイレンスの中で死ぬのを防ぐためには素晴らしいことです。

  • space, but not so great for bathroom breaks.

    しかし、トイレ休憩にはあまり適していません。

  • So astronauts essentially get Depends adult diapers, or their own, slightly cooler sounding

    宇宙飛行士は、基本的には大人用の紙おむつを使うことになりますが、そのほかにも、自分で作ったちょっとかっこいい紙おむつを使うこともあります。

  • version called MAG; aka maximum absorbency garment.

    は、MAGと呼ばれる最大吸水性のある衣服を使用しています。

  • No matter how they brand it, it doesn't change the fact that these fully grown, extensively

    どのようにブランド化されても、これらの完全に成長した、大規模な

  • trained, often phD holding or ex-military adults are forced to wear diapers on the clock.

    訓練を受けた、しばしば博士号を保持している、あるいは元軍人の大人たちは、24時間体制でおむつを着用することを強いられています。

  • If that kind of infantilization weren't enough, rookie astronauts are known for banging

    新人宇宙飛行士は、そのような幼児性に満足していないのであれば、宇宙飛行士を叩くことで知られています。

  • into things left and right on spaceships, like pre teens whose limbs are growing too

    宇宙船の中で右往左往しながら、手足が伸びすぎているプレティーンのように

  • rapidly for their brains to process.

    脳が処理できないほどの速さである。

  • Most beginner astronauts find it difficult to adjust to constantly floating in space.

    初心者の宇宙飛行士の多くは、常に宇宙空間に浮かんでいる状態に慣れることができません。

  • All the pool training in the world that astronauts undergo can't precisely simulate, or prepare

    宇宙飛行士がプールで訓練をしても、それを正確にシミュレートしたり、準備したりすることはできません。

  • people for true zero gravity in space.

    宇宙での真の無重力を目指す人々のために。

  • Therefore, astronauts starting out are frequently nicknamedbulls in China shops”, an accurate

    そのため、入社したばかりの宇宙飛行士は「中国の店の牛」と呼ばれることがありますが、これは正確には

  • description of the grace and ease with which they move through their ships.

    の描写は、船の中を優雅に移動する様子を表しています。

  • This clumsiness is such a common experience for trainees that astronauts have formed their

    このような不器用さは、宇宙飛行士が「宇宙飛行士のための訓練」と称しているほど、訓練生にとっては当たり前の経験です。

  • own little rituals around smashing things.

    物を壊すことで、自分なりの儀式を行っています。

  • While astronauts are training, one of the most frequent accidents involves breaking

    宇宙飛行士が訓練をしている間、最も頻繁に起こる事故の1つが破損です。

  • their visors.

    バイザーをつけています。

  • It's then traditional for fellow astronauts to hold a big ceremony on the next Monday

    翌週の月曜日には、宇宙飛行士同士で盛大なセレモニーを行うのが恒例となっている。

  • morning meeting, where they present the broken visor to the astronaut unlucky enough to crack

    朝礼では、運悪く割れてしまった宇宙飛行士に、割れたバイザーをプレゼントします。

  • it.

    になっています。

  • That's right, just a bit of astronaut hazing.

    そう、ちょっとした宇宙飛行士のハザマです。

  • The second most frequent accident for trainees involves getting caught in their tethers.

    訓練生の事故で2番目に多いのは、テザーに巻き込まれることです。

  • As astronaut Scott Parazynski says, “they push with full velocity and bang their head,

    宇宙飛行士のスコット・パラジンスキー氏が言うように、「全速力で押して、頭をぶつける。

  • and get caught in cables and things like that, so that's a source of great entertainment”.

    とか、ケーブルに引っかかったりとか、そういうことがあって、それが大きなエンターテイメントになっています」。

  • Astronauts: more like your least mature bros than you'd think.

    宇宙飛行士:想像以上に大人げない兄弟のようです。

  • These coordination issues aren't helped by the fact that astronauts' heights change

    また、宇宙飛行士の身長は変化するため、その調整にも苦労します。

  • while in space.

    宇宙にいる間に

  • That's right!

    そうなんです。

  • Without the gravity of Earth holding them down, frustratingly unable to reach that top

    地球の重力に支配されず、頂点に到達できないもどかしさ。

  • shelf, their spine takes a nice long break to decompress and stretch.

    棚の上には、背骨を伸ばすための長い休憩時間があります。

  • In space, people have been known to gain more than an inch of height in less than...three

    宇宙空間では、1cm以上も身長が伸びることが知られています...続きを読む

  • hours in space.

    時間の宇宙空間。

  • However, those hoping this boost will help them make their local basketball team back

    しかし、これをきっかけに地元のバスケットボールチームを復活させたいと考えている人は

  • on Earth are out of luck.

    地球上にいる人は運が悪い。

  • That extra height gets lost almost immediately upon return.

    その分の高さは、帰国後すぐに失われてしまいます。

  • In fact, astronauts go through a full 45-day reconditioning period, in which their body

    実際、宇宙飛行士は45日間の再調整期間を経て、体を整えます。

  • has to readjust to life on Earth.

    は、地球での生活に再適応しなければなりません。

  • During this time, muscles and bones painfully reacclimate to the concept of gravity, causing

    この間、筋肉や骨は痛みを伴いながらも重力の概念に順応していきます。

  • severe back pain and other skeletomuscular issues while your body rebuilds muscle strength

    筋力が回復するまでの間、激しい腰痛などの骨格筋系の問題が発生する

  • and bone mass.

    と骨量を測定しました。

  • Not to mention, astronauts' sense of balance is completely destroyed.

    勿論、宇宙飛行士のバランス感覚は完全に破壊されています。

  • They feel woozy, fall relatively easily, and constantly feel like they want to throw up

    ふらふらして、すぐに倒れてしまい、常に吐きそうになる。

  • for their first days back on Earth.

    地球に戻ってきた最初の日に

  • Basically like the world's longest, most annoying hangover.

    基本的には、世界で最も長く、最も厄介な二日酔いのようなものです。

  • These symptoms shouldn't be too much for them to handle, however, as astronauts throw

    しかし、これらの症状は、宇宙飛行士にとっては負担にならない程度のものです。

  • up pretty frequently in space as well.

    宇宙でもかなりの頻度で登場しています。

  • That's right, NASA includes barf bags on all space missions, because they know each

    その通り、NASAはすべての宇宙ミッションに嘔吐用バッグを搭載しています。

  • and every one of those will probably be used.

    そして、そのどれもがおそらく使われるでしょう。

  • The bags have big towels attached that astronauts can use to wipe themselves off and toss out

    バッグには大きなタオルが付いていて、宇宙飛行士が体を拭いたり、捨てたりするのに使います。

  • with the bag.

    バッグと一緒に

  • Unfortunately, there's no such bag people can use to catch their sneezes.

    残念ながら、人のくしゃみを受け止められるような袋はありません。

  • Astronaut David Wolf disclosed his profession's special sneezing technique: “aim low, off

    宇宙飛行士のデビッド・ウルフさんは、職業柄、くしゃみをするときの必殺技を披露してくれました。「狙いを定めて低く、外す

  • the windshield, because it can mess up your view and there's no way to clear it.

    視界が悪くなるので、フロントガラスをクリアにする方法はありません。

  • That's how you do it.”

    それがあなたのやり方です"

  • The last thing anyone wants is to wander off into space because they couldn't see their

    誰もが望んでいるのは、自分の目が届かないために宇宙をさまようことです。

  • way back to the ship through a mucus-covered visor.

    は、粘液で覆われたバイザーを通って船に戻る。

  • One last downside of an astronaut's work environment?

    最後に、宇宙飛行士の仕事環境のマイナス面を教えてください。

  • Everything smells.

    すべてのものに匂いがある。

  • And we mean, everything.

    つまり、すべてです。

  • All the time.

    ずっとですよ。

  • The environment inside the rockets, the International Space Station, the air inside their suit.

    ロケットの中の環境、国際宇宙ステーションの中の環境、スーツの中の空気。

  • Oh that's right; because there's no gravity, the liquids, solids and gases in their stomachs

    そうだ、重力がないから、胃の中の液体、固体、気体が

  • don't settle in the same way, which makes burping impossible.

    が同じように沈まないので、ゲップが出ないのです。

  • So what's the only available way left for all that gas to come out?

    では、そのガスが出てくる唯一の方法は何か?

  • That's right, farting.

    そうです、おならです。

  • Astronauts fart a lot.

    宇宙飛行士はよくおならをします。

  • We can only imagine the agony of this happening while wearing a spacesuit that traps everything

    すべてを閉じ込める宇宙服を着ているときの苦しさは想像に難くありません。

  • inside.

    の中に入っています。

  • But why does the shuttle smell?

    しかし、なぜシャトルが臭うのか?

  • Well, we really hoped this quirky video about astronauts wouldn't involve quite so many

    宇宙飛行士をテーマにした風変わりなビデオには、それほど多くの要素は含まれていないと思っていました。

  • bodily functions, but clearly there's no way around them.

    しかし、明らかにそれを避けては通れない。

  • There is one toilet in a tiny little ship, and it's located right in the middle of

    小さな小さな船の中にトイレが1つあり、それがちょうど真ん中に位置しているので

  • everything.

    のすべてのものがあります。

  • Keep in mind, missions can involve up to seven people.

    なお、ミッションには最大で7人が参加できます。

  • Have you ever used a bathroom shared by an entire dorm hall?

    寮全体で共有しているバスルームを使ったことはありますか?

  • Imagine that, but with no window ever open for the air to escape.

    想像してみてください、空気を逃がすための窓が開いていない状態を。

  • No Febreze or scented candle in the world is strong enough to handle that.

    世界中のファブリーズやアロマキャンドルでは対応できません。

  • The International Space Station, a major stop for most astronauts, is better smelling, with

    ほとんどの宇宙飛行士が立ち寄る国際宇宙ステーションでは、より良い香りがしています。

  • a couple of exceptions.

    いくつかの例外を除いて。

  • The culprit in the ISS however, isn't toilets; it's food.

    しかし、ISSの犯人はトイレではなく、食べ物なのです。

  • Especially seafood.

    特にシーフード。

  • All seafood carries a certain odor when prepared, but imagine how much worse it is in a sealed

    すべての魚介類は、調理された状態でも一定の臭気を持っていますが、密封された状態では、その臭気がどれほどひどいかを想像してみてください。

  • off, closed environment like the ISS.

    ISSのような閉ざされた環境では

  • Commanders are especially rankled by the presence of seafood gumbo.

    特にシーフードガンボの存在には指揮官も頭を抱えている。

  • Astronaut Clayton Anderson explains, “eating a fish dish often produced the most pungent

    宇宙飛行士のクレイトン・アンダーソンは、「魚料理を食べると、しばしば最も刺激的な香りがした」と説明しています。

  • odor, especially the US version of seafood gumbo.

    odor、特にアメリカ版のシーフードガンボ。

  • It might take a couple of hours topurgethat smell from the airflow of the ISS.”

    ISSの気流からその匂いを「浄化」するには、2〜3時間かかるかもしれません。"

  • The smell is so bad that commanders will actually ban gumbo and other seafood dishes from even

    あまりの臭さに、司令官はガンボなどのシーフード料理を禁止するほどです。

  • being made on board.

    船上で行われている。

  • Apparently, after a long time in space, even the car-exhaust-laden atmosphere of Los Angeles

    どうやら、宇宙で長い時間を過ごした後は、車の排気ガスが充満したロサンゼルスの大気でも

  • must be, quite literally, a breath of fresh air.

    は、まさに文字通り、新鮮な空気を吹き込んでくれるに違いありません。

  • We've heard about the smells, the lack of coordination, the farting, the diapers; everything

    匂い、協調性のなさ、おなら、オムツなど、あらゆることを聞いてきました。

  • that makes us want to avoid space forever, in addition to the general constant threat

    一般的な恒常的な脅威に加えて、宇宙を永遠に避けたいと思わせるような

  • of space debris ripping apart your space ship.

    スペースデブリが宇宙船を引き裂いている。

  • Now let's take a look at a couple of surprisingly sweet and fun things about being an astronaut.

    それでは、宇宙飛行士の意外な甘さや楽しさをご紹介しましょう。

  • Every morning, the crew members of the International Space Station will get customized wake-up

    国際宇宙ステーションの乗組員は、毎朝、カスタマイズされた目覚ましを受け取ります。

  • music to wish them a pleasant day.

    音楽を聴きながら、楽しい一日を過ごしてください。

  • The sounds are often picked by crew members' family and friends, and can be anything from

    音はクルーの家族や友人が選んだものが多く、以下のようなものがあります。

  • songs to famous movie or TV show dialogue.

    有名な映画やテレビ番組の台詞に合わせて曲を選ぶことができます。

  • This offers a sweet little memento from loved ones, and a much needed reminder of life back

    大切な人との思い出の品として、また、人生を振り返るために必要なものとして。

  • home.

    のホームになります。

  • Unless an astronaut's partner just found out about their secret bank account and mistress,

    宇宙飛行士のパートナーが、秘密の銀行口座や愛人の存在を知ってしまった場合は別ですが。

  • in which case we assume they get woken up by the Apollo 13 soundtrack piped in directly

    その場合は、アポロ13のサウンドトラックが直接流れてきて、彼らは目を覚ますことになります。

  • from Earth.

    地球から

  • However, this thankfully hasn't happened so far.

    しかし、幸いなことに今のところそのようなことはありません。

  • Also, there's no denying that astronauts, while having to function a lot like kids in

    また、宇宙飛行士は、子供と同じような機能を持っていることは否定できません。

  • space, also get to have fun like kids as well.

    また、子供のように楽しむこともできます。

  • People have always looked up to the brave men and women who fly off into space to learn

    人々は常に、宇宙へ飛び立つ勇敢な人々を尊敬しています。

  • about our universe and help expand the boundaries of modern science; but there's plenty of

    私たちの宇宙を解明し、現代科学の限界を広げることに貢献していますが、たくさんの

  • downtime while they find themselves floating through the air, so who can resist a little

    宙に浮いている間のダウンタイムには、誰もがちょっとした

  • entertainment?

    エンタテインメント?

  • Chris Hadfield got famous for entertaining people from thousands of miles above the Earth's

    クリス・ハドフィールドは、地球から何千マイルも離れた場所で人々を楽しませることで有名になりました。

  • surface.

    の表面に表示されます。

  • His rendition of David Bowie's “Space Oddity”, sung while floating and circling

    デヴィッド・ボウイの「スペース・オディティ」を浮遊・旋回しながら歌い上げる

  • the planet in a shuttle, was uploaded to YouTube and quickly went viral.

    シャトルに乗って地球に向かう様子がYouTubeにアップされ、瞬く間に話題になりました。

  • South Korean astronaut Soyeon Yi said she and her fellow astronauts would sometimes

    韓国人宇宙飛行士のソヨン・イさんは、仲間の宇宙飛行士と一緒に、時には

  • hold relay races while working in the ISS.

    ISSで作業しながら駅伝をする。

  • They would break off into two teams, fly from one end of the space station to the other,

    2つのチームに分かれて、宇宙ステーションの端から端まで飛んでいくのだ。

  • and return to send the next person racing off.

    と返して、次の人のレースを送り出します。

  • A kind of interstellar Field Day, but with no teachers to ever stop the fun.

    恒星間の運動会のようなものだが、その楽しさを止める教師はいない。

  • Meanwhile, pranks abound on board a spaceship.

    一方、宇宙船の中ではいたずらが絶えない。

  • For example, thanks to the weightlessness of space, some crew members like to sneak

    例えば、宇宙の無重力状態のおかげで、クルーの中にはこっそりと

  • up on their crewmates and loudly ask questions right next to their ears.

    クルーメイトに近づいて、耳元で大声で質問する。

  • Since there are no steps or stair squeaks, they can't hear anyone else approaching

    段差や階段の軋みがないので、他の人が近づいてくる音も聞こえません。

  • while their back is turned.

    背中を向けている間に

  • Astronaut Jerry Linenger fondly recalled a few of those pranks, saying "I'd keep a straight

    ジェリー・リネンガー宇宙飛行士は、当時のいたずらを懐かしく思い出しながら、「私は真っ直ぐに生きていた。

  • face and I'd go to the other module and I'd just start laughing about how the guy got

    の顔をしていて、他のモジュールに行くと、その人がどうやって手に入れたのかを笑いながら話していました。

  • totally scared.”

    完全に怖くなってしまった」。

  • Overall, there are definitely some gross parts and plenty of fun parts to being an astronaut,

    全体として、宇宙飛行士には、確かにグロい部分もあれば、楽しい部分もたくさんあります。

  • but maybe it's time to talk about some more serious effects astronauts experience after

    しかし、そろそろ宇宙飛行士が経験する深刻な影響について話してもいいかもしれません。

  • their trips into space that are rarely talked about.

    普段はあまり語られることのない彼らの宇宙への旅。

  • First of all, some astronauts initially find life back on Earth a little difficult.

    まず、宇宙飛行士の中には、最初は地球での生活が少し難しいと感じる人もいます。

  • And not just because of the aforementioned back pain and spinal cord shenanigans.

    前述の腰痛や脊髄の不調だけではありません。

  • After silently barreling through the majestic expanse of our solar system, life on Earth

    雄大な太陽系を静かに駆け抜けてきた地球の生命。

  • can seem noisy and full of distractions.

    は、騒々しくて気が散ることが多いようです。

  • There are no passing ambulances or drunk sorority girls screaming late into the night in space

    宇宙には、通り過ぎる救急車も、夜遅くまで酔っぱらった女子学生の叫び声もありません。

  • - we assume.

    - を想定しています。

  • But even simple things like the sound of constantly passing cars and wildlife can seem overwhelming

    しかし、絶え間なく通過する車の音や野生動物など、簡単なことでも圧倒されてしまいます

  • after a long time away.

    久しぶりにお会いしました。

  • So many, though not all astronauts, have trouble adjusting back to their previous daily life.

    すべての宇宙飛行士ではありませんが、多くの宇宙飛行士が元の日常生活に戻るのに苦労しています。

  • However, astronauts also definitely take nothing on Earth for granted after a long mission.

    しかし、宇宙飛行士もまた、長いミッションの後には、地球上の何もかもが当たり前ではなくなります。

  • Linenger once shared how something as simple as the color green struck him when he returned

    リネンジャー氏は、帰国後に「緑」というシンプルな色に感動したことを語っている。

  • home.

    のホームになります。

  • He said, “it's just such a beautiful, soothing color and I could just sit in my

    彼は、「この色はとても美しく、落ち着いた色で、私はただ自分の

  • backyard and just look up at the trees and the wind blowing and just be totally content."

    裏庭で木々を見上げ、風に吹かれながら、ただひたすら満足する。

  • Perhaps the most universal and profound experience all astronauts feel in space is a deep humbling.

    宇宙飛行士が宇宙で感じる最も普遍的で深遠な経験は、おそらく深い謙虚さでしょう。

  • They realize the tiny place the planet they call home occupies in this universe.

    彼らは、この宇宙の中で、自分たちが故郷と呼ぶ惑星が占める割合が小さいことを知っている。

  • And everything we take for granted - even the atmosphere and oxygen around us - are

    そして、私たちが当たり前のように使っているすべてのもの、私たちの周りの大気や酸素までもが

  • suddenly not seen as givens anymore.

    は、今では当たり前のように見られています。

  • Chris Hadfield described the experience of seeing a shooting star in space, and the intense

    クリス・ハドフィールドは、宇宙で流れ星を見たときの体験を語り、その強烈な

  • emotion and fear it gave him.

    それが彼に与えた感情と恐怖。

  • "If you want to just talk raw fear, to watch a shooting star from the other side of the

    "生の恐怖を語りたいだけなら、流れ星を反対側から見るために

  • sky is a humbling thing to see, because it's no longer just a pretty sparkler like a free

    のようなきれいな線香花火ではなくなってしまったので、空は謙虚な気持ちで見ています。

  • firework in the sky.”

    空に浮かぶ花火のように。

  • Meanwhile Lininger experienced a complete paradigm shift in his time up in space while

    一方、リニンジャーは宇宙での生活の中でパラダイムシフトを経験した。

  • experiencing the carefully controlled and closedecosystemof the space shuttle.

    スペースシャトルという緻密に管理された閉ざされた "生態系 "の中での体験。

  • As he said, “you look down at the Earth, you see the same basic thingyou're a

    彼が言ったように、「地球を見下ろすと、基本的には同じものが見えます。

  • closed ecosystem.

    閉鎖的な生態系。

  • That perspective shift is probably the greatest gift that I received being in space.”

    この視点の変化は、宇宙に行って得た最大の贈り物かもしれません。

  • It made him and many of his fellow astronauts realize the fragility of our own ecosystem

    彼や多くの仲間の宇宙飛行士たちは、私たちの生態系のもろさを実感しました。

  • right here on Earth.

    この地球上で。

  • Astronauts have fascinated us for decades; possibly because space is a relatively newly

    宇宙飛行士は何十年にもわたって私たちを魅了してきましたが、それは宇宙が比較的新しいものだからでしょう。

  • conquered frontier and space travel is something only a select group of people will ever get

    征服されたフロンティア、宇宙旅行は選ばれた人たちだけが手にするもの

  • to experience in their lifetimes.

    一生に一度は経験してみたいものです。

  • However, there are many aspects to being an astronaut - the great, the bad, and the flat

    しかし、宇宙飛行士には、素晴らしいもの、悪いもの、そして平らなものなど様々な側面があります。

  • out weird - that most people don't think about.

    普通の人には考えられないような奇妙なものです。

  • What surprised you most from the facts they don't tell you about being an astronaut?

    宇宙飛行士になるために知らされていない事実の中で、最も驚いたことは何ですか?

  • Comment below!

    以下にコメントをお願いします。

  • And if you'd like to keep discovering more weird and fascinating things you haven't

    そして、あなたがまだ知らない奇妙で魅力的なものをこれからも発見したいと思うなら

  • been told, we're here to share all those secrets!

    と言われていましたが、その秘密を全てお伝えします。

  • So click on this video here, or this one instead!

    では、こちらのビデオか、こちらのビデオをクリックしてください。

Astronauts are some of the most fascinating people on the planet; or technically, off

宇宙飛行士は、地球上で最も魅力的な人たちの一人です。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 宇宙 飛行 地球 重力 iss 訓練

宇宙飛行士が知られたくない奇妙な秘密 (Weird Secrets Astronauts Don't Want You to Know)

  • 14 1
    Summer に公開 2021 年 10 月 22 日
動画の中の単語