Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Here are some of the dumbest ways that  people have died throughout history

    ここでは、歴史上の人々の最も愚かな死に方をご紹介します。

  • In 1982, some guys in Arizona thought it would  be fun to shoot at massive saguaro cacti.  

    1982年、アリゾナ州で、巨大なサガロを撮影するのは楽しいことだと考えた人たちがいた。

  • One of the men shot at a 26 feet tall  cactus and a bit of it broke off. It  

    男性の一人が高さ26フィートのサボテンを撃ったところ、その一部が折れてしまいました。それは

  • landed on him and crushed him to death. In the 18th century, Adolf Frederick,  

    が彼の上に着地し、押しつぶされて死んでしまった。18世紀には、アドルフ・フレデリックが

  • the King of Sweden, died from eating too much in  one sitting. His last meal consisted of lobster,  

    スウェーデンの王様は、一度に多くのものを食べ過ぎて亡くなった。彼の最後の食事はロブスターだった。

  • caviar, sauerkraut, smoked herringall washed down with lots of champagne.  

    キャビア、ザワークラウト、スモークしたニシン、これらを大量のシャンパンで流し込む。

  • After that, he had a whopping 14 sweet  buns served in a bowl of hot milk

    その後、ホットミルクの入った器に盛られた菓子パンをなんと14個も食べていた。

  • In the 1990s a UK teenager died after spaying  himself with deodorant all the time. Because he  

    1990年代、イギリスのあるティーンエイジャーが、デオドラント剤を使い続けて死亡しました。なぜなら、彼は

  • always used his deodorant in a confined space, he  ended up breathing in a deadly amount of fumes.

    狭い場所で消臭剤を使用していたため、死に至るほどの量の煙を吸ってしまったのだ。

Here are some of the dumbest ways that  people have died throughout history

ここでは、歴史上の人々の最も愚かな死に方をご紹介します。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 サボテン ロブスター 食べ シャンパン アリゾナ スウェーデン

Dumb Ways To Die (Dumb Ways To Die)

  • 6 0
    Summer に公開 2021 年 10 月 11 日
動画の中の単語