Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Two men are fishing in the waters of the Ruzizi  river in Burundi, a small nation that lies  

    小国ブルンジのルジジ川で釣りをしている2人の男性。

  • between Tanzania and The Democratic Republic of  the Congo. The sun is hanging low in the sky,  

    タンザニアとコンゴ民主共和国の間。太陽は空に低く沈んでいる。

  • and the men are keeping a wary eye out for  hippopotamuses. Nighttime is when the hippos leave  

    と男性はカバを警戒しています。夜になると、カバは

  • the water to feed so the sun doesn't scorch their  sensitive skin, and of all the animals in Africa,  

    敏感な肌を太陽に焼かれないように餌となる水を確保し、アフリカのすべての動物たちの

  • they are the most feared. As the sun sets above  them, the men haul in catfish after catfish,  

    彼らは最も恐れられています。太陽が頭上に沈む中、男たちは次々とナマズを釣り上げていく。

  • dusk is always the best time to fish- but the  commotion has drawn the attention of something  

    夕暮れ時はいつも釣りに最適な時間なのですが、この騒ぎで何かに注目されてしまったようです。

  • large and cold blooded. Something with hunting  instincts honed by millions of years of evolution,  

    大きくて冷血なもの。何百万年もの進化によって磨かれた狩猟本能を持つもの。

  • an ancient predator that once preyed on  dinosaurs and then outlived them. Distracted  

    かつて恐竜を食い物にしていた古代の捕食者で、その後、恐竜よりも長生きした。気が散る

  • as the men are by their great success, they  don't notice the brief shadows of a large,  

    男たちは大成功を収めたことで、大物の一瞬の影にも気づかない。

  • dark mass moving through the murky waters. One  of the men leans down to pick up a large catfish  

    濁った水の中を黒い塊が動いている。一人の男が身を乗り出して大きなナマズを拾う

  • still struggling on the end of the hook- when  suddenly the water erupts with two tons of  

    その時、突然2トンの水が噴き出してきた。

  • reptilian fury, giant jaws seizing the fisherman  by his midsection and dragging him under. With one  

    爬虫類のような激しさで、巨大な顎が漁師のみぞおちをつかみ、下に引きずり込む。一人で

  • flick of its mighty tail, the gigantic crocodile  has already pushed itself deep into the waters  

    巨大なワニは、その力強い尻尾の動きで、すでに水の中に深く入り込んでいます。

  • of the Ruzizi river, and the only sign of the  horrific attack are rapidly diminishing ripples.

    ルジジ川のほとりには、恐ろしい攻撃の痕跡が、急速に小さくなっていく波紋だけで残っている。

  • Just days later, a mother and her children  are doing laundry by the river's edge-  

    その数日後、川辺で母子が洗濯をしていた。

  • this time in broad daylight. Her teenage  son is helping and busily scrubbing away  

    今回は白昼堂々としています。10代の息子さんが手伝ってくれて、せっせと掃除をしています。

  • when suddenly there's an explosion of water  as a giant crocodile lunges out of the river  

    その時、突然、川から巨大なワニが飛び出してきて、水しぶきがあがりました。

  • and seizes the boy by his leg. With barely enough  time to scream, the boy is dragged into the water  

    と言って、少年の足を掴む。悲鳴を上げる間もなく、少年は水の中に引きずり込まれた。

  • and drowned- though later his dismembered remains  would be found and identified by local farmers.

    溺れてしまったが、後にバラバラになった彼の遺体が発見され、地元の農民によって確認された。

  • These are just two of over 300 alleged attacks  against humans by the legendary African crocodile,  

    これは、伝説のアフリカワニが人間を襲ったとされる300件以上の事件のうちの2件に過ぎません。

  • Gustave. A beast of a crocodile, Gustave has  never been captured but has been observed  

    グスタフクロコダイルの獣、グスタフは捕獲されたことはないが、観察されている

  • by scientists at a distance. The monster is  estimated to be anywhere between 18 to 25 feet  

    科学者が遠くから見ています。怪物の大きさは18~25フィートと推定されています

  • long (5.5m – 7.6 m) and weigh more than two tonsPreviously it was thought that Gustave had to be  

    長さ(5.5m〜7.6m)、重さは2トンを超える。 これまでは、グスタフには

  • around 100 years old in order to have reached such  incredible size, but observation of the crocodile  

    このような驚異的な大きさになるためには、100歳前後になっていなければなりませんが、クロコダイルの観察では

  • when he opened his mouth revealed that Gustave  still has all of his teeth, and crocodiles of  

    口を開けると、グスタフにはまだ歯が全部残っていることがわかりましたし、クロコダイルの

  • that age are nearly toothless. Unlike most other  animals, crocodiles never truly stop growing,  

    その年齢になると、ほとんど歯がなくなります。ワニは他の動物と違い、成長が止まることはありません。

  • and their sizes are only limited by their  lifespan- if a crocodile can avoid predation,  

    ワニは捕食を避けることができれば、その大きさは寿命によってのみ制限されます。

  • disease, or starvation, it can continue to  grow indefinitely, and it's thought that a  

    病気や飢餓状態でも、無限に成長し続けることができると考えられています。

  • crocodile's true lifespan is unknown, and only  limited by their ability to continue hunting.  

    クロコダイルの本当の寿命は不明で、狩りを続ける能力によって制限されています。

  • Once the teeth are lost though, the  crocodile is no longer able to hunt  

    歯を失ってしまうと、ワニは狩りができなくなってしまいます。

  • and thus dies of starvation. If a crocodile's  teeth could keep on growing forever though,  

    餓死してしまいます。ワニの歯が永遠に伸び続けるとしたら。

  • it's thought that crocodiles may have  a life span as great s 150 years,  

    クロコダイルの寿命は150年とも言われています。

  • or possibly even more- which would make them  some of the longest lived reptiles in the world!

    あるいはそれ以上かもしれませんが、これは世界で最も長寿な爬虫類の一つになります。

  • Another factor working against giant crocodiles is  the necessity for larger and larger prey as they  

    巨大なワニにとっては、より大きな獲物が必要になることも大きな要因です。

  • grow, a handicap that Gustave currently facesAs they get bigger crocodiles are no longer able  

    これは、グスタフが現在直面しているハンディキャップです。 大きくなると、ワニはもはやできなくなります。

  • to hunt fast, agile prey such as fish, antelopeand zebra, which forces the animals to hunt much  

    魚、カモシカ、シマウマのような速くて敏捷な獲物を狩るためには、動物は多くの狩りをしなければなりません。

  • larger prey such as hippos, big wildebeest, and  naturally: humans. With 300 deaths attributed to  

    カバや大型のヌーなどの大きな獲物、そして当然ながら人間も。300人もの死者を出しているのは

  • Gustave, it's believed that the giant killer  croc has long ago made the switch to humans  

    グスタフさん、巨大なシャチハタはとっくに人間に乗り換えていると思われますが

  • and found them to be easy prey, which only  encourages the crocodile to hunt more humans.

    と言って、簡単に獲物にしてしまうので、ワニはもっと人間を狩ろうとする。

  • The first reported kills by Gustave  of humans began back in the 1970s,  

    グスタフが人間を殺したと最初に報告されたのは、1970年代にさかのぼる。

  • and its thought that Gustave is about 63-64  years old, meaning he must have gotten a taste  

    で、グスタフは63~64歳くらいだと思われるので、味をしめていたのではないでしょうか。

  • for people quite early on in his life. Yet the  initial attacks were blamed on other crocodiles,  

    は、人生のかなり早い段階で人のためになりました。しかし、最初の攻撃は他のクロコダイルのせいにされた。

  • and it wasn't until the 80s that they started  being linked to the sightings of one specific,  

    80年代に入ってから、ある特定の人物の目撃情報と関連づけられるようになりました。

  • and very large croc. Still, his body count was  hard to nail down as Gustave curiously would not  

    そしてとても大きなクロコ。しかし、グスタフは不思議なことに、体の数を把握することができませんでした。

  • always eat the people he preyed on- often bodies  would be discovered dismembered and in pieces,  

    獲物を食べてしまうと、バラバラになった死体が発見されることもありました。

  • yet not eaten. Why Gustave was killing people  and not eating them was, and still is a mystery,  

    食べられていない。グスタフがなぜ人を殺して食べなかったのかは、今でも謎です。

  • as dismembered bodies have been discovered  as recently as the 2010s. Perhaps though the  

    最近では2010年代に入ってからもバラバラ死体が発見されています。もしかしたら、そのような

  • explanation can be found with another terrifying  prey animal: the great white shark. Once mature,  

    の説明は、もうひとつの恐ろしい獲物であるホホジロザメにも当てはまります。一度成熟すると

  • great whites hunt seals almost exclusivelytheir bodies offer densely packed reserves  

    ホホジロザメはほぼ独占的にアザラシを狩り、その体には高密度の蓄えがある。

  • of thick fat which is an excellent source  of energy for the sharks. Most humans on  

    サメのエネルギー源となる分厚い脂肪の塊。ほとんどの人間は

  • the other hand offer a far less satisfying treat  for the shark, which is why so many shark attacks  

    一方、サメにとってははるかに満足度の低いご馳走であり、これが多くのサメ攻撃の理由です。

  • are limited to a single exploratory bite, with  the animal immediately spitting the swimmer or  

    は、1回の探索的な噛みつきに限定され、動物はすぐに泳いでいる人を吐き出したり

  • surfer back out in disgust when it realizes its  mistake. For Gustave, it might be the same case-  

    サーファーは、自分の間違いに気づくと、嫌々ながらも戻ってきます。グスタフの場合も同じようなケースかもしれません。

  • an animal as giant as Gustave requires a very  high calorie diet, and though crocodiles can go  

    グスタフのような巨大な動物は、非常に高いカロリーの食事を必要とし、ワニの場合は

  • months without eating at times, for a croc the  size of Gustave hunting can be very difficult.  

    グスタフのような大きさのクロコにとって、数ヶ月間食事をしないで狩りをすることは非常に困難です。

  • It is kind of hard after all to ambush prey when  you are the size of a small truck, the sheer bulk  

    獲物を待ち伏せするには、小型トラックほどの大きさでは難しいのです。

  • of the animal could be giving it away to the big  hippos and wildebeest it needs to eat in order  

    この動物は、大きなカバやヌーを食べるために、それを手放しているのかもしれません。

  • to survive. Crocodiles do most of their hunting on  the shallows close to the river bank where animals  

    生きていくために。クロコダイルが狩りをするのは、動物がいる川岸近くの浅瀬が多い。

  • come to drink- and if you're the size of Gustave  there's just not many places where you can lie  

    飲みに来て、グスタフくらいの大きさになると、横になれる場所が少なくなってしまいます。

  • inconspicuously in shallow water. All that bulk  also makes hunting agile prey such as antelope  

    水深の浅いところでは目立たない。その大きさゆえに、カモシカのような俊敏な獲物を狩ることもできます。

  • or fish, which makes up a significant portion of  a regular crocodile's diet, all but impossible.

    通常のクロコダイルの食事の大部分を占める魚を食べることは不可能です。

  • What this means is that Gustave must hunt every  opportunity it has, and while other animals have  

    これはどういうことかというと、グスタフはあらゆる機会に狩りをしなければならず、他の動物が持っている間に

  • long learned to fear and respect the water, we  humans have yet to catch on. Perhaps its our  

    水への畏怖と敬意を学んできた私たち人間は、まだそれを理解していません。おそらく、私たちは

  • perceived mastery of the environment, our ability  to build cities and towns, that has insulated  

    環境を巧みに利用し、都市や街を建設する能力があると認識されているため、それが

  • us from the primeval instincts to fear what my  lurk in the water. Whatever the reason, humans  

    私たちは、水の中に潜むものを恐れる原始的な本能を持っています。理由はどうあれ、人間は

  • tend to be a lot less careful in the rivers and  lakes that Gustave prowls than any other animal,  

    は、グスタフが徘徊する川や湖では、他の動物よりもずっと注意を怠る傾向がある。

  • and with our pathetically weak bodies, we  hardly put up a fight. Gustave may simply be  

    哀れなほど弱い体では、ほとんど戦うことができない。グスタフは、単に

  • attacking out of sheer instinct, seeing prey and  snapping at it the moment it has an opportunity-  

    本能のままに攻撃し、獲物を見て機会があればすぐに噛みつく...。

  • but after dismembering a human he may realize  what a small meal we are and then spit out its  

    しかし、人間をバラバラにした後は、人間がいかに小さな食べ物であるかを理解して、その人間を吐き出すかもしれません。

  • victim. That would explain the discovery of so  many mutilated bodies after a Gustave attack.

    犠牲者そうすれば、グスタフの攻撃後に多くの切断された死体が発見されたことの説明がつく。

  • Of course for others Gustave isgood scapegoat for their own crimes,  

    もちろん、他の人にとっては、グスタフは自分の罪を償うための格好のスケープゴートである。

  • and its believed that many guerillas dismember  their captives and dump them in the rivers,  

    また、ゲリラの中には捕らえた人をバラバラにして川に捨てる人もいると言われています。

  • knowing the locals will be quick to blame Gustave  instead of them. With little official monitoring  

    地元の人たちは、自分たちではなくGustaveのせいにしてしまうだろう。公式の監視はほとんどなく

  • of Burundi's wildlife, it can be hard to pin down  an exact kill count for Gustave, but few doubt  

    ブルンジの野生動物のうち、グスタフの正確な殺害数を把握するのは難しいが、ほとんどの人が

  • that the big crocodile has an appetite for humans  and has killed many dozens- likely hundreds.

    大きなワニは人間に食欲があり、何十人、何百人も殺しているという。

  • Gustave has to date attacked women, childrenand men, as well as livestock and pets.  

    グスタフはこれまでに、女性、子供、男性、そして家畜やペットを攻撃してきました。

  • Farmers have hunted the animal and even shot  at him, all with little effect. Yet despite  

    農家の人たちはこの動物を狩ったり、銃を撃ったりしましたが、いずれも効果はありませんでした。しかし

  • his fearsome reputation, the government of  Burundi has never called for his extermination,  

    しかし、ブルンジ政府は彼の駆除を要求したことはない。

  • and instead scientists have actually tried  to capture Gustave in order to move him away  

    その代わりに、科学者たちは実際にグスタフを捕獲して移動させようとしました。

  • from people and better study him. One such  capture attempt occurred in 2004, with a team  

    このような試みは2004年に行われました。2004年には、そのような捕獲の試みが行われました。

  • of scientists being granted two months to attempt  to capture the killer croc. Because of a rapidly  

    科学者が殺人ワニを捕獲するために2ヶ月間の猶予を与えられたこと。なぜなら、急速に

  • deteriorating political situation, the local  government was not able to ensure the safety of  

    政治的状況の悪化により、地元政府が安全を確保できずに

  • the scientists past this time limit, and thus the  team got to work immediately on trapping Gustave.

    そのため、チームはすぐにグスタフの捕獲に取り掛かったのである。

  • But first they had to find the legendary croc,  a feat that was not so easy in the vast African  

    しかし、その前に伝説のクロコを見つけなければなりませんでした。

  • bush. With the aid of hot air balloons and  motorized gliders though the team eventually  

    藪の中。熱気球や電動グライダーを駆使して、最終的には

  • found Gustave and though they were unable to get  close enough to properly measure him, imprints  

    グスタフを発見し、近くまで行って計測することはできませんでしたが、足跡が残っていました。

  • left in the mud and photos of him sunbathing  indicated he may be as big as 25 feet (7.6 m). If  

    泥の中に放置されていたり、日光浴をしている写真を見ると、25フィート(7.6m)もあるのではないかと思われる。もし

  • true then that would make Gustave the largest  crocodile ever recorded, far larger than Lolong,  

    そうなると、グスタフは記録上最大のワニとなり、ロロンよりもはるかに大きいことになる。

  • the largest crocodile ever held in captivity who  came in at a whopping 20 feet, 3 inches (6.17 m).

    飼育されていたワニの中で最大のもので、20フィート3インチ(6.17メートル)という巨大なものでした。

  • After finding Gustave the team set to work  setting a series of cage-like traps for Gustave,  

    グスタフを発見した後、チームはグスタフのために檻のような罠をいくつも仕掛ける作業を始めた。

  • baiting them with meat hanging in hooks and  an infrared camera to capture images at night.  

    餌にはフックに吊るした肉を使い、夜には赤外線カメラで撮影します。

  • Yet despite leaving the traps out for weeksthe closest they ever got to luring the croc in  

    しかし、罠を何週間も放置したにもかかわらず、クロコダイルをおびき寄せることに最も成功したのは

  • was a brief video capture of a very large croc  eyeing the hanging meat from the water just  

    は、非常に大きなクロコが水から吊るされた肉に目をつけている様子を短いビデオで撮影したものです。

  • outside the cage. Thinking that perhaps Gustave  would respond better to live prey, the scientists  

    ケージの外で。グスタフは生きた獲物に反応するのではないかと考え、科学者たちは

  • switched to placing live chickens inside the  traps- though again the chickens were ignored,  

    罠の中に生きた鶏を入れるようにしたが、やはり鶏は無視された。

  • interestingly enough not just by Gustave but by  other crocs as well. When the chickens didn't  

    興味深いことに、グスタフだけでなく、他のクロコも同じようにしていた。ニワトリが来なかったとき

  • work, in a scene straight out of Jurassic Parkthe scientists put live goats inside the cages,  

    そして、ジュラシック・パークのように、生きたヤギをケージの中に入れてみました。

  • and yet still Gustave nor any other crocodile  struck. Or so they think- during one particularly  

    しかし、未だにグスタフも他のクロコダイルも打たない。そう思っていたのですが、ある時、特に

  • violent rain storm one of the cages slipped into  the river and when scientists showed up the next  

    激しい雨の嵐の中、ケージの一つが川に滑り落ち、次の日に科学者が現れた時には

  • morning they found the goat gone. Whether it  had broken free and escaped the sinking cage  

    朝になってみると、ヤギがいなくなっていた。沈んでいく檻の中から抜け出したのか、それとも

  • or had actually been gobbled up by a giant croc  and the cage failed to close is anyone's guess.

    あるいは、実際に巨大なクロコに食べられてしまって、ケージが閉まらなかったのかは、誰にもわかりません。

  • Frustrated by their inability to capture  Gustave, the scientists switched methodology  

    グスタフを捕らえられないことに不満を感じた科学者たちは、方法を変えた。

  • and instead attempted to use tried and true snare  traps. The snares had bait- typically large chunks  

    その代わりに、伝統的なスネアトラップを使用しました。罠には餌が入っていて、大きな塊が入っていました。

  • of meat- sitting on the ground, and once an animal  went for the bait, the snare was sprung and would  

    地面に肉を置いておき、動物がその餌に向かっていくと、罠が仕掛けられて

  • wrap rope around the animal's body, holding it in  place. Incredibly even these failed to capture or  

    縄を巻いて体を固定します。信じられないことに、これらの方法でも、動物を捕獲することはできませんでした。

  • even entice Gustave or any of the other crocsand with time having run out, the scientists  

    科学者たちは、グスタフや他のクロックスを誘うこともできず、時間切れとなった。

  • were forced to leave the country. Since thenpolitical chaos has discouraged further official  

    は国外退去を余儀なくされました。それ以来、政治的な混乱のため、これ以上の公式発表は行われていません。

  • expeditions to the area, the political situation  being nearly as dangerous as Gustave himself.

    この地域への探検は、グスタフ自身と同様に政治的状況も危険であった。

  • However the legend of Gustave had spread far  and wide, and in 2010 a French naturalist named  

    しかし、グスタフの伝説は広く伝わっており、2010年にはフランスの博物学者である

  • Patrice Faye living in Burundi made new attempts  to capture the legendary beast. He would shoot  

    ブルンジに住むパトリス・フェイは、この伝説の獣を撮影するために新たな試みを行った。彼が撮影したのは

  • Gustave, but not with a gun, but rathertranquilizer dart. Gustave is likely immune  

    グスタフは銃ではなく、トランキライザーダーツを使っています。グスタフは免疫があると思われる

  • to bullets anyways, as scientists believe that  his hide is so thick and his mass so large that  

    科学者たちは、彼の皮は非常に厚く、質量も大きいので、銃弾を受けても大丈夫だと考えています。

  • even a large caliber rifle can't penetrate deep  enough into his body to cause serious damage-  

    大口径のライフルでも、体の奥深くまで貫通して大きなダメージを与えることはできません。

  • a fact supported by the four distinct bullet  scars that have been observed on Gustave's body.  

    グスタフの体には4つの明確な銃弾の傷跡が残っている。

  • Faye has another plan- shoot Gustave with  a tranquilizer dart and stop his rampage  

    フェイは、グスタフを麻酔銃で撃ち、彼の暴走を止めるという別の計画を持っていた。

  • by moving him to a remote area free of  people or perhaps a man-made enclosure.  

    人のいない場所、あるいは人工的な囲いの中に移動させることである。

  • Yet despite tracking the animal for three monthsduring which 17 attacks on people were recorded,  

    しかし、3ヶ月間の追跡調査にもかかわらず、17回の人への攻撃が記録されている。

  • and giving out dozens of cell phones to locals  who were instructed to immediately call Faye  

    また、現地の人々に数十台の携帯電話を配り、すぐにフェイに電話するように指示しました。

  • upon sighting the monster, the quest  to stop Gustave's rampage has failed.

    怪物を目の当たりにして、グスタフの暴走を止めるための冒険は失敗に終わった。

  • Or perhaps not. The last confirmed sighting of  Gustave was in 2015, and the apparently lack of  

    あるいは、そうではないかもしれない。グスタフの目撃情報が最後に確認されたのは2015年のことで、明らかに不足しているのは

  • confirmed sightings since then may indicate that  Gustave has at last met his end. In the end it may  

    その後の目撃情報は、グスタフがついに最期を迎えたことを示しているのかもしれない。最終的には

  • simply have been the ever growing influence humans  have on the local environment that did Gustave in,  

    ただ、人間が地域の環境に与える影響が大きくなってきたことが、グスタフを苦しめた。

  • with farmers expanding their fields  and pushing wildlife out of the area,  

    農家が畑を広げ、野生動物を追い出しているのです。

  • the big game that Gustave relied on may simply no  longer be available, and unable to hunt smaller  

    グスタフが頼りにしていた大物はもう手に入らないかもしれないし、小型の狩猟もできないかもしれない。

  • prey, Gustave may have starved to death. We may  never know the giant killer croc's ultimate fate,  

    獲物になったグスタフは餓死したかもしれません。ジャイアント・キラー・クロコの最終的な運命を知ることはできないかもしれない。

  • but for thousands of Africans living  along the banks of the Ruzizi river,  

    しかし、ルジジ川のほとりに住む何千人ものアフリカ人にとっては

  • it's still best to keep a sharp eye out when near  the waters and never stray too far into them.

    でも、海の近くでは目を光らせて、決して遠くには行かないようにしましょう。

  • Thats our story. If you liked this videomake sure you check out our other video  

    それが私たちのストーリーです。このビデオを気に入っていただけたなら、他のビデオもぜひご覧ください。

  • Prison Escapes That Went Horribly  Wrong. See you next time!

    ひどい目にあった脱獄事件また次回お会いしましょう

Two men are fishing in the waters of the Ruzizi  river in Burundi, a small nation that lies  

小国ブルンジのルジジ川で釣りをしている2人の男性。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ワニ 獲物 動物 狩り カバ 大き

殺した数が300を超えるクロコダイル (A Crocodile With A Kill Count Of Over 300)

  • 7 1
    Summer に公開 2021 年 10 月 11 日
動画の中の単語