Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • My first assignment was to get rid of the exiled Ukrainian intellectual, Lev Rebet.

    私の最初の任務は、亡命中のウクライナ人知識人レフ・レベトを追い出すことだった。

  • This man, once a key player in the Organization of Ukrainian Nationalists and later the deputy

    この人物は、かつてウクライナ民族主義者の組織の中心人物であり、後に副

  • prime minister of the Ukrainian government, became a thorn in the side of the Soviet Union.

    ウクライナ政府の首相は、ソ連の悩みの種だった。

  • He had to go.

    彼は行かなければならなかった。

  • I watched in the background as Rebet walked through the Stachus, a grand square in central

    私は、レベが中央の大広場であるスタッカスを歩いているのを後ろで見ていた。

  • Munich where he wrote his anticommunist articles in a small office.

    ミュンヘンでは、小さなオフィスで反共産主義の記事を書いていました。

  • As he entered that office building, I followed him almost to the door of his newspaper.

    彼がそのオフィスビルに入ると、私は彼の新聞社のドアの前まで追いかけた。

  • I remember it vividly.

    鮮明に覚えています。

  • How he walked without a care in the world, briefcase in hand, just ambling along without

    ブリーフケースを片手に、何の気なしに歩いていた。

  • any protection in sight.

    何の保護もない状態。

  • That was his major downfall; his brazenness.

    それが彼の大きな欠点であり、図々しさである。

  • Surely he must have known that he was on the kill list of the KGB.

    きっと、自分がKGBの殺人リストに載っていることを知っていたのだろう。

  • He began to walk up a staircase, and suddenly I was right in his face.

    彼が階段を上り始めたとき、突然、私は彼の顔の前に立った。

  • I quickly pulled out my state of the art single barrel poison gun that contained a hydrogen

    私はすぐに、水素の入った最新鋭の単筒式毒劇銃を取り出した。

  • cyanide capsule and I blasted a cloud of mist in his face.

    青酸カリのカプセルに入った霧を顔にぶちまけた。

  • He dropped right away, as if he'd been struck down by the devil himself.

    彼はまるで悪魔に襲われたかのように、すぐに落ちてしまった。

  • I walked away casually, putting the gun under the newspaper where it had been previously

    私は何気なく立ち去り、銃をそれまであった新聞の下に置いた。

  • hidden, leaving the man strung over the staircase.

    階段に吊るされたままの男を隠していた。

  • There was nothing that could be done for him; I had done my job well and would later be

    彼にしてあげられることは何もなく、私は自分の仕事をきちんとこなし、後には

  • commended for it.

    それが評価されたのだと思います。

  • Better still, because of the nature of the poison used, the authorities thought the cause

    さらに言えば、使われた毒の性質から、当局はその原因を

  • of death was a massive cardiac arrestand that's why the KGB loved their cyanide.

    死因は大規模な心停止...だからKGBは青酸カリが好きだったんですね。

  • The problem was never the fact that cyanide poisoning wasn't certain death, it was how

    問題は、青酸カリが確実に死なないということではなく、いかにして

  • to get a man in public; how to create a weapon that could blast the mist with accuracy.

    公衆の面前で男を手玉に取るためには、いかにして正確に霧を吹き飛ばすことができる武器を作るか。

  • Well, we had guys in our secret laboratory, The Cell, to sort that problem out.

    その問題を解決するために、秘密の研究室「The Cell」のメンバーがいたのだ。

  • ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- That scene, which happened on 10 October 1957,

    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 1957年10月10日に起きたあのシーン。

  • starred a KGB assassin named Bohdan Stashynsky.

    主人公はKGBの暗殺者、ボダン・スタシンスキー。

  • While there were plenty of assassinations undertaken by the KGB, Stashynsky is a man

    KGBが行った暗殺は数多くありますが、スタジンスキーは

  • whose name is perhaps the best known.

    その名は最もよく知られているだろう。

  • His assassination of Rebet has gone down in history, but it was by no means his most infamous

    レベを暗殺したことは歴史に残っていますが、彼にとって最も悪質な事件ではありません。

  • act while taking orders from the KGB.

    KGBの指令を受けながら行動する。

  • He would kill again, and he would use new and improved weapons.

    彼はまた殺すだろうし、新しい改良された武器を使うだろう。

  • But first, we should ask the question; how does a man become an assassin for the KGB?

    しかし、その前に、「どうやってKGBの暗殺者になるのか?

  • That's not a job that would appear in the local newspaper; it's not even a vocation

    それは地元の新聞に載るような仕事ではなく、天職でもない。

  • that one would tell his own family about.

    自分の家族に話すような内容です。

  • Stashynsky was born in a village outside the Ukrainian city of Lviv.

    スタジンスキーは、ウクライナの都市リヴィウ郊外の村で生まれた。

  • Back then, in 1931, this city was part of Poland but it later became part of the Soviet

    当時(1931年)、この街はポーランドの一部でしたが、後にソビエトの一部となりました。

  • Union after Germany and the Soviets invaded Poland.

    ドイツとソビエトがポーランドに侵攻した後の連邦。

  • Stashynsky certainly grew up in a tumultuous time.

    スタジンスキーは、確かに激動の時代に育ちました。

  • His three sisters became part of what was called the anti-SovietUkrainian Insurgent

    彼の3人の姉妹は、反ソビエトの「ウクライナ反乱軍」と呼ばれた組織に参加した。

  • Army”, but it seems young Bohdan was not on board with them.

    しかし、若き日のボフダンは、それに賛同していなかったようだ。

  • When he was just 19 years old he was arrested for travelling on a train and not having a

    19歳の時に、電車で旅行していたところを逮捕された。

  • ticket.

    のチケットを購入しました。

  • We can't tell how it happened or what kind of duress Stashynsky faced, but during that

    どのようにして起こったのか、スタシンスキーがどのような強迫観念に襲われたのかはわかりませんが、その間に

  • arrest he agreed that he would spy for the Soviet secret police.

    逮捕された彼は、ソ連の秘密警察のスパイになることに同意した。

  • And with his sisters as part of the anti-Soviet insurgent army, STashynksy was well placed

    そして、彼の姉妹が反ソビエト反乱軍の一員であったこともあり、スタシンクスィーは有利な立場にあった。

  • to leak vital intelligence to the Soviets.

    ソ連に重要な情報を漏らしていた。

  • At home he pretended everything was normal, and then he'd go and report what he heard

    家では平常心を装って、聞いたことを報告しに行く。

  • to the secret police, which was then part of something called the MGB, or Ministry of

    当時、MGBと呼ばれる秘密警察の一部であった。

  • State Security.

    国家の安全保障。

  • Stashynsky became such a valuable asset, and so good at his job, that while still in his

    スタジンスキーは、仕事ができる貴重な人材となり、彼が在籍していた頃には

  • early twenties he was sent to work as an undercover agent in Kiev and later East Germany.

    20代前半はキエフ、後には東ドイツで潜入捜査官として働くことになった。

  • It was there that he studied German until he was fluent, and after that he started using

    そこではドイツ語を流暢になるまで勉強し、それ以降は

  • the name Josef Lehmann.

    ヨーゼフ・レーマンという名前である。

  • Now the Soviets had a spy working in Germany that could pass off as German and move between

    ソ連は、ドイツ人になりすましてドイツとの間を行き来できるスパイをドイツに送り込んでいた。

  • East and West Germany.

    東西ドイツ。

  • If anyone asked him, he was born to Polish-German parents.

    誰かに聞かれたら、彼はポーランド系ドイツ人の両親から生まれた。

  • He kept the same birthday so he'd never forget if asked, but for some reason he made

    聞かれても忘れないように同じ誕生日にしていましたが、なぜか

  • himself one year older.

    自分自身が1歳年上であること。

  • He was fluent in German, but the problem was his accent wasn't exactly perfect.

    彼はドイツ語が堪能だったが、問題はそのアクセントが完璧ではなかったことだ。

  • Because of this, Stashynsky made up a back story that he had lived in Poland and Ukraine

    そのため、スタシンスキーは、ポーランドやウクライナに住んでいたという裏話を作った。

  • before.

    を前にしています。

  • In fact, he even visited all the places he had supposedly grown up in and lived in and

    実際、彼は自分が育ったとされる場所や住んでいた場所をすべて訪れたり

  • could recount tales of what he had done in those places.

    は、その場所で行ったことを語ってくれた。

  • Such was the work of a spythose guys had to be great actors and be able to talk about

    そんなスパイの仕事......あの人たちは名優でなければならないし、話もできない。

  • a past that didn't exist- not exactly easy when staring down the barrel of a gun.

    存在しなかった過去......銃口を前にしては容易ではない。

  • Stashynsky eventually set up shop in East Berlin and was met by a handler for the secret

    スタジンスキーは、東ベルリンに店を構え、秘密警察のハンドラーと出会いました。

  • police.

    警察である。

  • Our soon-to-be assassin honed his spycraft amongst other Soviet and East German spies,

    ソ連や東ドイツのスパイたちの中で、暗殺者となるべき人物はその技術を磨いた。

  • while making contact with military and political leadership.

    軍隊や政治家との接触を図りながら

  • Soon, Stashynksy's talents for killing would be discovered, and put to the test.

    やがて、スタシンクスィーの殺人の才能が見出され、試されることになる。

  • In 1954, Berlin had not yet been divided by fences and barbed wire, and so often spies

    1954年当時のベルリンは、まだフェンスや有刺鉄線で仕切られていなかったため、スパイがよく登場した。

  • from the compound would take off and go do their business in the West.

    このような状況の中で、私たちは自分たちの仕事のために欧米に飛び立っていった。

  • At the same time, Western Intelligence, mainly the secret services of the Americans, British

    同時に、アメリカやイギリスの諜報機関を中心とした欧米の諜報活動も活発化した。

  • and the French, were doing the job of espionage in the East.

    とフランス人が、東洋での諜報活動を行っていた。

  • There were checkpoints here and there, but those could easily be bypassed.

    あちこちにチェックポイントがあったが、それは簡単に迂回できる。

  • Berlin was literally full of spies, with one former British spy who became a double agent

    ベルリンは文字通りスパイだらけで、二重スパイになった元イギリス人のスパイもいた。

  • for the Soviets, a man named George Blake, saying it was so crazy he felt that every

    ジョージ・ブレイクという人は、ソ連のために、「すべての人が、このようなことをしているのではないかと思うほどクレイジーだ」と言っていました。

  • other adult male he saw was likely in some way spying for one of the sides.

    彼が見たもう一人の大人の男性は、おそらくどちらかの側のスパイだったのだろう。

  • Like a giant game of very dangerous cat and mouse, spies circled each other on Berlin's

    非常に危険な猫とネズミの巨大なゲームのように、スパイたちはベルリンの街を旋回していた。

  • streets, with their life only ever being one trigger pull away from being over

    ストリートでは、引き金を一回引くだけで人生が終わってしまうことも...。

  • The Soviets originally planned for Stashynsky to move into a management position in some

    ソ連は当初、スタジンスキーがどこかの企業で管理職に就くことを計画していた。

  • corporate office, but because of his not-quite-perfect German accent, it was decided he would draw

    しかし、彼の完璧ではないドイツ語のアクセントのために、彼は企業のオフィスを描くことになりました。

  • too much attention.

    とのことです。

  • The Soviets lost faith in Stashynsky being able to remain undetected, after all in a

    ソビエトは、スタジンスキーが探知されずにいられるという信頼を失っていました。

  • city full of spies the guy with the funny accent was going to draw a lot of suspicion.

    スパイだらけの街では、おかしな訛りのある男は疑われてしまうだろう。

  • Then they decided he would work as a laborer, just like in any other place in the world,

    そして、世界のどこにでもあるような労働者として働くことにした。

  • nobody pays attention to the laborer with a funny accent.

    訛りのある労働者に誰も注意を払わない。

  • One of the men that Soviets spies had their eye on for elimination was named Stepan Bandera.

    ソ連のスパイが排除しようと目を光らせていた人物の中に、ステパン・バンデラという人物がいた。

  • He was a far right-wing Ukrainian ultranationalist who held some rather hardline views.

    彼はウクライナの極右の民族主義者で、かなり強硬な意見を持っていた。

  • He wanted to unite Ukraine, but in the style ofUkraine for Ukrainiansonly.

    彼はウクライナを統一したいと考えていたが、あくまでも「ウクライナ人のためのウクライナ」というスタイルであった。

  • Ukraine would be made great again by kicking everybody who wasn't Ukranian out- and that

    ウクライナ人以外の人間を追い出すことで、ウクライナは再び偉大な国になるだろう、と。

  • of course included the Soviets.

    もちろん、その中にはソビエトも含まれている。

  • Yet Bandera was not an easy man to get to.

    しかし、バンデラは簡単には手を出せない男だった。

  • Paranoid and with a suspicion that the Soviet Union might be out for his blood given his

    猜疑心が強く、ソ連が自分の血を求めているのではないかと疑っていた。

  • anti-Soviet views, Bandera exiled himself in West Germany and had plenty of security

    西ドイツに亡命したバンデラ氏は、反ソビエト的な考えを持っていたため、安全性には十分配慮していた。

  • around him.

    彼の周りには

  • His time would come, but first the Soviets decided to go for an easier target, a man

    その時は来るが、まずソ連はもっと簡単なターゲットを選んだ。

  • who happened to be enemies with Bandera, and the victim we introduced you to at the start

    偶然にもバンデラと敵対していた、冒頭で紹介した被害者である

  • of this show, Lev Rebet.

    今回の番組のレヴ・レヴェットさん。

  • Rebet wanted to unite Ukraine, but not in the same fashion as Bandera.

    レベットはウクライナを統一したいと考えていたが、バンデラのようなやり方ではなかった。

  • Both these men you will see became related in a kind of way, despite their differences.

    この二人は、それぞれの違いはあっても、ある種の関連性を持つようになったことがわかります。

  • Rebet was an intellectual, a journalist, a book writer and a newspaper editor.

    レベは知識人であり、ジャーナリストであり、本の執筆者であり、新聞の編集者でもあった。

  • Bandera called him stooge for the CIA, but where both men were similar is that they were

    バンデラは彼をCIAの手先と呼んだが、2人が似ているのは、彼らが

  • both anti-communist.

    両方とも反共産主義者である。

  • Now back to our assassin, Mr. Stashynsky.

    さて、暗殺者のスタジンスキー氏に話を戻します。

  • He was told by his bosses in the KGB that both these men were dangerous, but Bandera

    KGBの上司からは、この2人は危険だと言われていたが、バンデラは

  • was hard to get close to.

    はなかなか近づけなかった。

  • On the other hand, Rebet didn't walk around with bodyguards since he probably thought

    一方で、レベはボディガードをつけて歩かなかった。

  • that writing intelligent articles that espoused Ukrainian unity wasn't something he would

    ウクライナの統一を主張するような知的な記事を書くことは、自分の中では

  • be killed for.

    のために殺される。

  • As you know, he was wrong and it cost him his life.

    ご存知の通り、彼は間違っており、それが彼の命を奪った。

  • Before he could get through the office door, Stashynsky blasted cyanide mist in his face.

    彼がオフィスのドアを通過する前に、スタシンスキーは青酸カリのミストを彼の顔に吹きかけた。

  • The KGB hadn't at first decided to kill Rebet, and in fact the plan had been to spike

    KGBは最初からレベを殺そうと決めていたわけではなく、実際にはスパイクを作る計画だったのだ。

  • his food, knock him out, take him to East Germany and coerce him to say that he had

    食事を与えて殴り倒し、東ドイツに連れて行って、自分が食べたと言うように強要したのです。

  • defected.

    が脱退した。

  • After that he would be forced to write propagandistic articles about how bad the west was.

    その後は、西欧がいかに悪いかというプロパガンダ的な記事を書かされることになる。

  • That plan changed, and Stashynsky was told his mission was to kill Rebet.

    その計画は変更され、スタシンスキーはレベを殺すことが任務だと告げられた。

  • He wasn't happy about this at all, since he wasn't keen on murdering someone, but

    人を殺すことに抵抗があったので、このことについては全く嬉しくなかったが

  • he knew if he turned down an order it would likely lead to his own death.

    依頼を断れば、自分が死ぬことになるかもしれないと思ったからだ。

  • On October 9th, 1957, a man arrived at Tempelhof Airport in West Berlin carrying 100 marks

    1957年10月9日、一人の男が100マルクを持って西ベルリンのテンペルホーフ空港に到着した。

  • and a suitcase containing two large cans of sausages.

    と、ソーセージの大缶2本が入ったスーツケースを持ってきました。

  • It was Stashynsky, moving under a different name.

    それは、名前を変えて活動しているスタジンスキーだった。

  • He had flown in from France on a West German passport, but inside West Germany he was told

    彼は西ドイツのパスポートでフランスから飛んできたのだが、西ドイツ国内では次のように言われた。

  • to use his East German passport that had in it the name Josef Lehmann.

    東ドイツのパスポートには、Josef Lehmannという名前が入っていたからだ。

  • Only one of those cans actually contained sausages.

    そのうち1つの缶にだけ、実際にソーセージが入っていました。

  • The other contained a poison gun.

    もう1つはポイズンガン。

  • On October 10, Stashynsky swallowed an antidote pill.

    10月10日、スタシンスキーは解毒剤の錠剤を飲み込んだ。

  • He was told to take one before the assassination and one after the job was done, and that way

    暗殺される前に1つ、仕事が終わった後に1つ飲むように言われ、そうすると

  • he wouldn't fall ill or die if the mist got into his own system.

    霧が自分の体内に入っても、病気になったり死んだりしない。

  • He had ten pills in all, just in case his plan failed.

    万が一、計画が失敗したときのために、全部で10個の薬を持っていた。

  • In the morning he was observing some offices in a plush part of town, which could obviously

    午前中、彼は街の豪華な場所にあるオフィスを観察していたが、明らかに

  • arouse suspicion given the hectic times.

    慌ただしい時代にあって、疑心暗鬼になっていた。

  • If the police asked him what he was doing he was told to tell them that he was merely

    警察に何をしているのかと聞かれたら、「自分はただの人間だ」と答えるように言われたそうです。

  • a tourist and he was just looking at the marvelous architecture.

    観光客である彼は、素晴らしい建築物を見ているだけだった。

  • As you know, that morning he would get his man.

    ご存知のように、その日の朝、彼は部下を捕まえることになった。

  • Forensic scientists would rule the death as a heart attack, which Rebet's wife didn't

    法医学者は心臓発作と断定するが、レベトの妻はそうしなかった。

  • believe since her husband had never had any heart problems.

    旦那さんが心臓に異常をきたしたことがなかったからです。

  • The killing didn't stop there.

    殺戮はそれだけにとどまらなかった。

  • In January 1959, Stashynsky was given another task.

    1959年1月、スタジンスキーには別の仕事が与えられた。

  • This time his mission was to find out where Stepan Bandera lived.

    今回のミッションは、ステパン・バンデラの家を探すことだった。

  • Again he flew to Munich under a West German passport but this time as a man named Hans.

    今回も西ドイツのパスポートでミュンヘンに飛んだが、今度はハンスという名の男だった。

  • The KGB thought they knew where Bandera lived, but when Stashynsky went to check the address

    KGBはバンデラの住所を知っていると思っていたが、スタシンスキーが住所を確認しに行くと

  • out he discovered that Bandera wasn't living there.

    が、バンデラがそこに住んでいないことを知った。

  • The KGB told him he might be living under the name Stefen Popel, so Stashynsky looked

    KGBは、彼がステファン・ポペルという名前で生活しているかもしれないと言っていたので、スタシンスキーは調べた。

  • in the phone directory for such a person and he found one.

    そのような人がいないか、電話帳で調べてみたところ、一人見つかりました。

  • He went to that address and hid for a while, and lo and behold, he saw Bandera arrive there.

    その住所に行き、しばらく隠れていると、なんとそこにバンデラが到着していたのである。

  • The KGB then had one more message for Stashynsky.

    そして、KGBはスタジンスキーにもう一つのメッセージを伝えた。

  • Your order is toliquidatethe target in the same way you did Rebet.

    あなたの注文は、Rebetと同じ方法でターゲットを「リキッド化」することです。

  • First he returned to Moscow to pick up the weapon.

    まず、モスクワに戻って武器を受け取る。

  • This time it was a vastly improved double barrel poison gun.

    今回は、大幅に改良されたダブルバレルポイズンガンである。

  • He was told that Bandera would likely have a bodyguard with him, so now he could take

    バンデラはボディガードを連れている可能性が高いと言われていたので、これで彼は

  • them both out.

    2人を追い出した。

  • They gave him his antidote pills and said off you go, don't fail, the Soviet Union

    彼に解毒剤を渡し、「失敗するなよ、ソ連は」と言って去っていった。

  • needs you.

    はあなたを必要としています。

  • Oh, and one other thing they gave him was a set of keys for Bandera's apartment building.

    そういえば、もう一つ、バンデラのマンションの鍵をもらった。

  • Don't ask us how they got those.

    どうやって手に入れたのかは聞かないでください。

  • The plan was to secretly enter the building and then get Bandera as soon as he walked

    密かに建物に入り、バンデラが歩いてきたらすぐに捕まえるという計画だった。

  • in.

    である。

  • Stashynsky did his due diligence and watched the apartment for a few days.

    Stashynskyは十分な調査を行い、数日間そのアパートを監視した。

  • Most times Bandera was with his bodyguard, but then one night he saw him walking alone.

    ほとんどの場合、バンデラはボディーガードと一緒だったが、ある夜、一人で歩いているところを目撃した。

  • He had his chance.

    彼にはチャンスがあった。

  • It was now or never.

    今しかない。

  • But for some reason, Stashynsky couldn't go through with it.

    しかし、なぜかスタジンスキーはそれを実行に移すことができなかった。

  • Instead, he turned his back, shot the gun at the floor, and dumped it in a stream.

    その代わり、背中を向けて銃を床に向けて撃ち、小川に捨てた。

  • He also broke the key to the apartment, which was all a ruse so he could tell his superiors

    また、アパートの鍵を壊してしまったのは、上司に報告するための策略だったのです。

  • that he'd tried to go through with the assassination but it failed.

    暗殺を実行しようとしたが、失敗したと。

  • The KGB were less than impressed when Stashynsky told them in Moscow what had happened and

    KGBは、スタジンスキーがモスクワで事情を話したとき、あまり感心しませんでした。

  • they sent him right back to Munich.

    ミュンヘンに戻されてしまった。

  • On October 15, 1959, he swallowed his antidote pill and went to Bandera's apartment building.

    1959年10月15日、解毒剤の錠剤を飲み、バンデラのマンションに行った。

  • He was pretty sure his handlers were watching him this time so knew he had to go through

    今回はハンドラーに見られていると確信していたので、スルーしなければならないと思っていました。

  • with it.

    とのことです。

  • He used a new set of keys to get into the building and laid in wait.

    新しい鍵を使って建物に入り、待機していた。

  • At the moment that he knew Bandera was trying to open the door he stood waiting with his

    バンデラがドアを開けようとしているのを知った瞬間に、彼は立って待っていた。

  • poison gun hidden under a newspaper.

    新聞の下に隠された毒入りの銃。

  • It took some time, because Bandera was holding a bag of vegetables and couldn't quite get

    バンデラは野菜の入った袋を持っていて、なかなか手に入らなかったので、時間がかかった。

  • the door open.

    扉を開ける。

  • Stashynsky just waited on the other side, thinking c'mon, come in.

    スタジンスキーは、「さあ、入って来い」とばかりに反対側で待っていた。

  • He finally did and out of sheer nervousness he gave him both barrels of the gun into his

    緊張のあまり、両手に銃を持って彼に渡してしまった。

  • face.

    の顔をしています。

  • Bandera dropped to the floor and off Stashynsky went into the busy streets.

    バンデラが床に落ちると、スタジンスキーは賑やかな通りに出て行った。

  • The next day at the airport he read the story about how Bandera, known to his neighbors

    翌日、空港で彼は、近所の人たちに知られているバンデラの話を読んだ。

  • as Popel, had mysteriously died...He'd just fallen to the ground inside his apartment

    ポペルの死は不思議なことに、アパートの中で地面に倒れていた。

  • complex.

    のコンプレックスを解消します。

  • The death looked like natural causes, said the newspaper.

    その死は自然死のように見えたと新聞は伝えている。

  • The autopsy actually revealed that the cause of death was cyanide poisoning, but the police

    実際に検死してみると、死因は青酸カリの中毒だったのですが、警察は

  • kept this hidden from the public for as long as they could.

    このことは、できる限り世間に知られないようにしていた。

  • The cops believed that they could have a suicide on their hands, but it seemed unlikely, given

    警察は自殺の可能性があると考えていたが、その可能性は低いと思われた。

  • that Bandera was so strong-willed.

    バンデラはとても気が強い。

  • You have to remember that cyanide guns were pretty high tech killing devices so it confounded

    青酸カリの銃はかなりのハイテク殺人装置だったので、混乱していたことを覚えておく必要があります。

  • the cops how cyanide could have gotten into Bandera's system.

    バンデラ社のシステムにどのようにしてシアン化合物が混入したのか、警察に聞いてみました。

  • Back in Moscow, Stashynsky was given theOrder of the Red Bannerfor his actions and was

    モスクワに戻ったスタシンスキーは、その行動に対して「赤旗勲章」を授与され、また

  • cheered by his colleagues.

    同僚たちの声援を受けた。

  • But that didn't mean he could hang his gloves up.

    しかし、だからといって手袋を干すわけにはいかない。

  • He was told he had one last assignment and that was to assassinate the anti-Soviet Ukrainian

    彼は最後の任務として、反ソビエトのウクライナ人を暗殺することを告げられた。

  • nationalist leader, Yaroslav Stetsko.

    国粋主義者のリーダー、ヤロスラフ・ステツコ。

  • By this time Stashynsky had fallen in love with an East German woman and was falling

    その頃、スタシンスキーは東ドイツ人女性と恋に落ち、落ちていた。

  • out of love with the KGB.

    KGBと恋に落ちた。

  • He wanted out, but how to get outthey wouldn't even let him be there for the birth of his

    脱出したかったが、どうやって脱出すればいいのか......自分の子供の誕生にも立ち会わせてもらえなかったのだ。

  • own son.

    自分の息子。

  • When that son was four months old he suddenly died, and the KGB told Stashynsky that he

    その息子が生後4ヶ月の時に突然死んでしまい、KGBはスタシンスキーに

  • could go back to East Berlin for the funeral, but not as Joseph Lehmann.

    葬儀のために東ベルリンに戻ることはできたが、ヨーゼフ・レーマンとしてではない。

  • Stashynsky had had it with the KGB.

    スタジンスキーは、KGBとは縁がなかった。

  • He took that fake ID, got his wife, passed through into West Berlin and then got a flight

    彼はその偽のIDを持って、妻を連れて、西ベルリンを通過して、飛行機に乗った。

  • to the USA.

    を米国に持ち込んだ。

  • He had defected, and that's what he told the U.S. authorities.

    彼は亡命していたので、アメリカ当局にそう言ったのだ。

  • Ok, so that sounds truthful to you guys watching this show, but what was the U.S. supposed

    この番組を見ている皆さんには真実味のある話に聞こえるかもしれませんが、アメリカは何を想定していたのでしょうか?

  • to think.

    と考えるようになりました。

  • Maybe Stashynsky hadn't actually defected and was in fact still a spy, a kind of Trojan

    スタジンスキーは実際には亡命しておらず、実際にはまだスパイであり、トロイの木馬のようなものだったのかもしれない。

  • Horse.

    馬です。

  • The CIA flew him back to Germany and interrogated him there.

    CIAは彼をドイツに送り返し、そこで尋問した。

  • They didn't want the man on U.S. soil.

    その男をアメリカ国内に入れたくなかったのだ。

  • The thing was, though, Stashynsky could describe in detail what had happened to Rebet and BanderaHe

    しかし、スタシンスキーは、レベとバンデラに起こったことを詳しく説明することができました・・・。

  • could recount details that only the cops knew.

    は、警官しか知らないような内容を語っていた。

  • Not only that, the police and secret services at this point had no idea that Rebet had been

    それだけでなく、この時点では警察や諜報機関はレベのことを知らなかった。

  • assassinated.

    が暗殺されました。

  • The CIA still thought that death by poison spray gun was over the top; they'd never

    CIAはまだ、毒物入りのスプレーガンで死ぬのは大げさだと思っていて、決して

  • heard of such a thing.

    そんなことを聞いたことがある。

  • In documents that would later be revealed, the CIA wrote that Stashynsky, “would not

    後に明らかになる文書の中で、CIAはスタシンスキーが「何もしないだろう」と書いています。

  • be valuable operationally as a double agent, that he was not a bona fide defector and the

    は二重スパイとして作戦上価値があること、善意の亡命者ではないこと、そして

  • individual he purported to be.”

    彼は、自分が言っていたような個人です。

  • Nonetheless, he was imprisoned in 1962 for two murders, but got out in '66.

    それでも、1962年に2件の殺人事件で投獄されたが、66年に出所した。

  • What happened to him and his wife after