Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • This video is sponsored by Mech Arena, the free competitive multiplayer robot game with

    このビデオは、無料の対戦型マルチプレイヤーロボットゲーム「Mech Arena」のスポンサーです。

  • deep gameplay, intense team battles, and lush 3D graphics!

    深みのあるゲーム性、激しいチームバトル、そして豪華な3Dグラフィック。

  • If you're a fan of The Infographics Show then you know I play a LOT of mobile games.

    もしあなたがThe Infographics Showのファンであれば、私がたくさんのモバイルゲームをプレイしていることをご存知でしょう。

  • So I know what it feels like when you're in the middle of a game only to turn the corner

    だから、ゲームの途中で角を曲がるときの気持ちはよくわかる。

  • and get blown away by a pay-to-win player.

    で、ペイ・トゥー・ウィンのプレイヤーに吹き飛ばされてしまう。

  • I quickly grew tired of not being competitive in games that I didn't want to spend tens

    何十円もかけたくないゲームで勝てないことにすぐに飽きてしまった。

  • or even hundreds of dollars to win, which is why I've switched to playing Mech Arena.

    勝利するためには何百ドルも必要なので、私はメックアリーナをプレイするようになりました。

  • Mech Arena is the best mobile game I've found that actually relies on skill, not spending

    Mech Arenaは、お金を使うのではなく、スキルに頼ることができる、私が見つけた中で最高のモバイルゲームです。

  • money.

    のお金を使っています。

  • Everyone is on an even playing field at the start of each battle, so winning comes down

    戦闘開始時には全員が互角の戦いをしているので、勝敗の行方は

  • to your abilities, not money spent.

    使ったお金ではなく、自分の能力に

  • The progression path which includes all of the mechs, weapons, maps, and game modes are

    すべてのメカ、武器、マップ、ゲームモードを含むプログレッション・パスは

  • available to everyone, with plenty of free to play ways to earn resources and make progress.

    誰もが利用できるように、資源を獲得し、進歩を遂げるための無料のプレイ方法がたくさん用意されています。

  • There's tons of amazing events happening in-game right now where you can get cool new

    今、ゲーム内ではたくさんの素晴らしいイベントが開催されていて、クールな新商品が手に入ります。

  • weapons like the Disk Launcher, special Halloween skins, and a great login rewards program.

    ディスクランチャーやハロウィン限定スキンなどの武器や、お得なログインリワードプログラムをご用意しています。

  • Mech Arena is free on Android and iOS so download it now with the special link below or my QR

    Mech Arena」は、AndroidとiOSで無料で提供されているので、下記の特別リンクまたは私のQRで今すぐダウンロードしてください。

  • code to get 1 Desert Digital Skin, 200 A-Coins, and 10,000 credits to kickstart your game.

    のコードを入力すると、ゲームのスタートに必要な「Desert Digital Skin」1個、「Aコイン」200枚、「クレジット」10,000枚がもらえます。

  • And if you're quick, add TheInfoShow as a friend and we can play some matches together!

    そして、もしあなたが早ければ、TheInfoShowを友達として追加して、一緒に試合をしましょう。

  • The AK-47, one of the world's most iconic firearms- but we're willing to bet even you

    世界で最も象徴的な銃器のひとつであるAK-47ですが、あなたもきっとそうでしょう。

  • don't know some of these crazy facts about this legendary rifle and its family of spinoffs.

    は、この伝説的なライフルとそのスピンオフモデルのファミリーについて、いくつかのおかしな事実を知らない。

  • 20.

    20.

  • It's everywhere

    どこにでもあるもの

  • Clint Eastwood wasn't lying in Heartbreak Ridge, the AK-47 is one of the most popular

    クリント・イーストウッドが「ハートブレイク・リッジ」で語ったことは嘘ではなく、AK-47は最も人気のある

  • firearms ever made, and the top choice of America's enemies for over 50 years.

    50年以上もの間、アメリカの敵に選ばれ続けてきた銃器です。

  • But it's not just her enemies who are equipped with the AK, it's her allies too.

    しかし、AKを装備しているのは敵だけではなく、味方も同様です。

  • With nearly 100 nations equipped with the AK family of assault rifles, it's without

    100カ国近い国がAKシリーズのアサルトライフルを装備しているのだから、当然のことだ。

  • doubt the most prolific battle rifle ever created.

    最も多く作られたバトルライフルであることは間違いない。

  • There's a fair bit of irony in the fact that the Soviet Union out-marketed the free-wheeling

    ソ連が自由奔放な日本の市場を凌駕していたという事実は、かなりの皮肉である。

  • capitalists of America in the global firearms trade, but with the AK being cheap, easy to

    アメリカの資本家が世界的な銃器取引を行っていますが、AKは安価で簡単に手に入ります。

  • manufacture, and ruggedly reliable, the weapon has been involved in conflicts on nearly every

    製造され、堅牢で信頼性の高いこの兵器は、ほぼすべての紛争に参加しています。

  • continent.

    大陸。

  • Egypt even made a massive monument to the iconic rifle on the Sinai peninsula

    エジプトでは、シナイ半島に巨大なライフルの記念碑が建てられた。

  • 19.

    19.

  • Soviet made, but inspired by the Nazis

    ソ連製だが、ナチスの影響を受けている

  • In World War II armies around the world faced a similar problem- heavy, large caliber rounds

    第二次世界大戦では、世界中の軍隊が同様の問題に直面しましたが、それは重くて大きな口径の弾丸でした。

  • were great for taking out enemy infantry, but the weight limited the amount of ammunition

    は、敵の歩兵を倒すのには最適でしたが、重さのために弾薬の量が制限されていました。

  • a soldier could carry.

    一人の兵士が持ち運べるほどの大きさです。

  • Further, they were too heavy for rapid-fire weapons that were not crew-served.

    さらに、クルーが乗らない速射兵器には重すぎました。

  • Lighter, pistol caliber rounds could allow soldiers to carry weapons with a high rate

    軽量化されたピストル口径の弾は、兵士が高い確率で武器を携行できるようになります。

  • of fire, but the small caliber had limited effectiveness and short ranges.

    が、小口径では効果に限界があり、射程距離も短かった。

  • The Germans were the first to bridge the gap with the 7.92mm Kurz round, which would be

    ドイツ軍は、7.92mmクルツ弾でそのギャップを埋めることに成功しました。

  • used in the Sturmgewehr 44, or StG44.

    Sturmgewehr 44(StG44)に使用されました。

  • This fast-firing weapon allowed soldiers to fire the impactful 7.92mm round at a high

    7.92mmの衝撃的な弾を高い確率で発射することができる速射性の武器です。

  • rate of fire, and benefited from increased range over a submachine gun.

    また、サブマシンガンに比べて射程距離が長いという利点もあります。

  • The allies had no comparison- and the Soviets took note.

    連合国側は比較対象がなく、ソビエト側も注目していた。

  • After the war, Mikhail Kalashnikov set about to create a new battle rifle inspired by the

    戦後、ミハイル・カラシニコフ氏は、日本で発売された戦時用小銃にヒントを得て、新しい戦時用小銃の開発に着手した。

  • German StG44.

    ドイツのStG44。

  • 18.

    18.

  • Made to be tough

    タフさを追求

  • This wasn't the only lesson from World War II incorporated into the AK-47 however.

    AK-47に盛り込まれた第二次世界大戦の教訓は、これだけではない。

  • During the war, Soviet industry had been badly mauled by the Germans, and factories frequently

    戦時中、ソ連の産業はドイツ軍に大きな打撃を受けていたため、工場は頻繁に閉鎖されていた。

  • had to be quickly relocated to avoid advancing Nazi troops.

    ナチス軍の進撃を避けるために、すぐに移動しなければならなかった。

  • For those on the front lines, conditions were brutal, infamously rugged and a challenging

    最前線にいた人々にとっては、過酷な状況であり、悪名高い険しい環境であり、挑戦的であった。

  • environment for any weapon system to operate in.

    兵器システムが動作するための環境です。

  • Thus the AK was designed with loose tolerances, giving it unparalleled reliability in even

    このように、AKはゆるやかな許容範囲で設計されており、その結果、どんな状況下でも比類のない信頼性を得ることができました。

  • the most extreme circumstances.

    最も過酷な状況である。

  • This did necessitate a trade-off in accuracy, but for the Soviets it was an acceptable compromise.

    そのためには精度とのトレードオフが必要だったが、ソビエトにとっては許容範囲内の妥協点だったのだ。

  • But the AK-47 was designed to win the most extreme of wars.

    しかし、AK-47は最も過酷な戦争に勝つために設計された。

  • 17.

    17.

  • The weapon needed to win a total war

    総力戦に勝つための武器

  • The United States may have faced the AK-47 in guerilla wars all around the world, but

    アメリカは世界各地のゲリラ戦でAK-47と向き合ってきたかもしれませんが

  • the rifle's primary purpose was always to face off, and win against, America in a total

    ライフルの最大の目的は、常にアメリカと対峙し、勝利することであった。

  • war scenario.

    戦争のシナリオ。

  • Soviet cold war planners envisioned the possibility of American aggression in Europe, and the

    ソ連の冷戦計画者は、アメリカがヨーロッパに侵攻する可能性を想定していたので

  • inevitable escalation to nuclear exchanges.

    核兵器の交換へのエスカレーションは避けられない。

  • This would mean the complete annihilation of entire industry centers, which also meant

    これは、産業の中心地を完全に消滅させることを意味します。

  • the AK-47 needed to be cheap, easy, and quick to mass produce.

    AK-47は、安く、簡単に、素早く大量生産する必要があった。

  • Interestingly enough, the M-16 would itself turn out to be the more optimal choice for

    興味深いことに、M-16は、それ自体がより最適な選択であることがわかりました。

  • such a total war scenario, as it didn't require the specialized stamping equipment that the

    のような特殊なプレス装置を必要としなかったので、総力戦のようなシナリオにも対応できました。

  • AK-47 needed.

    AK-47が必要。

  • This would allow the Americans to more widely distribute their manufacturing, while the

    これにより、アメリカ人は製造したものをより広く流通させることができ、一方で

  • Soviets needed to protect and hoard specialized machines to pump out their battle rifles.

    ソ連では、戦闘用小銃を生産するための専用機械を守り、蓄えておく必要があった。

  • 16.

    16.

  • Not just a weapon, a tool of revolution

    単なる武器ではなく、革命のツールに

  • Russia's communists always knew their position was a perilous one- their workers-first message

    ロシアの共産主義者たちは、自分たちの立場が危険なものであることを常に知っていた。

  • struck a chord with exploited post-industrial revolution workers in many nations, prompting

    多くの国の産業革命後の搾取された労働者の心を打ち、そのために

  • harsh crackdowns by their respective governments.

    それぞれの国の政府が厳しい取り締まりを行いました。

  • As the Bolsheviks seized power in Russia, it was feared that the world would unite against

    ロシアでボリシェヴィキが政権を握ると、世界が団結して反対するのではないかと心配されました。

  • the fledgling Soviet republic.

    ソビエト共和国が誕生して間もない頃です。

  • Thus the concept of ongoing revolution was born, with the Soviet Union believing that

    このようにして、進行中の革命という概念が生まれ、ソ連は次のように考えた。

  • it needed to propagate global communist revolution in order to not be overwhelmed by the powerful

    強大な力に負けないために、世界的な共産主義革命を広める必要があったのです。

  • capitalist nations of the world.

    世界の資本主義国。

  • This led to the AK-47 becoming a part of communist planned economies.

    これにより、AK-47は共産主義の計画経済に組み込まれることになった。

  • As communism spread to a nation, the AK came with it, so as to defend and continue to spread

    共産主義が一国に広まると、AKもそれに合わせて、守りながら広めていくために

  • the global revolution.

    グローバルな革命。

  • 15.

    15.

  • Its first true test was Vietnam

    その最初の試練がベトナムでした。

  • On paper, the AK was superior to any other battle rifle in the world- but war is a different

    机上では、AKは世界のどの戦闘用ライフルよりも優れていましたが、戦争となると話は別です。

  • matter altogether.

    この問題は完全に解決されています。

  • The AK-47's trial by fire would come in Vietnam, as millions of the rifles were shipped to

    AK-47の試行錯誤はベトナムで行われ、数百万丁のライフルが

  • North Vietnam and Viet Cong revolutionaries.

    北ベトナムとベトコンの革命家たち。

  • There in the jungles of Vietnam, America would come face to face with the AK-47, and be immediately

    ベトナムのジャングルで、アメリカはAK-47と向き合い、すぐに

  • overwhelmed by it.

    に圧倒されてしまいました。

  • Having learned nothing from World War II, the United States still relied on slow, heavy

    第二次世界大戦から何も学ばなかったアメリカは、相変わらず遅くて重いものに頼っていた。

  • battle rifles that were incapable of suppressive fire.

    抑圧射撃ができない戦闘用ライフル。

  • Its antiquated way of thinking would result in a crisis upon entry into Vietnam, as US

    その古い考え方は、ベトナムに進出した際に危機を招き、アメリカの

  • troops were immediately outgunned by simple farmers.

    隊員たちは、すぐに素朴な農民たちに負けてしまった。

  • This would prompt one of the fastest development and procurement programs in world history,

    これにより、世界史上最速の開発・調達プログラムが展開されることになる。

  • leading to the M-16.

    M-16につながる。

  • But the biggest fans of the AK were its enemy.

    しかし、AKの最大のファンはその敵でもありました。

  • 14.

    14.

  • Americans loved the AK

    アメリカ人はAKを愛した

  • Even after being issued the M-16, many American soldiers preferred the AK-47.

    M-16を支給されても、多くの米兵はAK-47を好んだ。

  • While eventually becoming one of the best battle rifles ever created, the first few

    最終的には最高のバトルライフルの一つとなったが、最初の数年間は

  • iterations of the M-16 were incredibly unreliable, and often left US troops in a lurch in the

    M-16は信じられないほどの信頼性の低さで、しばしば米軍を窮地に追い込んでいた。

  • middle of a firefight.

    銃撃戦の最中。

  • This prompted many to loot AK-47s from the corpses of fallen enemy soldiers, resulting

    そのため、敵兵の死体からAK-47を略奪する者が続出した。

  • in more than one unfortunate friendly fire incident as well.

    また、不幸な味方の攻撃を受けたこともありました。

  • 13.

    13.

  • US Special Forces especially loved the AK

    米軍特殊部隊は特にAKを愛用

  • Compared to anything in the US arsenal, the AK was simply superior at the start of the

    アメリカの武器の中では、AKは戦争開始時には単純に優れていました。

  • Vietnam war, and American special forces quickly took note.

    ベトナム戦争では、アメリカの特殊部隊がすぐに目をつけました。

  • The 7.62mm rounds provided enough punch to tear through thick jungle cover at a high

    7.62mmの弾は、ジャングルの厚い覆いを切り裂くのに十分なパンチ力があり、高い確率で

  • rate of fire, and as a bonus the distinctive sound of the AK-47 firing often confused the

    また、AK-47の独特の発射音は、相手を混乱させることもありました。

  • very same enemy they were engaging.

    自分たちが戦っている敵と同じである。

  • 12.

    12.

  • The Chinese loved it too

    中国人にも好評でした

  • The Chinese were big fans of the AK-47 as well, so much so that they routinely stole

    中国人もAK-47の大ファンで、日常的に盗んでいました。

  • Russian shipments to North Vietnam and replaced the weapons with their own inferior copies.

    ロシアから北ベトナムに送られてきた兵器は、自分たちが作った粗悪品と交換された。

  • These cheap Chinese knockoffs did not have the same durability and reliability of a Soviet

    このような中国製の安価な模造品は、ソ連製のような耐久性や信頼性はありませんでした。

  • AK, and would end up costing many North Vietnamese and Viet Cong soldiers their lives.

    AKは、多くの北ベトナムとベトコンの兵士の命を奪うことになった。

  • And as it turns out, the AK was better at capitalism than America.

    そして結果的には、アメリカよりもAKの方が資本主義に長けていた。

  • 11.

    11.

  • A global supply network

    グローバルな供給ネットワーク

  • Capitalist America was supposed to be the one with the competitive advantage in global

    資本主義のアメリカは、グローバルな競争で優位に立つはずだった。

  • markets, and it largely did- but the Soviets dominated the global arms industry thanks

    しかし、ソビエトが世界の兵器産業を支配していたおかげで、その市場は大きく拡大しました。

  • to the AK-47.

    をAK-47に変更しました。

  • The rifle was so widely disseminated that even fledgling revolutions in far-flung corners

    ライフルは広く普及し、遠く離れた場所で勃興した革命も

  • of the world could be reliably supplied.

    を確実に供給できるようになりました。

  • 10.

    10.

  • Even the US helped sell the AK

    アメリカでもAKの販売に協力

  • When the US began the process of building a national Afghan military and police force,

    アメリカがアフガンの国軍と警察を作るプロセスを始めたとき。

  • an inevitable choice had to be made on what to arm the Afghanis with.

    そのためには、何を武器にするかという必然的な選択をしなければならなかった。

  • It was assumed that the US would simply provide surplus M-16 and M-4s to these new forces-

    アメリカは、余ったM-16やM-4をこれらの新軍に提供するだけだと思われていました。

  • but the Afghans outright refused the offer.

    しかし、アフガニスタン人はこの申し出を真っ向から拒否した。

  • They wanted Kalashnikovs, not American rifles.

    彼らが欲しかったのは、アメリカ製のライフルではなく、カラシニコフだった。

  • The reason was simple- most Afghans were already familiar with the weapon, and even more importantly

    理由は簡単で、ほとんどのアフガニスタン人はすでにこの武器に慣れ親しんでいたし、さらに重要なことには

  • ammunition was easy to locally procure.

    弾薬は現地で調達しやすかった。

  • Thus the US was forced to buy Hungarian AK rifles to supply the fledgling police and

    そのため、アメリカはハンガリー製のAKライフルを購入して、設立間もない警察や警察官に供給せざるを得なかった。

  • army forces.

    陸軍部隊。

  • 9.

    9.

  • No one knows how many really exist

    実際に何人いるかは誰にもわからない

  • The Soviet Union couldn't produce and export Kalashnikovs nearly fast enough- it was actually

    ソ連では、カラシニコフの生産と輸出が追いつかず、実際には

  • a significant portion of the Soviet economy.

    ソビエト経済の重要な部分を占めていた。

  • However, the mass production of the rifle and the fact that it was licensed for production

    しかし、ライフルの量産化と、生産ライセンスを取得したことで

  • in over 30 countries- not counting those who illegally replicated it, such as China- means

    中国など違法に複製した国を除いて、30カ国以上で使用されているということは

  • that today no one really knows how many AKs were ever produced.

    現在、AKが何台生産されたかは誰にもわからないという。

  • The best estimates place them at around 100 million, enough so that 1 out of every 60

    推定では約1億人で、60人に1人の割合で

  • people on earth could be armed with one.

    地球上のすべての人が武装することができる。

  • But the AK would have a legacy unmatched by any other weapon in history.

    しかし、AKは歴史上、他の武器にはない遺産を持つことになる。

  • 8.

    8.

  • Deadliest weapon ever created

    史上最強の武器

  • The nuclear bombings of Hiroshima and Nagasaki killed tens of thousands.

    広島と長崎への原爆投下では、数万人の犠牲者が出ました。

  • Modern nuclear weapons could kill millions- but of all the weapons ever actually used

    現代の核兵器は何百万人もの人を殺すことができますが、実際に使用されたすべての兵器の中で

  • in combat, none even come close to the Kalashnikov.

    と言っても、カラシニコフに勝るものはありません。

  • It's estimated that a quarter of a million people are killed every year with an AK, which

    毎年25万人がAKで殺されていると言われていますが、これは

  • if true means the AK could be responsible for over 18 million deaths.

    もし事実であれば、AKは1800万人以上の死に責任を負うことになります。

  • Thus the AK family of rifles have killed almost as many people as the lowest estimates for

    このように、AKシリーズのライフルは、最も少ない推定値でも、ほぼ同数の人を殺しています。

  • World War I.

    第一次世界大戦。

  • This makes Mikhail Kalashnikov the single most dangerous human to have ever existed,

    これにより、ミハイル・カラシニコフは、これまでに存在した人間の中で最も危険な人間となった。

  • which is ironic for a man who originally wanted to be a poet.

    もともと詩人を目指していた彼にしては皮肉な話だ。

  • To be fair, Kalashnikov did mention before dying that it made him nervous to see people

    確かに、カラシニコフは死ぬ前に「人を見ると不安になる」と言っていた。

  • like Osama Bin Laden clutching his iconic firearm.

    オサマ・ビン・ラディンのように、象徴的な銃器を握りしめて。

  • 7.

    7.

  • A troubling legacy

    厄介な遺産

  • Mikhail Kalashnikov struggled throughout his life with the legacy he was leaving behind.

    ミハイル・カラシニコフは、自分が残すべき遺産について生涯にわたって悩んだ。

  • As the popularity of the AK grew and the weapon spread around the world, he was often questioned

    AKの人気が高まり、武器が世界中に広まると、彼はしばしば質問を受けた。

  • about his invention.

    自分の発明について

  • In response, Kalashnikov often expressed that he'd rather he had invented something more

    これに対してカラシニコフは、「もっと何かを発明していた方がよかった」とよく表現していた。

  • peaceful, such as a machine that helped farmers around the world.

    世界の農家を助ける機械など、平和的なもの。

  • However, the AK-47 was a tool of necessity, with Kalashnikov's work on it beginning during

    しかし、AK-47は必要に迫られた道具であり、カラシニコフがAK-47の開発に着手したのは1970年代のことである。

  • World War II as he listened to complaints about Soviet weapons from fellow soldiers

    第二次世界大戦では、ソ連製兵器に対する兵士の不満を聞いていた。

  • and experienced his own frustrations.

    と自分の悔しさを味わった。

  • With his country reeling from a devastating invasion that had left millions dead, Kalashnikov

    何百万人もの犠牲者を出した大規模な侵攻作戦に揺れる国の中で、カラシニコフは

  • put his talents towards creating a reliable rifle that in his own words was “a weapon

    才能を発揮して、彼自身の言葉で「武器」と呼ばれる信頼性の高いライフルを作りました。

  • to be used for the protection of the borders of my Fatherland.”

    祖国の国境を守るために使われる」。

  • He puts the blame on the massive casualties the rifle has caused on politicians who can't

    彼は、ライフル銃が引き起こした大量の犠牲者の責任を、ライフル銃を使えない政治家に押し付けている。

  • find a solution other than war for their problems.

    戦争以外の解決策を模索しています。

  • 6.

    6.

  • Kalashnikov made no money from his invention

    カラシニコフは発明でお金を稼がなかった

  • If Mikhail Kalashnikov had been born in America, he would have been one of the richest men

    ミハイル・カラシニコフがアメリカで生まれていたら、大金持ちの一人になっていたかもしれない

  • on earth.

    地球上で。

  • However, the Soviet Union looked dimly on things such as 'licensing', and while he received

    しかし、ソ連は「ライセンス」などというものを軽視しており、彼は「ライセンス」を受けながらも

  • the Order of Lenin three times and was made a Hero of the Russian Federation by Putin

    レーニン勲章を3回受章し、プーチン大統領からロシア連邦の英雄に任命されました。

  • sock-puppet President Dmitry Medvedev, Kalashnikov himself stated that he never made any money

    ドミトリー・メドベージェフ大統領の操り人形であるカラシニコフ自身は、「お金を稼いだことはない」と述べている。

  • off his invention.

    と言っていました。

  • With the fall of communism in Russia, the new liberal economy allowed Kalashnikov to

    共産主義が崩壊したロシアでは、新しい自由主義経済により、カラシニコフは

  • sell advertising rights to his name to various products, earning him some small income.

    自分の名前の広告権を様々な商品に販売し、わずかな収入を得ています。

  • However, upon death at age 94 he was still living off a state pension.

    しかし、94歳で亡くなったとき、彼はまだ公的年金で生活していた。

  • The AK-47 made a huge impact almost immediately, but the Soviets did their best to keep it

    AK-47はすぐに大きなインパクトを与えたが、ソビエトはそれを維持するために最善を尽くした。

  • a secret.

    密かに

  • 5.

    5.

  • The gun was so good, it was a secret

    銃の性能が良すぎて、秘密にしていた

  • The Soviets were no fools, and once the AK-47 had proven itself in tests undertaken by the

    ソビエトも馬鹿ではなく、AK-47のテストでその性能が実証されると

  • Red Army, the ever-paranoid Stalin ordered the rifle be kept as secret as possible.

    猜疑心の強いスターリンは、このライフルをできるだけ秘密にしておくように命じた。

  • That would be difficult for a weapon meant to be issued as a main battle rifle, so the

    それは主戦力として支給される武器としては難しいことなので

  • weapon was at first given only to Soviet special forces and elite units.

    この武器は、当初はソ連の特殊部隊やエリート部隊にのみ与えられていました。

  • Its members were sworn to secrecy and inexperienced soldiers completely forbidden from even touching

    そのメンバーは秘密厳守を誓い、未熟な兵士は触れることさえ完全に禁じられていた。

  • the rifle.

    ライフルを使用しています。

  • As production ramped up and the weapon became available in greater numbers, the veil of

    生産量が増え、より多くの人が利用できるようになると、そのベールが剥がれていきます。

  • secrecy was eventually lifted out of necessity and every Soviet soldier got their hands on

    秘密はやがて必要に迫られて解除され、すべてのソビエト兵が

  • the incredible rifle.

    驚異のライフル。

  • 4.

    4.

  • Americans love it so much, they bought as many as the Russian military

    アメリカ人が好きすぎて、ロシア軍と同じ数を買ってしまった

  • For a weapon originally meant to kill Americans, the US sure has fallen in love with it.

    本来、アメリカ人を殺すための武器であるにもかかわらず、アメリカはこの武器を愛してしまった。

  • In 2012 the American public bought as many AKs as both the Russian military and police.

    2012年、アメリカの一般市民は、ロシアの軍や警察と同じ数のAKを購入しました。

  • Maybe in the end our love for tools to kill each other with may be the thing that truly

    最終的には、殺し合うための道具への愛こそが、本当の意味での「殺し屋」なのかもしれない。

  • unites us all and stops us from actually killing each other.

    私たち全員を団結させ、実際にお互いを殺し合うのを止めます。

  • 3.

    3.

  • American love for the AK is helping arm America's potential rival though

    アメリカ人のAKへの愛は、アメリカの潜在的なライバルの武装を助けているが

  • Built in Russia, sales of AK rifles have surged- with most of those sales going to civilian

    ロシアで製造されたAKライフルの販売台数は急増し、そのほとんどが民間人向けとなっています。

  • buyers.

    の購入者です。

  • Of civilian buyers, the vast majority are Americans, who make up 40% of all civilian

    民間の購入者のうち、圧倒的に多いのはアメリカ人で、全体の40%を占めています。

  • sales of AKs.

    AKの販売を開始しました。

  • Ironically, profits from sales of AKs to Americans are directly funding the modernization of

    皮肉なことに、アメリカ人にAKを販売して得た利益は、直接、アメリカの近代化の資金となっている。

  • Russian forces, in preparation of a future conflict with... you guessed it, Americans.

    ロシア軍は、将来のアメリカ軍との衝突に備えて、...察しの通り、アメリカ人である。

  • But with so many to choose from, it's hard not to love the AK.

    しかし、これだけの数の中から選べば、AKを好きにならないわけにはいきません。

  • 2.

    2.

  • A grand family legacy

    壮大な家族の遺産

  • There are 14 primary variants of the AK rifle, with the most recent being the AK-19, itself

    AKライフルには14種類の主なバリエーションがあり、最も新しいものはAK-19で、それ自体が

  • an updated variant of the AK-12 which fired 5.45mm ammunition.

    AK-12の改良型で、5.45mm弾を発射します。

  • Designed for foreign buyers, likely looking to tap into the widespread availability of

    外国人バイヤーのためにデザインされたもので、日本ではあまり知られていません。

  • nato 5.56mm ammunition, the AK-19 ditches the 7.62 cartridge for a 5.56 round.

    NATOの5.56mm弾を採用したAK-19は、7.62カートリッジをやめて5.56弾を採用しました。

  • 1.

    1.

  • The incredible vanishing rifle

    驚異のバニシングライフル

  • The AK-47 has one other property unique amongst any other battle rifles- it has the ability

    AK-47には、他の戦闘用ライフルにはないもうひとつの特性がある。

  • to disappear at will.

    は、自由に消えることができます。

  • At least that's the best explanation for why during 2004-2005 the United States lost track

    少なくとも、2004年から2005年にかけて、アメリカがトラックを失った理由については、それが最善の説明だと思います。

  • of 110,000 AK-47s it had purchased on behalf of Iraqi security forces.

    は、イラクの治安部隊のために購入した11万台のAK-47を