Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Congratulations!

    おめでとうございます。

  • Maybe you've just had a new baby, or a major promotion at work, or just need the perfect

    赤ちゃんが生まれたり、仕事で大きな昇進をしたり、あるいは、完璧な

  • bottle of alcohol to smash against your brand new boat.

    お酒の入ったボトルを新品のボートにぶつける。

  • For all these occasions, it can only be Champagne, everyone's favorite sparkling French wine.

    そんなときには、みんなが大好きなフランスのスパークリングワイン、シャンパンに限ります。

  • Seriously, it's insanely popular.

    真面目な話、めちゃくちゃ人気があるんですよ。

  • In 2007, a staggering 338.7 million bottles of the stuff were sold to eager customers

    2007年には、3億3870万本という驚異的な数のボトルが、熱心なお客様に販売されました。

  • all over the world.

    世界各地で

  • But while the taste may be fine, the price tag can be terrifying - bottles of authentic

    しかし、味は良いのですが、価格が高いのが難点です。

  • French Champagne, especially the vintage stuff, can cost up to and beyond ten thousand dollars

    フランスのシャンパン、特にヴィンテージものは、1万円以上するものもあります。

  • apiece.

    アピース

  • Yikes!

    イイネ!

  • Why is real Champagne so expensive?

    なぜ本物のシャンパンは高いのか?

  • Is it the process of its creation that justifies all those extra zeroes, or is it the wine's

    ゼロの数を増やしたのは、ワインの製造過程のせいなのでしょうか?

  • history that gives it such pricey prestige?

    その歴史が、このような高額な名声をもたらしたのでしょうか?

  • Pop open a cold bottle of bubbly - if you're buying, of course - and let's find out.

    冷えたボトルを開けて、それを確かめてみましょう。

  • The first thing you need to understand about why authentic Champagne is so valuable is

    本物のシャンパンがなぜ価値があるのか、まず理解していただきたいのは

  • that it's old as all hell.

    それはとても古いものです。

  • While we think of these classy bottles of suds as quintessentially French, it was another

    私たちは、この上品なボトルの水割りをフランスの真髄と考えていますが、それはもう一つの

  • culture entirely - the Romans - that got the Champagne ball rolling.

    シャンパンの歴史は、ローマ人の文化に基づいています。

  • Because their vast empire handily contained modern-day France, they were the first to

    彼らの広大な帝国は、現代のフランスをほぼ包含していたため、彼らは最初に

  • plant vineyards - the specialized fields of wine-making grapes - in the Champagne region.

    シャンパーニュ地方では、ワイン用ブドウの専用畑であるブドウ畑を作っています。

  • That's right, the Champagne region.

    そうです、シャンパーニュ地方です。

  • You may have noticed that we stressed the wordRealin the title of this video,

    このビデオのタイトルで "Real "という言葉を強調していることにお気づきでしょうか。

  • and that's because not all Champagne is created equal.

    それは、すべてのシャンパンが同じように作られているわけではないからです。

  • In fact, to be more specific, not allchampagneis even really Champagne.

    もっと言えば、すべての「シャンパン」が本当にシャンパンであるとは限らないのです。

  • About 160 kilometers east of Paris is the Champagne Wine Region, within a historical

    パリから東へ約160kmのところに、シャンパーニュ地方というワイン産地があります。

  • province once known as - yep, you guessed it - Champagne.

    は、かつてシャンパーニュとして知られていました。

  • Under EU law, only sparkling white wine from this region can actually declare itself Champagne,

    EUの法律では、この地域のスパークリング白ワインだけが、実際にシャンパーニュを名乗ることができます。

  • anything else is just a standard bottle of sparkling white wine committing some light

    それ以外のものは、通常のスパークリング白ワインのボトルに、いくつかのライトを加えたものです。

  • identity fraud.

    identity fraud。

  • Think of it like a Philly Cheese Steak - Sure, you can get one in a diner in New York, Kentucky,

    フィリーチーズステーキのようなものです。確かに、ケンタッキー州のニューヨークのダイナーでも食べられます。

  • or LA, but it's not really a Philly Cheese Steak unless it comes straight from the City

    やLAで食べられたものでなければ、本当のフィリーチーズステーキとは言えません。

  • of Brotherly Love.

    of Brotherly Love」。

  • And that right there is the first reason that real Champagne is so expensive: Exclusivity

    これが、本物のシャンパーニュが高価である理由の第一です。排他性

  • and Import Costs.

    と輸入コスト。

  • When the entire world's supply of authentic Champagne comes from one region in France,

    世界中の本格的なシャンパーニュが、フランスのある地域から供給されているとしたら。

  • global demand being met by limited supply hikes up the price.

    世界的な需要に対して、限られた供給量しかないため、価格が上昇する。

  • The Champagne region is only about twice the size of San Diego, but it brings in over five

    シャンパーニュ地方は、サンディエゴの約2倍の面積しかありませんが、5倍以上の収益を上げています。

  • billion dollars a year on its wine business - though that took a hit during the COVID-19

    ワインビジネスで年間10億ドルを稼いでいますが、COVID-19の影響で打撃を受けました。

  • pandemic, both due to global financial stress and the fact there was just a lot less to

    パンデミックは、世界的な金融ストレスと、より少ない量の食料しかなかったことが原因です。

  • celebrate.

    を祝います。

  • But back to the past.

    しかし、話は過去に戻ります。

  • Vineyards in the Champagne Region have always been a big deal.

    シャンパーニュ地方のブドウ畑は、昔から注目されていました。

  • The first successful vineyard in the region we have records for belonged to a literal

    私たちが記録しているこの地域で最初に成功したブドウ畑は、文字通りの

  • saint - St. Remi, a powerful bishop who christened the country's Frankish king, Clovis the

    の聖人である聖レミは、この国のフランク王国の王クロヴィスに洗礼を施した強力な司教です。

  • First, leading the entire Frankish population to convert to Christianity in the 5th century.

    まず、5世紀にフランク王国の全国民を率いてキリスト教に改宗させたこと。

  • Needless to say, that's a pretty big deal, and a powerful achievement to attach to your

    言うまでもなく、これは非常に大きなことであり、あなたの人生に大きな成果をもたらすものです。

  • burgeoning Vineyard business.

    急成長しているVineyardのビジネス。

  • A saint being one of the key figures in the creation of an intoxicant may seem like a

    聖人が酒造の中心人物の一人であるというのは、一見すると

  • funny contradiction, but without Benedictine Monks, wine would not be where it is today.

    矛盾していますが、ベネディクト会の修道士がいなければ、ワインは今のようにはなりません。

  • Throughout the early to late medieval period, monks were producing wine for use in the Eucharist

    中世初期から後期にかけて、修道士たちは聖体に使用するためのワインを生産していました。

  • ceremony - the act of using wine and wafers to pay homage to Christ at the Last Supper.

    セレモニー - 最後の晩餐でキリストに敬意を表してワインとウェハースを使う行為。

  • Perhaps one of the most famous names in the world of wine, Domrignon, was a hyper-perfectionist

    ワインの世界で最も有名な人物の一人であるドン・ペリニヨンは、おそらく超完璧主義者だったのでしょう。

  • winemaking monk whose strict and innovative methods were a key part of making Champagne

    厳格で革新的な手法でシャンパーニュ地方の発展に貢献したワイン造りの修道士。

  • what it is today.

    現在のような状態になっています。

  • His influence is so crucial that over 400 years later, many bottles of Champagne still

    彼の影響力は非常に大きく、400年以上経った今でも、多くのシャンパーニュのボトルが

  • bear his name.

    彼の名を冠した

  • Fun fact: The most expensive bottle of Domrignon wine ever sold - Domrignon Rose

    おもしろい事実:これまでに販売されたドンペリニヨンワインの中で最も高価なボトル、ドンペリニヨン ロゼ

  • 1959 - cost a terrifying $84,700.

    1959年、84,700ドルという恐るべき価格であった。

  • That's more than a lot of people will ever own at any one time in their life, for a single

    それは、多くの人が人生の中で一度に所有することができる量よりも多く、1つの

  • bottle of wine.

    のボトルを用意しました。

  • Champagne was a staple in coronation celebrations for new kings for centuries on end, leading

    シャンパンは、何世紀にもわたって、新しい王の戴冠式に欠かせないものでした。

  • to another reason that even today, wines from this region are so darn expensive: It's

    現在でもこの地域のワインが非常に高価である理由は、もうひとつあります。

  • that Regal Reputation.

    そのリーガル評判。

  • The second you hear that something is literally the drink of kings, your estimation of its

    王様の飲み物」と聞いた途端に、その評価が変わってしまいます。

  • value skyrockets.

    の価値が急上昇します。

  • Royalty were the Kardashians of the past - their every choice and action created new tastes

    王室はかつてのカーダシアンのようなもので、その選択と行動の一つ一つが新たな嗜好を生み出していた

  • within their kingdoms, and much like a classy Champagne fountain, the tastes trickle down.

    王国内では、上品なシャンパンの噴水のように、味が浸透していきます。

  • When the royals start doing it, the aristocracy below them begins to copy, hoping to curry

    王族がやり始めると、下の貴族はそれを真似して、ご機嫌取りをするようになります。

  • favor with their leader and appear more refined than their fellow nobles.

    リーダーに気に入られ、仲間の貴族よりも洗練されているように見えます。

  • When the aristocracy starts doing it, then even you, the potato-grubbing peasants, try

    貴族がやり始めたら、芋づる式の農民である君たちもやってみる。

  • to get in on the action.

    を使って、アクションを起こすことができます。

  • Champagne has managed to preserve its image as a status symbol over many transformations

    幾多の変遷を経て、ステータスシンボルとしてのイメージを守り続けてきたシャンパーニュ

  • and over a thousand years of time.

    と1000年以上の時間をかけています。

  • Technically speaking, it actually outlasted the French royal line.

    厳密に言えば、フランスの王室よりも長持ちしています。

  • To this day, people don't just get bored and decide to pop a bottle of Champagne for

    今日まで、人々は退屈しのぎにシャンパンを飲みに行くことはありません。

  • an evening of TV dinners and Game of Thrones reruns.

    テレビディナーと「ゲーム・オブ・スローンズ」の再放送の夕べ。

  • Champagne is for celebrations and special occasions.

    シャンパンは、お祝い事や特別な日に飲むものです。

  • And you may think, “Well that's because it's so expensive”, but it isn't that

    と思われるかもしれませんが、そうではありません。

  • one-way.

    ワンウェイ

  • The value is equally created and sustained by Champagne's perception as a special kind

    その価値は、シャンパーニュが特別な存在であると認識されることによって、同じように生み出され、維持されます。

  • of wine.

    ワインの

  • It's the funny thing about all commodities - while it may all seem like solid calculations

    コモディティの面白いところは、一見、堅実な計算のように見えても

  • and hard figures define value, the prevailing belief in the market is an equally important

    価値を決めるのは、数字だけではなく、市場の一般的な考え方も重要です。

  • factor in making real Champagne so expensive.

    本物のシャンパンが高価であることの要因。

  • But the kind of Champagne enjoyed by Romans and ancient French Kings would practically

    しかし、ローマ人や古代フランス王が楽しんでいたようなシャンパンは、実質的には

  • be unrecognizable compared to Champagne today.

    は、今のシャンパンとは比べ物にならないほどの存在感を放っています。

  • Despite Champagne today being synonymous with sparkling white wine, in appearance it used

    現在、シャンパンは白のスパークリングワインの代名詞となっていますが、かつては

  • to be far more similar to its flat, red cousin.

    は、平べったい赤の従兄弟に比べてはるかに似ていると思います。

  • Predictably, because this is France we're talking about here, the changes came about

    当然のことながら、ここはフランスの話なので、変化は起こりました。

  • because of a dramatic, long-held, and bitter feud.

    その理由は、ドラマチックで長い間続いた苦い確執にあります。

  • The Champagne region had a fierce rivalry with their neighbors in the region of Burgundy

    シャンパーニュ地方は、隣のブルゴーニュ地方との激しいライバル関係にありました。

  • back in the Middle Ages, with Burgundy being famous for its high-quality red wines.

    中世にさかのぼり、ブルゴーニュは高品質な赤ワインの産地として有名です。

  • To this day, you're liable to hear people dub a fine French Pinot Noir as a bottle of

    今でも、フランスの上質なピノ・ノワールを、「このボトルは......」と口にする人がいます。

  • Burgundy.

    バーガンディ。

  • And the Champagne Region was actually the underdog in this Battle of the Wines because

    そして、この「ワインの戦い」では、シャンパーニュ地方が実は劣勢だったのです。

  • the harsh climate of the region was far less hospitable to Vineyard growth than their Southern

    この地域の厳しい気候は、南部に比べてヴィンヤードの成長には適していませんでした。

  • Burgundian neighbors.

    ブルゴーニュの隣人。

  • They didn't have the right stuff to compete against Burgundy's red wine supremacy, so

    ブルゴーニュの赤ワインの覇権に対抗するだけの材料がなかったので

  • they decided to come at it from another angle: Trying to produce white wine to avoid the

    と、別の角度から考えてみました。を避けるために、白ワインの生産に挑戦する。

  • competition.

    の競争です。

  • Problem was, their wine wasn't actually that good - until our good old friend Dom

    問題は、彼らのワインが実際にはそれほど美味しくなかったことだ。

  • rignon came along to help refine the delicate art of making white wine from red grapes.

    ペリニヨンは、黒ブドウから白ワインを作るという繊細な技術を磨くために登場しました。

  • He and English Physician and Scientist Christopher Merret found the right techniques to properly

    彼と英国人医師・科学者のクリストファー・メレは、適切な技術を見つけて

  • ferment the wine, with the addition of sugar before the second fermentation.

    ワインを発酵させ、二次発酵の前に砂糖を加える。

  • However, Dom wasn't a fan of one of what would later become one of Champagne's defining

    しかし、ドムは、後にシャンパーニュの特徴の一つとなるような、次のようなものが好きではなかった。

  • features: The bubbles.

    の特徴をご紹介します。泡のことです。

  • And this wasn't just a taste thing, either.

    また、これは味だけの問題ではありませんでした。

  • The build-up of air pressure during wine fermentation would cause corks to randomly fire off like

    ワインの発酵中に空気の圧力が高まると、コルクがランダムに火を噴くようになります。

  • rifles, or bottles to explode entirely, giving them the admittedly badass nickname le vin

    ライフルやボトルが完全に爆発してしまうことから、「le vin」という悪趣味なニックネームがついています。

  • du diable, orThe Devil's Wine.”

    du diable、つまり「悪魔のワイン」です。

  • But these bubbles were actually proving to be a unique selling point, especially over

    しかし、この泡は実際にはユニークなセールスポイントになっていました。

  • in England, so different accommodations were made to suit Champagne's unique traits:

    イギリスでは、シャンパーニュの特徴に合わせて様々な工夫がなされています。

  • Stronger bottles, unique corks, and of the course the iconic muselet, the little wire

    丈夫なボトル、ユニークなコルク、そしてもちろん象徴的なミューズレット、小さなワイヤー。

  • cage that keeps the cork in place - created by Adolphe Jaquesson in 1844.

    1844年にAdolphe Jaquessonが開発した、コルクを固定するためのケージ。

  • Through trial, error, hard work, and happy accidents, the iconicthode champenoise,

    試行錯誤、努力、そして幸せな事故を経て、象徴的なシャンペノワーズが誕生しました。

  • also known as thethode Traditionnelle and thethode Classique, had finally been

    メトード・トラディショネル」と「メトード・クラシック」と呼ばれていたものが、ついに

  • perfected, giving us the iconic wine we need to remortgage our houses to afford today.

    その結果、家を担保にしてでも手に入れたい象徴的なワインが誕生したのです。

  • With this much stunning history behind it, is it any wonder that Champagne is so costly?

    これだけの素晴らしい歴史を持つシャンパーニュが高価なのは不思議ではありません。

  • As any connoisseur will tell you, when you're buying a bottle of finely aged wine, you're

    目利きの人が言うように、上質な熟成ワインを購入するときには

  • also buying the story.

    もストーリーを買っています。

  • But enough about history, let's jump back to the present day.

    さて、歴史の話はこのくらいにして、話を現代に戻しましょう。

  • Plenty of things have long histories but won't break the bank to afford.

    歴史が長くても、お金をかけずに買えるものもたくさんあります。

  • So there has to be some expensive madness to the methods and circumstances of making

    を作る方法や状況には、高価な狂いがあるはずなんですね。

  • authentic Champagne.

    本格的なシャンパーニュ。

  • The first factor is the sheer amount of time it takes to produce a good bottle of authentic

    1つ目の要因は、本格的なボトルを作るのに必要な時間の長さです。

  • Champagne.

    シャンパンです。

  • Everyone has heard the old truism, “Time is money”, so it follows that work taking

    時は金なり」という言葉があるように、仕事には時間がかかります。

  • longer to produce naturally costs more.

    作るのに時間がかかれば、当然コストもかかります。

  • Every stage of the Champagne process is more meticulous, time-consuming, and also labor-intensive

    シャンパンのプロセスのすべての段階で、より細心の注意を払い、時間をかけ、また手間をかけています

  • than almost any other wine.

    他のほとんどのワインよりも

  • For starters, winemakers must wait for the correct climate conditions - with the Champagne

    まず第一に、ワインメーカーは適切な気候条件を待たなければなりません。

  • region famously being cooler than other winemaking regions in France, giving their black grapes

    は、フランスの他のワイン生産地域よりも冷涼であることが知られており、そのため黒ブドウは

  • the right acidity to make sparkling wine.

    スパークリングワインを作るのに適した酸味があります。

  • But this makes the wine production process generally more unreliable and less cost-effective

    しかし、これでは一般的にワイン生産のプロセスが信頼性に欠け、コスト効率が悪くなってしまいます。

  • than elsewhere.

    他の場所よりも

  • In many cases, it can take a Vineyard three years after planting to begin producing viable

    多くの場合、Vineyardは植え付けから3年で生産可能な状態になります。

  • grapes.

    のブドウを使用しています。

  • Then comes the picking process, which is equally insane.

    続いて、ピッキングのプロセスですが、これも同様に非常識です。

  • Every single grape in a bottle of real champagne is picked by hand rather than any kind of

    本物のシャンパンは、ブドウの一粒一粒が手で摘まれていますが、それには何の工夫もありません。

  • machine.

    マシンを使用しています。

  • What does this process entail, you wonder?

    どのようなプロセスなのでしょうか?

  • 120,000 specially trained workers set off into over 82,000 acres of Vineyards in order

    特別な訓練を受けた12万人の従業員が、82,000エーカー以上のブドウ畑で

  • to carefully pluck each grape from the vine.

    葡萄の木から一粒一粒丁寧に摘み取るように。

  • The sheer cost of doing it this way immediately increases the price by an order of magnitude.

    このような方法では、コストがかかるため、すぐに価格が桁違いに高くなってしまいます。

  • At this point, specialized crushing machines are brought in to squeeze out themust”,

    ここで、専用の破砕機を導入して、「マスト」を絞り出します。

  • which is then siphoned into large, metal vats to ferment for over six weeks.

    続いて、大きな金属製のタンクに吸い上げられ、6週間以上発酵します。

  • Specialists then bring out samples of the previous year's batch to mix in, in order

    続いて、専門家が前年のバッチのサンプルを持ってきて混ぜ合わせます。

  • to ensure a sense of consistency between batches, giving it all that distinctive Champagne flavor

    シャンパン独特の風味を醸し出すために、バッチ間の一貫性を保つようにしています。

  • people are willing to pay top dollar for.

    は、人々が最高額を支払うことを望んでいます。

  • Yeast and sugar are then added to the mix, which activates the second fermentation.

    その後、酵母と砂糖を加えて二次発酵を活性化させます。

  • And that right there is when things get really crazy.

    そして、そこからが本当の意味でのクレイジーなのです。

  • The second fermentation involves the wine being bottled and laid down horizontally in

    2回目の発酵では、ワインを瓶に詰め、水平に寝かせて

  • a cellar beneath one of the homes in the region.

    この地域のある家の地下にある地下室です。

  • And then, once again, they play the waiting game.

    そして、またしても待ちの姿勢を見せる。

  • A lot of your cheaper, mass-produced bottles of wine are sold off by now, but not Champagne.

    大量生産された安価なボトルワインの多くは、そろそろ売り切れてしまいますが、シャンパンは違います。

  • For Champagne, the second fermentation needs to last at least fifteen months - so at minimum,

    シャンパーニュの場合、二次発酵は最低でも15ヶ月は必要とされています。

  • it takes longer to make a human baby than a bottle of Champagne.

    人間の赤ちゃんを作るには、シャンパン1本を作るよりも時間がかかります。

  • But the higher end of the spectrum can involve the wine being fermented and aged for up to

    しかし、より高いレベルのものでは、ワインを発酵させ、最大で

  • and even over a decade.

    さらには10年以上にもわたって

  • That's right: It can take an eighth of an average human life to produce one top-quality

    そう、最高品質の製品を1つ作るのに、人間の平均寿命の8分の1の時間が必要なのです。

  • batch of vintage Champagne.

    ヴィンテージ・シャンパーニュのバッチ。

  • An American president can serve two terms while this wine is just sitting in the darkened

    アメリカの大統領は2期務められるが、このワインはただ暗いところに置いてあるだけだ。

  • cellar of some guy named Pierre.

    ピエールという男の地下室だ。

  • Working in producing Champagne isn't just a job, it's an entire lifestyle.

    シャンパーニュの生産に携わることは、単なる仕事ではなく、ライフスタイルのひとつです。

  • It takes six weeks to make a custom Armani suit, six months to make a Rolls Royce, a

    アルマーニのカスタムスーツを作るには6週間、ロールスロイスを作るには6ヶ月かかります。

  • year to make a Rolex, and ten years to make a bottle of Champagne.

    ロレックスを作るのに1年、シャンパン1本を作るのに10年。

  • Let that sink in, along with everything else you've heard today, and suddenly, that insane

    今日聞いた他の話と合わせて考えてみると、突然、あの非常識な

  • price tag really doesn't seem so crazy.

    このようにして得られた価格は、それほど大きなものではありません。

  • It's not a mystery why everyone from royalty to rappers brags about having a bottle of

    王族からラッパーまで、誰もがボトルを持っていることを自慢するのは不思議なことではありません。

  • Champagne on hand.

    手元にあるシャンパン。

  • So there you have it, the history and creation processes that make real Champagne one of

    以上、リアルシャンパンの歴史と創造プロセスをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

  • the most expensive luxury commodities in the entire world.

    は、世界で最も高価な嗜好品である。

  • To paraphrase critic Yvonne Halling, once you're in the know, you stop wondering why

    評論家のイボンヌ・ハリング氏の言葉を借りれば、一度知ってしまうと、なぜだろうと考えなくなる。

  • real Champagne is so expensive and start wondering why it's so cheap...Well, except for that

    本物のシャンパンはとても高価で、なぜこんなに安いのかと疑問に思うようになりました...まあ、それ以外は

  • $84,700 bottle of Domrignon.

    84,700円のドンペリニヨンのボトル。

  • I think all of us, except for maybe Jeff Bezos, would probably find that one a little steep...

    ジェフ・ベゾスを除くすべての人が、これはちょっと難しいと思うでしょうね...。

  • Now check outMost Expensive Drink in the WorldandWho Decides The Price of Wine?”

    では、"Most Expensive Drink in World "と "Who Decides The Price of Wine? "をご覧ください。

  • for more classy wine that'll destroy your bottom line!

    は、あなたの利益を破壊する、より上品なワインのために!

Congratulations!

おめでとうございます。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 ワイン シャンパン ボトル ブドウ 発酵 フランス

なぜシャンパンは高価なのか (Why is Champagne Actually So Expensive)

  • 2 1
    Summer に公開 2021 年 10 月 07 日
動画の中の単語