Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • October 1996.

    1996年10月

  • Princess Diana, fondly known as theQueen of hearts,” sits down at her writing table

    心の女王 "と呼ばれたダイアナ妃が執筆中のテーブルに座る様子

  • and nervously turns on the lamp.

    と言って、緊張しながらランプをつける。

  • She picks up her ballpoint pen, takes a deep breath, and starts writing.

    ボールペンを手に取り、深呼吸をして書き始める。

  • The words she scribbles in the next few minutes will one day shock the world, for she's

    彼女が数分後に書き込んだ言葉は、いつか世界に衝撃を与えることになるだろう。

  • about to detail her impending death.

    迫り来る死の詳細について

  • 10 months later, what she wrote came true.

    10ヶ月後、彼女が書いたことが現実になりました。

  • We'll come back to the letter soon, but first, for those of you not familiar with

    手紙の話はまた今度にしますが、その前に、ご存じない方のために

  • Princess Diana, here's an abridged version of her short life; just enough information

    プリンセス・ダイアナ、その短い人生の要約版を紹介します。

  • to give you an idea of why this woman thought her own family was plotting to kill her and

    この女性が、なぜ自分の家族が自分を殺そうと企んでいると考えたのか、その理由を考えてみましょう。

  • make it look like an accident.

    事故のように見せかける

  • She was born on July 1, 1961, Diana Frances Spencer.

    1961年7月1日、ダイアナ・フランシス・スペンサーとして生まれました。

  • Her family was no ordinary family.

    彼女の家族は普通の家族ではなかった。

  • They were part of the rarefied upper echelons of Britain's extremely posh elite.

    彼らは、イギリスの超豪華なエリートの中でも、希少価値の高い上層部に属していた。

  • When her pop became an Earl, she became Lady Diana Spencer.

    父が伯爵になると、彼女はダイアナ・スペンサー夫人となりました。

  • She would later be calledThe Princess of HeartsandThe People's Princess

    後に "ハートのプリンセス "や "人民のプリンセス "と呼ばれるようになる。

  • by the fawning media and the dwindling number of people left in the UK who were still proud

    メディアに踊らされ、英国では誇りを持つ人が少なくなってきていました。

  • of their royal family.

    ロイヤルファミリーの

  • She grew up among British nobility, playing with boys who were princes and hanging out

    彼女はイギリスの貴族の中で育ち、王子様のような男の子と遊び、一緒に遊んでいました。

  • with girls at finishing school who all learned to keep a straight back and speak with Queenly

    フィニッシングスクールに通う女の子たちは、背筋を伸ばして女王のように話すことを学んでいました。

  • elocution.

    elocution.

  • Silver spoons abound.

    銀のスプーンはたくさんあります。

  • This was no normal British life.

    これは普通のイギリス人の生活ではない。

  • Diana was about as familiar with the lives of the British working class as she was with

    ダイアナは、イギリスの労働者階級の生活には、ほぼ精通していました。

  • the microorganisms that lived on her $3,000 pillowcase.

    3,000円の枕カバーに生息していた微生物を

  • Still, even with all the obscene luxury and exclusive formalities she lived with, there

    しかし、彼女は卑猥なほどの豪華さと排他的な形式で暮らしていても、そこには

  • was a rebellious streak in her.

    は、彼女の中にある反抗心のようなものでした。

  • One day in 1980, she watched a certain young man play polo.

    1980年のある日、彼女はある青年のポロ競技を見ていた。

  • This was Prince Charles, not a big fan of the much superior sport of darts.

    チャールズ皇太子は、ダーツという優れたスポーツがあまり好きではなかったのだ。

  • Soon after, they went out on the royal yacht together, and it wasn't long until she met

    ほどなくして、王室専用のヨットに一緒に出かけるようになり、それから間もなく、彼女は

  • his parents at the royals' home from home, Balmoral Castle.

    王室の本拠地であるバルモラル城で、ご両親と一緒に過ごしました。

  • Over a year later, around 750 million people watched on TV what was called a “fairytale

    1年以上経った今、約7億5千万人の人々がテレビで「おとぎ話」と呼ばれる作品を見た。

  • wedding”.

    wedding」です。

  • Hundreds of thousands of clamoring Brits hugged the street as the two rode by in a horse-drawn

    二人が馬車に乗って通りを通過すると、何十万人ものイギリス人の熱狂的なファンが通りを埋め尽くしました。

  • carriage.

    キャリッジ。

  • It might have looked like a fairytale, but if you've ever read the originals, they're

    おとぎ話のように見えたかもしれませんが、オリジナルを読んだことがある人なら、それは

  • often rather violent and twisted.

    暴力的でひねくれたものが多い。

  • Notably, during the ceremony, she did not utter the word, “obeyduring the vows.

    特筆すべきは、誓いの言葉の中で、彼女が「obey」という言葉を発しなかったことです。

  • To have and to hold from this day forward, for better for worse, for richer for poorer,

    "この日から先、良くも悪くも、豊かにも貧しくも、持つことと持つこと。

  • in sickness and in health, to love, cherish, till death us do part”, but they'd decided

    病める時も健やかなる時も、愛し、慈しみ、死が二人を分かつまで」と決めていましたが

  • together to omit the obey bit.

    を合わせて、オビの部分を省略しています。

  • So, it was a match made in heaven.

    つまり、天と地ほどの差があったのです。

  • A pretty princess with an adorable smile had met her prince charming, but in a few years,

    笑顔が愛らしいお姫様が、数年後には王子様になっていました。

  • she will describe this heaven ashell.”

    彼女はこの天国を "地獄 "と表現するだろう。

  • We're not going to get into everything.

    すべてを網羅するつもりはありません。

  • We have no bedroom secrets for you, but after love-making, missionary style no doubt, two

    ベッドルームの秘密はありませんが、ラブラブになった後、間違いなくミッション・スタイルで、2人は

  • children were produced.

    の子どもたちが生まれました。

  • William, and the novelty prince for Americans, Harry.

    ウィリアムと、アメリカ人にとっては斬新な王子様であるハリー。

  • The thing was, Diana wanted to do things her own way.

    ダイアナは、自分のやり方で物事を進めたいと思っていました。

  • You see, the Royals have protocols.

    ほら、ロイヤルズにはプロトコルがあるじゃないですか。

  • You don't just bring up your kids the way you want, but she did.

    自分の好きなように子供を育てられるわけではありませんが、彼女はそうしました。

  • They were her kids, after all.

    自分の子供なのだから、仕方がない。

  • Diana couldn't quite grasp that being a royal meant being imprisoned.

    ダイアナは、王族であることが投獄されることだとは理解できなかった。

  • She became a bit of a thorn in the Royal family's side, but to the public, she was an independent

    彼女は王室のちょっとした悩みの種になりましたが、世間では、彼女は独立した

  • woman sticking it to thetoffs”.

    女性が "toffs "に張り付く。

  • Charles then started seeing his ex-lover Camilla Parker Bowles.

    その後、チャールズは元恋人であるカミラ・パーカー・ボウルズとの交際を始めました。

  • It seems, like his blue-blooded younger brother, Andrew, Charlie may have had quite a few affairs

    青い血を引く弟のアンドリューのように、チャーリーもかなりの数の浮気をしていたようです。

  • behind his pretty wife's back.

    可愛い奥さんに隠れて

  • The relationship was falling apart.

    関係は崩壊していた。

  • The media got hold of information that exposed Charles' affair.

    メディアは、チャールズの不倫を暴露する情報を手に入れた。

  • While Diana was being applauded for bringing awareness to such things as HIV, animal rights,

    ダイアナは、HIVや動物愛護などへの関心を高めたことで称賛されていました。

  • homelessness, and drug addiction, the rest of the family were left looking like ridiculously

    ホームレスになったり、薬物中毒になったりして、残りの家族はとんでもないことになっていました。

  • privileged artifacts from a time in the past.

    過去の時代の特権的な工芸品。

  • She was showing them up for what they were: outdated snobs.

    彼女は、彼らが時代遅れの俗物であることを示していた。

  • Then Diana admitted she felt depressed.

    そして、ダイアナは自分が落ち込んでいることを認めました。

  • She said she feltunstable”, and she let it be known she was the black sheep of

    彼女は「不安定」だと言って、自分が黒羊のような存在であることを知らしめました。

  • the royal family.

    ロイヤルファミリー

  • What you have to understand is that royals had never talked like this before.

    理解しなければならないのは、王族がこのような話をすることは今までなかったということです。

  • What happened in the palace stayed in the palace.

    宮殿の中で起こったことは、宮殿の中にとどまる。

  • Royal propaganda demands that the public see the royals as beacons of infallibility.

    王室のプロパガンダは、国民が王室を無謬性の象徴と見なすことを要求する。

  • For millennia, kings and queens around the world have had to look immaculate, almost

    何千年もの間、世界中の王様や女王様は、完璧でなければならず、ほとんど

  • Godly.

    神々しい。

  • They are the embodiment of the divine, so the script goes.

    彼らは神の体現者である、という台本があります。

  • They aren't supposed to hit the bottle, talk about futility, fart in front of the

    彼らは、酒を飲んだり、無駄話をしたり、テレビの前でオナラをしたりしてはいけない。

  • royal dog, or argue about pubic hairs on the soap.

    王家の犬とか、石鹸に生えている陰毛について議論するとか。

  • Diana was keeping things a bit too real.

    ダイアナは少し現実的に物事を考えすぎていました。

  • This was really, really problematic for the rest of the unreal family.

    これは、他のアンリアル・ファミリーにとっては、本当に、本当に困ったことでした。

  • It's one of the reasons why Harry plays being human these days.

    ハリーが最近、人間であることを演じている理由の一つです。

  • Diana's honesty forced an evolution.

    ダイアナの正直な気持ちは、進化を余儀なくされた。

  • She went on TV and talked about Charles and his relentless cheating.

    彼女はテレビに出て、チャールズと彼の執拗な浮気について語った。

  • She talked about how low she felt, admitting that on occasions she purposefully hurt herself.

    彼女は、自分の気持ちがどれほど落ち込んでいるかを語り、わざと自分を傷つけることもあったことを認めました。

  • Enough was enough.

    もういいだろう。

  • The Queen then told the pair they had to divorce.

    そして、女王は2人に離婚するようにと言いました。

  • This loose-lipped woman had to go before the house of cards came tumbling down.

    この口下手な女性は、家が崩壊する前に辞めなければならなかった。

  • Diana, now dropping more bombshells than the American military in Laos, said Charles had

    今やラオスの米軍よりも爆弾を投下しているダイアナは、チャールズが

  • impregnated his personal assistant, Tiggy Legge-Bourke, and she had aborted the baby.

    また、彼の個人秘書であるティギー・レッジ・バークを妊娠させ、彼女はその赤ちゃんを中絶していました。

  • Suffice to say; it wasn't anything close to an amicable breakup.

    言ってしまえば、円満な別れとは言えない。

  • Diana's head would have been on the chopping block and her children imprisoned in a dungeon

    ダイアナの首はまな板の上に置かれ、彼女の子供たちは地下牢に幽閉されていただろう。

  • a few centuries earlier.

    数世紀前のことである。

  • The concern for the family now was, once she's single, what else is she going to say to the

    今、家族が心配しているのは、彼女が独身になったら、他に何を言うのかということです。

  • press.

    を押します。

  • Let's remind ourselves that the royal family very likely harbors many dark secrets.

    王室には多くの秘密があることを忘れてはなりません。

  • Prince Andrew, or Lord Mountbatten, are outstanding examples, but we won't get into that today.

    アンドリュー王子やマウントバッテン卿などがその代表例ですが、今日はその話はしません。

  • That's why when Diana died, many people thought the Queen of hearts had beentake

    だからこそ、ダイアナが亡くなったとき、多くの人は心の女王が「連れ去られた」と思ったのです。

  • care of”... in the mafia sense of the expression.

    世話をする」...マフィア的な意味で。

  • August 31, 1997.

    1997年8月31日のことです。

  • The British look at the TV and see the headline, “Paris Car Accident.

    イギリス人がテレビを見ると、「パリの自動車事故」という見出しが目に飛び込んでくる。

  • Princess Diana Seriously Hurt.”

    ダイアナ妃、深刻な傷を負う"

  • No one knows exactly how it happened because her car crashed inside the Pont de l'Alma

    彼女の車がポン・ド・アルマの中で事故を起こしたため、正確な原因は誰にもわかりません。

  • tunnel in Paris.

    パリのトンネル。

  • Her partner, Dodi Fayed, also died.

    また、彼女のパートナーであるドディ・ファイエドも亡くなりました。

  • He was the scion to a family fortune, made by his billionaire father, Mohamed Al-Fayed.

    彼は、億万長者である父、モハメド・アル・フェイドが築いた一族の財産を受け継いでいました。

  • The driver of the car also died.

    車を運転していた人も亡くなりました。

  • Mohamed Al-Fayed has always said he thinks his son and Diana were murdered in a conspiracy

    モハメド・アルフェイド氏は、自分の息子とダイアナは陰謀によって殺害されたと考えていると常々語っています。

  • cooked up by MI-6 and the royal family.

    MI-6と王室が仕組んだものだ。

  • If you don't know what MI-6 is, think James Bond.

    MI-6を知らない人は、ジェームズ・ボンドを思い浮かべてください。

  • It's part of the British Secret Intelligence Service.

    英国秘密情報局の一部です。

  • So, how did the crash happen?

    では、どのようにして事故が起きたのか。

  • This part is very important, especially when you hear what she wrote in that letter.

    この部分は、特に彼女がその手紙に書いた内容を聞くと、とても重要なことがわかります。

  • At 4.30 pm that day, Diana and Dodi entered a hotel owned by Dodi's father, the Ritz

    その日の午後4時半、ダイアナとドディは、ドディの父親が経営するホテル「リッツ」に入りました。

  • Paris.

    パリ。

  • Sometime later, Dodi bought a couple of expensive rings from a jewel store.

    それからしばらくして、ドディは宝石店で高価な指輪をいくつか購入しました。

  • About 10 pm, the two headed off to a swanky restaurant.

    午後10時頃、2人は洒落たレストランに向かった。

  • You should also know that they were hounded all the time by those cockroaches, also known

    また、彼らは常にゴキブリたちに追い回されていたことも知っておくべきだろう。

  • as the paparazzi.

    パパラッチとして

  • Diana ordered the Dover sole, some vegetable tempura, and a mushroom and asparagus omelet.

    ダイアナは、ドーバーソール、野菜の天ぷら、マッシュルームとアスパラガスのオムレツを注文しました。

  • She could have had no idea that this was to be her last meal.

    これが彼女の最後の食事になるとは思いもしなかっただろう。

  • The two started eating, but then after thinking some of the other diners were looking at them

    2人は食事を始めたが、他の客が2人を見ていると思ったら

  • too much and were actually paparazzi, they took the food to their hotel room.

    と言っていたが、実際にはパパラッチだったので、ホテルの部屋に持ち帰った。

  • Just before 12.30 am, they decided to head off to Dodi's apartment.

    午前12時30分前、二人はドディのアパートに向かうことにした。

  • They got their driver, Henri Paul, and took off in the Mercedes.

    彼らは運転手のアンリ・ポールを捕まえて、メルセデスで出発した。

  • He'd had a couple of hits of booze himself and was on Prozac, although Prozac isn't

    彼は自分でも何度か酒を飲み、プロザックを飲んでいたが、プロザックには

  • really known for making a person high.

    人を高ぶらせることで知られています。

  • Still, he was driving a bit recklessly because he was trying to lose the paparazzi.

    それでも、パパラッチに負けないようにと、少し無茶な運転をしていた。

  • He lost control of the car in the tunnel, hit a pillar, and the two men died instantly.

    トンネル内で車のコントロールを失い、柱にぶつかり、2人は即死してしまった。

  • The Queen of hearts spilled a lot of blood, and while she was cut out of the wreckage,

    ハートの女王は大量の血を流し、残骸から切り出されながらも

  • she died soon after in hospital.

    彼女は病院ですぐに亡くなりました。

  • The medical report would say, “Diana's body arrived in a condition of serious hemorrhage

    診断書には「ダイアナの遺体は深刻な出血状態で到着した」と書かれているはずです。

  • and shock.

    とショックを受けています。

  • An urgent surgery showed a severe wound to the left pulmonary vein.

    緊急手術の結果、左肺静脈に重傷を負っていました。

  • Despite the closure of this wound and the two-hour external and internal cardiac massage,

    この傷口を閉じて、2時間の外気と内気の心臓マッサージをしたにもかかわらず。

  • no official respiratory circulation could be established.”

    公式の呼吸循環は確立できなかった」。

  • There was another guy in the car, though.

    車にはもう一人、男が乗っていたけどね。

  • His name was Trevor Rees-Jones, and he was the couple's bodyguard.

    彼の名前はトレバー・リーズ・ジョーンズで、夫妻のボディガードだった。

  • His face was pretty much flattened in the accident, and many of his bones broke.

    この事故で、彼の顔はかなり平らになり、多くの骨が折れました。

  • Like Humpty-Dumpty, he was put back together again, but it took many surgeries.

    Humpty-Dumptyのように、彼は元の状態に戻されたが、何度も手術を受けた。

  • He later said he didn't believe there was any conspiracy to kill Diana, although Dodi's

    彼は後に、ダイアナを殺すための陰謀があったとは思わないと語っていますが、ドディの

  • father didn't believe him.

    父は彼を信じなかった。

  • After all, the bodyguard has served in the British military before.

    何しろ、ボディガードはイギリス軍に所属したことがあるのだ。

  • The father believed this guy was in the employ of the secret service.

    父親はこの男がシークレットサービスに雇われていると信じていた。

  • It was a dark day in Britain, even for a country that suffers interminably horrible weather.

    この日は、延々とひどい天候に悩まされているイギリスにとっても、暗い一日でした。

  • The country mourned.

    国は悲しみに暮れた。

  • The paparazzi was despised.

    パパラッチは軽蔑されていた。

  • And then things began to calm down, and the British again got used to being just mildly

    その後、事態は落ち着きを取り戻し、イギリス人は再び穏やかな生活に慣れていきました。

  • depressed all year round.

    は1年中落ち込んでいます。

  • But then the media started bringing the tragic event up again.

    しかし、その後、メディアはこの悲惨な出来事を再び取り上げ始めた。

  • It turned out that some news media was originally told that Diana had just been a bit bashed

    一部の報道機関では、当初、ダイアナはちょっと殴られただけだと言われていたことが判明しました。

  • up after the crash but was in no way in mortal danger.

    墜落した後に起き上がりましたが、死の危険は全くありませんでした。

  • In fact, a Sky News anchor later said, “I got a call saying Dodi was dead, Diana was

    実際、スカイニュースのキャスターは後に、「ドディが死んだという電話を受け、ダイアナが

  • fine, but they thought she'd probably broken her leg.”

    しかし、彼らは彼女が足を折ったのではないかと考えた。

  • The cops had to investigate this.

    警察はこれを調査しなければならなかった。

  • Remember, what happened in that tunnel stayed in that tunnel.

    あのトンネルの中で起きたことは、あのトンネルの中だけのことだ。

  • No one has ever seen how Diana died.

    ダイアナの死因は誰も見たことがない。

  • Even the bodyguard doesn't really know what happened since after the accident he looked

    ボディーガードも何が起こったのかよくわからない。

  • like he'd been sucker-punched by a Transformer.

    トランスフォーマーに殴られたような衝撃を受けた。

  • Dodi's father said Diana was pregnant with his son's baby.

    ドディの父親は、ダイアナが息子の子を妊娠していると言っていました。

  • He also said the British royalscould not accept that an Egyptian Muslim could eventually

    また、英国王室は「エジプト人のイスラム教徒が最終的には......」と受け入れられなかったという。

  • be the stepfather of the future King of England.”

    未来の英国王の継父になる」。

  • Was she pregnant?

    妊娠していましたか?

  • Medical tests didn't point to that, but if she was that badly bashed up, word on the

    医学的な検査ではそのようなことはなかったが、もし彼女がそれほどひどい傷を負っていたら、その情報は

  • street is tests wouldn't have been able to detect latent pregnancy.

    の通り、テストでは潜在的な妊娠を検出することはできませんでした。

  • Her body was also embalmed very quickly, which was kind of strange.

    また、彼女の体は非常に早く防腐処理されていて、ちょっと不思議な感じがしました。

  • The hospital said it was hot, and that's why they did it.

    病院では「暑いから」と言ってやっていました。

  • Did Diana even think that the royals were so demented in their ways that they'd be

    ダイアナは、王室が自分たちのやり方では頭が悪いとでも思っていたのだろうか

  • capable of taking out their perceived enemies Game of Throne's style?

    ゲーム・オブ・スローンのように、敵を倒すことができるのか?

  • The answer is yes, she did.

    答えはイエス、彼女はやった。

  • After one of her former bodyguards died in a motorcycle accident, she admitted to having

    かつてのボディガードの一人がバイク事故で亡くなった後、彼女は、自分が

  • loved the man.

    は、その人を愛していました。

  • She also said, “It was all found out and he was chucked out of royal protection.

    また、「すべてがバレて、王室の保護下から追い出された。

  • Then he was killed.

    そして、彼は殺された。

  • I think he was bumped off.”

    ぶつけられたのだと思います。"

  • British Intelligence, like the CIA, can bump people off, start wars, do all kinds of dark

    イギリスの諜報機関はCIAのように、人を殺したり、戦争を起こしたり、あらゆる種類の暗躍をすることができます。

  • things at their secret black sites.

    彼らの秘密のブラックサイトにあるもの。

  • A murder meant to look like an accident could well be in the learning purview of MI-6.

    事故に見せかけた殺人は、MI-6の学習範囲である可能性が高い。

  • After all, its members have a license to kill.

    結局のところ、そのメンバーは殺人のライセンスを持っている。

  • Nonetheless, MI-6 has said in the past that it isn't involved in assassinations, although

    とはいえ、MI-6は過去に「暗殺には関与していない」と言っている。

  • according to an article in the BBC, operatives have been trained to kill people from time

    BBCの記事によると、工作員は昔から人を殺すための訓練を受けていたそうです。

  • to time.

    に時間をかけています。

  • This is from a memo relating to something called Operation Anthropoid: “The two agents

    これは「アントロポイド作戦」と呼ばれるものに関するメモからの引用です。"2人のエージェントは

  • concerned have been trained in all methods of assassination known to us.

    の関係者は、我々が知っているあらゆる暗殺方法の訓練を受けている。

  • They intend to carry out this operation whether or not there is any opportunity of subsequent

    その後の機会があろうとなかろうと、この作戦を実行するつもりだ。

  • escape.”

    脱出」。

  • If the enemy is great enough, there's no doubt secret service guys might consider making

    敵の規模が大きければ、シークレット・サービスの人たちは、間違いなく、自分たちが作ったものだと考えるでしょう。

  • use of the license to kill.

    殺すためのライセンスの使用

  • But taking out the Queen of hearts, that seems outrageous.

    しかし、ハートのクィーンを外すなんて、とんでもないことです。

  • MI-6 shapes the minds of the public.

    MI-6は大衆の心を形成する。

  • It goes after dictators and terrorists.

    独裁者やテロリストを追いかけます。

  • It even gets down with a bit of torture.

    ちょっとした拷問にも負けない。

  • But killing a princess?

    しかし、お姫様を殺すのは

  • This sounds like something cooked up on Reddit by a poster whoseEducationpart of

    これは、Redditで「Education」の部分が「教育」になっている投稿者が作ったもののようです。

  • his resume consists of the words, “Reddit, 4Chan.”

    彼の履歴書には "Reddit, 4Chan "と書かれています。

  • Still, this theory doesn't seem so outlandish when you hear that former MI-6 officer Richard

    しかし、元MI-6局員のRichardの話を聞くと、この説はそれほど突飛なものではないようだ。

  • Tomlinson believes Diana was taken out by the guys he used to work for.

    トムリンソンは、ダイアナがかつて自分が働いていた仲間に連れ去られたと考えている。

  • He said that British Intelligence was planning to use strobe lights to blind the driver and

    彼は、英国諜報機関がストロボライトでドライバーの目をくらませることを計画していて

  • cause the crash.

    クラッシュの原因となる。

  • He said this kind of thing had been taught in training.

    このようなことは訓練でも教えられていたという。

  • He became part of an investigation, and that investigation said it could find no evidence

    彼は調査の対象となり、その調査では証拠が見つからないと言われました。

  • that what Tomlinson said was true.

    トムリンソンが言ったことは本当だった。

  • But then there was the former butler of Diana, Paul Burrell.

    しかし、そこにはダイアナ妃の元執事であるポール・バレルがいた。

  • It's this guy that she wrote to about her impending death at the hands of the family

    それは、彼女が家族の手で死を目前にしていることを手紙で伝えたこの男だ。

  • that had more or less disowned her.

    そのためには、自分の身を削るような思いをしなければならない。

  • The letter starts: “I am sitting here at my desk today in October,

    手紙の内容はこうだ。"10月の今日、私はここで机に向かっています。

  • longing for someone to hug me and encourage me to keep strong and hold my head high.”

    誰かが私を抱きしめてくれて、強く生きていこう、頭を高く上げていこうと励ましてくれることを切望していました。

  • It also said this, the bit that has caused somewhat of a hurricane.

    また、このようなことも書かれていて、ちょっとしたハリケーンを引き起こしています。

  • This particular phase in my life is the most dangerous.

    「私の人生の中で、この局面が最も危険なのです。

  • My husband is planning 'an accident' in my car, brake failure or some serious head injury

    夫は私の車で「事故」を計画している。ブレーキの故障か、頭に大怪我をするか

  • in order to make the path clear for him to marry.

    彼が結婚するための道を切り開くために。

  • Camilla is nothing more than a decoy, so we are being used by the man in every sense of

    カミラはおとりでしかないので、あらゆる意味で男に利用されています。

  • the word.”

    という言葉があります。

  • Remember, Tiggy was the assistant to Charles, whom Diana believed had aborted a child.

    ティギーは、ダイアナが子供を中絶したと信じていたチャールズのアシスタントだったことを思い出してください。

  • Often you have to take what you read in the British tabloid media with a pinch of salt,

    イギリスのタブロイド紙に書かれていることを鵜呑みにしてしまうことがよくあります。

  • but from what we can see, that letter was genuine.

    しかし、私たちが見る限り、その手紙は本物だった。

  • More serious journalists have said as much.

    もっと真面目なジャーナリストもそう言っている。

  • However, Burrell held it back for years and didn't produce it during the inquiry to

    しかし、バレルはそれを何年も我慢して、問い合わせの際には出さなかった。

  • Diana's death.

    ダイアナの死。

  • Here's how she finished the letter: “I have been battered, bruised, and abused

    彼女が手紙の最後に書いたのはこうだ。"私は打ちのめされ、傷つき、虐待されてきました。

  • mentally by a system for 15 years now, but I feel no resentment ... I am strong inside

    もう15年もシステムに振り回されていますが、恨みはありません・・・。私は心が強い

  • and maybe that is a problem for my enemies.

    と、もしかしたら、それは私の敵の問題かもしれません。

  • Thank you Charles for putting me through such hell and for giving me the opportunity to

    チャールズさん、私にこんな地獄を見せてくれて、そして、私に

  • learn from the cruel things you have done to me.”

    あなたが私にした残酷なことから学んでください」。

  • It didn't come as a shock that Dodi's father was somewhat upset that this letter

    ドディの父親が、この手紙を見て多少動揺したのは、ショックではありませんでした。

  • had been hidden for so many years.

    は、長年にわたって隠されていました。

  • Diana wrote exactly what he said had happened.

    ダイアナは、彼が言った通りのことを書いた。

  • Remember this man was a billionaire, too.

    この人も億万長者だったことを思い出してください。

  • He likely had some clout himself when it came to investigating the matter.

    彼は、この問題を調査するために、自分自身の力を持っていたのだろう。

  • He wrote his own statement soon after he saw the letter.

    手紙を見てすぐに自分の文を書いた。

  • It went: “I am disappointed that it has taken Burrell

    それは行った。"私は、バレルがかかってしまったことに失望しています。