Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Ten thousand inmates on any given day.

    1日に1万人の受刑者がいる。

  • Ten thousand people in a place they certainly do not want to be.

    1万人の人々が、望んでもいない場所にいる。

  • Inmate on inmate violence is common.

    収容者同士の暴力はよくあることです。

  • Assaults on officers are frequent.

    警官への暴行も頻発している。

  • Officers, we should say, with a terrible history of brutality.

    警官と言っても、ひどい残虐行為の歴史を持つものだ。

  • Close it down!”

    "閉鎖しろ!"

  • people have screamed for years about this prison, “It's an offense to humanity!”

    人々はこの刑務所について、「人類への冒涜だ!」と何年も叫んできました。

  • But it somehow manages to stay open, and now violence is at an all-time high.

    しかし、どうにか営業を続けていたが、今では暴力が最高潮に達している。

  • Welcome to Rikers Island.

    ライカーズアイランドへようこそ。

  • It's true that for a few years now activists and lawyers have been calling for the place

    確かに、数年前から活動家や弁護士たちは、このような状況を打開するために、日本での活動を呼びかけてきました。

  • to be closed.

    を閉じることができました。

  • Rikers Island has a reputation as being one of the worst places to be locked up in the

    ライカーズ島は、最悪の監禁場所のひとつとして知られています。

  • USA.

    USAです。

  • It has been called a “broken system”, a penitentiary befitting one of Dante's

    それは「壊れたシステム」と呼ばれ、ダンテの作品の一つにふさわしい刑務所である。

  • circles of hell.

    地獄のサークル。

  • It's also the second-largest jail system in the US, after the Los Angeles County jail

    また、ロサンゼルス郡の刑務所に次いで、アメリカで2番目に大きな刑務所システムです。

  • system.

    システムを使用しています。

  • Let's now look at some practical facts, and then we'll come back to the mayhem.

    ここでは、いくつかの現実的な事実を見て、その後、メイヘムに戻りましょう。

  • Around 85% of the inmates that are locked up from day to day haven't been sentenced.

    日頃から監禁されている受刑者の約85%は判決を受けていません。

  • The rest of the folks are serving short sentences.

    残りの人たちは短い刑期で済んでいます。

  • This doesn't, however, mean it's any less dangerous than a prison where people are serving

    しかし、だからといって、服役中の人がいる刑務所よりも危険度が低いというわけではありません。

  • long sentences for extremely violent crimes.

    極めて暴力的な犯罪に対しては、長期の判決が下されます。

  • Ask people who've been through the jail system in the US, and many will tell you that

    アメリカの刑務所を経験した人に聞くと、多くの人が次のように答えます。

  • prison was better than what came before it.

    は、その前にあったものよりも良かった。

  • Sure, in prisons, you have dangerous alliances in gangs.

    確かに刑務所の中では、ギャングという危険な仲間がいます。

  • You have riots and murder, and you have organized crime, but the sheer disarray of jail and

    暴動や殺人もあれば、組織的な犯罪もありますが、刑務所のあまりの乱れようと

  • the mental bedlam of prisoners not knowing what's going to happen to them can create

    何が起こるかわからない囚人たちの精神的な混乱がもたらすものは

  • a very negative environment.

    は、非常にネガティブな環境です。

  • As one former inmate of the California jail system put it, “People are going to court

    カリフォルニア州の刑務所に収容されていた元囚人は、「人々は裁判所に行くようになった」と言っていました。

  • and fighting their cases, they are angry, not knowing their futures.

    彼らは、自分の将来を知らずに怒っています。

  • People are very on edge due to everything that's happening so fast, and they are prone

    人々は急速に起こっているすべてのことに非常に神経質になっており、その傾向があります。

  • to being more violent for lesser offenses of perceived disrespect.”

    軽い侮辱を受けただけで、より暴力的になる」。

  • Rikers island stands as testimony to that.

    ライカーズ島はその証である。

  • It routinely makes the top ten of the very worst places to be locked up in America, jail

    アメリカで監禁される最悪の場所のトップ10には常に入っています。

  • or prison.

    や刑務所に入ることになります。

  • So, in 2015, New York City agreed to a settlement in which it promised to make things right.

    そこで、2015年にニューヨーク市は、事態を改善することを約束する和解案に合意しました。

  • Thousands of surveillance cameras were installed.

    数千台の監視カメラが設置された。

  • The city said it would clamp down on guard-inmate abuse.

    市は、警備員と受刑者の虐待を取り締まると言っています。

  • But did things get better?

    しかし、状況は良くなったのでしょうか?

  • The answer is a resounding NO.

    答えは「NO」です。

  • You have to ask, why is Rikers island so resistant to change?

    なぜライカーズ島はこれほどまでに変化に強いのか、と問いかけなければならない。

  • Why is it perennially the human equivalent of a wasp's nest whose inhabitants have

    なぜかというと、人間はいつまでたっても、スズメバチの巣に住んでいるようなものだからです。

  • just been upset by a clumsy gardener?

    不器用な庭師に怒られただけ?

  • As the office of the United States attorney said in 2015, Rikers Island has been home

    米国弁護士事務所が2015年に述べたように、ライカーズ島はホーム

  • to a “decades-long culture of violence.”

    何十年にもわたる暴力の文化」に

  • Surely something could have been done to fix things.

    きっと何か解決策があったのでしょう。

  • The island itself was once owned by Mr. Abraham Rycken, a Dutch settler who stated a claim

    この島は、かつてオランダ人入植者のアブラハム・リッケン氏が所有していたもので、彼は次のように主張している。

  • to it in 1664.

    1664年にこの地に

  • The Ryckens became the Ricker family, and those dudes sold the island to the city of

    リッケン家がリッカー家になり、その人たちが島を市に売った。

  • New York in 1884.

    1884年、ニューヨーク。

  • It wasn't until 1925 that the island became home to a jail.

    この島に刑務所ができたのは1925年のことである。

  • Around that time, the place was home to tons of garbage put there by the city.

    その頃、この場所には、市が出した大量のゴミが置かれていた。

  • That attracted rats, so many that no amount ofpoison gas, poison bait, ferocious dogs

    毒ガス、毒餌、凶暴な犬、どれだけやってもダメなくらいネズミが集まってきました。

  • and pigscould get rid of them.

    と豚 "は、それらを取り除くことができました。

  • So, there you go.

    だから、そうなんです。

  • A rat-infested hellhole was what greeted those first prisoners.

    最初の囚人たちを迎えたのは、ネズミだらけの地獄のような場所だった。

  • The place soon got a reputation, a distinction of depressing deplorability it would never

    この場所はすぐに評判になりましたが、それは決して憂鬱な悲惨さではありませんでした。

  • really shake off.

    本当に振り切っています。

  • Today we're not going to focus too much on those bygone days, but what has happened

    今日はその昔のことにはあまり触れずに、何が起こったのか?

  • there in the last decade or so.

    ここ10年ほどの間に、そのようになった。

  • It's only quite recently that people have been calling Rikers Island such things as

    ライカーズアイランドを「ライカーズ」と呼ぶようになったのは、ごく最近のことです。

  • “a symbol of brutality and inhumanity.”

    "残忍さと非人間性の象徴"

  • Those are some stern words, but former inmates wouldn't disagree.

    厳しい言葉だが、元受刑者たちはそうは思わないだろう。

  • Many of them that have had cause to complain were just teenage inmates, too.

    苦情の原因となった彼らの多くは、まだ10代の受刑者だったのだ。

  • Take for instance a guy named Vidal Guzman.

    例えば、ヴィダル・グスマンという男がいる。

  • He went there when he was just 16 years old.

    16歳になったばかりの頃に行ったそうです。

  • As he sat on the bus going across the bridge to the island, a guard looked at him and said,

    橋を渡って島に向かうバスに座っていると、警備員が彼を見て言った。

  • Welcome to gladiator school.”

    "グラディエーター・スクールへようこそ"

  • For those not too familiar with prison talk, the term gladiator school is often used to

    あまり刑務所の話に詳しくない方のために、グラディエーター・スクールという言葉は、よく

  • describe young offenders' institutions in the US and in the UK.

    アメリカとイギリスの若い犯罪者の施設について説明しています。

  • Guzman offered these haunting words when he talked to the BBC about his time there.

    グスマンは、BBCの取材に対し、心に響く言葉を発した。

  • He said, “Rikers doesn't leave you.”

    彼は、"ライカーズはあなたから離れない "と言いました。

  • In the same article, a guy named Johnny Perez was interviewed.

    同じ記事の中で、ジョニー・ペレスという人物がインタビューを受けている。

  • He also went to Rikers at the age of 16, but as a repeat offender, in the years that followed,

    彼は16歳でライカーズにも行きましたが、再犯者として、その後の数年間は、ライカーズにいました。

  • he spent time in nine different prisons in the state of New York.

    彼は、ニューヨーク州の9つの異なる刑務所に滞在しました。

  • He said Rikers was the worst place of all.

    ライカーズは最悪の場所だと言っていた。

  • He explained why, saying things that sound almost unbelievable.

    信じられないようなことを言いながら、その理由を説明した。

  • In Rikers, the officers give you a knife,” he said.

    "ライカーズでは、警官がナイフを渡してくれるんだよ。

  • They'll sell you a razor.

    "カミソリ "を売ってくれる。

  • I've bought drugs from correction officers who've turned around and told me they're going

    矯正官から麻薬を買ったこともありますが、振り返って「これから行く」と言ったこともありました。

  • to put me in solitary if my mother doesn't meet them in a parking lot to pay them.”

    母が駐車場で会ってお金を払わなければ、私を独房に入れる」と言っています。

  • He also said he spent time in solitary confinement, which has been shown to have a much more profound

    また、独房で過ごしたとのことですが、独房の方がはるかに深みがあると言われています。

  • effect on a young person's psyche.

    若者の精神に影響を与える。

  • One of the reasons is that a young person's brain is still developing.

    その理由の一つは、若い人の脳がまだ発達していないからです。

  • The frontal lobe isn't done developing until around the age of 25, and that's the so-called

    前頭葉の発達が終わるのは25歳頃で、いわゆる

  • executive suite”, responsible for controlling impulses and thinking about the consequences

    衝動をコントロールし、結果を考える役割を担う「エグゼクティブ・スイート」。

  • of actions.

    アクションの

  • The experience of isolation is especially frightening, traumatizing, and stressful for

    「隔離された状態での体験は、特に恐ろしいものであり、トラウマとなり、ストレスとなります。

  • juveniles,” a psychologist said about solitary for teens.

    とある心理学者が10代の若者の独房について語っていました。

  • These traumatic experiences can interfere with and damage these essential developmental

    「このようなトラウマ的な経験は、これらの本質的な発達を妨げ、ダメージを与えます。

  • processes, and the damage may be irreparable.”

    のプロセスに影響を与え、そのダメージは回復不可能なものとなる可能性があります。

  • In short, a lot of young men were getting thrown into that wasp's nest, and they weren't

    要するに、多くの若者がそのスズメバチの巣に放り込まれていたのだが、彼らはそうではなかった。

  • exactly receiving much care and attention from the authorities.

    このようにして作られた製品は、当局から多くの配慮がなされています。

  • In fact, many of them were getting the exact opposite.

    実際には、多くの人が正反対の結果を得ていました。

  • At the same time, many of the youngsters in such a place lacked parental guidance, if

    同時に、そのような場所にいる若者の多くは、親の指導を受けていない、とすれば

  • they had any guidance at all.

    そのためには、何かしらの指導を受けなければなりません。

  • For many, trauma was piled on trauma.

    多くの人が、トラウマにトラウマを重ねていました。

  • And then they were locked in solitary.

    そして、独房に閉じ込められてしまった。

  • That's tantamount to playing catch with a hand grenade or opening a new Walmart right

    それは、手榴弾でキャッチボールをすることや、新しいウォルマートをオープンすることに等しい。

  • next to a minefield.

    地雷原の隣にある。

  • The authorities must have known that by treating young kids with cruel and unusual punishment,

    幼い子供に残酷な仕打ちをすることで、当局はそれを知っていたのでしょう。

  • one day, someone would call the prison brutal and inhumane.

    いつの日か、誰かがこの刑務所を残忍で非人道的だと言うだろう。

  • In 2018, New York mayor Bill de Blasio tweeted, “No one under 18 will go to Rikers Island,”

    2018年、ニューヨーク市長のビル・デ・ブラシオ氏は、"18歳以下はライカーズ島に行かない "とツイートしました。

  • but it still didn't stop the violence.

    しかし、それでも暴力を止めることはできませんでした。

  • Another former inmate explained just what the atmosphere is like in there.

    また、別の元受刑者が、その雰囲気を説明してくれました。

  • He said once you are in, you have to learn quickly how to survive.

    侵入したら、生き延びる方法を素早く学ばなければならないと。

  • He said, “It's a place where you have to choose: predator or prey.”

    彼は、"捕食者か獲物かを選ばなければならない場所だ "と言いました。

  • The common refrain, one we imagine some of you are now thinking, isdo the crime,

    皆さんの中には、「犯罪を犯せ」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

  • do the time.”

    をする」。

  • That's all well and good, but you have to ask if it's better for society on the whole

    それはいいことだが、それが社会全体のためになるかどうかを問わなければならない。

  • for prisoners to come out worse, not better.

    囚人たちは良くなるどころか、悪くなってしまいます。

  • It's too easy to say, if I was in jail or prison, I wouldn't get caught up in any

    牢屋や刑務所に入っていたら、どんなことにも巻き込まれない、というのはあまりにも簡単です。

  • of that nonsense.

    と言っていましたが、そんなことはありません。

  • But what if someone put you to the test?

    でも、もし誰かに試されたら?

  • What if you had to choose between predator and prey?

    もしも、プレデターとプリュイのどちらかを選ばなければならないとしたら?

  • Institutions should be there to ensure no one has to make that grim choice, but as you'll

    誰もがそのような厳しい選択をしなくて済むように、制度は存在すべきですが、あなたが言うように

  • now see, it seems the officers at Rikers Island have historically not been noted for their

    ライカーズ島の警察官は、歴史的に見ても、その能力には定評がないようですね。

  • compassion and progressive thinking.

    思いやりと進歩的な考えを持っています。

  • Take for instance the man named Lloyd Nicholson.

    例えば、ロイド・ニコルソンという人。

  • He was an officer back in the 2000s who got a name for himself for introducing something

    彼は2000年代に、何かを紹介して名を馳せた役員です。

  • calledThe Programto Rikers Island.

    ライカーズ島に「ザ・プログラム」と呼ばれる

  • It was later described as a kind offight clubfor prisoners.

    これは後に、囚人たちの「ファイトクラブ」のようなものだと言われた。

  • Nicholson and other officers actively encouraged young prisoners to fight each other.

    ニコルソンをはじめとする将校たちは、若い囚人たちを積極的に戦わせた。

  • The New York Times wrote about this in 2009, saying, “The pattern of cases suggests that

    ニューヨーク・タイムズ紙は、2009年にこのことを記事にし、「ケースのパターンは、次のことを示唆している」と述べています。

  • city correction officials have been aware of a problem in which Rikers guards have acquiesced

    ライカーズの警備員がそれを黙認しているという問題を、市の矯正担当者が認識していた。

  • or encouraged violence among inmates.”

    または被収容者間の暴力を助長していた。

  • This led to lawsuits filed against the city, and not one of them ever went to trial.

    その結果、市を相手にした訴訟が起こされましたが、裁判になったものは一つもありませんでした。

  • According to the Times, fight club resulted in some inmates being severely beaten, with

    タイムズ紙によると、ファイトクラブでは、一部の受刑者が激しく殴られ、その結果

  • at least one young man being killed.

    少なくとも一人の若者が殺された。

  • It's reminiscent of a 2005 case in the UK, where guards purposefully put a racist, extremely

    これは、2005年にイギリスで起きた事件を彷彿とさせるもので、警備員が意図的に人種差別的な、極めて

  • violent inmate, in the same cell as a meek, 19-year old non-violent offender of Asian

    暴力的な受刑者と、アジア系のおとなしい19歳の非暴力犯罪者が同じ房にいる。

  • ethnicity.

    ethnicity.

  • The guards then made bets in a game they calledGladiator”, in which they had to guess

    そして、彼らは「グラディエーター」と呼ばれるゲームで賭けをしました。

  • what would happen.

    となってしまいます。

  • The outcome was the young man being beaten to death in the cell, one day before he was

    結果は、その青年が独房で殴り殺されるというもので、その前日には

  • due to be released.

    が発売される予定です。

  • In Rikers, the guards picked out tough inmates who they then gave positions of authority.

    ライカーズでは、警備員が手強い受刑者を選んで、その人たちに権限を与えていました。

  • According to reports on the matter, they could bemanagers, foot soldiers, and enforcers”.

    この問題に関する報道によると、彼らは「マネージャー、フットソルジャー、エンフォーサー」になる可能性があります。

  • The guards also trained those inmates how to best assault someone or at least restrain

    看守はその受刑者たちに、人を襲う方法や少なくとも拘束する方法を教えていた。

  • them.

    と言っています。

  • They would sometimes tell those inmates where and when an attack would take place.

    彼らは、攻撃が行われる場所と時間をその受刑者に伝えることもあった。

  • So, it is surprising that Rikers became what it was when guidance from adults was so perverse?

    では、大人からの指導が変態的だったライカーズがあのようになったのは、意外なことなのでしょうか。

  • On top of the violence, some officers were involved in an extortion ring with the prisoners.

    暴力に加えて、一部の警官は囚人と一緒に強請り合いをしていた。

  • After that, the city said it would take steps to ensure nothing like it ever happens again.

    その後、市はこのようなことが二度と起こらないように対策を講じるとしています。

  • But when officers have not been hiring inmates to extort and beat on other inmates, they

    しかし、役員が受刑者を雇って他の受刑者を恐喝したり殴ったりしていないときは

  • have been known to act violently themselves.

    は、自らも暴力的な行動をとることがあります。

  • This is what a US Attorney commented, “It is a place where brute force is the first

    これは米国の弁護士がコメントしたもので、「ここは、ブルートフォースが第一の

  • impulse rather than the last resort, a place where verbal insults are repaid with physical

    最後の手段ではなく衝動的に、言葉の暴力には肉体的な暴力をもって報いる場所です。

  • injuries, where beatings are routine, while accountability is rare.”

    殴られるのは日常茶飯事で、説明責任を果たすことは稀である」。

  • A report stated that inmates were regularly seeing guards beat up young inmates, but in

    報告書によると、受刑者は定期的に看守が若い受刑者を殴っているのを見ているとのことですが、実際には

  • fear of what would happen to them, they hardly ever spoke up about it.

    自分の身に何が起こるかわからないので、ほとんど口にすることはありませんでした。

  • Officers hardly ever lost their jobs or faced criminal action.

    警官が職を失ったり、刑事事件に巻き込まれることはほとんどなかった。

  • The New York Times wrote about one officer who had been written up 76 times for excessive

    ニューヨーク・タイムズ紙は、76回も過度の違反を指摘されたある役員について書いています。

  • use of force, although he faced disciplinary action only once.

    懲戒処分を受けたのは一度だけだったが、武力行使をした。

  • A report stated, “The most egregious inmate beatings frequently occur in locations without

    報告書には、「最もひどい受刑者の殴打は、無関係な場所で起こることが多い」と書かれています。

  • video surveillance.”

    ビデオ監視」。

  • Just to give you an idea of what can happen, here's what one investigation discovered.

    ある調査では、このようなことが起こっています。

  • In 2012, two officers beat on one young inmate.

    2012年には、2人の警官が1人の若い収監者を殴りました。

  • This was the outcome: “The officers punched the inmate multiple

    これが結果だった。"警官は収容者を何度も殴った

  • times and kicked him in the head, resulting in serious injuries including a two-centimeter

    回、頭を蹴って、2センチの重傷を負いました。

  • laceration to his chin that required sutures, a lost tooth, and cracking and chipping to

    縫合が必要なあごの裂傷、歯の喪失、割れたり欠けたりしたことで

  • the inmate's other teeth.”

    囚人の他の歯」。

  • We are sure you know that in a corrections officer's handbook, nowhere does it state,

    矯正官のハンドブックには、どこにも書いていないことをご存知だと思います。

  • Once an inmate is restrained, proceed to kick his teeth out.”

    「拘束されている者の歯を 蹴り上げろ

  • How are inmates supposed to react when this happens.

    このような場合、受刑者はどのように対応すればよいのでしょうか。

  • Violence begets violence, and that's why Rikers is violent.

    暴力が暴力を生む、だからライカーズは暴力的なのだ。

  • It was stated that within the prison, both officers and inmates use a term called, “Hold

    刑務所内では、職員も受刑者も「ホールド」という言葉を使っているという。

  • it down.”

    it down"

  • It means take the beating you are given and keep your mouth shut.

    それは、与えられた打撃を受けて、口をつぐむということです。

  • This is from that same report: “An inmate reported that he was punched

    これはその同じレポートからの引用です。"ある受刑者が殴られたと報告した。

  • and stomped on by several officers in a school corridor after verbally insulting one of them

    学校の廊下で数人の警官に侮辱的な言葉を浴びせられ、踏みつけられた。

  • during an argument.

    議論の最中に

  • He asked to go to the medical clinic, but the officers refused to take him there, giving

    彼は診療所に行きたいと言ったが、警官は彼を診療所に連れて行くことを拒否した。

  • him tissues to clean himself up and telling him to 'hold it down.'”

    組織で体をきれいにして、『抑えろ』と言っていた」。

  • The list of beatings handed out by officers is a long one.

    警察官による殴打事件のリストは長い。

  • We read about how inmates that had already been handcuffed and were laying on the ground

    すでに手錠をかけられ、地面に寝かされていた受刑者の話を読んで

  • were pounded by batons and kicks to the head.

    は、警棒で叩かれたり、頭を蹴られたりしました。

  • Beatings of handcuffed inmates were common.

    手錠をかけられた受刑者が殴られることもよくあった。

  • We're not saying these things happen in a vacuum.

    このようなことが一人で起こるとは言っていません。

  • Being a prison officer among young offenders with violent tendencies has to be one of the

    暴力的な傾向のある若い犯罪者の中で刑務官を務めることは、次のようなことが考えられます。

  • most stressful jobs in the world.

    世界で最もストレスの多い仕事です。

  • But when a news article states that after a beatingin handcuffs – “Two of the

    しかし、ニュース記事によると、手錠をかけられて殴られた後、「2人は

  • inmates reported that they had lost consciousness or blacked out during the incident,” you

    囚人たちは、事件の最中に意識を失ったり、気を失ったりしたと報告していました。

  • have to ask if something hasn't gone wrong in the orb of what we call rehabilitation.

    リハビリテーションと呼ばれるものの中で、何かが間違っているのではないかと問われています。

  • Then you have the more well-known cases on top of the daily chaos in this jail.

    そして、この刑務所での日々の混乱の上に、より有名な事件がある。

  • You all know what happened to the 16-year old named Kalief Browder.

    カリーフ・ブロウダーという16歳の少年に何が起こったか、皆さんはご存知でしょう。

  • He went into Rikers and spent much of his three years in solitary confinement without

    彼はライカーズに入り、3年間のほとんどを独房で過ごしました。

  • his case going to trial.

    彼の事件は裁判になった。

  • It's believed that what happened to him at Rikers paved the way for the tragic story

    ライカーズでの出来事が、あの悲劇的な物語の道を開いたと考えられています。

  • that was the rest of his life.

    それが彼の残りの人生だった。

  • Then there was the case of Jose Bautista, reported in 2014.

    そして、2014年に報道されたホセ・バウティスタ選手のケースです。

  • He was only in for a misdemeanor after a family argument got out of control, but after not

    家族の喧嘩で手に負えなくなって軽犯罪を犯しただけだったが、その後は

  • being able to pay the $250 bail, he found himself on that hellish island.

    保釈金250ドルを支払うことができなかったため、彼は地獄のような島にいることになった。

  • This is how quickly a poor person's life can spin out of control.

    このように、貧乏人の人生はあっという間に狂ってしまうのだ。

  • One day officers went to his cell after hearing he'd been threatening to hurt himself.

    ある日、彼が自殺すると脅していると聞いて、警官が彼の部屋に行った。

  • Four officers arrived, handcuffed him, and then started pummeling him.

    4人の警官が到着し、彼に手錠をかけた後、殴り始めた。

  • He had to have emergency surgery for a perforated bowel.

    腸管穿孔のために緊急手術をしなければならなかった。

  • The story of Robert Hinton also made the press.

    また、ロバート・ヒントンの話も報道されました。

  • He was handcuffed and hogtied, and dragged down a landing in 2012 by five guards.

    彼は2012年に5人の警備員に手錠と足枷をかけられ、踊り場に引きずり込まれました。

  • They took him to a solitary confinement cell and beat him senseless.

    彼は独房に入れられ、無茶苦茶に殴られた。

  • He ended up with a broken nose and a fractured vertebra.

    結局、鼻の骨を折ったり、椎骨を折ったりしてしまいました。

  • Hinton was said to be suffering from mental ill-health.

    ヒントン氏は精神的な不調を抱えていたという。

  • The media later reported that of the 11,000 inmates at Rikers back then, 4,000 of them

    後にメディアは、当時のライカーズの収容者11,000人のうち、4,000人が

  • were mentally unwell.

    は、精神的に不調でした。

  • Over 11 months in 2013, 129 inmates sufferedserious injuriesafter being beaten

    2013年の11ヶ月間で129人の受刑者が殴られて「重傷」を負った

  • by officers.

    役員による

  • 77 percent of them were diagnosed with a mental illness.

    そのうち77%が精神疾患と診断されていました。

  • 80 percent of them said they were beaten while in handcuffs.

    そのうち80%の人が、手錠をかけられた状態で殴られたと答えています。

  • Sometimes inmates have been treated horrendously when they were physically unwell.

    時には体調が悪いときにひどい扱いを受けたこともある。

  • Take the case of Ronald Spear.

    例えば、ロナルド・スピアの場合。

  • The 52-year old was sick and walked with a cane.

    52歳の方は病気で、杖をついて歩いていました。

  • In 2012, he asked to see a doctor.

    2012年、彼は医師の診察を求めた。

  • When a doctor informed him that he'd have to wait to be examined, Spear got into an

    医師から「診察を待たなければならない」と言われたスピアは、その場で大騒ぎ。

  • argument with an officer.

    警官と口論になった。

  • That officer and another officer pinned Spear down, and then punched and kicked him.

    その警官ともう一人の警官がスピアーを押さえつけ、殴る蹴るの暴行を加えました。

  • One officer shouted at him, “Remember that I'm the one who did this to you.”

    一人の警官が彼に向かって叫んだ。"お前をこんな目に遭わせたのは俺だということを忘れるな "と。

  • Spear died soon after, and officers tried to cover up what had happened.

    スピアはすぐに死んでしまい、警官たちは事件を隠蔽しようとした。

  • The officers, in this case, were eventually convicted of various crimes.

    このケースでは、役員たちは最終的にさまざまな罪で有罪となった。

  • Still, Spear's sister said the convictions wouldn't likely changethe way that officers

    しかし、スピアの姉は、この有罪判決によって「警察官のやり方」が変わることはないだろうと語った。

  • behave, the way the city allows them to behave.”

    街が彼らに許している方法で、彼らを行動させる」。

  • You have to ask how some officers have been getting away with beatings.

    殴られても大丈夫な警察官がいることに疑問を感じます。

  • An article in the New York Times gave us some insight into that.

    そのヒントになったのが、ニューヨーク・タイムズの記事です。

  • It stated this in 2021, “From January 2019 to August 2020, 56 percent of the more than

    2021年にこのように述べています。「2019年1月から2020年8月まで、56%以上の方が

  • 270 correction officers who were disciplinedincluding a dozen supervisorslied,

    懲戒処分を受けた270人の矯正官(12人の上司を含む)が嘘をついた。

  • misled investigators or filed incomplete or inaccurate reports.”

    調査員に誤解を与えたり、不完全または不正確な報告書を提出したりしていました。

  • 17 officers also gave false statements when they were interviewed.

    また、17人の役員がインタビューを受けた際に虚偽の証言をしています。