Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • It's early in the morning, on April 15, 1912.

    1912年4月15日、早朝のことである。

  • It's dark and quiet as I stand on the empty bridge of a ship that has been under my command for only a few days, I looked down as water begins to lap against my feet.

    私が指揮を執ってからわずか数日しか経っていない船の誰もいないブリッジに立つと、暗くて静かで、足元に水がたまり始めたので、私は下を向いた。

  • This will be the end of my story because I and the captain of the titanic.

    私とタイタニック号の船長の話はこれで終わりにします。

  • My name is Edward john smith, and I was born far from the sea, in Hanley, Staffordshire.

    私の名前はエドワード・ジョン・スミスで、海から遠く離れたスタッフォードシャー州のハンリーで生まれました。

  • England.

    イングランド。

  • Being an industrious and most driven young man, I traveled to the sea port of Liverpool and achieved my first major goal in life, attaining an apprenticeship on a vessel.

    勤勉で何事にも積極的な青年だった私は、リバプールの海港に行き、人生最初の大きな目標である船の見習いを達成した。

  • Thus beginning my life as a seaman.

    こうして私の船員生活が始まった。

  • A sailor's life came naturally to me, and by the age of 30 I was already working for the famed white star line, one of the most prominent shipping lines in the world which carry cargo and passengers across the globe.

    私は船乗りの生活が自然に身につき、30歳の時にはすでに、世界各地に貨物や乗客を運ぶ世界有数の船会社である有名なホワイトスターラインで働いていました。

  • I was able to climb the ranks, quickly going from a lowly fourth officer to command of my own ship.

    私は、下っ端の四等航海士から自分の船の指揮官になるまで、すぐに出世することができました。

  • In just seven years, the White Star Line must have had no trouble recognizing my aptitude because they soon gave me command of the RMS majestic.

    わずか7年の間に、ホワイト・スター・ライン社は私の適性を見抜いたのでしょう、すぐにRMSマジェスティック号の指揮を任されました。

  • She was a prize of the fleet that had just several years earlier held the record for fastest crossing of the atlantic making the voyage.

    この船は、数年前に大西洋横断の最速記録を達成した船団の賞品として、この航海に参加した。

  • In an astoundingly quick six days being a true englishman, I joined the Royal Naval Reserve, and when the Border States rebelled and fresh troops needed transport to the south of Africa, I and the majestic were there to take up the cause, and we completed our mission without any complications.

    真の英国人である私は、驚くべき早さの6日間で英国海軍予備軍に入隊し、国境国家が反乱を起こして新兵をアフリカ南部に輸送する必要に迫られたときには、私とマジェスティック号がその大義を担い、何の問題もなく任務を完了したのである。

  • Having done my duty and being awarded medals for my service, I returned to my career as a captain of the White Star Line's premier ocean liners.

    任務を果たし、勲章を授与された私は、ホワイト・スター・ライン社の最高級オーシャンライナーのキャプテンとしてのキャリアに戻った。

  • There wasn't a better group of sailors in the world than my fellow captains at the White Star Line.

    ホワイトスター・ラインの仲間のキャプテンたちほど、優れた船員集団は世界になかった。

  • But uh, you must have began to spread about me and I soon developed a reputation for fast and safe sailing.

    しかし、あー、あなたが私のことを広め始めたに違いない、私はすぐに速くて安全なセーリングの評判を得た。

  • Soon there are a number of prominent passengers who would only make the transatlantic voyage.

    やがて、大西洋を横断しなければならないような著名な乗客が続出する。

  • If they could be assured that I would captain their vessels, that's a rumor must have reached the boardroom of the White Star Line as soon I was given the illustrious role of commanding all of the company's newest and grandest ships on their maiden voyage is a job I happily performed for several years With all of my experiences at the helm of the lines, biggest ocean liners.

    その噂は、ホワイトスター・ラインの役員室にも届いていたに違いない。私は、ホワイトスター・ラインの最も新しく壮大な船の処女航海をすべて指揮するという輝かしい役割を与えられたが、この仕事は数年間、喜んでこなした。

  • It was no surprise when in 1911, I was asked to command what would be the newest ship in the world, the Olympic.

    1911年に、世界で最も新しい船であるオリンピック号の指揮を任されたのも不思議ではありませんでした。

  • After another successful maiden voyage, we made a number of smooth sailings across the atlantic.

    順調に初航海を終えた後、大西洋を何度もスムーズに渡りました。

  • Of course, there was the one small circumstance where we somewhat collided with another ship.

    もちろん、他の船とぶつかってしまったという小さな出来事もありました。

  • The courts may have ruled that the other vessel bore no responsibility, but it was posited in the trial by our defense, that perhaps the olympics, unprecedented size had displaced such an enormous amount of water that it stopped the other ship into our path.

    裁判では、相手の船に責任はないという判決が下されたかもしれませんが、裁判では弁護側から、オリンピックという前代未聞の大きさのために、膨大な量の水が流れ出し、それが相手の船を我々の進路に止めたのではないかという意見が出されました。

  • A theory I happen to agree with, and the entire incidents would never have happened had they not been sailing dangerously close to us, regardless of the outcome of the trial.

    この説には私も賛成で、裁判の結果がどうであれ、彼らが危険なほど近くを航行していなければ、事件は起こらなかっただろう。

  • The white Star Line clearly stood with me and saw through the attempt.

    白いスターラインは、明らかに私に寄り添い、その試みを見抜いていた。

  • So it's making me a scapegoat.

    つまり、私をスケープゴートにしているのです。

  • Otherwise they would not have presented me with what would be the crowning achievement of my career command of the largest and most magnificent ship ever put to see the RMS titanic repairs to the olympic.

    そうでなければ、私のキャリアの中で最高の成果となるであろう、オリンピックに向けて修理されたRMSタイタニックを見るために投入された、最大かつ最も豪華な船の指揮を任されるようなことはなかっただろう。

  • From that small incident pushed back our maiden voyage as parts were pulled from the still under construction titanic to fix the olympic.

    オリンピック号を修理するために、まだ建設中のタイタニック号から部品が引き抜かれたため、この小さな事故のために処女航海が延期された。

  • Though we were delayed from our original start date on March the 20th.

    当初予定していた3月20日のスタートからは遅れてしまいましたが。

  • We took to the sea on april the 10th, without issue, On route from Southampton to New York, carrying over 1 360 passengers and 908 crew.

    4月10日、サウサンプトンからニューヨークへの航路で、1360人以上の乗客と908人の乗員を乗せて、問題なく海に出ました。

  • The first four days of our voyage went exactly as plans.

    航海の最初の4日間は、計画通りに進みました。

  • And it was only on the fifth that we started receiving some warnings about drifting ice.

    そして5日になって、流氷の警告が出始めた。

  • I obviously take any warnings about potential hazards very seriously, but chose not to reduce our speed.

    私は、危険を知らせる警告を真摯に受け止め、スピードを落とさないようにしました。

  • As the White Star Line had intended to show that the titanic was not only the largest and most luxurious ship in the world, but one of the quickest as well.

    ホワイト・スター・ライン社は、タイタニック号が世界で最も大きく豪華な船であるだけでなく、最も速い船の1つであることを示すことを意図していた。

  • And besides, my crew contained some of the best lookouts I had ever had.

    それに、私のクルーには、これまでに経験したことのないような最高の見張り役が揃っていた。

  • The pleasure of knowing they'd be able to spot any ice with the potential to damage our ship with more than enough time for us to adjust course.

    船にダメージを与える可能性のある氷を発見して、コースを調整するのに十分な時間を確保してくれるというのは嬉しいことだ。

  • I retired to my quarters on the night of the 14th.

    14日の夜、私は宿舎に戻った。

  • Confident in my ship, my crew and myself.

    自分の船、クルー、そして自分自身に自信を持つこと。

  • I am a welcomed by the crash.

    墜落したことを歓迎している。

  • At 11:40 p.

    午後11時40分。

  • m.

    m.

  • My first officer rushes in and tells me, sir, we've collided with an iceberg.

    一等航海士が慌てて駆けつけ、「氷山に衝突しました」と告げる。

  • I quickly get up and make my way to the bridge.

    私はすぐに立ち上がってブリッジに向かった。

  • The crew bombards me with reports.

    クルーは私にレポートを浴びせてくる。

  • The ship has been seriously damaged.

    船は深刻なダメージを受けています。

  • I summon the ship's designer, thomas Andrews, who had joined us on the inaugural voyage of his masterpiece.

    私は、この船の設計者であるトーマス・アンドリュース氏を呼びました。

  • We assess the damage, and I asked him what the potential is for repair, but he stops me before I can even set a plan in motion.

    被害状況を把握し、修理の可能性を尋ねたが、計画を立てる前に止められてしまった。

  • Five of the ship's watertight compartments have been breached.

    船の水密区画のうち5つが破られた。

  • He tells me it's too much.

    彼は私に「やりすぎだ」と言います。

  • The titanic will sink in less than three hours.

    タイタニック号は3時間以内に沈みます。

  • I can hardly believe what I'm hearing.

    自分の耳が信じられないほどです。

  • The titanic is the most advanced vessel to ever take to the seas, and I'm the most experienced captain alive.

    タイタニックは海に出た最先端の船であり、私は現存する中で最も経験豊富な船長です。

  • No one has sailed more of the massive ocean liners than myself.

    私ほど巨大なオーシャンライナーに乗ったことのある人はいないでしょう。

  • This isn't possible.

    そんなことはあり得ない。

  • I quickly do the math in my head.

    私はすぐに頭の中で計算する。

  • The titanic left England significantly under capacity, but there's still only enough lifeboats for roughly half the passengers and crew.

    タイタニック号は定員を大幅に超えてイギリスを出発しましたが、救命ボートはまだ乗客と乗員のおよそ半分しかありません。

  • If the ship went down over 1000 people on board would drown or freeze in the open sea.

    船が沈めば、1000人以上の乗員が外洋で溺れたり凍えたりする。

  • I ordered the passengers and crew to the deck, but I begin to feel as if I'm in a daze.

    搭乗者や乗員をデッキに誘導したが、自分の意識が朦朧としてきたように感じる。

  • I start to make my own way to the deck but have no memory of the journey and when I arrive there's somehow a megaphone in my hand.

    自分でデッキに行こうとしたが、旅の記憶がなく、着いたときにはなぜか手にメガホンがあった。

  • I shout some orders.

    私はいくつかの命令を叫ぶ。

  • I don't even remember the words, but I remember the faces.

    言葉は覚えていなくても、顔は覚えている。

  • Some of the passengers look at me with hope, feeling some security now that the captain has appeared while others look at me with fear and dare I say, even appear to be blaming me, I can no longer bear to watch the lifeboats being lowered into the water when I know there won't be enough, I begin to wander the ship.

    乗客の中には、船長が現れたことで安心して私を見る人もいれば、恐怖の目で私を見る人もいて、言ってみれば、私を責めているようにも見えます。

  • My office is find me and ask if I will give the order to abandon ship, but I can't bring myself to say the words.

    職場の人が私を見つけて、「船を捨てる命令を出してくれないか」と言っているのですが、私はその言葉を言う気になれません。

  • They seem frustrated with my inaction and run off to presumably do what they can in this hopeless situation.

    彼らは私の無為な行動に苛立ちを感じ、この絶望的な状況の中で自分たちにできることをしようと走り出した。

  • The minutes tick by and I feel the deck shifting beneath my feet to a terrifying angle as the ship takes on more and more water.

    時間が経つにつれ、足元の甲板が恐ろしい角度にずれていくのを感じ、船がどんどん水を吸い込んでいくのがわかる。

  • I make my way to the radio room, where the operators are still bravely sending out distress messages and inspired by their duty.

    私は無線室に向かった。そこでは今もオペレーターたちが勇敢に救難信号を送り続け、その任務に奮い立っている。

  • I am finally able to tell them and any other crew, I come across that they've done their best.

    これでようやく、彼らや他のスタッフに「頑張ったね」と言えるようになりました。

  • But now is the time to abandon the ship.

    しかし、今こそ船を捨てる時だ。

  • It's every man for himself.

    自分のことは自分でやる。

  • I find myself back where I felt most comfortable and in control over these many years.

    私は、長年にわたって最も快適でコントロールできると感じていた場所に戻ってきました。

  • The bridge I look at my watch, 2 10 AM.

    橋の上で時計を見ると、午前2時10分。

  • There's not much time left.

    もう時間がありません。

  • The lights go out.

    灯りが消える。

  • The salt water must be shorting out.

    塩水でショートしているのでしょう。

  • The power water is lapping at my feet.

    足元にはパワーウォーターが打ち寄せられている。

  • As a sailor, I always knew it might end like this, but I never believed that one of my ships could go down.

    船乗りとして、このような結末になるかもしれないとは思っていたが、まさか自分の船が1隻も沈むとは思わなかった。

  • We're taking on more and more water as the ship's compartment Phil it won't be long Now the bridge begins to slip beneath the dark sea, and so to do I.

    船のコンパートメントであるフィルがどんどん水に浸かっていき、ブリッジが暗い海の下に滑り始めるのもそう遠くないだろう。

It's early in the morning, on April 15, 1912.

1912年4月15日、早朝のことである。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 タイタニック 航海 指揮 ホワイト スター ライン

I Am Captain of the Titanic (I Am Captain of the Titanic)

  • 18 1
    林宜悉 に公開 2021 年 09 月 27 日
動画の中の単語