Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • you know my name for you have whispered it in fear for centuries.

    あなたは私の名前を知っています。あなたは何世紀もの間、恐怖の中でその名前を口ずさんできました。

  • Mindful of the horrors I carved upon history itself.

    私が歴史に刻んだ惨状を心に刻みながら。

  • Glad the third dracula, son of the dragon and I will have my throne.

    第3のドラキュラ、ドラゴンの息子、そして私の王座を手に入れることができて嬉しい。

  • My nation will be free at any cost.

    私の国は何としても自由になる。

  • And I will about the need to know man, Hungarian or turk emperor or Sultan.

    そして、ハンガリー人やトルコ人の皇帝やスルタンなど、知る必要のある人物についても紹介します。

  • My story begins with my father, an ambitious man who fought for many years to take his rightful place as the ruler of WA Ka lia.

    私の物語は、野心家である父が、WA Ka liaの支配者としての正当な地位を得るために、長年にわたって戦ってきたことから始まります。

  • A nation in what is today.

    今日あるものの中に国家がある。

  • Southern Romania, stuck between the kingdom of Hungary and the Ottoman Empire.

    ハンガリー王国とオスマン帝国の間に挟まれたルーマニア南部。

  • All nation was frequently nothing more than a political tool to be wielded by one side against the other.

    国家というものは、しばしば一方の側から他方の側に振り下ろされる政治的な道具に過ぎなかった。

  • After having to flee from Hungarian forces, Sultan Mehmed the Second granted my father the support of a small army with which to retake the broccoli in thrown, There was but one condition myself and my brother Radu would be left behind this royal hostages and my father was to pay yearly tribute to the Ottomans, swearing fealty to their rule with their aid, my father retook the throne and once more my family ruled Albert over a land with no true independence beholden to powers far greater than itself.

    ハンガリー軍から逃れた後、スルタン・メフメト2世は父に小さな軍隊の支援を与え、スローでブロッコリーを奪還した。条件は1つ、私と弟のラドゥを王族の人質として残し、父は毎年オスマン・トルコに貢ぎ物をすることで、彼らの支援によりオスマン・トルコの支配に忠誠を誓って、父は王座を奪還し、私の一族は再びアルバートを支配した。

  • Predictably, my father would go on to betray the Turks.

    予想通り、父はトルコ人を裏切ることになる。

  • In 1444, when the European powers gathered together to try to stop the Ottoman Empire's expansion into central Europe.

    1444年、オスマン帝国の中央ヨーロッパへの進出を阻止しようと、ヨーロッパの列強が集まったときのこと。

  • Despite some initial successes.

    最初は成功したものの

  • Unfortunately for my father, he was inevitably forced into a piece with a greater power and sick of my father's double crossing Lord High and I at last invaded WA ka lia, chasing my father from the throne and killing him.

    父にとって不幸だったのは、より大きな力との戦いを余儀なくされたことと、父の裏切りに嫌気がさしたロード・ハイと私がついにWA・KA・LIAに侵攻し、父を王座から追い出して殺してしまったことである。

  • My eldest brother, my Syria the second was with my father in the end, and the boyars, rich noblemen of my country, captured the two and put out his eyes with red hot pokers before burying him alive.

    長兄の二代目シリアは最後まで父と一緒にいたが、ボヤールという祖国の裕福な貴族たちが二人を捕らえて、赤熱したポカで目を出してから生き埋めにした。

  • I would not quickly forget they're hideous violence against my kin, but like my father, I too would have to bide my time, surprising perhaps most of all to myself.

    私の親族に対する彼らの醜悪な暴力をすぐに忘れることはできませんが、私の父のように、私もまた、おそらく最も自分自身を驚かせながら、時を待たなければなりません。

  • The Sultan did not immediately order a demonised deaths after my father's betrayal.

    スルタンは父の裏切りの後、すぐに鬼籍に入るような死を命じなかった。

  • The Sultan was always thinking ahead and saw no use for the murder of the only to legitimate heirs to the wal italian thrown instead, he continued to keep us safe in his care until faith turned in his and my favor, Lord john high and I, backed by various european powers, launched once more into a campaign against the Ottoman Empire in 14 48 Taking with him the impostor king, he had placed upon the broccoli in thrown Vladislav the second With Vladislav II two Sultan Mehmed granted me an army with which to re enter my home and take the throne.

    スルタンは常に先のことを考えていて、唯一の正当な継承者であるイタリア人を殺害する必要はないと考え、彼と私の信仰が好転するまで私たちの安全を確保し続けた。14 48年にオスマン帝国への戦いを再び開始した 彼は2代目ヴラディスラフを投げてブロッコリーの上に置いた偽りの王を連れて行った ヴラディスラフ2世とともにスルタン・メフメトは私に軍隊を与え、私の家に再び入って王位を奪うことができた。

  • Shortly after my return.

    帰国後すぐに

  • However, the Ottoman scored a decisive victory against biondi's army, be it at a great cost the forces lent to me by the Sultan returned to their homes and with the failure of Honda's crusade, I learned that Vladislav the second now marched upon melancholia.

    しかし、オスマン帝国はビオンディ軍に決定的な勝利を収めたが、大きな犠牲を払った。スルタンから貸与された軍は故郷に戻り、本田の十字軍が失敗したことで、2代目ヴラディスラフがメランコリアに向けて進軍していることを知ったのだ。

  • A king is no king without an army to defend his right to rule.

    王は、その統治権を守るための軍隊がなければ王ではない。

  • And sadly I found myself without said army forced to abdicate my rightful throne.

    そして悲しいことに、私は軍隊を持たず、正当な王座を退くことになった。

  • I fled into exile, vowing to return and reclaim what was my birthright For long years, I bought my time in my exile to the only place friendly to my interests.

    私は亡命し、戻って自分の生得権であるものを取り戻すことを誓いました。 長い年月をかけて、私は亡命中の時間を、自分の関心事に友好的な唯一の場所に費やしました。

  • The Ottoman Empire.

    オスマン帝国です。

  • I found myself still in favor with the Sultan though I rankled at the knowledge that to the lecherous old ruler, I was nothing more than a pawn and my kingdom and my homeland merely pieces of a greater puzzle in the Sultan's ambitions for europe, my father's death and my own young life had taught me the virtue of patience.

    私は自分がまだスルタンの寵愛を受けていることに気づいたが、淫乱な老君主にとっては、私は駒にすぎず、私の王国も故郷も、スルタンのヨーロッパに対する野望の中では、より大きなパズルのピースにすぎないことを知って腹が立った。

  • However, and patiently I waited knowing that the ever evolving conflict between europe and the Ottoman Empire, between Christianity and Islam would eventually present an opportunity to return home.

    しかし、私は、ヨーロッパとオスマン帝国、キリスト教とイスラム教の間で絶え間なく続く紛争が、いずれ帰国の機会をもたらすことを信じて、辛抱強く待っていました。

  • That opportunity came in 14 56 bodies loved the second was no longer as politically useful to the Hungarian Empire as he had been.

    その機会は14の56体に愛された2代目は、もはやハンガリー帝国にとって政治的に有用な存在ではなくなっていた。

  • And Lord Honda offered me a chance to reclaim my throne on the condition that I had remained faithful to Hungary in future conflicts.

    そして、本多公は、今後の紛争でハンガリーに忠誠を誓うことを条件に、私に王座奪還のチャンスを与えてくれた。

  • You may judge me and my father as you wish, but know that I am a loyal man loyal to my soldiers, my kin and to my people, but I refused to be the pawn of greater powers and my ultimate ambition was always to free my home from the influence of the two kingdoms.

    私や父を裁くのは勝手ですが、私は兵士や親族、国民に忠実な男です。しかし、大国の手先になることは拒み、私の究極の野望は常に2つの王国の影響から我が家を解放することでした。

  • It found itself between.

    それは、自分自身の間にあった。

  • I swore my fealty to Hungary.

    私はハンガリーに忠誠を誓った。

  • Knowing even as I took that oath that I would one day break it with the support of the empire.

    その誓いを立てた時から、いつか帝国の支援を受けて誓いを破ることになるとわかっていた。

  • I re entered my homeland for a second time in 14 56 and demanded that the impostor, King Vladislav the second, face me in single combat.

    私は1456年に2度目の祖国入りを果たし、偽者の2代目ウラジスラフ王に一騎打ちを要求した。

  • A king who does not appear great God like even before his people, is not long to rule.

    自分の民の前でも、神のように偉大な姿を見せない王は、支配するのに長くない。

  • And despite my obvious physical superiority and weapons training and youth, both the fool agreed to face me rather than hide behind this army, as he and I both knew he must we match blades surrounded by a circle of soldiers and boyars alike.

    そして、私が身体的に明らかに優れていて、武器の訓練を受けていて、若かったにもかかわらず、愚か者の二人は、この軍隊の後ろに隠れるのではなく、私と向き合うことに同意しました。

  • Vladislav was a formidable man once, but age has dulled.

    ヴラディスラフはかつては恐るべき人物だったが、年齢を重ねるごとに鈍っていった。

  • His reflexes snapped his speed and strength.

    彼の反射神経は、彼のスピードと強さを折った。

  • Both I toyed with the fool.

    両方とも私は馬鹿を弄んだ。

  • My blade repeatedly finding exposed flesh, his blood trampled into the mud underfoot, cut in a dozen places the pretender king refused to surrender, and I could see by now in the eyes of the boyars gathered a silent pleading for mercy.

    私の刃は何度も露出した肉に当たり、彼の血は足元の泥に踏みつけられ、十数か所を切られた偽王は降伏を拒み、集まった少年たちの目には、静かに慈悲を乞う声が映っていました。

  • Put the fool out of his misery.

    愚か者を不幸にする

  • I could see their eyes saying enough is enough.

    彼らの目には、「もういいよ」という言葉が浮かんでいました。

  • They had their fill of blooded, seemed a pity for I would drown many of them in the deluge of crimson in the weeks and months to come with a single thrust.

    彼らは血を浴びることで満足していたが、残念なことに、私はこれから数週間、数ヶ月の間に、一突きで多くの人を真紅の大洪水の中に溺れさせることになるだろう。

  • I slew the impostor and reclaimed my throne patients, as I meant, um is a hard earned virtue and that last, it would pay dividends.

    私は偽者を倒し、患者の王座を取り戻した。私が言いたかったのは、「うーん」は苦労して手に入れた美徳であり、最後には配当を得ることができるということだった。

  • With my throne secure.

    私の王座を守るために

  • I immediately turned upon the wealthy boyars, the very man who years ago had betrayed and murdered my father.

    私はすぐに、数年前に私の父を裏切り殺害した大金持ちのボヤールに目をつけました。

  • Pluck the eyes from my eldest brother and buried him alive.

    長兄の目を抜いて生き埋めにしたこと。

  • My wrath was immediate and I put into practice a technique I had learned during my long years of captivity in the Sultan's court.

    私はすぐに怒り、長い間スルタンの宮廷に監禁されていた時に学んだ技術を実践しました。

  • A greased log sharpened on one end, would be laid on the ground with the victim made to sit upon the pointed tip and held fast with the use of ropes attached to each leg.

    油を塗った丸太の一端を尖らせて地面に置き、その尖った部分に被害者を座らせ、両足に付けたロープで固定する。

  • The victim and log would then be lifted into the air, the body's weight impaling the victim upon the sharpened stake from below.

    そして、被害者と丸太は空中に持ち上げられ、体の重みで下から鋭く尖った杭に突き刺さる。

  • I watched with no small satisfaction as the men who had murdered my father were each in turn forced to watch the impalement of their wives and Children before meeting the faith themselves.

    私は、父を殺した男たちが、自分たちの妻や子供たちの処刑を見てから、自分たちの信仰を満たすのを見て、少なからず満足した。

  • Next, I turned this favorite punishment of mine onto the ranks of betrayers lurking amongst the psychopaths of my court.

    次に、この私の好きな罰を、宮廷のサイコパスの中に潜む裏切り者の群れに向けました。

  • Other wealthy noblemen I knew or suspected of plotting behind my back.

    他の裕福な貴族たちは、私のことを知っていたり、裏で陰謀を企てていると疑ったりしていた。

  • I would have my kingdom and I would have it be free of traitorous rats during my life.

    私は自分の王国を手に入れ、私が生きている間は裏切り者のネズミがいないようにします。

  • I have held no great love for the Turks or the Sultan and yet I am no fool upon retaking my throne.

    私はトルコ人やスルタンに大きな愛情を持っていませんでしたが、王座を取り戻したことで、私は馬鹿ではなくなりました。

  • I began the customary yearly tribute to the Ottomans, a move which angered my Hungarian beneficiaries.

    私は毎年恒例のオスマン帝国への貢ぎ物を始めたが、これはハンガリー人の受益者を怒らせた。

  • Yet this tribute would be cut off.

    しかし、この賛辞は途絶えてしまう。

  • Just years later, my people would not be subject to any foreign power.

    そのわずか数年後には、我が国民はいかなる外国勢力にも服することはなかった。

  • Hungarian or Ottoman.

    ハンガリー人やオスマン人。

  • I knew my move would bring conflict and I had long ago prepare for a coming war.

    私は、自分の移動が紛争をもたらすことを知っていたし、来るべき戦争に備えてずっと前から準備していた。

  • Using my intimate knowledge of the Ottoman empire and its forces, I launched a series of lightning raids across the border and into Turkish lands, destroying many key provincial outposts and fortresses that could be used to support an invasion into a qalea.

    私はオスマン帝国とその軍に関する深い知識を駆使して、国境を越えてトルコの地に電撃的な襲撃を繰り返し、地方の重要な前哨基地や、カリアへの侵攻を支援するための要塞を数多く破壊しました。

  • I took plunder as well, righteous repaint for my years of forced tribute to the Sultan, as I knew would happen.

    スルタンに何年も貢ぎ物をさせられていたことへの義理立ても兼ねて、略奪を行った。

  • The Ottomans responded in force and in 14 62 an army, 150,000 strong marched against me.

    オスマン帝国はこれに対抗し、14 62年には15万人の軍隊が私に向かって進軍してきた。

  • I had no hope of defeating this larger force in direct conflict.

    この大規模な部隊との直接対決に勝てる見込みはなかった。

  • And so I turned the very land of my nation and its people against the invaders.

    そして、私は自分の国の土地と人々を侵略者に対抗させたのです。

  • My forces fought retreating action, forcing the Turks to push even deeper into my lands to secure a decisive victory.

    私の軍は後退しながら戦い、トルコ人は私の土地にさらに深く入り込み、決定的な勝利を得ることを余儀なくされました。

  • Yet, as I steadily retreated, I poisoned wells, breached levees and flooded marshlands, even ordering the evacuation of all people and animals in the path of the Turkish forces the result in and his men would find no crumb or morsel amongst my lands to feed their rumbling bellies and with supply lines stretched to the breaking point, fatigue settled in.

    しかし、私は着実に後退しながら、井戸に毒を入れ、堤防を破壊し、湿地帯を水浸しにし、トルコ軍の行く手にいるすべての人や動物に避難命令を出しました。その結果、トルコ軍とその部下たちは、私の土地の中に、彼らの腹を満たすパンくずや食べ物を見つけることができず、補給線が限界まで伸びたため、疲労が蓄積していきました。

  • I spread illness amongst the ranks as well, rounding up hoards of Lepers.

    隊員たちにも病気を蔓延させ、レパーの群れを集めた。

  • Men and women with tuberculosis and other villiers plagues, and marched them directly into the ranks of the invaders.

    結核やその他の疫病にかかった男女を、そのまま侵略者の隊列に送り込んだのだ。

  • I could not retreat forever though in late one night I launched a daring raid into the Sultan's camp itself.

    しかし、いつまでも退くわけにはいかず、ある夜遅く、スルタンの陣地に大胆な突入を試みた。

  • Though sadly slew instead to Grand vizier is and not the head of the snake as I had planned, my forces could not stand against the superior Turks for much longer, even half starved and beset with all manner of ilya rinse as they were.

    悲しいことに、私が計画していたような蛇の頭ではなく、大宰相を代わりに殺してしまったが、私の軍は、半分飢えていて、あらゆる種類のイラリンスに悩まされていたとしても、優勢なトルコ人にこれ以上耐えられなかった。

  • I would send these invaders a message, then, a final warning to leave my lands and never return on pain of greatest torture.

    私はこの侵略者たちにメッセージを送ります。「私の土地から出て行け、二度と戻ってくるな、最高の拷問を受けろ」という最終警告です。

  • Weeks later, my masterpiece would be revealed to the invaders as they entered the now deserted town of To Grove east there in the field 2600 m long and 1100 m wide.

    その数週間後、長さ2600m、幅1100mの広大な敷地にある、今は無人となった東側の町「トゥ・グローブ」に侵入してきた侵略者に、私の傑作が公開されることになる。

  • late 20,000 souls upon sharpened stakes, Turkish prisoners and civilians.

    トルコ人の捕虜や民間人など、2万人以上の人々が尖った杭の上に乗っていた。

  • Both the great slaughter on full display, held row upon row of families, strong up together, infants, pierced along with their mothers.

    大規模な殺戮が行われていたこともあり、強い絆で結ばれた家族が何列も並び、母親と一緒に刺された幼児もいました。

  • By the time the Turks found them, the birds have made nest in their entrails, as I have said before, I would see my home free of both Turks and Hungarians at any cost filled with horror, the Sultan ordered his grand army to retreat, but left the force at the border, held it by my youngest brother, Radu, now turned traitor against his own kin, born of a gentler persuasion and the natural charisma Radu managed to do what I could not and turned public support against me and my rule, not with threats of violence and grizzly displays of torture, but with kind words and promises of solidarity and forgiveness for past transgressions against my family.

    トルコ人が彼らを発見する頃には 鳥たちは彼らの内臓に巣を作っていた 前にも言ったように 私はどんな犠牲を払っても トルコ人とハンガリー人のいない 故郷を見たいと思っていた スルタンは大軍に撤退を命じたが 国境に軍を残した 私の末弟であるラドゥがそれを保持した 今や自分の親族に対する 裏切り者となってしまったが優しい説得力と天性のカリスマ性を持ったラドゥは、私ができなかったことをやり遂げ、国民の支持を私と私の支配に向けさせることに成功した。暴力の脅威や拷問の醜態を見せるのではなく、優しい言葉で連帯を約束し、

  • Radu, the youngest brother I had protected as best as I could for use during our captivity, would now be my undoing as I lost the support of my people and was once more chased into exile.

    囚われの身となっていた時に精一杯守ってきた末弟のラドゥーが、民衆の支持を失い、再び追放されることになってしまったのだ。

  • The value of royal blood has always been greater than gold, for it can buy more readily that which coin often cannot political stability.

    王家の血の価値は常に金よりも高く、コインでは買えないような政治的安定を、王家の血では簡単に買うことができるからです。

  • I was captured by the Hungarians who imprisoned me as an insurance policy and once more, I found myself by then my time knowing that in the end I, and only I would be the one to decide my fate and that of my people.

    私はハンガリー人に捕らえられ、保険として投獄された。私はその時、自分の運命を決めるのは私自身であり、私の人々の運命を決めるのも私自身であることを知った。

  • In the meantime I entertained myself with an old hobby and took great delight in the horror of my guards as they discovered the rows have impaled mice and Robbins which I had learned into my cell.

    その間、私は昔からの趣味を楽しんでいた。私が独房の中で学んだネズミやロビンズを突き刺した列を発見した時の看守の恐怖を、私はとても楽しんだ。

  • In 14 76.

    14 76で。

  • Nearly 50 years of age, I was released from my prison and once more on the march to reclaim my throne, supported by Hungary age and imprisonment had robbed me of youthful vigor and strength.

    50歳近くになった私は、牢獄から解放され、再び王座を取り戻すために行進していた。ハンガリーの年齢と牢獄に囚われて、若々しい活力と強さを失った私を支えてくれた。

  • Yet I took to the field of battle.

    しかし、私は戦場に立った。

  • Regardless, I suppose I knew the fight would likely be my last, but I would be the one to write my own ending for the histories and not the Hungarians or the Turks.

    いずれにしても、この戦いが私の最後の戦いになるだろうということはわかっていたが、歴史の結末を書くのはハンガリー人でもトルコ人でもなく、私自身なのだ。

  • Late in 14 76 I fell sword in hand, never to rise again.

    14年の後半、私は剣を手にして倒れ、二度と立ち上がることはできなかった。

  • Yet, though my kingdom had eluded me a third time I had won the greater price.

    しかし、私の王国は3回目に逃したものの、私はより大きな対価を手に入れた。

  • In the end, my name, written in the annals of history forever more.

    最後に、私の名前は、永遠に歴史の中に刻まれました。

  • My name is Lead this second dracul, the son of the Dragon.

    私の名前はリード......この第二のドラキュラ、ドラゴンの息子です。

  • And you know my name for you, whisper yet in fear, centuries after my death, mindful of the horrors I inflicted upon my enemies.

    そして、あなたは私の名前を知っています。私の死後何世紀も経ってから、私が敵に与えた恐怖を念頭に置いて、恐れながらも囁いてください。

  • Uh huh.

    そうですね。

you know my name for you have whispered it in fear for centuries.

あなたは私の名前を知っています。あなたは何世紀もの間、恐怖の中でその名前を口ずさんできました。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 スルタン オスマン ハンガリー トルコ 裏切り 軍隊

私は本物のドラキュラ(ヴラド・ザ・インペラー)だ (I Am The Real Dracula (Vlad the Impaler))

  • 12 0
    林宜悉 に公開 2021 年 09 月 26 日
動画の中の単語