Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • It was a moment in time that almost ended it all for the human race, the ultimate game

    それは、人類のすべてが終わりかけた、究極のゲームのような瞬間だった。

  • of brinkmanship.

    瀬戸際作戦の

  • This is the story of the Cuban Missile Crisis.

    これは、キューバのミサイル危機の話です。

  • 1962, Cuba.

    1962年、キューバ

  • The Soviet Union has been welcomed with open arms by the Fidel Castro regime.

    ソ連はフィデル・カストロ政権に大歓迎されている。

  • Seen as a guarantor of Cuban independence from the United States, the Cuban-Soviet alliance

    キューバのアメリカからの独立を保証するものとして、キューバ・ソビエト同盟は

  • is vital for Castro, and a strategic coup for the Soviet Union.

    は、カストロにとっては重要であり、ソ連にとっては戦略的なクーデターである。

  • With Miami only 80 miles away, Cuba gives the Soviets airbases and naval facilities

    マイアミまで80マイルしか離れていないキューバは、ソビエトに空軍基地や海軍施設を与えることになる。

  • from which to do something no foreign power has been able to do in over 150 years- threaten

    150年以上前に外国の勢力ができなかったことをするために、そこから脅しをかける。

  • the American homeland.

    アメリカの祖国で

  • But Nikita Kruschev, premier of the Soviet Union, has not taken full advantage of the

    しかし、ソビエト連邦首相のニキータ・クルシェフは、その利点を十分に生かしていない。

  • strategic importance offered by Cuba, much to Castro's chagrin.

    キューバが提供する戦略的重要性は、カストロにとって非常に残念なものであった。

  • Kruschev knows two things- first, the Soviet navy is unlikely to be able to support Soviet

    クルシチョフは2つのことを知っています。1つは、ソ連の海軍がソ連の船を支えることができないだろうということ。

  • forces so far from their own shores if facing down the American navy, and second, the presence

    アメリカの海軍に立ち向かうためには、自国の海岸から遠く離れた場所に軍を配置する必要があります。

  • of large Soviet military forces eighty miles from the US would be an extreme provocation

    アメリカから80マイル離れたところにソ連の大規模な軍事力が存在することは、極端な挑発行為である。

  • that is unlikely to remain unanswered.

    は、答えが出ない可能性が高いと思います。

  • This is why it comes as such a surprise to many senior Soviet leaders when Kruschev approves

    だからこそ、クルシチョフが次のように承認したとき、多くのソ連の上級指導者たちは驚きを隠せなかったのです。

  • a plan to station nuclear weapons in Cuba.

    キューバに核兵器を配備する計画を発表。

  • If military forces would be a provocation, this was tantamount to a declaration of war.

    軍事力が挑発になるとすれば、これは宣戦布告に等しい。

  • The plan must be carried out in complete secrecy.

    この計画は、完全に秘密裏に実行されなければならない。

  • Kruschev's goal is to set up several dozen nuclear capable missiles on Cuba, and then

    クルシチョフの狙いは、キューバに数十発の核ミサイルを設置して

  • reveal their existence to American president John F. Kennedy.

    その存在をアメリカ大統領のジョン・F・ケネディに伝えた。

  • He'll use the presence of the missiles as leverage to gain several concessions from

    彼はミサイルの存在を梃子にして、いくつかの譲歩を得ようとしている。

  • the US in return- chiefly the removal of American nuclear missiles in Turkey and possibly even

    その見返りとして、アメリカはトルコの核ミサイルの撤去を中心に、場合によっては

  • the evacuation of West Berlin by NATO forces.

    NATO軍による西ベルリンの退去。

  • If Kruschev can catch Kennedy by surprise, Kennedy will have no choice but to agree to

    クルシチョフがケネディの意表を突くことができれば、ケネディは同意せざるを得ないだろう。

  • the demands- or face down the threat of nuclear missiles capable of reaching Washington in

    の要求に応じるか、あるいはワシントンに到達可能な核ミサイルの脅威に立ち向かうかである。

  • ten minutes or less.

    10分以内に終了します。

  • But American intelligence has kept an expansive spy ring alive and well in Cuba.

    しかし、アメリカの諜報機関は、キューバに広大なスパイ組織を存続させている。

  • Many Cuban citizens may not have liked the Batista dictatorship supported by the US,

    キューバ国民の多くは、アメリカが支援したバチスタ独裁政権を好まなかったかもしれない。

  • but they like Castro and communism even less.

    でも、カストロや共産主義はもっと嫌いなのです。

  • Rumors circulate about a large influx of Soviet military personnel, disguised as agriculture

    農業を装ったソ連の軍人が大量に流入してくるという噂が流れた。

  • experts and civil engineers.

    専門家や土木技術者

  • Movement of Soviet equipment across the island has been spotted and reported to American

    ソ連の機材が島を横断する動きが目撃され、アメリカに報告されている。

  • field agents, who relay the information back to their handlers on the mainland.

    現場のエージェントは、その情報を本土の担当者に伝えます。

  • The intelligence community is convinced- there are Soviet nuclear weapons in Cuba.

    情報機関は、キューバにソ連の核兵器があると確信している。

  • But nobody else believes them, they must gather evidence.

    しかし、誰も信じてくれないので、証拠を集めなければならない。

  • October 14th, 1962.

    1962年10月14日。

  • A U-2 spy plane piloted by Major Richard Heyser takes off from an airfield in Florida and

    リチャード・ヘイザー少佐が操縦するU-2偵察機がフロリダの飛行場を離陸して

  • heads for Cuba.

    がキューバに向かう。

  • Flying at extreme heights, the plane is difficult to target with ground-based weapons, and Cuban

    極端な高さで飛行しているため、地上の兵器で狙うことが難しく、キューバの

  • radar operators aren't as alert as they should be.

    レーダーのオペレーターは必要以上に警戒しない。

  • The plane takes thousands of photographs of suspected Soviet military sites on the island

    同機は、島にあるソ連の軍事施設と思われる場所を何千枚も撮影している。

  • before returning home.

    帰る前に

  • The film roll, over 3 miles in length, is rushed to be analyzed by intelligence specialists.

    3マイル以上もあるフィルムロールは、情報専門家による分析が急がれる。

  • The specialists have been cooperating with experts in Soviet nuclear missile sites, and

    専門家は、ソ連の核ミサイル基地の専門家と協力していて

  • with their knowledge confirm the presence of several sites on Cuba which look exactly

    彼らの知識をもってすれば、キューバにはまさにそのようなサイトがいくつも存在することが確認できる。

  • like known nuclear sites in the USSR.

    ソ連の既知の核施設のように。

  • The greatest existential threat the United States has ever faced has just been confirmed.

    米国がこれまでに直面した最大の存亡の危機が確認されました。

  • As the news is rushed to President Kennedy, the Soviets continue their work.

    このニュースがケネディ大統領に駆けつけたとき、ソビエトは仕事を続けていた。

  • They cover their launchers with camouflage netting during the day and work strictly at

    日中はカモフラージュ用のネットでランチャーを覆い、厳しい環境下で活動する。

  • night to avoid detection.

    見つからないように夜に

  • Kruschev monitors their progress carefully.

    クルシチョフは、彼らの動向を注意深く観察している。

  • If the missiles can remain undetected, in just over a week they will be active and he'll

    ミサイルが検出されなければ、1週間後にはミサイルが発射され、彼は

  • have achieved the greatest strategic victory in Russian history.

    は、ロシア史上最大の戦略的勝利を収めました。

  • October 16th.

    10月16日

  • President John F. Kennedy has called an immediate meeting of Ex-Comm, a team of his most senior

    ジョン・F・ケネディ大統領は、最上級の幹部で構成されるEx-Commを直ちに招集しました。

  • advisors and Pentagon officials.

    顧問やペンタゴンの関係者が

  • The photos are analyzed and scrutinized.

    写真は分析され、精査されます。

  • American intelligence confirms the locations of the missiles, brought to Cuba aboard Soviet

    アメリカの情報機関は、ソ連の船でキューバに持ち込まれたミサイルの位置を確認しています。

  • freighters and carefully hidden from public view during the transit.

    貨物船で運ばれている間は、人目に触れないように注意しています。

  • Kennedy asks how long it'll take for the missiles to be active.

    ケネディは、ミサイルが有効になるまでの期間を尋ねた。

  • Estimates vary, but most agree it'll take just over a week.

    見積もりにはばらつきがありますが、ほとんどの場合、1週間程度で終わります。

  • The President needs options, and he needs them fast.

    大統領は選択肢を必要としていて、しかもそれが早急に必要なのです。

  • Air Force Chief of Staff General Curtis LeMay, the legendary World War II bulldog bomber

    第二次世界大戦の伝説的なブルドッグ爆撃機、カーティス・ルメイ空軍参謀総長

  • commander, has an immediate answer.

    の指揮官は、即答している。

  • Bomb the sum' bitches”, he responds.

    "Bomb the sum' bitches "と答えている。

  • The United States has the largest strategic bomber fleet in the world, and LeMay's Air

    米国は世界最大の戦略爆撃機を保有しており、LeMay社のAir

  • Force can level the missile sites in a matter of hours.

    軍は数時間のうちにミサイル基地を平らにすることができます。

  • The other military advisors in the room agree with LeMay, strongly favoring immediate military

    その場にいた他の軍事顧問たちもルメイに賛同し、即時の軍事行動を強く望んでいた。

  • action.

    のアクションである。

  • The US Marines, supported by the Navy and Army, can have a foothold in Cuba with just

    海軍と陸軍の支援を受けたアメリカ海兵隊は、たったそれだけでキューバに足場を築くことができる。

  • a few days preparation time.

    数日間の準備期間が必要です。

  • The missiles, Castro, and the Soviets could all be out of the Western Hemisphere by the

    ミサイルも、カストロも、ソビエトも、西半球から出て行くことができるのは

  • end of the week.

    週の終わりに

  • Kennedy's non-military advisors are horrified, and Kennedy shares their objections.

    ケネディの非軍事顧問は恐怖を感じており、ケネディもその反対意見を共有している。

  • A military strike would kill thousands of Soviet personnel and risk escalating the conflict.

    軍事攻撃をすれば、数千人のソ連人が犠牲になり、紛争がエスカレートする危険性がある。

  • Kruschev would be likely to take retaliatory action in Germany- particularly against West

    クルシチョフはドイツで、特に西欧に対して報復行動をとる可能性が高い。

  • Berlin where 15,000 NATO forces are surrounded by over a hundred thousand eastern bloc forces.

    15,000人のNATO軍が10万人以上の東欧圏の軍隊に囲まれているベルリン。

  • The heated argument lasts for hours, and finally Kennedy is given three options: an air attack

    激しい議論は何時間も続き、最終的にケネディは空爆という3つの選択肢を与えられた。

  • and possible invasion of Cuba, diplomacy with Castro and Kruschev, or a naval quarantine

    とキューバへの侵攻の可能性、カストロとクルシチョフとの外交、あるいは海軍の検疫

  • of the island.

    の島です。

  • Kennedy immediately takes to the quarantine idea, though is careful to phrase it as a

    ケネディはすぐに検疫のアイデアを取り上げるが、その際、慎重に「検疫とは」と表現している。

  • quarantine and not a blockade as that would technically be considered an act of war.

    検疫であって、封鎖ではありません。これは技術的には戦争行為とみなされます。

  • However, Kennedy needs more time to prepare the US navy and to consider how to execute

    しかし、ケネディはアメリカ海軍の準備と実行方法を検討するために、より多くの時間を必要としている。

  • the quarantine.

    隔離されています。

  • Soviet ships frequently travel to the island nation, and he needs to mull the decision

    ソ連船が頻繁に行き来する島国なので、熟考する必要がある。

  • over.

    を超えています。

  • He knows the Soviets may call his bluff, and American seamen may be forced to fire on Soviet

    ソ連にハッタリをかまされ、アメリカの船員がソ連軍に発砲せざるを得なくなるかもしれないことを知っているからだ。

  • ships, with unknown repercussions.

    艦船には未知の影響があります。

  • To the rest of the world, the American government seems to be pursuing business as usual.

    世界の他の国々から見れば、アメリカ政府はいつも通りの仕事をしているように見えます。

  • Soviet intelligence is confident that the US still doesn't know about the missiles.

    ソ連の情報機関は、アメリカはまだミサイルのことを知らないと確信している。

  • Congressional elections are coming up shortly, and Kennedy goes on the campaign trail for

    議会選挙が間近に迫り、ケネディは選挙活動のために

  • fellow Democrats, acting as if everything is perfectly fine.

    民主党の仲間たちは、すべてが完璧であるかのように振る舞っています。

  • Behind the scenes though, the US military is preparing for conflict.

    しかし、その裏では、米軍は紛争に備えている。

  • America's silent service, its fleet of submarines, begin a hunt for Soviet ballistic missile

    アメリカのサイレントサービス、潜水艦の艦隊がソ連の弾道ミサイル狩りを始める

  • subs and then shadow them.

    のサブ機を使って、シャドーイングする。

  • In the case of war, they'll be sunk before having a chance to fire.

    戦争になれば、発射する前に撃沈されてしまう。

  • American journalists however are beginning to grow suspicious.

    しかし、アメリカのジャーナリストたちは疑念を抱き始めている。

  • Leaks from within the White House have led to rumors of imminent military action against

    ホワイトハウス内のリーク情報により、対米軍事行動が迫っているとの噂が流れている。

  • Cuba.

    キューバです。

  • The rumors, completely unsubstantiated, then begin to hint at the presence of nuclear weapons

    全く根拠のない噂が、核兵器の存在を示唆するようになる。

  • on the island.

    島で

  • A Washington correspondent spots a dinner meeting of senior military leadership and

    ワシントン特派員が、軍幹部の晩餐会を取材して

  • Cuban policy experts and presses for answers, but the men refuse to answer.

    キューバの政策専門家と回答を迫るが、男たちは答えようとしない。

  • One major editorial finally has enough evidence to go to press with a bombshell story about

    あるメジャーな論説は、ついに十分な証拠を得て、爆弾のような記事を発表しました。

  • Soviet weapons in Cuba, and President Kennedy himself personally asks the editor of the

    キューバにソ連の兵器があると、ケネディ大統領自らが雑誌の編集者に質問しています。

  • paper to not publish the story.

    この記事を掲載しないように新聞社に要請しました。

  • The editor agrees, giving Kennedy more time to prepare his response.

    編集者も同意し、ケネディに回答を準備する時間を与えた。

  • Kennedy leaves the campaign trail in order to meet with senior advisors, and at a daily

    ケネディは上級顧問と会うために選挙戦を離れ、毎日のように

  • press briefing reporters demand to know if rumors that the President returned to Washington

    記者会見では、大統領がワシントンに戻ったという噂について、記者たちから問い合わせがありました。

  • to discuss a military matter of great significance are true.

    が大きな意味を持つ軍事問題を議論することは事実です。

  • The White House press secretary assures the reporters that the President was simply suffering

    ホワイトハウスのプレス・セクレタリーは、記者たちに「大統領は単に苦しんでいただけだ」と断言する。

  • from a worsening cold.

    風邪が悪化したことから

  • The Soviets however are growing suspicious that their weapons have been made by the Americans.

    しかし、ソビエトは自分たちの兵器がアメリカに作られたものではないかと疑念を募らせていた。

  • Their fears are confirmed when on the morning of October 22nd, the White House press secretary

    その心配を裏付けるように、10月22日の朝、ホワイトハウスの報道官が

  • announces that the president will address all Americans on a matter of vital national

    大統領が国家の重要な問題について全国民に向けて演説することを発表。

  • importance that very evening.

    その日の夕方には

  • As the sun sets across America, President John F. Kennedy addresses the United States

    アメリカ全土に夕日が沈む中、ジョン・F・ケネディ大統領が米国で演説を行いました。

  • and the world over television and radio.

    とテレビやラジオで世界中に発信しています。

  • The President confirms the presence of Soviet nuclear weapons on Cuba, as well as the assembling

    大統領は、キューバにソ連の核兵器が存在することを確認し、また、組み立てられた

  • of Soviet strategic bombers and the creation of support air fields.

    ソ連の戦略爆撃機の導入と支援飛行場の設置。

  • He lambasts the Soviet Union for lying about the defensive nature of the military buildup

    軍備増強の防衛的性格について嘘をついたソ連を非難した

  • on the island.

    島で

  • Kennedy then announces a naval quarantine of the island, stating that any ships discovered

    ケネディは島の海軍検疫を発表し、発見された船には

  • to be carrying weapons will be turned back, and the quarantine will be strictly enforced.

    武器を携帯していると思われる人は引き返し、隔離を徹底して行います。

  • He also makes it clear that any nuclear weapon launched against any target in the western

    また、西欧諸国のどのような目標に対しても、核兵器を発射することを明確にしています。

  • hemisphere will be considered as an act of war against the United States itself.

    半球は、米国自身に対する戦争行為とみなされます。

  • Thousands of miles away, Kruschev and his cabinet pay close attention to Kennedy's speech.

    何千マイルも離れた場所で、クルシチョフと彼の内閣はケネディの演説に注目している。

  • Kruschev is actually greatly relieved- he had expected, and been preparing for, military

    クルシチョフは非常に安心していました。

  • action.

    のアクションである。

  • However, Kennedy's quarantine is a clear signal that he's willing to negotiate.

    しかし、ケネディの検疫は、交渉に応じるという明確なシグナルである。

  • That night, Kruschev sends his own signal to Washington by attending the opera where

    その夜、クルシチョフはオペラを鑑賞して、ワシントンに自分のシグナルを送った。

  • an American performer is currently headlining.

    現在、アメリカのパフォーマーがヘッドライナーを務めています。

  • He meets with the American and together they discuss peace.

    彼はアメリカ人と会い、一緒に平和について話し合った。

  • But the fate of the world may be out of the hands of the two men who's militaries are

    しかし、世界の運命は、軍事力を持つ2人の男の手に委ねられているのかもしれません。

  • preparing to go to war against each other, and in the hands of those very soldiers.

    そして、その兵士たちの手の中には、戦争の準備をしている人たちがいる。

  • Back in the US, the American navy is steaming into position around Cuba and closing the

    アメリカに戻ると、アメリカ海軍がキューバ周辺の陣地に向けて急行し、閉鎖している。

  • cordon.

    コルドン

  • With twenty ships already on their way from the Soviet Union, tensions are sky-high.

    ソ連からはすでに20隻の船が向かっており、緊張感は最高潮に達している。

  • Standing orders are to issue radio warnings to turn back.

    ラジオで引き返すように警告するのが常套手段だ。

  • If any ship refuses, a single warning shot across the bow will be fired.

    拒否する船があれば、船首に一発の警告射撃を行う。

  • If the ship still refuses to turn back, American ships are authorized to fire in order to disable

    それでも引き返そうとしない場合は、米艦船には無力化のための射撃が認められています。

  • the ship.

    船を

  • Still several hundred miles out, the Soviet ships however are not showing any signs of

    まだ数百マイル離れているが、ソ連の船には何の兆候も見られない。

  • stopping or turning around.

    立ち止まったり、振り向いたり。

  • Further ratcheting tensions, the American secret SOSUS underwater surveillance program

    さらに、アメリカが秘密裏に進めていた水中監視プログラム「SOSUS」が、緊張感を高めています。

  • confirms the presence of Soviet submarines moving into the Caribbean.

    ソ連の潜水艦がカリブ海に進出していることを確認。

  • Back in Washington, an American reporter is getting a drink at a bar and chatting with

    ワシントンでは、アメリカ人記者がバーでお酒を飲みながら談笑しています。

  • a friend.

    友人に

  • He remarks that he's soon to be attached with a Marine landing force.

    もうすぐ海兵隊の上陸部隊と合流するんだ」と言っていた。

  • The bartender overhears the chatter, and moves down the bar to where a Soviet reporter is

    その話を聞いたバーテンダーは、ソ連の記者がいるところに移動した。

  • drinking.

    を飲んでいます。

  • The bartender taunts the Soviet, telling him that soon the US will be invading Cuba.

    バーテンダーは、「もうすぐアメリカがキューバを侵略する」と言って、ソ連人をなじる。

  • The Soviet is not just a prominent reporter though, he's a KGB agent.

    しかし、ソ連人は単なる著名な記者ではなく、KGBのエージェントでもある。

  • The next day, the Soviet ambassador meets with the American reporter, and over dinner

    翌日、ソ連大使はアメリカ人記者と会い、夕食を共にした。

  • attempts to pump him for information about a possible invasion of Cuba.

    キューバ侵攻の情報を聞き出そうとする。

  • The reporter simply warns the ambassador not to underestimate the resolve of the United

    記者は、大使にアメリカの決意を過小評価するなと警告しただけだ。

  • States.

    状態です。

  • October 25th, the eastern Caribbean.

    10月25日、東カリブの

  • Soviet freighters full of arms are approaching the quarantine zone.

    武器を満載したソ連の貨物船が検疫区域に近づいている。

  • They've ignored all warnings to turn back.

    戻るようにとの警告をすべて無視している。

  • American ships sound battle stations- but at the last minute, the ships suddenly change

    米軍の艦船がバトルステーションを鳴らすが、直前になって艦船が急変する。

  • course and sail back for Europe.

    航路を確保し、ヨーロッパに向けて航行する。

  • The oil tanker Bucharest however refuses to turn back.

    しかし、オイルタンカー「ブカレスト」は引き返そうとしない。

  • American captains are under orders to not fire without express authorization from the

    アメリカの艦長は、大統領の許可なしには発砲してはいけないという命令を受けています。

  • President himself.

    社長自ら。

  • Kennedy is informed of the tanker's refusal.

    ケネディはタンカーが拒否したことを知らされる。

  • His advisors warn him that if they allow the tanker through, it'll only encourage other

    顧問は、タンカーを通してしまうと、他の人たちを刺激することになると警告する。

  • Soviet ships to break the quarantine as well.

    ソ連船も検疫を突破するために

  • Kennedy decides to risk it, and allows the tanker to dock in Cuba.

    ケネディは危険を顧みず、タンカーのキューバへの停泊を許可した。

  • The next day, Fidel Castro sends a letter to Kruschev imploring him to launch a nuclear

    翌日、フィデル・カストロはクルシチョフに核攻撃を促す手紙を送っている。

  • first strike against the United States.

    アメリカへの先制攻撃。

  • He's willing to sacrifice his island and his people for the cause of global revolution

    世界革命のためには、島や人々を犠牲にすることも厭わない。

  • if it means the US will also burn in flames.

    アメリカも炎上してしまうのであれば

  • Kruschev ignores the letter, and writes one of his own to Kennedy, penning a strong emotional

    クルシチョフは、この手紙を無視して、ケネディに自分の手紙を書きました。

  • appeal for both sides to find a peaceful resolution and notdoom the world to the catastrophe

    双方が平和的な解決策を見出し、「世界を破滅に導く」ことのないよう訴えています。

  • of thermonuclear war.”

    熱核戦争の」。

  • Kennedy receives the letter and considers it.

    手紙を受け取ったケネディは、それを検討する。

  • It poses great political risk for both sides.

    それは、双方にとって大きな政治的リスクをもたらす。

  • If the letter is leaked, Kruschev could appear weak to the Soviet people and his allies.

    もし、この手紙が流出すれば、クルシチョフはソ連国民や同盟国に対して弱腰だと思われかねない。

  • If Kennedy takes the letter at face value and it turns out to be nothing more than a

    もしケネディがこの手紙を額面通りに受け取って、それが単なる

  • manipulative ploy, Kennedy could appear extremely naive.

    ケネディは非常にナイーブな人物である。

  • Back in Cuba, the Americans are now keeping tabs on the progress of the missile buildup

    キューバに戻ったアメリカ人は、ミサイル開発の進捗状況を把握しています。

  • with the use of U-2 spy planes.

    U-2偵察機を使用して。

  • The planes are detected by Cuban radar, but the anti-air missiles are under the command

    飛行機はキューバのレーダーで探知されているが、対空ミサイルは指揮下にある。

  • of Soviet units.

    ソ連のユニットの

  • Soviet forces are under strict orders to not fire without Kremlin authorization.

    ソ連軍はクレムリンの許可なしには発砲してはいけないという厳しい命令を受けている。

  • October 27th, high in the sky over Cuba, an American U-2 is flying a reconnaissance mission.

    10月27日、キューバの空高く、アメリカのU-2が偵察飛行を行っていた。

  • Major Rudolf Anderson has been detected and tracked by Cuban radar.

    ルドルフ・アンダーソン少佐はキューバのレーダーに探知され、追跡されています。

  • Soviet missiles have a good lock on the American plane.

    ソ連のミサイルは、アメリカの飛行機をしっかりとロックしている。

  • Inexplicably, the Soviet ground commander gives the order to fire.

    なぜか、ソ連の地上指揮官が発砲命令を出してしまう。

  • A telephone-pole sized missile streaks up into the sky.

    テレフォンポールサイズのミサイルが空に向かって突き刺さる。

  • In minutes it explodes under the belly of the U-2, tearing it into pieces.

    数分後、U-2の腹の下で爆発し、粉々になってしまう。

  • Shrapnel from the explosion rips through the cockpit, fatally wounding Major Anderson.

    爆発の破片がコックピットを貫通し、アンダーソン少佐が致命傷を負う。

  • The first shot of World War III may have just been fired.

    第三次世界大戦の最初の一発が発射されたのかもしれない。

  • Unknown to the Soviets, the White House had already decided even before the U-2 took flight

    ソ連は知らなかったが、ホワイトハウスはU-2が飛行する前にすでに決定していた。

  • that if it was shot down, they wouldn't even meet- a military response would be immediately

    もし撃墜されたら、彼らは会うことすらできないだろうし、軍事的な対応は即座に行われるだろう。

  • launched.

    を立ち上げました。

  • What the Americans don't know however is that Soviet strategic nuclear weapons are already

    しかし、アメリカ人が知らないのは、ソ連の戦略核兵器がすでに

  • operational, and more than capable of annihilating an American invasion force.

    アメリカの侵攻部隊を殲滅する能力を持っています。

  • Luckily for the world, the White House goes back on their original plan and decides to

    世界にとって幸運なことに、ホワイトハウスは当初の計画に戻って、以下のことを決定しました。

  • meet and discuss the incident instead of launching a military strike.

    軍事攻撃をするのではなく、会議を開いて事件を話し合う。

  • As the Americans debate their response however, yet another provocation is about to launch

    しかし、アメリカが対応を検討している間に、また新たな挑発行為が行われようとしていた。

  • global thermonuclear war.

    世界的な熱核戦争。

  • Soviet submarines have been tracked by the Americans across the Caribbean, and now one

    ソ連の潜水艦はアメリカがカリブ海で追跡していたが、今度は1隻が

  • has been detected loitering near the quarantine zone.

    が検疫区域付近をうろついているのを発見しました。

  • Soviet Foxtrot-class submarine B-59 has been running deep and silent in order to avoid

    ソ連のフォックストロット級潜水艦B-59は、回避するために深く静かに走っている。

  • the American navy, but its batteries are nearly exhausted.

    アメリカの海軍は、そのバッテリーをほとんど使い果たしています。

  • It's now loitering on the surface and running its diesel engines in order to recharge onboard

    現在は地表で待機しており、ディーゼルエンジンを動かして船内の充電を行っている。

  • batteries when the crew spot two American destroyers steaming directly at them.

    バッテリーを搭載した2隻のアメリカ駆逐艦を発見。

  • The captain calls for an emergency crash dive, and the sub gets under the waves just a minute

    船長が緊急にクラッシュダイブを要請し、潜水艦はわずか1分で波の下へ。

  • before the Americans arrive.

    アメリカ人が来る前に

  • The two destroyers begin dropping practice depth charges around the submarine's location.

    2隻の駆逐艦は、潜水艦の位置を中心に練習用の水深計を投下し始める。

  • These charges are used in training and contain little explosive charge, and are meant to

    これは、トレーニングに使用されるもので、爆発物がほとんど含まれておらず、その目的は

  • signal to the submarine that it must surface.

    潜水艦に浮上の合図を送る。

  • However, the Soviet crew don't know that the US is dropping training charges, and to make

    しかし、ソ連の乗組員は、アメリカが訓練用の爆弾を投下していることを知らず、そのために

  • matters worse they have been out of radio contact with Moscow for days due to their

    さらに悪いことに、彼らはモスクワとの無線連絡を何日も絶っています。

  • need to run deep and silent.

    は、深く静かに走る必要があります。

  • When they surfaced they'd been monitoring US civilian radio for signs of how the crisis

    彼らが浮上したとき、彼らはアメリカの民間放送をモニターして、危機の状況を把握していた。

  • was playing out- the submariners fear that war has already broken out.

    が繰り広げられていたが、すでに戦争が始まっているのではないかと潜水艦乗りたちは恐れている。

  • Unknown to the Americans above, the B-59 is equipped with a nuclear-tipped torpedo, and

    上のアメリカ人には知られていないが、B-59は核を搭載した魚雷を装備しており

  • believing that they are under attack and war has broken out, Captain Valetin Savitsky and

    襲撃を受けて戦争になったと思い込んだヴァレティン・サヴィツキー大尉と

  • political officer Ivan Semyonovish Maslennikov both approve launch of the nuclear torpedo.

    政治委員のイワン・セミョーノヴィッシュ・マスレンニコフは、ともに核魚雷の発射を承認した。

  • However, Vasily Arkhipov, commander of the submarine flotilla B-59 is a part of, does

    しかし、B-59の所属する潜水艦船団の司令官であるVasily Arkhipov氏は、次のように述べています。

  • not give his consent.

    は同意しなかった。