Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • Poland, 1939. A school teacher namedadysława  Karolewska becomes a courier in the anti-German  

    1939年、ポーランド。学校の先生であるウワディスワワ・カロレフスカは、反ドイツのクーリエとなって

  • resistance after the invasion of her countryIn February 1941, she's arrested, and following  

    1941年2月、彼女は逮捕された。 1941年2月、彼女は逮捕され、その後は

  • interrogation, sent to Ravensbrueck concentration  camp. There she is selected to be part of one of  

    尋問を受け、ラーフェンスブルック強制収容所に送られる。そこで、彼女は、次のようなグループの一員に選ばれる。

  • the Nazi's medical experiments. She can have no  idea what's in store for her, neither can many of  

    ナチスの医学実験に参加した。彼女には何が待ち受けているのか、多くの人も想像できないでしょう。

  • the other women who will share a similar fate. This is a tale of body transplantation,  

    同じ運命をたどる他の女性たちのために。これは身体移植の物語である。

  • just one of the medical horrors  prisoners at those camps faced

    これは、収容所の囚人たちが直面した医学的な恐怖の一つです。

  • Let's stick with Karolewska's story for now. She survived, and later testified against  

    ここでは、カロレフスカの話を紹介しよう。生き残った彼女は、後に証言して

  • the Nazis, but before we get to what she  said, here's how medical professionals  

    しかし、彼女の言葉を紹介する前に、医療関係者がどのように

  • later described such experiments: “The criminal experiments consisted in  

    このような実験については、後に書かれています。"犯罪者の実験は次のようなものだった。

  • the deliberate cutting out and infection of bones  and muscles of the legs with virulent bacteria,  

    意図的に脚の骨や筋肉を切り取り、病原性細菌を感染させる。

  • the cutting out of nerves, the introducing  into the tissues of virulent substances  

    神経を切断したり、悪性物質を組織内に取り込んだりすることで

  • and the causing of artificial bone fractures.” The experiments conducted showed no regard  

    人工骨折の原因となる」。実施された実験では全く

  • whatsoever for something calledasepsis.”  This means a state in which the human body  

    "アセプシス "という言葉があります。 これは、人体の状態が

  • is free from dangerous micro-organismssuch as viruses or pathogenic bacteria

    は、ウイルスや病原菌などの危険な微生物を含まない。

  • As you'll see in this show, some victims died  as a result of infections. Others died during  

    この番組でも紹介されていますが、感染症で亡くなった方もいれば、感染症の治療中に亡くなった方もいます。また

  • the operations, while somesuffered major and  extensive injuries to their organs of movement.”  

    また、「運動器官に大きな損傷を受けた者」もいました。

  • There were also times that the Nazishaving injured the victim so devastatingly,  

    また、ナチスが被害者に壊滅的な傷を負わせたこともあった。

  • just took them outside and shot them. At the beginning of Karolewska's testimony, she  

    と言って、外に連れ出して撃ちました。カロレフスカの証言の冒頭で、彼女は

  • was asked, “Witness, were you operated on while  you were in Ravensbrueck concentration camp?” 

    は、"証人、あなたはラーベンスブルーク強制収容所にいたときに手術を受けましたか?"と聞かれました。

  • She replied, “Yes, I was.” Here's what happened

    彼女は "Yes, I was "と答えました。ここからが本番です。

  • On July 22, 1942, she and around 75 other  Polish prisoners were ordered to stand before  

    1942年7月22日、彼女と他の75人のポーランド人囚人は、前に立つように命じられました。

  • the camp office. In front of them were  several high-ranking Nazi officers and  

    収容所の事務所である。彼らの前には、ナチスの高級将校数名と

  • Dr. Fritz Ernst Fischer, a man later imprisoned  for conducting medical experiments at the camp

    フリッツ・エルンスト・フィッシャー博士は、収容所で医学実験を行ったとして後に投獄された人物です。

  • The all-female prisoners were inspected, and then  three days later, they were summoned to go to the  

    女性ばかりの囚人たちは検査を受け、その3日後には召集されて

  • prison hospital. Karolewska said in court, “On  this day, we did not know why we were called  

    刑務所の病院。カロレフスカは法廷で、「この日、私たちはなぜ呼ばれたのかわからなかった。

  • before the camp doctors, and on the same day, ten  of twenty-five girls were taken to the hospital,  

    そして、その日のうちに25人中10人が病院に運ばれた。

  • but we did not know why.” She said a few of the girls  

    しかし、その理由はわかりませんでした。彼女は、数人の女の子が

  • went into the hospital. They were given  injections without being told the reason.  

    病院に行った。理由も知らされずに注射を打たれた。

  • They were called again, and they didn't return  to the hut. Karolewska learned the women were  

    もう一度呼ばれても、彼女たちは小屋に戻ってこなかった。カロレフスカは、女性たちが

  • still in the hospital, their legs now in casts. Then she and some other girls were summoned.  

    足をギブスで固定して入院していたのだ。そして、彼女と他の女の子たちが召集された。

  • This was incredibly frightening. In  her own words, she explained why,  

    これは非常に恐ろしいことでした。その理由を彼女自身の言葉で説明してくれました。

  • We were called at a time when usually executions  took place, and I was going to be executed  

    "通常、処刑が行われる時期に呼ばれ、私は処刑されることになりました。

  • because before some girls were shot down.” While she was in a hospital bed, a nurse  

    なぜなら、何人かの女の子が撃ち落とされる前だったからだ」。彼女が病院のベッドにいるとき、看護師が

  • gave her an injection without explaining whyWhatever had been put into her made her vomit,  

    その理由を説明することなく、彼女に注射をした。 何を注射されたのか、彼女は嘔吐した。

  • after which she was rushed off to an operating  room. There she said Dr. Schidlauski and Rosenthal  

    その後、彼女は手術室に運ばれた。そこで彼女は、シドラウスキー博士とローゼンタールが

  • intravenously injected her with something  else, after which she fell unconscious

    意識を失った彼女に、別の薬を静脈注射した。

  • She woke up, only to feel excruciating pain in  her leg. Before she could try and understand  

    目が覚めると、足に耐え難い痛みがあった。彼女が理解しようとする前に

  • what was happening, she was unconscious againWhen she awoke, she said she was burning up.  

    その時、彼女は再び意識を失いました。 目覚めたとき、彼女は「体が熱くなった」と言った。

  • She felt an intense pain in her leg, and when she  looked down, she saw that her leg was in a cast

    足に激痛が走り、下を見るとギプスがはめられていたそうです。

  • She said, “I noticed also that my leg was  swollen from the toes up to the groin.  

    また、足の指先から鼠径部までが腫れていることにも気づきました。

  • The pain was increasing and the  temperature, too, and the next day I  

    痛みが増し、温度も上がってきて、次の日には

  • noticed that some liquid was flowing from my leg.” On the third day, she was moved to another room.  

    足から液体が出ているのに気付いた。3日目、彼女は別の部屋に移されました。

  • Dr. Fischer was waiting for her, dressed in  a white gown with rubber gloves on his hands.  

    白いガウンに身を包み、手にはゴム手袋をはめたフィッシャー博士が彼女を待っていた。

  • This time she remained conscious, although  the nurse put a sheet over her eyes.  

    今度は、看護師が目の上にシートをかぶせたが、彼女は意識を保っていた。

  • She said in court, “I had the impression that  something must have been cut out of my leg.” 

    彼女は法廷で、"私の足から何かが切り取られたに違いないという印象を受けた "と語った。

  • In the days and weeks that passed, she went  back to the hospital on many occasions,  

    数日後、数週間後、彼女は何度も病院に足を運びました。

  • each time not knowing what was happening to herAt times she was blindfolded, but conscious of  

    何が起きているのかわからないまま、目隠しをされたこともありました。 時には、目隠しをされていましたが、意識はありました

  • the pain the doctors were causing her. She said, “Two weeks later we were all  

    医者が彼女に与えていた苦痛を彼女は、「2週間後、私たちはみんなで

  • taken again to the operating room and put on  the operating tables. The bandage was removed,  

    再び手術室に運ばれ、手術台に乗せられる。包帯が外された。

  • and that was the first time I saw my leg.” What she saw was a giant incision, so deep she  

    その時、初めて自分の足を見たんです」。彼女が見たのは、巨大な切開で、あまりにも深いので

  • could see bones. She, and other girls who'd been  experimented on, were sent back to their huts.  

    骨が見えた。彼女をはじめとする実験を受けた少女たちは、小屋に戻された。

  • She couldn't walk at this point. The doctors weren't done yet

    この時点で、彼女は歩くことができなかった。医者はまだ終わっていなかった。

  • On another day, she was carried back to  the operating room. That day she saw an  

    別の日には、彼女は手術室に運ばれた。その日、彼女が見たものは

  • ambulance outside, so she thought she was going  to be executed. But the doctor operated again,  

    外に救急車がいたので、処刑されるのかと思ったそうです。しかし、先生は再び手術をしてくれました。

  • although she'd been administered a drug that  knocked her out. She woke up in pain. “The  

    気絶するような薬を投与されていたが痛みで目が覚めた。"その

  • symptoms were the same. The leg was swollenand the pus flowed from my leg,” she said

    の症状は同じだった。脚が腫れて、脚から膿が流れていました」とのこと。

  • The hut she stayed in was now full of women who  couldn't walk, who each night cried in pain. At  

    彼女がいた小屋には、歩けなくなった女性たちが集まり、夜な夜な痛みに泣いていた。そして

  • one point, they were told to go back to the  operating room, but this time some of them  

    ある時、「手術室に戻ってください」と言われたが、今度は何人かの人が

  • could only hop, which caused more pain. During her testimony, she was asked,  

    と聞かれました。証言の際、彼女はこう聞かれた。

  • Do you remember when you got out  of bed and were able to walk?” 

    "ベッドから出て、歩けるようになった時のことを覚えていますか?"

  • She replied, “I stayed in bed several  weeks; and then I got up and tried to walk.” 

    彼女は「何週間かベッドにいて、それから起き上がって歩こうとしたの」と答えた。

  • It still wasn't over, but the girls had  had enough. Once they were able to stand,  

    まだ終わっていないが、彼女たちはもう十分だった。立つことができるようになると

  • they stood in the line that was usually  for people headed for the gas chamber

    彼らは、いつもはガス室に向かう人たちの列に並んでいた。

  • This is what she testified, “We went out of the  line and stood before the ninth block in line.  

    これが彼女の証言である。「私たちは列の外に出て、9番目のブロックの前に立ちました。

  • Then Binz (officer) said: 'Why do you stand  so in line as if you were to be executed?'  

    するとビンズ(将校)は、『なぜあなたは、まるで処刑されるかのようにそんなに並んでいるのですか』と言った。

  • We told her that the operations  were worse for us than executions  

    私たちは彼女に、死刑執行よりも手術の方が私たちにとって悪いと伝えました。

  • and that we would prefer to be executed  rather than to be operated on again.” 

    そして、再び手術を受けるよりも、死刑になった方がいいと思っている」。

  • The next time she was operated on, she woke up  with both her legs in iron splints and bandages,  

    次に手術を受けた時、彼女は両足に鉄製のスプリントと包帯を巻いた状態で目を覚ましました。

  • from her toes right up to her groin. She was, of course, one of the fortunate people  

    爪先から股間に至るまで。彼女はもちろん、幸運な人の一人でした。

  • to make it out of the camp. He legs were a messas she showed people who attended her testimony.

    と言って、キャンプから脱出した。彼女が証言に参加した人々に見せたように、彼の足はめちゃくちゃでした。

  • We'll come back to more victim testimoniesbut first, we need to know what the Nazi  

    もっと被害者の証言を紹介しますが、その前に、ナチスの

  • doctors were doing to Miss Karolewska. In a paper published in the National Institutes  

    医師がカロレフスカさんにしていたこと。米国国立研究所で発表された論文では

  • of Health, the author said that he spent three  years looking through the national archives  

    の健康のために、著者は3年かけて国立のアーカイブを調べたという。

  • in Germany in an effort to try and understand  what actually went on in the camps' hospitals

    収容所の病院で実際に何が行われていたのかを理解するために、ドイツでは

  • He wrote that one study found that 27,759 people  were victims of Nazi medical experiments in all  

    ある研究では、ナチスの医学実験の犠牲者は、全部で27,759人だったと書かれていました。

  • the camps, and 4364 of them died as a result. For  the most part, these experiments were conducted  

    その結果、4364名の方が亡くなりました。ほとんどの場合、これらの実験は

  • in an effort to bolster the German campaign on  the battlefield, in the ocean, and in the skies

    戦場で、海で、空で、ドイツの作戦を強化するために。

  • We won't go into it today, but as far as the  ocean is concerned, sometimes-deadly experiments  

    今日は割愛しますが、海に関しては、時に命がけの実験が

  • used prisoners to understand better how to  treat someone for hypothermia. As for the air,  

    低体温症の治療方法をよりよく理解するために、囚人を使用しました。空気に関しては

  • some also-deadly experiments featured  victims being forced into a special chamber  

    また、死を招くような実験では、犠牲者を特別な部屋に押し込むというものもありました。

  • where they experienced changes in air pressure. But it was on the battlefield where most injuries  

    気圧の変化を体験しています。しかし、多くの負傷者が出たのは戦場でした。

  • happened. German soldiers routinely lost  limbs; they had bullets fired into them;  

    が起こりました。ドイツ軍の兵士は日常的に手足を失っていた。

  • they suffered terrible burns, and frequently  they almost succumbed to head injuries.  

    酷い火傷を負ったり、頭を打って倒れそうになったりすることもあった。

  • These people had to be operated on quicklysometimes without much time or expertise at hand

    このような人々には、迅速に手術を行わなければならず、時には時間も専門知識もない状態で手術を行わなければならないこともあった。

  • Untold numbers of German soldiers were getting  seriously injured, and that's why the army  

    膨大な数のドイツ兵が重傷を負っていたため、軍は

  • demanded that the medical corps conduct  experiments on the prisoners they had in  

    医療班は、収容した囚人の実験を要求した。

  • those camps. According to NIH, experimentswere  carried out to observe bone, muscle, and nerve  

    そのキャンプではNIHによると、「骨、筋肉、神経を観察する実験が行われた」とのことです。

  • regeneration, and the possibility of bone and  limb transplantation from one person to another.” 

    再生、そして人から人への骨や手足の移植の可能性を秘めている。"

  • Now you likely have a better  understanding of what happened  

    これで、何が起こったのかがよくわかったと思います。

  • to Miss Karolewska and many of her comrades. Just so you know, Ravensbrück was the biggest  

    カロレフスカさんと多くの仲間たちに。ご存知のように、レーベンスブリュックは最大の

  • women's concentration camp, in total holding  something like 40,000 Polish prisoners and 26,000  

    女性強制収容所には、ポーランド人囚人が4万人、女性囚人が2万6千人ほど収容されていました。

  • Jewish prisoners. It's thought about 28,000 of  them died in all, from overwork, hunger, disease,  

    ユダヤ人捕虜。過労、飢え、病気などで全部で2万8千人が死んだと考えられています。

  • beatings, but also medical experiments. Other  sources state that there were about 130,000 from  

    殴られるだけでなく、医学実験も行われた。から約13万人だったとする資料もある。

  • various countries, of which 30,000 to 90,000 died. Women, of course, weren't the only ones  

    そのうち、3万人から9万人が亡くなったという。もちろん、女性だけではありません。

  • experimented on. In the NIH paper, it says 20  men from the Sachsenhausen concentration camp  

    実験されたのです。NIHの論文では、ザクセンハウゼン強制収容所の20人の男性が

  • were used and abused. Just to give you an idea of  what sometimes happened, we'll talk about them

    が利用され、悪用されました。時には何が起こったのかを知るために、それらについてお話します。

  • The Nazis wanted to understand if they could  treat an infected wound with a certain drug on  

    ナチスは、ある薬で感染した傷口を治療できるかどうかを理解したかったのです。

  • the battlefield, or if that infection needed  to be treated surgically in a field hospital.  

    戦場では、その感染症を野戦病院で外科的に治療する必要があります。

  • To understand this, they used Guinea pigsthe prisoners. They sliced open their legs and  

    それを理解するために、囚人であるギニアピッグを使った。彼らは足を切り開いて

  • purposely infected them with bacteria. They then  sewed up the wounds and administered the drug

    意図的に細菌を感染させた。そして、その傷口を縫って薬を投与したのです。

  • Here's what the actual report said: “An incision was made five to eight centimeters  

    実際の報告書にはこんなことが書かれていました。"5~8cmのところを切開して

  • in length and one to one-and-a-half centimeters  in-depth on the outside of the lower leg in  

    の下腿部の外側に、長さ1~1.5cmの深さで

  • the area of the peroneus longus. The bacterial  cultures were put into dextrose, and the resulting  

    長脛骨周囲の菌の培養液をデキストロースに入れ、得られた

  • mixture was spread into the wound. The wound  was then closedno serious illnesses resulted.” 

    の混合物を傷口に塗りました。その後、傷口は閉じられました...重大な病気は起こりませんでした。"

  • Success! But had it not been, those 20  prisoners could have been in serious  

    成功です。しかし、そうでなければ、この20人の囚人は深刻な事態に陥っていたかもしれません。

  • trouble. Who knows if they survived anyway? The women at the other camp were known not as  

    トラブルが発生した。彼女たちが生き残ったかどうかは、誰にもわからない。他のキャンプの女性たちは次のように知られていた。

  • Guinea pigs, but asrabbits”. They became  known as theRabbits of Ravensbrück”,  

    モルモットではなく、「うさぎ」として。彼らは「レーベンスブリュックのウサギ」として知られるようになった。

  • and many were victims of transplantation. That wasn't always the case, though. The  

    と、多くの人が移植の犠牲になりました。とはいえ、必ずしもそうではありませんでした。その

  • reports state that because success had been  achieved at the male camp regarding infections,  

    の報告によると、男性陣では感染症に関して成功を収めていたからです。

  • the Germans upped the ante at the female campThey rubbed many things into their wounds,  

    ドイツ軍は、女性の収容所では、より一層の努力をした。 彼らは傷口にいろいろなものをすり込んだ。

  • hoping to simulate what might happen on the  battlefield. Not that it will mean much to  

    戦場で起こるかもしれないことをシミュレートしたいと思っています。それが何を意味するかはわかりませんが

  • many of you, the bacteria introduced into the  wounds included, “staphylococci, streptococci,  

    皆さんの中には、傷口に入ってきた細菌に「ブドウ球菌、連鎖球菌」が含まれている方も多いのではないでしょうか。

  • clostridium perfringens, and clostridium novyi.” So, when women woke up with wounds in their legs  

    clostridium perfringens, clostridium novyi "です。だから、女性が足に傷を負って目覚めたときには

  • and their temperature was high, it was sometimes  the consequence of one of those experiments.  

    このような実験の結果、体温が高くなってしまったこともありました。

  • Sometimes they ensured numerous operationsand the experiment could differ each time

    時には、何度も操作を繰り返し、その都度、実験内容が異なることもあります。

  • Take for instance the story of Barbara  Pietrzyk. This 16-year old went through  

    例えば、バーバラ・ピエジークの話を聞いてみよう。この16歳の少女が経験したのは

  • five separate operations, which resulted  in paralysis of one of her legs. We don't  

    5回にわたる手術で、片足が麻痺してしまいました。私たちには

  • know exactly what happened to her each timebut it's said she underwent bone operations

    そのたびに何が起こったのか正確にはわかりませんが、骨の手術を受けたと言われています。

  • Simulation of the battlefield, as we said earliercould include many different types of injuries

    戦場のシミュレーションでは、先ほど述べたように、さまざまな種類の負傷が考えられます。

  • One of the most common injuries was  getting shot. Bullets pierced through skin,  

    怪我の中でも特に多かったのが、銃で撃たれることでした。弾丸は皮膚を貫通する。

  • wrecked muscle tissue, destroyed major organsbroke bones, and left infections. That gave a  

    筋組織が破壊され、主要臓器が破壊され、骨が折れ、感染症が残った。それによって

  • lot of scope to doctors working at the camps. Thankfully for the women, when it was proposed  

    キャンプ場で働く医師には、多くの範囲があります。女性たちにとってありがたいことに、この法案が提案されたとき

  • to Dr. Fischer that to better simulate  real-life the women should be shot,  

    フィッシャー氏は、現実の世界をよりよく再現するために、女性を撮影するべきだと言った。

  • he turned his head up and instead said there must  be a better way to simulate injuries. Maybe that's  

    怪我のシミュレーションには、もっと良い方法があるはずだ」と言って、首を傾げた。もしかしたら、それは

  • why he wasn't hanged after his trial. He actually became a doctor many years  

    なぜ裁判で絞首刑にならなかったのか。彼は実際に何年も前に医者になった

  • later and died aged 90, a free man. At  the Nuremberg Trials, sixteen doctors  

    その後、自由の身となって90歳で亡くなった。ニュルンベルク裁判では、16人の医師が

  • were found guilty. Seven were executed, while  the others received lengthy prison sentences

    は有罪となりました。7人は処刑され、他の人は長い懲役刑を受けた。

  • They did stuff like stop blood circulation  in the legs by tying off muscles,  

    筋肉を縛って足の血行を止めたりしていました。

  • which led to deaths and severe infections. The  doctors later admitted that with some experiments,  

    その結果、死亡者や重度の感染症が発生しました。医師は後に、いくつかの実験で認めました。

  • they knew that a number of women would die. It  was all for the greater cause, or as many Nazis  

    多くの女性が犠牲になることを知っていたからだ。すべては大義のために、あるいは多くのナチスが

  • later said, they were just following orders. Some German soldiers were so badly wounded  

    後になって、彼らはただ命令に従っただけだと言った。重傷を負ったドイツ兵も

  • on the battlefield that they lost limbsbut at times they perhaps needed to borrow  

    戦場で手足を失うことはあっても、時には借金をしなければならないこともありました。

  • tissue or nerves to heal their wounds.That's  why the Nazis were interested inbone,  

    だからこそ、ナチスは「骨」に興味を持ったのだ。

  • muscle, and nerve regeneration, and the  possibility of bone and limb transplantation.” 

    筋肉や神経の再生、骨や手足の移植の可能性など、"

  • This is why many women woke up with bits of  them missing. Some had nerve tissue removed,  

    そのため、多くの女性が目を覚ますと体の一部がなくなっていました。神経組織を切除した人もいました。

  • which was transplanted to another prisoner. At  times, the doctors would remove a part of the leg,  

    それを他の囚人に移植していました。時には医師が脚の一部を切除することもありました。

  • the fibula or tibia, and then they would  try to graft that part to another woman,  

    そして、その部分を別の女性に移植しようとするのです。

  • who now was missing some part of her leg. Muscles were also removed and moved. We'll give  

    足の一部がなくなってしまった人。筋肉も除去して動かしました。私たちは

  • you some scientific language now, only because we  don't have much medical acumen ourselves. The NIH  

    今、あなたに科学的な言葉を教えているのは、私たちが医学的な知識をあまり持っていないからです。NIHは

  • paper said about muscle experiments, “These  involved repeated myomectomies (removal of  

    論文では、筋肉の実験について、「筋腫摘出術を繰り返していました。

  • parts of skeletal muscle) from the same anatomic  locations, so that the legs got thinner and weaker  

    骨格筋の一部)が同じ位置にあるため、足が細く弱くなってしまったのです。

  • over the course of the experiment.” The vast majority of the time,  

    実験の過程で"大半の場合は

  • the doctors were working with bone grafts  and tissue grafts, but on some occasions,  

    医師たちは骨移植や組織移植を行っていましたが、いくつかの場面では

  • they tried to transplant an entire boneAccounts of this are scant, but it did happen

    骨全体を移植しようとしたのです。 その記録はほとんどありませんが、実際に行われました。

  • In one account, Dr. Fischer said, “I returned to  Hohenlychen as quickly as possible with the bone  

    フィッシャー博士は、「私は骨を持ってできるだけ早くホーエンリーヘンに戻った」と語っている。

  • which was to be transplanted. In this manner, the  period between removal and transplantation was  

    移植されるべきものである。このようにして、取り出してから移植するまでの期間を

  • shortened. At Hohenlychen the bone was handed  over to Professor Gebhardt, and he, together  

    を短くしました。ホーエンリヒェンでは、骨はゲプハルト教授に引き渡され、彼は一緒に

  • with Doctor Stumpfegger, transplanted it.” Limbs of women were sometimes amputated,  

    ストンプフェガー医師と一緒に移植しました」。女性の手足が切断されることもあった。

  • and those limbs were used as, erspare parts, for German soldiers

    そしてその手足は、ドイツ兵のスペアパーツとして使われた。

  • Dr. Zdenka Nedvedova-Nejedla later testified to  this, saying, “High amputations were performed;  

    後にズデンカ・ネドベドヴァ・ネジェドラ医師が「高い位置での切断が行われた」と証言している。

  • for example, even whole arms with shoulder  blade or legs with iliaca were amputated. These  

    例えば、肩甲骨のある腕や腸骨のある足までもが切断された。これらの

  • operations were performed mostly on insane  women who were immediately killed after the  

    の後、すぐに殺されてしまった精神異常の女性に対して行われることが多かった。

  • operation by a quick injection of evipan. All  specimens gained in operations were carefully  

    エビパンを素早く注入して手術を行う。手術で得られたすべての標本は、慎重に

  • wrapped up in sterile gauze and immediately  transported to the SS hospital nearby.” 

    滅菌されたガーゼに包まれて、すぐに近くのSS病院に運ばれた」。

  • What's perhaps even worse is this doctor said not  all women were taken outside and shot. She said  

    さらに悪いことに、この医師は、すべての女性が外に連れ出されて撃たれたわけではないと言っている。彼女はこう言った。

  • sometimes they were just left on the operating  table. The nurses weren't allowed to assist them,  

    時には手術台の上に放置されることもありました。看護師は彼らを助けることができなかった。

  • and they werenot permitted to administer  sedatives even against the most intensive  

    鎮静剤を投与することは許されない」とされていました。

  • post-operational pains.” Now we need to hear  

    術後の痛み"今、私たちが聞きたいのは

  • something from the survivors again. Here's just a snippet from a former  

    生存者の声をお届けします。ここでは、かつてのある人の言葉を紹介します。

  • inmate named Zofia Sokulska. She talked  about the kind of professionalism, or  

    ゾフィア・ソクルスカという囚人がいました。彼女が語ったのは、プロ意識のようなもの、つまり

  • lack thereof, that the women endured. She said: “Dr. Rosenthal dressed the wounds, he tortured  

    彼女たちが耐えていたのは、その不足分です。彼女は言いました。「ローゼンタール医師は、傷口に服を着せて、拷問をしました。

  • the victims terribly, ripping open the wounds  with instruments, vented his sadistic urges,  

    器具で傷口を切り裂くなどして、サディスティックな衝動に駆られていた。

  • half- or completely drunk, flirting simultaneously  with Gerda Quernheim, who was assisting him.” 

    半分、あるいは完全に酔っ払っていて、助手をしていたゲルダ・ケルンハイムと同時にいちゃついていた。"

  • Not surprisingly, many women died. Kazimiera Kurowska died from a tetanus  

    当然のことながら、多くの女性が亡くなった。カジミエラ・クロウスカは破傷風で死んだ。

  • infection. Aniela Lefanowicz died from an edema  malignum bacterial infection. Jadwiga Dzido died  

    の感染症です。Aniela Lefanowiczは、悪性浮腫の細菌感染により死亡しました。Jadwiga Dzido 死亡

  • from a pyogenic bacterial infection. Stanisława Czajkowska was subjected to  

    化膿性細菌の感染からStanisława Czajkowskaには

  • various muscle experiments, but she said  surviving the camp itself wasn't easy.

    しかし、キャンプを乗り切ること自体は簡単ではなかったそうです。

  • Just to give you an idea of life in the  camp, she talked about the first few days.  

    キャンプでの生活を知ってもらうために、最初の数日間のことを話してくれた。

  • She said she and the other women received  underwear, “belts for our dresses,  

    彼女は他の女性たちと一緒に、下着や「ドレスのためのベルト」を受け取ったと言います。

  • aprons, and white headscarves.” For their  first meal, they received two pieces of bread,  

    エプロンと白い頭巾を持っていた。最初の食事には、2個のパンをもらった。

  • a bit of sausage, and a spoonful of fat. They got up at four each morning,  

    ソーセージを少し、そして脂肪をスプーン一杯。彼らは毎朝4時に起床した。

  • after which was roll call. They were subsequently  sent to work for the day, or as you know,  

    その後、点呼が行われた。その後、彼らはその日の仕事に駆り出されました ご存知の通りです。

  • they awaited their doom at the hospital. They  usually ate soup and potatoes, although she said  

    病院で運命の時を待つことになった。食べるものといえば、スープやポテトだが、彼女は

  • on Sundays and holidays they got a special treat  of, “a mugful of coffee or herbal tea, 100 grams  

    日曜・祝日には「マグカップ1杯のコーヒーかハーブティー、100グラム」という特別なご褒美がありました。

  • of margarine, and cheese or 50 grams of sausage.” If they were ever out of line, they were beaten  

    のマーガリン、チーズや50グラムのソーセージを食べました。一線を越えた場合は、叩かれた

  • and deprived of any food at all. She said any  infraction, even if just being accused of not  

    と言って、一切の食事を奪われていました。彼女は、たとえどんな違反でも、ただ非難されただけでも

  • working every second, could result in severe  punishment. Sometimes they were incarcerated,  

    1秒でも長く働いていると、厳しい罰を受ける可能性がある。時には投獄されることもあった。

  • but she also said some women were  punished by beingmauled by a dog.” 

    が、一部の女性は "犬に襲われる "という罰を受けたとも言っています。

  • In her own words, she said, “If I recall  correctly, Józefa or Maria Bednarczyk was  

    彼女の言葉を借りれば、「私の記憶が正しければ、ヨゼファかマリア・ベドナルチクが

  • on several occasions beaten, battered, taken  away to the bunker where she was subjected to  

    何度も殴られ、叩かれ、地下壕に連れて行かれ、そこでは

  • various tortures, mauled by a dog, and ultimately  finished off. Other women who were severely beaten  

    様々な拷問を受けたり、犬に襲われたりして、最後は殺されてしまった。その他、ひどい目にあった女性たち

  • include Stanisława Szewczyk and Hanka Starkwho has had an impaired leg ever since.” 

    は、Stanisława SzewczykとHanka Starkが含まれており、それ以来、足に障害を持っています。"

  • She said these punishments and worse punishments  were not metered out by the German guards but by  

    彼女によると、これらの罰やそれ以上の罰は、ドイツ人の警備員が行うのではなく

  • other non-Polish inmates. We are sure you've  all heard of the Stanford Prison Experiment.  

    ポーランド人以外の受刑者たち皆さんはスタンフォード監獄実験のことを聞いたことがあると思います。

  • When given free rein, trustee prisoners  can be particularly nasty to each other

    自由にさせておくと、管財人同士は特に意地悪になります。

  • She said they were worked almost to deathsuffering from frostbite in the winter and  

    冬には凍傷になったりして、死ぬほど働かされたという。

  • dehydration in the summer. She said this  was deliberate. They were slowly being  

    夏場の脱水症状を防ぐために彼女は、これは意図的なものだと言いました。彼らは、ゆっくりと

  • exterminated. But then came the medical  experiments, when they became more useful

    抹殺された。しかし、その後、医学実験が行われ、より有用なものとなった。

  • Here's how: This following testimony  

    その方法はこうだ。この次の証言

  • is from Bogumiła Bąbińska, who was subjected  to several different operations. One of them  

    は、ボグミワ・ボンスカのもので、いくつかの異なる手術を受けました。そのうちの一つが

  • included an attempt to graft bone into muscle, but  her account revealed she endured more than that

    骨を筋肉に移植しようとしていたのですが、彼女の話によると、それ以上のことをしていたようです。

  • She said one day she woke up from an operation  and saw this: “My right leg was in a plaster cast  

    ある日、手術を終えて目が覚めると、こんな光景が広がっていたそうです。「私の右足は石膏で固められていました。

  • and saw that I had a piece of plaster near my  appendix area; this was covered by gauze held  

    盲腸の近くに絆創膏があり、ガーゼで覆われていました。

  • in place by sticking plaster. The dressing was not  tight, so I drew it aside and saw that my stomach  

    絆創膏で固定されている。絆創膏がしっかりしていないので、脇に寄せてみると、お腹が

  • had been cut open and sewn up in this area.” She was given morphine on a daily basis. The  

    は、この部分を切り開いて縫っていました。"彼女は毎日のようにモルヒネを投与されていた。その

  • wounds were also washed daily, although with  petrol. She said sometimes she and others would  

    傷口もガソリンではあるが、毎日洗っていた。彼女は、時々、自分や他の人が

  • hide the newer bandages. She explained that this  was because they were at a premium. She said, “Had  

    新品の包帯を隠していました。彼女は、「これは、プレミアムがついているからだ」と説明した。彼女はこう言いました。

  • they noticed that we had fresh bandages, there  would have been a tremendous row. It was often  

    私たちが新鮮な包帯を持っていることに気づいたら、ものすごい騒ぎになっていただろう。それはよく

  • the case that the visiting doctors were drunk.” After weeks of pain, a high temperature, puss  

    訪れた医師が酔っ払っていた場合"数週間の痛みの後、高熱、膿み

  • leakage, and the inability to walk, she finally  felt better again. A female prisoner, who was  

    が漏れ、歩けなくなっていたが、ようやく元気になった。ある女性囚人は、その

  • also a doctor, inspected her wounds. She informed  Bąbińska that some of her nerves had been cut

    医師でもある彼女が傷の状態を確認した。彼女はボンスンスカに、神経の一部が切断されていることを伝えた。

  • Like the other women, Bąbińska fought to not  be operated on again. She said if that meant  

    他の女性と同じように、ボンスビンスカさんも二度と手術をしないように戦った。彼女は、もしそれが

  • execution, then so be it. For that, she was locked  up with the others. She testified, “Once again we  

    処刑されても仕方がない。そのために、彼女は他の人たちと一緒に監禁されたのである。彼女の証言によると、「またしても

  • declared that we would not go for an operationThe door to our cell was closed, leaving us locked  

    私たちは手術をしないと宣言した。 独房のドアは閉じられ、私たちは閉じ込められたままだった。

  • inside.” They weren't fed for three days after. She said one day something unusual happened.  

    と言っていました。その後3日間は餌を与えられなかった。ある日、異変が起きたという。

  • She managed to find a German newspaperJoseph Goebbels' propaganda rag,  

    彼女が見つけたのはドイツの新聞で、ヨーゼフ・ゲッベルスのプロパガンダ誌だった。

  • theDas Reich”. It was dated August or July  30, 1943. She said there was an article that  

    ダス・ライヒ」のことです。1943年の8月か7月30日の日付だった。という記事があったそうです。