Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • here's some crazy facts about Charles Bronson, the world's most violent prisoner born.

    ここでは、世界で最も凶暴な囚人として生まれたチャールズ・ブロンソンについて、いくつかの興味深い事実をご紹介します。

  • Michael Gordon Peterson.

    マイケル・ゴードン・ピーターソン

  • This british bare knuckle brawler was into fighting and causing trouble from a young age, even attacking teenagers and the manager of a supermarket.

    このイギリスの素手の喧嘩屋は、若い頃から喧嘩やトラブルを起こすのが好きで、10代の若者やスーパーマーケットの店長を襲ったこともありました。

  • He worked at part time While he was involved in petty crime throughout his teen years.

    アルバイトをしながら、10代の頃は小さな犯罪に手を染めていました。

  • He finally landed himself in prison at 22 from armed robbery.

    彼は22歳の時、武装強盗でついに刑務所に入ってしまった。

  • It's his time in jail or rather, jails that made him famous, Bronson would fight, take hostages, go on various strikes and attempt escapes, almost constantly getting himself transferred and thrown in solitary countless times.

    ブロンソンが有名になったのは、彼の刑務所での生活、いや、刑務所こそが彼を有名にしたのです。ブロンソンは、喧嘩をしたり、人質を取ったり、様々なストライキをしたり、脱獄を試みたりしましたが、ほとんど常に移送され、数え切れないほど独房に入れられました。

  • He spent so much time in solitary confinement for attacking guards and other prisoners that he was able to write a successful book about working out and enclosed spaces.

    看守や他の囚人を攻撃して独房にいる時間が長かったため、体を鍛えることや閉鎖的な空間についての本を書いて成功したのです。

  • Even today, at age 67, he's a formidable force, he's kept under lock and key and h imprisoned Woodhill in Milton Keynes England a class A or high security prison.

    67歳になった今でも、彼は強大な力を持っており、イギリスのミルトン・ケインズにあるウッドヒルはAクラスの厳重な刑務所として、鍵をかけて監禁されています。

here's some crazy facts about Charles Bronson, the world's most violent prisoner born.

ここでは、世界で最も凶暴な囚人として生まれたチャールズ・ブロンソンについて、いくつかの興味深い事実をご紹介します。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B1 中級 日本語 刑務 喧嘩 独房 囚人 ミルトン 有名

最も暴力的な囚人 (Most Violent Prisoner)

  • 5 0
    林宜悉 に公開 2021 年 09 月 22 日
動画の中の単語