Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • May 7th, 1915.

    1915年5月7日。

  • The great cruise liner the Lusitania is within sight of the Scottish coast.

    偉大なクルーズ船「ルシタニア号」がスコットランドの海岸を目前にしている。

  • Suddenly, a periscope breaks through the waves, and a German u-boat is about to rewrite the

    突然、波間に割って入った潜望鏡が、ドイツのUボートに書き換えられようとしている。

  • history books.

    歴史の教科書。

  • The Lusitania was launched in 1906 as a luxury cruise liner, much like similar ships such

    ルシタニア号は1906年に豪華客船として就航しましたが、同種の船と同様に

  • as the infamous Titanic.

    悪名高いタイタニック号のように

  • This was the age of the luxury liner, with fierce competition- specially between Britain

    この時代は豪華客船の時代で、特にイギリスと日本の間で激しい競争が行われていました。

  • and France- to design and launch the grandest, and fastest ships in the world.

    世界で最も壮大で、最も速い船を設計し、進水させるために。

  • Owned by Cunard Shipping Line, the Lusitania was partly funded by the British military,

    キュナード・シッピング・ライン社が所有するルシタニア号は、イギリス軍が一部出資していた。

  • on the condition that if war were to break out, the mighty ship would serve as a cargo

    万が一、戦争になった場合には、この強大な船を貨物船として使用することを条件に。

  • vessel.

    の容器を使用しています。

  • When World War I broke out in 1914, the Lusitania was not pressed into service as expected,

    1914年に勃発した第一次世界大戦では、ルシタニア号は期待通りの戦力にならなかった。

  • and instead remained a passenger liner.

    そのためには客船でなければならない。

  • Instead, the ship was secretly retrofitted for potential wartime service, with expanded

    その代わりに、戦時中に使用できるように秘密裏に改装されていました。

  • cargo holds and even well camouflaged gun turrets hidden under coils of rope on her

    貨物室や、ロープの下に隠された砲台などのカモフラージュが施されています。

  • deck.

    のデッキを使用しています。

  • This was before the British Admiralty had come to appreciate the threat posed by German

    これは、英国の提督がドイツの脅威を認識する前のことでした。

  • u-boats.

    u-boats。

  • The British navy dwarfed the German navy, and the idea that it would be the Germans

    イギリスの海軍はドイツの海軍を凌駕していたので、ドイツ人になるというのは

  • who starved Britain into submission, instead of the other way around, was a laughable one

    イギリスを飢えさせて屈服させたのは、その逆ではなく、笑い話だった。

  • as war began.

    戦争が始まると

  • However, Germany understood its tactical position far better than even the British, and knowing

    しかし、ドイツはイギリスよりもはるかに戦術的な立場を理解していた。

  • it could not compete with the Royal Navy on the surface, took to new technology to subvert

    表層では英国海軍に太刀打ちできないため、新技術を駆使して裏をかいた。

  • it from below- the infamous U-Boat.

    それが、悪名高きUボートである。

  • Early u-boats were less true submarines and more temporarily submerged craft.

    初期のUボートは、真の潜水艦というよりも、一時的に水没する船だった。

  • Their electric batteries would allow them to cruise under the water and out of sight

    バッテリーを搭載しているので、水の中や見えないところを巡航することができます。

  • of surface ships, but they regularly needed to surface in order to run their diesel engines

    しかし、ディーゼルエンジンを動かすために、定期的に浮上する必要がありました。

  • and recharge their batteries.

    と充電することができます。

  • If they wanted to move at any significant speed, they had to do so on the surface as

    大きな速度で移動しようとすると、水面上での移動になります。

  • well, where they were incredibly vulnerable to enemy fire.

    そのため、敵からの攻撃に非常に弱くなっていました。

  • However, u-boats could remain submerged long enough to break the British blockade in the

    しかし、Uボートは、イギリスの封鎖を破るのに十分な時間沈んでいることができました。

  • North Sea and move out into the Atlantic, where they could wreak havoc on British shipping.

    北海から大西洋に出て、イギリスの船に大打撃を与えることができた。

  • International law mandated that u-boats followprize laws”.

    国際法では、Uボートは「賞金法」に従うことが義務付けられていた。

  • These rules of war aimed at limiting the devastation of war.

    これらの戦争ルールは、戦争の荒廃を抑えることを目的としていた。

  • Under these laws u-boats must allow a merchant ship to evacuate their vessel and get them

    この法律では、Uボートは、商船が自分の船を退避させて、自分を

  • to safety- unless they were close to land, in which case they could remain in their life

    陸上に近い場合を除いて、安全な場所に移動することができ、その場合は生活の中にとどまることができます。

  • boats.

    のボートがあります。

  • More importantly, the law stated that passenger ships may not be sunk.

    さらに重要なのは、この法律には「旅客船は沈めてはいけない」と書かれていることだ。

  • As the war progressed, the Germans obeyed these laws, but then the British changed the

    戦争が進むにつれ、ドイツ人はこれらの法律に従っていたが、その後、イギリス人が

  • rules.

    のルールがあります。

  • An empire that depended wholly on the sea, Britain was particularly vulnerable to Germany's

    全面的に海に依存した帝国であるイギリスは、ドイツの攻撃に対して特に脆弱であった。

  • blisteringly successful u-boat campaign against it.

    それに対して、Uボートの作戦が大成功した。

  • Soon, the British began to arm merchant vessels with hidden guns.

    やがてイギリスは、商船に隠し銃を装備するようになった。

  • Under international law, u-boats were forced to surface and warn merchants their vessel

    国際法上、Uボートは浮上を余儀なくされ、自艦の商人に警告を発する

  • was to be sunk, which gave British 'Q-ships', as they came to be called, time to unveil

    沈められることになっていたので、イギリスの「Q-ship」と呼ばれるようになった彼らは、発表する時間を得た。

  • their hidden guns and sink the u-boat.

    隠蔽された銃でUボートを沈める。

  • This blatant exploitation of international law led to Germany declaring a war zone around

    このような国際法を無視した行為により、ドイツは周辺地域に戦地を宣言した。

  • the British isles on February 4th, 1915.

    1915年2月4日、イギリス領の島に到着した。

  • This now meant that any ship entering those waters and flying the British flag was under

    これにより、英国の旗を掲げてこの海域に入った船は、すべて

  • threat of German attack.

    ドイツの攻撃の脅威にさらされていた。

  • This move deeply angered neutral countries, specially the US, and in a bid to avoid any

    この動きは、米国をはじめとする中立国を深く怒らせ、それを回避するために

  • unfortunate catastrophes, the German embassy in the United States put out ads in newspapers

    不幸な大災害が発生したとき、在米ドイツ大使館は新聞に広告を出した。

  • warning that Britain had been declared a war zone, and that ships sailing to England should

    イギリスが戦地に指定されたこと、イギリスに向かう船は

  • be avoided.

    を避けることができます。

  • The declaration of a war zone around British waters was an unexpected boon to the British.

    イギリス領海を中心とした戦域宣言は、イギリスにとって思わぬ恩恵をもたらした。

  • For a long time the British Admiralty, led by young Winston Churchill, had been pushing

    若き日のウィンストン・チャーチルに率いられた英国の提督たちは、長い間に渡って

  • for a strategy to lure in neutral ships in the hopes they'd be attacked by the Germans.

    中立国の船をおびき寄せて、ドイツ軍の攻撃を受けないようにするための作戦である。

  • As Churchill himself said, if a neutral ship should be attacked and end in tragedy, all

    チャーチル自身が言っていたように、もし中立国の船が攻撃されて悲劇に終われば、すべての

  • the better.

    の方が良い。

  • Arming merchant vessels wasn't the only way a desperate Britain was flouting international

    商船の武装化だけではなく、必死になっている英国が国際的なルールを破っていた。

  • laws however, as it was also using civilian ships to transfer desperately needed supplies

    しかし、必要な物資を輸送するために民間船も利用していたため、法律は

  • from the US.

    アメリカから

  • Passenger liners were off-limits target to German u-boats, a fact the British took advantage

    旅客船はドイツのUボートの標的にならないため、イギリスはこれを利用した。

  • of by smuggling war supplies in their holds.

    艦船の船倉に軍需物資を密輸していたのです。

  • Germany repeatedly warned Britain and the US about this practice, but it was ignored.

    ドイツは英米に何度も警告していたが、無視されていた。

  • Germany thus had no choice, and with the declaration of a war zone around Britain, unrestricted

    ドイツには選択の余地がなく、イギリスを中心とした戦域の宣言により、無制限の

  • submarine warfare would begin.

    潜水艦の戦いが始まる。

  • Ignoring all warnings that any ship flying the British flag would be attacked, passengers

    イギリスの旗を掲げた船は攻撃される」という警告を無視して、乗客は

  • boarded the Lusitania in the New York Harbor on May 1st, 1915.

    1915年5月1日、ニューヨーク港でルシタニア号に乗船しました。

  • As they boarded, several of the ship's wealthiest passengers received an emergency telegram,

    乗船すると、富裕層の乗客の何人かに緊急電報が届いた。

  • warning them that the Lusitania was under u-boat threat.

    ルシタニア号がUボートの脅威にさらされていることを警告したのです。

  • The passengers ignored this telegram, laughing it off as a joke.

    乗客たちはこの電報を無視して、冗談だと笑っていた。

  • They had been reassured that the Lusitania was too fast for any u-boat, and were still

    彼らは、ルシタニアがどのUボートにとっても速すぎると安心していましたし、まだ

  • under the impression that even if they were attacked, the Germans would allow them to

    仮に攻撃されても、ドイツ軍は彼らを許してくれるだろうと考えていた。

  • board lifeboats before sinking the ship.

    船を沈める前に救命ボートに乗る。

  • They couldn't have been more wrong, and the ominous telegram- who's origin remains a mystery

    そして、この不吉な電報は、いまだにその出所が謎に包まれている。

  • to this day- was no joke.

    今日に至るまで、それは冗談ではなかった。

  • The British Admiralty had broken the German radio codes and been listening in on its communications

    イギリスのアドミラルティは、ドイツの無線コードを解読し、その通信を盗聴していた。

  • with its u-boats for a while now.

    この間、Uボートで

  • While u-boats were still incredibly difficult to locate, they had listened in as the commander

    Uボートの位置を特定することは依然として非常に困難であったが、司令官の言うことをよく聞いていた。

  • of u-boat U-20 departed his anchorage in north Germany, and then communicated that he had

    Uボート「U-20」が北ドイツの停泊地を出発した後、「U-20」を発見したと連絡がありました。

  • arrived on station off the Scottish coast.

    スコットランド沖に到着しました。

  • The British knew that a u-boat was in the Lusitania's path, and were keenly aware of

    イギリスは、ルシタニアの進路にUボートがいることを知っていたし、鋭く

  • the 128 Americans onboard the ship.

    128人のアメリカ人が乗船していました。

  • Yet they said nothing, in the hopes that if the Americans met with tragedy, it would spur

    しかし、彼らは何も言わなかった。もし、アメリカ人が悲劇に見舞われたら、それがきっかけで

  • them to join the war.

    彼らを戦争に参加させる。

  • Six days after leaving New York, with the coast in sight, u-boat U-20 fired a single

    ニューヨークを出発して6日後、海岸を目の前にしたUボートU-20は、一発で

  • torpedo at the Lusitania.

    ルシタニア号の魚雷。

  • The explosion tore a massive hole in the side of the large ship and she began to take on

    その爆発により、大型船の側面に大きな穴が開き、彼女はその中に入っていった。

  • water.

    の水を使っています。

  • Moments later, a second explosion rocked the cruise liner, sealing her fate.

    その数分後、2回目の爆発が起こり、クルーズ船の運命は決まった。

  • Other ships had taken much greater damage than her and sunk in hours, yet the Lusitania

    他の船はもっと大きなダメージを受けて数時間で沈没したのに、ルシタニア号は

  • was under the waves in less than 20 minutes, dooming most of her passengers.

    は20分も経たないうちに波にさらわれ、乗客のほとんどが絶命しました。

  • The second explosion, long believed to be the result of secret munitions being carried

    2回目の爆発は、長年、秘密兵器が運ばれた結果だと考えられてきた。

  • in her hold, was actually due to a boiler exploding on contact with ice cold water,

    これは、氷のように冷たい水に触れたボイラーが爆発したためです。

  • adding to the damage and increasing the rate of flooding.

    被害を拡大し、洪水の発生率を高めています。

  • However, what truly doomed the ship was the lack of electricity, which prevented watertight

    しかし、この船の運命を決定づけたのは、電気が通っていなかったために、水密性を保つことができなかったことでした。

  • doors across compartments from being closed and sealing off the flooded sections.

    コンパートメント間のドアが閉じられず、浸水した部分が封鎖される。

  • In short order, nearly 1200 people were dead, including 128 Americans and over 100 children.

    瞬く間に、128人のアメリカ人と100人以上の子供を含む1200人近くの人々が亡くなった。

  • When news of her sinking spread around the world, the British Admiralty went into a panic

    沈没のニュースが世界中に伝わると、イギリスの提督たちは大慌てした。

  • trying to conceal the real circumstances behind the sinking.

    沈没事故の本当の状況を隠そうとしている。

  • All evidence at the time wrongly pointed to the secondary explosion being caused by the

    当時のすべての証拠は、二次爆発の原因が

  • secret munitions being set off, and the truth wouldn't be discovered until nearly 80 years

    秘密兵器が発射され、その真相が解明されるのは80年近く後のことである。

  • later.

    を後にしました。

  • At the time however, the Admiralty had to suppress all evidence of the secret munitions,

    しかし、当時の提督は、秘密兵器の証拠をすべて隠蔽しなければならなかった。

  • or risk losing goodwill from the world community.

    さもなければ、国際社会からの好意を失うリスクがある。

  • They had to desperately spin the event as a bloodthirsty attack on an innocent passenger

    彼らはこの出来事を、無実の乗客に対する血生臭い攻撃であると必死になって伝えなければならなかった。

  • liner, especially in America, as the fate of the war depended on this one big lie.

    ライナー、特にアメリカでは、この一つの大きな嘘に戦争の命運がかかっていた。

  • The Admiralty however also had to ensure that the Americans never discover that they had

    しかし、アドミラルティは、アメリカ人に自分たちがやったことを絶対に知られないようにしなければならなかった。

  • been aware of the pending attack the entire time.

    その間にも、攻撃を受けていることはわかっていた。

  • If Washington ever found out the Admiralty had intercepted U-20's messages, they might

    U-20のメッセージをアドミラルティが傍受していたことをワシントンが知ったら、彼らは次のように考えるだろう。

  • not only refuse to join the war, but might even cut off all aid completely.

    戦争に参加しないだけでなく、援助を完全に打ち切るかもしれない。

  • Luckily for the British, the American public was swept up in anti-German furor over the

    イギリスにとって幸運だったのは、アメリカの人々が、ドイツ軍の攻撃を受けて反ドイツ的な騒動に巻き込まれていたことだ。

  • sinking of the Lusitania, and the fact that the British had been aware of the pending

    ルシタニア号の沈没をイギリスが知っていたことや

  • attack wouldn't come to light for decades later.

    このような攻撃が明らかになるのは、何十年も後のことである。

  • Americans were angry, with many clamoring for war against Germany, but President Woodrow

    アメリカ人の怒りは爆発し、多くの人がドイツとの戦争を望んでいましたが、ウッドロー大統領は

  • Wilson remained reluctant to embroil the US in a European war.

    ウィルソンは、アメリカがヨーロッパの戦争に巻き込まれることを嫌がっていた。

  • Then in August, a German u-boat sunk yet another British ocean liner, the S.S. Arabic, which

    さらに8月には、ドイツのUボートがイギリスの外航船S.S.アラビック号を沈めました。

  • also had Americans on board.

    もアメリカ人が乗っていた。

  • The Germans claimed the attack had been in self-defense, as the Arabic was attempting

    ドイツ側は、アラビア人が攻撃しようとしていたため、自衛のために攻撃したと主張した。

  • to ram them.

    を突っ込む。

  • Truthfully, British ships had been instructed to do just that if they encountered a u-boat,

    本当は、イギリスの船はUボートに遭遇したら、そのようにするように指示されていた。

  • as their massive bulk would easily cut a u-boat in half.

    その巨大さはUボートを簡単に真っ二つにしてしまうからだ。

  • President Wilson warned Germany that if their investigation of the incident proved Germany

    ウィルソン大統領は、ドイツがこの事件を調査していることが判明した場合、ドイツに警告を発した。

  • was at fault, it could lead to war.

    が悪いのであれば、戦争になってもおかしくない。

  • Germany conceded, and announced that it would once more instruct its u-boats to warn merchant

    ドイツは譲歩して、再びUボートに商船への警告を指示すると発表しました。

  • ships and get their crews to safety before sinking the ship.

    船を沈める前に乗組員を安全に運ぶために。

  • As the British were still actively arming their merchant ships- also against international

    英国は、国際的にも商船の武装化を積極的に進めていた。

  • law- this placed German u-boats at huge risk, but for the Germans it was favorable to the

    法で、ドイツのUボートは大きなリスクを負うことになりましたが、ドイツ側にとっては有利な状況でした。

  • US entering the war on the side of the British.

    アメリカがイギリス側に立って戦争に参加すること。

  • The US would remain neutral for two more years, until British intelligence intercepted a telegram

    アメリカはさらに2年間中立を保っていましたが、イギリスの情報機関が電報を傍受して

  • from the German Foreign Minister to the German Minister to Mexico.

    ドイツの外務大臣から、ドイツのメキシコ担当大臣まで。

  • The telegram stated that Germany would once more resume unrestricted submarine warfare

    この電報には、ドイツが再び無制限の潜水艦戦を再開すると書かれていた。

  • in a bid to cut off supplies to England, and that it would begin to sink any ship flying

    イギリスへの補給を断つために、飛行中の船の沈没を開始するというものです。

  • the British flag.

    イギリスの国旗を

  • It specifically warned that this would include even ships carrying American passengers, and

    アメリカ人の乗客を乗せた船も含まれることを具体的に警告しており

  • attempted to draw up a contingency should the US enter the war.

    は、アメリカが戦争に突入した場合の有事を想定していました。

  • In exchange for Mexico's aid against the US, the Germans would offer large amounts of financial

    メキシコの対米援助と引き換えに、ドイツは多額の資金を提供していた。

  • aid and help it restore its lost territories of Texas, New Mexico, and Arizona.

    援助し、失われた領土であるテキサス、ニューメキシコ、アリゾナの回復に貢献したのです。

  • The intercepted telegram was rushed to President Wilson, who was immediately outraged.

    傍受された電報はウィルソン大統領に急送され、大統領は直ちに激怒した。

  • In an unprecedented move, the President authorized for the telegram to be published in its entirety

    前例のないことだが、大統領はこの電報を全文掲載することを許可した。

  • in American newspapers, stoking anti-German sentiment to a fever pitch.

    アメリカの新聞に掲載され、反ドイツ感情が熱を帯びる。

  • Just days later, the American congress approved the US's entry into the war on the side of

    その数日後、アメリカの議会は、アメリカが戦争に参加することを承認した。

  • the Allies, just as Britain had always wanted and been willing to trade innocent American

    イギリスが常に無実のアメリカ人との交換を望み、喜んでいたように、連合国側は

  • lives for.

    のために生きています。

  • Now go watch How Did World War I Start?

    では、「第一次世界大戦はどのようにして始まったのか」を見てみましょう。

  • Or click this other video instead!

    または、この別のビデオをクリックしてください。

May 7th, 1915.

1915年5月7日。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 ドイツ ボート イギリス 戦争 アメリカ 攻撃

アメリカが第一次世界大戦に参戦した理由 (Why USA Actually Entered World War 1)

  • 28 0
    Summer に公開 2021 年 09 月 22 日
動画の中の単語