Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • is this the worst punishment in the history of mankind being walled up alive might actually be the most brutal way possible to execute someone sometimes called um your mint latin for in wall.

    これは人類史上最悪の罰なのでしょうか? 生きたまま壁に囲まれるというのは、実は最も残酷な処刑方法なのかもしれません。

  • It's been used as a method of execution and torture for centuries.

    何世紀にもわたって、処刑や拷問の方法として使われてきました。

  • In ancient Egypt and china servants would often be buried alive inside tombs with their masters so they could join them in the afterlife.

    古代エジプトや中国では、召使が主人と一緒に墓の中に生き埋めにされ、死後の世界で主人と一緒になることがよくありました。

  • And some buddhist monks even asked to be inured as a kind of self sacrifice.

    また、仏教の僧侶の中には、一種の自己犠牲として治療を受けることを求める人もいました。

  • Its use as a punishment is where it gets really cruel though, robbers were still being punished in 20th century Persia by walling them up inside of pillars and their screams could be heard for days as they died of thirst.

    20世紀のペルシャでは、強盗を罰するために柱の中に閉じ込め、喉の渇きで死んでいく彼らの悲鳴が何日も聞こえていたそうです。

  • The worst was in medieval europe though, where people would be kept alive for days by feeding them through a small hole to keep the suffering going as long as possible before sealing them in for good.

    最悪だったのは中世ヨーロッパで、小さな穴から食事を与えて何日も生かしておき、できるだけ苦痛を与えないようにしてから永遠に封印していました。

is this the worst punishment in the history of mankind being walled up alive might actually be the most brutal way possible to execute someone sometimes called um your mint latin for in wall.

これは人類史上最悪の罰なのでしょうか? 生きたまま壁に囲まれるというのは、実は最も残酷な処刑方法なのかもしれません。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 処刑 主人 世紀 最悪 渇き ペルシャ

生きたまま壁に囲まれる-人類史上最悪の刑罰 (Walled up Alive - Worst Punishment in the History of Mankind)

  • 11 0
    林宜悉 に公開 2021 年 09 月 21 日
動画の中の単語