Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • A death row inmate actually survived his own execution.

    実際に自分の死刑執行を生き延びた死刑囚がいます。

  • Here's what happened in 1946.

    1946年の出来事を紹介しよう。

  • A 17 year old Willie Francis was convicted of the murder of his boss.

    17歳のウィリー・フランシスは、上司を殺害した罪で有罪となった。

  • Willie's mother told the press there wasn't no bad in him.

    ウィリーの母親は、報道陣に「彼には悪いところがない」と語っていた。

  • I just don't understand.

    ただ、私には理解できません。

  • Willie confessed despite being innocent.

    ウィリーは無実にもかかわらず告白した。

  • Many believed he was set up being questioned without a lawyer or family member present.

    弁護士や家族がいない状態で尋問されたのはハメられたと考えている人も多い。

  • 12 white jurors found Willie who was black guilty and sentenced him to execution on May 3rd 1946.

    12人の白人陪審員は、黒人であるウィリーを有罪とし、1946年5月3日に死刑を宣告した。

  • The lever was pulled, but Francis wasn't even injured, a righteous miracle as he wasn't guilty and hadn't had a fair trial.

    レバーが引かれたが、フランシスは怪我もせず、無罪で公正な裁判も受けていなかったので、まさに奇跡的だった。

  • Legal arguments described the second execution as cruel and unusual punishment, sadly they weren't listened to and at only 18 Francis was returned to the chair on May 9th, 1947 and this time he didn't survive.

    法律上の議論では、2回目の処刑は残酷で異常な刑罰であるとされていましたが、残念ながらそれは聞き入れられず、わずか18歳のフランシスは1947年5月9日に再び処刑台に戻され、この時は生き延びることができませんでした。

A death row inmate actually survived his own execution.

実際に自分の死刑執行を生き延びた死刑囚がいます。

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 死刑 フランシス 処刑 有罪 レバー 無罪

自らの死刑執行を生き延びた死刑囚 (Death Row Inmate Who Survived His Own Execution)

  • 6 0
    林宜悉 に公開 2021 年 09 月 20 日
動画の中の単語