Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • These are thirteen people executed for crimes they may not have or did not commit.

    犯していないかもしれない、あるいは犯さなかった罪で処刑された13人の人々です。

  • It's impossible to hear their tragic stories and not long for justice on their behalf.

    彼らの悲惨な話を聞いて、彼らのために正義を貫くことを切望しないわけにはいきません。

  • 13.

    13.

  • Cameron Todd Willingham

    キャメロン・トッド・ウィリンガム

  • Two days before Christmas in 1991, the Willingham family home in Texas burned down.

    1991年、クリスマスの2日前、テキサス州にあるウィリンガム家の家が全焼した。

  • Stacey Willingham, the matriarch of the family, was out doing some last-minute Christmas shopping.

    一家の大黒柱であるステイシー・ウィリンガムは、最後のクリスマス・ショッピングに出かけていた。

  • Cameron Willingham was at home with his three daughters - Amber Louise Kuykendall, aged

    キャメロン・ウィリンガムは、3人の娘、アンバー・ルイーズ・カイケンダル(歳)と一緒に家にいました。

  • two, and the twins Karmon Diane Willingham and Kameron Marie Willingham, both aged one.

    2歳、双子のKarmon Diane WillinghamとKameron Marie Willingham(ともに1歳)です。

  • Cameron was able to escape the blaze with minor burns, but his daughters, tragically,

    キャメロンは軽い火傷で済んだが、娘たちは悲劇に見舞われた。

  • were not so lucky.

    はそれほど幸運ではなかった。

  • All three died in the fire.

    3人とも火事で亡くなりました。

  • If this wasn't horrific enough for Cameron and Stacey, Cameron was charged with capital

    これがキャメロンとステイシーにとって十分に恐ろしいことではなかったならば、キャメロンは死刑判決を受けました。

  • murder of his own three daughters, after Texas arson investigators claimed that the fire

    自分の3人の娘を殺害したことを、テキサス州の放火捜査官が主張したことで

  • was an intentional murder plot.

    は、意図的な殺人計画だった。

  • What followed was a sham of a trial, where things like Cameron owning Iron Maiden posters

    その後、キャメロンがアイアンメイデンのポスターを持っていることなど、見せかけの裁判が行われました。

  • and having a tattoo of a skull and snake were brought in to suggest he may have been a cold-blooded

    とか、髑髏と蛇の刺青があるとかで、冷血漢だったのではないかと持ち込まれました。

  • killer.

    キラーを使用しています。

  • Sadly, this was apparently enough.

    しかし、それだけでは不十分だったようだ。

  • Despite pleading innocence all the way up to 2004, his execution still went ahead.

    2004年まで無実を訴えていたにもかかわらず、彼の死刑は執行された。

  • Later, more reliable arson experts claimed that the science behind Cameron's conviction

    その後、より信頼性の高い放火専門家が、キャメロンの有罪判決の背景にある科学的根拠を主張した。

  • was bunk.

    は寝床でした。

  • In the words of Former Louisiana State University fire instructor Kendall Ryland, “[It] made

    元ルイジアナ州立大学の消防教官であるKendall Ryland氏の言葉を借りれば、「それは、私たちの生活に大きな影響を与えました。

  • me sick to think this guy was executed based on this investigation

    この調査に基づいてこの男が処刑されたと思うと気分が悪いです。

  • They executed this guy and they've just got no idea - at least not scientifically

    この男を処刑したが、少なくとも科学的には何もわからない。

  • - if he set the fire, or if the fire was even intentionally set.”

    - 彼が火をつけたのか、あるいは火が意図的につけられたのか」。

  • 12.

    12.

  • David Wayne Spence

    デビッド・ウェイン・スペンス

  • We remain in Texas - one of the United States' most enthusiastic executors - for the death

    私たちは、米国で最も熱心な遺言執行者であるテキサス州に残り、死の

  • of David Wayne Spence, who was executed in 1997.

    1997年に処刑されたデビッド・ウェイン・スペンスの

  • The crime he was accused of was undeniably horrific - a triple sexual assault and murder

    彼が告発された犯罪は、紛れもなく恐ろしいものでした - 三重の性的暴行と殺人です。

  • case from 1982, where three teenagers were found dead next to Lake Waco.

    1982年、ウェイコ湖畔で3人のティーンエイジャーの死体が発見された事件。

  • All evidence pointed to the deaths being a case of mistaken identity - three other people

    全ての証拠は、他の3人の死が人違いであったことを示している。

  • were supposed to have been murdered in a supposed life insurance scam.

    は、生命保険金詐欺で殺害されたと思われていました。

  • Investigators believed that career criminal David Wayne Spence had been hired to carry

    捜査官は、犯罪者デビッド・ウェイン・スペンスが、この事件を解決するために雇われたと考えていた。

  • out this hit.

    がヒットしました。

  • Well, one overzealous narcotics cop believed he was responsible.

    しかし、ある熱心な麻薬取締官は、自分に責任があると考えていた。

  • The lead detective on the case was quoted saying, “Nothing from the investigation

    この事件の主任刑事は、「捜査からは何も得られなかった」と語っています。

  • ever led us to any evidence that he was involved.”

    彼が関与しているという証拠は何もなかった」。

  • The Waco police lieutenant also said, “My opinion is that David Spence was innocent.

    また、ウェーコ警察の警部補は、「私の意見では、デビッド・スペンスは無実でした。

  • Nothing from the investigation ever led us to any evidence that he was involved.”

    調査の結果、彼が関与しているという証拠は何もなかった」。

  • But he was sentenced to death anyway, partially on the testimony of prison inmates who later

    しかし、彼は死刑を宣告された。

  • admitted that they'd been bribed to give their testimony.

    賄賂をもらって証言したことを認めました。

  • Shortly before his execution, Spence said to the families of the 1982 murder victims,

    死刑執行の直前、スペンスは1982年の殺人事件の犠牲者の遺族にこう言った。

  • “I want you to understand I speak the truth when I say I didn't kill your kids.

    "子供たちを殺していない "というのは真実だと理解してほしい。

  • Honestly, I have not killed anyone.

    正直なところ、私は誰も殺していません。

  • I wish you could get the rage from your hearts and you could see the truth and get rid of

    私は、あなたが心の中の怒りを取り除いて、真実を見て、取り除くことができることを願っています。

  • the hatred.”

    the hatred"

  • 11.

    11.

  • Timothy Evans

    ティモシー・エヴァンス

  • Now over to England.

    次はイギリスへ。

  • While the death penalty was abolished there in 1965, they got plenty of wrongful executions

    1965年に死刑が廃止されたとはいえ、不当な死刑執行が多かったのは事実です。

  • under their belt before the cutoff.

    締め切りまでに、自分のベルトの下に

  • One such execution was the death of Timothy Evans in 1950.

    1950年、ティモシー・エヴァンスの死刑執行もその一つである。

  • He tearfully confessed to the accidental killing of his wife during a botched abortion and

    中絶の失敗で妻を殺してしまったことを涙ながらに告白したり

  • accepted the grim consequences.

    厳しい結果を受け入れた。

  • Timothy wasn't in possession of his full mental faculties and was easily persuaded

    ティモシーは精神的に完全ではなかったので、簡単に説得されてしまいました。

  • during his three-day trial.

    3日間の公判では

  • He was charged with double murder, for his wife and unborn child, before being hanged

    彼は妻と生まれてくる子供の二重殺人の罪に問われ、絞首刑となった。

  • at Pentonville Prison.

    ペントンビル刑務所にて。

  • But, sickeningly, Timothy Evans wasn't a murderer at all.

    しかし、驚くべきことに、ティモシー・エヴァンスは全くの殺人者ではなかった。

  • He'd been taken advantage of by an intelligent and malicious serial killer who happened to

    彼は、知的で悪意のある連続殺人犯に利用されていました。

  • board with him, ex-policeman John Reginald Christie, who would later be convicted of

    彼と一緒に乗っていたのは、後に有罪判決を受けることになる元警察官のジョン・レジナルド・クリスティ。

  • the murders of six people.

    6人を殺害しました。

  • In light of new evidence, Timothy Evans was given a posthumous pardon nearly two decades

    ティモシー・エヴァンスは、新たな証拠をもとに、20年近く前に死後の恩赦を受けました。

  • later.

    を後にしました。

  • In a sense, he was just as much a victim of the terrifying John Reginald Christie as any

    ある意味では、彼は他の誰よりも恐ろしいジョン・レジナルド・クリスティの犠牲者であった。

  • of the others that died more directly by his hand.

    彼の手によってより直接的に亡くなった他の人々の中で

  • 10.

    10.

  • Carlos DeLuna

    カルロス・デルーナ

  • Back to Texas.

    テキサスに戻る

  • In 1983, a 24-year-old gas station attendant named Wanda Lopez was murdered during a botched

    1983年、24歳のガソリンスタンドの店員、ワンダ・ロペスさんが殺害されました。

  • robbery by what two witnesses reported as a “Hispanicassailant.

    2人の目撃者によると、「ヒスパニック系」の加害者による強盗事件が発生しました。

  • An APB was put out, and soon after, nearby jogger Carlos DeLuna was brought in.

    APBが出され、すぐに近くでジョギングをしていたカルロス・デルーナが連行されてきた。

  • And this is where things get horrifying.

    そして、ここからが恐ろしいところです。

  • Despite there being no substantial evidence against him, Carlos still matched the description.

    彼には実質的な証拠がないにもかかわらず、カルロスは人相に一致していた。

  • He was convicted, sentenced to death, and executed in 1989.

    彼は有罪判決を受け、死刑を宣告され、1989年に処刑されました。

  • But while this is tragic, it isn't the weird part.

    しかし、これは悲劇的なことですが、奇妙なことではありません。

  • All signs point to a completely different man with the same first name, Carlos Hernandez,

    すべての兆候は、同じファーストネームのカルロス・ヘルナンデスという全く別の男性を示している。

  • being the true killer.

    が真犯人である。

  • In fact, Carlos Hernandez was an unstable man with a criminal history and even confessed

    実際、カルロス・ヘルナンデスは犯罪歴のある不安定な男で、告白もしていました。

  • to the murder multiple times.

    を何度も殺害しています。

  • The eerie part is that the two Carloses looked exactly the same.

    不気味なのは、2台のカーローズがまったく同じに見えたことだ。

  • So much so that their own families couldn't tell the two apart from photos.

    家族が写真を見ても二人の区別がつかないほどである。

  • Sometimes real life is even stranger than fiction.

    現実は小説よりも奇なり、ということがあります。

  • 9.

    9.

  • Derek Bentley

    デレク・ベントレー

  • Back to England, for the bizarre case of Derek Bentley.

    イギリスに戻り、デレク・ベントレーの奇妙な事件を紹介します。

  • Derek, much like Timothy Evans, suffered from mental problems.

    デレクは、ティモシー・エヴァンスと同様に、精神的な問題を抱えていた。

  • In IQ tests, he scored 66, compared to the average 98, suggesting he was mentally challenged

    IQテストでは平均98点のところ66点で、精神的な問題を抱えていたと思われます。

  • to some extent.

    を多少なりとも使用しています。

  • He and his younger partner in crime, Christopher Craig, broke into a candy factory with the

    彼は年下の相棒クリストファー・クレイグと一緒に、お菓子の工場に侵入して

  • intent to commit robbery.

    強盗の意図を持っていた。

  • Derek was armed with a knuckle duster, and Craig with a revolver.

    デレクはナックルダスターで、クレイグはリボルバーで武装していた。

  • Police soon intercepted and apprehended the two criminals.

    警察はすぐに2人の犯人を取り押さえ、逮捕した。

  • Derek had already been grabbed and restrained, and Craig was engaged in a tense standoff

    デレクはすでに掴まれて拘束されており、クレイグは緊迫したにらみ合いをしていました。

  • with his revolver.

    リボルバーで。

  • Police ordered Craig to surrender the weapon, and Derek, choosing his words poorly, told

    警察はクレイグに武器を放棄するように命じ、デレクは言葉を選びながら、こう言った。

  • Craig tolet them have it.”

    クレイグが "let them have it "に。

  • Craig interpreted this as an order to attack and shot and killed a police officer on the

    クレイグは、これを攻撃命令と解釈し、警察官を射殺した。

  • scene.

    のシーンがあります。

  • Craig was too young to be executed, but although Derek had not fired the lethal shot, he was

    クレイグは若すぎて死刑にはなりませんでしたが、デレクは死刑執行のための銃を撃ってはいませんでしたが

  • charged with inciting the murder and later executed for it in 1953 by hanging.

    殺害を扇動した罪で起訴され、後に1953年に絞首刑で処刑された。

  • Craig left prison in 1963 after serving a decade for murder and became a plumber.

    クレイグは1963年、殺人罪で10年服役した後、刑務所を出て配管工になった。

  • Like Timothy Evans, Derek was posthumously pardoned for his crime in 1998.

    デレクは、ティモシー・エヴァンスと同様、1998年に死後恩赦を受けている。

  • 8.

    8.

  • George Kelly

    ジョージ・ケリー

  • Still in England, the Cameo Cinema Murders are two of the most infamous gangland killings

    カメオ映画館殺人事件は、最も悪名高い2つのギャングランド殺人事件である。

  • from the city of Liverpool - the city that gave us The Beatles.

    ビートルズを生んだ街、リバプールから。

  • A movie theatre owner and his assistant were both shot dead during a botched robbery, and

    映画館のオーナーとその助手が強盗に襲われて共に射殺されたり

  • in the following days, police officers essentially interviewed the entire Liverpool criminal

    その後の数日間、警察官はリバプールの犯罪者全員にインタビューを行いました。

  • underworld, looking for answers.

    答えを求めて地下の世界へ。

  • A number of witnesses pointed to 27-year-old laborer George Kelly.

    多くの目撃者が、27歳の労働者ジョージ・ケリーを指していた。

  • It was a classic set up by police more eager to make a collar than catch the real killers.

    真犯人を捕まえることよりも襟を正すことに熱心な警察が仕組んだ典型的な事件だった。

  • Charles Connoley, the man suspected of being Kelly's accomplice, was intimidated into

    ケリーの共犯者として疑われているチャールズ・コノリーは、脅されて

  • pleading guilty because he feared getting the death penalty too, and this only sealed

    自分も死刑になることを恐れて有罪を主張したことで、それがかえって仇となってしまいました。

  • Kelly's fate.

    ケリーの運命は

  • He was hanged in 1950.

    1950年に絞首刑となりました。

  • Despite an entirely different man named Donald Johnson actually confessing to the murder

    ドナルド・ジョンソンという全く別の男が実際に殺人を告白しているにもかかわらず

  • the year before.

    一昨年のことである。

  • 7.

    7.

  • Frank Lee Smith

    フランク・リー・スミス

  • Now to Florida, for the tragic death of Frank Lee Smith.

    今度はフロリダで、フランク・リー・スミスの悲劇的な死を迎えます。

  • Smith is slightly different from other entries on this list because he was never actually

    スミスはこのリストの他のエントリーとは少し異なり、実際には一度も

  • executed by the state, but he did die of cancer on death row while waiting for his execution

    しかし、彼は死刑執行を待っている間に、死刑囚の中で癌で亡くなりました。

  • - a depressingly common affair for death row inmates, innocent or otherwise.

    - 無実かどうかにかかわらず、死刑囚には気の毒なほどよくあることだ。

  • But make no mistake, Frank Lee Smith was innocent.

    しかし、間違いなく、フランク・リー・スミスは無実だった。

  • Smith was convicted of murder and was convicted and sentenced to death.

    スミスは殺人罪で有罪判決を受け、死刑を宣告されました。

  • He remained on death row for 14 years before succumbing to his cancer.

    彼は14年間も死刑囚のままだったが、癌のために亡くなった。

  • However, he was completely exonerated from the crime by DNA evidence...eleven months

    しかし、DNA鑑定により完全に無罪となった...11ヶ月。

  • after his death.

    彼の死後

  • If he was never wrongly convicted, he could have spent his last years with his loved ones,

    冤罪でなければ、晩年を愛する人たちと過ごすことができたはずです。

  • rather than rotting in a prison cell for a crime he didn't commit.

    無実の罪で牢屋で腐るよりも

  • 6.

    6.

  • Mahmood Mattan

    Mahmood Mattan

  • Back to the UK, in 1952, for perhaps the most clear-cut case of racial profiling on this

    1952年のイギリスに話を戻すと、おそらく最も明確な人種プロファイリングの事例があります。

  • entire list.

    の全リストを作成しました。

  • Somali immigrant Mahmood Mattan was accused of a brutal murder in Wales by a known racist,

    ソマリアからの移民であるMahmood Mattanは、ウェールズで起きた残忍な殺人事件の犯人として、有名な人種差別主義者に告発されました。

  • despite Mattan being in a completely different place and having a full alibi.

    マタンは全く別の場所にいて、完全なアリバイがあるにもかかわらず。

  • However, his poor grasp of English led him to be trounced during his brief trial, where

    しかし、彼は英語が苦手だったため、短い裁判の間に打ちのめされてしまいました。

  • the prosecutor referred to him as, quote, “a semi-civilized savage.”

    検察官は彼を "半文明的な野蛮人 "と呼んだ。

  • No, that wasn't actually his prosecutor, that was his defense lawyer.

    いや、あれは実際には彼の検察官ではなく、彼の弁護人だった。

  • That's how stacked the cards were against Mahmood Mattan.

    それほどまでに、Mahmood Mattanにはカードが用意されていたのである。

  • He was quickly convicted and sentenced to death, leaving his wife and three children.

    彼はすぐに有罪判決を受け、妻と3人の子供を残して死刑を宣告された。

  • His wife was never even told of his execution date.

    彼の妻は、死刑執行の日を知らされることもなかった。

  • She only found out he was dead when she went to visit him in prison and found the notice

    亡くなったことを知ったのは、刑務所に面会に行ったときに、その通知を見つけたときだったそうです。

  • of his death pinned to a door.

    扉に貼られた彼の死の写真。

  • The family was later given compensation for this horrific injustice.

    その後、家族はこの恐ろしい不正に対して補償を受けた。

  • Nearly 50 years later, that is.

    約50年後のことである。

  • 5.

    5.

  • Leo Jones

    レオ・ジョーンズ

  • Now back to Florida, for the execution of Leo Jones.

    さて、フロリダに戻り、レオ・ジョーンズの死刑執行です。

  • Jones was accused of the murder of a police officer, a crime that he confessed to, and

    ジョーンズは、警察官殺害の罪に問われ、その罪を自白し

  • then was convicted and sentenced to death.

    は有罪判決を受け、死刑を宣告されました。

  • However, Jones repeatedly insisted that the confession was coerced, and he was actually

    しかし、ジョーンズは自白は強要されたものだと繰り返し主張し、実際には

  • innocent.

    無邪気。

  • This fell upon deaf ears, and he was executed in 1998, seventeen years after his 1981 conviction.

    それが耳に入らなかったのか、1981年の有罪判決から17年後の1998年に死刑が執行された。

  • However, some pretty horrifying new evidence soon came to light.

    しかし、すぐに恐ろしい新事実が明らかになりました。

  • The two officers who arrested Jones and extracted the confession were both fired due to a bevy

    ジョーンズを逮捕して自白を引き出した2人の警官は、2人ともバツが悪くて解雇されました。

  • of ethical issues.

    倫理的問題の

  • Most vital for us, though, is the fact that one of the two officers was accused of being

    しかし、私たちにとって最も重要なのは、2人の警官のうち1人が、「私はあなたのことが好きです」と訴えていたという事実です。

  • anenforcerwho regularly used intimidation and even torture to force bogus confessions

    脅迫や拷問を用いて偽りの自白を強要した「執行人」。

  • out of his suspects.

    彼の容疑者の中から

  • This led an awful lot of credence to the statements of Leo Jones, but sadly, it was too late to

    これにより、レオ・ジョーンズの発言は大いに信用されることになったのだが、悲しいかな、それは遅すぎた。

  • do anything about it.

    何かをしたいと思っています。

  • 4.

    4.

  • Dr. Hawley Harvey Crippen

    ホーリー・ハーベイ・クリッペン博士

  • For those genuinely enthused in criminal history and the history of forensic investigation,

    純粋に犯罪史や科学捜査の歴史に興味がある方におすすめです。

  • Dr. Hawley Harvey Crippen is one of the most famous murderers of all time.

    ホーリー・ハーヴェイ・クリッペン博士は、史上最も有名な殺人者の一人です。

  • He was believed to have murdered his wife, before trying to flee to Canada with his lover.

    彼は、妻を殺害した後、恋人と一緒にカナダに逃げようとしたと考えられています。

  • However, he was the first-ever murderer to be caught with the aid of a remote telegram,

    しかし、遠隔地の電報を使って逮捕された史上初の殺人犯である。

  • allowing the people on the ship to apprehend Crippen and bring him back to England.

    この船に乗っていた人々は、クリッペンを逮捕してイギリスに連れ戻すことができた。

  • His fate was sealed when the skin of a human torso was found behind the walls of his home,

    自宅の壁の裏から人間の胴体の皮が発見されたことで、彼の運命は決まった。

  • with an appendectomy scar that matched one on Crippen's missing wife.

    盲腸の傷跡が、行方不明になったクリッペンの妻の傷跡と一致していたからだ。

  • He was tried and hanged for the murder.

    彼は殺人の罪で裁判にかけられ、絞首刑になった。

  • However, in 2007, almost a century after Crippen's execution in the early 1900s, researchers

    しかし、1900年代初頭にクリッペンが処刑されてから約1世紀後の2007年、研究者たちは

  • discovered that the skin used to convict him may not have actually been that of Crippen's

    有罪判決に使われた皮膚が、実際にはCrippenの皮膚ではなかったかもしれないことが判明しました。

  • wife, it was actually the skin of a man.

    の妻が、実は男性の皮膚だったのです。

  • This has led to the possibility that Crippen was actually set up by Pathologist Sir Bernand

    このことから、クリッペンは病理学者のバーナンド卿が実際に仕組んだものではないかと考えられている。

  • Spilsbury, who simply intended to use the case to advance the public perception of his

    スピルズベリーは、この事件を利用して自分の社会的評価を高めようとしていました。

  • own forensic methods.

    独自のフォレンジック手法

  • 3.

    3.

  • Domineque Ray

    ドミネーク・レイ

  • Alabama made headlines in 2019 with the execution of Domineque Ray.

    アラバマ州では、2019年にドミネーク・レイの処刑で話題になりました。

  • Ray was a Muslim, and as such, requested an Imam in his execution chamber to provide religious

    レイはイスラム教徒であったため、死刑執行室にイマームを要請し、宗教的な

  • comfort before he died - in much the same way a Christian inmate can receive this comfort

    クリスチャンの収容者がこの慰めを受けられるのと同じように、彼は死ぬ前に慰めを受けました。

  • from a reverend or priest.

    牧師さんや神父さんから

  • But Alabama denied this to Ray.

    しかし、アラバマはこれをレイに否定した。

  • And not just that, when people looked into Ray's execution, it became clear that the

    それだけではなく、レイの処刑を調べた人たちが明らかにしたのは

  • entire basis of his execution was essentially baseless.

    彼の死刑執行の根拠は、基本的に何の根拠もない。

  • Ray was accused and convicted of robbery, and murder of a fifteen-year-old girl in 1999.

    レイは、1999年に15歳の少女に対する強盗殺人の罪に問われ、有罪判決を受けました。

  • However, the only witness placing him in Selma, Alabama, when the crime took place was Marcus

    しかし、犯行時にアラバマ州セルマにいたとする唯一の目撃者はマーカスである。

  • Owden, a severely mentally ill man who had first confessed to the crime himself, before

    オウデンは重度の精神障害者で、最初は自分で犯行を告白していたが、その後は

  • accusing Ray to save his own skin.

    自分の保身のためにRayを非難する。

  • Marcus suffered from severe schizophrenia, and couldn't be trusted to make his own

    マーカスは重度の統合失調症を患っており、自分の判断を任せることができませんでした。

  • testimony, but the courts insisted on his competency.

    しかし、裁判所は彼の能力を主張しました。

  • Domineque Ray was executed on the words of a man whom nobody should have trusted.

    Domineque Rayは、誰も信用してはいけない男の言葉で処刑された。

  • 2.

    2.

  • Robert Pruett

    Robert Pruett

  • And of course, we return once again to Texas.

    そしてもちろん、再びテキサスに戻ってきました。

  • Robert Pruett was already in a correctional facility for unrelated offenses when it seemed

    ロバート・プルーエットは、すでに無関係な犯罪で矯正施設に入っていたようです。

  • that he had murdered Prison Officer Daniel Nagle for giving him a disciplinary write-up

    ダニエル・ネイグル刑務官を殺害したのは、彼に懲戒処分を与えたためである。

  • for eating a sandwich in an unauthorized area.

    許可されていない場所でサンドウィッチを食べたことで

  • The corpse of Nagle was found next to a bloody shiv, and a torn-up copy of the write-up.

    ナグルの死体の横には、血のついたシヴと破れた書き込みのコピーがあった。

  • Seemed like a pretty open and shut case, and Pruett was executed for it in 2017.

    かなりオープンでシャットアウトされたケースのように思えたが、プルーエットは2017年にそれで処刑された。

  • However, much like Timothy Evans, Pruett ended up actually being the fall guy for a far more

    しかし、ティモシー・エヴァンスのように、プルーエットは実際にはもっと大きな問題の落とし穴になってしまった。

  • sinister plot going on.

    不吉な計画が進行している。

  • It turned out that Nagle was investigating a major corruption accusation against some

    それは、Nagle氏が何人かの人に対する重大な汚職の告発を調査していたことでした。

  • of his fellow officers, who were working with organized crime power players in jail to launder

    獄中で組織犯罪の有力者と協力してロンダリングを行っていた同僚警官の

  • money.

    のお金を使っています。

  • Nagle got too close and was murdered by the gangs for trying to expose the corruption.

    腐敗を暴こうとしたナグルは、近づきすぎてギャングに殺されてしまった。

  • Four of his coworkers were indicted for the exact kind of corruption Nagle was investigating

    彼の同僚4人は、Nagleが調査していたような汚職で起訴された。

  • on the same day Pruett was indicted for Nagle's murder.

    プルエットがNagleの殺害容疑で起訴されたのと同じ日のことだった。

  • He just happened to be in the wrong prison at the wrong time.

    彼は、たまたま間違った時期に間違った刑務所にいただけなのだ。

  • And finally, 1.

    そして最後に、1.

  • Richard Masterson

    リチャード・マスターソン

  • Yep, it's Texas.

    うん、テキサスだね。

  • Again.

    もう一度。

  • Richard Masterson is a unique case because not only is it very likely he didn't actually

    リチャード・マスターソンはユニークなケースで、彼が実際にはいなかった可能性が高いだけでなく

  • commit the murder he was accused of, it's also extremely possible that no murder was

    訴えられた殺人を犯していない可能性も極めて高い。

  • committed at all.

    は一切行われませんでした。

  • Masterson, in a state of withdrawal from addictive stimulants that caused erratic and often suicidal

    マスターソンは、依存性のある覚せい剤の離脱症状により、不安定でしばしば自殺をするような状態でした。

  • thoughts and behavior, confessed to the murder of his sexual partner, Darrin Honeycutt, after

    思考や行動が、性的パートナーであるDarrin Honeycuttの殺害を告白した後に

  • performing a chokehold on him during consensual erotic asphyxiation.

    合意の上でのエロティックな窒息の際に、首を絞めていた。

  • The medical examiner who performed the autopsy on Honeycutt reinforced the idea that they

    ハニーカットの検死を担当した検死官は、「彼らは

  • were looking at capital murder here.

    ここでは死刑判決が下されています。

  • And in 2016, Masterson was executed for it.

    そして2016年、マスターソンはそれで処刑された。

  • But things really aren't that simple.

    しかし、物事はそんなに単純ではありません。

  • It's now widely believed that the medical examiner who performed the autopsy on Honeycutt

    ハニーカットの検死を行った検死官は、現在では広く信じられている。

  • was not reliable in any regard.

    は、いかなる点においても信頼できないものでした。

  • And the jury was not made aware of the fact they could convict Masterson on a lesser charge,

    そして、陪審員は、より軽い罪でマスターソンを有罪にできるという事実を知らされていませんでした。

  • such as manslaughter.

    過失致死など。