Placeholder Image

字幕表 動画を再生する

自動翻訳
  • When one thinks of what the life of a sniper is like, it is a common misconception, probably

    狙撃手の生活がどのようなものかと考えると、よくある誤解で、おそらく

  • as a result of modern-day films like American sniper, that snipers in the field are always

    アメリカン・スナイパー」のような現代映画の影響で、現場のスナイパーは常に

  • out there taking out bad guys and carrying out high-risk, secret missions.

    悪者を退治したり、リスクの高い秘密の任務を遂行したりするために。

  • While that is undoubtedly the case as part of their job description, both historically

    それが仕事の一部であることは間違いありませんが、歴史的に見ても

  • and today, the life of a sniper has varied widely due to both the country and conflict.

    狙撃手の人生は、国や紛争によって大きく変化してきました。

  • In today's video, we will look at how the life of a sniper has evolved from its humble

    今日のビデオでは、スナイパーの生活がどのように進化してきたかを見てみましょう。

  • beginnings to the professional marksmen they are today.

    今日のプロの射撃手になるまでには、このような経緯があったのです。

  • Snipers in American military history first came about during the French and Indian War.

    アメリカの戦史におけるスナイパーは、フレンチ&インディアン戦争で初めて登場しました。

  • However, if you called any of these skilled marksmen and backwoodsmen sniper, they would

    しかし、これらの熟練した射撃手やバックウッズマンをスナイパーと呼んだ場合、彼らは

  • probably look at you funny.

    きっと変な目で見られるでしょう。

  • That is because back then, through the Civil War, snipers were known as sharpshooters.

    というのも、当時、南北戦争までは、スナイパーはシャープシューターと呼ばれていたからです。

  • Sharpshooters during the War were usually men selected for not only their prowess with

    大戦中の狙撃手は、腕前だけでなく、「この人なら」と選ばれた人が多かった。

  • a rifle, but also their ability to track and hunt down the enemy in rugged environments,

    ライフルの性能だけでなく、厳しい環境下で敵を追跡し、追い詰める能力も備えています。

  • operate independently for long periods of time, and report back vital information on

    長時間、単独で作業を行い、必要な情報を報告することができます。

  • enemy movements.

    敵の動き。

  • For that reason, the first American sharpshooters were men who had a wide range of experiences

    そのため、アメリカの最初の狙撃兵は、さまざまな経験を積んだ人たちで構成されていました。

  • operating in the backwoods.

    僻地での活動。

  • The first organized unit of sharpshooters, Roger's Rangers, organized by Major Robert

    狙撃兵を組織した最初の部隊は、ロバート少佐が組織した「ロジャー・レンジャーズ」です。

  • Rogers, came about during the French and Indian War.

    ロジャースは、フレンチ&インディアン戦争の時に生まれました。

  • Before this time, sharpshooting and tracking were seen more or less as a dirty, non-honorable

    それ以前は、狙撃や追跡は、多かれ少なかれ、汚い、名誉のないものと見なされていました。

  • way of warfare.

    の戦い方をしています。

  • British and other European commanders looked down upon these "savage" modes of fighting

    イギリスをはじめとするヨーロッパの指揮官たちは、このような「野蛮な」戦い方を見下していた。

  • beneath the classic line style fighting designed for European battlefields.

    ヨーロッパの戦場を想定して作られたクラシックなラインスタイルの戦闘機の下で。

  • However, in the backwoods of Pennsylvania, New York, and Maryland, new methods of fighting

    しかし、ペンシルバニア州、ニューヨーク州、メリーランド州の裏山では、新しい戦い方が始まっていた。

  • had to be tried after several disastrous defeats of British regulars at the hands of the French

    は、イギリスの正規軍がフランス軍に敗れて何度も惨敗した後、試行錯誤を繰り返しました。

  • and their Native American allies.

    とそのネイティブ・アメリカンの仲間たち。

  • Luckily for the British, they found their answer in Major Robert Rogers.

    幸運なことに、イギリス人はロバート・ロジャース少佐にその答えを見出した。

  • As a boy, Rogers had witnessed the aftermath of a French-led Native American raid on a

    少年時代のロジャースは、フランス人を中心としたネイティブ・アメリカンの襲撃の後を目の当たりにしていた。

  • nearby town.

    の近くの町。

  • After being forced to pull down the inhabitants' entrails and body parts that were strewn about

    散乱した住民の内臓や体の一部を引きずり降ろされた上に

  • in the trees, he made a promise that he would avenge these people and fight back just like

    と同じように、この人たちの仇をとってやり返すと約束したのです。

  • them.

    と言っています。

  • After joining the British army, his ideas were not met with much enthusiasm until 1757,

    イギリス軍に入隊した後、1757年まで彼のアイデアはあまり熱狂的に受け入れられなかった。

  • when he was finally authorized to recruit a crack unit of sharpshooters to counter strike

    最終的に、彼は対抗するためのシャープシューターの精鋭部隊を募集する許可を得た。

  • at the enemy since the War was not going well for the British.

    イギリスにとって戦争がうまくいっていなかったので、敵に向かって

  • Roger's Rangers soon grew to seven companies strong and were made up of the most rugged

    ロジャーのレンジャーは、すぐに7つの中隊になり、最も頑丈なメンバーで構成されていた。

  • backwoodsmen and marksmen that the new colonies could muster.

    新しい植民地には、バックウッドマンや射撃の名手が揃っていました。

  • These men were tasked with bringing the fight back to the enemy any way they could.

    彼らの使命は、あらゆる方法で敵に戦いを挑むことだった。

  • They were ruthless in their fighting style, with one of Roger's standing orders stating

    彼らの戦い方は冷酷で、ロジャーの命令の一つにはこう書かれていた。

  • that after engaging the enemy with their rifles, they were to close with their hatchets to

    ライフルで敵と交戦した後は、手斧で締めて

  • finish the job.

    仕事を終わらせる。

  • They were also paid a five pound sterling bounty, worth almost 1000 US dollars today,

    また、彼らには5ポンドの賞金が支払われたが、これは現在ではほぼ1000米ドルの価値がある。

  • for each French or Indian scalp they brought back from raids.

    襲撃して持ち帰ったフレンチやインディアンの頭皮1枚につき

  • Roger's Rangers were also always expected to be on the move and travel lightly save

    また、ロジャー・レンジャーズは常に移動を前提としており、身軽に行動することが求められる。

  • for a large quantity of powder and ammunition since they were always expecting to do a lot

    大量の火薬と弾薬のために、彼らは常に多くのことを期待していた。

  • of shooting.

    の撮影を行います。

  • The men operated mainly as a sort of what is today called a quick reaction force.

    彼らは主に、現在でいうところの即応部隊のような役割を果たしていた。

  • Whenever there was an attack, the Rangers were sent out to find, track, and ambush the

    襲撃があったときには、レンジャーが出動して敵を見つけ、追跡し、待ち伏せした。

  • enemy responsible.

    敵の責任です。

  • When they were not doing that, they would embark on their long-range patrols of scouting

    それ以外の時間は、長距離パトロールによる偵察に乗り出していた。

  • enemy positions and ambushing anyone they could anywhere they found them.

    敵の陣地を見つけては待ち伏せをしていた。

  • Throughout their existence, Robert's Rangers were involved in hundreds of skirmishes and

    ロバート・レンジャーズは、その存続期間中、何百もの小競り合いや

  • battles throughout the North American wilderness.

    北アメリカの荒野での戦い。

  • Their prowess and capability cannot be underestimated as their consistent harassing attacks and

    彼らの強さと能力は過小評価できず、一貫した嫌がらせ攻撃と

  • intelligence provided British commanders with the ability to maneuver their forces smartly

    諜報活動により、英国の指揮官は部隊を巧みに操ることができた。

  • to avoid being cut off and surrounded like they were earlier in the War.

    そのためには、戦前のように切り離されたり、囲まれたりしないようにする必要がある。

  • After the end of the French and Indian War, the American colonists formed their own crack

    フレンチ&インディアン戦争の終結後、アメリカの植民地では独自のクラックが形成された

  • unit of Sharpshooters known as Morgan's Rifles during the American Revolution.

    アメリカ独立戦争中、モーガンズ・ライフルズとして知られるシャープシューターの部隊。

  • This unit, led by Colonel Daniel Morgan, would become the eyes, ears, and surgical precision

    ダニエル・モーガン大佐が率いるこの部隊は、目となり耳となり、手術の精度を高めることになる。

  • instrument of Washington's army.

    ワシントン軍の道具。

  • Recruited from the same stock of men as before, their role still included plenty of scouting

    これまでと同じように多くの人材を採用したが、彼らの役割には多くの偵察が含まれていた。

  • and harassing of Native American settlements in retribution for raids earlier in the War.

    また、戦前の襲撃の報復として、ネイティブ・アメリカンの居住地への嫌がらせを行った。

  • However, as the War progressed, the men became less and less of a long-range reconnaissance

    しかし、戦争が進むにつれ、男性は長距離偵察の役割を果たせなくなっていきました。

  • group and more of a tactical element to be employed on the battlefield.

    集団ではなく、戦場で採用される戦術的な要素が多い。

  • One of the first instances of this was their consistent harassing of General Howe's army

    その最初の例が、ハウ将軍の軍隊に対する絶え間ない嫌がらせだった。

  • as it retreated from New Jersey.

    は、ニュージャージーから撤退した。

  • Along their entire march, Morgan's Rifles used their superior Kentucky rifles to snipe

    モーガンズ・ライフルズは、行進の全行程において、優れたケンタッキー・ライフルを使って狙撃した。

  • at the Redcoats at distances of up to 500 yards, an unheard-of distance, and tactic

    前代未聞の500ヤードもの距離からレッドコートに向かって、戦術

  • for the time.

    の時のために。

  • As the men fought with the British more often, towards the end of the War in 1781, the men

    英国との戦いが多くなるにつれ、戦争末期の1781年には、男性たちは

  • formed part of a core infantry battalion that under the leadership of Morgan himself was

    モーガン自身が率いる歩兵大隊の中核をなしていた。

  • crucial in defeating the British in the Battle of the Cowpens.

    カウペンズの戦いでイギリス軍を倒すのに重要な役割を果たしました。

  • This battle forced Cornwallis to abandon his invasion of the South and seek refuge at Yorktown

    この戦いにより、コーンウォリスは南部への侵攻を断念し、ヨークタウンに避難することになった。

  • for rest and refitting.

    休息と再装備のために

  • After that, well, you all know the story.

    その後は、皆さんもご存知の通りです。

  • After the American Revolution, it seems that the practice of employing sharpshooters fell

    アメリカ独立後は、狙撃兵を雇うことはなくなったようです。

  • largely out of favor until the advent of the American Civil War.

    その後、アメリカ南北戦争が始まるまでは、ほとんど使用されませんでした。

  • It was here that sharpshooters would begin to become assets whereby their tactical decisions

    ここでは、狙撃手が戦術的な判断をするための資産として活用され始めます。

  • would have long-term operational and strategic impacts on the War itself.

    は、戦争そのものに長期的な作戦・戦略上の影響を与えることになります。

  • Shortly after the war broke out, sharpshooters began to take well-aimed shots at high-ranking

    戦争が始まって間もなく、シャープシューターは高官を狙い撃ちするようになった。

  • officers and generals on both sides.

    両陣営の将校や将軍たち。

  • The first general officer casualties to snipers happened during the first few months of the

    狙撃手による最初の将校の犠牲者が出たのは、第二次世界大戦の最初の数ヶ月間でした。

  • War, and the practice of sharpshooters aiming to take out generals would become standard

    将軍を狙い撃ちするシャープシューターが一般的になっていった。

  • practice throughout the War.

    戦時中に実践していた。

  • However, the life of a sniper in the Civil War and who could become a sniper was radically

    しかし、南北戦争でのスナイパーの生活や、誰がスナイパーになれるのかは、根本的に

  • different than before.

    前とは違う。

  • Prior to this conflict, sharpshooters would have acquired the skills necessary to become

    この紛争以前に、シャープシューターは技術を身につけていた。

  • a sniper years before joining the army.

    軍隊に入隊する数年前にはスナイパーとして活躍していました。

  • However, now with the meat grinder of the War in full swing and no end in sight, the

    しかし、戦争という肉弾戦が本格化し、終わりが見えない中で

  • Union needed to pump out several regiments of sharpshooters for frontline service and

    連邦軍は前線で活躍するための狙撃兵を何連隊も用意する必要がありました。

  • did not have the luxury of waiting.

    は、待つ余裕がなかった。

  • Initial qualifications to become a sniper were, of course, the ability to be a good

    狙撃手になるための最初の資格は、もちろん、優秀な

  • shot.

    ショットを使用しています。

  • Their own commanding officer also had to be recommended as only mature, physically fit,

    自分たちの指揮官も、成熟した体力のある人だけを推薦しなければならなかった。

  • and intelligent men could become a sharpshooter.

    と知的な男性がシャープシューターになることができました。

  • Once passing a shooting test, those that made it were given a lot of on the job training

    射撃試験に合格すると、合格者には多くのオン・ザ・ジョブ・トレーニングが与えられた。

  • by veterans who had already experienced the horrors of modern combat.

    それは、現代の戦闘の悲惨さをすでに経験しているベテランたちによるものだった。

  • One of the most significant changes that came about was how snipers would operate on the

    その中でも最も大きな変化の一つは、スナイパーの活動方法です。

  • battlefield.

    のバトルフィールド。

  • Instead of scouting and harassing the enemy far behind their lines, their main job now

    これまでのように、前線の遠くにいる敵を偵察するのではなく、主な仕事は

  • was to support the infantry and exploit weak points in enemy positions.

    は、歩兵をサポートし、敵の陣地の弱点を突くことでした。

  • A perfect example of their life during this time comes during the Siege of Vicksburg,

    この時期の彼らの生活をよく表しているのが、ヴィックスバーグの包囲戦である。

  • Mississippi.

    ミシシッピ。

  • During the siege, the Confederates were holed up in a fortress of a city that had repelled

    攻城戦では、南軍は、撃退した都市の要塞に立てこもりました。

  • with heavy casualties several Union assaults to take it.

    幾度となく北軍の攻撃を受け、大きな犠牲を払いながらも奪還しました。

  • As a result, hundreds of sharpshooters were let loose about their deadly work to degrade

    その結果、何百人もの狙撃手が命がけの仕事に従事し、人々の心を奪っていったのです。

  • Southern morale and take out any Confederate that dared move around.

    南部の士気を高め、あえて動き回っている南軍人を排除する。

  • From the memoirs of a Confederate Captain who survived the battle, the effects of the

    この戦いを生き延びた南軍大尉の回想録から、その影響を

  • sharpshooters were astounding.

    シャープシューターには驚かされました。

  • They would shoot at anything and everything that moved.

    動いているものは何でも撃ちまくる。

  • No matter the time of day or where they were, the men were always in a constant state of

    時間帯や場所を問わず、男たちは常に一定の

  • fear.

    の恐れがあります。

  • Even looking over the parapets of the trenches for even a moment was a probable death sentence.

    塹壕の欄干を一瞬でも見ただけで、死刑宣告を受ける可能性があった。

  • The snipers shot so much that it was literally impossible to move during the day.

    狙撃手が大量に撃ってくるので、日中は文字通り動くことができなかった。

  • Only at night could the men leave the comfort of their trenches, and even then it was still

    塹壕の中から出られるのは夜だけで、それにしても

  • risky.

    riskyです。

  • While his men took serious casualties during several Union assaults, it was the consistent,

    北軍のいくつかの攻撃で、彼の部下は大きな犠牲を払ったが、それは一貫していた。

  • daily casualties from sniper fire that dwindled down his numbers and sapped the will to fight

    毎日のように狙撃されて犠牲者が出て、人数が減り、戦意を喪失していった。

  • from the survivors.

    生存者から

  • Such a strategic implementation of employing snipers had never been seen before on the

    このようにスナイパーを戦略的に活用することは、これまでになかったことです。

  • American continent and would not be seen as a terror weapon again until World War Two.

    アメリカ大陸では、第二次世界大戦まではテロ兵器としての役割を果たしていた。

  • Though World War One saw extensive use of snipers, especially with the advent of new

    第一次世界大戦では、特に新型機の登場により、スナイパーが多用されました。

  • technology such as telescopic sights, the use of spotters, and decoys, beyond these

    望遠照準器、スポッターの使用、デコイなどの技術を駆使して、これらを超える

  • tools their life did not differ much from that of an ordinary soldier due to the essentially

    道具を使った生活は、本質的には一般の兵士とあまり変わらないものでした。

  • static nature of the conflict.

    紛争の静的な性質。

  • It was during World War Two, however, that the life of a sniper changed dramatically

    しかし、第二次世界大戦中に、狙撃手の生活は大きく変化した。

  • due to the largest and most intense theater of War in human history: the Eastern front.

    人類史上最大かつ最も激しい戦争の舞台である東部戦線のためです。

  • Snipers on the Eastern front faced a genuinely unique experience.

    東部戦線のスナイパーは、実にユニークな体験をしていた。

  • Due to the sheer scale of the German invasion and the need for practical tools to stem the

    ドイツ軍の侵攻の規模の大きさと、それを食い止めるための実用的なツールが必要だったからです。

  • enemy tide while the Red Army recuperated from its losses, snipers here saw arguably

    赤軍が敗戦から立ち直る間に、ここのスナイパーたちは間違いなく敵の流れを見ていた。

  • the most widespread use and, thus, were the most successful snipers in the history of

    の歴史の中で最も成功したスナイパーであった。

  • warfare.

    戦です。

  • A perfect example of how many of the highest-scoring Soviet snipers got their feet wet in the field

    ソ連の高得点狙撃手の多くが、現場で足慣らしをしていたことを示す好例である

  • was none other than Vasily Zaitsev.

    それは、ヴァシリー・ザイツェフである。

  • Beginning the War as a clerk in the accounting department of the Navy in its Far Eastern

    海軍の極東経理部の事務員として開戦。

  • Fleet, Vasily yearned for a chance to fight at the front.

    フリート、ワシーリーは前線で戦う機会を切望していた。

  • After his request to go into combat was approved, he was attached to the 284th Rifle Division

    出撃要請が認められた後、第284ライフル師団に配属された。

  • and sent into the Battle of Stalingrad.

    そして、スターリングラードの戦いに送り込まれた。

  • It was here in the autumn and winter of 1942 that Vasily would learn how to become a sniper

    1942年の秋から冬にかけて、ワシリーはここで狙撃手としての技術を学んだ。

  • and change the course of history for Soviet and future snipers altogether.

    と、ソ連と未来のスナイパーの歴史の流れを完全に変えてしまいました。

  • In the rubble of the ruined city, he first began his forays on his own time after the

    廃墟と化した街の瓦礫の中で、彼は初めて自分の時間を使って冒険を始めた。

  • unit had stopped fighting for the day.

    この日のために、ユニットは戦いを終えていた。

  • He would set out with his standard-issue Mosin Nagant rifle and attack any targets of opportunity

    彼は標準装備のモシン・ナガント・ライフルを持って出発し、チャンスのあるターゲットを攻撃した。

  • that he could.

    と言っていました。

  • Officers, artillery observers, machine gunners, radio operators, and, of course, other snipers

    将校、砲兵観測手、機関銃手、無線手、そしてもちろん他のスナイパーも。

  • were the primary targets he would hunt.

    というのが、彼が狩る主なターゲットだった。

  • Unlike the famous Finnish sniper Simo Haya, Vasily wanted to effect real change on the

    フィンランドの有名なスナイパー、シモ・ハヤとは異なり、ヴァシリィは、日本の社会に真の変革をもたらしたいと考えていました。

  • battlefield with just his rifle.

    ライフルだけで戦場に出る。

  • As a result, though he would take shots at average German troops, he would always try

    その結果、彼は平均的なドイツ軍を撃つことはあっても、常に次のことを考えていた。

  • to take out high-value targets first so that the infantry would have an easier time on

    は、価値の高いターゲットを最初に倒すことで、歩兵がより簡単に

  • the ground.

    地面を

  • His tactics paid off, and within a matter of months, he rose from relative obscurity

    その戦略が功を奏し、数ヶ月のうちに無名の状態から這い上がってきました。

  • to a national hero.

    を国民的英雄にした。

  • Soviet leadership, sensing his value as a trainer for future generations of snipers,

    ソ連の指導者は、後進のスナイパーを育てるトレーナーとしての彼の価値を感じていた。

  • removed him from the frontlines and had him teaching new crops of snipers to carry the

    彼を前線から排除し、新たなスナイパーの育成を指導していた。

  • fight to the enemy.

    敵に向かって戦う。

  • After Vasily's successes became widely known, Soviet doctrine also began to change so that

    ワシーリーの成功が広く知られるようになってからは、ソ連のドクトリンも変化していきました。

  • by the end of the War, the average infantry platoon was assigned at least two snipers

    戦争末期には、平均的な歩兵小隊には少なくとも2人のスナイパーが配置されていました。

  • for long range fire support.

    長距離射撃支援のための

  • However, life as a sniper in World War Two varied greatly depending on the front and

    しかし、第二次世界大戦での狙撃手としての生活は、戦線によって大きく異なり、また

  • the combatant.

    戦闘員の

  • While the allies such as the Soviet Union, the US, and Great Britain all began embedding

    ソ連、アメリカ、イギリスなどの同盟国が、それぞれ組み込みを開始したのに対して

  • snipers as a direct infantry support weapon, countries like Nazi Germany began to use them

    狙撃兵を歩兵の直接支援兵器として使うようになったのは、ナチス・ドイツなどの国である。

  • as a terror tactic once more.

    を再びテロ戦術として利用することができるようになりました。

  • While professional German snipers continued operating through the end of the War in the

    ドイツのプロのスナイパーは、戦争が終わるまで、日本で活動を続けていましたが

  • same way as their enemy counterparts, larger and larger numbers of semi-professional and

    敵と同じように、より多くのセミプロや

  • inexperienced snipers were employed to cause havoc beyond the frontlines.

    そのために、経験の浅いスナイパー(狙撃手)を雇い、前線に混乱をもたらした。

  • It was quite common, especially on the Western front, that when German forces retreated,

    特に西部戦線では、ドイツ軍が退却するときには、よくあることだった。

  • they would leave dozens or sometimes hundreds of sacrificial snipers beyond to cause as

    彼らは何十人、時には何百人もの犠牲となるスナイパーを残して、できるだけ多くの犠牲者を出します。

  • much damage as possible.

    できるだけ多くのダメージを与えることができます。

  • These snipers often times wreaked havoc on advancing allied troops who thought they were

    このスナイパーたちは、前進してきた連合軍に大打撃を与えることもありました。

  • safe from German gunfire only to be cut down miles behind the front from concealed snipers

    ドイツ軍の銃撃から守られていても、前線から何マイルも離れたところで、隠れたスナイパーに狙撃されてしまう。

  • in trees, bushes, buildings, and chimneys.

    樹木、茂み、建物、煙突などにある。

  • Though often successful in striking their enemy, these snipers were less trained and

    しかし、これらのスナイパーは、訓練を受けていなかったために、敵を攻撃することに成功したこともありました。

  • less experienced than their counterparts, who had been fighting for years already.

    何年も戦ってきた相手に比べて、経験が少ない。

  • Oftentimes, these were one-way suicide missions with massive retaliation in the form of artillery,

    多くの場合、これらは一方的な特攻であり、砲撃という形で大規模な報復が行われた。

  • plane, and tank attacks being used to flush out these last-ditch defenders.

    飛行機や戦車を使った攻撃で、最後の守りを固めていたのだ。

  • After the end of World War Two, snipers still retained this infantry support role.

    第二次世界大戦終了後も、スナイパーは歩兵支援の役割を担っていた。

  • During the Korean War, they proved vital at striking at the unseen enemy in the mountains

    朝鮮戦争では、山の中の見えない敵を攻撃するのに重要な役割を果たしました。

  • and valleys of the Korean peninsula.

    と朝鮮半島の谷間に位置しています。

  • In Vietnam, the American military began to employ them once again into what has morphed

    ベトナムでは、アメリカ軍が再びこの武器を使用し始め、現在の形になりました。

  • into their modern-day role as a scout sniper.

    それは、現代のスカウトスナイパーとしての役割を果たすためです。

  • The role of a scout sniper is two-fold.

    スカウトスナイパーの役割は2つあります。

  • Their primary job is to be inserted behind enemy lines to operate independently to report

    彼らの主な仕事は、敵陣の後ろに挿入され、独立して活動し、報告することです。

  • on enemy locations.

    敵の位置を把握する。

  • Such actions were as vital then as today in fighting a guerilla war where large bodies

    大勢の人が集まるゲリラ戦では、このような行動が必要不可欠であることは、当時も今も変わりません。

  • of troops can move unseen and are hence avoided by the enemy.

    の部隊は見えないように動くことができるので、敵に避けられてしまいます。

  • Snipers operating in small teams can easily blend in with the environment and report back

    少人数のチームで行動するスナイパーは、環境に溶け込みやすく、報告もしやすい。

  • vital intelligence that can either be used to rain down indirect fire on an unsuspecting

    このような情報は、無防備な相手に間接砲を浴びせるために使われます。

  • enemy or help plan coordinated search and destroy missions.

    また、敵の捜索や破壊のための計画にも役立ちます。

  • Snipers today too are fortunate to have years of modern developments in ballistics, scopes,

    現在のスナイパーも、長年にわたる弾道学やスコープの最新の開発に恵まれています。

  • and rifles at their fingertips.

    とライフルを手にすることができました。

  • Because of this, snipers in an infantry support role can now consistently hit targets over

    このため、歩兵支援の役割を担うスナイパーは、以下の条件を満たすターゲットに安定して命中させることができるようになりました。

  • a mile and even a mile and a half away.

    1マイル、1.5マイル離れていても。

  • Because of this, snipers can provide valuable top cover to infantry operations where they

    そのため、スナイパーは、歩兵の作戦に貴重なトップカバーを提供することができます。

  • can take out or at the least suppress enemy movements to cover advancing troops.

    は、前進する部隊をカバーするために、敵の動きを排除するか、少なくとも抑制することができます。

When one thinks of what the life of a sniper is like, it is a common misconception, probably

狙撃手の生活がどのようなものかと考えると、よくある誤解で、おそらく

字幕と単語
自動翻訳

動画の操作 ここで「動画」の調整と「字幕」の表示を設定することができます

B2 中上級 日本語 スナイパー 狙撃 シューター 戦争 戦い シャープ

歴史の専門家が明かす、実際のスナイパーが最低である理由 (History Experts Reveal Why Being An Actual Sniper Sucks)

  • 12 2
    Summer に公開 2021 年 09 月 18 日
動画の中の単語